1: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:22:29.150 ID:VJRZxKB2p
チノちゃん「ノックしろって言っただろゴミ野郎!(カッター投げつけ)」

ぼく「ひぃぃ!ご飯できたから呼ぼうと思って…」

チノちゃん「お前いつになったら学習すんだボケ!そこに置いとけ!」

ぼく「はいぃ!」

ココアちゃん「チノちゃんどうだった?」

ぼく「ご飯置いとけって…」

リゼちゃん「あんなのほっとけばいいのに」

ココアちゃん「ダメ!いつか元のチノちゃんに戻るんだから!」

ぼく「ぼくももうご飯運ぶのつらいです…」

リゼちゃん「おめーもキモいんだよクズ」

ぼく「えっ」

引用元: ・チノちゃん「んっ…んっ…イグッ!…ふぅ…」ぼく「あわわ…」チノちゃん「ん?」

5: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:25:14.292 ID:VJRZxKB2p
リゼちゃん「元はと言えばお前がチノに負担かけすぎたからあんな風になったんだろ穀潰し野郎」

ぼく「で、でもぼく一生懸命お仕事しました…」

リゼちゃん「お前みたいなハッタショ連れてきたココアもわりーわ」

ココアちゃん「でもぼくくんも頑張ったんだよ!」

リゼちゃん「やってらんねー死ねお前ら」

ドン!ドン!

ココアちゃん「チノちゃんまた壁殴ってる…」

ぼく「聞こえたのかな…」

リゼちゃん「死ね死ね」

7: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:30:54.795 ID:VJRZxKB2p
チノちゃん「クソクソクソ死ね死ね死ね(壁殴る)」

リゼちゃん「あーダメだ、あの豚のせいでこの建物もうダメだわ、価値ねーわ」

ココアちゃん「そんなぁ…ローンあるのに…」

ぼく「…」

リゼちゃん「どいつもこいつもクズが…クソが!!!」

チノちゃん「ひぃっ(壁殴るのやめる)」

リゼちゃん「おっ止まったわ」

玄関のドアドンドンドン!!

ココアちゃん「あっ」

シャロちゃん「うるせーぞコラァ~!!近所迷惑ゥ~!!」

リゼちゃん「うわ」

シャロちゃん「コラァ~!!出てこいキチガイども~!!」

ぼく「警察呼びますか…?」

リゼちゃん「ほっとけほっとけ」

ココアちゃん「ご近所さんを通報したらダメだよ!」

シャロちゃん「コラァァァ!!」ドンドンドン!!

10: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:34:31.138 ID:VJRZxKB2p
プルルルル

ぼく「ぼく出ますね」ガチャ

ココアちゃん「あっダメ!」

千夜ちゃん「もしもしーお金いつ返すのー?」

リゼちゃん「切れ」

ぼく「お金いつ返すのって言ってますー」

リゼちゃん「あっバカ」

千夜ちゃん「後ろにリゼいるのかー?300万いつ返すんだー?」

リゼちゃん「切れ!」

ぼく「は、はい!」ガチャ

プルルルルプルルルル

リゼちゃん「うるせぇ!(電話線抜く)」

13: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:37:28.757 ID:VJRZxKB2p
リゼちゃん「ハッタショ死ねコラァ!(顔面パンチ)」

ぼく「ふぐぅ」

ココアちゃん「リゼちゃんやめて!」

リゼちゃん「クソがぁ…どうすりゃいいんだ…」

チノちゃん「…」

ぼく「痛いよ~痛いよ~びえええええん」

ココアちゃん「…そうだ!」

リゼちゃん「なんだコラァ!」

ココアちゃん「落ち着いて!いい考えがあるの!」

ぼく「びえええええん」

シャロちゃん「うるせーぞ!!」ドンドンドン!!

リゼちゃん「言ってみろ」

ココアちゃん「遊郭よ」

19: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:42:29.239 ID:VJRZxKB2p
ココアちゃん「チノちゃーん、お話聞いてくれるー?」

チノちゃん「うるさい!!今寝るとこだったのに!!うるさいうるさいうるさい!!」

リゼちゃん「おいチノ、すぐに1億稼ぐ方法分かったぞ、出てこい」

チノちゃん「えっ…そそそそんなことできるわけないだろ!!」

リゼちゃん「出てこないとドアに穴開けてPCぶっ壊すぞ、開けろ」

チノちゃん「やだやだやだ!」

リゼちゃん「ふんっ(バールでドア殴る)」

チノちゃん「ああああ!!(出てくる)」

ココアちゃん「チノちゃん…!(涙)」

ぼく「チ、チノちゃん!」

リゼちゃん「やっと出てきたか」

21: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:46:28.972 ID:VJRZxKB2p
チノちゃん「な、な、なんなの話って…」

ココアちゃん「あのね、私考えたんだけど…」

リゼちゃん「私が話す」

ぼく「遊郭をね」

リゼちゃん「うるせーぞ黙ってろ知恵遅れェ!」

ぼく「ひぃっ」

チノちゃん「…遊郭?」

リゼちゃん「お前身体売れ、そしたらすぐ1億いくぞ」

チノちゃん「は?」

リゼちゃん「金取ってオッサンとヤルんだよ」

チノちゃん「な、何言ってんの…」

ココアちゃん「大丈夫だよ、私もリゼちゃんもするから」

チノちゃん「いやいやいや何が大丈夫なの?」

ぼく「びえええええん」

23: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:51:27.449 ID:VJRZxKB2p
リゼちゃん「お前毎日オナニーばっかして溜まってんだろ?ちょうど良いじゃん」

チノちゃん「なっ!あっ!ちが…」

ぼく「さっきも…」

チノちゃん「うるさい!(コップ投げつけ)」

ぼく「ふぐぅ」

ココアちゃん「あのね、お金稼ぐにはもうこれしかないの、お願いチノちゃん」

リゼちゃん「金に余裕できたら鬱も治るだろ、そしたらまたラビットハウスやればいいじゃねーか」

チノちゃん「や、やだやだ!できないできない!」

リゼちゃん「できねーならここで心中するけどどうすんの?もうこの生活無理だぞ」

チノちゃん「え?」

ぼく「お顔痛いよぉ…」

リゼちゃん「ほら(ぼくの首にナイフ突きつけ)」

ぼく「ひぃっ」

リゼちゃん「お前やらねーならここで皆死ぬぞ?どうすんの?」

チノちゃん「や、やだ…やめて…ココアちゃん止めてよ!」

ココアちゃん「私もその覚悟だから」

チノちゃん「ひぃぃ」

ぼく「あああ…」

24: 名無しさん 2020/06/23(火) 04:54:26.754 ID:VJRZxKB2p
チノちゃん「分かった!やるから!やるから殺さないでお願い!」

リゼちゃん「よーし」

7日後


拙者「むっ、遊郭か…」

ココア「いらっしゃーい!」

~fin~

37: 名無しさん 2020/06/23(火) 06:50:23.054 ID:bCeY0dE30
no title