脇山珠美

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/08/15(月) 22:32:30.79 ID:2Z4qR8YB0
    デッドプール「というわけで俺ちゃんがシンデレラプロに来たぜ。と、その前に名前表記でデッドプールは長いな。デップーにしよう」

    デップー「これでよし。じゃあさっそく散策しよう。ちなみに俺ちゃんが事務所内を散策して出会ったアイドルと適当にだべるって内容だ。最初は多分しぶりん辺りが……お」

    凛「何か、赤い人がいる」

    デップー「しぶりんだぁああ! しぶりーん!」

    凛「うわこっち来た!」

    デップー「俺ちゃんデッドプール! しぶりんの大ファンなんですぅ! 握手してください!」

    凛「え、え? うん……」

    デップー「うわぁチョー感激! もうこの手洗えない!」

    凛「あの、誰ですか?」

    デップー「あとサインもください! はいマジック」

    凛「サインって……書くところがない」

    デップー「俺ちゃんの尻に書いて! デップーたんF○ckって!」

    凛「え、えぇ?」

    デップー「さぁさぁ! はやくぅ~」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471267950

    引用元: ・デッドプール「俺ちゃん。シンデレラガールズの世界に行く」

    【デッドプール「俺ちゃん。シンデレラガールズの世界に行く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/07/20(水) 19:44:54.87 ID:Kp0VCELb0
    春の大型連休も過ぎて、降り注ぐ日差しは暖かさから暑さを感じるようになってきた。
    春の陽気ももうすぐ終わって、これから湿度の高い梅雨がやってくる。
    奈緒なんかは髪がまとまらなくてほんと嫌になる!なんて、ぼやき始めるんだろうな。
    話しは変わるけど、何気ない口約束っていつまで有効なんだろう。
    1週間、1か月、1年以上、あるいは……そんなある夏の気配を感じ始めた日のこと。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1469011494

    引用元: ・凛「店番、時々アイドル」

    【凛「店番、時々アイドル」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/07/06(水) 23:45:22.58 ID:eGPRSsiv0

    PaP「グラビアにしようと思ったのじゃ」

    CuP「正気か」

    CoP「全員ビールでいいよな?」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1467816322

    引用元: ・【モバマス】PaP「このランドセルを着せてな、このランドセルを着せてな」

    【【モバマス】PaP「このランドセルを着せてな、このランドセルを着せてな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/06/17(金) 22:06:29.76 ID:6YGy7dnM0
    昔々ある所にお婆さん・・・もといお姉さん(17歳)と珠美という小さな女の子が住んでいました

    しかしその珠美ちゃんはなんと・・・

    物凄く小さかったのです(推定10cmくらい)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466168789

    引用元: ・脇山珠美「一寸珠美」

    【脇山珠美「一寸珠美」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/01/13(水) 10:30:24.82 ID:GWSNM9Xa0
    【モバマスSS】です でもニンジャスレイヤーもでます


    ――――1月13日、事務所

    裕子「いけーっ! テレポーテーションッ!!」ピカッ

    GYURYYYGIRYYYYN!

    あやめ「あぁいけません!? プロデューサー殿の机が雑巾のように捻れて……このままでは!」

    裕子「アレっ!? い、いけない、止まってー!!」

    YYYYN……

    裕子「よ、よかった、止まった……」

    あやめ「……でもあの机で仕事はもう出来なさそうですね、輝子殿のキノコも元のは無事ですが増殖していた部分がかなり巻き込まれているようですし……」

    裕子「うぅ……また失敗しちゃた……なにがいけないんだろう……」

    仁美「……なにしてんの?」

    あやめ「あ、仁美殿! いつからこちらに?」

    仁美「いやさっきからだけど……どしたのこの惨状? 一瞬入る事務所間違えたのかと思ったくらいなんだけど」

    あやめ「ああいえ、これは今度ユッコ殿がテレビ番組で世界中の超能力者の方と勝負するらしくてですね。そのための特訓をしていたのですよ」

    仁美「大丈夫かなその番組……ちなみにユッコちゃんはどんな超能力で対抗するつもりなの?」


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1452648624

    引用元: ・あやめ「次こそ行けますよユッコ殿!」裕子「ムムムムーン!」

    【あやめ「次こそ行けますよユッコ殿!」裕子「ムムムムーン!」】の続きを読む

    このページのトップヘ