SSでレッツゴー

2ch.sc、SS深夜VIP、SS速報VIPなどのジャンル問わずSSをまとめています。 今の所、モバマス、アイマス、艦これ系SSが多いです。

    カテゴリ:オリジナル > 勇者「」・魔王「」等

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/03/06(日) 08:04:13 ID:EZ3WtWZI
    姫「魔王を倒しに」

    引用元: ・姫「私が行きます」

    【姫「私が行きます」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/01/08(日) 21:53:20.78 ID:gwwB41gP0
    ---魔王城---


    側近「魔王様、勇者が攻めてまいりました」

    魔王「えー、めんどくさ」

    魔王「皆でがんばって倒してよー」

    側近「なるべくがんばりますが、覚悟しておいてください」

    魔王「はーい」


    ---魔王城 広間---


    勇者「あと少しだ、行くぞ皆!」

    魔法使い「くらえっ!」ドン

    戦士「ここは俺らが引き止めてる、行け勇者!」ザンッ

    勇者「いやしかし」

    魔法使い「この数が見えないの!?」

    戦士「すぐに追いつく、早く行け!!」

    勇者「みんな、すまない!」

    勇者「ここは任せたぞっ!」ダッ

    引用元: ・魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」

    【魔王「よくきたな、勇者!」 勇者「女だろうが手加減はしないぞ、魔王!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/01/07(土) 23:28:59.27 ID:ku0t8ynJ0
    勇者「旅立ちの日から、今日でちょうど3ヶ月だな」

    戦士「そろそろ次の町だ、ついたら久しぶりにゆっくりするか?」

    魔道士「ここのところ休息が足りてませんでしたからね」

    僧侶「僕もさんせーい」

    勇者「それじゃあ、次の町には1週間ほど滞在しよう」

    勇者「なにかあれば変わるかもしれないが、たまにはゆっくりするのもいいよな」

    戦士「よし、そうと決まれば急ごうぜ」

    魔道士「あなたは結局休むこともないでしょうが」

    戦士「日々の鍛錬は大事だからな」

    勇者「俺はパスするぞ。流石に長旅で疲れた」

    戦士「む。なら一人でやるか」

    僧侶「(これは...チャンスかも)」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483799338

    引用元: ・勇者「魔王を倒すことが私の使命だ!」僧侶「へぇ」

    【勇者「魔王を倒すことが私の使命だ!」僧侶「へぇ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/01/07(土) 13:50:15.25 ID:zMfdCQrro
    王「そ、その野球とやらは、いったいなんなのじゃ?」

    勇者「球技です」

    王「……すまぬ勇者。その、球技についても」

    勇者「ボールを使ったスポーツです」

    王「すまぬスポーツもボールもまったくわからぬ!!」

    勇者「わかりました。順を追って説明しましょう」

    王「うむ、その前にな」

    勇者「?」

    王「それが魔王討伐の旅にどのような影響が」

    勇者「それはお聞きいただければわかります。少しお時間を」

    王「ほ、ほお……」

    勇者「スポーツというのは、人間の身体技能を使った遊びになります。走ったり、跳んだり、投げたり、という動きなどのことですね」

    王「ふむ、以前城で行った剣技大会みたいなものか?」

    勇者「そのような感覚ですね。剣ひとつでも、相手を倒すことを第一の目的としたり、反対に一人だけで剣を振って、その型の美しさを競ったりなど、様々な側面から楽しむことができますよね」

    勇者「野球は『ボール』という球体を投げ、それを人間の半身の長さほどの棒、『バット』で打ち返す。この動作が流れの軸となるスポーツになります」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483764614

    引用元: ・王「や、やきゅー……?」勇者「はい、野球です」

    【王「や、やきゅー……?」勇者「はい、野球です」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2017/01/07(土) 00:38:54.80 ID:zcyoB8Vj0
    王様「女神様の御加護を受けるとな、その反動としてくだらない呪いにかかってしまうんじゃ」

    勇者「つまり」

    王様「強くなる代わりにちょっと悲しい感じになるんじゃ」

    勇者「そうじゃなくて、具体的に」

    王様「そうじゃな…例えば、御加護によって強力な炎の魔法が使えるようになるとする」

    勇者「はい」

    王様「その代わりに性格がすごく暑苦しくなる」

    勇者「どのくらい」

    王様「松岡修造くらい」

    勇者「くだらな…」

    王様「くだらないんじゃ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1483717134

    引用元: ・勇者「女神の加護を受けるとくだらない呪いにかかる、ってなんですか」

    【勇者「女神の加護を受けるとくだらない呪いにかかる、ってなんですか」】の続きを読む

    このページのトップヘ