涼宮ハルヒの憂鬱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2010/04/02(金) 20:15:03.61 ID:8P2Ex9V70

    ハルヒ「――――なによ、キョン」

    キョン「金だよ、金。今月こづかいがピンチなんだよ。貸してくれ」

    ハルヒ「…………………………」



    ハルヒ「……いくら」

    ハルヒ「いくらいるのよ」

    引用元: ・キョン「ハルヒ、金貸してくれよ」

    【キョン「ハルヒ、金貸してくれよ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆hWMDndfuJ2 2016/02/27(土) 23:18:58.96 ID:a5XjzEjVO

    キョン「どういうことだ?」

    古泉「どういうこと…とは?先ほどの言葉を聞いただけの僕からしますとむしろこちらのセリフだと言いたくなりますが。あなたの性的趣向ではないのですか?」

    キョン「失礼なことを言うな」

    古泉「恥ずかしがることはありません。あなたも健全なイチ高校生です、異性の下着が欲しくなるということも…」

    キョン「いい加減にしろ」

    古泉「んっふ、すいません。詳しく聞かせていただけますか?」

    キョン「今日の朝起きてからずっとハルヒのパンツが欲しくて欲しくてたまらないんだ。ハルヒのパンツのことしか考えられないと言っても過言ではない」

    古泉「それはまた、随分な話ですね」

    キョン「冗談じゃない」

    古泉「涼宮さんがまた世界改変をしたとお思いですか?」

    キョン「それ以外に心当たりがない」

    古泉「…本当ですか?」

    キョン「…なんだと?」

    古泉「例えば…」

    キョン「…」ゴクリ

    古泉「あなたが昨日、涼宮さんの下着を偶然目にし、そのことを今朝になり思い出し欲じょ」

    キョン「せいっ」ボコッ


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456582738

    引用元: ・キョン「ハルヒのパンツが欲しくてたまらない」 古泉「それはそれは」

    【キョン「ハルヒのパンツが欲しくてたまらない」 古泉「それはそれは」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/16(火) 21:12:04.424 ID:p4KG/+kk0.net
    中三の冬。

    受験を控え、いよいよ切羽詰まってきた冬季講習の帰り道での出来事だった。

    佐々木は俺の同級生であり、クラスメイトでもあり、親友と呼べる存在だった。

    そんな佐々木に何故こんなお願いとも呼べぬ妄言を吐いてしまったのかは、まぁ追々説明しよう。


    佐々木「キョン。すまないが、君がなんて言ったのかよく聞き取れなかった。もう一度繰り返して貰っても構わないかい?」


    キョン「はみらせてくれ」

    引用元: ・キョン「なぁ佐々木、ちょっとはみらせてくれないか?」佐々木「は?」

    【キョン「なぁ佐々木、ちょっとはみらせてくれないか?」佐々木「は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/02/11(木) 21:03:05.219 ID:oyIzHOxR0.net
    耳に違和感を覚えた俺は飛び起きた。

    目の前には長門居て、いつもの様に読書している。

    どうやらいつの間にか寝てしまっていたらしい。


    長門「……どうかした?」

    キョン「な、長門?今…俺の耳に何かしたか?」

    長門「……別に」

    キョン「そ、そうか…」

    引用元: ・長門「……はむっ」パクッ キョン「ファッ!?」

    【長門「……はむっ」パクッ キョン「ファッ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


    1
    :2015/12/19(土) 19:40:07.41 ID:
    クリスマスパーティ後 帰り道


    ハルヒ「あー楽しかった!!! こんなに盛大に誕生日を祝われて喜ばない人なんていないわよね!」

    キョン「誕生日を祝うなどという大義の元に、あのパーティを画策したわけじゃないだろうが」

    鶴屋「それにしても……クク、まさか一樹くんの防弾ちょ、チョッキが……あーっはっは!!!」

    朝比奈「つ、鶴屋さん笑い、すぎ、っ、ぷぷっ! ご、ごめんなさい古泉くん!」

    古泉「…………いえ、いいんですよ。お気になさらず」

    古泉「涼宮さんと彼の口から『あっ……』という声が漏れたのを聞いた時には、ああ、僕の生命もここまでなんだなと……」

    キョン「バカっ! 古泉! 洒落にならんことを言うな!!!」バシッ!

    古泉「洒落にならないことをしたのはあなたですよね!!? 『あと、2秒遅ければ危なかった……』的なことも呟いてましたよね!!?」

    朝倉「まったく……聖夜ぐらい静かに過ごそうと思わないのかしらね……この人たちは」

    長門「そのような思考回路は、彼らには存在しない」

    ハルヒ「あれっ!!? ちょっとキョン!! あんたが当たったあたしのプレゼントの火星くん人形は……」

    キョン「…………」ニコッ

    ハルヒ「いやごまかせてないから!!! 笑ってごまかせる流れなんて実際は存在しないから!!!!」

    キョン「彼は……火星へ帰ったのさ……自らの、故郷にな」フッ

    ハルヒ「…………あんたが送り返しただけでしょうがぁぁあああ!!!!! せっかくあたしのありがたいプレゼントが当たってってのに!!」

    キョン「ち、違う!! 本当はちゃんと部室の目につかないとこに飾って……」

    ハルヒ「ならばよし!! ってなるわけないでしょ!!!? 目につかないとこに飾るって、それただ隠してるだけだから!!!!!」

    キョン「……マーズかったか」ドヤッ!

    鶴屋「ぷっ!」

    ハルヒ「黙りなさい!!!! このアホキョン!!!」バシッッ!

    朝倉「…………そうみたいね、やれやれ」ハァ

    長門「そう」




























    「………………………………………………………………」




                                                                引用元; ・ ハルヒ「キョンTUEEEEEEEE!!!!!!!!」キョン「動揺してるな?」


    【ハルヒ「キョンTUEEEEEEEE!!!!!!!!」キョン「動揺してるな?」】の続きを読む

    このページのトップヘ