涼宮ハルヒの憂鬱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/05/05(木) 02:25:11.54 ID:Azkxb3Um0
    ハルヒ「顔を埋めたい」

    長門「……」ペラ

    ハルヒ「くんかくんかしたい」

    長門「……」ペラ

    ハルヒ「したい」

    長門「……」

    ハルヒ「…したいのよ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1462382711

    引用元: ・ハルヒ「キョンのパンツが欲しい」長門「……」

    【ハルヒ「キョンのパンツが欲しい」長門「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/02/12(金) 15:26:29.54 ID:xkKgg9HX0

    ハルヒ「……」

    朝倉「……」

    朝比奈「……」

    古泉「……」

    キョン妹「有希ちゃん!」

    キョン「……長門」

    長門「……なに」

    キョン「お前は……いつから『そこ』にいた?」

    長門「…………」

    長門「一刻程前」

    朝倉「う、嘘……それ、まだ朝の五時じゃない……」

    ハルヒ「その時から、ずっと……一人で?」

    朝比奈「な、長門さん……」

    長門「問題ない」

    長門「これがわたしの役目、優先すべき第一事項だから」

    ハルヒ「有希……」

    朝倉「長門さん……」




























    長門「おかわり」モグモグ

    新川「少々お待ちを」

    ハルヒ・朝倉「「んなわけないでしょーーが!!!!!!」」ビッシィ!


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1455258389

    引用元: ・ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEE!!!!!!!!!」 キョン「憂鬱入ってるよなぁ」

    【ハルヒ「キョンTUEEEEEEEEE!!!!!!!!!」 キョン「憂鬱入ってるよなぁ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2009/02/27(金) 19:10:15.33 ID:dsPZSzp00
    キョン「すまんが静かにしてくれないか?今、太ももを触ってんだ」サワサワ

    朝倉「あっごめんなさい…」

    キョン「……」サワサワ

    朝倉「ねぇキョンくん…怒ってもいい?」

    キョン「怒ったとこで俺は触るのをやめないぞ」サワサワ

    朝倉「じゃあ、どうしたら触るのを止めてくれるのかしら?」

    キョン「お尻を触らせるなら止めてやるさ」サワサワ

    朝倉「ごめん、無理」

    キョン「それは残念だ…」サワサワ



    見てのとおりの文章力です。sageるんで続けさせて下さい。

    引用元: ・朝倉「ちょっとキョンくん!太ももを触らないでよ!」

    【朝倉「ちょっとキョンくん!太ももを触らないでよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 20:15:03.61 ID:8P2Ex9V70

    ハルヒ「――――なによ、キョン」

    キョン「金だよ、金。今月こづかいがピンチなんだよ。貸してくれ」

    ハルヒ「…………………………」



    ハルヒ「……いくら」

    ハルヒ「いくらいるのよ」

    引用元: ・キョン「ハルヒ、金貸してくれよ」

    【キョン「ハルヒ、金貸してくれよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: ◆hWMDndfuJ2 2016/02/27(土) 23:18:58.96 ID:a5XjzEjVO

    キョン「どういうことだ?」

    古泉「どういうこと…とは?先ほどの言葉を聞いただけの僕からしますとむしろこちらのセリフだと言いたくなりますが。あなたの性的趣向ではないのですか?」

    キョン「失礼なことを言うな」

    古泉「恥ずかしがることはありません。あなたも健全なイチ高校生です、異性の下着が欲しくなるということも…」

    キョン「いい加減にしろ」

    古泉「んっふ、すいません。詳しく聞かせていただけますか?」

    キョン「今日の朝起きてからずっとハルヒのパンツが欲しくて欲しくてたまらないんだ。ハルヒのパンツのことしか考えられないと言っても過言ではない」

    古泉「それはまた、随分な話ですね」

    キョン「冗談じゃない」

    古泉「涼宮さんがまた世界改変をしたとお思いですか?」

    キョン「それ以外に心当たりがない」

    古泉「…本当ですか?」

    キョン「…なんだと?」

    古泉「例えば…」

    キョン「…」ゴクリ

    古泉「あなたが昨日、涼宮さんの下着を偶然目にし、そのことを今朝になり思い出し欲じょ」

    キョン「せいっ」ボコッ


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456582738

    引用元: ・キョン「ハルヒのパンツが欲しくてたまらない」 古泉「それはそれは」

    【キョン「ハルヒのパンツが欲しくてたまらない」 古泉「それはそれは」】の続きを読む

    このページのトップヘ