クロスオーバー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」(前編)

    546: ◆.2RVExwkajVj 2014/07/08(火) 23:03:10.82 ID:O48IwO380
    真奈美「凛君!」バッ 

    卯月「凛ちゃん!」 

    未央「しまむー!」 

    菜々「凛ちゃん!」 

    奈緒「はぁ……はぁ……大丈夫か、加蓮」 

    加蓮「もう、限界っ……はぁ……」 

    凛「!」


    引用元: ・凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」

    【凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆.2RVExwkajVj 2014/06/06(金) 23:17:21.40 ID:rVVaHSuo0
    凛「めざせポケモンマスター」(前編)(後編)の続きです


    ・ポケットモンスター×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスSSです
    ・アイドルたちがポケモン世界を冒険します
    ・本SSの舞台はオリジナルの地方、アイマス地方です
    ・各世代から色々なポケモンが登場します
    ・ゲームとも、アニメとも異なるオリジナル設定が存在する可能性があります
    ・ときどき安価あり


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1402064241

    引用元: ・凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」

    【凛「めざせ」 卯月・未央「ポケモンマスター!」(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※凛「めざせポケモンマスター」(前編)

    460: 名無しさん 2014/05/12(月) 00:04:17.63 ID:aEb3drlJ0
    凛「……うん」

    凛(この街に来るのは久しぶりだけど……街の悪い雰囲気も消えつつあるみたい)

    凛(…………ただ)

    凛(あの電波ジャック以降……シンデレラ団の名は世に一気に広まった)

    凛(あれ以来大きな動きはないみたいだけど……あちこちでシンデレラ団の噂を聞くようになった)

    凛(この街でも、前の悪い雰囲気とは違った、少しピリピリと肌を刺激するような緊張感を感じる)

    凛(……とは言っても私にはどうしようもないことだし、今はこうやって普通に旅を続けているんだけど)

    引用元: ・凛「めざせポケモンマスター」

    【凛「めざせポケモンマスター」(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2014/04/20(日) 20:55:22.28 ID:KX+NsOx30
    ・ポケットモンスター×アイドルマスターシンデレラガールズのクロスSSです
    ・アイドルたちがポケモン世界を冒険します
    ・本SSの舞台はオリジナルの地方、アイマス地方です
    ・各世代から色々なポケモンが登場します
    ・ゲームとも、アニメとも異なるオリジナル設定が存在する可能性があります
    ・ときどき安価あり


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1397994922

    引用元: ・凛「めざせポケモンマスター」

    【凛「めざせポケモンマスター」(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    722: ◆ecH57LqR9PZC 2013/05/21(火) 22:56:35.02 ID:1LwxdIR90
    「インデックス…………貴女は…………っ!」 

    悔しそうな、悲しそうな声、そしてこちらを睨む目には怒り、そして戸惑い。 
    彼女を、インデックスをこの戦争に引き込んだことに対する怒りなのだろう。 
    その怒りはもっともだとは思う、だけど、だけれども―――。 

    「セイバー…………もう、私の為には立てない?」 

    「!!」 

    ―――彼女は巻き込まれ引き込まれて、そして自らの戦争を始めているのだ! 
    それはもう止まらない、止まることはない! 
    勝つか―――生か! 
             
             死か―――負けるか! 
           
          決着がつかない限り自分で始めた戦争は終わらない! 

    ”ばっ!” 

    「立ちます、あなたの、マスターの為であるならば、何度でも立ちましょう」 

    身体についたいくつも切り傷から血を流し、身体を血で汚しながら立つ。 
    この足で、常に戦場を駆けてきた足で立つ。 

    「ありがとう、セイバー」 

    「…………」 

    感謝の言葉には無言で応える。 

    ”ざっざっ” 

    そして彼女の前に踏み出した。 
    本来の騎士と主の立ち位置に!




    引用元: ・セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」禁書目録「え?」

    【セイバー「問おう、貴女が私のマスターか?」禁書目録「え?」(後編)】の続きを読む

    このページのトップヘ