テイルズ シリーズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/01/04(土) 20:35:17.88 ID:DQhBkFB7O
    ルーク・フォン・ファブレ。
    キムラスカ・ランバルディア王国の公爵家に生まれ、王位継承権第三位を持つ嫡男であった。

    「ルーク」
    「はい、父上」
    「お前にこれをやる」
    「これは……日記、ですか?」
    「俺の出来損ないの……弟のものだ」

    生まれながらにして死を定められた者であり、世界転覆を図ったオラクル騎士団総長、ヴァン・グランツ謡将の手により幼い頃に誘拐され、その後はフォミクリー技術を用いた自らのレプリカ(以降、レプリカ・ルークと記載する)に居場所を奪われ、ヴァンの直属の部隊、六神将の鮮血のアッシュを名乗り、暗躍する。

    「ルーク、お前は弟の生まれ変わりだ」
    「僕が、レプリカ・ルークの……?」
    「これからお前はあいつの代わりに生きろ」

    エルドラントでのヴァンとの決戦の折、戦死したかに思われたが、レプリカ・ルークがその身を捧げて融合したことにより生きながらえ、その後、婚約者であるキムラスカ王国の王女、ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディアと結婚し彼女との間に嫡男である男児を儲ける。

    「どうした、ルーク! 剣先を下げるな!」
    「はあ……はあ……はい、父上」
    「情けない。あいつはもっと強かったぞ!」

    頑なにルークの名を取り戻すことに難色を示し、レプリカとの融合を果たしてからもアッシュと名乗っていた彼の意向で、息子には亡きレプリカに託した名であるルークと名付けた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1578137717

    引用元: ・ティア・グランツ「私、もう待つのはやめたの」

    【【テイルズ オブ ジ アビス】ティア・グランツ「私、もう待つのはやめたの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/01/04(土) 20:35:17.88 ID:DQhBkFB7O
    ルーク・フォン・ファブレ。
    キムラスカ・ランバルディア王国の公爵家に生まれ、王位継承権第三位を持つ嫡男であった。

    「ルーク」
    「はい、父上」
    「お前にこれをやる」
    「これは……日記、ですか?」
    「俺の出来損ないの……弟のものだ」

    生まれながらにして死を定められた者であり、世界転覆を図ったオラクル騎士団総長、ヴァン・グランツ謡将の手により幼い頃に誘拐され、その後はフォミクリー技術を用いた自らのレプリカ(以降、レプリカ・ルークと記載する)に居場所を奪われ、ヴァンの直属の部隊、六神将の鮮血のアッシュを名乗り、暗躍する。

    「ルーク、お前は弟の生まれ変わりだ」
    「僕が、レプリカ・ルークの……?」
    「これからお前はあいつの代わりに生きろ」

    エルドラントでのヴァンとの決戦の折、戦死したかに思われたが、レプリカ・ルークがその身を捧げて融合したことにより生きながらえ、その後、婚約者であるキムラスカ王国の王女、ナタリア・ルツ・キムラスカ・ランバルディアと結婚し彼女との間に嫡男である男児を儲ける。

    「どうした、ルーク! 剣先を下げるな!」
    「はあ……はあ……はい、父上」
    「情けない。あいつはもっと強かったぞ!」

    頑なにルークの名を取り戻すことに難色を示し、レプリカとの融合を果たしてからもアッシュと名乗っていた彼の意向で、息子には亡きレプリカに託した名であるルークと名付けた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1578137717

    引用元: ・ティア・グランツ「私、もう待つのはやめたの」

    【【テイルズオブジアビスSS】ティア・グランツ「私、もう待つのはやめたの」】の続きを読む

    このページのトップヘ