雪ノ下陽乃

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/11/04(金) 10:11:18.55 ID:zWStFvgA0
    とある喫茶店

    陽乃「ひゃっはろー!みんなそろっているね」

    雪乃「姉さん遅いわよ。人を集めておいて一番最後に来るなんて」

    結衣「まあまあ、ゆきのんとりあえず抑えて」

    陽乃「ごめんね~つい寝坊しちゃって」

    めぐり「そういえば最近陽さんいつも眠そうですね?何か忙しいんですか」

    いろは「そういえば前会った時もあくびしてましたね」

    雪乃「おかしいわね?最近家の行事とかはないはずだけれど…」

    結衣「そういえばヒッキーもいつも教室で眠そうにしてるよ」

    小町「………」

    結衣「小町ちゃん?」

    陽乃「実はね、ちょっと困った事があってあまり睡眠とれてないの」

    めぐり「そうなんですか…まさか相談というのは十分な睡眠をとりたいということなんですね?」

    いろは「それで困ったこととは?」

    陽乃「え~と…ちょっと恥ずかしいなぁ///」

    雪乃「さっさといいなさい」イラッ

    陽乃「夜になると八幡が求めてきて寝かせてくれないの///」(≧∇≦)

    「「「「ええええええー!!!!」」」」

    陽乃「キャ///いっちゃった」(*/∇\*)
    雪乃「わ、わわわわわ笑えない冗談ね…もし比企谷くんがそんな性欲の権化だったら部室で私か由比ヶ浜さんがとっくに襲われていてもおかしくないわ」アセアセ

    結衣「そ、そうだよ!ヒッキーがそんな変態だったら花火大会の帰りとかアタシを襲っているよ!」

    いろは「そ、そうですよ!私もデート(練習)の最後ラブホに連れて行かれてますよ!」

    めぐり「三人とも落ち着いて、それにしても意外だな…比企谷くん超肉食系だったんだ」

    小町「………」

    陽乃「嘘じゃないよ。昨日だって8回も///八幡だけに…」

    雪乃「いちいち照れながら言わないでくれるかしら…かなりイラッとくるわ」

    結衣「いくらヒッキーと恋人になったからって、アタシ達をからかうなんてヒドいよ!」

    いろは「全くです!」

    陽乃「およよ…別にからかってないんだけどな…お姉さん本気で悩んでいるのにそんなこといわれてお姉さん悲しい」

    めぐり「比企谷さん、陽さんのいってることほんとなの?」

    小町「………本当ですよ」

    「「「!!?!」」」

    めぐり「そ、そうなんだ」

    めぐり(陽さんがちょっと大げさにいってるのかっと思ってたけど…そうじゃなかったんだね
    あの陽さんに音をあげさせるなんて比企谷くんやるな~さすが陽さんのお気に入りだけはあるね♪)

    引用元: ・陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」

    【陽乃「八幡が毎晩求めてきて眠れない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: 名無しさん 2016/06/19(日) 22:19:59.36 ID:d8NKQnPL0
    戸塚「そうなんですか? 知りませんでした……」

    戸塚「最近の八幡は……、なんか疲れてるみたいで、たぶん寝不足なのかと」

    戸塚「あと3週間前くらいに小町ちゃんと喧嘩したみたいで、すごい落ち込んでました。原因? よくわかんなんですけど、一色さんがどうとか……」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1466342398

    引用元: ・平塚「比企谷に彼女ができたらしい」

    【平塚「比企谷に彼女ができたらしい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    352: :2014/10/02(木) 17:32:08.22 ID:
    第19章 









    6月24日 日曜日 








    陽乃さんが目当ての包丁を購入してからは、 

    俺達は隣の鍋コーナーやフライパンなどを見て回った。 

    俺にとっては、雪乃が使ってる道具を見つけるたびに、 

    めっちゃたけーじゃねえかって驚くくらいだった。 

    道具を大事に使っている雪乃がいるわけだから、俺も大事に使ってるけど、 

    それでもこんなに高いとは。これからは、もっと大事にしないとな。 

    手が震えないといいけど・・・・・・・・。 



    陽乃「このグラスなんて、夏にぴったしだと思わない?」 



    陽乃さんが指差す先の鮮やかな朱色と藍色のペアグラスを見入る。 

    細やかにカットされたそのグラスは、製作者の息吹をまとい、芸術作品にまで昇華していた。 

    吸いこまれるような光の芸術に、おもわず手で触れてしまいそうになるが、 

    グラスの前に鎮座している価格表をみて体が硬直する。 

    たっけーー! なにこれ? 実家で使ってた百均の俺のコップだと、何個買えるんだよ。 

    一生分のコップ買えちゃうだろ。 

    もし、手を止めることができずにグラスに触れてしまって、 

    もし、間違いを犯してグラスを割ってしまったらと思うと、 

    背中から嫌な汗を噴き出してしまった。 



    陽乃「どうしたの? 固まっちゃって。もしかして、値段見て、びびっちゃった?」 

    八幡「そりゃあ、びびりますよ。ここいらに展示している食器って、 

       全部似たような値段ですよね? 地雷原じゃないですか。 

       危なっかしくてゆっくり見てられないっすよ」 

    陽乃「そうかな? でも、綺麗なグラスを見ていると、ほっとしない? 

       比企谷君も見いってたでしょ」 



    よく俺を観察していることで。 


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401353149

    【やはり雪ノ下雪乃にはかなわない第二部~はるのん狂想曲~(後編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    201:2014/07/31(木) 17:44:45.75 ID:
    第10章







    6月14日 木曜日





    無機質な携帯アラームを停止し、すぐさまサイドテーブルに携帯を戻す。

    横に顔を向けると、いつもいるはずの雪乃はいない。

    昨夜9時過ぎ、ギリギリまで粘りはしたが、

    陽乃さんからの最終通告が雪乃を実家に連れ戻す。

    これ以上雪乃を引きとめてしまえば、雪乃の両親が家に戻ってくる前に

    雪乃が実家に戻すことが危うくなり、せっかくお膳立てしてくれた陽乃さんに

    申し訳ない。後ろ髪を引かれる思いだが、仕方ない。

    土曜には、雪乃は帰ってくるんだから、それまでの辛抱のはずなのに

    ぽっかりと心に穴があいてしまう。小町からすれば、

    雪乃に頼りすぎってことなんだろう。

    だけど、そうじゃない。依存ではなく、俺の一部だって思えてしまう。

    それこそ依存だっていわれそうだけど、この感覚、表現しがたい。

    その人の為に自分を差し出したい、全てを捧げたいと言うのならば、

    それは依存ではなく、人生のパートナーといえるんじゃないだろうか。



    顔を洗い、寝ぼけた頭を叩き起こしたものの、キッチンから漂ってくるいつもの

    コーヒーの香りがないことに、軽く落ち込む。

    雪乃の面影を探るべく、冷蔵庫を覗くと、

    昨夜大量に作り置きした料理が詰め込まれている。

    今朝食べるようにと指示されていた皿と冷えた麦茶を取り出す。

    ラップをはがすと、山葵と高菜の香りが漂ってくる。

    さすがに昨夜おろした山葵とあって、おろしたての新鮮さは薄まってしまっているが

    食欲を誘うには十分すぎる。

    雪乃のことだ、山葵を使うって俺が主張したものだから、

    わざわざ山葵を使うところが可愛く憎たらしい。

    なんて、雪乃がおにぎりを握っている光景を思い浮かべながら一つ手にとり

    口に運ぶ。

    うん、美味い。さっぱりとした味わいに、山葵の辛みがうまく融合している。

    朝食欲がなくても、これならばっちり食事をとることができるな。

    たしか弁当で、いなりずしの中身がこれだった時があった気がする。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401353149

    【やはり雪ノ下雪乃にはかなわない第二部~はるのん狂想曲~(前編)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote
    1: ◆3pCIhha3Cw 2016/02/27(土) 00:00:01.31 ID:ONNs6Ive0
    ※エロ注意
    陽乃「美人姉妹のハーレムだね!」

    のおまけです


    雪ノ下母「......これは一体どういう事かしら?」

    八幡「」

    陽乃「あーあ、意外に早く知られちゃったねー」

    雪乃「......」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1456498801

    引用元: ・陽乃「美人母娘のハーレムだね!」

    【陽乃「美人母娘のハーレムだね!」】の続きを読む

    このページのトップヘ