絢瀬絵里

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1:2016/05/08(日) 09:38:39.75 ID:
    ゆっくり書いていきます。


                                      引用元:・LINEグループ:μ's(9)





    【LINEグループ:μ's(9)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1:2016/03/16(水) 17:59:00.67 ID:
    毎度毎度LINE形式SSばかり書いてる者です。
    今回もゆっくり書いていきます。


                                                                                                                   引用元: ・LINEグループ:Printemps(3)




    【LINEグループ:Printemps(3)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1:2016/03/11(金) 09:48:44.51 ID:
    また書きたくなりました。
    ゆっくり書いていきます。
    終着点は全然決めてません。


                                                                                                                            引用元: ・LINEグループ:BiBi(3)



    【LINEグループ:BiBi(3)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    642: 名無しさん 2015/07/13(月) 03:05:08.95 ID:Ca9DK3gl0
     翌日、午前8時 

     この日は日曜日で学校は休みである 

    絵里「ほら、海未、亜里沙……!起きなさい……!」ユサユサ 

    海未「う、ううぅぅぅ……ここは、一体……」 

    亜里沙「お姉ちゃん、まだ8時だよぉ……」 

     海未と亜里沙は、起きた場所が、昨夜自分たちが気を失った場所ではないと気付く 

     ここは亜里沙の部屋であった 

    海未「え、ちょ……!?」 

    亜里沙「!?……//」 

     同時に、自分たちが衣服を一切身に纏ってない状態にも気付いた 

     要するに全裸である 

     そこに希が横槍を入れる 

    希「昨夜はお楽しみやったなぁ……♡」


    引用元: ・希「うちな、陥没ちくびが悩みなんや。」

    【希「うちな、陥没ちくびが悩みなんや。」(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    431: 名無しさん 2015/06/02(火) 01:34:44.78 ID:fHxHL+Ip0
     その日の屋上 

     凛は花陽を屋上に呼び出していた 

    花陽「凛ちゃん……話って何かな……?」 

    花陽「別れ話とかじゃ……ないよね……?」 

     花陽がこう思うのも無理はない 

     凛は花陽のお誘いをことごとく突っぱねてきたのだから 

     花陽の中には猜疑心が芽生えるも、凛に限って自分を見捨てるはずがない、 

     そう自分に言い聞かせながら日々を耐えてきた 

     そんな中、急に凛に呼び出され、一体どんな話なのか、 

     朝から授業に全く集中できず、花陽は緊張と不安で心がはち切れそうになっていた 

    凛「違うにゃ、かよちん!凛はかよちんを愛しているにゃ!」 

    凛「小さい時から一緒だったかよちんを、ずっと、ずぅーっと……!」 

    花陽「それだったら、なんで、私のお誘いを何回も断っていたの……!?」 

    花陽「おかしいよ……私、ずっと不安だったんだよ……!」 

     凛が呼び出したはずなのに、いつの間にか花陽のターンである 

     ただ、花陽の言い分ももっともである 

     凛が花陽をほったらかしにしたのは紛れもない事実なのだから、反論はできない 

    凛「本当に、ごめんなさい、かよちん……」 

    凛「でも、凛が体のトレーニングをしていたのは本当なんだにゃ……」 

    凛「かよちんと一緒に、新しい世界に生きたかったんだにゃ……」 

    花陽「新しい世界……?」 

     謎のワードに花陽が反応する 

     凛は、自分のためを思って行動してくれていたのではないかと……

    引用元: ・希「うちな、陥没ちくびが悩みなんや。」

    【希「うちな、陥没ちくびが悩みなんや。」(中編)】の続きを読む

    このページのトップヘ