俺「」・友「」・他「」・○○女「」等

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆ZWAJnJ4q9E 2015/01/06(火) 22:31:08.09 ID:O3voUI6xo
    ――― 隔離された世界 ―――


    男「ここが噂の……『隔離された世界』か。ここで能力がもらえるのか」

    神「いかにも」

    男「うわ!?何だアンタ!」

    神「私は神だ。事前に聞いていないか?」

    男「あ、貴方が神様でしたか……はい、聞いています。
    この『学園能力戦』に参加するための能力を貰えるんですよね」

    神「その通りだ、そして一つの『理』も伝える事となっている」

    男「『理』……?」

    神「この世界、この能力についての……ルールのようなものだ。お前に伝える理……それは、
    『自身の能力を説明すればするほど強くなる』ということだ」

    男「能力の説明をすれば強くなる……?」

    神「ああ、自分でも良い。他人の能力でもいい。とにかく能力の内容、
    その他能力を使ったときの詳細な攻撃状況等を事細かに伝えてみろ。さすればお前の能力は飛躍的に強力になるだろう……」


    ブゥン


    男「ええ!?消えた!?」

    男「お、おれの能力は……?」


    『案ずるな、貴様には能力を既に授けた』


    男「声が……」


    『貴様は風使い……自由に風を操り、戦うのだ……』


    男「風使い……」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420551067

    引用元: ・男「能力の説明をすれば強くなる……?」神「ああ」

    【男「能力の説明をすれば強くなる……?」神「ああ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/05/18(月) 00:54:07.267 ID:YED7qs3O0
    俺「死んじゃったらもう動かないんだよ…神様がそう作られたから、死んじゃったらもう動かないんだよ…」
    姪「そんな…かみさまひどいよ」
    俺「…」
    姪「…そうだ!かみさまころせばいきかえるかも!」

    引用元: ・姪(5)「ねこさんつめたくなってる…もううごかないの?」俺「そうだね…死んじゃったんだよ」姪「ねこさんあっためたらまたうごく?」

    【姪(5)「ねこさんつめたくなってる…もううごかないの?」俺「そうだね…死んじゃったんだよ」姪「ねこさんあっためたらまたうごく?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/05/18(月) 15:22:00.442 ID:uUBriv35d
    嫁「……」

    ぼく「?」

    嫁「……20万円が……」

    ぼく「えっ?」

    嫁「?」

    ぼく「まさかおろすつもり?」

    嫁「えっ?……そりゃそうでしょ」

    ぼく「えっ?」

    嫁「えっ?」

    引用元: ・嫁「子宮のやつ全然来ない……」ぼく「えっ?子宮って女性の?」嫁「そう……」ぼく「おめでた?」嫁「えっ?」

    【嫁「子宮のやつ全然来ない……」ぼく「えっ?子宮って女性の?」嫁「そう……」ぼく「おめでた?」嫁「えっ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆YBa9bwlj/c 2020/04/21(火) 01:24:37.74 ID:thoNEdUh0
    SS8作目です。

    オリジナルとなります。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1587399877

    引用元: ・ギャルゲー後輩ヒロイン「先輩!会いに来たっスよ♪」

    【ギャルゲー後輩ヒロイン「先輩!会いに来たっスよ♪」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/06/19(金) 12:37:07.384 ID:I/JtvHXxa
    上司「俺くん?なんで何も書いてないの?業務進歩書いてほしいんだけど」
    俺「」
    上司「丸2ヶ月何もしてなかったの?そんなわけ無いよね?」
    俺「」
    上司「俺くん質問してるんだけど?」
    俺「」

    引用元: ・上司「俺くん在宅勤務時の業務進歩教えて」俺「」

    【上司「俺くん在宅勤務時の業務進歩教えて」俺「」】の続きを読む

    このページのトップヘ