涼宮ハルヒの憂鬱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/02/11(火) 20:59:57.10 ID:IEJuNBz7O
    「バレンタインデーなんて、くだらない」

    俺がまだ中坊だった頃の話だ。
    2月14日のバレンタインデーが近づき、教室内に甘ったるいチョコレートの香りが漂っているのではないかと思うほど浮ついた学友達を睨み、前の座席の女生徒は忌々しげに吐き捨てた。

    「キョン、キミもそう思うだろう?」

    まるでそれが世間一般の見解であるかのように同意を求めてくるが、凡庸たる俺には世の中の空気や流れに叛逆する気概など持ち合わせてはおらず、当たり障りのない返答で茶を濁した。

    「そう邪険にしなくてもいいだろう。楽しんでいる奴らが居ることには違いないわけだしさ」
    「おや。キミもそのひとりと言うわけかい? やれやれ、よもやキミが僕を裏切るとはね」

    大仰な物言いで露骨に失望を露わにしてきた。
    僕なんて一人称と、男みたいな口調であるが、こいつは歴とした女であり、女子中学生だ。
    もう少し、この華やかなイベントを楽しんだとしてもバチは当たらないと思うがね。

    「ふん。いいかい、キョン。少なくともこの日本においてはバレンタインデーなど菓子メーカーの企業戦略に過ぎないんだよ。クリスマスプレゼントと同様に、と言えばキミにもわかるかい? 僕の記憶が間違っていなければ、確かキミはサンタの存在を信じていなかったよね?」

    たしかに俺はガキの頃からクリスマスにプレゼントを配る赤服のじいさんの存在をこれっぽっちも信じちゃいなかったが、それと聖ウァレンティヌス伝説はなんら関係ない。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1581422397

    引用元: ・キョン「ほらよ」佐々木「ん? なんだい、この小包は?」

    【キョン「ほらよ」佐々木「ん? なんだい、この小包は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    ※関連作
    ハルヒ「キョンって誰が好きなのかしら」

    1: 名無しさん 2010/06/29(火) 03:55:44.28 ID:GoxtFYqH0
    ハルヒ「そりゃあるわよ」

    キョン「そうなのか」

    ハルヒ「過去のあたしはバカだったわ。まったく、我ながら呆れるわよ」ハァ

    キョン「なんでだよ」

    ハルヒ「そりゃあたしはあたしである以前に一人の女よ?誰かを好きになることくらいあるわ」

    ハルヒ「でもそれによって得られたものは何もない。皆つまんないやつばかり」

    ハルヒ「その人を知ってしまったら一気につまらなくなってしまう」

    ハルヒ「そしてあたしが別れを切り出したら泣いてすがりついてくるのよ?」

    ハルヒ「恋愛は精神病の一種なんてよく言ったものだわ」

    キョン「言ったのはお前だろうが」

    ハルヒ「ええ、そうよ。だからあたしはそれに気がついたあたしを褒めてるのよ」

    引用元: ・キョン「なあ、ハルヒ。お前は誰かに恋愛感情を抱いたことあるのか」

    【キョン「なあ、ハルヒ。お前は誰かに恋愛感情を抱いたことあるのか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2010/06/01(火) 01:30:21.84 ID:TjcYtVP70
    長門「……!」

    みくる「え!?涼宮さん今何て言いました!?」

    ハルヒ「だ、だから…キョンの好きな人って誰なのかなって…」

    みくる「ぎょぴー!!!気になるんですか!?気になるんですかぁ!?」

    ハルヒ「ちょ!みくるちゃん輝きすぎよ!!」

    長門「気になるの?」

    ハルヒ「気、気になるっていうか……まぁ、うん」

    引用元: ・ハルヒ「キョンって誰が好きなのかしら」

    【ハルヒ「キョンって誰が好きなのかしら」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2009/10/15(木) 12:11:26.46 ID:WhNFKPwr0

    ハルヒ「あー暇だわ」

    お前が暇なのは平和でいいことだ。

    ハルヒ「そうだ! 誰かボクシングしましょ!」

    いきなり何言い出すんだハルヒは。
    ボクシングだぁ? お前に殴られて喜ぶ奴がどこにいる。

    ハルヒ「ねえ、やりましょうよボクシング。
        キョン、あんた相手しなさい」

    キョン「絶対嫌だ」

    そんなものお断りに決まってる。

    引用元: ・ハルヒ「誰かボクシングしましょ!」

    【ハルヒ「誰かボクシングしましょ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/01/17(金) 02:19:45.50 ID:zkz27ckRO
    「やあやあ、キョンくん。奇遇だねっ!」

    唐突ではあるが、SOS団の名誉顧問。
    鶴屋さんについて、語らせて貰おう。
    とはいえ紹介する前に彼女は颯爽と出現した。

    「ん? なんだい? そんな見つめちゃってさっ! あたしの顔になんかついてるにょろ?」

    この語尾がやたらにょろにょろしている鶴屋氏は、朝比奈さんと同学年の二年生であり、俺との関係は先輩後輩の間柄である。実に光栄だ。

    「あっはっはっ! あたしの方こそ光栄さっ!」

    快活な笑顔が眩しい。
    自分もこんな風に笑えたらとつくづく思う。
    チャームポイントである八重歯が輝いている。

    「んー? おやおや、なんだい、キョンくん。あたしの八重歯っちが気になるのかいっ?」

    八重歯っち……だと。
    破壊力が留まるところを知らない。
    防御力が底をつき、完全に無防備な俺に。

    「そんなに気になるならキスしよっか?」

    言葉を失うとは、まさにこのことだと思った。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1579195185

    引用元: ・鶴屋さん「もっかい!」

    【鶴屋さん「もっかい!」】の続きを読む

    このページのトップヘ