オリジナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/01(金) 03:25:59.790 ID:Z3AjRLCD0
    先輩「いいよ、座って。キミは疲れているだろう。私のことは気にせず、座って休むといい。」

    先輩「……ここで、もし今の様子を他の誰かが見たらどう思うだろう?人にもよるが、先輩を立たせておいて自分が座るなんてとんでもない後輩だ、なんて思われてしまうかもしれないよね。」

    先輩「このように、第三者なんてものはしばしば物事の本質を見極められずにいることがある。しかも、第三者という立場が客観的な存在だという神話がある現代社会において、この盲目が真実になってしまうこともままある。」

    先輩「結局、よそ者はよそ者ってことだ。自らの大切な決断は、こんな適当な人間に任せてはいけないよ、○○くん。」

    先輩「……しかし、そんな第三者も使い方によっては便利に働くこともある。……よっこいせ。」

    先輩「……ふふ、○○くんのお膝は暖かいね。私は冷え性だから、とても助かるよ。……こほん、そんなことより。今の姿、他の誰かが見たらどう思うかな?」

    先輩「きっと仲睦まじい男女……身内や、あるいは恋人のような……やんごとない間柄のように思われてしまうだろうね。」

    先輩「このとき、私が周囲をそう信じ込ませようとしたがっていると仮定したらどうだろう?きっと私の思惑通りの噂がみるみる周りに広まって、キミはいわれのない誤解を受けることになってしまうね。」

    先輩「要するに、何事にも有用な使い道があるということだ。まるでコインの裏と表……馬鹿とハサミは使いよう、ってね。勉強になったかい、○○くん?」

    先輩「…………ときに○○くん。もうしばらくこうしているつもりはないかな?たとえば、そうだな……他の誰かがこの姿を目撃するまで、とか。ははは。」

    引用元: ・先輩(♀)「さて……ここにひとつだけ、椅子があるよね。」

    【先輩(♀)「さて……ここにひとつだけ、椅子があるよね。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/10/30(水) 02:46:05.201 ID:LB0Hzx0N0
    淑女「……もし…………そこの殿方…。……フフフ……ごきげんよう…。」

    淑女「今日は……いいお天気ね…。……どんよりと曇って……重くて…………今にも空が、落ちてきてしまいそう…。」

    淑女「そうして私たちは……空に潰されて…………裁きを受けるのだわ……。増長した、欲深な者たちを……排除しようと…………再生に巻き込まれ……死んでしまうのだわ…。」

    淑女「あたり一面には鮮血が広がり……この青い星が、赤く……赤く…………まるでお月様のような姿になって……鉄の…………鉄の花が、咲いて……フフフ……………綺麗ね……。」

    淑女「…………もう行ってしまわれるの……?…………どこへ逃げても、お空からは逃れられないのに……。死は、避けられないのに……。」

    淑女「あなた…。」

    淑女「……フフ…。……ああ、あなた……あなた…………私はね……あなたの身体を巡る“赤”が……飲みたいの…。鉄の花の香りが、私の花をくすぐって…………私ははじめて癒される…。」

    淑女「……人はね…………じきに死んでしまうのよ…。死は……必ず訪れる……等しく……誰の元にでも……。」

    淑女「だから、せめて……ただ風になるだけだというのなら……そう、せめて…………私のために、死んでみる気はない……?」

    淑女「そうすれば、あなたは私のなかで生きていられる…。そんな私の赤を、誰かが吸って…………私とあなたは、また、永らえるのよ……。」

    淑女「これは……輪廻なのよ…。逃れられない、運命の輪…………あなたと一緒に、輪になれたなら……それはきっと……幸せなことだから…。」

    淑女「ねえ…………あなた……。あなたは…………私のために、吸われてくれる人……?」

    引用元: ・淑女(♀)「あなたは…………私のために、吸われてくれる人……?」

    【淑女(♀)「あなたは…………私のために、吸われてくれる人……?」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/10/31(木) 19:52:31.771 ID:ffkxnGk60HLWN
    カキーンッ…

    カキーン…

    カキィーン…



    男「……」

    男(俺の趣味はこうして、バッティングセンターで腕組みしながら他人のバッティングを見ること……)

    男(なぜならこうしてると、まるで自分がバッティングの達人になったように思えてくるからだ)

    男(野球経験? もちろんない。ていうか、ここで一番遅い90km/hのボールもまともに打てない。文句あっか)

    引用元: ・男「バッティングセンターでクソガキに滅茶苦茶なアドバイスするの楽しすぎワロタwwwww」

    【男「バッティングセンターでクソガキに滅茶苦茶なアドバイスするの楽しすぎワロタwwwww」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/10/31(木) 14:23:48.708 ID:0a1zZqfnaHLWN
    妹「トリックオアトリート!お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞ?」

    俺「>>4

    引用元: ・妹「トリックオアトリート!」俺「>>4」

    【妹「トリックオアトリート!」俺「>>4」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/03(日) 13:08:42.363 ID:9QFN3Z9U0
    広報「大雨洪水警報が発令されました」

    広報「不要な外出は控え、河川の氾濫などに注意してください」

    ピーンポーンパーンポーン

    息子「ちょっと雨風が強くなってきてるね」

    父親「うむ」

    息子「大丈夫かな」

    父親「大丈夫大丈夫、雨戸も閉めたし飛びそうな物も室内にしまった」

    父親「台風対策はバッチリだ。心配することは何もない」

    息子「そう…ならいいけど…」

    引用元: ・息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」

    【息子「早く避難所に行こうよ!」父親「大丈夫大丈夫」 】の続きを読む

    このページのトップヘ