映画

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/02/21(金) 01:06:35.70 ID:jYVo7zbZO
    雨。雨、雨、雨。

    今日も東京には雨が降っている。
    父親と喧嘩した際にぶん殴られたことに腹を立てて、家を飛び出した時と同じく、雨。
    その時のことを思い出すから、雨は嫌いだ。

    「ただいま戻りました」

    傘を閉じて傘立てに置いて、事務所に入る。
    K &Aプランニング。僕の勤め先だ。
    業務内容は都市伝説やら超常現象やら、そんなオカルトじみた記事を出版社に持ち込む仕事。
    出来が良ければ買い取ってくれるが、成功率はそこまで高くはないのが実情であり現実だ。
    無論、給料は最低賃金を大幅に下回っている。

    それでも身分証を持たない子供を雇ってくれて、あまつさえ寝床を提供して貰っている現状、文句を言ったらバチが当たるだろう。

    ずっと憧れていた東京での暮らしは想像よりも厳しく、家出少年の居場所は他にはない。
    だから僕は、その恩義に報いようと仕事に精を出しているのだけど、そもそもそれ相応の特ダネがなければ売れるような記事は書けない。

    そんな特ダネがそうそうそこらに転がっている筈もなく、近頃、K&Aプランニングは開店休業状態であり、故に僕は暇を持て余し、取材という形でとある都市伝説を追っていた。

    100%の晴れ女。

    幸運が味方して、偶然に恵まれる形で件の晴れ女と知り合った僕は、その都市伝説を利用したアルバイトを行ない、今日も大都会の一角を無事晴天にして、こうして帰ってきた。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1582214795

    引用元: ・森嶋帆高「俺は、そんな夏美さんが好きですよ」須賀夏美「へっ?」

    【【天気の子SS】森嶋帆高「俺は、そんな夏美さんが好きですよ」須賀夏美「へっ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/12/07(土) 21:13:04.37 ID:kNKMPaOnO
    「いよいよ明日だな、ドラ子よ」
    「はい、お父様!」

    マルフォイ家の一人娘、ドラ子・マルフォイはホグワーツ入学を明日に控え、不安と期待が入り混じった複雑な心境で父から訓示を頂いた。

    「今更言うまでもないが、マルフォイ家の名に恥じぬよう、勉学に励むように」
    「はい! しかと心得ました!」
    「魔法薬学を担当しているセブルス・スネイプと私は旧知の仲だ。何か困ったら頼るように」
    「はい! わかりました!」

    ホグワーツへの入学が決まってから今日に至るまで、ドラ子の父、ルシウス・マルフォイは一言一句全く同じ訓示を何度も繰り返していた。
    隣で聞いていたドラ子の母、ナルシッサ・マルフォイはそんな夫に苦笑しつつ口を挟んだ。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1575720784

    引用元: ・ハリー・ポッター「僕の言うことを聞け」ドラ子・マルフォイ「……はい」

    【ハリー・ポッター「僕の言うことを聞け」ドラ子・マルフォイ「……はい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/18(月) 17:42:26.279 ID:afS32qsu0
    スネイプ「この問題は……ポッターに答えてもらおうか」

    ハリー(♀)「えっと、わかりません……」

    スネイプ「予習しろと言わなかったか? グリフィンドールに10点やろう」

    引用元: ・ハリー(♀)「まずい見つかっちゃった」スネイプ「ポッター、夜は寮にいるのが規則だ。グリフィンドールに10点やろう」

    【ハリー(♀)「まずい見つかっちゃった」スネイプ「ポッター、夜は寮にいるのが規則だ。グリフィンドールに10点やろう」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/08/27(火) 01:22:51.629 ID:XzxhE7v7a
    ヒナ「私もう付き合ってる彼居るから…」

    ほだか「そ…そんな…」

    ヒナ「3年も経てば人は変わるよ…」

    ヒナ「指輪…返すね…」スッ

    ほだか「あっ…」スッ

    ポロッ コロコロ…

    引用元: ・ほだか「ヒナさん!俺たちは大丈夫だ!」ヒナ「ねえ…何が大丈夫なの…?」 ほだか「えっ…」

    【【天気の子】ほだか「ヒナさん!俺たちは大丈夫だ!」ヒナ「ねえ…何が大丈夫なの…?」 ほだか「えっ…」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/12/27(火) 19:43:41.01 ID:cx7wFs1IO
    魔法省

    魔法省大臣執務室

    ハリー「……なんだって?」

    ハーマイオニー「魔法界はほとんど全ての権限が魔法省大臣に、つまり現在はこの私ハーマイオニー・グレンジャー=ウィーズリーに握られているじゃない?」

    ハリー「はあ」

    ハーマイオニー「それを使って、新しい法律を作ってやろうと思って」

    ハリー「……なんだい?僕が呼ばれたのは魔法法執行部の部長として君のとち狂った言動を止めるため?だとしたら少しは理性が残ってると見えるね」

    ハーマイオニー「違うわ。そうなったらあなたが第一に執行することになるからに決まってるでしょう?」

    ハリー「なんてこった、完全にとち狂ってた……何故だか色も黒いし」

    ハーマイオニー「細かいことよ。さて、まずは>>3することにしようかしら」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1482835421

    引用元: ・ハーマイオニー「安価で新しい法律を作るわ」

    【【ハリポタ】ハーマイオニー「安価で新しい法律を作るわ」【安価】】の続きを読む

    このページのトップヘ