ラブライブ!サンシャイン‼

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/08/27(月) 06:06:02 ID:kg6Vu5Oc

    鞠莉「ダイヤにドッキリ仕掛けたいんだけど」

    鞠莉「今日一日『んまぁーーーーーーーーー』だけで会話するってのはどう? 」

    果南「雑wwwwwww」

    果南「んまぁ、いいんじゃない? 」


    ┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

    引用元: ・ダイヤ「んまぁーーーーーーーーー!! 」

    【ダイヤ「んまぁーーーーーーーーー!! 」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/08/31(金) 02:08:50 ID:lqtyCrNM
    千歌「あーそうだねえ」

    善子「性格真反対、容姿も似てない」

    梨子「似てる点も、なんというか……クセばっかりで、遺伝的なものじゃないし」

    千歌「言われてみればたしかに」

    梨子「ちょっと気にならない?」

    善子「気になるわ」

    梨子「でしょ!?」

    千歌「あー、もしもし?ダイヤちゃん?ちょっと千歌んち来てくれない?善子ちゃんもいるからルビィちゃんも一緒に」

    梨子「ちょおおおおおお!!!??何してんの!?」

    引用元: ・梨子「ダイヤさんとルビィって、改めて似てない姉妹よね……」

    【梨子「ダイヤさんとルビィって、改めて似てない姉妹よね……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/08/29(水) 10:52:38 ID:eokwBYbs
    周りの視線が刺さる。
    ヒソヒソ声は隠してるつもりでも、
    耳は全てを拾ってしまう。
    「化け物」
    だと。

    教室の空気は拒絶していた。
    津島善子という存在を。
    いえ、
    「口裂け女である津島善子」を。

    善子「……失礼したわ」

    浦の星女学院の春、津島善子が最後に登校した日は桜が新入生を出迎えていた。

    昔、口裂け女と呼ばれる存在が流行った時期があり、本当にいるのか不確かだったのに、目撃情報は相次いで小学校では集団登下校が当たり前に。

    口が耳まで裂け、
    大きなマスク、
    赤いコート、
    通りすがりの人に「私、キレイ?」と聞き、
    「キレイ」と答えた人に「これでもかぁ!」と裂けた口を見せ、驚いた口を血で錆びた鋏で裂き、
    「ブサイク」と答えた人に「お前も同じ目にあわせてやる!」と口を裂いて殺害する。

    引用元: ・善子「貴女との空」

    【善子「貴女との空」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/08/29(水) 13:25:26.70 ID:iGICctwN0

     聖良「理亞、新しい歌詞を書いてみたから、見てもらってもいい?」

     理亞「うん。いつもありがとう、ねえさま」

     聖良「曲のイメージももうできているの。でもその前に歌詞を確認して欲しくて」

     理亞「うん、とってもいい歌詞だと思う。・・・・・・ん?」

     聖良「よかった。じゃあ曲調なんだけど――」

     理亞「ちょ、その前にねえさま。この部分なんだけど・・・・・・」

     聖良「どこかダメだった?」

     理亞「ダメというか、ここのフレーズって・・・・・・」

     聖良「ああ、"聖良 come on!"ね。理亞の声はよく通るから、そういう台詞があってもいいんじゃないかと思って」

     理亞「台詞があるのはいいんだけど、台詞自体が・・・・・・。ねえさまを呼び捨てにはできないよ。"ねえさま come on!"じゃダメなの?」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1535516726

    引用元: ・Saint Snow≪SELF CONTROL秘話≫

    【Saint Snow≪SELF CONTROL秘話≫】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2018/08/19(日) 21:24:24.23 ID:y4ZOX7Ez0
    鞠莉「はい、というわけでね、昨今の情報化社会の波に乗り遅れない為に…私達Aqoursも自分たちのトーク番組を持つことになったわ!」

    曜「記念すべき第一回…なんだか緊張するね…」

    善子「しかし、なんで私達三人なのかしら

    鞠莉「それはね、マリーが独断で決めました!この番組のこと全部任されたからね!」

    善子「…初耳なんだけど」

    鞠莉「やっぱり、なんだかんだで口が立つ曜は入れておきたいな~ってね」

    曜「えへへ…そんな面と向かって褒められると照れちゃう」

    鞠莉「後そうね、変な人も一人ぐらい入れた方が収まりがいいわね」

    善子「お?それ私のこと?ねえ、そうよね!?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1534681463

    引用元: ・鞠莉「Aqours!」曜「ベスト!」善子「チャンネル!」

    【鞠莉「Aqours!」曜「ベスト!」善子「チャンネル!」】の続きを読む

    このページのトップヘ