コードギアス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/15(金) 22:51:05.25 ID:OH3iAZ/LO
    『カレン。全てが終わったら、一緒にアッシュフォード学園に帰ろう』ーー彼はそう言った。

    夢を見ていた。内容はいつもと同じ希望の夢。
    夢から覚めると既に朝で、カーテンを開ける。
    眩しい日差しに、目を細めながら、彼を想う。

    彼はもう目覚めているだろうか。
    多忙な彼は、昨晩寝れたのだろうか。
    もしくは、今から眠るのだろうか。

    夜、眠る前に彼を想う。
    彼はもう眠りについただろうか。
    多忙な彼は、眠らないのだろうか。
    もしくは、今起きたところだろうか。

    「……行ってきます」

    朝起きて、戦闘服を着込んで。
    赤いナイトメアフレームに乗って戦って。
    夜遅くに仮眠を取って、夜襲に備える。

    「……ただいま」

    自室に帰って、シャワーを浴びて。
    余った携行食をモソモソ食べて。
    夜眠る前に、彼を想う。

    「……行ってきます」

    黒の騎士団での生活は忙しい。
    元は兄が立ち上げたレジスタンス。
    紆余曲折あって今は彼が指揮官を務めている。
    ほとんど四面楚歌で、友軍は少ない。
    神聖ブリタニア帝国を初めとした、あらゆる方面と戦線を構えている。全面戦争状態である。

    それでも、たまには休日もあって。

    「……ただいま」

    久しぶりに、アッシュフォード学園を訪れた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1573825865

    引用元: ・ゼロ「おかえり、カレン」紅月カレン「うん……ただいま」

    【【コードギアス】ゼロ「おかえり、カレン」紅月カレン「うん……ただいま」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/05/07(火) 16:00:41 ID:fHRG4K/I
    ルル「くっ!?」

    マオ「ハハハハハ! お前の焦りが手に取るようにわかる!」

    C.C.「よせ、マオ!」

    マオ「クククッ、C.C.も気になってるんじゃないかい?」


    マオ「コイツが、本当は君の事をどう思ってるのかがさぁ!」


    C.C.「……よせ、マオ!」

    ガシッ!

    ルル「!? おい、離せC.C.!」

    引用元: ・マオ「頭の中を見てやるぞルルーシュ~!」

    【マオ「頭の中を見てやるぞルルーシュ~!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/02/24(日) 03:58:46 ID:/5vLT6rQ
    C.C.「砂漠の夜は寒くなりそうだなあ。L.L.」

    L.L.「(C.C.の言いたいことはわかっているが、これはまずい。既に俺は疲れてしまっている)」

    引用元: ・C.C.「もう夜だな…L.L.」

    【C.C.「もう夜だな…L.L.」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2018/09/11(火) 20:20:02 ID:sRGrRNYc
    >>8年の深夜ドラマ『ロス:タイム:ライフ』と『コードギアス』のクロス。
    ※元のアニメと辻褄の合わない箇所や捏造箇所があるかもしれません、それでも大丈夫な方はどうぞ。

    引用元: ・シャーリー「ロス:タイム:ライフ」

    【シャーリー「ロス:タイム:ライフ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2:2013/07/11(木) 14:35:23 ID:
    ~ブリタニア本国 ラウンズ邸宅~

    コンコン

    ???「……朝か」ムク

    ???「咲世子です」

    ???「……入っていい」

    咲世子「失礼いたします」スッ

    咲世子「調子はいかがですか?ルルーシュ様」

    ルルーシュ?「残念ながら好調だよ」

    ルルーシュ?「さあ、準備を頼む」

    ルルーシュ?「慣れたものだろう」

    咲世子「……ええ」

    咲世子「……本当に、慣れてしまいました」

    ルルーシュ?「そんな顔をするな」




    【ルルーシュ「正攻法でいこう」C.C.「……そうだな」R2】の続きを読む

    このページのトップヘ