1: 名無しさん 2020/03/18(水) 06:48:37.782 ID:E6A2ko830
なぜあんな事が起きてしまったんだ

引用元: ・1行小説「悪の事情」

7: 名無しさん 2020/03/18(水) 06:54:17.712 ID:E6A2ko830
ひろー、はやくこっちこいよ

8: 名無しさん 2020/03/18(水) 06:56:10.804 ID:E6A2ko830
自分を呼ぶ声がする

9: 名無しさん 2020/03/18(水) 06:57:43.711 ID:E6A2ko830
ひろゆきは迷っていた。

10: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:00:27.594 ID:E6A2ko830
「処理」が先か、それとも応えるべきか

11: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:02:15.643 ID:E6A2ko830
怪しまれるわけにはいかない

12: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:07:48.790 ID:E6A2ko830
しかし、処理を先延ばしにするのも気が引けた

13: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:10:24.928 ID:E6A2ko830
こういう時、あいつだったらどうしていただろうか

15: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:20:12.569 ID:E6A2ko830
「腰が入ってねえんだわ」

16: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:21:53.800 ID:E6A2ko830
そう言うとあいつはおもむろに俺の腰を掴んできた

17: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:25:50.008 ID:E6A2ko830
「お前、見た目の割に結構いい身体してるんだな」

18: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:29:24.659 ID:E6A2ko830
ひろゆきは多少の違和感を覚えたが、黙って言うことを聞くことにした

22: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:31:57.957 ID:E6A2ko830
この動き、お前もできると思うか?

23: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:33:56.117 ID:E6A2ko830
この時、ひろゆきの感じていた違和感は確信に変わった

24: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:34:54.839 ID:E6A2ko830
この質問には応えるべきではない、と本能が警告する

25: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:36:05.025 ID:E6A2ko830
「えーっと、それは…」

26: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:37:04.571 ID:E6A2ko830
うまく誤魔化す方法はないものかと、思考をフル回転させる

28: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:39:10.331 ID:E6A2ko830
「な、なんだその動きは…!?」

29: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:40:12.634 ID:E6A2ko830
あまりの奇天烈な行動にカズ山本が一瞬動揺したのが見てとれた

30: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:41:10.706 ID:E6A2ko830
よし、これならいける!一気に形勢逆転を狙うひろゆき

32: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:46:53.191 ID:E6A2ko830
「あんたたち…本当最低ッ!!」

33: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:48:31.107 ID:E6A2ko830
「ち、ちがうんだ。これにはちゃんとした事情があって…」

34: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:50:03.240 ID:E6A2ko830
「言い訳なんか聞きたくない!!」

35: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:51:14.899 ID:E6A2ko830
そう言い残して声の主は部室から走り去っていった

36: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:51:43.375 ID:E6A2ko830
青ざめた表情でうなだれるカズ山本

37: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:52:15.433 ID:E6A2ko830
「う、イグっ!!」

38: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:53:27.074 ID:E6A2ko830
オナニーを続けていたひろゆきはついに絶頂に達した

39: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:55:03.415 ID:E6A2ko830
びゅっびゅっという小気味良い音が静寂に包まれていた部室にこだまする

40: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:57:08.202 ID:E6A2ko830
しかし、見事な放物線を描いた白い粘液はカズ山本の頬を掠めただけだった

41: 名無しさん 2020/03/18(水) 07:59:33.105 ID:E6A2ko830
カズ山本の頬から白い蒸気が立ち上る

42: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:00:38.081 ID:E6A2ko830
「なぜトドメは刺さない…?」

44: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:06:00.844 ID:E6A2ko830
こいつ、こんなにも澄んだ瞳をしていたのか

45: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:07:08.243 ID:E6A2ko830
この時、ひろゆきには一つの感情が芽生えていた

46: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:07:57.805 ID:E6A2ko830
今まで14年間生きてきて、こんな気持ちになった事は一度もない

47: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:08:54.579 ID:E6A2ko830
それでも、ひろゆきはこの感情の正体を知っていた

48: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:13:01.256 ID:E6A2ko830
そう、それはまさしく罪悪感だった

49: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:13:35.275 ID:E6A2ko830
一言ではとても言い表すことのできない複雑な思い

50: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:14:06.805 ID:E6A2ko830
カズ山本が一体俺に何をした?

51: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:14:29.286 ID:E6A2ko830
彼はただ質問してきただけだった

52: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:15:06.824 ID:E6A2ko830
俺の返事をただただ待ち続けていた

53: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:15:53.672 ID:E6A2ko830
彼はただ聞きたかっただけなんだ

54: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:17:57.929 ID:E6A2ko830
それなのに俺は彼を無視し、それどころか彼の事を汚してしまった

55: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:18:51.479 ID:E6A2ko830
もう、前のような関係には戻れないだろう

56: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:20:31.336 ID:E6A2ko830
ひろゆきは今の状況を深く悔やみ、そして涙した

57: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:21:44.013 ID:E6A2ko830
「…なぜ泣いている?」

58: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:22:35.222 ID:E6A2ko830
カズ山本が力の無い声で聞いてきた

59: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:24:19.582 ID:E6A2ko830
身体の半分は蒸発し、すでに死にかけているカズ山本の無惨な姿

60: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:26:46.324 ID:E6A2ko830
「泣くなよ…お前は俺に勝ったんだ」

61: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:29:00.481 ID:E6A2ko830
「俺が間違っていた…最初から全て間違ってたんだ…」

62: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:30:06.707 ID:E6A2ko830
「本当にすまない…」

63: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:31:47.837 ID:E6A2ko830
謝ってもどうにもならない事はわかっていたが、それでも謝らずにはいられなかった

64: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:35:06.696 ID:E6A2ko830
「…ひろゆきよ、さっきの俺の質問覚えているか?」

65: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:35:55.275 ID:E6A2ko830
「…あれにはちゃんとした意味があったんだぜ?」

66: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:37:28.306 ID:E6A2ko830
「質問…?」

67: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:39:40.936 ID:E6A2ko830
「…はは。その様子なら気づいて無かったんだなやっぱ」

68: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:40:28.325 ID:E6A2ko830
今にも消えそうな弱々しい声で笑うカズ山本

69: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:41:34.883 ID:E6A2ko830
「どういうことなんだ?教えてくれ」

70: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:43:04.331 ID:E6A2ko830
「…こんな風にしてくれた奴がよく言うぜ……ごほっ……」

71: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:46:57.047 ID:E6A2ko830
「それは……」自分でも無茶苦茶だということはわかっている

72: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:47:44.864 ID:E6A2ko830
「……気にすんな。勝者には褒美をやらないとな……ごほごほ」

73: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:48:33.520 ID:E6A2ko830
最後の力を振り絞ってカズ山本は応えてくれた

75: 名無しさん 2020/03/18(水) 08:58:40.591 ID:E6A2ko830
「カズ、ちょっと待ってくれ!それじゃよくわからないよ。まだ行かないでくれよ……」

76: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:00:47.350 ID:E6A2ko830
「……はは。心配……すんな………そのうち……わかるはず……………」

77: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:01:30.947 ID:E6A2ko830
それがあいつの残した最後の言葉だった

78: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:04:28.804 ID:E6A2ko830
そして、未だに俺はその言葉の真意を理解できないままでいる

79: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:05:36.882 ID:E6A2ko830
以下同文とは一体なんなんだ……

80: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:10:28.535 ID:E6A2ko830
以下同文は俺の心に深く突き刺さり、今でもよくその言葉が思い出されるんだ

83: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:16:35.509 ID:E6A2ko830
ついに、「あの作戦」を決行することにした

84: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:18:12.384 ID:E6A2ko830
積年の恨みを晴らす時がようやく来たらしい

86: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:20:08.457 ID:E6A2ko830
その前に、とにかく目の前にあるコイツをなんとか「処理」しないとな

87: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:20:40.402 ID:E6A2ko830
そうひろゆきは自分に言い聞かせた

88: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:21:27.972 ID:E6A2ko830
>>6以下同文

おわり

90: 名無しさん 2020/03/18(水) 09:24:42.473 ID:E6A2ko830
悪の事情、ループ物ということで無事?着地

読んでくれた人、参加してくれた人サンクス