新世紀エヴァンゲリオン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2013/01/04(金) 02:33:55.92 ID:cc3NniZAO
    ユイ「ネルフが忙しいのは分かりますがシンジも交遊に飢えて・・・」

    ゲンドウ「シンジもまだそんな歳じゃないさ、物心もないし、
    託児所で十分さ」
    ユイ「すみません、私がシンジとの交遊に飢えてるんです」

    ゲンドウ「我が儘言わないでくれ、
    君がいないと計画がすすまないのは君が一番理解しているだろ」

    ユイ「せめてシンジを連れて行くぐらい・・・」

    ゲンドウ「公私混同は困る、ネルフは託児所じゃないんだ」

    プチッ

    ユイ「ウオオオオオオォォォォ!!!」

    ユイのオーバーヘッドキックがゲンドウの脳天に直撃し頭から血が噴出する

    ゲンドウ「ユイ?ユイ!!止めろ!!・・・痛い・・痛いぃ!!
    ごめん!!・・・いや・・・ごめんなさい!!」

    ユイ「ウオオオォウオオオォ!!!」

    ユイはゲンドウの髪の毛を引っ張り腹部に何発も重い一撃を喰らわす!!!

    ゲンドウ「ぐぶぅ!!!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1357234435

    引用元: ・ゲンドウ「今日も仕事なんだ、すまん」

    【ゲンドウ「今日も仕事なんだ、すまん」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2012/11/20(火) 08:45:24.09 ID:Ad/nzP6m0
    冬月「いやいやwww辺り一面真っ赤やんwwwwww真っ赤なファサファサめっちゃ積もってますやんwwwwww」

    ゲンドウ「いや、これも俺のシナリオ…」

    冬月「部下みんな出て行ってwww天井えぐれた部屋でジジイ二人傷の舐め合いするのがシナリオですかwwwwwwぴえwwwwww」

    ゲンドウ「それは…シナリオが…」

    冬月「おkwwwシナリオねシナリオwwwwwwそろそろゼーレのブレーカー落としてくるwwwwww」

    ゲンドウ「お願いします…」

    引用元: ・ゲンドウ「シナリオ通りだ」冬月「んなわけあるかいwwwwww」

    【ゲンドウ「シナリオ通りだ」冬月「んなわけあるかいwwwwww」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2013/02/18(月) 01:36:44.98 ID:Abq8ocda0
    シンジ1「アスカ・・・今日も可愛いね」

    シンジ2「アスカ、アスカの肌・・・綺麗だよ・・・」

    シンジ3「アスカ・・・!!僕、もうっ・・・!!」

    アスカ「にへ・・・シンジ・・・バカシンジが3匹も・・・むにゃむにゃ」

    シンジ「・・カ・・・」

    シンジ「アスカ・・・だよ!」

    アスカ「むにゃー!バカシンジの癖にぃ・・・そんなとこぉ・・・」

    シンジ「アスカ!朝だよ!!起きてよ!!」

    アスカ「あひゃいっ!」がばっ

    シンジ「うわっ!」びくぅ

    アスカ「ば・・・バカシンジ!?アンタなんで1匹しか居ないのよ!?」

    シンジ「はぁ?」

    アスカ「2号と3号は!?」

    シンジ「意味が分からないよ・・・アスカ」

    アスカ「・・・なんだ、夢か」

    引用元: ・アスカ「バカシンジが1匹、バカシンジが2匹・・・」

    【アスカ「バカシンジが1匹、バカシンジが2匹・・・」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2013/02/20(水) 04:05:54.58 ID:IKBeiB7y0
    アスカ「」ピコピコピコ

    シンジ「うぅ・・・っ!!あぁあああっ!!」

    TV「滅殺」

    アスカ「フン!」

    シンジ「参りました…」

    アスカ「この私に勝とうなんて1万年と2千年は早いのよ!!バカシンジっ!!」

    シンジ「やり込みの度合いが違うじゃないか…」

    アスカ「アンタバカぁ!?自分の得意分野で勝負するのは戦いの定石よっ!!」

    シンジ「じゃあ僕の得意分野でも勝負してよ…料理とか…でなきゃフェアじゃないだろ?」

    アスカ「あしゅか閃空っ」ぬぅううん

    シンジ「あっ!逃げたっ!!」

    アスカ「戦略的撤退よっ!」べーっ

    シンジ「なんだよ…自分の都合の良い勝負しかしないんだから…」

    アスカ「あったり前じゃない!私は負けるのが嫌いなの!!しかも家事の分担を賭けてるんだから当然よ!!」

    シンジ「何があしゅか閃空だよ…どんだけ豪鬼好きなんだよ…」

    引用元: ・アスカ「」ピコピコピコ シンジ「あ…あぁ…!あぁっ!!」ピコピコ

    【アスカ「」ピコピコピコ シンジ「あ…あぁ…!あぁっ!!」ピコピコ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2013/01/17(木) 01:49:36.46 ID:89EtQLhr0
    シンジ「代打ち機関ネルフ・・・?」

    ミサト「そう、国連直属の非公開組織」

    シンジ「父のいるところですね・・・・」

    ミサト「まぁねぇ~。お父さんの仕事、知ってる?」

    シンジ「・・・人類を守る大事な仕事だと聞いています」


    ※※「今からこの半荘の指揮権は君に移った」

    ※※「お手並みを見せてもらおう」

    ※※「君なら勝てるのかね?」

    ゲンドウ「そのためのネルフです。ご安心を」

    引用元: ・シンジ「打ちます・・・僕が打ちます!」

    【シンジ「打ちます・・・僕が打ちます!」】の続きを読む

    このページのトップヘ