バンドリ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/03/19(木) 22:31:35.02 ID:z07AMiQQO

     その日、氷川紗夜はラーメンが食べたかった。

     きっかけがなんだったのかはわからない。朝起きて、朝食を摂っている時に見たニュース番組のグルメ特集だったかもしれないし、氷川日菜が隣で「ら、ら、ら、らーめん~♪」という謎の歌を口ずさんでいたからかもしれない。

     理由はともあれ、とにかく紗夜はラーメンが食べたかったのだ。

     いつも通りの時間に通学路を歩き、いつも通りの時間に学校へたどり着き、いつも通りに教室の自分の席に座り、目の前で繰り広げられる白鷺千聖と松原花音の「クラゲと紅茶の類似性」という議論を聞き流しながら過ごしている間にも、その想いは募るばかりだった。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1584624695

    引用元: ・【バンドリ】氷川紗夜「ラーメンが食べたい」

    【【バンドリ】氷川紗夜「ラーメンが食べたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/09/15(日) 09:19:34.86 ID:dAglTyZA0

    ――芸能事務所――

    白鷺千聖(8月某日。事務所に赴くと、私宛の小包が届いていると事務所のスタッフに言われた)

    千聖(ファンの方からのプレゼントかしら、とも思ったけれど、小包の差出人の名前を見れば、そこには【弦巻技術研究所】という文字があった)

    千聖「確か次のライブのスポンサーが弦巻財閥のグループ会社のひとつ、だったわね。何かそれに関係することかしら……」

    千聖「とにかく箱の中身を見てみましょう」ゴソゴソ

    千聖「ええと……なにかしら、これ。ストップウォッチみたいな機械に……手紙と冊子?」

    千聖「とりあえず、手紙を読んでみましょうか」ペラ


    “拝啓 猛暑到来となりましたが、白鷺千聖様には変わらずお元気にお過ごしのことと存じます。”


    千聖(とか、そんな時候の挨拶に始まった手紙)

    千聖(その文面を要約すると、弦巻技研が新しい機械を発明したので、そのモニターをお願いしたい、ということだった)

    千聖「まぁ、大事なスポンサー様からのお願いだもの。無下には出来ないわね。それでこれは……『百合度を測定する機械』……?」

    千聖「百合度……百合って花の? ……ああ、じゃなくてアレね。いわゆる女性同士の恋愛、ガールズラブとかって言われる。で、それを私に測定してまわれと……」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1568506774

    引用元: ・【バンドリ】白鷺千聖「百合度を測定する機械」【コンマとか】

    【【バンドリ】白鷺千聖「百合度を測定する機械」【コンマとか】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/01/16(木) 12:59:18.73 ID:8/kNx7oB0

    ※バンドリ3期の先行上映とかを見てパッと思い付いたことを書いたいくつかの短い話です。

     一部キャラ崩壊してます。

     最初の2つ以降の話にバンドリ3期4話目までの若干のネタバレ要素があります。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1579147158

    引用元: ・【バンドリ】短い話

    【【バンドリ】短い話】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/12/20(金) 02:32:03.04 ID:kP2DqCd70

    ――商店街 電柱の陰――

    チュチュ「…………」

    花園たえ「あれ、チュチュ?」

    チュチュ「うわぁおっ!?」

    たえ「どうしたの、電柱を抱っこして? コアラの真似?」

    チュチュ「な、何でもないわよ! というかそんなことしてる覚えはないわよ!」

    たえ「そうなの?」

    チュチュ「そうよ!」

    たえ「ふーん? ……あ、パレオだ。おーい、パ――」

    チュチュ「Wait! ちょっと待ちなさいタエ・ハナゾノ!」バッ

    たえ「もご」

    チュチュ「ここから声をかけたら私がここにいるのがバレちゃうでしょう!」

    たえ「もがもご」

    チュチュ「えぇい、こうなったら貴女も協力しなさい!」

    たえ「もご?」

    チュチュ「事情はパレオを追いかけながら話すわ!」


    ……………………


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1576776722

    引用元: ・【バンドリ】花園たえ「なにやってるの、チュチュ?」

    【【バンドリ】花園たえ「なにやってるの、チュチュ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/19(火) 17:51:11.02 ID:i75xN+h90

    ――市ヶ谷家 有咲の部屋――

    市ヶ谷有咲「…………」

    牛込りみ「すー……すー……」

    有咲(拝啓、高く澄みきった空に、心も晴れ晴れとするこの頃、色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました)

    有咲(そんな秋の朝、目が覚めると、どうしてか私の隣でりみが寝ていた)

    有咲「…………」キョロキョロ

    有咲(……八畳の畳敷き、見慣れた我が家のマイルーム)

    有咲(それはいい。うん。別にどうってことない、けど……)

    りみ「うぅん……すー……」

    有咲(本当になんでりみと同衾してんの私?)

    有咲(え、ちょっと待って、昨日なんかしたっけ。なんかあったっけ)

    有咲(えーっと、確か昨日は……土曜日だったな。そんでポピパのみんなで遊ぶことになってて、蔵にみんなが来て……)

    有咲「…………」

    有咲(やっべぇ、そっから先が全く思い出せねーぞ……)


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1574153470

    引用元: ・【バンドリ】市ヶ谷有咲「隣でりみが寝てる」

    【【バンドリ】市ヶ谷有咲「隣でりみが寝てる」】の続きを読む

    このページのトップヘ