オリジナル

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2019/07/17(水) 02:44:41.198 ID:fs/eDlAw0
    先輩「こんにちは、お邪魔してるよ。……ふふ、酷いなぁ。顔を見た途端逃げなくてもいいじゃない。」

    先輩「私はキミのためを思って来てるのに、そんなに冷たくされると私悲しいなあ。ふふっ。」

    先輩「うん、妹さんが入れてくれたの。○○くんをお世話してます~って言ったら、合点がいったみたいで。」

    先輩「ふふ……おうちでも私の話とかしてくれてるのかな。……嬉しいよ、○○くん…。」

    先輩「いい子だよね、妹さん。今ちょうどお勉強をみてあげてたところなんだけど、とっても賢くて素敵な妹さん。いいなぁ、キミにはこんな立派な妹さんがいて。」

    先輩「私はひとりっ子だからさ。あーあー、私も妹か弟が欲しかったなー。…………ふふふ、キミみたいな弟が欲しかったの。なってみる?」

    先輩「ああーちょっと無視は酷いよ。これでも私、お客さんだよ?よその人には、きちんと礼儀正しくしなきゃね。分かった?」

    先輩「……面倒くさいって顔してる。…………キミのその顔、好きだなぁ…。キミの表情なら、どんなものでも好きだよ。」

    先輩「だから、私の言動でキミが笑ったり怒ったり照れたりしてくれると、ものすごく嬉しいんだ。だから、もっと私に色んな顔を見せてくれたら嬉しいな。」

    先輩「……さて。やることも終わったし、そろそろ帰ろうかな。あ、それ学校の先生に頼まれて持ってきたよ。たまには学校にも来てくれってさ、伝えたからね。」

    先輩「でも、私は来てくれても来てくれなくても、結局会いに来るわけだからどっちでもいいよ。キミの好きなようにしたらいいよ。」

    先輩「あ、でも……学校に来てくれたらもっとたくさん会えるんだよね。うーん…………それじゃあいっそのこと、私の家に来ようか?」

    先輩「そしたら私もずっとキミと遊んでられる。それに、私の弟が欲しいって夢も叶う。ほら、一石二鳥でしょ?ふふふ。意味違うって?」

    先輩「……うん、いいね、それ。ちょっと本気にしちゃうかも。ね、わりと本気で考えてみない?私と一緒に住むって話。」

    先輩「…………そんなぁ。ちょっとくらい考えてくれてもいいじゃん。もう、意地悪だなぁ。…………でも、まだ諦めてないからね。」

    先輩「キミが降参するまで、私は何度でも会いに来るよ。それで、いつか連れて帰るから。首を洗って待ってろー!……なんてね、ふふふ。」

    引用元: ・先輩(♀)「キミが降参するまで私は何度でも会いに来るよ。」

    【先輩(♀)「キミが降参するまで私は何度でも会いに来るよ。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2019/07/14(日) 15:45:16.883 ID:6Q9+4zWO0
    男「頑張れ!もう少しだ!」

    娘「頑張れママ!」

    妻「んっ…!」

    息子「おんぎゃあ」

    助産師「生まれました!」

    引用元: ・男「俺は幸せ者だ」

    【男「俺は幸せ者だ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2019/07/14(日) 23:21:09 ID:SE7sFviU
    木こり「今日もお仕事、お仕事」カツーン カツーン

    木こり「あっ!いっけねぇ!手が滑っちまった!」ヒュルルル ボチャンッ

    木こり「ああ!大切な仕事道具の斧が!……うん?」

    パアアアアアアアアッ

    女神「私はこの泉の女神。貴方が落としたのはこの金の斧ですか?それともこの銀の斧ですか?」

    木こり「いいえ、私が落としたのはただの斧です」

    女神「違うだろ!!」

    木こり「」ビクッ!

    引用元: ・木こり「私が落としたのはただの斧です」女神「違うだろ!!」

    【木こり「私が落としたのはただの斧です」女神「違うだろ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2019/07/15(月) 14:13:58.603 ID:51mDmvGr0
    ヒキ「……うるさい……出てけよ…。ここはボクの居場所なんだ…………お前なんか、呼んでないんだよ…。」

    ヒキ「………………まあ……ウザいこと、しないなら……いいけど。」

    ヒキ「…………なんだっていいだろ。ボクがなにしてようが……お前に関係ないし…。」

    ヒキ「……ぅぅうるさいって言ってるだろおッ!!ボクがなにしてようがお前にはなんの関係もないんだよッ!!ボクのこと詮索しようとするなあッ!!何様のつもりなんだよお前ええええッ!!!」

    ヒキ「ぅうぁぁあああこれだからこれだから嫌いなんだよお前らお前らお前らぁぁぁ……っ!!!どうしてボクのこと放っておいてくれないんだよぉぉぉ……!!」

    ヒキ「今まで散々無視してきたくせにっ、今更ボクに干渉するなあッ!!!ボクをこんな部屋に追いやったくせに今更なんなんだよ!!罪滅ぼしのつもりかあッ!?そんな自分勝手なのボクに押し付けて自己満足すんなよぉぉおッ!!!!」

    ヒキ「うるさいッ……うるさいうるさいぃ…ッ…!!く、口開くな……何も喋るなぁぁあ……!!し、しゃべ、喋ったら……ブッ殺す……!!ブッ殺すから……!!」

    ヒキ「…………ああ……出てけよっ。もう顔見せるなあッ!こ、今度来たら……ぅぐ……ッ、つ、通報……するからなぁ……!!」

    ヒキ「……ぐぅ………ぅぅ……ッ!ふ、ふざけやがってぇ……!どうしてあいつ、ボクのこと……構うんだよ…っ。な、なにしに来てんのあいつ……?……やだよ………な、なんなんだよ……あいつぅ…っ。」

    ヒキ「…………?………なに、この箱…。忘れもの…?…………………ドーナツ?……これ…………昔いっしょに、よく食べてたやつだ…。」

    ヒキ「…………あいつ…。」

    ヒキ「………グゥ…ッ!!……ぐッ……う、うぅうぅぅぅああああ………ッッ…!」

    ヒキ「ボクは…………ううぁ……ッ……ボクはぁぁぁ………っ!!!!」

    引用元: ・ヒキニート(♀)「……なんだよ……お前、また来たのかよ…。」

    【ヒキニート(♀)「……なんだよ……お前、また来たのかよ…。」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2012/07/19(木) 11:55:36 ID:.ifnVuEU
    お嬢様「それとも、あなたと一緒だからかしら?」

    男(出てってくれないかなぁ・・・)

    引用元: ・お嬢様「お手洗いで食べるご飯がこんなに美味しかったなんて!」

    【お嬢様「お手洗いで食べるご飯がこんなに美味しかったなんて!」】の続きを読む

    このページのトップヘ