有名人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆z.6vDABEMI 2019/12/23(月) 22:27:23.94 ID:bBP3Yd1Ro
    明転。ふたりの男が向かい合っている。
    片方の男(中岡)は目を閉じている。若干むふむふしており、ちょっと怖い。
    もう片方の男(コカド)は半笑い、手に札を持っており、それを見せようとしているようだ。

    コカド「それでは、目を開けてください!」

    中岡「……! ……? ……?? ええ?え?」

    コカド「ドッキリ大成功ー!」

    札には古典的なドッキリ大成功!の文字が。

    中岡「なんやぁ、ドッキリかぁ~……もー、なんやねん、もー!」

    コカド「ほんまに目の前に中岡くん好きな女の子ぉ、おるかもって思ってた?」

    中岡「思ってた……」

    コカド「ドッキリでしたー!」

    中岡「なんやねんそのしょっぼいドッキリ!」

    地団駄を踏んでじだじだする中岡。不満げな顔である。やむなし。

    コカド「いや、しょぼくはないねん」

    中岡「え?なにが?」

    コカド「今日1日、なんかおかしなことなかった?いっぱいあったやろ?」

    中岡「え?ん??……んん?……あ!」

    何かに気づく中岡。

    コカド「実はー……今日1日、テレビ局さんの力を借りて!中岡くんにドッキリをかけまくっていましたー!」

    再び出されるドッキリ大成功の札。

    中岡「うっわ、マジかぁ……全部ドッキリかぁ~」

    コカド「ほら、思い出してみ?今日変なこといっぱいあったやろ?」

    中岡「えっと、朝起きたら部屋に市松人形がいっぱいあった?」

    コカド「ドッキリでしたー!」

    中岡「ドッキリかぁ~」

    コカド「他は?」

    中岡「目覚まし、目覚まし時計の音がぱおーんって……」象の動き

    コカド「ドッキリでしたー!」

    中岡「これもドッキリかぁ~」

    コカド「あとは?」

    中岡「えー?……ああ、あれ!財布から5万盗られてた!」

    コカド「……」

    中岡「あれもドッキリかぁ~、はよ返せよコカドぉ~」

    コカド「いや……それは知らんわ……」

    中岡「……」

    コカド「……」

    中岡「……え?」



    〇お久しぶりです。
    〇相変わらず書きためは無いです。
    〇M-1見逃してショックです。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1577107643

    引用元: ・ロッチ中岡「なんやあ、ドッキリかぁ~」

    【ロッチ中岡「なんやあ、ドッキリかぁ~」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆z.6vDABEMI 2019/05/16(木) 00:39:15.55 ID:jG093XTQo
    明転。
    舞台上手にスーツ姿で教卓のような台に両手を付く酒井、下手にパイプ椅子に座った平子、板付き。
    何かの会見のようだ。
    平子は何かメモを熱心に取っている。


    酒井「……先ほどの質問に回答しますと、以上のようになります。諸外国との貿易摩擦が発生しないよう、これからも充分に配慮していきます」

    酒井「また、隣国との関係性についても、現在は各国担当との会談に向けコンタクトを取っている最中でして、」

    酒井「詳しいことはお答えいたしかねます」


    メモを取る平子。


    酒井「これで回答とさせていただきますが、宜しいですか?」

    酒井「……宜しいですね。他、何か質問がある記者は」


    すさまじい勢いで手をあげる平子。

    酒井「はい、そこの……貴方、あまり見ない顔ですね」

    平子「初めてこちらにお邪魔させていただきました。記者の顔を覚えてらっしゃるのですか?」

    酒井「この手の会見に来るメディアは比較的決まった人ですからね」

    平子「ああ、なるほど」

    酒井「それで、ええと………貴方、どこの会社のなんと言う方ですか?」

    平子「はい、『クレイジーピーポージャパン』の平子、と申します」

    酒井「なんか突然ヤバい人来たな」


    ※相変わらず書きためは、無いです
    ※誤字脱字は見逃してくださいお願いします
    ※ラジオ聴いてないお茶の間ニワカどすえ

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1557934755

    引用元: ・アルコ&ピース平子「大臣、我が家の猫が出産しました」

    【アルコ&ピース平子「大臣、我が家の猫が出産しました」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/12/13(金) 21:16:12.842 ID:G2rrmh9GM
    塙「落研っていうサークル出身でして」

    土屋「落研出身の漫才師でやらせてもらってます」

    塙「落合のぶこ研究会っていう所に所属してたんですよ」

    土屋「なんでそんなもん4年も研究すんだよ、まぁね、落語研究会なんですけどね」

    引用元: ・塙「僕らね、大学で知り合ったんですよ」土屋「そうでしたね~」

    【塙「僕らね、大学で知り合ったんですよ」土屋「そうでしたね~」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SSまとめマン 2019/03/07(木) 01:07:31.98 ID:JXQDrrVUo
    小峠と西村、謎の部屋に倒れている。


    小峠「……」

    小峠「……ぅ……、なん……」

    目覚めた。
    衣服はブーメランパンツのみになっていてどん引き。隣に同じような格好の西村が、うつ伏せに倒れていてさらにどん引き。
    とりあえず立ち上がった小峠が西村をぺちぺちする。

    小峠「趣味わりーな……ああ、おい!西村、西村!」ぺち

    西村「うーん……」

    小峠「起きろ西村。何か……俺達、何か事件性のある事柄に巻き込まれている気がするぞ」

    西村「事件……?ふぁぁ……民事?刑事?」

    小峠「それいま重要かねえ!?」

    西村「あーよく寝た。ん?あれ、俺いつから寝てた?」

    小峠「打ち合わせしながら出された茶ぁ飲んだとこまでは覚えてるけどな」

    西村「あー、そん時かぁー」

    小峠「飲み込みはえーなお前、しかもお前、茶出される前から寝てただろ」

    西村「そうだっけ?」

    小峠「なんでそこ覚えてねえんだよ!」

    西村「それにしてもさぁ」

    小峠「露骨に話逸らすねぇ!」

    西村「何なの?ここ。なんか、全部真っ白な部屋だし」

    見れば部屋は壁も床も真っ白で、備え付けのベッドや棚に至るすべてが白である。扉は寒気を覚える小峠。

    小峠「これは……」

    西村「刑事かなぁ」

    小峠「その可能性が極めて高くなったな」


    ※書きためは相変わらず無い
    ※ゆっくり進行

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1551888451

    引用元: ・バイきんぐ小峠「○ックスしないと出られない部屋ぁ?」

    【バイきんぐ小峠「○ックスしないと出られない部屋ぁ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SSまとめマン 2019/02/13(水) 05:48:54.600 ID:XZhPYhfxa
    ソクラテス「ここに一つの粘土があるじゃん?」

    青年「はぁ」

    ソクラテス「おかしくね!!!!!???」

    青年「」ビクッ

    ソクラテス「1から2が生まれるのっておかしくねぇ!?」

    青年「い、いやそれは個数と質量を混同してるからでは……」

    ソクラテス「はーおかしいわァ!全くおかしいわァ!!!」

    プラトン「おかしいよなぁ!?お前もそう思うよなぁ!?」

    青年「は、はい……」

    ソクラテス「分かりゃあいいんだよ分かりゃあ」

    引用元: ・ソクラテス「おい」青年「……」ソクラテス「おいお前だよお前」青年「え……僕ですか?」

    【ソクラテス「おい」青年「……」ソクラテス「おいお前だよお前」青年「え……僕ですか?」 】の続きを読む

    このページのトップヘ