比企谷八幡

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/11/04(金) 10:11:18.55 ID:zWStFvgA0
    とある喫茶店

    陽乃「ひゃっはろー!みんなそろっているね」

    雪乃「姉さん遅いわよ。人を集めておいて一番最後に来るなんて」

    結衣「まあまあ、ゆきのんとりあえず抑えて」

    陽乃「ごめんね~つい寝坊しちゃって」

    めぐり「そういえば最近陽さんいつも眠そうですね?何か忙しいんですか」

    いろは「そういえば前会った時もあくびしてましたね」

    雪乃「おかしいわね?最近家の行事とかはないはずだけれど…」

    結衣「そういえばヒッキーもいつも教室で眠そうにしてるよ」

    小町「………」

    結衣「小町ちゃん?」

    陽乃「実はね、ちょっと困った事があってあまり睡眠とれてないの」

    めぐり「そうなんですか…まさか相談というのは十分な睡眠をとりたいということなんですね?」

    いろは「それで困ったこととは?」

    陽乃「え~と…ちょっと恥ずかしいなぁ///」

    雪乃「さっさといいなさい」イラッ

    陽乃「夜になると八幡が求めてきて寝かせてくれないの///」(≧∇≦)

    「「「「ええええええー!!!!」」」」

    陽乃「キャ///いっちゃった」(*/∇\*)
    雪乃「わ、わわわわわ笑えない冗談ね…もし比企谷くんがそんな性欲の権化だったら部室で私か由比ヶ浜さんがとっくに襲われていてもおかしくないわ」アセアセ

    結衣「そ、そうだよ!ヒッキーがそんな変態だったら花火大会の帰りとかアタシを襲っているよ!」

    いろは「そ、そうですよ!私もデート(練習)の最後ラブホに連れて行かれてますよ!」

    めぐり「三人とも落ち着いて、それにしても意外だな…比企谷くん超肉食系だったんだ」

    小町「………」

    陽乃「嘘じゃないよ。昨日だって8回も///八幡だけに…」

    雪乃「いちいち照れながら言わないでくれるかしら…かなりイラッとくるわ」

    結衣「いくらヒッキーと恋人になったからって、アタシ達をからかうなんてヒドいよ!」

    いろは「全くです!」

    陽乃「およよ…別にからかってないんだけどな…お姉さん本気で悩んでいるのにそんなこといわれてお姉さん悲しい」

    めぐり「比企谷さん、陽さんのいってることほんとなの?」

    小町「………本当ですよ」

    「「「!!?!」」」

    めぐり「そ、そうなんだ」

    めぐり(陽さんがちょっと大げさにいってるのかっと思ってたけど…そうじゃなかったんだね
    あの陽さんに音をあげさせるなんて比企谷くんやるな~さすが陽さんのお気に入りだけはあるね♪)

    引用元: ・陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」

    【陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
     色んな快楽の経験をしたあとでしばらくそれらを禁止され、数日は悶々として何も手に着かない。
     なんてことはなかった。寝る前にムラムラするのを堪えるくらいで、普段は授業も予習復習もきっちり捗っている。
     多分モチベーションの違いだろう。この前の昼休みの告白事件。あれのせいだ。
     今は適当に誤魔化せているが、何かの拍子に俺と川崎が恋人同士のフリをしないといけない時がくるかもしれない。
     その時に少しでも川崎に相応しくなれるように、相手が俺だということで起こるであろう川崎に対する悪評が少しでも減るように。
     とんちんかんなことをしているのかもしれないが、俺はそんなふうに考え、行動しているのだった。
     しばらく何事もない日々が続く。
     川崎との接点は昼休みに弁当をもらって一緒に食べることと予備校の送り迎えだけだった。もちろん色事なんてない。
     奉仕部も特に変わりなく、あえて言うなら俺の読書が減って勉強時間が増えたことか。
     そしてやってきた週末。
     土曜日。
     川崎との、約束の日。

    引用元: ・【R18】八幡「…………しっぽ?」沙希「……見た?」【俺ガイル】

    【【R18】八幡「…………しっぽ?」沙希「……見た?」【俺ガイル】(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
     放課後のことである。
     これからまた益体もない部活に行かねばならないのかと思うと億劫になり、せめて舌だけでも癒されようと飲み物を買いに自販機へと向かった。

    「マッ缶マッ缶…………よっと」

     金を入れてボタンを押すとピッという電子音が鳴り、ガコンと音がする。取り出し口から独特のデザインの缶を掴み取り、鞄にしまう。
     ぬるくならないうちに早いとこ部室に行ってじっくり味わおう。そんな事を考えながら階段に差し掛かった。

    「おっ、と」

     俺より先に階段を上ってる女生徒がいた。クラスメートの川崎沙希だ。
     何で放課後のこの時間に部活もしてない川崎が階段を上がってるのかはわからないが、俺はすぐさまその場を離れようとする。
     だって川崎さん、スカート短いんだもの。見えたら嬉しいとは思うが、実際に見たらこっちが恥ずかしくなる。しかもそれを見咎められたらどんな目に遭わされるやら。
     しかしついつい目が行ってしまうのは男のサガだろう。立ち去る前に無意識に見上げてしまった。
     そして、見た。見えてしまった。
     いや、下着ではなく、本来有り得ないものが。

    「…………しっぽ?」

    「……見た?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1444944460

    引用元: ・【R18】八幡「…………しっぽ?」沙希「……見た?」【俺ガイル】

    【【R18】八幡「…………しっぽ?」沙希「……見た?」【俺ガイル】(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2015/05/06(水) 10:47:37.46 ID:+WM67IC20

    引用元: ・いろは「目を瞑ってください!」 八幡「はぁ?」

    【いろは「目を瞑ってください!」 八幡「はぁ?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    ※前作
    いろは「付き合ってください」 八幡「はぁ?」 

    1: 名無しさん 2015/04/17(金) 20:43:49.81 ID:U01l5Jq30
    いろは「登校中に買っておいた雪見だいふくがないんですよ!」

    八幡「知らんぞ。つーか、朝に買ったものなら溶けてるんじゃないか?」

    いろは「それなら大丈夫ですよ。生徒会室の冷蔵庫に入れていたので」

    八幡「そういや、生徒会室に置いてあったな」

    いろは「いやー、運ぶのは大変でしたけどね。やっぱりあると便利です」

    八幡「運んだのは戸部だったけどな」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1429271029

    引用元: ・いろは「わたしのアイスを返してください!」 八幡「なんの話だよ?」

    【いろは「わたしのアイスを返してください!」 八幡「なんの話だよ?」】の続きを読む

    このページのトップヘ