モバマス

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆cgcCmk1QIM 19/11/11(月)12:59:37 ID:mAi

    【某月某日夜/女子寮ロビー】

    久川颯「うわー、アイドルになって初めてのお給料!」

    颯「うわー、うわー、思ったよりある! すごくない!?」

    颯「どうしようかなあ。何に使おうかなあ。ゆーこちゃんとの約束だから貯金分は実家に送って、ゆーこちゃんとパパにプレゼント買って、あっ、服! 服買いたい! なーとまた原宿行ってー」

    颯「……あっ、寮費とレッスン料の引き落としが10日じゃない! その分はちゃんと取り置いて、えーと」

    岡崎泰葉「ふふ、はしゃいでるね。初めてのお給料日だっけ?」

    颯「あっ! 岡崎泰葉ちゃん!? 凄い、ホンモノだ!!」

    泰葉「解かるなあ。私も初めてのお給料は舞い上がったっけ」

    颯「あのっ、あの、泰葉さんの出てる番組よく見てました! 名探偵ザキちゃん、なーと一緒に、あ、なーって言うのは」

    泰葉「知ってる。久川凪ちゃんだよね、双子のお姉さん」

    颯「すごーい! 知っててくれたんだ!」

    泰葉「そりゃね。久川凪と颯のmiroir。今話題じゃない」

    颯「き、恐縮です!」

    引用元: ・【モバマス】 颯「久川埋蔵金だよ、なー!」 凪「ほほう」

    【【モバマス】 颯「久川埋蔵金だよ、なー!」 凪「ほほう」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    127: 名無しさん 2018/07/20(金) 22:06:08.89 ID:ddppTFcpo

    「「ケンカ?」」 


     正直に言いなさい、って言われたから、本当の事を言ったのに。 
     早苗さんも、瑞樹さんも、信じられないという顔でこっちを見てる。 
     一度顔を見合わせたと思ったら、また、私に視線を向ける。 
     缶コーヒーの縁を指でなぞりながら、同じことを言う。 


    「はい。彼と……些細なことで、ケンカを」 


     普段は、ほとんどそういう事は無いのだけど。 
     ……でも、やっぱり駄目ね。 
     一緒に生活するとなると、それにあたって、考え方の違いが出てくる。 
     今回のケンカの原因も、それ。 


    「二人がケンカ……って」 
    「……想像出来ないわ」 


     これでも、ちょっとした事での言い合いはするんですよ? 
     どれも、小さな事で……すぐ、仲直りしますけど。 
     だって、彼ったら、すぐに私を優先しようとするんですもの。 
     支え合っていくって、そういう事じゃないと思うんです。 


    「長引きそうなの?」 


     早苗さんが、横に座りながら、聞いてくる。 
     その表情は心配そうで、それが、ちょっと心苦しい。 
     だって、きっとケンカの原因は、人から見たら大した事じゃないんですもの。 
     言ったら、そんな事でケンカしたらタイホ、って怒られちゃうかも。 


    「どうでしょう……わかりません」 


     これに関しては、お互い譲るつもりがないんです。 
     だから、余計に話がこじれちゃって。 
     お仕事中、顔や態度に出さないように気を遣っていたつもり。 
     でも、この二人には、バレちゃうのね。 


    「良ければ、話してみない?」 


     瑞樹さんが、早苗さんとは反対側に座りながら、聞いてくる。 
     その表情は優しげで、それが、ちょっと嬉しい。 
     だって、こんな風に気兼ねなく接してくれる人は、とっても少ないから。 
     そんな、素敵なお友達が居る事は、とても幸せだと、そう、思う。 


    「……居酒屋で?」 


     なんて言ったら、 


    「「んっ!」」 


     と、両側から、肩で小突かれた。 


    「……ふふっ!」 


     そのせいで……ううん、おかげで、笑みがこぼれた。


    引用元: ・武内P「『次はお前だ』」

    【武内P「『次はお前だ』」題名のないSSまとめ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    960: 名無しさん 2018/08/16(木) 21:52:21.04 ID:rjA4yfWso
    杏「そりゃそうだよ」 

    武内P「はい」 

    杏「自分の家だったら、杏はもっとリラックスしてるしね~」 

    武内P「そうですか」 

    杏「というわけで、おやすみなさ~い」 


    武内P「寝る前に、ズボンを穿いてください」 


    杏「えー?」


                                  引用元: ・武内P「『次はお前だ』」 【武内P「事務所は、自宅ではありません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    880: 名無しさん 2018/08/14(火) 15:19:52.67 ID:fUe1pRcEo
    未央「そう、束縛!」 

    武内P「あの……何故、その様な話に?」 

    卯月「えっと、一途とか心配性とか考えてたら……ですね」 

    未央「あれ? どこからが束縛なんだろ、って話になって」 

    武内P「……成る程」 


    凛「プロデューサーに、聞いてみようってなったんだ」 


    武内P「……」


    引用元: ・武内P「『次はお前だ』」

    【武内P「束縛、ですか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    851: 名無しさん 2018/08/13(月) 22:41:39.75 ID:F1HRsgyqo
    蘭子「ぴっ!?」ビクッ! 

    武内P「す、すみません」 

    蘭子「の、望むは天上の調べ! 地の底より這い出しものではない!」 

    武内P「えっ?」 

    蘭子「もっ……もう少し、高い声で喋ってください……!」 

    武内P「……は、はあ」 


    小梅「ご、ごめんね……お話してたら、怖がらせちゃって」 


    武内P「……」


    引用元: ・武内P「『次はお前だ』」

    【武内P「幽霊、ですか」】の続きを読む

    このページのトップヘ