北斗の拳

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/07/25(月) 21:34:35 ID:7C1C09oc
    ガシャン!

    ユリア「宝石やドレス…。物では私の心は変わりません。しかもこれは暴力で奪い取ったもの」

    ユリア「人の血が流れた物で私の心が開くと思っているのならシン、むしろ貴方を軽蔑します」

    シン「俺にケンシロウと同じ生き方をしろと言うのか」

    シン「出来んな」

    ユリア「貴方には貴方の、ケンにはケンの生き方があります。貴方にケンの真似をして欲しいとは思いません」

    ユリア「ただ、昔のシンに戻って欲しい。ケンや私と共に笑ったあの頃の貴方に」

    シン「フッ…ユリア、見ていろ。今度はこんなチンケな物ではない!女王だ!お前を女王にして見せる!」

    シン「そうすればお前も変わる。…絶対にな!」カツカツカツ…

    ユリア「…シン。貴方はどうしてしまったの…」

    引用元: ・シン「女の心変わりは恐ろしいのぉ!」

    【シン「女の心変わりは恐ろしいのぉ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/07/21(木) 15:09:10 ID:uolJEwmg
    サウザー「拳王の消息が途絶えただと?」

    ブル「はっ。報告によりますれば、北斗の兄弟及び南斗水鳥拳のレイと一戦を交えたとの事にございます」

    サウザー「北斗の兄弟?トキとケンシロウか。そこに南斗六聖拳の一人まで加わっては、さしものラオウとて無傷で済まなかったという事か」

    サウザー「ヤツがくたばったとは思えぬ。…となると、身を隠して傷が癒えるのを待っているのであろう」

    ブル「しかし一時的にとはいえ、最大の障害が取り除かれたのは事実にございます。この気を逃す手はございませぬ」

    サウザー「フン、解っておる」

    サウザー「聖帝十字陵の完成を急ぐ。子供狩りの範囲を拡大しろ。ラオウの息が掛かった土地であっても構わぬ」

    引用元: ・サウザー「滅びるがいい!愛と共に!」

    【サウザー「滅びるがいい!愛と共に!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/07/30(土) 23:55:13 ID:..HMwiBs
    レイ「ケン、次男トキとはこうして再開を果たし、三男のジャギは倒したのだろう?一先ずマミヤ達の待つ村へ戻ってはどうだ?リンやバットもお前に会いたかろう」

    ケンシロウ「うむ…。その事についてお前に言わねばならぬ事が一つある」

    レイ「何だ?」

    ケンシロウ「俺はジャギと闘い、そして勝った。だが…殺してはいない」

    トキ「…」

    レイ「…そうか」

    ケンシロウ「レイ、すまぬ。ジャギはお前の両親の仇。そしてアイリの幸福を奪った男。だが、そんな男でもやはり俺の兄であった」

    レイ「もう過ぎた事だ。俺はお前に言ったな。例え命をくれと言っても拒まぬと。お前がそうしたのなら、俺は何も言わぬ」

    ケンシロウ「レイ…」

    引用元: ・レイ「てめぇ等の血は何色だ!」

    【レイ「てめぇ等の血は何色だ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/07/07(木) 21:48:27 ID:MULTe6Eo
    ラオウ「兄者のやり方では天は握れぬ!天の覇者はこのラオウただ一人!」

    ラオウ「このままこの国を修羅の国とするならば、いずれこの国は俺が奪う!」

    カイオウ「ほう、今から攻め入るか?」

    ラオウ「いや。俺にはまだかの地で倒さねばならぬ敵が二人居る!その二人の敵を倒さねば天は握れぬ!」

    ザッザッザッ…

    カイオウ「流石はラオウ。あくまでラオウ流の生き方を貫くか…」

    カイオウ「我が心に残った最後の想い…」スッ

    カイオウ「さらばラオウ!」ドガッ!

    ブシュウッ!

    カイオウ「これで俺の中のラオウは死んだ!」

    男「死んではおらぬ。ただ、見てみぬ振りをするものがまた一つ増えただけだ」

    引用元: ・カイオウ「例え天地逆となっても己の道は変えぬ!」

    【カイオウ「例え天地逆となっても己の道は変えぬ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/07/06(水) 09:31:10 ID:YasRn5lQ
    ハブ「トキ様」

    アミバ「なんだ…」

    ハブ「旅の男がトキ様にお会いしたいと来ております」

    アミバ「何の用で…かな?」

    ハブ「医師を志す者として是非ともトキ様の教えを乞いたいと。如何致しましょう?」

    アミバ「ほぉ。この世紀末にそんなバカな…いや奇特な者が居ったとはな。よかろう通せ」

    ハブ「ハッ!おい、連れて来い」

    男「お前がアミバか」ズイッ

    アミバ「そうだ…。で、何の………何を言ってるのかな君は」ヒクヒクッ

    ハブ「おいお前!トキ様の眼前で無礼であろう!このお方はアミバなどという者ではない!」

    男「この男がトキに成り済ました偽者だという事は解っている。そしてトキを恨んでいると見せ掛けて、本当はトキに憧れている事もな」

    引用元: ・アミバ「その足を治す秘穴はこれだ!」ズボッ

    【アミバ「その足を治す秘穴はこれだ!」ズボッ】の続きを読む

    このページのトップヘ