進撃の巨人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1:2013/10/17(木) 15:55:27 ID:
    初めてのSS投稿です、拙い点がありましたらすいません。
    登場人物は、エレン、リヴァイ、エルヴィン、ハンジ、オレオ、ペトラです。
    キャラクターのイメージを壊してしまうかもしれない部分もあるので…ご了承ください。




    【エレン「写真」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/02/02(金) 21:26:59.09 ID:l5dwuxmn0

    エレン「ミカサは基本、薄い塩味な訳だ。ベースが薄味な上に明太マヨの明太は海の塩で会わないわけがない。濃い味の明太マヨにミカサは合う」

    ミカサ「ヤン」

    アルミン「アニ」

    エレン「明太マヨ」デデン!

    エレン「さっきも言った通り、アニも基本、薄味なわけだ。薄味の生地に明太マヨが合わないわけがない」

    アニ「ヤン」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1517574418

    引用元: ・アルミン「ミカサ」エレン「明太マヨ」デデン!

    【アルミン「ミカサ」エレン「明太マヨ」デデン!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/01/09(火) 21:40:47.46 ID:mUbrwuVk0
    845年

    エレン「アルミン!外の世界の話、聞かせてくれよ!」

    アルミン「うん!外の世界にはね・・・そういえばミカサがいないね」

    エレン「ああ、なんか母さんの手伝いするらしいーー



    「巨人だ・・・・・・!」



    エレン「母さん!?今瓦礫を持ち上げ・・・この手、誰の手なんだよ・・・母さーー


    エレン「駆逐してやる・・・!一匹・・・残らーー


    エレン「アルミン、内地に行くのか?」

    アルミン「うん。お爺ちゃんの持っていた外の世界の本が国には必要だって憲兵団の人が」

    エレン「そうか。でも、巨人を駆逐するために必要なら仕方ねえよなーー


    エレン「アルミン・・・なんで内地に行ったのに巨人に食われたことになってんだよ!?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515501647

    引用元: ・エレン「俺にだってわからないですよ、兵長」

    【エレン「俺にだってわからないですよ、兵長」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/01/07(日) 11:06:55.46 ID:oEgx95QJ0
    ??すでに巨大樹の森の時点で女型がアニということに気がついています。

    巨大樹の森にて

    巨人 in エレン「やっべ。アニ強!このままじゃ連れ去られる!どうしようどうしようどうしよう、はっ!そうだ!アニもか弱い乙女!それを利用しよう!」

    エレン「顔切り裂かれて体飛び出てもうた」

    女型 in アニ「」クチクパァ

    エレン「アニッ!」

    女型「」ビクゥゥゥゥ

    エレン「これを見ろ!」ボロン

    女型「」

    女型「」/////

    エレン「ほれほれ?アニ?これでも俺を口に咥えられるか?口に咥えたら俺のイェーガーをお前の舌に擦り付けてやる!」チンコブランブランボッキ-ン

    女型「」ブシュウウウウウ

    アニ「ち、ちょっと」/////

    エレン「なんだよ」ボッキボキ

    アニ「そ、それ隠してよ」/////

    エレン「それ?それってなんだよ?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1515290815

    引用元: ・エレン「そうだ。アニにチンポを見せつけよう」

    【エレン「そうだ。アニにチンポを見せつけよう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/12/25(月) 23:15:56 ID:vrZuEj5M


    ガタガタと廊下の窓が震えた。
    外はどうやら風が強いらしい。窓の隙間から入る冷気が静かな兵舎内を冷やしていた。

    そんな冷たい風が吹く外から振り下ろされる槌の音がする。
    あれを「地獄の処刑人」と名付けたのはハンジだったか。そう思い、リヴァイは窓から見える壁に目を向けた。

    巨人を掃討する為に作られた通称「地獄の処刑人」。エレンの硬質化能力で生み出されたそれらは幾つも壁に設置された。
    その威力はすさまじく、来年の春か夏頃には壁の外にいる巨人共を消し去ってしまえるかもしれない。
    調査兵士が幾人か掛かりで一体の巨人に向かい、犠牲を出して殺していた。それが今では……。

    余計な感傷を振り払うかのようにリヴァイは軽く頭を振ると書類仕事をこなすために長い廊下を歩いていった。

    引用元: ・リヴァイ「束の間の」

    【リヴァイ「束の間の」】の続きを読む

    このページのトップヘ