ダンガンロンパ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2014/05/15(木) 11:26:58.07 ID:Wgl8OUeAo
    居酒屋前

    苗木「みんなで集まるの久しぶりだな何年ぶりだろう」

    苗木「意外にも十神君から連絡があってみんなで集まろうってことになったけど……」

    苗木「うーん……場所が分かりにくくてちょっと遅れちゃった」

    苗木「遅れてくる人も多いらしくてとりあえずの集合時間に合わせてきたけど緊張するなぁ」

    苗木「まぁいいや、とにかく入ろう」



    ……イラッシャイマセー

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1400120808

    引用元: ・苗木「元超高校級の同窓会」

    【苗木「元超高校級の同窓会」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆QdCTDEK1LY 2019/11/04(月) 23:05:03.10 ID:3GyYoAJo0
    苗木「そうか!舞園さんこそ超高校級のヒロインだったんだね!」

    霧切「それは違うわ。」

    舞園「何故ですか!」

    霧切「何故なら超高校級のヒロインは私だからよ。」

    苗木「それは違うよ。」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572876302

    引用元: ・苗木「超高校級のヒロイン?」

    【苗木「超高校級のヒロイン?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/03/08(水) 22:46:17.43 ID:C0bFgraJ0
    ※このSSはニューダンガンロンパV3のネタバレを含みます、クリア済み推奨

    V3コロシアイ生活中(全員生存中、タイムリミットなんてなかった)

    前置きが終わったら安価スタートです

    初心者なので至らないところがあるとは思いますが、宜しければ参加していただければ幸いです

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1488980777

    引用元: ・【安価】入間「出来たぜ白銀!性転換ライトだ!」【ニューダンガンロンパV3】

    【【安価】入間「出来たぜ白銀!性転換ライトだ!」【ニューダンガンロンパV3】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/01/30(月) 23:12:22 ID:ZVUqZjC.
    赤松「何これ?」

    モノクマ「折角女主人公がいるのにモノモノマシーンには男のロマン砲しか入れてなかったからね」

    モノクマ「男女平等主義の僕としては失敗したなあと思っていたんだ」

    モノクマ「だからこれはプレゼントだよ!」

    赤松「いや、だから何これ!?」

    モノクマ「いざというときに勇気が湧いてくるよ!ドキドキだね!」

    赤松「こんな訳分からないもの貰っても困r」

    モノクマ「じゃーねー!」

    赤松「え!?あっ」

    赤松「……」


    ※ダンガンロンパV3、紅鮭団モード

    ※ネタバレ注意

    引用元: ・赤松「……女のロマン砲?」

    【赤松「……女のロマン砲?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: 名無しさん 2017/01/24(火) 15:04:40.92 ID:pZP/XaMi0
    ナレーション:最原終一 

    モノクマからコロシアイを告げられてから二日しか経たないけど、僕は首謀者に関する調査を赤松さんとすることになった。僕から見たら赤松さんは不思議な人だ・・・出会ってすぐに僕の「超高校級の探偵」という肩書きを褒めてくれたり、弱気な僕を放って置かずに自信を持つように励ましてくれた。普通ならここまでのお節介をする人はいない。けど、赤松さんは違った・・・それはただのお節介ではなく本気で友達になりたいという彼女の気持ちから、僕を含めて皆を助けたいという本心からくるものだとすぐに分かった! 

    だから、僕は赤松さんを信じる事が出来た・・・同時に赤松さんを見ていると、胸を締め付けられそうな・・・そんな感じがした。 

    それが何なのかが、僕には良く分からなかった・・・。けど、一回目の調査が終わって赤松さんと別れた後に、僕の様子を見ていた王馬くんが僕に話しかけてきて、こんなことを教えてくれた。 

    王馬「最原ちゃん。それは、絶対に「恋」だね♪」 

    最原「えっ!?」 

    王馬「だから、最原ちゃんは赤松ちゃんが好きだってことだよ。そういう感情・・・分かった?」ニヤリ 

    最原「僕が・・・赤松さんに・・・恋??」 

    胸の締め付け・・・恋をしているという証拠・・・。僕は赤松さんに恋をしている、というのかっ!? 自分でも信じられなかった・・・今でもそうだった・・・。


    引用元: ・最原「僕は赤松さんを・・・」

    【最原「僕は赤松さんを・・・」】の続きを読む

    このページのトップヘ