オリジナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/09/21(木) 02:32:20.357 ID:hq6hiiZa0
    女将軍「あはは、こらこら。出迎えの挨拶もなく抱きつくなんて、少しはしたないよ?よしよし……」

    女将軍「ごめんね、心細い思いをさせてしまって。大丈夫だよ、これからしばらくはここにいるからね。」

    女将軍「本当はどこへだってキミを連れて行きたいんだけど、その脚では……どうしてもね。」

    女将軍「……本当に、申し訳ない…。キミを、独占したかったばかりに、こんなふうにしてしまって…。」

    女将軍「……そう言ってもらえると、とても嬉しいよ。……うん、そうだね。これでキミは、正真正銘私だけのものだから。」

    女将軍「そうだ。遠征に行ったついでに、いいものを買ってきたんだ。ほら、いい香りだろう?あそこは紅茶が名産だったらしくてね。」

    女将軍「もう二度と生産されることはない、これが最後の茶葉だ。ぜひ味わっていただこうじゃないか。今煎れるよ。」

    女将軍「……キミにもう自由はないけれど、そのぶん、私が欲しいものはなんでも与えてあげるよ。だから、これからも……私のことを……」

    女将軍「……っ、○○っ…。……ごめん……ごめんよ…。少し、苦しいかもしれないけれど……もう少し、このまま抱きしめさせていてくれ……。」

    女将軍「……ああ……ああ、私もだ…。私もキミを愛している。もう二度と、誰にも渡さない。キミは、死ぬまでずっと私だけのものだ……!」

    女将軍「……本当に……ごめん……私の、○○…。」

    引用元: ・味方女将軍(♀)「やあ、ただいま。私が遠征に行っているあいだ、寂しくはなかったかい?」 [無断転載禁止]©2ch.net

    【味方女将軍(♀)「やあ、ただいま。私が遠征に行っているあいだ、寂しくはなかったかい?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/09/18(月) 21:13:33.66 ID:7RDyd5GI0
     
     俺には幼いころから付き合いがある友達がいる。同じ小学校、同じ中学、そして同じ高校に通い、今に至る。
     俺とそいつ……□□は、時には笑い合い、時にはケンカを繰り返しながら、この十年ほどを一緒に生きてきた。
     だけど俺にはそいつにずっと隠してきたことがある。それは……

    「××くん。今日の帰り、ダーツでもやらない?」
    「ああ、いいぜ。負けた方が明日の昼飯おごりな」

     俺はこうやって表向きは□□と普通に接しながら、コイツへの恋心を抑えるのに必死だということだ。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505736813

    引用元: ・少年「男同士の『恋愛』」

    【少年「男同士の『恋愛』」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/09/18(月) 22:04:40.58 ID:iGOPAseOo

    ドジっ子メイド「ご主人様、背中にホコリがついてま――」

    ドジっ子メイド「キャーッ!」ツルッ

    ドテッ!

    ドジっ子メイド「いたたたた……」

    主人「大丈夫かい!?」

    ドジっ子メイド「はいっ! ケガはありません!」

    主人「ふふっ、君は相変わらずおっちょこちょいだなぁ」

    ドジっ子メイド「えへへ……」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1505739880

    引用元: ・ドジっ子メイド「ドジっ子を舐めんじゃねェ!!!」

    【ドジっ子メイド「ドジっ子を舐めんじゃねェ!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/09/06(水) 15:06:27.97 ID:4K/6vriGO

    台詞形式。

    口調、呼称は適当。>>1の漫画家知識はまんが道レベル

    昭和の漫画家に自信二キはお許しください!


    藤子不二雄A「死んだ漫画家が女子高生に転生……??」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1502246865/

    藤子不二雄A「死んだ漫画家が女子高生に転生……??ヒロシマ死闘編」
    http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503587028/

    の続編です。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1504677987

    引用元: ・藤子不二雄A「死んだ漫画家が女子高生に転生……?? フジコとフジオ編

    【藤子不二雄A「死んだ漫画家が女子高生に転生……?? フジコとフジオ編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/09/06(火) 01:29:45.40 ID:D2IxZYU2o
    首領「終わりだっ!」ドゴッ!

    ヒーロー「ぐ、は……っ!」

    ヒュゥゥゥゥ……



    手下「やりましたね、首領サマ! ヒーローの奴、崖から落ちていきましたぜ!」

    首領「うむ、この高さでは助かるまい。アジトへ戻るぞ」

    手下「ところで、首領サマ」

    首領「ん?」

    手下「こういう時、オレたちのような悪党はヒーローの生死を確認しませんが……」

    手下「一体なぜですか?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1473092985

    引用元: ・悪の首領「崖から落ちたヒーローの生死を確認してはならぬ」

    【悪の首領「崖から落ちたヒーローの生死を確認してはならぬ」】の続きを読む

    このページのトップヘ