※パワプロ君「ここが大ハード高校か・・・」2

3: 名無しさん 2009/05/24(日) 16:34:29.36 ID:0FXSVXV7O
矢部「いよいよ試合開始でやんすね」

パワプロ「ああ、絶対に勝つぞ!」

駒坂「大ハード高校の皆さん、今日は宜しくお願いします」

パワプロ「ん?君は?」

駒坂「パワフル高校のキャプテンをやってます、駒坂です」

矢部「おお、キャプテン自ら挨拶に来るなんて偉いでやんす!」

駒坂「お互い、最後の大会です。いい試合をしましょう」

パワプロ「ああ、こちらこそ!」


引用元: ・パワプロ君「ここが大ハード高校か・・・」

4: 名無しさん 2009/05/24(日) 16:37:54.48 ID:0FXSVXV7O
試合開始

パワフル高校の攻撃

大ハードの先発は小杉

一、二番打者をストレートで抑え三番駒坂


小杉「(この人がキャプテンか・・・前の大会でも会ったっけ)」

5: 名無しさん 2009/05/24(日) 16:41:51.79 ID:0FXSVXV7O
小杉の第一球

シュッ

駒坂「(ストレートか!)」

駒坂はタイミングを合わせ、ストレートを狙い打つ

カンッ

小杉「!」


センター前ヒットになり駒坂は一塁へ


矢部「駒坂君、脚速いでやんすね」

パワプロ「ああ、さすが一年からレギュラーなだけあるよ」

ツーアウトランナー一塁で次打者は東條

9: 名無しさん 2009/05/24(日) 16:52:42.58 ID:0FXSVXV7O
東條「さっさと来い」

小杉「(偉そうだな)」


小杉の第一球
勢いのあるストレート

シュッ

東條「甘い!!」

ガギィィィン!!

小杉「!」


東條の放った打球はレフトスタンドへ

パワプロ「入れさせるかーー!!!」

パワプロが壁を蹴り昇り飛び上がるが、ボールに届かずそのままスタンドに叩きつけられた

東條「(俺をストレートだけで仕留められると思うなよ)」

小杉「くそっ!」

パ2-大0

11: 名無しさん 2009/05/24(日) 16:56:20.12 ID:0FXSVXV7O
いきなりのホームランに動揺した小杉だったが、後続のバッター達は見事三振で抑えチェンジ


小杉「キャプテン、すみません」

パワプロ「気にするな!まだ始まったばかりだ、これから取り返せばいい!」

矢部「そうでやんす!!」

小杉「・・ありがとうございます!」

14: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:05:22.58 ID:0FXSVXV7O
一回裏
大ハード高校の攻撃
パワフルの先発は皆川
一番打者は矢部

矢部「同じメガネ対決でやんす!!負けないでやんすー!」

皆川「(同じメガネ・・・?)」

皆川の第一球

ビシュッ

バシッ
審判「ストライク!!!」

矢部は一球見送る


矢部「(いい球でやんすが、ゾッとする程でもないでやんす)」

皆川が第二球を投げる
ビシュッ

矢部「(遅いでやんす!!貰ったでやーんす!!)」

ガギィィィン!!!
皆川「ああっ!」

矢部が皆川のスライダーを真芯で捉えた

15: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:09:00.88 ID:0FXSVXV7O
打球はグングンと伸び、ホームランとなった

奥居「矢部、凄いぜ~!!!」

絵久「矢部君・・・素敵」

矢部「うおおーでやんすー!」


パ2-大1

皆川「(せっかく一年でレギュラーになれたんだ、これ以上の失態は許されないぞ!)」

皆川は気を引き締めた


皆川の投球により二番、三番打者が空振り

次打者は四番パワプロ

16: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:12:52.72 ID:0FXSVXV7O
皆川「(この人がキャプテンのパワプロさんか・・・別名、試合崩しの)」

パワプロ「(いい球を投げるけど、突出したものがないな。ここは狙わせてもらうよ)」


皆川「(ここは・・・やはり)」

シュッ

パワプロ「!?」

パスッ

審判「ボール!」

皆川は敬遠を狙った

パワプロ「(敬遠って初めてかも・・)」

フォアボールになりパワプロは一塁へ

17: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:18:35.79 ID:0FXSVXV7O
ツーアウト ランナー一塁

次打者はハード

ハード「ハッハ!やってみせまース!!」

皆川「(この人も強打者だが・・・パワプロさん程じゃない筈!彼はここで抑える!)」

皆川が第一球振りかぶって投げた

ビシュ!

と、同時にパワプロがスタート

皆川「あ!」

バシッ
審判「ストライク!」

キャッチャーが直ぐさま二塁に投げるが、並の肩ではパワプロを刺す事は不可能だった

19: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:25:55.43 ID:0FXSVXV7O
皆川「(そうだった、彼の本来の武器は脚だった・・・)」
皆川が第二球を投げる

ハード「(カーブですカ!しかし、その程度の変化、問題ではありまセーン!!)」

カッキィィーーン!!

皆川「!」


ハードの放った打球はそのままライトスタンドに叩きつけられ、大ハードはこの回で逆転に成功する

パ2-大3

皆川「(くそ・・・)」

駒坂「(皆川君では大ハードの相手はまだ早かったか・・・)」

21: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:39:50.66 ID:0FXSVXV7O
パワフル高校
投手交代
皆川→手塚

矢部「早くも投手を代えて来たでやんすね」

パワプロ「向こうだって負ける訳にはいかないからね」


手塚は自慢の制球力で淡々と後続バッターを仕留めていく


審判「チェンジ!!」

22: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:44:19.81 ID:0FXSVXV7O
三回表

パワフル高校上位打線の攻撃

小杉が珍しく四球をしてしまい、ランナー一塁

次打者はフライに仕留めるも、三番駒坂がセカンドとショートの間を狙い打ち、ワンアウト一、二塁でまたも四番の東條

小杉「(・・・またか)」

ハード「(小杉、ここで打たれる訳にはいかないヨ!)」

小杉「(わかってるよ)」

東條「(どうした?さっきのホームランが頭に残っているのか?早く来い)」

24: 名無しさん 2009/05/24(日) 17:50:06.44 ID:0FXSVXV7O
小杉が第一球を投げる

小杉「(でえいっ!)」

シュッ

東條「(遅い!貰・・・)」

ブンッ

パスッ

審判「ストライク!!」

東條「(チェンジアップか・・・)」

小杉「(こいつに連続で同じ球は通用しない・・・!次はスライダーだ!)」

小杉が構える

東條「(ビデオで見たが、こいつはピンチになるとスライダーを投げるクセがある・・・となれば、次に来るのは高確率でスライダーだな)」

小杉が第二球を投げた

ビシュッ

31: 名無しさん 2009/05/24(日) 18:19:26.25 ID:0FXSVXV7O
東條「(学習しない男め!貰う!!)」

ククッ

東條「!」

しかし、東條の予想よりもスライダーは早く曲がった

東條「(高速か!)」

東條は反射的にバットを振ってしまい、ピッチャーゴロに

東條「ちいっ!!」

小杉はすぐにキャッチし、二塁へ送球

審判「アウト!」

さらに一塁へ送球し、アウト

ダブルプレーでこの危機を乗り切る事に成功した

小杉「(スライダーが来ると思ってた分驚いたろ・・これ以上お前に点を取られる訳にはいかないよ!)」

39: 名無しさん 2009/05/24(日) 18:29:13.48 ID:0FXSVXV7O
三回裏

一番矢部からスタート

矢部「やるでやんす!」

手塚「(走攻守揃った相手か・・・だが俺なら抑えられる!)」

手塚の第一球

ピシュッ

矢部「(コントロールはいいでやんすが、速さが足りないでやんす!!)」

ガギィィィン!!!

手塚「おっ!!」

矢部の放った打球はまたもホームラン

矢部「やったでやんすー!」

奥居「すげえ~!矢部絶好調だぜ~!」


41: 名無しさん 2009/05/24(日) 18:36:33.56 ID:0FXSVXV7O
パ2-大4

手塚「くそ・・・この俺が・・・」


矢部「ただいまでやんす!」

奥居「矢部~お疲

矢部「えくちゃん、見てくれたでやんすか?」

絵久「うん、最高にカッコ良かったよ!!」

奥居「・・・」

矢部「ん?奥居君、今呼んだでやんすか?」

奥居「いや、なんでもね~よ。ど~せオイラはよ~」


パワプロ「奥居・・・・なんというか、ドンマイ」

奥居「うるせ~!オメーだって彼女いるくせによ~!」

パワプロ「だからあおいちゃんはまだ彼女じゃないって!」

奥居「まだだと~?やっぱ狙ってんじゃねえか~!」

パワプロ「え、あ、いや今のはつい・・・」

42: 名無しさん 2009/05/24(日) 18:45:53.31 ID:0FXSVXV7O
手塚「(くそ!今のはマグレだ!)」

ホームランを打たれた事が逆に手塚の投球を勢いづける事となってしまい、二番、三番打者が三振きとられる

次打者はパワプロ


パワプロ「(よし、俺も矢部君に続くぞ!)」

手塚「(来たな、試合崩しめ、俺の投球で仕留めてみせる!)」


駒坂「(手塚君、冷静さを保たないと彼を倒せないぞ・・・!)」

44: 名無しさん 2009/05/24(日) 18:52:07.30 ID:0FXSVXV7O
手塚の第一球

手塚「(どりゃあ!!!)」

パワプロ「(遅い!!)」

キンッ!!

手塚「!うわっ!!」

バシッ

パワプロの打球が手塚を襲うがグラブでなんとか弾く

手塚「く・・・そ!」

手塚が球を拾った頃にはパワプロはもう一塁についていた

手塚「(くそ・・・)」

次打者はハード

50: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:04:10.35 ID:0FXSVXV7O
手塚の第一球
手塚「(自慢のカーブをくらえ!)」
シュッ

ハード「むん!」

キンッ!

手塚「ああっ!」

ハードの放った打球はショート頭上へ飛んで行った

駒坂「はっ!」

パシッ

しかし駒坂がジャンピングキャッチしてアウト

パワプロ「くそ、流石駒坂君だ・・・」

審判「スリーアウト、チェンジ!」

手塚「・・・なんとかなったか」

駒坂「手塚君、相手は強豪の大ハード高校なんだ。無理な相手だと思ったら敬遠を選ぶ事も手だぞ」

手塚「キャプテン・・・・すいません」

53: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:12:57.19 ID:0FXSVXV7O
六回表

小杉の変化球を打者達は打つも、タイミングが合わず、この回は無得点でチェンジ

六回裏

六番打者がヒット、七番打者がバントで送るも八番打者のゴロによりダブルプレーを食らい、こちらも無得点のままチェンジ

54: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:19:47.33 ID:0FXSVXV7O
八回表
ツーアウト、ランナー無し

駒坂のホームランでパワフル高校一点追加

パ3-大4

小杉はまだ投げれると言っていたが、次打者の相手が相手なので交代

投手交代
小杉→竹本


竹本「(一点差で四番の東條が相手か・・・)」

東條「(あいつが同期の竹本か・・・打ちにくい変化球の使い手と聞くが・・)」

56: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:27:02.95 ID:0FXSVXV7O
竹本の第一球
シュッ

東條「(遅い・・!なんの球でくる?カーブ系か?フォーク系か・・・?)」

ポスッ

審判「ストラーイク!」

東條「(スローボール・・・この俺相手に大胆な奴だ)」

竹本「(正直打たれるかと思ったけど、見送ってくれたか・・・!よし、次はこれだ・・・!)」

竹本が第二球を投げる

シュッ・・

東條「!」

球は斜めに曲がり始めた

東條「(スローカーブか!もらった!)」
ブンッ

ポスッ
東條「!」
審判「ツーストライク!」

東條の予想通りスローカーブだったが、あまりの落差に的を外してしまう

60: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:38:53.48 ID:0FXSVXV7O
東條「(遅く曲がる球がこんなにやり辛いとは・・・)」


矢部「あの四番を翻弄してるでやんす」

パワプロ「うん、一年でここまで出来るってのは凄いよ」


竹本が振りかぶる

東條「(来るか、しかし変化はだいたい覚えた、今度こそ狙わせてもらう!!)」

第三球を投げた

ビシュ

東條「(速い球?最後は強気にストレートできたか?)」

速いと言っても普通のピッチャーの中では遅い方だが、その速球がどんどん近づいてくる

東條「(悪いが、これで同点だ!!)」

ククッ

東條「!」

バットに触れる直前、球が右に若干ずれた

62: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:46:29.42 ID:0FXSVXV7O
東條「(シュートだ・・・と!?)」

カキッ

ボールはセカンドゴロとなり、東條は刺されアウト

東條「(くそ・・・やられた)」

竹本「よし・・・・」

駒坂「(あの東條君を翻弄するとは・・・逸材だな)」

63: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:51:03.16 ID:0FXSVXV7O
九回表

パワフル高校最後の攻撃

竹本の変化球が他の打者達を翻弄し、三振二つ、最後はピッチャーフライに仕留め、試合終了


パ3-大4で大ハード高校の勝利


66: 名無しさん 2009/05/24(日) 19:57:38.03 ID:0FXSVXV7O
パワプロ「よし!ついにパワフル高校に勝ったぞ!」

矢部「やったでやんす!!」

駒坂「パワプロさん、お疲れ様でした」

パワプロ「駒坂君」

駒坂「高校生活最後にいい勝負が出来ました、ありがとうございました」

パワプロ「いやあ、こちらこそ!甲子園でまたパワフル高校と戦えるなんて嬉しかったよ!」



東條「・・・小杉、竹本」

小杉「東條」

東條「この借りは必ず返す。次に会った時は覚悟しておけ」

竹本「ああ、僕もさらに変化球に磨きをかけて見せるよ!」

小杉「東條、今度会った時はホームランは打たせないからな!覚えておけよ!?」

東條「ふ・・・いいだろう」

70: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:14:27.58 ID:0FXSVXV7O
俺達は破竹の勢いで甲子園大会を勝ち上がり、ついに決勝戦へと昇りつめた

パワプロ「ついにここまで来たか・・・」

矢部「相手は覇王学園でやんす」


神打「久しぶりだな、大ハード高校」

パワプロ「お前は神打!」

神打「高校野球最後の相手がお前達とはな・・・」

小杉「・・・」

竹本「・・・」

神打「お前が竹本の弟か。兄に比べられるのが嫌で大ハードに行ったそうだな」

竹本「それがなんですか?あなたには関係ないでしょう?」

神打「そんな理由で覇王学園の推薦を蹴るとは馬鹿な奴だ。今日はその覇王学園の力を存分に見せてやる」

パワプロ「なんだとー?俺達だって去年と違いパワーアップしたんだ!!あまりの変わりように腰を抜かすなよー!」

71: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:17:52.24 ID:0FXSVXV7O
神打「フ、まあせいぜい楽しませてもらおうか。ではな・・・」
スタスタスタ…

矢部「相変わらず憎たらしい奴でやんす!」

小杉「あの伸び切った天狗の鼻をへし折ってやりましょう!」

パワプロ「ああ、そうだな!!俺達三年生にとって最後の試合だ!皆力を貸してくれ!!」

全員「おー!!」

72: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:21:54.50 ID:0FXSVXV7O
観客席

ざわざわ…

あおい「わあ、凄い人だかり・・・!座れる場所あるかな?」

ドンッ

あおい「ぎゃっ!ごめんなさい!」

鋼「・・・早川、お前も見に来ていたのか」

あおい「あ、鋼さん!」

鋼「席は取れたのか?」

あおい「いえ、それが人が多すぎて・・・」

鋼「ならばついて来い、ネロに席を取らせてある」

あおい「本当ですか?じゃあお言葉に甘えて・・・」

74: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:26:10.03 ID:0FXSVXV7O
ネロ「ウー、鋼来た・・・」

鋼「待たせたな」

立花「あれ、あおいちゃんも一緒バッタ!」

あおい「あ、立花さん方も見に来てたんですか!」

たかゆき「オイラもいるでガンス!!」

鋼「不思議とここら辺に人が来ないのでな、好きな場所に座れ」

あおい「あはは、ありがとうございます・・(座りたくてもあのメンツだから座れないだけなんじゃないかな・・・)」

77: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:32:27.10 ID:0FXSVXV7O
奥居「お~い、そろそろ時間だぜ~」

パワプロ「わかった・・・よし、皆行くぞ!」

矢部「やんす!!」

絵久「矢部君、頑張ってね!」

矢部「任せるでやんす!!ラブパワーでやんすー!!」

小杉「や、矢部先輩落ち着いて・・・」

パワプロ「ははは・・・羨ましいなぁ、矢部君は(・・・あおいちゃんは見に来てくれてるのかな・・・?)」

監督「よし、お前達、出るぞ!!」

パワプロ「! はい!(今は試合の事だけ考えるんだ!絶対勝つぞ!)」

79: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:36:24.34 ID:0FXSVXV7O
試合開始

一回表

大ハード高校の攻撃

覇王学園の先発は獅子王


パワプロ「また獅子王か・・・予想はしていたけど」

矢部「パワプロ君、あれを見るでやんす!」

パワプロ「! 神打が一回から捕手か・・・!」

矢部「あんな挑発的な態度をとってたでやんすが、実力は認めてるって事でやんすね」

80: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:47:45.69 ID:0FXSVXV7O
一番はラブパワーを注ぎ込まれた矢部

矢部「(来るでやんす!獅子王!!)」

獅子王が振りかぶって第一球を投げる!

シュッ
矢部「(速・・

ブンッ
ズバアンッ!!!

審判「ストラーイク!!!」

矢部「(相変わらず怖い球でやんす)」

獅子王の第二球

ビシュッ

ガクンッ
矢部「(いきなりスプリットでやんすか!)」

カキッ

ボールはバットの端に当たり高くバウンド

矢部は一塁に猛ダッシュするも、獅子王の送球によりワンアウト

81: 名無しさん 2009/05/24(日) 20:58:07.83 ID:0FXSVXV7O
二番打者は見逃し三振、三番打者は球に当てるもピッチャーゴロに終わりアウト
この回はランナーが出る事なくチェンジ


一回裏

覇王学園の攻撃

大ハードの先発は小杉

まず一番打者が小杉のストレートを打ち、ヒット

一塁へ

次の二番打者が送りバントと同時に一塁ランナーが盗塁

ハードが急いで、二塁に投げるもセーフ
一塁はアウト


ワンアウト、ランナー二塁で三番竹本兄

小杉「(久しぶりだな、竹本・・・)」

竹本兄「(小杉、あれから少しは強くなったんだろうな?)」

82: 名無しさん 2009/05/24(日) 21:04:02.08 ID:0FXSVXV7O
小杉の第一球はストレート

ビシュッ

竹本兄「(ん・・・球威が上がっているな・・・だが!)」

カキンッ

小杉「!」

審判「ファールボール!」

竹本兄「(そんな程度で俺は崩せないぞ!)」


小杉「(ストレートじゃ俺を仕留められないぞ、とか思ってるだろうな・・・今に見てろよ)」

小杉が第二球を投げた

シュッ

115: 名無しさん 2009/05/25(月) 00:19:50.68 ID:n2968rZkO
竹本兄「(遅い・・・、チェンジアップか!)」

キンッ

多少タイミングがずれたが、竹本は球を当てる

審判「ファール!」

ハード「(小杉、読まれてるヨ!)」

小杉「(わかってるよ)」

竹本兄「(さあ、次はスライダーか?)」

小杉が構える

小杉「(そうだよ、お前の大好きなスライダーだよ!!)」

小杉が第三球を投げた

118: 名無しさん 2009/05/25(月) 00:29:40.84 ID:n2968rZkO
竹本兄「(成長しないな小杉!またスライダーに頼るとは・・・貰った!)」

ククッ

竹本兄「(!?曲がりが速い!)」

小杉の生まれ変わったスライダーに竹本兄もまた、東條と同じ手にかかってしまう

カッ

打球はサードゴロとなり竹本兄はアウト

竹本兄「くそっ」

小杉「(・・・喜んでもいられない、次はあの神打だ)」

122: 名無しさん 2009/05/25(月) 00:42:18.92 ID:n2968rZkO
ツーアウト、ランナー二塁で次打者は四番神打

神打「(スライダーに磨きをかけてきたようだが、俺には通用しない事を教えてやる)」

小杉「(行くぞ、神打!)」

小杉が第一球を投げた

ビシュッ

ククッ

曲がりが速い、Hスライダーだ

神打「(竹本には通用するかも知れんが・・・無駄だ!)」

キィンッ!

小杉「(くそ!)」

神打の放った打球はホームランにはならなかったが、レフト前のヒット

パワプロがすぐにキャッチ

パワプロにはレーザービームがあるので二塁ランナーは三塁で止まった


次打者は獅子王

126: 名無しさん 2009/05/25(月) 00:54:21.04 ID:n2968rZkO
ツーアウト、ランナー一、三塁

獅子王「・・・」

小杉「(相変わらず、威圧感のある奴だ・・・)」


パワプロ「(ツーアウトだけど、打率の高い獅子王が相手か・・・)」

矢部「(後ろに下がった方がいいでやんすかね・・・)」


小杉は構え、第一球を投げる

ビシュッ

ククッ

獅子王「!」

ブンッ

バシッ
審判「ストラーイク!!」

まずはHスライダーでワンストライク

127: 名無しさん 2009/05/25(月) 00:59:10.80 ID:n2968rZkO
獅子王「・・・」

小杉「(表情は変えないが、今のスライダーには驚いたハズだ)」

小杉の第二球

ビシュッ

ギュオオッ

獅子王「(速い・・またスライダーか!)」

ブンッ

ズドッ
審判「(ストライクツー!!)」

獅子王「(今度はストレートか・・!)」

獅子王はあっという間にツーストライクに追い込まれた

128: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:12:21.72 ID:n2968rZkO
小杉「(よし、これで決める!)」

小杉が第三球を投げた

ビシュッ

獅子王「(何が来る?)」

ククッ

小杉の速球はそのまま下へガクッ落ちる

獅子王「(SFFだと?くっ)」

意表をつかれた獅子王だったが、意地でバットを当てる

カッ

神打「(獅子王のバカめ!)」

打球はピッチャーゴロ

小杉は難なくキャッチし一塁へ送球

審判「スリーアウト!!チェンジ!」

133: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:21:04.76 ID:n2968rZkO
獅子王「(おのれ、俺を相手にSFFを投げるとは・・!)」

ハード「小杉、ナイスネ!」

小杉「ああ、合宿で覚えた甲斐があったよ」

矢部「なんとか無失点で抑えれたでやんすね」

パワプロ「ああ、この調子で行こう!」

・・・・

ワー ワー

あおい「小杉君、やるなぁ・・・」

鋼「うむ、中々いい投手だな」

立花「しかし、相手のピッチャーもとんでもない速球でバッタね」

ネロ「ウー・・あれは打ちにくい」

たかゆき「打てなければ死球で進塁すればいいだけでガンス!」

134: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:29:09.95 ID:n2968rZkO
影山「ふむふむ・・・パワプロ君といい矢部君といい、小杉君といい、大ハードにはいい選手が多いな」

影山「兄さん、やっぱり来てたのかい」

影山「おお、覇王学園のウォッチか?」

影山「ああ、黄金世代の最後の試合だからね。」

影山「この試合、どちらが勝つと思う?」

影山「愚問だね兄さん、自分がチェックしてるチームに決まってるじゃないか・・・兄さんもそうだろう?」

影山「ふむ・・・そうだな」

138: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:36:24.69 ID:n2968rZkO
四回表

一番矢部からスタート

矢部「(この男から塁に出るには、やはりこれしか方法はないでやんす!)」

獅子王が第一球を投げる

ドシュッ

矢部「(漢らしく・・・・!バントでやんす!)」

獅子王「!」

神打「(コイツ、またか!)」

カッ

弾いたボールは三塁方向へ

矢部「ラブパワーダッシュでやんすー!!」

ドドドドッ

矢部がパワプロを越える速さで一塁に向かう

139: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:41:21.01 ID:n2968rZkO
竹本兄「(ちっ!三塁には俺がいるんだ!行かせるか!!)」

竹本兄がすぐにキャッチ

ファーストへ送球する

シュッ

矢部「やーんす!!」
矢部がヘッドスライディングで間一髪セーフ

竹本兄の強肩を持ってしても愛戦士矢部を刺す事は出来なかった

ノーアウト、ランナー一塁

142: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:51:08.49 ID:n2968rZkO
獅子王が第一球を投げる

ドシュッ

二番打者「(矢部に出来たんなら俺だって~!)」

なんと二番打者も矢部と同じくバント

神打「(なんだと?)」

矢部「(!君を信じるでやんす!!)」
矢部がスタート

ガギッ

二番打者「(ぐわっ!手が!)」

二番打者のバント球は矢部のように転がず、地面に叩きつけられキャッチャーの前にふわりと浮いた

神打「(欝陶しい!!)」

神打がキャッチ
既に二塁ヘ到着してる矢部には見向きもせず一塁を刺す

審判「アウトー!!!」

143: 名無しさん 2009/05/25(月) 01:56:30.93 ID:n2968rZkO
二番打者「いででで・・・手が壊れるかと思ったぜ~」

パワプロ「凄いな、よくやってくれた!!」

奥居「凄い勇気だぜ~!」

二番打者「甲子園最後の試合なんだ、俺だって化け物相手に一矢報いたかったんだよ」

監督「160Km/h相手にバントはたいした勇気だが、下手したら大怪我になっていたかもしれん。甲子園最後の試合なんだ、決して無茶はするな」

二番打者「は、はい~」

144: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:02:02.35 ID:n2968rZkO
ワンアウト、ランナー二塁で次打者は三番打者

三番打者「(二番打者があの獅子王相手にバント決めたんだ・・・俺だって最後の試合になにかしたいぜー!)」

獅子王の第一球

ドシュッ

三番打者「(ホームランは無理でもヒットくら

ズドンッ

審判「ストライク!!」

三番打者「(速ぇ・・・!でも俺だって大ハードの三番打者なんだー!)」

獅子王が第二球を投げる

147: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:07:43.56 ID:n2968rZkO
ドシュッ!

三番打者「(俺だって何か一つくらいはー!)」

ブンッ

バシッ
審判「ストライク!!」

獅子王の第三球

ビシュッ

三番打者「(結果を残したいんだー!)」

ガクンッ(SFF)
ブンッ

ズドンッ
審判「ストラーイク!バッターアウト!」

三番打者「(くそ~!!)」

神打「(凡人が獅子王にヒットが奪えるか、つけ上がるな)」

151: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:16:26.57 ID:n2968rZkO
三番打者「すまん、パワプロ~」

パワプロ「落ち込むな、後は俺に任せてくれ」

三番打者「頼んだぜ~、キャプテン」


ツーアウト、ランナー二塁で四番パワプロ

ザッ

パワプロ「・・・」

獅子王「(来たか・・・)」

神打「惜しいな、それだけの実力を持ってながら大ハード高校にいるとは」

パワプロ「・・なに?」

神打「お前の実力なら帝王実業でもアンドロメダでも通用しただろうに・・・何故凡人よりやや上の実力しか持たない大ハードに入ったのか・・・」

パワプロ「今の俺があるのも大ハードに入ったお陰だ。この高校に入ったから甲子園にも出れたんだ」

154: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:23:48.02 ID:n2968rZkO
審判「こら、私語は禁止だ」

神打「・・・」

パワプロ「(今に見せてやるさ、大ハード高校で鍛え上げた俺の力を!)」

神打「(獅子王、本気で投げろよ)」

獅子王「(そのつもりだ)」

獅子王が振りかぶり、第一球を投げた

ビシュッ

パワプロ「(SFFか!!これなら狙える!!!)」

ガクンッ

パワプロ「(うおお!!)」

神打「(なに?SFFを読んだのか!?)」


ガキィッ!!

155: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:28:30.04 ID:n2968rZkO
獅子王「(なにっ!)」

矢部「(行くでやんす!!)」ダッ

パワプロが放った打球はグングンと伸び、センターバック

神打「(馬鹿な、マグレだ!)」

パワプロ「(見たか、神打!)」ダッ


パワプロも走り出した

157: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:34:35.92 ID:n2968rZkO
ワー ワー

鋼「あの豪速球をセンターまで運ぶとは・・・!」

あおい「(パワプロ君、本当に凄いよ!)」

立花「あれはもう人間じゃないバッタ!!!」

たかゆき「お前が言うなでガンス!!!」

ネロ「ウー・・・お前ら」


・・・

影山「素晴らしい打者だな、彼は」

影山「ああ、僕が目をつけただけはあるだろう?」

影山「今年はプロ並の実力を持った選手達の多い年だな・・・」

影山「彼らがプロに入れば、プロ野球はもっと面白くなるだろうね」

158: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:39:23.23 ID:n2968rZkO
センターがボールを拾う

矢部は既にホームイン、大ハード高校が待望の一点獲得

覇0-大1

獅子王「(おのれ・・・!」

パワプロ「どりゃあー!」

パワプロが二塁を蹴る

センターも同時に三塁へ投げるが当然パワプロの脚の方が早く、セーフ

大ハード高校側のスタンドが盛り上がる

159: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:48:46.11 ID:n2968rZkO
竹本兄「・・・まさか、獅子王さんの球を外野まで運ぶなんてね・・・野手として尊敬しますよ」

パワプロ「ん?」


獅子王「(屈辱だ・・・この俺の球がセンターに運ばれる等・・・)」

ツーアウト、ランナー三塁で次打者はハード

ハード「やって見せマース!」



矢部「おおっ!ハードの奴、珍しく緊張してないでやんす!」

小杉「大舞台にもようやく慣れてきたんですよ」

竹本弟「ここでもう一点追加出来れば・・・」

矢部「ハードを信じるしかないでやんす」

161: 名無しさん 2009/05/25(月) 02:59:20.54 ID:n2968rZkO
ハード「(自分でも驚いていまース・・・こんなにリラックス出来てるなんテ)」

獅子王「(コイツには去年打たれた覚えがある・・・これ以上、俺から点を取る事は許さん!)」


パワプロ「(頼むぞハード、パワーだけならお前は大ハード一なんだ・・・あの球威に負けない打撃力でなんとかヒットを放ってくれ!)」


187: 名無しさん 2009/05/25(月) 08:44:04.58 ID:n2968rZkO
捕手感謝


獅子王「(さっきのは偶然の当たりだ、この俺の球を狙って打てる奴など神打以外にはいない!!)」

獅子王が第一球を投げる

ドシュッ

ハード「(! ストレートですカ!?)」

カキッ

獅子王「!」

審判「ファール!!」


矢部「すごい、いきなり当てたでやんす!」

パワプロ「うん、ハードも合宿で腕を上げたからね」

189: 名無しさん 2009/05/25(月) 08:50:48.88 ID:n2968rZkO
神打「(こいつ・・・去年はガチガチに緊張する程精神的に脆い奴だったハズ)」

獅子王「・・・フン」

ハード「(今のはハッキリ見えましタ・・・不思議でース)」

獅子王「(闇雲に振ってたまたま当たっただけだ!)」

獅子王が第二球を投げる

ドシュッ

グオオォッ

ハード「(また見えル!・・下に落ちようとしてイル・・SFF!?)」


ハードがSFFを狙い打つ

カキッ

190: 名無しさん 2009/05/25(月) 08:58:40.38 ID:n2968rZkO
獅子王「(当て・・)ぬおっ!」

キュンッ!!

ハードの放った打球はピッチャー返しになり、獅子王を強襲

獅子王の頬を掠めた球はセカンドとショートの間を抜け、センター前に転がる


パワプロ「よし!!」

パワプロは三塁を蹴り余裕の生還

覇0-大2

ハードは一塁でストップ

ワー ワー

神打「馬鹿な、獅子王と俺のバッテリーで先に二点を奪われるとは・・・」

パワプロ「どうだ神打、大ハードの力、見たか?」

神打「・・・」

191: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:08:22.04 ID:n2968rZkO
矢部、二番打者、パワプロ、ハードの活躍により大ハード高校は四回表で二点追加

獅子王「おのれ、二度も不覚を取るとは・・・!」

神打「落ち着け獅子王、たった二点だ」

獅子王「神打・・・」

竹本兄「まだ四回です。余裕で逆転出来ますよ」

神打「竹本の言う通りだ。大ハードは俺達が想像していたより成長しているようだ・・・帝王やアンドロメダと比べたのが間違いだった」

獅子王「・・・最強の相手だと言うのか?」

神打「・・・最強は褒めすぎだ。だが、危険な相手だという事を改めて認識した」

194: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:24:28.49 ID:n2968rZkO
四回裏

覇王学園一番からの攻撃

小杉はストレート、チェンジアップ、SFFを使い分け三振

二番打者が小杉の失投を狙い打ちセンター前ヒットでワンアウト、ランナー一塁

次打者は三番竹本兄

竹本兄「(小杉、今度こそ打たせてもらうぞ)」

ハード「(小杉、慎重にネ)」

小杉が第一球を投げる

ビシュッ

ククッ

竹本兄「(いきなりスライダーか!)」
ブンッ

ズドンッ

審判「ストラーイク!」

195: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:28:41.18 ID:n2968rZkO
小杉の第二球

シュッ・・・

小杉の投球は弱々しく竹本兄に向かってくる

竹本兄「(遅い!チェンジアップ!!!)」

ブオンッ

竹本兄「!(落ちな・・)」

ポスッ

審判「ストライクツー!!」

竹本兄「(ス、スローボールだと・・!)」

小杉「(よし、いい感じだ)」

196: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:33:38.94 ID:n2968rZkO
ハード「(小杉!トドメヨ!!)」

小杉「(ああ、行くぞ!)」

小杉が第三球を投げる

ビシュッ

竹本兄「(スラ・・・いやストレート!!)」

ガキィンッ

小杉「!」

竹本が小杉のストレート捉える

打球はパワプロが守るレフトへ飛んでいく

パワプロ「これなら取れる!」


197: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:38:13.09 ID:n2968rZkO
パワプロ「届け!」

パワプロがダイレクトキャッチ

竹本兄「(くそ!)」

審判「アウトー!」

と同時に一塁ランナーが走り出す

小杉「(一塁から!?無謀だ!)」


矢部「パワプロ君!一塁が出たでやんすよ!」

パワプロ「よし、このおっ!!!」

パワプロは起き上がり、すぐに二塁へ送球

ビシュッ

198: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:42:39.50 ID:n2968rZkO
矢部「パワプロ君の肩なら刺せるでやんす!」

一塁ランナー「うおおお!!」

一塁ランナーは懸命に走るが、パワプロのレーザービームの方が速い


ハード「(これでチェンジネ!)」


バシッ!!

二塁手「!」

二塁手がパワプロのレーザービームをキャッチ!

・・・したが、こぼしてしまう

小杉「ああっ!」


ズサーッ

一塁ランナーはその隙にスライディングで二塁へ

審判「セーフ!」

二塁手「(やっちまった・・・)」

199: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:48:53.15 ID:n2968rZkO
パワプロ「ドンマイ、二塁手!」

矢部「次気をつければいいでやんす!」

二塁手「キャプテン・・・ああ!」


そして現れる四番神打

小杉「(神打・・・ランナーが出てる状態でコイツに投げたくなかったが仕方ないか・・)」


・・・

鋼「ここで神打か・・・」

立花「ここで同点弾打たれたらキツイバッタ」

たかゆき「そういう不吉な事いうなでガンス!」

ネロ「ウー・・・でも、ありえる」

あおい「・・・」

200: 名無しさん 2009/05/25(月) 09:52:17.49 ID:n2968rZkO
小杉が第一球を投げる

ビシュッ

ガクンッ

神打「・・・」

ズドンッ

審判「ワンストライク!」

神打「(獅子王程ではないが、よく落ちるSFFだな)」

小杉「(次は・・・)」

神打「(スライダーか?)」


小杉が第二球を投げる

ビシュッ

神打「(スライダー!)」

カキンッ

201: 名無しさん 2009/05/25(月) 10:01:31.91 ID:n2968rZkO
小杉「!」

神打の打球はファールスタンドへ

神打「(そういえば高速だったな・・・タイミングがずれた)」

ハード「(ヒヤッとしたネ・・・)」

小杉「(以前のスライダーなら持っていかれてたな・・・次は・・・)」

神打「(SFFかチェンジアップ・・・いや)」

小杉の第三球

ビシュッ


神打「(自慢のストレートか!!)」

ガッキィィィン!!!

小杉「!!」

202: 名無しさん 2009/05/25(月) 10:08:36.36 ID:n2968rZkO
ハード「(やられタ!!!)」

神打の放った打球はそのままスタンドへ向かっていく

キイィィィィン・・・・


立花「ん?」

ドゴッ

立花「ギャアッ!!」

あおい「わああっ!立花さん!」

ホームランボールが立花に直撃

たかゆき「カッカッカ!ピクピクしてるでガンス!」

鋼「ネロ、唐沢博士の所に運んでやれ」

ネロ「ウー・・・わかった」

ドスドスドス

あおい「(れ、冷静すぎるよ・・・)」

210: 名無しさん 2009/05/25(月) 11:18:14.71 ID:n2968rZkO
苦労して取った点が神打の一打でふりだしに戻されてしまった

覇2-大2


小杉「くそっ・・・」

ハード「小杉!ドンマイネ!!」

矢部「次は獅子王でやんすー!!気をつけるでやんすよー!!」

パワプロ「マイペースでいいんだ小杉ー!気にするなー!」

小杉「先輩方・・・すみません!これ以上は打たせません!!」

213: 名無しさん 2009/05/25(月) 11:29:06.08 ID:n2968rZkO
ツーアウト、ランナー無しで獅子王

獅子王「・・・」

小杉が第一球を投げた

ビシュッ

ガクンッ

獅子王「(またSFFか!!嘗めるな!)」

カキンッ

小杉「!」

即座に当てるも打球はファール

小杉「(SFFが来ると読んでたか・・!)」

小杉が構える

獅子王「(次はなんだ?)」

小杉の第二球
シュッ

ガクンッ

獅子王「(またSFFか!)」

216: 名無しさん 2009/05/25(月) 11:34:48.40 ID:n2968rZkO
キィンッ!!

三塁線に飛んでいくがこれもファール

小杉の第三球

ビシュッ

ガクンッ

獅子王「(また・・・!)」

バスッ
審判「ボール!」

しかしこれはボール球

小杉「(少しずれたか・・・)」

獅子王「(まさかコイツ、俺をSFFだけで仕留める気か?)」

217: 名無しさん 2009/05/25(月) 11:48:35.10 ID:n2968rZkO
獅子王「(嘗めやがって、いいだろう!来い!)」

小杉が第四球を投げる

ビシュッ

獅子王「む?!(速さが微妙に違う・・・!ストレート?いや・・)」

ククッ…

獅子王「(スライダーか!)」

カキッ

ハード「(よシ!!)」

すっかりSFFが来ると思い込んでた獅子王は、高速スライダーの変化に反応が遅れ、バットを当てるもサードゴロになった

獅子王「(おのれ・・・!)」

三塁が送球しアウト、この回は同点になって終わった

神打「(安い誘いに乗りやがって・・・)」

218: 名無しさん 2009/05/25(月) 11:55:33.86 ID:n2968rZkO
六回表
矢部、二番打者が三振

ツーアウト、ランナー無しで三番打者


三番打者「(今度こそやってやるぜー!)」

獅子王が第一球を投げる

ビシュッ

ズドンッ

審判「ストラーイク!!!」

三番打者「(やっぱ速ぇ~・・・!ストレートを狙うのは相当難しいぜー・・・)」

獅子王の第二球

ビシュッ

ガクンッ

三番打者「(俺が狙えるのは若干スピードが落ちるSFFだー!!)」

ブンッ

ズドムッ
審判「ストライクツー!」

220: 名無しさん 2009/05/25(月) 12:00:13.92 ID:n2968rZkO
獅子王の第三球

ビシュッ

獅子王「!」

獅子王が暴投

神打「!」
グオオォッ

三番打者「え?」

ドゴッ!!

三番打者「ぎゃはあっ!!」

審判「デッドボール!!」

パワプロ「三番打者ーー!!」

獅子王「(くそ、俺とした事が・・・)」

222: 名無しさん 2009/05/25(月) 12:05:32.30 ID:n2968rZkO
三番打者は悶絶

監督「・・いかんな、医務室へ運べ」


甲子園最後の試合に三番打者は無念の交代


神打「(獅子王め、さっきの回といい、調子を崩しているのか?)」

ツーアウト、ランナー一塁

次は四番パワプロ

ザッ

パワプロ「三番打者、お前の無念は俺が果たすぞ!」

231: 名無しさん 2009/05/25(月) 12:57:21.33 ID:n2968rZkO
獅子王「(面倒な奴が来たな・・・)」

パワプロ「・・・」

神打「(今の獅子王にコイツの相手は・・・)」

獅子王「(さっきのヒットが偶然だと言う事を証明してやる!!)」

獅子王が第一球を投げる

ドシュッ

ギュオオォォッ!!!

神打「(獅子王!)」

パワプロ「(ど真ん中ストレート!!!貰ったーー!!!)」

ッッキィィィン!!!!

232: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:01:28.86 ID:n2968rZkO
矢部「!」

ハード「!」

小杉「!」

竹本弟「!」


パワプロの全力を込めた一撃は文句なしのホームランとなった

獅子王「(馬鹿な!俺の全力のストレートだぞ!!)」

神打「(・・・大馬鹿が!!!)」


覇2-大4

235: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:07:08.66 ID:n2968rZkO
ギュオオォォッ!!
たかゆき「ん?」

ガゴッ

たかゆき「ガンスッ」
ドターンッ

パワプロのホームランはたかゆきに命中

あおい「凄い!!入ったよ!!」

鋼「あの豪速球をホームランだと・・・!?」

・・・・

影山「素晴らしい逸材だ!!」

影山「お前の目に狂いはなかったようだな」

影山「あぁ、彼ならこういうでかい事をしてくれると思っていたよ」

236: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:11:24.92 ID:n2968rZkO
ワー ワー

神打「獅子王、お前はもう下がれ」

獅子王「なに?俺はまだやれるぞ!」

神打「冷静さを失った投手は使いモノにならん。監督だって同じ判断を取る筈だ」

獅子王「俺以外がどうやってあの打線を抑えるっていうんだ!?」

神打「俺がリードすればいいだけだ」

獅子王「神打・・・」

伝令「・・・獅子王、監督からだ。交代だと」


238: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:16:50.85 ID:n2968rZkO
獅子王「な・・・なんだと・・・!」

神打「後は任せろ」

竹本兄「そうです、俺達が獅子王先輩の分も頑張りますから」

獅子王「・・・くっ」

覇王学園
投手交代
獅子王→交代投手



矢部「パワプロ君!あれを見るでやんす!」

パワプロ「ん?あ・・・」

小杉「やった・・・遂に獅子王をマウンドから下ろせたんだ!!」

獅子王交代により大ハード野手陣のやる気が上がった

239: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:24:47.64 ID:n2968rZkO
交代した投手も高校選手としては高いレベルだったが、獅子王と比べると大した事なく、ハードはツーストライク後にヒット

後続もヒットを打ち、塁に出るが最後はダブルプレーに取られ二点勝ち越しでチェンジ


パワプロ「よし!獅子王が下がった事で強打者は減った!この二点をなんとしても守り通すぞ!!」

矢部「おー!でやんす!!!」

241: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:31:24.05 ID:n2968rZkO
六回裏

伝令「小杉、交代だ」

小杉「!・・そうか」

竹本弟「小杉さん、お疲れ様でした」

小杉「ああ、後は任せたぞ」

竹本弟「はい!必ず守り通してみせます!」

大ハード高校
投手交代
小杉→竹本弟


竹本兄「(優・・・ついに出て来たか)」

竹本弟「(兄貴、僕の実力、ここで見せつけてやる!)」


竹本弟の放つ遅い変化球は覇王学園の野手達には未知の球種であり、下位打線を空振り三振に打ち取る

審判「チェンジ!」

243: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:43:09.01 ID:n2968rZkO
七回表

九番竹本弟からスタート

打撃はイマイチな竹本弟はフライでアウト

次打者矢部は一球目からバントで一塁を目指すも神打の送球によりアウト

二番打者は神打のリードによりゴロに仕留められアウト


七回裏

竹本弟の変化球が九、一、二番打者を翻弄

またも空振り三振に仕留めた

結局両者無得点のままチェンジ

244: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:52:59.87 ID:n2968rZkO
八回表

三番打者(交)からスタート

交代投手の第一球を完璧に捉え、レフト前ヒット

ノーアウト、ランナー一塁で四番パワプロ

ザッ

パワプロ「(よし!獅子王がいない覇王投手はもう怖くない!また点を貰うぞ!!)」

神打「・・・」

神打は交代投手に指示を出す

交代投手が第一球を投げる

シュッ・・・

パワプロ「(来・・・?)」

ポスッ

審判「ボール!!」

パワプロ「(敬遠・・・?)」

神打「(これ以上点を取られるわけにはいかん。勝つ為にはプライドだって捨ててくれる・・・!)」

245: 名無しさん 2009/05/25(月) 13:56:52.12 ID:n2968rZkO
審判「フォアボール!」

パワプロは一塁へ

ノーアウト、ランナー二、一塁で次打者はハード

ハード「イエス、自分が決めてみせマース!!!」


しかし

ポスッ

審判「ボール!フォアボール!!」

ハードも敬遠

ノーアウト、満塁となった

神打「(大ハードは上位打線さえ抑れば怖くはない。後はこちらのリードでなんとかなる)」

246: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:04:17.51 ID:n2968rZkO
神打のサイン通りに投げた交代投手の投球は下位打線達の打球を狙った所に転がさせ、ダブルプレー後、フライに取りなんとか無失点に抑えた


八回裏

覇王学園は三番竹本兄からのスタート

竹本兄「・・・」

竹本弟「・・・」

ハード「(兄弟対決カ・・・)」

竹本弟「(兄貴、行くよ!)」

竹本弟が振りかぶって第一球を投げた

248: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:09:20.85 ID:n2968rZkO
シュッ・・・

球はゆっくりと下に落ちていく

竹本兄「(遅い・・!確かに速球慣れした俺達には打ちにくい球だ・・・!しかし!)」

キンッ!!

竹本弟「!」

パワプロ「打たれた!」

矢部「一球で当てたでやんす!?」


審判「ファール!!」

竹本兄「(くそ、タイミングを誤ったか・・・)」

竹本弟「(流石兄貴だ・・・!)」

249: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:20:15.47 ID:n2968rZkO
竹本弟の第二球

シュッ・・・



竹本兄「(!スローカーブか!!)」

ストライクゾーンギリギリのスローカーブ

竹本兄「くっ!!」
ブンッ

パス・・

審判「ストラーイク!!」

竹本兄は大きく空振りしてしまう

竹本弟「(やった・・・!僕の球が兄貴に通用してる!)」

竹本兄「(やるな・・・大ハードに入った事は正解だったようだ・・・!)」

250: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:29:56.64 ID:n2968rZkO
竹本弟「(行くよ、兄貴・・・!これは兄貴を倒す為に編み出した新しい変化球!)」

竹本弟が第三球を投げた

シュッ・・・

竹本兄「(なんだ、何が来る?俺に同じ球は通用しない事はわかってるハズ・・・!)」

竹本兄が弟の放った変化球を迎え打とうとする

と、球が妙なぶれ方をする

ハード「(!?な、なにこの球ハ?)」

竹本兄「(なんだこれは?くっ・・!)」

カスッ

闇雲に当てた竹本兄の打球はファーストゴロとなり

審判「アウトー!!」

251: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:36:32.19 ID:n2968rZkO
竹本弟「(やった・・・!兄貴を仕留めたぞ!)」

竹本弟は小さくガッツポーズをする

竹本兄「(・・・ち、やられたよ優。しかし、まだ安心は出来ないぞ)」

ハード「(打ち合わせも無しでいきなりあんな球投げてくるとハ・・・こぼしたらどうするつもりネ・・・」

ワンアウト、ランナー無しで次打者は神打


神打「・・・兄弟対決に勝利して浮かれてる所悪いが、まだ俺がいる」

竹本弟「!(そうだ・・・喜ぶのはまだ早かった・・・!)」

253: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:42:57.63 ID:n2968rZkO
竹本弟「(この試合に勝ってこそ、兄貴にも勝利した事になるんだ!)」

竹本弟が第一球を振りかぶって投げた

シュッ・・・

神打「(遅い・・・確かに打ちにくい球だ)」

ポスッ

審判「ストラーイク!」

神打「(スローカーブか、恐ろしい落差だ)」


竹本弟「(よし、行ける!)」

竹本弟の第二球

シュッ・・・

神打「(だが、お前の注意するべき変化球はそれだけだ!それ以外は全く問題ない)」

竹本弟の球がゆっくりと下に落ちる

神打「(俺をそこらの凡人と一緒にするなよ!!)」

ガッキィィィン!!!!

竹本弟「!!」

254: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:48:43.14 ID:n2968rZkO
神打の強烈な一撃は電光掲示板に叩きつけられた

竹本弟「・・・・」

覇3-大4

ハード「(気が緩んだ所を狙われたネ・・・打たれて当然ヨ)」

竹本兄「(惜しかったな、優。これを教訓にさらに強くなれよ)」


パワプロ「神打の底力か・・・」

255: 名無しさん 2009/05/25(月) 14:57:33.08 ID:n2968rZkO
ハード「竹本、取られてしまったものはしょうがないネ、危険打者の神打はもういないかラ、確実に抑えるネ!!」

竹本弟「・・・・はいっ!!」


神打に本塁打を打たれ、落ち込みかけていた竹本弟だがハードの激励により立ち直り、この後の打者達を全てアウトにとった


九回表

九番竹本弟からのスタート

竹本弟「(失点してしまったからには、最低でも塁に出ないと・・・!)」

261: 名無しさん 2009/05/25(月) 15:48:10.80 ID:n2968rZkO
交代投手の第一球

ビシュッ

竹本弟「(速い!)」

148Km/hのど真ん中ストレートに釣られた竹本弟はフルスイング

カンッ

するもパワーが足りず、セカンドゴロになりアウト

竹本弟「(くそ・・・僕はまだダメダメだ・・・!)」

矢部「竹本、後はオイラに任せるでやんす」


打順は一番に戻り、俊足と強打の愛戦士矢部

神打「(コイツは高確率でバントしてくる、注意しろ)」

交代投手「コクッ」

交代投手が第一球を投げる

263: 名無しさん 2009/05/25(月) 15:53:08.35 ID:n2968rZkO
矢部「(行くでやんす!)」

神打の予想通り矢部はバントする

交代投手「!」

カッ

矢部「どりゃー!!でやんす!!」

矢部が猛ダッシュ

交代投手が球を拾おうとするが

神打「よこせ!!」

神打が素早くボールを拾う

264: 名無しさん 2009/05/25(月) 15:58:25.65 ID:n2968rZkO
矢部「(オイラが脚で稼いでもう一得点追加するでやん

矢部がヘッドスライディングの体勢に入ろうとした時

ビュッ

矢部の頭上をボールが通過する

ボールはそのままファーストへ

バシッ

審判「アウト!!」

矢部「・・・な・・でやんす・・・!」

神打の執念の送球により矢部もアウト


神打「(くっ・・・肩が・・!)」

交代投手「キャ、キャプテン・・・」

神打「気にするな、それよりツーアウトだ。必ず抑えろ、四番に回すな」

交代投手「・・・はい!」

265: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:06:42.77 ID:n2968rZkO
キャプテン神打の言葉により、三番打者は三振に取られた

審判「チェンジ!!」


矢部「神打の執念に寒気がしたでやんす」

パワプロ「さすが、甲子園優勝校だけあるよ・・・」

ハード「いよいよ最終回ですネ・・・」

小杉「この回を抑えれば、俺達の優勝・・・」

パワプロ「先輩方が叶えられなかった夢、俺達が実現するんだ。みんな、もうひとふんばり頼むぞ!」

一同「はい!!」

271: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:26:01.44 ID:n2968rZkO
神打「いよいよ最終回だ・・・この試合に勝てば、覇王学園は三年連続甲子園優勝となる」

「・・・」

神打「こんな所で、最後の大会で連勝を崩される訳にはいかない」

神打「キャプテンである俺の最後の頼みだ。・・なんとか俺まで回してくれ・・・必ずホームランを打ってみせる」

「はい!!」

272: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:36:57.62 ID:n2968rZkO
>>265
ああ、やっちゃったよ


九回裏

七番打者からのスタート

竹本弟「(上手く行けば、兄貴と神打さんの前に終われる・・・!ここは慎重に行く!)」

ハード「(竹本、リラックスネ!落ち着いてストライク取って行くヨ!!)」

七番打者「(キャプテンが初めて俺達に頼ってくれたんだ・・・!期待は裏切らないぞ!!)」

竹本が第一球を投げる

273: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:40:24.32 ID:n2968rZkO
七番打者「(うおおっ!!)」

カクッ

ブンッ
審判「ストラーイク!!!」

七番打者「(スローカーブか・・!)」

竹本弟「(凄いスイングだ・・・当たったら持って行かれてたかもしれない・・!)」

竹本弟の第二球

シュッ・・・

七番打者「(今度はなんだ?)」

球はゆっくりと下に落ちる

七番打者「(チェンジアップ!・・・これなら!!)」

キンッ

竹本弟「!」

274: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:47:08.18 ID:n2968rZkO
七番打者の放った打球はレフト前ヒット

パワプロ「(いきなりか!)」

パワプロが拾い中継へ

七番打者は一塁へ

覇王学園のベンチが盛り上がる

七番打者「(やりましたよ、キャプテン!!)」

神打「よし・・・!次、頼むぞ」

八番打者「は、はい!!」


竹本弟「(くっそ~・・・いきなりランナー出しちゃうなんて・・・!)」

ハード「(竹本!落ち着いてヨ!ダブルプレーで仕留めればいいだけヨ!!)」

276: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:52:23.91 ID:n2968rZkO
八番打者「(い、行くぞ!)」

竹本弟「(落ち着け・・・相手は兄貴や神打さんじゃない。落ち着いて投げればっ!)」

竹本弟の第一球

シュッ

八番打者「(速い?ストレートか!?」

ククッ

八番打者「(シュート・・!)」

ブンッ

パンッ
審判「ストラーイク!」

竹本弟「(よし、いいぞ・・・落ち着け落ち着け・・・)」

八番打者「(コイツ、シュートも持ってたのかよ・・!これじゃあ何が来るか・・・)」

ハード「(オーケィ、バッターは混乱し始めているネ。もう少しヨ)」

279: 名無しさん 2009/05/25(月) 16:55:57.02 ID:n2968rZkO
竹本弟の第二球

シュッ

八番打者「(ど真ん中!?ストレートか!?い、いやチェンジア

ガクッ

八番打者「(スローカーブ!!)」

ブンッ

バスッ
審判「ツーストライク!!」

明らかなボール球だったが混乱した八番打者はついバットを振ってしまう

八番打者「(くそ、くそ!)」



神打「・・・・マズイな」

281: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:03:15.38 ID:n2968rZkO
竹本弟の第三球

シュッ

八番打者「(速い!ストレート!?)」

ぐんぐんボールが迫ってくる

ク…

八番打者「!(シュートだ!)」

八番打者にはシュートに見えたが、実際はストレートだった
カッ

七番打者「(マジかよ!?)」

八番打者の打球は最悪のピッチャーゴロ
八番打者「(うわあああ!)」

283: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:06:08.71 ID:n2968rZkO
竹本「(よし!)」

落ち着いて拾いまず二塁へ

パシッ
審判「アウトー!!」

二塁手「(よし!落ち着いて一塁に!)」

ピシュッ

八番打者「(やめてくれ~!!)」

ファーストがキャッチ

審判「アウト!!」
ダブルプレーとなった


パワプロ「よし!」

矢部「後一人でやんす~!」

284: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:09:27.38 ID:n2968rZkO
竹本兄「・・(最悪の展開だ)」

神打「・・・・」


竹本弟「(よ、よし・・後一人だ)」

ハード「(お、落ち着いて投げるネ!たた、竹本!)」


覇王学園の次打者は九番打者


九番打者「(全ては俺にかかってんのか・・・畜生・・・!泣きたくなってきたぜ・・・)」

287: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:17:43.02 ID:n2968rZkO
竹本弟「(ハードさん、行きますよ!)」
ハード「(オ、オッケーイ!)」

竹本弟の第一球
シュッ

九番打者「(こ、この遅球がー!!)」

九番打者は直感でバットを振る

カキンッ

竹本弟「!!」
ハード「ナ!!」
九番打者「え!?」

九番打者の放った打球はセンター前のポテンヒット


矢部「お前達、ぼーっとするなでやんす!!」

内野陣「!」

矢部が一喝し、ファーストへ送球


バシッ
審判「セーフ!!」

九番打者「(・・・し、心臓が止まるかと思った・・・)」

289: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:24:24.61 ID:n2968rZkO
竹本弟「(くそ、しぶとい・・・!)」

ツーアウト、ランナー一塁で次打者は一番打者

一番打者「(九番、よくやった。お前のチャンスは無駄にしないぞ)」


矢部「うう、嫌な予感が頭から離れないでやんす・・・!」

パワプロ「(竹本、落ち着いて投げるんだぞ・・!冷静さを忘れるな!)」


竹本弟「(・・・よし!行くぞ!)」

竹本が構える

一番打者「(極限の緊張をしているのは向こうも同じだ。外野は鉄壁だから・・・内野の動揺を誘う!)」

竹本が第一球を投げた

一番打者はここでまさかのバント

カッ

290: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:29:46.91 ID:n2968rZkO
ハード「(バ、バント!?)」

ボールは三塁方向へ

三塁手「(うぇっ!な、なんで俺の所に来るんだよ!!)」

三塁手はボールを拾う

ポロッ

が、こぼしてしまう

三塁手「あ、ああっ!」

ハード「何やってんダ!!!」

思わずハードがキレる

三塁手「(う、うるせえよ!この!)」

ようやく一塁に投げるが

審判「セーフ!!」

一番打者は既に一塁を踏んでいた


パワプロ「(や、やばい・・・具合悪くなってきた・・・)」

291: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:34:00.69 ID:n2968rZkO
一番打者「(ま、まさか本当にエラーしてくれるとは・・・びびった)」

竹本弟「(この流れはマズイ・・・)」

ハード「(なんであいつはあんな大事な所でエラーするんダ!!)」

三塁手「(くそ!よりによって俺の所に転がしてきやがって!)」


内野陣に険悪なムードが漂ってきた


ツーアウト、ランナー一、二塁で次打者は二番打者


二番打者「(よ、よし・・・!行くぞ!)」

294: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:39:57.58 ID:n2968rZkO
ハード「(竹本、絶対に打ち取るネ!!絶対ヨ!!)」

竹本弟「(わかっています!スローカーブで全部決めます!!)」

竹本弟が構える

二番打者「(来るとしたらスローカーブだよな・・・あの落差のある変化球・・・打てるか?)」

竹本が第一球、スローカーブを投げる

シュッ

295: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:46:08.26 ID:n2968rZkO
ククッ・・・

二番打者「(やっぱりスローカーブだ!打つぞ!!)」

カキンッ

竹本弟「!!」

ハード「(シット!!)」

打ち上げられた打球はレフト前へヒット

九番打者「よし!」

一番打者「回れ回れ!!」

パワプロ「まだだ!同点なんかにさせるかーー!!!」

ビシュウッ!!

パワプロ渾身のレーザービームがホームへ

九番打者「・・と、アイツにはあの肩があるんだった」

九番打者は三塁でストップ

竹本弟「(まさかこうなるなんて・・・!)」

ついに満塁
そして次打者は強打者の竹本兄となった

298: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:52:37.01 ID:n2968rZkO
竹本兄「(キャプテン、必ずあなたに繋いでみせますよ)」

神打「・・・」コクリ


・・・・

たかゆき「情けない連中でガンス!!!さっさとアウトに取ればいいのにガンス!!!」

鋼「全てのスポーツに言える事だが、最後まで何が起こるかわからない。最終回で気を抜いた守備陣の問題だな」

あおい「よりによって満塁で三番打者なんて・・・」

・・・

影山「なんとも、最悪な展開になったものだね」

影山「覇王を応援する私は嬉しい展開だが・・・」

影山「しかも相手はよりによって強打者の兄・・・」

影山「嫌でも萎縮してしまうだろうな」

影山「投手はまだ一年だ。プレッシャーも相当だろう」

影山「・・・さて、どうなるか。要チェックだな」

302: 名無しさん 2009/05/25(月) 17:58:57.10 ID:n2968rZkO
竹本弟「(よりによって兄貴だなんて・・・!)」

竹本兄「(優、良かったじゃないか。お前が望んでた決着に相応しい展開だ)」

ハード「(もうこうなったら野球の神様に頼るしかないネ・・・!神様~)」



小杉「(竹本、自信を持て、お前になら出来る!)」

パワプロ「(安心して投げるんだ、お前が打たれても俺達が必ず捕ってみせる!)」


矢部「(でもなるべくなら打たれないでほしいでやんす!!とにかく、全力を尽くすでやんす!!)」

竹本弟「(・・・兄貴、勝負だ!)」

竹本兄「(キャプテン、必ず繋いでみせます。待ってて下さい)」

神打「・・・」

304: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:02:04.01 ID:n2968rZkO
ツーアウト、満塁

竹本弟が振りかぶって第一球を投げる

シュッ・・

竹本兄「(あのブレ球じゃない?スローカーブか!!)」

ブンッ

パスッ

審判「ストラーイク!!」

竹本弟「(よし、集中集中・・・!)」

竹本兄「(落ち着け・・・集中・・・集中だ・・・)」

306: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:05:36.92 ID:n2968rZkO
竹本弟「(よし!!)」

竹本弟の第二球

シュッ

竹本兄「(速い!シュートか!!)」

ククッ

カキンッ

竹本「!」

ハード「!」

打球は打ち上げられ、ファールスタンドへと落ちていった

審判「ファール!!」

竹本弟「(・・打たれたと思った・・・)」

竹本兄「(タイミングがずれたか・・・)」


パワプロ「後一球か・・・!」

矢部「後一球で全てに決着がつくでやんす・・・!」

307: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:10:14.64 ID:n2968rZkO
竹本弟「(兄貴・・・最後はこれで決める!このナックルボールで!!)」

竹本が構える

竹本兄「(お前は恐らく、さっき俺に使ったブレ球を投げてくるだろうな)」

第三球を投げた!

シュッ

竹本兄「(最後に教えてやる、切り札は最後まで取っておくもんだ!!)」

ククッ…

ガキィィィン!!!

竹本弟「!」

ハード「ああっ!」

311: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:14:27.52 ID:n2968rZkO
竹本兄の放った打球はレフトスタンドへと向かっていく


竹本兄「(キャプテンすいません、繋げる事が出来ませんでした・・・でも逆転・・・

審判「アウト!!!」

竹本兄「・・・え?」

完璧な手応えのあった一打

ホームランだと確信した一撃だったが・・・

竹本兄がレフトの方を見ると


パワプロが宙に浮いていた

319: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:17:43.15 ID:n2968rZkO
竹本兄「(浮いて・・・?)」

パワプロがゆっくりと落下していく時、竹本兄には見えた


グラブに自分の放った打球がスッポリと入っている

竹本兄「(な・・・なんてド根性・・・)」

神打「(・・・ふふ、執念負けしたか・・・)」


パワプロはそのまま落下する


ベチャッ

324: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:21:13.31 ID:n2968rZkO
鋼「・・・・!!」

あおい「・・・・!!!」

たかゆき「・・・・!!」


恐らく、全ての観客の時が止まった瞬間だっただろう


審判「ゲームセット!!!」


ワー!!!ワー!!!!


審判の試合終了の合図で止まった時は動き出す

覇3-大4で大ハード高校の勝利

330: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:25:55.10 ID:n2968rZkO
矢部「パ、パワプロ君!!!大丈夫でやんすか?」

パワプロ「いてて・・・だ、大丈夫」

矢部「やったでやんすよ!!念願の甲子園優勝でやんす!!!」

パワプロ「・・・ああ!!遂に成し遂げたんだ!!」

ドドドドド・・・

パワプロ「な、なんだ!?」

大ハード一軍勢「キャプテ~ン!!!」

なんと一軍選手全員がパワプロの元に集まってきた

パワプロ「ちょ、ちょっとここで胴上げすんの!?」

矢部「それもそうでやんすね!皆、キャプテンをマウンドまで運ぶでやんす~!」

一軍勢「オー!!」

パワプロ「わ、荷物じゃないんだぞ~!!」

ドドドドド・・・

334: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:39:47.62 ID:n2968rZkO
鋼「最後に物凄い守備を見せたな・・・」

あおい「・・・」

たかゆき「おい、なに見とれてるでガンス?」

あおい「え!や、見とれてなんかいませんよ!」

・・・・

影山「なるほど、こうなったか」

影山「とても素晴らしい試合だったね」

影山「ああ、こんな所でのんびりしてる訳には行かないな」

影山「ああ、早く球団に連絡しよう!」

タッタッタ…

337: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:43:00.33 ID:n2968rZkO
「わーっしょい!わーっしょい!」


竹本兄「・・・キャプテン、すみませんでした」

神打「・・・なに、向こうの勝つ気持ちの方が強かっただけだ。お前の責任ではない」

獅子王「三年連続優勝の夢は破れたか・・・」

神打「訂正すべきだったな、奴らは最強の相手だった・・・」


うぐいす「大ハード高校、校歌の斉唱を行います・・・……………

341: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:47:24.82 ID:n2968rZkO
こうして、最後の夏の甲子園大会は全国制覇と言う
最高の結果で幕を閉じた。



監督「みんな、ご苦労だった!よくやってくれたな!!」

絵久「みんなお疲れ様!本当にかっこよかったよ!!」

矢部「えくちゃんがいればオイラは最強最大なのでやんす」

パワプロ「意味がわからないよ」

奥居「それにしてもパワプロ、最後のキャッチは決まってたぜ~!」

ハード「本当でス!!正直入るかと思いましたカラネ!!」

小杉「やっぱキャプテンは凄いですよ」

344: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:52:31.22 ID:n2968rZkO
パワプロ「・・あの人のお陰かな」

矢部「あの人?」

パワプロ「甲子園の初戦で戦った、鬼が島分校のセンター守ってた人さ」

奥居「あ~、確か佐賀だったっけか」

パワプロ「レフトに打球が来た時、正直あの高さは無理だと思ったんだ。でも、初戦で戦った佐賀さんのあの執念のキャッチを見たのを思い出して・・・気付いたら身体が勝手に動いていたんだ」

矢部「あ~、確かにあの守備は凄かったでやんすね」

監督「スポーツは最後まで何があるかわからない。最後の最後まで希望を捨てない者が残っていくんだ。一年、二年も覚えておけ」

「はい!」

パワプロ「(ありがとう佐賀さん・・・)」

350: 名無しさん 2009/05/25(月) 18:59:00.46 ID:n2968rZkO
一年雑用「キャプテン」

パワプロ「ん?」

一年雑用「キャプテンに会いたいって人が来てます」

パワプロ「俺に?わかった、今行くよ」

・・・・

神打「・・・」

パワプロ「神打!」

神打「どうだ、甲子園優勝した気分は?」

パワプロ「え?・・・まあ、最高かな」

神打「ふ・・・その笑顔、俺達は勝つのが当たり前になってしまい仲間と喜びを分かち合う事をいつの間にか忘れてしまっていたようだ。・・・勝てない訳だな」

パワプロ「神打・・・」

神打「パワプロ、これでお前との勝負は引き分けだ。次は必ず、プロの舞台で決着をつけるぞ!覚えておけ!」
タッタッタ…

パワプロ「あ、神打・・・・。望むところさ!」

351: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:03:34.44 ID:n2968rZkO
パワプロ「あ・・・プロといえば・・・」

♪♪♪

パワプロ「ん、あ!あおいちゃんから電話だ!」

ピッ

パワプロ「もしもし?」

あおい「パワプロ君、甲子園優勝おめでとう!」

パワプロ「ありがとう!あおいちゃん!見に来てくれてたんだね!」

あおい「え、知ってたの?」

パワプロ「うん、大ジャンプしてボールキャッチした時・・チラッと辺りを見たらあおいちゃんが見えたんだよ。鋼さん達もいたよね」

あおい「そうなんだ・・・良かったね、最後に甲子園優勝出来て」

パワプロ「うん、嬉しいよ!・・・まだ近くにいるんでしょ?これから会えないかな?」

354: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:08:38.08 ID:n2968rZkO
あおい「・・・ダメ」

パワプロ「え?な、なんで?」

あおい「あの時、言ったでしょ?次はプロで会おうって」

パワプロ「・・・ああ」

あおい「ボクも、本当は会って直接お祝いの言葉を言いたいんだけど・・・・・・ボク、負けず嫌いだからさ・・・きっと悔しくて泣いちゃうと思うんだ」

パワプロ「あおいちゃん・・・」

あおい「とにかく、そういう訳だから、プロになって試合で会うまでは君とは会わないからね!」

パワプロ「そんな~・・あおいちゃんに会えないなんて淋しいよ~」

あおい「!だ、大の男がなに言ってるの!とにかくそういう事だから!!次はプロで会おうね!」

ブツッ プーッ プーッ

パワプロ「あ、あおいちゃん・・・」

361: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:12:15.65 ID:n2968rZkO
パワプロ「・・・・・あおいちゃん、必ずプロで会おう!」

たかゆき「おい!!」
ゲシッ

パワプロ「いてっ!?な、なんだよお前!!」

たかゆき「何さっきから独り言言ってるでガンス!」

パワプロ「電話してたんだよ!!ってかいい加減蹴るのやめろ!!」

鋼「パワプロ、よくやったな」

パワプロ「あ、鋼さん!」

ネロ「ウー、ネロてれびで見てた。お前、強い」
バシッ バシッ

パワプロ「いたたっ!あ、ありがとうございます」

369: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:17:38.79 ID:n2968rZkO
立花「見事な守備だったバッタ!守備職人の呼び名に相応しいバッタ!」

パワプロ「ありがとうございます立花さん・・・て、どうして怪我してるんです?」

立花「俺もどうしてか思い出せないんだバッタ」


鋼「いよいよ、プロだな」

パワプロ「そんな、まだわかりませんよ」

鋼「俺も昔は高校野球をやって甲子園に出場していたのだが・・・お前程の選手は見なかった。大丈夫だ、自信を持て」

パワプロ「鋼さんが・・!?道理で・・・」

たかゆき「コラ!」
ゲシッ

パワプロ「いて!!さっきからなんなんだよお前は!?」

375: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:21:33.57 ID:n2968rZkO
たかゆき「オイラは忘れてないでガンス!!」

パワプロ「なにを?」

たかゆき「お前のホームランボールが頭に当たった事をでガンス!!」

パワプロ「え!?そ、そんなの狙って打ったわけじゃないから仕方ないだろ?」

たかゆき「黙れでガンス!!お前の頭にも同じダメージ食らわせてやるでガンス!」

パワプロ「なに、石持ってるんだよ?わあ、追ってくるな~!!」

たかゆき「逃げるなでガンスーー!!」

ドドドドド・・

鋼「・・・ふ、プロになったあいつの呼び名は韋駄天に決まりだな・・・」

379: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:26:13.20 ID:n2968rZkO
そして・・・

監督「全員集合!!」
ザザッ

監督「今年は夏の甲子園優勝という、これ以上無い結果となり大変充実した年となった」

パワプロ「皆のお陰だ、ありがとう」

矢部「でやんす」

監督「最後に今日で引退する、パワプロキャプテンから挨拶をしてもらおう」

パワプロ「皆の力のお陰で念願の甲子園優勝を果たし、最高の結果で高校野球生活を終わりに出来た。本当にありがとう!」

矢部「最高でやんす!」

380: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:31:44.25 ID:n2968rZkO
小杉「キャプテン、お疲れ様でした!」

ハード「キャプテン達が自分達を引っ張っていってくれたお陰で自分達も最高の気分を味わえまシタ!!」

竹本「短い間でしたが、キャプテンには色んな事を勉強させられました!本当にお疲れ様でした!!」

パワプロ「みんな、本当にありがとう・・・さて、次期キャプテンだが・・前に監督と話し合った結果でいいですね?」

監督「うむ」

パワプロ「次のキャプテンは小杉、お前に任せたい」

小杉「俺ですか!?」

ハード「オゥ、それは大賛成ネ!!」

竹本「小杉先輩がキャプテンになってくれると頼もしいです!」

「俺もそう思う!」

「俺も!」「僕も!!」「おいどんも!!」

383: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:33:25.31 ID:n2968rZkO
小杉「みんな・・・わかりました、パワプロ先輩。キャプテンの件、お受けします」

パワプロ「うん、次も甲子園優勝を実現させてくれ」

矢部「期待してるでやんす!!」

小杉「はい・・・!必ず!!」



そして月日は流れ、ドラフト当日

385: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:36:38.45 ID:n2968rZkO
奥居「今日はいよいよドラフトだぜ~!」

パワプロ「(ついに来た、この日が・・・)」

矢部「・・・」

絵久「矢部君、大丈夫?」

矢部「ぜ・・・全然緊張してないでべれでやんす!」

パワプロ「思いっきり緊張してるよ」

小杉「緊張しないって方が無茶ですよね」

ハード「おぅ、そろそろ始まりマース!!」

監督「みんな、静かにしろ!!!」

389: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:41:13.76 ID:n2968rZkO
『今から高校生ドラフトを発表いたします。』


『まずは、各球団の、1位指名の発表です。』

パワプロ「・・・」
矢部「・・・」


『巨人1位 神打 望』

『西部1位 獅子王 猛』


パワプロ「(うう・・・!)」

矢部「(心臓が止まりそうでやんす・・・!!)」

・・・


・・・

・・・


『頑張パワフルズ 1位 パワプロ』

392: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:45:09.07 ID:n2968rZkO
パワプロ「!!!」

小杉「キャプテン!今呼ばれましたよ!!」

ハード「おめでとーございマース!!!!」

パワプロ「あ、あ・・・やったー!!!」

監督「パワプロ、おめでとう」

パワプロ「ありがとうございます、監督」

矢部「パワプロ君、おめでとうでやんす!」

パワプロ「ありがとう、矢部君も呼ばれるよ!」


・・・

『頑張りパワフルズ2位 矢部 明雄』

「今、矢部さんの名前も呼ばれましたよ!」

矢部「・・!!ヨッシャーでやんすー!!」

絵久「矢部君、おめでとう!」

401: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:50:17.87 ID:n2968rZkO
矢部「同じ球団でやんすね!!」

パワプロ「うん、これからもヨロシクね!!」

『頑張りパワフルズ 3位 駒坂 瞬』

矢部「駒坂君もでやんす!」

パワプロ「本当だ!」

『千葉ロッテ5位 早川 あおい』

矢部「あおいちゃんも呼ばれたでやんす!!!」

パワプロ「うおおおお!!!」

小杉「す、凄い・・・」


パワプロ「(あおいちゃん、おめでとう!!夢が叶って・・・!試合で必ず会おうね)」

408: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:54:58.08 ID:n2968rZkO
・・・こうして、俺の高校野球ライフは幕を閉じた。

両親

チームメイト

監督

甲子園で戦った数々のライバル達・・・
野球大会で知り合ったみんな・・・・

そしてあおいちゃん

彼らがいてくれたからこそ、俺の夢の扉は開いてくれたのだと思う。

次はその扉の向こうを目指す。
そう、俺の野球人生は、まだ始まったばかりなのだから・・・・・・

411: 名無しさん 2009/05/25(月) 19:57:49.90 ID:n2968rZkO
ある日

パワプロ「野球部引退したからって怠けてられない!ランニング行ってきまーす!!」
タッタッタ…


・・・・

パワプロ「・・気付いたらここに来ちゃった。正月にあおいちゃんとここで会ったんだっけ」

パワプロ「・・・あの時はまさか本当にプロになれるなんて思いもしなかったろうな・・・」


タッタッタ…

あおい「・・・あっ!」

パワプロ「あ!あおいちゃん!!」

416: 名無しさん 2009/05/25(月) 20:01:23.25 ID:n2968rZkO
あおい「・・・」

パワプロ「・・・」

あおい「プロ入り前なのに会っちゃったね」

パワプロ「うん・・・」

あおい「・・・ドラフト一位、おめでとう!」

パワプロ「ありがとう、あおいちゃんもおめでとう!念願のプロ入り!」

あおい「ありがとう、・・・まだ夢みたいに感じるよ。ボクがプロだなんて・・・」

パワプロ「あおいちゃんの努力が身を結んだ結果だよ!」

あおい「ありがとう、そう言ってもらえると嬉しいよ・・・!」

421: 名無しさん 2009/05/25(月) 20:04:50.10 ID:n2968rZkO
あおい「・・・」

パワプロ「・・・」

あおい「・・・じゃあボク行くね。ランニングの途中だから」

パワプロ「あ・・待って!」

あおい「え?」

パワプロ「あのさ、良かったらこれから何処かいかない?」

あおい「え・・・」

パワプロ「ほら、プロになると自分の時間が作れなくなるでしょ?だから遊べる内に遊んで・・・」

あおい「・・・」

パワプロ「・・・あ、駄目かな」

422: 名無しさん 2009/05/25(月) 20:07:28.14 ID:n2968rZkO
あおい「・・・ふふ、いいよ。ボクも野球部にいた間は全然遊べなかったからね」

パワプロ「やった!」

あおい「そ、そんな大袈裟な。恥ずかしいよ」

パワプロ「ゴメンゴメン、じゃあ何処に行こうか?」

あおい「ボクよくわかんないからパワプロ君に任せるよ」

パワプロ「そっか・・・じゃあ走りながら考えようか」

あおい「そうだね」

タッタッタ…

427: 名無しさん 2009/05/25(月) 20:12:28.92 ID:n2968rZkO
タッタッタ…

あおい「パワプロ君、ありがとうね」

パワプロ「え?」

あおい「君と出会えたから改めてプロになる決意がついたし、鋼さん達とも会えて勇気づけられた」

パワプロ「そ、そんな大袈裟な・・・」

あおい「君に出会えなかったら、こうしてプロになれなかった。本当にありがとう」

パワプロ「あおいちゃん・・・」

あおい「これから忙しくなるから全然会えなくなるけど・・・何か困った事があったらいつでも連絡頂戴ね。きっと力になるから」

パワプロ「ありがとう・・・あおいちゃん!」

429: 名無しさん 2009/05/25(月) 20:15:16.57 ID:n2968rZkO
あおい「そして・・・お互い暇な時間が出来たらまたこうやって一緒にトレーニングしたり・・・・遊・・に行きたいな」

パワプロ「ん?最後のがよく聞こえなかったけどなんて言ったの?」

あおい「・・へへ、なんも言ってないよ!ほら、ペース落ちてるよ!!もっと走らなきゃ!!」
タッタッタ…

パワプロ「あ!待ってよ、あおいちゃ~ん!!」

タッタッタ…





終わり