1: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:45:16.30 ID:S+eYDH5U0
注意 
・俺ガイルとがっこうぐらし(アニメ基準)のクロス 
・八幡は3年生に進級後という設定 
・殺伐さ少なめ、ほのぼの 

※ラブコメ度が高く、少しだけキャラ崩壊あり

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1440596716


                                 引用元: ・八幡「と、戸塚―!!」由紀「みーくんの彼氏!?」
3: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:47:24.86 ID:S+eYDH5U0
【街中】

八幡「やばい…燃料が少なくなってきてる」

ブロロロロ…

八幡(パンデミックが起きてから数ヶ月…地元から随分と離れた場所まで来てしまった)

八幡(そして本当の意味でボッチになった)

八幡「……」

キィィィ

八幡(原付バイクのブレーキをかけ、ふと空を見上げる)

八幡(世の中は大変な事になってるのに、空は憎たらしいほどの晴天だ)

八幡(パンデミックが起きたあの日…俺は偶然、学校を休んで家にいた)

八幡(異常事態に気がついた時には、両親は既に手遅れだった)

八幡(だが悲しみに明け暮れてる暇などなかった。人探しの旅に出ることにした)

八幡(雪ノ下に由比ヶ浜、小町と戸塚を捜す旅に)

八幡(そして、旅を共にしたカマクラと仲間がいたが…道半ばにして力尽き)

八幡(もうこの世にいない)グスッ

八幡「……っ」

八幡「いかん、気をしっかり保たなければならん」


八幡(自分はまだ生きている)

八幡(だから諦めない。どんな結果が待ち受けていようと)

八幡(必ずアイツらを見つけだしてみせる)

八幡「……」

八幡「ん、あれは」

八幡「風船に…ハト??」

4: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:48:19.73 ID:S+eYDH5U0
八幡(ある方角の建物から、その風船と鳩が解放され空を舞う)

八幡「……」

八幡「この近辺に…生存者がいる…」

八幡「あの建物は学校か」

八幡「……」

八幡「もしかしてアイツら…!!」グッ

八幡(原付バイクのアクセルを握る)

ブロロロロロ…

八幡(目の前にいるゾンビどもを搔き分けながら走りぬく)

~校門前~

八幡「……」

ぅぅ…ぁぁぁ…

八幡(ゾンビが大量にいやがる。在校生が殆んどだが、一般人だった者もいるな)

八幡「よし…ここはクラクションをならして」

ビィィィィ!!ビィィィィ!!

八幡「……」

ぅぅ…あ“あ”あ“…

八幡「きたきた。これで奴らをひきつけて…」

八幡「裏門から学校に侵入だ」ダダッ

5: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:49:20.75 ID:S+eYDH5U0
【学園生活部・部室】

ビィィィィ!!ビィィィィ!!

胡桃「なんだ!?」

悠里「いま、外から音がしたわよね」

由紀「今のって、クラクションの音?」

美紀「まさか…誰かきたんじゃ!?」

胡桃・悠里「っ!!」

由紀「なんだろうね。もしかしてヤンキーさんかな…」ブルブル

胡桃「大丈夫だ!この私がいればヤンキーなんてイチコロだぜ!」ブンブン

美紀「部室でシャベルを振り回さないで下さい」

悠里「フフフ、もしかしたら転校生かもしれないわよ。ね、由紀ちゃん」ナデナデ

由紀「わぁぁ…転校生!良い人だったら良いなぁ!」パァァ

6: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:50:02.13 ID:S+eYDH5U0
悠里「だとすると、私たちはこんなジャージ姿でお出迎えするのね」

胡桃「そうだな。今日は制服を洗濯しなきゃ良かったな」

美紀「仕方ないですよ。ちゃんと洗濯しないと臭ってしまうんですから」

由紀「えへへへ、でもジャージってなんか落ち着くよね」

由紀「みーくんの緑色のジャージも良く似合ってるよ!」ダキッ

美紀「ちょ、ちょっと抱きつかないで下さい…」

由紀「えへへへ」スリスリ

胡桃「さて…いくか」チャキッ

美紀「待って下さい」

胡桃「なんだよ美紀」

美紀「安全な人かどうかわからないじゃないですか、遠くから双眼鏡で様子を見ても」

胡桃「なるほど…どれどれ」ススッ

胡桃「うーん…」

~~~~

悠里「どう胡桃?」

胡桃「校門前にバイクが置いてある。誰も乗ってないけど、クラクションに反応して奴らが集まってきてる」

美紀「誰も…乗っていない…」

悠里「なぜわざわざ校門の前まで来て、クラクションなんて鳴らす必要があったのかしら」

7: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 22:51:10.57 ID:S+eYDH5U0
胡桃「うーん…陽動か?どうする?」ヒソヒソ

悠里「そうね…もし生存者なら助けないといけないわね」ヒソヒソ

美紀「でもどんな人なのかもわからないし…慎重にいかないと」ヒソヒソ

胡桃「そこは会ってみないと分からないだろ」ヒソヒソ

悠里「そうね。多分、校舎に向かってるだろうし助けに向かいましょう」ヒソヒソ

由紀「ん?」

胡桃「どうした?」

由紀「足音が聞こえるよ。こっちに走ってくる」

全員「!!」

悠里「由紀ちゃんって、たしか結構耳が良いのよね」


胡桃「ああ。ショッピングモールで美紀を救出できたのも由紀のおかげって言っても良いしな」

美紀「だ、誰かが…こっちに来るんですね…」

タッタッタッタッ!

胡桃「っ!!聞こえたぞ足音」

「ここら一体は、バリケードで守られている…なら声を出しても大丈夫だな」

「雪ノ下!由比ヶ浜!小町!戸塚!」

全員「!!」

美紀「こ、声が…」

「……」

「この部屋…明かりがついてやがる…」

「……」

全員「……」

ガララッ

10: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:03:17.53 ID:S+eYDH5U0
八幡「……」

学園生活部全員「………」

八幡「あ…あ…」ガクガク

胡桃「ひ、人?だよな?」

悠里「あらあら、男の子ね」

由紀「わぁぁぁ!転校生さんだ!」

美紀「え、えと…アナタは…」

八幡「」

カラァァン

胡桃「おい、何か落としたぞ…ってアンタの武器もシャベルか」

八幡「」

悠里「ここまでたった一人で大変だったでしょ?いまお茶を淹れるわね」

由紀「わーい!転校生だ!転校生さんだ!」

美紀「えっと…とりあえず中へ…」

八幡「戸塚――!!!」

11: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:05:14.40 ID:S+eYDH5U0
学園生活部全員「え?」

八幡「戸塚…戸塚ぁぁ!!」

ダキッ

美紀「」

胡桃「っ!!?」

悠里「Wow!」

由紀「はわわわわ!?///」

八幡「戸塚…会いたかったぜ…戸塚」ギュゥゥゥ

美紀「」

由紀「はわわわわ///みーくんの彼氏!?///」

胡桃「おま、彼氏いたのかよ!」

悠里「あらあら、熱々ね」

八幡「辛い事ばっかりで人生イヤになってた。だが生きてて良かったぜ…本当に無事でよかった…」ギュゥゥ

美紀「……」プルプル

美紀「い、い…いやあああああ!!!」バッ

八幡「え」

バシッ!!

八幡「ぶべっ!?」ドサッ

美紀「ひ、人違いです!」

八幡「な、何言ってんだ戸塚。俺だ、比企谷だ」

美紀「わ、私の名前は戸塚じゃなくて…直樹美紀です!」

八幡「…………」

八幡「え?」

12: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:06:52.08 ID:S+eYDH5U0
~~~

八幡「」

八幡「……」チラッ

美紀「……」ヒキッ

美紀「……」プイッ

八幡「」

悠里「フフフ、よほど美紀さんが愛しの人にそっくりさんだったのね」

八幡「え、あ、いや…その…」キョドッ

胡桃「は、ははは…全くおかしな奴が来たもんだな」

由紀「えへへへ、すっごい光景見ちゃったね!」

悠里「はい、お茶」

八幡「う…う、うす」キョドッ

悠里「私は3年の若狭悠里。皆からはりーさんって呼ばれてるわ」

胡桃「同じく3年の恵飛須沢胡桃だ。よろしくな」

由紀「私も3年生の丈槍由紀だよ!よろしくね!えーっと…」

八幡「……あ?え、な、な、なんでしゅか」

胡桃(ぷっ、嚙んでやんの)

由紀「お名前は?」

八幡「……総武高校3年、比企谷八幡、で、です」

由紀「えへへへ、同級生だね。ヨロシクね八幡くん!」

八幡「上の名前で呼んでくれ」

由紀「えーーやだーー」

13: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:09:01.01 ID:S+eYDH5U0
八幡「……」

由紀「……?」

八幡「……」

胡桃「お前、意外と内気なのか?」

八幡「意外も何も、見たまんまだ」

悠里「そう?恋人にそっくりさんの美紀さんに、あんな熱いスキンシップをしてたのに?」

八幡「あ、いや、あれは…だから…そもそも戸塚は…」チラッ

美紀「……」プイッ

八幡「あ、あの…さっきはごめんなさい」ペコッ

美紀「……」ツーン

由紀「みーくん、もう許してあげなよー」

悠里「そうよ美紀さん。ワザとじゃないみたいなんだし」

美紀「男の人に抱きつかれたの初めてだったんですよ…先輩たちだっていきなり抱きつかれたら絶対、同じ気持ちになりますから」

美紀「……」プイッ

八幡「な、なあ…えーと…丈槍」ヒソヒソ

由紀「ん~?」

八幡「直樹って…その、女…なのか?」ヒソヒソ

由紀「うん、女の子だよ」

胡桃「お前何言ってんだ。アイツをどうみたら男に見えるんだ」

八幡「……」

八幡(女版戸塚とか…もうヤバイだろそれ!犯罪だ!)ドキドキ

胡桃「何、上向いてるんだよ」

八幡(考えるな何も考えるな。鼻血が出てしまう…!)

悠里「あら、そろそろ洗濯物も渇いたんじゃ無いかしら?」

胡桃「よし、取りに行くか」

悠里「由紀ちゃんと美紀さんは、八幡くんとお留守番しててくれる?」

由紀「はーい」

美紀「あ、私も行くんで」タタッ

ガララッ

胡桃「逃げるように去ってったな」

八幡「」

14: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:10:20.78 ID:S+eYDH5U0
八幡「……」

由紀「えへへへ~太郎丸~」スリスリ

太郎丸「クゥゥン」スリスリ

由紀「あ、泣かないで!」

八幡「……?」

由紀「八幡くん!紹介するね」

八幡「比企谷と呼べ」

由紀「えっとね、隣にいるのは巡ヶ丘高校の先生で、学園生活部の顧問の佐倉慈先生だよ。みんなから、めぐねぇって呼ばれてるんだよ~」

八幡「……は?」

由紀「ほ、ほら!比企谷くんも挨拶してお願い!めぐねぇ泣いちゃうから、ね?」

八幡「何を言ってるんだいお前は」

由紀「あわわわ!めぐねぇ泣かないで!」

八幡「お前、大丈夫か?」

由紀「めぐねぇは大丈夫じゃないよ!もう!」

15: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:11:21.75 ID:S+eYDH5U0
~~~

由紀「それじゃ、私たち制服に着替えてくるね!」

由紀「太郎丸と待っててね八幡くん」

八幡「だから上の名前で呼べと何度言ったら」

ガララッ

八幡(……)

八幡「はぁぁ…やっちまったな…」ガクッ

八幡「下手したら捕まるぞ俺。って今は警察も機能してないんだけどな」

太郎丸「わんわん!」

八幡「……」ナデナデ

八幡「はぁ…結局、アイツらじゃなかったのか…」

八幡「……」

八幡「丈槍ってやつ、随分と犬好きだったな」

八幡(あの髪色といい、性格といい、犬好きといい…どっかの誰かを思い出す)

――ヒッキー!

八幡(おっぱいは逆だけど)

八幡「アイツら無事かな…つーかここなんで電気使えるんだ」

16: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:12:30.63 ID:S+eYDH5U0
ガララッ

由紀「おっまたせー!寂しかったかな~?」

八幡「全然」ナデナデ

太郎丸「わん!」

悠里「あらあら、太郎丸に随分懐かれてるわね」

胡桃「待たせたな」

八幡「大丈夫だ」

胡桃「とりあえずよ、色々と聞きたいことが山ほどあるだが」

八幡「ああ、俺もだ」

胡桃「よし…おい由紀!めぐねぇは今、職員室にいるよな?」

由紀「え…あれ?めぐねぇがいない…」

悠里「さっき、めぐねぇが職員室に来てって言ってたわ」

由紀「そっか。行ってくるね!」ガララッ

八幡「……なあ、あれは何なんだ?」

胡桃「実は…」

~説明中~

胡桃「っと言う訳だ。多分お前は由紀の中で『転校生』として認識されてる」

八幡「……そうか。大変だったんだなお前ら」

胡桃「お互い様だ。お前はどうやってここまで来たんだ?」

八幡「……」

八幡「一言じゃ語り尽くせ無い。基本俺はボッチだが、随分前まで、一緒に旅をしていた仲間がいた」

胡桃「どんな奴らだったんだ?」

八幡「それは…」

悠里「ちょっと待ってくれる?」

胡桃「何だよりーさん」

悠里「美紀さん、いつまでも廊下にいないで入ってきなさい」

八幡「……っ」

18: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:14:55.83 ID:S+eYDH5U0
ガララッ

美紀「失礼します」

八幡「」

悠里「ほら、いつまでも拗ねてないで席に座りなさい」

美紀「え…比企谷先輩の隣ですか…」ヒキッ

胡桃「あーもう!別に襲ったりしねぇから大丈夫だよ!もし襲ったら私が峰打ちすっから心配すんな!」

八幡「」プルプル

胡桃「なあ。八幡はもう何もしねぇよな?……八幡?」

八幡「が…がががが、がったたがった」プルプル

胡桃「!?」

悠里「は、八幡くん…?」

八幡「と、戸塚が…戸塚が、戸塚が…」ボソボソ

八幡「女子制服に…ガーターベルトだと…」ボソボソ

胡桃「おま、なに言って」

八幡「うっ…!!」ボタボタ

悠里「きゃっ!!?」

胡桃「は、鼻血!?」

美紀「」ドンビキ

19: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:16:51.39 ID:S+eYDH5U0
八幡「戸塚が女子制服にガーターベルト戸塚が女子制服にガーターベルト戸塚が女子制服にガーターベルト……」ボソボソボソ

八幡「うっ…うぁぁ…」ドバドバ

胡桃「わわわ!?やばいぞこの鼻血の量!?」

美紀「」

悠里「は、八幡くんしっかり!ほらティッシュ!」ググッ

八幡「ぐっ…うああぁぁ…」

胡桃「おい!正気に戻れ!」

胡桃「アチョー!!」チョップ

ガンッ!

八幡「っ!!痛っ!!」

胡桃「ちった落ち着けこのスケベ野朗!!」

八幡「はぁ…はぁ…俺は一体…」

悠里「ああもうティッシュがあっと言う間に…いま代わりのもの出すから待ってて」

八幡「なんか…クラクラする…目まいが…」

美紀「」ササッ

ガララッ

由紀「ただいまー!めぐねぇもつれて来たよ…って、みーくんどうしたの!?なんで部屋の隅にいるの!?」

美紀「もういや…」ガクガク

八幡「ぅぅ…ああ…ヤバイ…貧血だ…」ボタボタ

由紀「はわわわ!八幡くんもどうしたの!?鼻と口周りが血だらけだよ!?」

20: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:17:36.09 ID:S+eYDH5U0
悠里「ほら八幡くん、新しいティッシュよ!」ググッ

八幡「え、て、てぃっしゅ?」ボタタタ

胡桃「まだ状況が飲み込めてないのかよ!お前、美紀に興奮して鼻血出してたんだよ!」

八幡「」

胡桃「大丈夫かお前?長旅の疲れで、頭のネジぶっ飛んでるんじゃねぇか?」

八幡「……」ボタタタ

八幡「ああ…そうかも、な。色んな事あったから疲れてるのかもな俺」ボタタタ

由紀「へー八幡くんって旅行好きなんだ!」

八幡「基本的に引き篭ってる方が好きだけどな」

八幡「……ん?」チラッ

悠里「ふう、ちょっと鼻血の量が治まってきたみたいね」ボイン

八幡「」

八幡「うっ…!!」ボタタタ

悠里「きゃっ!また血の勢いが…」ググッ

八幡(で、でかい。由比ヶ浜級…いや平塚先生級の凶器がこんな目の前に!)

21: ◆ExcbJR30iQ 2015/08/26(水) 23:19:09.89 ID:S+eYDH5U0
八幡(落ち着け!そうだ、なにか違う事を考えよう…)

八幡(戸塚が一人…戸塚が二人…)

――八幡!僕ってガーターベルト似合うかな…?///

八幡「ぐぁぁ…っ!!」ドババ

バタッ

八幡「」チーン

悠里「きゃっ!?」

由紀「はわわわ!八幡くんが倒れちゃった!?」

胡桃「おいしっかりしろ!おい!」ユサユサ

八幡「」ボタタタ

美紀「」

悠里「貧血で倒れてしまったのね…夕食は鉄分たっぷり入ってる物を作らないと」

由紀「ど、どどど、どうしよう!?」

胡桃「とりあえず布団に寝かせるぞ…ったく、飛んだスケベ野朗が来やがったぜ。なあ美紀?」

美紀「もういや…」

美紀「そんなハレンチな人!学校から追い出してください!」

29: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:46:09.93 ID:WKLqxjNq0
八幡「ん」パチッ

八幡「……??」

八幡(えっと、確か鼻血を出して途中から記憶が…そうか、気絶したのか。すげぇ気持ち悪いな俺)

八幡「それよりここは…更衣室か?布団が敷いてあるが」

八幡「……って事はここはあいつらの寝室。おいおい野朗をここに寝かせて良いのかよ」

ガララッ

由紀「あ、目が覚めたんだね!」

八幡「丈槍…」

由紀「もう、みーくんがいくら可愛いからって鼻血出しちゃだめだよ?」

八幡「みーくん?」

由紀「美紀だからみーくん!」

八幡(ああ、戸塚もどきか。っていうかもうアレは本人にしか見えん。性格は違うけど)

由紀「もう夕飯できてるから!ほら行こ!」グイグイ

八幡「ちょ、おい。腕を引っ張るな!」ドキッ

由紀「えへへへ。今日は豪華だよ~」

30: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:48:18.28 ID:WKLqxjNq0
ガララッ

由紀「みんな~八幡くんが目を覚ましたよ!」

悠里「あら、タイミングが良いわね」

胡桃「やっと目が覚めたか」

悠里「今日はカレーライスとわかめスープ、ほうれん草のおひたしよ。一杯食べてね」

八幡「ど、どうも…」

八幡「……」チラッ

美紀「」ビクッ

美紀「……」プイッ

八幡「」

由紀「それじゃいただきまーす!」

八幡「はぁ…」

悠里「さあ、食べて」

八幡「あ、はい」

~~~

八幡「ごちそうさまでした」

胡桃「はぁ、食った食った」

悠里「さてお片づけしないと」

美紀「悠里先輩、手伝います」

由紀「じゃあ私も手伝っちゃおうかな~」

悠里「フフフ、おりこうさんねゆきちゃん」ナデナデ

由紀「えへへへ」

美紀「気をつけて下さいね由紀先輩」

八幡「……」

八幡「……」ガタッ

胡桃「ん?どうした」

八幡「夕飯までご馳走になって悪いな」

悠里「フフフ、長旅のお客さんはしっかりおもてなしをしないとね」

胡桃「備蓄も沢山あるしな。お前も運が良いな」

八幡「……んじゃ、俺はここらで」

胡桃・悠里「え?」

八幡「じゃあな。襲われない様に元気に暮らせよ」

ガララ

胡桃・悠里「!?」

由紀「え、え?」

美紀「……」

31: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:49:33.63 ID:WKLqxjNq0
胡桃「おい!ちょっと待ってよ!」

八幡「……」

悠里「苦労して折角ここまできて…出て行くつもりなの!?」

八幡「捜してる奴らがいる。だからここにはいられない」

胡桃「それって美紀そっくりの戸塚って奴か?」

八幡「他にもいる。部員と妹だ。じゃあな」

悠里「え、妹?」ビクッ

胡桃「部員…」ビクッ

八幡「……」テクテク

胡桃「……っておい待て!りーさん!追いかけるぞ!」

悠里「……」

胡桃「りーさん!聞いてるのかよ!」ダダッ

悠里「あ、ご、ごめんなさい」ダダッ

~~~

胡桃「待てっておい!」

悠里「八幡君、一先ず落ち着いて話を聞いてね?」ガシッ

グググッ

八幡「!?」

八幡(な、なんだこの握力!?若狭の奴、おっとりしてそうで力強すぎだろ…体が前に動かねぇ…!)

悠里「…もう外は真っ暗よ。今晩は泊まって行きなさい」

32: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:51:53.46 ID:WKLqxjNq0
八幡「頼む、離してくれ」

悠里「それなら泊まって行きなさい。外は危ないわ」

八幡「その危険な境遇を俺はずっと一人で生きてきたんだ。今更怖いなんて言ってられん」

胡桃「明日は我が身かも知れないだろ」

八幡「……その時は、所詮その程度の人生だったって事で諦める」

胡桃「お前…どうしてそこまでして…」

八幡「お前らには関係ない事だ」

八幡「ん?」

由紀「……」シュバッ

八幡「おい丈槍、邪魔だ」

由紀「……」

由紀「でぃーふぇんす!でぃーふぇんす!」

胡桃・悠里「!?」

八幡「は?」

由紀「でぃーふぇんす!でぃーふぇんす!」ピョコピョコ

胡桃・悠里「……」

胡桃・悠里「ディーフェンス!ディーフェンス!」シュバッ

ゆき「でぃーふぇんす!でぃーふぇんす!」ピョコピョコ

胡桃・悠里「ディーフェンス!ディーフェンス!」ピョコピョコ

八幡「」

八幡「お前らスラムダンクの読みすぎだ」

由紀「八幡君!せっかくお友達になれたのに学校やめちゃうなんてイヤだよ!」

八幡「と、友達…」ドキッ

八幡(てかこいつの脳内では俺が転校初日から退学未遂って事で認識されてるのか)

八幡「だれが友達だ」プイッ

由紀「あ、ひっどーい!」プクッ

八幡(会って初日から友達として認識されたのは初めてだ…奉仕部の奴らですら親密になるのに、それなりに時間を費やしたというのに)

33: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:54:21.12 ID:WKLqxjNq0
由紀「ねぇ、八幡君も学園生活部に入部しよ!」

八幡「俺が学園生活部に…?」

八幡「……」

八幡「俺の居場所は学園生活部じゃなくて…」

八幡「……」

胡桃「提案がある」

八幡「ん?」

胡桃「しばらく巡ヶ丘付近を探索するんだよな?」

八幡「ああ」

胡桃「なら、巡ヶ丘高校を拠点にするってのはどうだ?」

八幡「ここを拠点に…」

悠里「それは良い考えね」

胡桃「探索は昼間。夕方になったらここに戻ってくる。ここなら衣食住の不自由ないぜ」

胡桃「どうだ?」

八幡「……だとしても、いずれはここを出る事になるが」

胡桃「それを言ったらあたし達だって、いつまでもここにいる訳じゃない」

悠里「……そうね。いつかは卒業するものね」

悠里「ただ、ここにいる間に捜している人が全員見付かれば、問題は解決するでしょ?」

八幡「……」

八幡(率直な気持ちを述べると、嬉しさ3割の戸惑い7割といった所だ)

八幡(いままで初対面で、俺をここまで歓迎してくれた奴は過去にいただろうか)

34: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:55:43.62 ID:WKLqxjNq0
(回想)

平塚「ここのショッピングモールに生存者がいて助かったな」

材木座「うむ、実にありがたい。我は危うく飢え死にするところだったぞ!」

八幡「一食抜いただけで大げさなんだよお前は」

八幡「……」

~数日後~

モブ1「なあ…あのデブと目つき悪い奴さ…」ヒソヒソ

モブ2「ああ、なんかね…平塚さんは良い人だけど」ヒソヒソ

モブ3「出て行かないかな…食料だって無限じゃないし」ヒソヒソ


材木座「は、八幡…どうやら我とお主、あまり良い目で見られてないようだ」

八幡「ああ。本当、世知辛いな世の中だな。こっちから距離を置いてやってるのによ」

平塚「……ここは君達にとって、いずらい場所だったようだな」

八幡「……」

平塚「ここのショッピングモールを拠点として、ここらの地域を探索したが、結局彼女たちは見付からなかった」

平塚「どうする?そろそろ次の地域を探索するか?それともここで留まるか」

八幡「……いきましょう。ここにいても避難してる人に迷惑かかるし」

~~~~

八幡「俺はここに残らない方が良い」

由紀「えーー!」

胡桃「なあお前、どうしてそんなに人と距離を置きたがるんだ?美紀にはベタ付いた癖に」

八幡「前に言ったろ。俺は基本ボッチなんだ。根っからの嫌われ者体質で人から必要とされないんだよ。だから俺自身も群れる事はしない」

悠里「……今まではそうだったかもしれない。でもここは違うわ」

胡桃「それともお前には、あたし達がそんな薄情に見えるのか?」

八幡「い、いや、そういう訳では」

由紀「八幡君!学園生活部に入って、いっぱい思い出作ろうよ!」

35: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 18:56:56.96 ID:WKLqxjNq0
八幡「……」

八幡「分かった。しばらくの間、ここで世話になる」

由紀「やったー!!新しい部員だ!」

胡桃「あ、でもイベントとかには参加しろよな」

八幡「イベント?ああさっき言ってた、最悪な現実を逃避するためのお楽しみ会の事か」

由紀「八幡君の中では学校生活は最悪なの!?」

八幡(まあ実際、高1までは最悪だったしな。現在だってパンデミック状態で勿論最悪だ。学校生活すら送ってないし)

悠里「そのお楽しみ会こそ、私たちの生きがいよ」

胡桃「でも八幡は日中はいないから、これからイベント行事は夕方以降だな」

由紀「えへへへ、また肝試しとかやりたいね!」

八幡(リアル肝試しなら毎日やってるがな)

36: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:00:58.75 ID:WKLqxjNq0
【部室】

悠里「コーヒーどうぞ」

胡桃「サンキュ」

由紀「わーい!」

悠里「八幡くんもどうぞ」

八幡「あ、どうも」ドキッ

由紀「あれ、みーくんは?」

胡桃「もう寝たんじゃねぇの?」

由紀「ふーん。よーし!」ゴクゴク

由紀「げほげほ!あ、熱い~」

悠里「あらあら大変。ゆっくり飲まないとダメよ。ほらハンカチで口元ふかないと」フキフキ

由紀「あぅぅ…ごみぃ」

由紀「りーさんコーヒーありがとう!私もう寝るね、おやすみなさ~い」

ガララッ

胡桃「せっかちな奴だな」

八幡「……」ジーッ

八幡(学園生活部とやらに形だけ入ったが…だが油断はできん)

八幡(特に若狭。あの周囲に対する世話好きはハッキリ言って異常だ。俺に対して出すらあの献身ぶりだ)

八幡(だが俺は小学校から現在にいたるまで、ああいう上っ面の良い女は散々見てきた)

八幡(特に男受けよく演技する女を見破る眼は伊達じゃない)

八幡(中学時代なら間違いなく惚れてたが、俺の人間観察力を舐めるなよ)ジーッ

悠里「明日はどんな事する?」

胡桃「そうだな…」

八幡(……)

八幡(何だろう。一色の様なあざとさは感じられないし)

八幡(あの雪ノ下の姉・陽乃さんのような強化外骨格も、その中にあるドス黒さも無い)

八幡(どちらかと言うと城廻先輩に似ている…しかしどことなく雪ノ下にも似てる。毒舌と胸意外。うん、わからん。未知の生物だ)

八幡(……あれ?俺の一級鑑定はどこに?)

37: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:01:49.01 ID:WKLqxjNq0
悠里「…?どうしたの八幡君?」

八幡「え」

胡桃「お前なにさっきからりーさんの事ガン見してんだよ。気持ち悪いぞ」

八幡「」

悠里「あらやだ。照れちゃうじゃない。フフフ」

胡桃「お前まさか、りーさんに浮気とか考えてないだろうな」

八幡「な、ななな、何を言ってやがる!俺は戸塚一筋だ!!」

八幡(恋人じゃないけど)

胡桃「それじゃ美紀に浮気はありえるのか?」

八幡「さ、ささ、さあな」

悠里「フフフ、動揺してるわよ?」

八幡(非常に悩む。究極の選択だ)

~部室前~

美紀「……」

美紀(コーヒー飲みに来たけどやっぱりやめよう…あの人いるし)

38: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:04:35.20 ID:WKLqxjNq0
胡桃「なあ…ちょっと聞きづらい事だが良いか?」

八幡「ああ」

胡桃「一緒に旅をしていた仲間がいたって言ってたよな?その仲間ってのは…」

八幡「……」

八幡「一匹と二人だ。俺のペットと、腐れ縁…あと美人なのに結婚できない部活の顧問」

八幡「ペットと腐れ縁の奴は数ヶ月前に…それからは先生と二人だったが…1ヵ月前に力尽きた」

胡桃「じゃあそれからは一人で?」

八幡「ああ」

胡桃「……そうか」

悠里「……」

八幡「んじゃ、俺はもう寝るわ」

悠里「待って」

八幡「?」

悠里「そのまま席に座ってて」ギュッギュッ

八幡「っ!?おい、何だよいきなり…人の肩を揉み解して…」

悠里「ずっと辛かったでしょ?」ギュギュッ

悠里「大切な人を失って、こんな恐ろしい状況の中、一人で旅して…」ブルブル

八幡「…っ」ビクッ

悠里「私がアナタの立場だったら…そんな苦痛、とてもじゃないけど耐えられないわ」ガクガク

八幡(彼女の手が震えてるのが触れている肩から伝った)

八幡(手だけじゃない。声も震えていた)

八幡「止めろ。同情はいらん…でも、ありがとう」

悠里「……」ガタガタ

胡桃「りーさん…」

八幡(彼女は単に俺に同情してるだけじゃない)

八幡(怖いのだ。いつか油断したら、自分もそうなるのではと)

八幡(俺はまだ彼女達と出会って間もない。全てを知ってるわけじゃないが)

八幡(恐らく彼女の母性本能は天性の物だ。だがこの異常事態ではその母性本能も自身の精神的防衛の手段となっている)

八幡(……自身の心が壊れないように努めてるのだ)

悠里「これからは私たちが付いてるから…もう大丈夫よ…」ギュギュッ

八幡「あ、あの…もう充分に肩が解れたから、大丈夫だ」

悠里「そう?それなら寝る前にシャワーを浴びると良いわ」

八幡「シャワーまであるのかよここは!?」

39: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:05:37.64 ID:WKLqxjNq0
由紀「ねー。みーくんどこ?」ガラッ

胡桃「あれ、寝てたんじゃ」

由紀「みーくん寝てなかったよ」

悠里「え…まさか…」

胡桃「あ」

~シャワー室~

八幡「……」ガチャッ

サァァァァ…

八幡「それにしてもここは備蓄といい、設備といい、色々揃いすぎてないか」

八幡「電気が付くという事は…まあ恐らく太陽光パネルでもあるんだろうけど」

サァァァァ…

八幡「……」

八幡「ってあれ、誰か入ってる!?」

ガチャッ

美紀「ふぅぅ…さっぱりした…」

美紀「ん?」

八幡「」

美紀「」

八幡(ば、バスタオル姿…だと…)

八幡「ぅぅ…!」ブブッ

八幡(いかん…また鼻血が…と、止まらん。そしてたまらん)ボタタタ

美紀「」

美紀「い、い…いやああああ!!!」

バシッ

八幡「ぶべ…っ!!」ドサッ

ガチャッ

胡桃「おい八幡!まだシャワー室に入るな…って遅かったか」

悠里「ご、ごめんなさい二人とも…私の不注意で」

八幡「」ボタボタ

40: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:06:17.70 ID:WKLqxjNq0
【次の日・部室】

八幡「昨日はごめんなさい」

美紀「……」ツーン

悠里「あ、あのね美紀さん。八幡君にシャワー浴びるように促したのは私だから、その…どうか攻めてないであげて、ね?」

美紀「はぁぁ…もう。今までと違って女子だけじゃ無くなったんですから。気をつけて下さい」

悠里「ええ、気をつけるわ…」ショボン

由紀「まあまあみーくん、ほら今日のスパゲッティ美味しいよ!」

美紀「そうですね、とりあえず食べないと…」モグモグ

美紀「美味しい…」キラキラキラ

由紀「おお…」

八幡「おお…」ドキッ

美紀「……見ないで下さい。気持ち悪いです」ヒキッ

八幡「」

由紀「あぅぅ…」ショボン

胡桃「今のは多分、由紀に対して言った訳じゃないと思うぞ」

41: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:08:09.86 ID:WKLqxjNq0
由紀「じゃあね八幡君!みんな!またお昼休みと放課後ね!」

悠里「行ってらっしゃい」

美紀「それじゃ、屋上に行きますか」

悠里「そうね」

八幡「屋上に何かあるのか?」

悠里「屋上で野菜を栽培してるのよ」

八幡「野菜を菜園できるスペースまであるのか。本当なんでも揃ってるなここは」

悠里「ええ、それに私は元々園芸部だから、野菜は前から育ててるのよ」

八幡「へー」

悠里「八幡君も良かったらどう?」

八幡「……」

八幡「いや、園芸の手伝いはまた後にする」

八幡「部員と妹と戸塚を捜さないと」

悠里「……そう。無理はしないでね」

八幡「ああ」

胡桃「……」

胡桃「……ちょっと待て」

八幡「あ?」

胡桃「一人じゃ大変だろ?」

八幡「大変なのは慣れてる。俺はずっと一人だったしな」

胡桃「んじゃ、あたしも手伝ってやるよ。人探し」

八幡「は?」

胡桃「さて、行くか」

八幡「ちょっと待て。お前は来なくて良いだろ」

悠里「胡桃…」

胡桃「そんな顔すんなよりーさん。大丈夫だ」

悠里「でもリスクが…」

胡桃「八幡と人捜しをしてれば、戦利品を手に入れることだって出来るかもしれないだろ?」

悠里「まあバリケードもあるしコッチは大丈夫だけど……」

悠里「……無理しないでね」

美紀「……」

42: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/02(水) 19:09:19.98 ID:WKLqxjNq0
【校門前】

胡桃「結構、闘い慣れてるな。やるじゃん」

八幡「顧問が女性とは思えない位、物凄く強かったからな。背中を見ているうちに闘うコツを掴んだ」

胡桃「そんなすげぇ人でも生き残れなかったのか…」

八幡「奴らに囲まれ、俺を庇って力尽きた」

胡桃「……すまん」

八幡「気にすんな。んで俺は原付バイクに乗るが。お前はどうする?」

胡桃「うーん、めぐねぇの車があるけど、あれは全員で出かける時の為にとって置きたいし…」

八幡「仕方ない。お前に歩調合せるから超低速で走るか…」

胡桃「なあ、この辺に動かせそうな原付バイクあるか?」

八幡「その辺に転がってると思うぞ」

胡桃「ふーん」

八幡「よし、行くか」

ブロロロロ…

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/09/02(水) 21:09:19.47 ID:HNWnGSF+0
no title

60: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:42:37.89 ID:oyt7JmsK0
八幡「……」ガサッ

胡桃「なんだそれ。巡ヶ丘の地図か?」

八幡「ああ。探索し終えたらマーカーペンでチェックする」

八幡「よし。今日はここからを探索するか」

胡桃「ホームセンターか。ここはデカイし避難者もいそうだな」

【ホームセンター】

胡桃「おぉぉぉ!!シャベルが沢山ある!!」キラキラキラ

八幡「そんなに興奮する事か?」

胡桃「色んなのあるな!長いのから短い物まで」ガサガサ

ぅぅ…あ“あ”あ“…

胡桃「っ!!」ビクッ

八幡「来たな…」カチャッ

胡桃「よし、さっそくこの長いシャベルの性能を確かめてみるか!」

胡桃「おらっ!」ブンッ

ゴシャッ

八幡(まずは腹を勢いよく蹴って、壁に追い詰めて)ゲシッ

う“う”っ

八幡(腐った口元にめがけて、力を込めて一気に突く)

ゴシャァァ!

胡桃「おお、一撃で仕留めた…そんな闘い方もあるのか」

八幡「顧問の直伝はまだまだこんな物じゃない」

61: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:44:30.15 ID:oyt7JmsK0
胡桃「やっぱお前強いな。今まで汚れ仕事はあたしがメインでやってたから、助かるよ」

八幡「まあ、汚れ仕事は昔から慣れてるんでな。色んな意味で」

胡桃「お前の顧問の先生とやらに会ってみたかったな。あたしより強いんだろ?」

八幡「力尽きるまでは本当に無敵だった」

胡桃「マジかよ。一体どんな人だったんだ」

八幡「そうだな…恵飛須沢に少し似てた」

胡桃「あたしに?」

八幡「女っぽくなくて、おやじっぽくて男勝りで強いところとか」

胡桃「女っぽくなくて悪かったな!」

八幡「でも優しくて、頼もしくて、キレイな人だった。俺に居場所を提供してくれた恩人だ」

八幡「趣味も合うし10年早く会ってたら惚れてたかもな」

胡桃「そ、そうか。キレイなのか」ドキッ

八幡(別にお前をキレイだなんて言ってないだろ。赤面するな。勘違いするだろ)

八幡(でもまあ、恵飛須沢もぱっと見は可愛らしい少女ではあるな」

胡桃「え」

八幡「あ、やべ声に出て……聞こえたか?」

胡桃「うん」

八幡「えっと、その、変な事言ってすまん」

胡桃「べ、別に気にしてないから平気だ」

八幡「……」

胡桃「でも話を聞く限りじゃその人、相当モテたんだろうな。あたしはそんなモテないし…」

八幡「ああそれがな。実は顧問は、なぜか男運が全く無い人でな。婚活の失敗ばかりしてて」

胡桃「」

八幡「どうした?」

胡桃「やっぱ似てるかもな…あたしも、その、男運がなくて」

八幡「まだ高校生だろ。そんな事を言うのは早いんじゃねぇの」

胡桃「いやそうじゃないんだ。実は…あたし…このシャベルで…」

62: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:45:21.83 ID:oyt7JmsK0
~~~~

胡桃「…っという訳だ」

八幡「……そうか」

胡桃「もう先輩は二度と戻ってこない。付き合いは長かったけど、あの人と結ばれる事は、もう二度と無いんだ」

胡桃「……」グスッ

胡桃「お前にも会わせてやりたかったよ先輩」

八幡「そうか。だが悪いが、その先輩とやらが俺を慕うかは自信がない」

八幡(しかも話を聞く限り葉山みたいな姿を想像する。実際どんな奴なのか知らんが)

胡桃「大丈夫だ、先輩は優しくて爽やかでカッコいいからな。ボッチだったお前だって受け入れてくれる様な人なんだ!」

八幡「何故かその話を聞いてますます不安になる」

胡桃「なんでだよ!?いいか、先輩は素敵な人なんだ!だから大丈夫だ……もういないけど」グスッ

胡桃「……」

八幡「……まあ、よく今日まで持ちこたえたな」

胡桃「みんなのおかげだ。特に由紀。アイツがいなかったら気が狂ってたかもな」

63: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:48:05.46 ID:oyt7JmsK0
八幡「丈槍か」

胡桃「由紀とはパンデミックになってから知りあったんだが」

胡桃「アイツがいるおかげで、みんなが笑顔でいられる。もっと早く出会いたかったよ」

八幡「それじゃ元は知り合いじゃなかったのか」

八幡(俺が奉仕部に入ったときの状況と少し似てるな。奇妙な出会い方というか)

胡桃「りーさんとは元から知り合いだったけど、美紀と由紀は元々関りなかった」

八幡「そうか。まあアイツはムードメーカーって感じだもんな。明るいし友達も元々多かったんだろうな」

胡桃「うーん」

八幡「どうした?」

胡桃「そう思うんだけどさ。でも由紀ほどの変わり者ならさ、本当はもっと目立っても良いハズなんだよな。例えばこう…周りに沢山人がいるとか」

八幡「違うクラスから見ても、丈槍は目立っててもおかしくない存在って事か?」

胡桃「ああ。だけどあの屋上で助けられるまでは、全然、由紀のこと知らなかったしさ」

胡桃「だから以前の由紀が、どんな生活を送ってたのか分からないんだ…しかもあんな状態だから過去の事も聞けないし」

八幡「……」

八幡「俺が捜している部員で、丈槍に似てる奴がいる」

胡桃「由紀に?」

八幡「ああ。あそこまでガキっぽくないが」

八幡「由比ヶ浜って奴で…髪の色も、犬好きな所も、優しくて明るいところもそっくりでな」

胡桃「へー!」

八幡「人気者だったしな。だから丈槍も、友達はいたんじゃねぇの?」

八幡(恵飛須沢の話を聞く限り、不安要素が無い訳じゃないが)

八幡「ただ一箇所だけ、決定的に違う部分があるが」

胡桃「決定的に?なんだそりゃ」

八幡「いつか会う機会があれば分かると思う」

胡桃「ふーん。そっか、会ってみたいな由比ヶ浜って奴」

64: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:49:33.56 ID:oyt7JmsK0
八幡「結局、ここにもいなかったか…」

八幡「だが缶詰はかなり手に入ったな」

胡桃「ああ、大和煮もあったし。食料が増えて良かったよ」

八幡「んじゃ次は…となりの店にでも寄るか」

【バイク店】

胡桃「おお!ちょうどバイク欲しかったんだ!ラッキー!」

八幡「原付ならそこらに転がってたじゃねぇか」

胡桃「いやいや!せっかくだし新品を拝借しないと」

八幡「……俺も原付には慣れたし、そろそろ大きいのに乗り換えようかな」

胡桃「よーし!あたしはこれに乗るぞ!」

八幡「おいおい。いきなり400CCは危ないぞ」

胡桃「大丈夫だ!めぐねぇの車とゲームで運転は鍛えられてる!」

八幡「全然大丈夫じゃねぇよ」

胡桃「八幡はどれにするんだ?」

八幡「おれは…ビッグスクーターあたりでも乗ろうか」

胡桃「えーお前は原付で慣らしたんだろ?ハーレーとかにしろよ!」

八幡「俺に不釣合いなもの提示するな。それとお前は前面にガードが付いたスクーターとかにしろ」

胡桃「いーや!女は度胸だ!400CCのアメリカンバイクで行く!」

八幡「男は度胸の間違いだろ」

65: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:50:26.58 ID:oyt7JmsK0
【ガソリンスタンド】

八幡「よし、給油オッケーだ」

胡桃「あーあ。アメリカンバイク乗りたかった」

八幡「死んだら元も子もないだろう」

胡桃「大丈夫だ!あたしの運転センスを舐めるなよ!」

八幡「どうだか…」

胡桃「今日はもう探索は終わりか?」

八幡「ああ、暗くなってきたしな」

胡桃「よし!学校まで競争だ!」ブロロロ

八幡「あ、おい待て」ブロロロ

胡桃「おお!すっげ!!」

八幡「いきなり飛ばしすぎだ!死ぬぞ!」

胡桃「おっと危ねぇ」ササッ

ギュルルルルル!!

八幡「っ!?あのスピードで瞬時に、軽やかにカーブしやがった…!」

66: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:51:37.63 ID:oyt7JmsK0
【部室】

ブロロロロ!!!

悠里「外からなにか凄い音がするわね…」

美紀「あ、あれは先輩達!?」

由紀「わぁぁ!くるみちゃんもバイク乗ってる!」

~~~~

キキィィィィィ!!

胡桃「へへへ、いっちばーん!」

八幡「お前、すげぇぇな…」

八幡(あのスピード違反の速さで事故らないとは。いくらゾンビしかいないとはいえ、運転の才能があるのは確かの様だな)

ぅぅ…あああ…

胡桃「おっと。来たな」ササッ

八幡「まあアレだけ爆走してれば音が響くわな」

八幡「んじゃ、裏門から行くとするか…」

胡桃「突撃!!!」

八幡「おい正面からは危ねぇよ」

胡桃「お前もいるから大丈夫だろ!」

八幡「少しはリスクを回避しろ」

67: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:52:26.70 ID:oyt7JmsK0
【部室】

胡桃「たっだいまー!」

八幡「うす」

悠里「お帰り」

美紀「随分と派手な演出で帰ってきましたね」

由紀「くるみちゃんカッコよかった!」

胡桃「へへーん!まあな。ほら戦利品」

由紀「わぁぁ!大和煮がいっぱい~!」キラキラ

悠里「八幡くん大丈夫?疲れきってるわよ」

八幡「おい若狭。あいつの暴走癖はどうにかならんのか」

悠里「ああ胡桃はね…結構無茶する所あるから」

悠里「それより、やっぱり見付からなかったの?」

八幡「ああ。まあそう簡単には見付からんわな」

68: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:54:44.68 ID:oyt7JmsK0
【次の日・部室】

八幡「見回り終わったから、俺はそろそろ探索に向かうわ」

悠里「そう。今日も気をつけてね」

胡桃「よっしゃ、今日も頑張るか」

八幡「え、今日も来るの?」

胡桃「当たり前だろ」

八幡「……はぁぁ。精々、足手まといになるなよ」

胡桃「なにー!今日はお前の10倍はアイツら狩ってやるからな!」

八幡「狩る言うな」テクテク

胡桃「んじゃいってきまーす!」

ガラララッ

悠里「私達も菜園に向かいましょう」

美紀「……」

悠里「美紀さん?」

美紀「どうして胡桃先輩はあんな人に付いていけるんですかね。理解できません」

悠里「やっぱりまだ根にもってるの?」

美紀「抱き付かれた上に、いちいち私をみて鼻血なんて出されたら普通はイヤになります」

美紀「昨日も私のパジャマ姿みて鼻血出してたし!」

~回想・寝室にて~

八幡「う“っ!!!」ブバッ

八幡(なんだあれ…丈の長い上着しか着てないじゃねぇか…ズボンはどうしたズボンは!?もう少しでパンツ見えるぞ!!)ドババッ

八幡「うぅ…ぁぁ…血が…」ドバドバ

八幡(直樹の生足…いや戸塚の生足…あれ?逆?)

美紀「」ドンビキ

胡桃「またかよ!いい加減にしろ!」

由紀「はわわわわ!八幡くんが!た、たいへんだー!」

悠里「ティ、ティッシュ!早くティッシュを!」

~~~

美紀「あの人は最低です!」プンスカ

悠里「まあ抱きつかれたのはともかく…それだけ、美紀さんが魅力的だったって事じゃないの?」

69: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:55:59.47 ID:oyt7JmsK0
【とある教室】

由紀「ん?」

由紀「先生、ちょっとごみん」タタッ

由紀「あーー!八幡君とくるみちゃん!授業さぼっちゃだめだよ!」ガララッ

だいじょうぶだー!これは体育の授業なんだよ!

由紀「あ、そうなんだ」

ブロロロロ!!

由紀「っ!?バイクを動かしてるーー!!」

由紀「くるみちゃん!八幡くん!いくら私でもだまされないぞー!早く教室もどりなよー!」

由紀「あ、行っちゃった…」

由紀「……」

由紀「あ、先生ごみーん」

由紀「はぁぁ」

70: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:57:59.10 ID:oyt7JmsK0
【数日後の夜・部室】

胡桃「なあ!あたしも、そろそろハーレー乗れるんじゃないか?」

八幡「バカも休み休み言え」

由紀「胡桃ちゃんがバイクで帰ってくるとき、凄くカッコ良かったよ!」キラキラキラ

胡桃「へへへ、だろ?」

由紀「でも授業サボるのはダメだよ!」

胡桃「さ、さぼってねぇーよ!あれは授業なんだ!」

悠里「でもバイクは危ないわ…原付だって本当は教習所に行かなきゃいけないのに。まして中型や大型なんて高校生は本来乗れないし」

胡桃「これでもビッグスクーターはだいぶ慣れたんだぞ。もう良いだろう!」

八幡「確かにお前の運転センスは脱帽するが、危ないのは事実だ。あとスピード出しすぎだ」

胡桃「ゲームとは全然、面白さが違うもんだからついアドレナリンが…」

胡桃「それより明日はドコへ行くんだ?」

八幡「そうだな…駅前あたりとかを探索しようかと」

胡桃「よっしゃ!」

由紀「……」ジーッ

胡桃「ん?どうした由紀。今日の戦利品のコンビーフは上手くないのか?」

由紀「なんか最近くるみちゃん!八幡くんにベッタリしすぎ!」プンスカ

胡桃「は、はあ?」ドキッ

由紀「もっと私の相手してよね~!じゃないとみーくんに浮気しちゃうぞ~!」ギュゥゥ

美紀「先輩へんな事言わないで下さい。あ、あと暑苦しいです」

胡桃「あたしがいつお前と恋人になった!全く…」

悠里「でも確かに、いつも一緒よね」ニコッ

八幡「べ、別に恵飛須沢とはそんなんじゃねぇよ…」ドキッ

胡桃「そ、そうだ!ただ八幡を一人で探索させるのも酷だし、あたしも一応闘えるから…それに戦利品だって確保できるし!」

胡桃「とにかく変な関係とかじゃないからな!大体こんなスケベ野朗だれが…それに八幡には戸塚が…」ブツブツ

八幡「だれがスケベ野朗だ」

美紀「先輩意外いないと思いますが?」

八幡「」ゾクゾク

八幡(あれ、直樹に…じゃなくて戸塚に罵倒されるのも悪くないな、むしろ…あれおかしい、雪ノ下に罵倒された時はこんな感覚無かったのに…いや、でもあれは戸塚であって戸塚じゃない…あれ、頭がクラクラしてきた)ブツブツ

美紀「」ヒキッ

71: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 20:59:00.73 ID:oyt7JmsK0
【駅前にて】

八幡「なあ、ゲームは好きなんだよな」

胡桃「ああ。前までは結構やってたよ」

八幡「んじゃ、ゲーム機とカセットを幾つか持ってくか」

胡桃「そういえば学校にゲーム機は無かったな。当たり前だけど」

八幡「これで皆でゲームもできて、丈槍からの嫉妬と不満、それと俺たちの誤解も少しは解消されるだろ」

胡桃「そうだな」

八幡「俺は液晶ディスプレイを確保してくるから、好きなカセット選んでろ」タタッ

胡桃「ああ」

八幡「この辺はもう奴らを駆除したから大丈夫だと思うが、もしもの時は無理すんなよ」

胡桃「分かってるよ。そっちも無理しないで逃げろよ」

八幡「んじゃ行ってくる」タタッ

胡桃「どれにしようかな…」ガサゴソ

胡桃「……」

72: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:00:35.18 ID:oyt7JmsK0
胡桃(そうだ、アタシが好きだった先輩と八幡は全然タイプが違う)

胡桃(あたしは先輩意外は考えられない)

胡桃(あんな根暗で捻くれてないし、目つきも悪くないし、負のオーラもないし)

胡桃「………」

胡桃(……でもアイツ、意外と顔自体は整ってるだよなぁ)

胡桃(何だかんだ言って頼りになるし、優しいし)

胡桃(何よりこんな危険な状況なのに、妹とか部員とかを必死に捜してるし…)

胡桃(美紀そっくりの素敵な恋人がいるのも頷けるな)

胡桃(結婚したら、その人はきっと幸せだろうな)

胡桃「……」

胡桃(アイツ、将来の夢は何だろ)

胡桃(あたしは将来はお嫁さんになりたいけど…アイツは何になりたいんだろ。捻くれてるし、凄い馬鹿げた回答が返ってきそうだけど)

胡桃「……」ボーッ

73: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:01:58.94 ID:oyt7JmsK0
八幡「おい」

胡桃「わわぁぁ!?ビックリした!」

八幡「小さいなディスプレイを手に入れたが、これで良いよな?」

胡桃「え、ああいいじゃね?」

八幡「さて、そろそろ上の階を見回るか」

胡桃「……なあ」

八幡「ん?」

胡桃「お前って何かスポーツやってたのか?」

八幡「全然」

胡桃「そのわりには運動神経良いな」

八幡「小学校の頃、一人で野球とかサッカー、テニスはやってたしな」

胡桃「一人で出来るのかよ!?」

八幡「ほら壁当てとか。あとキャッチャーフライなら一人でバッティングと守備を両方できる」

胡桃「ああ…まあ、うん」

八幡「後は妹とよく卓球やってた」

胡桃「お前、本当に妹想いなんだな」

八幡「なんてったって戸塚と妹は俺の全てだからな」

胡桃「お前シスコンかよ…」ヒキッ

八幡「違う、俺は妹を大事に思ってるだけだ」

胡桃「……」

胡桃「もし…さ」

八幡「?」

胡桃「パンデミックの問題とか、全部解決して…また学校に通えるようになったら…さ」

八幡「おう」

胡桃「お前が所属してる部活とやらに、戻るのか?」

八幡「わからん。そもそも通う学校が総武高校とは限らんしな。同じ部活を続けられるとも限らん」

胡桃「もし」

八幡「?」

胡桃「一緒の学校に通えたら…陸上やらないか」

74: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:03:49.30 ID:oyt7JmsK0
八幡「え」

胡桃「りーさんや美紀も誘いたいが、たぶん園芸部とかの文化部に入るだろ」

胡桃「だから由紀を誘うと思うんだ。そしてお前も入れよ」

八幡「断る」

胡桃「ちょ、なんでだよ!」

八幡「面倒だ」

胡桃「お前、運動神経良いのに勿体無いぞ!」

八幡「前も言ったろ。嫌われやすい性質なんだよ。男からは軽んじられ、女からはゴキブリみたいな目で見られるに決まってる。そんな目に合うくらいなら入らん」

八幡「中学の頃に俺は、リレーのバトンを渡す時に女子からドンビキされた位だ。はははは、陸上なんてやらないほうが良い」ケラケラ

胡桃「もしそんな酷い事するやつらがいるなら!あたしが許さん!!!」

八幡「………っ」ドキッ

胡桃「あ、悪い怒鳴って」

八幡「……大丈夫だ。それより上の階に到着した訳だが」

ぅぅ…あ“あ”あ“…

胡桃「っ!!来たか…」

八幡「気を抜くなよ」

胡桃「そっちもな!」

八幡「……」

75: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:05:27.77 ID:oyt7JmsK0
【コンビニ】

胡桃「さっきはお疲れ。それじゃ昼飯を食うか!」

八幡「あーしんどかった。さっきは数が多かったな」

胡桃「小さいとはいえ、リュックにテレビが入ってるから余計大変だろ」

八幡「ああ、重い」

胡桃「ん?これは…」

八幡「どうした」

胡桃「風船だ!」

八幡「風船?」

胡桃「ああ、八幡がうちの学校に訪れるその日、学園生活部で手紙を書いて、風船と鳩を使って外に送ったんだ」

八幡「風船に伝書鳩…あれはそういう意味だったのか」

胡桃「え、まさか見たのか!?」

八幡「ああ、なんか建物から風船と鳩が飛んできたから…あれを目印に、学校まで辿り着いた」

胡桃「そうだったのか…!やっぱ由紀の勘と発想はすげぇな…」

胡桃「風船とアルノー鳩錦二世にはよくよく感謝しろよ!」

八幡「なんだその変な名前。つーか1世いるのかよ」

胡桃「まあとにかく、風船が役になったのは事実だ」

胡桃「今回も風船を持ち帰るとするか!」ススッ

八幡「まあ俺が学校に辿り着いた様に、また何かに役立つかもな」ススッ

八幡「……」

八幡(風船に感謝する日がくるとはな)

76: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:06:33.04 ID:oyt7JmsK0
【学校・夜の部室】

由紀「八幡くん!くるみちゃん!ゲーム機ありがとう!」キラキラキラ

胡桃「おう。へへ、早速やるぞ!」

由紀「えへへへ」

八幡「おい恵飛須沢。まだ戦利品あっただろ」

胡桃「あ、そうだ…忘れてた…」ゴソゴソ

胡桃「じゃじゃーん」ススッ

由紀「あ、風船!」

八幡「コンビニで見つけた」

由紀「わぁぁぁ」キラキラ

悠里「またいつか、風船お手紙を送りたいわね」

美紀「そうですね…いつかとは言わず、何度でも…」

美紀(圭にも届くように……)

八幡「……?」

八幡(物憂げな表情。彼女にも何か抱えてる物があるのだろうか)

美紀「……あんまりジロジロ見ないで下さい」プイッ

八幡「すまん」ゾクゾク

悠里「あらあら、鼻の下が伸びてるわよ」

胡桃「ドMか!」

由紀「ねぇねぇ、早くマリオテニスやろう!」

八幡「お、テニスが先か。良いだろう。俺のテレサには勝てまい」

胡桃「いいや、わたしのディディーには勝てないぜ!」

由紀「私のパタパタが一番だよ!」

悠里「ピーチとクッパ、どちらを使おうかしら…美紀さんは何を使う?」

美紀「……マリオです」

77: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:07:40.72 ID:oyt7JmsK0
【寝室】

八幡「……」

八幡(ドアの前で俺は寝てるが…未だになれん。すぐ近くに女子がいるこの状況…)ドキドキ

八幡(さっきも直樹を見て鼻血を出してしまった。今日からズボンを穿く様になったが、先日の生足を思い出してしまった…う、また鼻血が…)ボタタ

由紀「良いこと思いついた!!」

八幡「いっ!」

美紀「もう…なんですか。騒々しいですよ」

悠里「どうしたの由紀ちゃん?」

由紀「とっても素敵な事!」

胡桃「はいはい、何ですか…ってあれ、デジャブ?」

八幡「……で、なんだよ。こんな夜中に」

由紀「えーっとね、それでね、んーとね」

由紀「あとは明日のお楽しみ!」

胡桃「アチョー!!」チョップ

由紀「いったーーい!」

胡桃「同じシチュエーション再現させるな!」イライラ

由紀「痛たたた…」

78: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/09(水) 21:09:10.08 ID:oyt7JmsK0
美紀「それで結局、どうしたんですか?」

由紀「んーとね、お楽しみ!」

胡桃「はぁぁ…わーったわよ。まあ楽しみに待ってる」

由紀「あ、やっぱり我慢できない!」

胡桃「おい!」

由紀「みんな!今度、文化祭を開こうよ!」

八幡「……文化祭?」

由紀「あと…あ、やっぱり修学旅行が先が良いかな?それともまた遠足とか?それともそれとも」

胡桃「どれにするかハッキリしろよ…」

由紀「ねぇー八幡くんは何がいい?」

八幡「知るか」

美紀「そういえば先輩達が遠足の時に、私と出会ったんですよね…」

胡桃「ああ、そうだったな」

悠里「……フフフ、楽しみね」

110: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:29:50.59 ID:mlkxsWir0
【翌日・屋上】

悠里「あら、今日は菜園の手伝いをしてくれるの?」

八幡「いつも飯を食わしてもらってる訳だしな。たまには手伝わないと筋が通らん」

悠里「それじゃ水やりを頼むわ」

八幡「おう」

胡桃「よっしゃ、始めるか!」

美紀「……胡桃先輩、朝の見回りは終わったんですか?」

胡桃「え?まだ」

美紀「あの、朝の見回りは胡桃先輩とあの人が担当なんじゃ」ジトーッ

胡桃「しょ、しょうがねぇだろう!女一人じゃ危ないし…八幡がいてくれた方が楽なんだよ」プイッ

美紀「正論ではありますが、いままでゾンビ相手に散々、無茶ばかりしてきた人の発言とは思えませんが」

胡桃「ぅぅ…べ、別に良いだろ。心境の変化って奴だ」

胡桃「それに皆でやったほうが、作業だって早く終わるだろ?」

美紀「それはそうですが…」

胡桃「あ、あたしも水やりしてくる!」ダダッ

胡桃「おい八幡!何をチンタラやってんだよ!」シャーッ

八幡「おい。そっちはもう俺が水をまいたぞ」

胡桃「そらそら!」

八幡「ちょ、派手に撒きすぎだ。やめ、冷たっ…おい!こっちに水かかってる!」

胡桃「へへへへ!」シャーッ

悠里「フフフ。こらこら、水は丁寧に撒かないとダメよ」

ギャーギャー、ワーワー

~~~

胡桃「よし、水遣りも終わったし…そろそろ見回りいこうぜ!」ガシッ

八幡「おい、腕を引っ張るな」ドキッ

胡桃「それじゃ校内の見まわり行ってきまーす!」ダダッ

ガチャン

悠里「胡桃ったらせっかちなんだから」

美紀「……」

111: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:32:45.22 ID:mlkxsWir0
【昼休み・部室】

由紀「お昼ごはんいただきまーす!」

悠里「いただきます」

由紀「もぐもぐ…最近くるみちゃん、部室でお昼ごはん食べないね」

悠里「そうね。昼間は八幡くんと一緒にいるものね」

由紀「そっか~八幡くんと同じクラスなんだよね。いいなー」

由紀「みーくんがいるからいいけど!」ダキッ

美紀「ちょ、食事中に止めてください…」

由紀「えへへへ」スリスリ

美紀「もう…」

由紀「……でも。胡桃ちゃんの気持ち少し分かるかなぁ」

美紀「え?」

由紀「よーし!りーさんにも浮気しちゃう!パフパフ~」ボフッ

悠里「あらあら、甘えん坊さんね」ナデナデ

美紀「悠里先輩はあの変態先輩をどう思ってますか?」

悠里「そうね…八幡くんは捻くれてるし、エッチだし、変わってるけど。私は彼を心から尊敬してるわ」

美紀「はぁ。どうして皆、あんな人の事を…」

112: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:34:32.01 ID:mlkxsWir0
【夜・部室】

胡桃「それで、結局どうするんだ由紀?」

由紀「何を?」

胡桃「昨日の夜に行ってた件だよ。学園祭にするのか、修学旅行にするのか。それともまた遠足か」

由紀「あーそうだそうだ。決めないと」

由紀「八幡くんは何が良い?」

八幡「……」

八幡「学園祭に修学旅行ね。へ、あんまり良い思い出がない」

由紀「え、そうなの?」キョトン

八幡「遠足じゃないが職場見学でも良い思い出なかった」

胡桃「また始まったよ。黒歴史自慢」

八幡「……」

八幡「でも悪くは無かった。楽しい時間もあった…少なくとも高2の頃の体験は黒歴史ではない」

八幡「今振り返れば必要な経験でもあった。あの失敗も挫折も。それを乗り越える為の試練があったからこそアイツらと本物に…」

学園生活部全員「……?」

八幡「あ……独り言を言ってスマン」

胡桃「んで、どうするんだ?あたしは何でもオッケーだが」

八幡「どーでもいい」

胡桃「少しは興味持てよ…」

悠里「ここは、ゆきちゃんが選んだらどうかしら?」

由紀「……」

由紀「それじゃ文化祭!」

113: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:36:01.62 ID:mlkxsWir0
胡桃「文化祭か」

悠里「フフフ、そういえばまだ文化祭はやってないわね。季節的にもピッタリだし良いんじゃないかしら」

八幡(ま、妥当な線か。外出系のイベントはリスクが高すぎるし)

美紀「それで、出し物は何をするんですか」

胡桃「バンド発表とかどうだ」

八幡「俺は楽器は扱えんぞ」

由紀「カスタネットなら扱えるよ!唯ちゃんみたいに!うんたん!」

八幡「ギターも弾けたら第二の唯になれたのにな」

由紀「あぅぅ…」グサッ

悠里「楽器を覚えるのは大変だものね」

美紀「そうですね…もっと少しハードルを下げては?」

由紀「うーん」

悠里「みんなで合唱なんてどう?」

八幡「まあ無難な線じゃねーの?」

美紀「それじゃ何を歌うか決めましょう」

由紀「……」

由紀「ちょっと待ってみんな!」

全員「?」

由紀「演劇をしよう!」

114: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:38:09.84 ID:mlkxsWir0
八幡「え、演劇??」

由紀「うん!」

八幡「却下」

由紀「えー!?」

八幡「絶対止めた方がいい」

八幡「大体、演劇自体に良い思い出がない。昔、木の役をやってただけなのに、アクシデントが起きた時に、なぜか俺が皆から責められたりしたしな」

胡桃・悠里・美紀「……」

八幡「…?おい、なんだよ黙り込んで…俺の話に引いたのか?」

美紀「先輩には元々引いてますから」

八幡「…っ」ゾクゾクゾク

八幡「ああ、そうか」ニヘラ

美紀「」ヒキッ

胡桃「まあ八幡の昔話は置いといて……由紀が演劇やりたいんならそれが一番だって事だよ」

悠里「そうね。由紀ちゃんの考えに賛成だわ」

八幡「……」

美紀「由紀先輩の考えならきっと文化祭も大成功です。何も問題ありません」

由紀「えへへへ。照れちゃうな~」

八幡(凄まじい信頼。俺はまだ分からないが、彼女には不思議な魅力があるのだろう)

115: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:41:23.33 ID:mlkxsWir0
胡桃「しかし何の演劇をしようか」

由紀「スラムダンクが良いかな~」

胡桃「お、良いね!」

悠里「えー…」

美紀「いやいやいやいや!ありえません!」

八幡「お前達が丈槍を信じた結果がこれだよ」

由紀「それじゃ私が花道の役ね」

胡桃「花道はあたしだ!」

由紀「くるみちゃんはゴリでいいんじゃない?」

胡桃「お前、絶対色んな意味でアタシをバカにしてるだろ!」

八幡「おい、スラムダンクの演劇をする話はもう止めろ」

由紀「八幡くんは、不良時代のミッチーかな」

胡桃「わかる!」

八幡「何一つわからねぇよ」

由紀「あ、安西先生はどうしよう」

胡桃「鉄男も忘れちゃダメだぜ」

八幡「しかも『バスケがしたいです…』の回かよ。俺は安西先生役に土下座確定じゃねぇか」

美紀「とにかくスラムダンクから離れてください!何か別な話にしましょう!」

由紀・胡桃「えーー」

116: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:42:41.89 ID:mlkxsWir0
悠里「すぐには決めずに、各々で何を発表しようかじっくり考えましょう」

由紀「それじゃ、けいおん!の演劇とかどうかな」

美紀「それじゃ結局、楽器を覚えなければならないじゃないですか…まあどうせ却下ですけど」

由紀「えー!」

悠里「今日はもう遅いから寝ましょう」

由紀・胡桃・美紀「はーい」

八幡「……」

八幡(ま、一応考えてやるか)

【次の日の夕方】

胡桃「今日も見付からなかったな…お前の部員仲間と妹と戸塚」

八幡「……ああ」

胡桃「もう暗くなってきた、帰ろうぜ」

八幡「なあ恵飛須沢、図書室って安全か?」

胡桃「図書室…?あまり安全とは言い切れんな」

八幡「そうか。なら頼みがある」

胡桃「?」

117: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:44:45.81 ID:mlkxsWir0
【深夜・部室】

ガララッ

胡桃「ただいまー!」

八幡「うーす」

悠里「遅かったじゃない。心配したのよ?」

胡桃「あー悪い悪い。ちょっと残業をな」

悠里「残業?」

胡桃「耳を貸せ…美紀もだ」

美紀「?」

胡桃「八幡とあたしで図書室付近は制圧した」

美紀・悠里「え!?」

胡桃「ついでにバリケードも増強した」

美紀「ふ、二人でやったんですか!?」

胡桃「ああ」

悠里「良くアレを二人で排除しきったわね。しかもバリケードの増強まで」

胡桃「八幡の奴、めっちゃ強いからな。何てったって平塚流の伝承者だし」

悠里「……?なにそれ」

胡桃「平塚静。アイツの顧問の名前だよ。アタシや八幡とは比較にならんほど強いらしいぜ」

美紀「良く分かりませんが、あの人はそんなに頼もしい人なんですか…」


由紀「八幡くん、お腹減ったー。大和煮ちょーだい」グゥゥ

八幡「お前はもうとっくに食い終えてるだろうが」

由紀「食べたいよーー!お座りとお手するから頂戴!わん!」

太郎丸「わんわん!」

八幡「意味が分からん」


胡桃「ま、強くなかったら一人で旅なんてできやしないもんな」チラッ

美紀「……」

118: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:46:04.87 ID:mlkxsWir0
【深夜・図書室】

ガララッ

美紀「……」

美紀(ここも安全圏になったから、一人で来ても大丈夫だよね)

美紀(本当は夜の単独行動はダメだけど…みんなもう寝ちゃったし…それに本を読みたかったし)

美紀「演劇で使う台本を探さないと」

美紀「そういえば、電気付いてるけど誰かいるのかな…あれ?みんな寝てたハズなのに」

「誰だ?」

美紀「ひゃっ!!」

八幡「あ…」

美紀「」

美紀(この人の事忘れてた)ガクッ

美紀(でもここまで来て引き返すのもアレだし…)

八幡「戸塚。じゃなくて直樹か」

美紀「……」

八幡「……」ペラ…ペラ…

美紀「……?」

八幡「コレが良いかな…」ペラ…ペラ…

美紀「あの、もしかして演劇で扱う本を捜してるんですか?」

八幡「え?ああ」

美紀「……」

美紀(私も探そう)

119: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:47:06.63 ID:mlkxsWir0
八幡「……」ペラッ

美紀「……」ペラッ

八幡「……」ペラッ

美紀「意外と寡黙なんですね、先輩」

八幡「今頃きづいたのかよ」

美紀「それに本を読むのも意外です」

八幡「こう見えて国語は進学校にして学年3位だったんでな」

美紀「そうですか。エッチな小説でも見て国語力を上げてたんですか?」

八幡「官能小説読むほど飢えてないっつーの」

美紀「どうだが。先輩はイヤらしいし。変態にして変質者だし」

八幡「そ、そんな事ない」ゾクゾクゾク

美紀「……なんで鼻の下を伸ばしてるんですか」

八幡「べ、別に伸ばしてない」ゾクゾクゾク

八幡「……」

八幡(そういえば直樹とまともに会話したのは、これが初めてか)

120: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:49:02.67 ID:mlkxsWir0
八幡(直樹をみてると戸塚の姿ばかり思い出してしまうが…あの四人の中では一番、辛辣な所があるんだよな)

八幡(クールで辛辣、読書好きで…)チラッ

美紀「……」

八幡(静かな空気を好む…)ジッ

「何を見ているのかしら?」

八幡「え」

「腐った目で鼻の下をだらしなく伸ばして。不愉快だわ。通報しようかしら?変態谷くん」

八幡「雪ノ下?」

「え?」

八幡「雪ノ下…雪ノ下…」

「ど、どうしたの比企谷君?」

八幡「あ…ぁぁ…」ボロボロ

美紀「せ、先輩…?」

八幡「あ…あれ?」ビクッ

美紀「だ、大丈夫…ですか?」

八幡「あ、ああ…」

美紀「先輩?」

八幡「すまん、何でもない」

121: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:51:19.51 ID:mlkxsWir0
八幡(まさか戸塚だけでなく、雪ノ下とも見間違えるとは…やっぱ疲れてんな俺)

八幡「……」グスッ

美紀(さっき涙を流していた…あの性欲の塊みたいな人が、真面目な表情で)

美紀(雪ノ下…捜している人達の一人なのかな)

八幡「さっきのは忘れてくれ」

美紀「は、はい」

美紀「……」

美紀「先輩って意外と、真面目な人なんですね」

八幡「は?」

美紀「……いや、よく考えなくても真面目です。大切な人を命がけで捜してるんですから」

八幡「……」

美紀「あと、本読むの好きなんですか?」

八幡「え、ああ…なぜ分かった」

美紀「だって机の上に沢山本が置いてあるじゃないですか」

八幡「台本捜しの為だ。机の上に本が沢山あるだけで読書好きって決めるのは安直すぎないか?」

美紀「安直って…先輩に言われたくありません」

122: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:53:30.91 ID:mlkxsWir0
【3時間後】

八幡「……」ペラッ

美紀「……」ペラッ

八幡「よし…」パタンッ

美紀「決まりましたか?」

八幡「ああ」

美紀「本当ですか?何の作品を」

八幡「浦島太郎」

美紀「……あの話は、オチがオチだけに、高校の文化祭では盛り上がりに欠けませんか?」

八幡「だよな。うん。却下されるとは思ってた」

八幡「直樹の方は何か見付かったか?」

美紀「色々ありますが…さるかに合戦とか」

八幡「嫌われ者を皆でリンチするおめでたい話か」

美紀「どうやったらそんな発想というか考えに至るんですか…」

八幡「つーかあの話を採用したら俺が猿役なる未来まである」

美紀「先輩って結構ネガティブなんですね」

八幡「今頃気がついたのか」

美紀「だって変態なイメージしかなくて」

八幡「だ、だれが変態だ」ゾクゾクゾク

美紀「そういう態度を取る所とかですよ」

123: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:55:41.55 ID:mlkxsWir0
美紀「他にはありませんか?」

八幡「うーん…微妙だな…」

美紀「今日はもう遅いし寝ますか?」

八幡「……そうするかな」

八幡「……」

八幡「しかし…まさか文化祭に参加するとはな。この世紀末状態に」

美紀「本当、まさか今年も文化祭に参加できるとは思いませんでした」

八幡(思えば今年は正月から波乱だらけだったな…)

美紀「ん、あれは…」ガサガサッ

八幡(雪ノ下家の事…マラソン大会…フリーペーパー製作…バレンタイン…水族館…雪ノ下の依頼…)

八幡(……パンデミック)

美紀「コレなら盛り上がる…」

八幡(正月から今に至るまで休みなしでイヤになる。もう社畜状態じゃねぇか俺)

八幡(正月…俺と由比ヶ浜が陽乃さんに捕まって、それで雪ノ下が助けに来て…)

八幡(陽乃さんはまるで…邪知暴虐の王の如くで…)

八幡「……」

八幡「メロスだ」

美紀「メロスにしましょう」

八幡・美紀「え」

八幡・美紀「……」

美紀「同じ事を考えてたんですね」

八幡「そうみたいだな」

美紀「……なんか変態と同じ思考回路みたいで悔しいです」

八幡「俺も罵られて悔しい」ゾクゾクゾク

美紀「悔しさの欠けらも感じませんが」

コンコン

八幡・美紀「?」

由紀「あ、八幡君にみーくん。ここにいたんだ!」

124: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:56:51.85 ID:mlkxsWir0
八幡「どうした丈槍」

由紀「んーっとね、演劇の台本思いついてね」

由紀「劇はシンデレラをやろう!」

八幡・美紀「シンデレラ?」

由紀「そう!シンデレラ!」

美紀「なんでシンデレラを?」

由紀「うーんとね、なんとなく」

八幡「なんとなくかよ…」

美紀「そうですか…でも困りましたね。ついさっき私と先輩も台本が思いついて」

由紀「なになに?」

八幡「走れメロスだ」

由紀「走るメロン?」

美紀「走れメロスです!」

由紀「ああ、メロスね!ふーん」

由紀「じゃあ両方やろうよ!」

八幡「えー…」

美紀「その発想がありましたが…さすが由紀先輩」

八幡「おい、まじで両方やるのかよ」

美紀「良いじゃないですか。やるなら徹底的にやらないと」

由紀「そーだそーだ!」

八幡「あーメンドくせー…これから毎晩、演劇の練習かよ…」

125: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 02:59:45.66 ID:mlkxsWir0
~誰かの夢の中~

「へへへ、お前と一緒にいると楽しいよ」

「そうか。そんな事言われたの初めてだ。さてはお前、どこかの悪徳業者でハニートラップでも企んでる?俺をだませると思ったら大間違いだ。俺は被害者を知ってる。ソースは親父」

「んなわけねーだろう!」

「痛っ!叩くんじゃねぇよ!」

「ったく…せっかく二人っきりで遠い国のお城まで旅行に来たんだ。バカな事言うなよ」

「はいはい」

「夜空がキレイだな」

「ああ…」

「なあ、お前って好きな人いるのか…あれ?おーい○○!どこ行くんだよ!」

「……ここまでだ」

「え」

「俺はもう行かないと」

「行くってどこに」

「捜しに行くんだよ。アイツらを」

「は?なに意味わかんない事言ってんだよ…ちょ、おい!待てよ!」

「……じゃあな」

~~~~~

胡桃「待てよ!!!!」ガバッ

胡桃「ぜぇ…ぜぇ…ぜぇ…」

胡桃「夢…?」

悠里「なに?どうしたの?」

胡桃「あ、りーさん。ごめん…ただの夢だ」

悠里「凄い汗よ…嫌な夢でも見たのね」

胡桃「そうでもない。久しぶりに良い夢見たよ」

胡桃「前まではよく、先輩が変わり果てる夢ばかり見てたし」

悠里「でも叫んでたじゃない」

胡桃「なんか途中で展開がおかしくなってな…あれ、やっぱ悪夢なのかな」

悠里「……何か飲む?」

胡桃「いや、大丈夫だ…ん?」チラッ

悠里「どうしたの?」

胡桃「由紀と美紀がいない…それに八幡も」

悠里「……お手洗いにしては不自然よね」

胡桃「ちょっくら見まわり行ってくる…付いて来るか?」

悠里「そうね。私もいくわ」

126: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 03:00:45.45 ID:mlkxsWir0
悠里「それで、どんな夢を?」テクテク

胡桃「えーっと…誰かと旅行に行ってた」

胡桃「でも誰なのか思いだせなくて。大切な人には変わりないと思うんけど」

悠里「でしょうね。あんな大きな声出して、汗いっぱいかいて…」

悠里「先輩さんではないの?」

胡桃「あれは多分違う」

悠里「それじゃ学園生活部の誰か?」

胡桃「うーんそうなのかな…あんまり覚えてないんだ」

悠里「……あれ、図書室に電気が」

胡桃「本当だ」

ガララッ

胡桃「あ、お前達」

八幡「おう」

美紀「胡桃先輩、悠里先輩」

悠里「ここにいたのね」

由紀「あ!りーさん」ダキッ

悠里「フフフ、どうしたの?」ナデナデ

由紀「えっとね、実は」

128: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/16(水) 03:04:03.42 ID:mlkxsWir0
~~~~

悠里「『走れメロス』に『シンデレラ』…良いじゃない」

胡桃「豪華二本立てか。こりゃ頑張らないとな!」

八幡「先が思いやられる」

美紀「先輩、台本を探しておいて情けない事を言うもんじゃありませんよ」

八幡「まさか2本分やるとは思わないだろ」

悠里「あら」

八幡・美紀「?」

悠里「フフフ。アナタ達、仲良くなれたのね」

美紀「べ、別にそんなんじゃありません…こんなエッチな人となんで私が…」

八幡「エッチとは人聞きが悪い」ゾクゾクゾク

美紀「そういう所がエッチなんですよ!」

由紀「えへへ、みーくん照れてる!」

美紀「照れてません!」

胡桃「はははは!」

胡桃(そうか。やっと美紀も八幡と話せる位には仲が良くなったのか)

胡桃(ずっと八幡のことを猛烈に嫌ってたから、一時はどうなるか不安もあったが…良かった良かった)

ズキンッ

胡桃「」ビクッ

悠里「どうしたの胡桃?」

胡桃「いや、なんでもない」

胡桃(なんだ今の?)

161: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:35:29.58 ID:5bFPnOX/0
【次の日・夕刻】

胡桃「たっだいまー!」

八幡「ただいま」

悠里「おかえり。待ってたわ」

美紀「今日も見つかりませんでしたか…」

八幡「……ああ」

胡桃「んで、今日は配役を決めるんだよな?」

悠里「ええ。そこにおいてある抽選箱でクジ引きを行うわ」

胡桃「クジ引きで決めるのかよ!?」

悠里「ええ、ゆきちゃんがそうしたいって言うから」

胡桃「えー…マジかよ由紀…」

由紀「どの配役になるか分からないこのスリルが良いんだよ!」

八幡「そんな下らんスリルを求めてるのはお前だけだっつーの」

由紀「にゃ、にゃにおー!」

胡桃(……シンデレラ役、やってみたかった)チラッ

八幡「…? 俺の顔に何か付いてるか?」

胡桃「い、いや!な、何でもねぇよ!気にすんな!」ドキッ

胡桃(八幡が王子役なんて絶対やりたくないだろうしな……って!何でアタシは八幡に王子役を望んでるだよ!おかしいだろ!)カァァァ

八幡(なぜ顔を赤くしてるんですかね)

由紀「それでは!ジャンケンでクジを引く順番を決めるよー!」

162: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:37:05.55 ID:5bFPnOX/0
【抽選結果】

悠里「それではまず、シンデレラの配役から発表します」

八幡(俺は二回もジャンケンに負け、余り物を選ばされた。なんとも俺らしい結末だ)

悠里「私は継母役よ」

由紀「私は魔法使い!」

胡桃「……継母の娘役だ」

美紀「」

八幡「」

美紀「わ、私が王子様役です…」

八幡「」

由紀「わー!みーくん男装似合いそう!」

悠里「フフフ、確かに似合いそうね」

八幡「」

由紀「八幡くんは何役?」

八幡「」

美紀「八幡先輩意外はもう発表したんですし、一つしかじゃないですか」

由紀「えーっと…あ!もしかしてシンデレラ役!?」

八幡「」

悠里「プッ…八幡君が…男の子なのに…ププ…」

由紀「ぷぷぷー!八幡くんおめでとう!」

美紀「はぁぁ…よりによって八幡先輩がシンデレラとは…」

八幡「」

由紀「でも流石にチューとかは無しね?何かこう…演技がハード過ぎるし」

由紀「あ、でもみーくんがどうしてチューしたいなら止めないけど」

胡桃「」ビクッ

美紀「絶対しません!!!変な事言わないで下さい由紀先輩!!」

由紀「あわわ!ご、ごみ~ん」

胡桃「ホッ」

胡桃「……」

胡桃(何故だ。王子役を無性にやりたくなってきた…でも抽選での決め事だから交換なんて出来ないよな…)モヤモヤ

八幡「何デ俺ガ…シンデレラ…」

163: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:38:31.93 ID:5bFPnOX/0
美紀「それでは次は、走れメロスの配役ですね」

悠里「私は邪知暴虐の王・ディオニス役ね」

胡桃「あたしは二つ配役がある…山賊役と、セリヌの弟子フィロストラトス役だ」

由紀「私はメロスの妹だよ!」

美紀「私は…メロス役です」

八幡「メロスの親友・セリヌことセリヌンティウス役だ」

由紀「みーくん凄い!二つともメインの役だよ!」

美紀「くじ運が良いのか…悪いのか…」

悠里「八幡君と美紀さんは配役に恵まれてるわね」

八幡「……シンデレラに比べれば、セリヌ役はまだマシか」

胡桃「……」

胡桃(メロス役が良かったな…)

164: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:40:20.57 ID:5bFPnOX/0
【夜・部室にて】

八幡「なあ若狭」

悠里「何?」

八幡「お前、劇で二つとも悪役だよな。俺と交換しないか?悪役なら俺のほうが性に合う」

悠里「フフ、お気遣いどうも。でも交換はしないわ」

悠里「せっかく、ゆきちゃんがクジ引きと提案したのだから、それを無下にするのは良く無いわ」

八幡「そうか、俺はその提案とやらのせいで主演をやらされるハメになったがな」

悠里「フフ、良いじゃない。今まで演劇でこんな大役やったことないのでしょ?」

八幡「はぁぁ…」

八幡(それにしても、丈槍は本当に愛されてるな)

八幡(部長は若狭だが、丈槍の意見ひとつに全員が頭を頷く。絶対的な信頼を寄せている)

八幡(そういう所もアイツに似てるな)

「ヒッキー!」

八幡「え」

「ヒッキー!演劇がんばろうね!」

八幡「由比ヶ浜…?」

「さあ!演劇の稽古をはじめよー!」

八幡「由比ヶ浜…」ツー

由紀「ふえ?」キョトン

八幡「あ…」

由紀「って八幡くん泣いてる!? どど、どうしたの、何か悲しい事あったの?」オロオロ

八幡「……」グシッ

八幡「俺がシンデレラ役なんて間違っている」

由紀「泣くほどイヤなの!?」

美紀「八幡先輩…また…」

胡桃「由比ヶ浜…前に八幡が言ってた由紀に似てる奴か」

悠里(由紀ちゃん程じゃないけど、たまに見えざるものが見えてしまうのね)

165: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:42:38.95 ID:5bFPnOX/0
八幡(かくして演劇の稽古が始まった)

~~~

悠里(継母役)「では私たちは舞踏会に行って来るわ。しっかりお留守番してなさい」

胡桃(義理の姉役)「ドレスが見付からなくて残念だったな!」

八幡(主演)「……」

八幡(この惨めな感覚、見覚えが…あれ、もしかしたら俺ってシンデレラ役にふさわしい?)

~~~

由紀(魔法使い)「さあ楽しんで来なさーい!びびでぃ・ばびでぃ・ぶー!」

八幡「うれしわ。なんとお礼を言っていいのかしら」
由紀「でも気をつけてね~?夢はいつか覚める物!12時には魔法が解けちゃうから!びびでぃ・ばびでぃ・ぶー!」

八幡「気をつけるわ」

美紀「はいカットです!」

胡桃「なんか八幡って女口調上手いな。気持ち悪いくらい上手い」

八幡「捜してる部長がガチお嬢様だから。たまにアイツのモノマネをやったりして一人で遊んでた。それと気持ち悪い言うな」

~~~

美紀(王子役)「この僕と踊ってくれないか?」ススッ

八幡「」

八幡「ううっ!!」ブブッ

美紀「きゃっ!」

八幡(直樹…じゃなくて戸塚が王子役…)ボトボト

八幡「ぅぅ…くっ…!」ボタボタ

悠里「カ、カット!八幡君が鼻血を出したわ!」

由紀「あわわわ!た、大変だ~!」オロオロ

悠里「ティッシュティッシュ!」ダダッ

胡桃「またかよ!いい加減にしろスケベ野朗!」

悠里「ティッシュよ、ほらしっかり」ススッ

八幡「ぐ…ぐぐ…」ボタタタ

美紀「もう!八幡先輩のスケベ!」

~~~

八幡「……残念ね。もう12時だわ。帰らないと」

八幡(ティッシュ詰め込みながらこのシーンをやるのはシュールすぎる)

美紀「ま、待ってくれ!」

胡桃(くそ…なんでこんなにモヤモヤするんだ…)

166: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:44:09.37 ID:5bFPnOX/0
八幡「次は走れメロスの練習だな」

胡桃「よーし本番5秒前…3、2、1」

~~~

美紀(主演)「ただいま」

由紀(メロスの妹)「あ、お兄ちゃん!」

八幡(丈槍はなんというか、妹役が似合うな)

美紀「悪いが結婚式を早めるぞ」

由紀「ええー!!いきなりどうしたのお兄ちゃん!」

美紀「良いから。ほら早く夫を呼んで来い!」

「むー…お兄ちゃんのバカ!」

八幡「っ!?」

「しょうがないな…待って!小町が直接、旦那に話をつけるから…あ、今の小町的にポイント高い!」

八幡「……」ガタッ

胡桃「ん?どうしたセリヌ役…まだお前の出番じゃないぞ」

八幡「小町…小町…」フラフラ

美紀「え?」

由紀「ふぇ?」

八幡「小町…小町――!!」

ダキッ

由紀「ふぇ? ふぇぇぇ!!?///」

美紀・悠里・胡桃「」

八幡「小町…やっと会えた…」ギュゥゥ

由紀「はわわわわわ///」

八幡「ぅぅ…すまん一人にして…」ボロボロ

由紀「はわわわ///は、離して八幡くん…!///」

胡桃「おいこら」ゴンッ

八幡「痛っ!」

胡桃「人違いだ、よく見ろ」

八幡「え…」チラッ

由紀「~~~///」

八幡「」

胡桃「全く…いくら見間違いだからって度が過ぎるぞ!」

由紀「もう~八幡くんのエッチ!」

167: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:45:48.06 ID:5bFPnOX/0
八幡(セリヌンティウス役)「メロス…」

美紀(主演)「戻ったぞ国王!さあセリヌを解放しろ!」

悠里(王役)「な、なんと…本当に戻ってきた!」

胡桃「カット!」

美紀「何か問題ありましたか?」

胡桃「アタシは陸上やってたからよくよく分かるんだ。ずっと走ってきたら息を整えるだろ」

美紀「なるほど!」

胡桃「んじゃ、もっかいさっきの場面をやり直し!」


美紀「ぜぇぜぇ…待たせたなセリヌ…」ウワメヅカイ

八幡「」ブブッ

八幡(戸塚の顔で、赤面の上目遣いとか反則だろ!!)ドババッ

美紀「きゃっ!!」

八幡「うう…くっ…!」ボタタタ

悠里「由紀ちゃんティッシュ!」

由紀「あわわわわ、へ、変態だ…じゃなくて大変だー!」

胡桃「いちいちハレンチなんだよお前は!」

美紀「いい加減にして下さい先輩!」

八幡「す、すまん…」ボタタタ

168: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/22(火) 16:47:07.47 ID:5bFPnOX/0
悠里「今日の稽古はここまでにしましょう」

胡桃「みんなお疲れ~」

美紀「本当、疲れました…八幡先輩が変態すぎて」

八幡「本当にすまないと思ってる」ゾクゾクゾク

美紀「罵られて鼻の下伸ばしてないで反省してください!」

由紀「もう、本当だよ!反省してよね八幡くん!」プンスカ

八幡「あ、丈槍…その、さっきはすまなかった」

由紀「うん。でもワザとじゃないんだよね?」

八幡「ああ。その…つい、お前が一瞬、捜している妹に見えてな」

由紀「あ、あのね」モジモジ

八幡「ん?」

由紀「私、実際はそんなに怒ってないというか…」

八幡「お前は優しいな」

由紀「えっとね…男の子に抱きつかれたの初めてだけど…」

由紀「その相手が…八幡くんで良かったな~って…」

八幡「え」ドキッ

由紀「他の男の子だと…なんかイヤだったし…」

由紀「~~///」モジモジ

美紀「せ、先輩…」

胡桃「」

悠里「フフフ、由紀ちゃん顔が真っ赤よ」

八幡「ご、誤解を招くような発言するんじゃねぇよ…」ドキドキ

由紀「あぅぅ…///」

胡桃(な、なんだよ…何でこんなにモヤモヤするんだ…)

191: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:26:57.18 ID:ELbMJdsX0
【次の日・夕刻での教室前】

八幡「今日も悪いな」

胡桃「べ、別に…これぐらい…」ドキッ

う~~ん…わかんないよ~~

八幡「ん?」チラッ

胡桃「どうした…って、由紀がめぐねぇと補習かな」

八幡(補習って、アイツ勉強とか絶対嫌いだよな。それでも妄想で『補習』を行っているという事は、その目的はめぐめぇとやらと一緒にいたいからだろう)

胡桃「……」

胡桃「そういえばお前、国語得意だったよな?」

八幡「ああ」

胡桃「たまには教えてやったらどうだ?」

八幡「めぐねえとやらがいるだろ。妄想だけど」

胡桃「良いじゃん。二人で教えてやっても」

八幡「二人って…実質アレは自習のようなもんだろ…」

あー!八幡くーん!

胡桃「ほら、呼ばれてるし行って来いよ」

八幡「……仕方ねぇな」

ガララ

わーい、八幡君も先生になったよ!教員仲間が増えて良かったねめぐねぇ!

教員になった覚えはねぇよ

胡桃「へへへ、由紀の奴うれしそうだな」

胡桃「さて戻るか」

胡桃「……」モヤモヤ

胡桃(由紀のやつ、昨日は八幡と良い雰囲気だったよな…つーか八幡もいくら見間違いしたからって由紀に抱きつかなくてもいいだろ…)モヤモヤ

胡桃「……」モヤモヤ

胡桃(だからなんでモヤモヤしてんだよ!由紀と八幡が仲良くしてるのは良いことじゃねぇか!)

192: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:30:09.42 ID:ELbMJdsX0
八幡「いいか、ここはな…」

由紀「ふむふむ」カキカキ

由紀「どう?」

八幡「不正解」

由紀「あうぅぅ…」

八幡「問題となってる文章の前後をよく見ろ。それでも自信がでないなら毎日、本でも読め」

由紀「毎日読書とかそんな殺生な~」

由紀「疲れたーー…めぐねぇ、休憩しよ?」

八幡「俺がきて10分しか経ってないぞ」

由紀「やったー!休憩だー!」

八幡(無視かよ。つーかエアめぐねぇさん。俺の意思も聞いてください)

由紀「ほら、めぐねぇに感謝しないと」

八幡「はいはいどうもあざーっす」

由紀「……」

由紀「八幡くんってさ、よく土日にくるみちゃんと人探ししてるけどさ」

八幡(ああそうか、コイツの脳内では平日は授業を受けて、土日に探索って事になってるのか)

由紀「えと確か…妹ちゃんとみーくんそっくりさんと…同じ部活の人だっけ?」

八幡「ああ」

由紀「何の部活に入ってたの?」

八幡「奉仕部」

由紀「ほーしぶぅ?」

由紀「え、なにめぐねぇ…うん、うん」

由紀「ああ!ボランティア!」

由紀「八幡くん凄いな~ボランティアやってたんだ!」

八幡「少なくともお前…あと佐倉先生が想像してる物とだいぶ違う」

由紀「ほぇ?」

八幡「奉仕部っていうのは…」

193: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:31:18.40 ID:ELbMJdsX0
~説明中~

由紀「ほぇぇ~なんか凄いカッコ良い部活なんだね!」

八幡「普段は何もしてないけどな」

由紀「それで何で強制的に入部させられたの?」

八幡「さっき話した顧問が、俺の書いた作文が気に入らなくて、奉仕部での活動を通して更正してこいって言われ、無理やり入部させられた」

由紀「作文がダメで入部させられたの!?八幡くんは国語得意なのに」

八幡「作文の構成と言うより内容を否定された」

由紀「どんな事を書いたの?」

八幡「高校生活を振り返ってとのテーマでだな」

~教室の前~

胡桃(確か前に八幡が言ってな…青春とは嘘とか悪とか、そんな作文を書いたって…)ススッ

胡桃「……」

胡桃(なんでアタシ、会話を盗み聞きしてんだろ…)モヤモヤ

194: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:33:59.69 ID:ELbMJdsX0
八幡「……っという訳で、無理やり入部させられた」

由紀「物凄い作文の内容だ!?」

八幡「初めは何度も退部しようと思ってたんだけどな。ズルズルと続けてしまってな」

由紀「大切な居場所になったんだね」

八幡「……退部しようなんて考えはなくなったな」

由紀「……」

由紀「八幡くんはその…ずっと友達とか大切な人が見付けられなかったんだね」

八幡「前にも話したが、嫌われやすい性分でな。小中学校の頃には、人と関わり歩み寄る努力もしたが。どうも不器用なのか、いつも引かれり無視されたりしてな」

八幡「高校に上がる頃には人と関るのを止めた。いや諦めた…ハズだったんだがな」

八幡「皮肉にも俺は人探しをするハメになった」

八幡「ま、人から好かれやすそうなお前には無縁の話かもしれんが」

由紀「……」

由紀「そんな事ないよ」

八幡「えっ」

由紀「私もね、ずいぶん昔に…1人ぼっちだった事があったよ」

八幡「……?」

八幡(意外なことを聞いた。いや、それよりも丈槍に少しだけパンデミック以前の記憶が残ってる?)

由紀「私ってさ、ドジだし、よく変な人って思われやすくて」

八幡「まあ変わってるわな」

由紀「だから、いつも浮いてて…イジメられてた訳じゃないけど」

由紀「あ、でもね。チョーカーつけてる子は優しいんだよ。いまでも仲良しなんだ」

八幡「チョーカー?恵飛須沢とは別の奴か」

由紀「うん。見た目怖いけど優しいの」

195: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:35:19.49 ID:ELbMJdsX0
八幡(明るくて由比ヶ浜と似てるし、友達も沢山いるとばかり思ってた…まあアイツは周囲に合わせたり溶け込むのが上手いからな)

八幡(丈槍も意外と空気は読めてるが、それ以上にマイペースで我を通すというか…)

由紀「だからね、私と八幡くんは一緒だよ」

八幡「今はボッチじゃないだろお前は」

由紀「八幡くんもボッチじゃないよ」

八幡「……」

由紀「もしさ、もっと早く私と八幡くんが出会えてたら、きっとお友達になれたよ!」

八幡「た、ただの傷の舐め合いじゃねぇか」

由紀「それでも良いと思う。だって友達は支えあう物でしょ?私ともっと早く出合ってれば、小学校も中学校も、いっぱい楽しい思い出が作れたよ!」

八幡「……っ」

八幡(丈槍は、有り得たかも知れない未来を笑顔で語っている)

八幡(夕日が彼女を眩しく照らし、その背中に背負っている羽の付いたカバンも視界に入ったせいか…彼女がまるで天使の様に見えた)

由紀「だからその、高校になってからの出会いで残念だなーって。もっともっと早く八幡くんと出会いたかったかな。そうすれば八幡くんを寂しい思いをさせずに済んだのに」

八幡「……」ドキッ

196: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:36:22.87 ID:ELbMJdsX0
八幡「補習中もカバンを背負ってるような変人とは友達になりたくねぇよ」プイッ

由紀「にゃ、にゃにおー!」

八幡「……冗談だ。その、気持ちは嬉しかった」

由紀「う、うん///」

八幡(こういう事を考える柄じゃないが)

八幡(もし実際、丈槍が同じ学校だったらどうなっていただろうか)

八幡(アイツも平塚先生に呼ばれて奉仕部に入部したのか?)

八幡(もし入部してたら…彼女はきっと、俺やあの二人とは違う発想で問題を解決してたのだろうか)

八幡(見かけによらず勘が鋭く、心優しい彼女は、いったいどんな活躍するのか。その振る舞いを見てみたいと素直に思った)

~~~

胡桃「そんな過去があったとはな。もっと早く出会ってれば由紀を陸上部に誘ったのに…」

胡桃「……」

胡桃(……って!いつまで盗み聞きしてんだよアタシは!)

胡桃「……」チラッ

で、いつまでカバンを背負ってるんだ?

あ、そうだった!補習中は下ろさないと!

胡桃「良いな…楽しそうだな…」ボソッ

悠里「胡桃…?」

胡桃「ってうわあぁ!?なんだよ驚かすなよ!」

美紀「何をやってるんですか」

悠里「そろそろ演劇の稽古を始めるわよ」

197: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:38:16.05 ID:ELbMJdsX0
【深夜・部室】

八幡「はぁぁ…今日も演劇の稽古疲れたな…」

ガララッ

美紀「あ、八幡先輩」

八幡「直樹…じゃなくて戸塚か」

美紀「逆です!」

八幡「あ、そうだった悪い」

美紀「もう!」

八幡「どうした」

美紀「寝る前に何か飲もうと思って…先輩は?」

八幡「寝る前に本を読もうと思って」

美紀「そうですか、ココア飲みますか?」

八幡「ああ、悪いな」

コポポポポ…

美紀「はい」

八幡「すまんな」

美紀「……」

美紀「先輩ってどんな本を読むんですか?」

八幡「色々な物を読むけど、まあラノベが多いな」

美紀「ライトノベルですか…私は一般小説しか読まないからよく分からないな…」

八幡「そうか。読みたければ貸すが」

美紀「そうですか。じゃあ折角なのでおススメの作品を…」

八幡「そうだな。お前は割りと真面目だし…ソードアート・オンラインが良いかな…」

八幡「あ、恵飛須沢に貸してたんだっけ」

美紀「胡桃先輩って本読むんですか?」

八幡「前に俺が読書好きだって話したら、いきなりムキになって『アタシも読書はじめるぜ!』とか言い出してな」

八幡「漫画は好きだと言ってたし、読めるんじゃねえの?」

美紀「そうですか…それで他にはないですか?」

八幡「……」

八幡(俺の持ってるラノベ作品って、なんでこうラッキースケベとかの要素が多いのばかりなのかね…あとで怒られそうで迂闊に薦められん)ガサゴソ

八幡(でも直樹…戸塚に罵られるのも悪くない)ニヘラ

美紀「何で鼻の下を伸ばしてるんですか…」ヒキッ

198: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:39:58.39 ID:ELbMJdsX0
八幡「あ、そういえば…」

美紀「?」

八幡「これ。読んでくれないか」ペラッ

美紀「これは…自作の小説?」

八幡「ああ」

美紀「えっと、作者は先輩ですか?」

八幡「……」

八幡「その作品は腐れ縁の遺作だ」

美紀「遺作…そうですか」

八幡「ああ、そういう事だ」

美紀「……なんか当て字が凄いタイトルですね」

八幡「託されてな。パンデミックが終わったら、出版社に出してくれと言われたまである」

美紀「そうですか…では、読ませてもらいます」

八幡「途中で苦痛に感じたら、返して良いからな」

美紀「いえ、折角先輩のお知り合いの人からの物ですし。最後まで読ませて頂きます」

八幡「そうか。そう言って貰えるならアイツも喜ぶだろう」

美紀「……で、ところで」

八幡「ん?」

美紀「なんでさっき鼻の下伸ばしてたんですか?」

八幡「決してお前におススメできない作品が多いという訳じゃないから、安心してくれ」

美紀「……はぁぁ。わかりました。それじゃ一番マシな作品を教えてください」

八幡「なんだよ。結局読みたいのかよ」

美紀「エッチな先輩がどんな本読むのか気になります」

八幡「エッチ言うな」ゾクゾクゾク

199: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:40:54.27 ID:ELbMJdsX0
ガララッ

胡桃「あ、やっぱここにいたのか八幡」

美紀「胡桃先輩」

胡桃「美紀もいたのか。一巻を読み終えたから、二巻も貸してくれ!」スッ

八幡「おいおい読むの早いな。ほれ」スッ

胡桃「へへへ、まあな!早くお前みたいに本とか読める奴になりたいしな!」

八幡「っという訳だ。一巻を貸してやる。遺作と並行して読んでくれ」スッ

美紀「どうも。しっかり読ませてもらいます」

~5分後~

胡桃「くかー…zzz」

八幡「部室に来て5分で寝やがった…」

美紀「最近、胡桃先輩ずっと夜更かししてましたからね」

八幡「ゆっくり読めば良いのによ。何をそんなに焦ってるんだか」

胡桃「えへへ…zzz…お前とピクニック…楽しい…zzz…」ボソッ

美紀「最近、楽しそうに寝るんですよね」

八幡「そうなのか?」

美紀「ええ、前まではよく悪い夢みてうなされてたから」

美紀「八幡先輩がこの学校に来て少し経った辺りから、胡桃先輩は寝るとご機嫌です」

八幡「…………たまたまだろ」

200: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:44:41.97 ID:ELbMJdsX0
【次の日の夜・部室】

八幡(日中、夜に格ゲーをやろうと約束された)

八幡「アイツらはどうした?」ピコピコ

胡桃「起こしたけど眠いからやらないだってさ」ピコピコ

八幡「まあ演劇の稽古とかもあったしな。でも俺たちが一番疲れてるハズなんだが」

胡桃「へへへ、アタシ達は体力があるからな!」

八幡「……」ピコピコ

胡桃「……」チラッ

胡桃「な、なあ」

八幡「ん?」

胡桃「へ、変な事聞いて良いか?」

八幡「なんだよ」

胡桃「……」

胡桃「学園生活部で付き合うとしたら誰がいい?」

八幡「ブッ!」

胡桃「やっぱり美紀か?」

八幡「な、なんだよいきなり」

胡桃「な、なんとなく…」

八幡「そんなの考えたこともねぇよ」

胡桃「そ、そっか…じゃあ、可愛いと思う奴とかいるか?美紀意外で」

八幡「直樹は確定済みかよ…まあ確かに、直樹がメチャクチャ可愛いのは否定できんが。戸塚と瓜二つだし」

胡桃「だ、だよな…」シュン

八幡「……でも、その、なんだ」

胡桃「?」

八幡「ぜ、全員…ルックス的には良いと思う…ぞ…」カァァ

胡桃「そ、そうか?あ、あたしとかは」

八幡「……前に可愛い方に入るって言わなかったか?」プイッ

胡桃「そ、そそ、そうだったな…えへへ…」カァァ

201: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:45:28.54 ID:ELbMJdsX0
八幡「ん?なんだこのノートは」チラッ

胡桃「それは家計簿だ」

八幡「家計簿…若狭のか」

胡桃「ああそうだ」

八幡「本当にマメな奴だよな」

胡桃「そういえばりーさんとかはどうなんだ?」

八幡「さっき全員ルックスは良いと答えたじゃねぇか」

胡桃「そうだけどさ、もしりーさんに告白なんかされたらどうなんだ」

八幡「それはまず絶対に無い。何も問題ない」

胡桃「そ、そうか…ホッ」

八幡「……」

八幡「なんて言うか、若狭みたいなのは初めてなんだよ」

胡桃「え?」

八幡「俺の趣味の一つとして人間観察があってだな」

胡桃「何だよそれ…あんま良い趣味じゃないな」ヒキッ

八幡「小中学校の頃、散々な目に合ってきたせいか…相手の挙動、言動、表情とかで大体の性格や思考が分かっちまうんだよ」

胡桃「へーすげー!」

202: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:47:51.47 ID:ELbMJdsX0
八幡「でも若狭だけはよく分からなかった」

八幡「あそこまで完璧に近い存在も珍しい」

胡桃「ああ、確かにりーさんは真面目でキレイで優しいもんな」

八幡「俺は知り合いで天才超人を3人ほど知ってるが」

胡桃「そんなにいるのかよ!?」

八幡「そのウチの一人が俺が探している部長だ」

胡桃「ああ、前に言ってたガチお嬢様ってやつか」

八幡「だが欠点も合ってだな。運動神経は良いのに体力無くて、方向音痴で…あと超が付くほど毒舌」

胡桃「そんなに?」

八幡「ああ酷かった。ただアイツは正義感あって根は良い奴だ。今は性格も相当丸くなったしな」

八幡「んで、そいつには姉がいるんだ」

八幡「言ってしまえばその姉は、妹の総合スペック強化版だな。だが俺は苦手だ」

胡桃「えっと…具体的にどこが?」

八幡「妹はクールで一匹狼って感じだが、姉は明るくて誰からも好かれやすい。だがそれは仮面を被ってる仮の姿。本性は魔王そのものだ」

胡桃「魔王!!?何モンだよその姉は!!」

八幡「んでもう一人、同じクラスのリア充野朗。葉山って奴だ」

八幡「文武両道でイケメン、誰に対しても優しい。だが俺は嫌いだ。アイツを良く思っていないのは俺と部長くらいで、皆からの評判は絶大だ」

胡桃「へー凄いじゃん。なんで嫌いなんだ?」

八幡「さあな。強いて言うなら…上手く言えんが、上っ面だけというか、どこか歪んでて薄っぺらい」

胡桃「ふーん」

胡桃(話し聞く限りだとイメージは先輩に近いけど、でも先輩は歪んでもないし薄っぺらくもないしな)

胡桃「んで、その超人3人とやらを例に挙げて、りーさんが一体どうしたんだよ」

203: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:50:28.61 ID:ELbMJdsX0
八幡「なんつーか…どんなに完璧そうでも大体、一癖二癖あるんだよ。普通はな」

八幡「去年の部長みたいに刺々しかったり、その姉みたいに中身が真っ黒だったり、葉山のようにどこか歪んでて薄っぺらかったり」

八幡「でも若狭にはダークな物は一切無かった」

八幡「真面目で家庭的で、優しくて穏やかで、美人でオッp…スタイルが良いと来た。男の理想を詰め込んだような完璧な存在だ」

八幡「だからイレギュラーなんだよアイツは。あんな完璧なのいないぞ普通」

胡桃「…………」

八幡「どうした黙って」

胡桃「……」ギュッ

八幡「痛ててて!!何しやがる!!ほっぺた引っ張るな!!」

胡桃「お前やっぱ、りーさんに惚れてるだろ!」

八幡「ち、ちげーよ…ただ」

八幡「あまりに高嶺の花すぎてな。端からそういう目で見て無い」

八幡「まだ雪ノ下のほうが不器用で人間らしい…でもそんなアイツに俺は憧れている」

胡桃「そ、そうか…」ズキッ

胡桃「……」

胡桃「あれ、でもお前って確か戸塚が…」

八幡「戸塚はもはや人間じゃない。あれは天使だ」

胡桃「人外扱い!?」

八幡「雪ノ下や若狭と一緒にするな。次元が全く違うんだよ」

胡桃「それじゃ美紀はどうなるんだよ!」

ガタッ!タタタッ…

八幡「?」

胡桃「いま音がした?ネズミか?」

八幡「……」

八幡(まさか…いや、それは無いよな。うん大丈夫だ。多分)

204: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:51:16.04 ID:ELbMJdsX0
八幡「ただ…若狭にも一つだけ不安要素ある」

胡桃「不安要素?」

八幡「アイツ多分、本当は精神的に相当まいってるぞ」

胡桃「ああ…り-さん、結構溜め込むところあるからな」

八幡「何か大きなキッカケがあれば、いとも簡単に壊れるぞアイツ」

八幡「だから何かあった時は、ちゃんと支えてやれよ」

胡桃「分かってるよ…つーか、お前もりーさんをしっかり支えろよな」

八幡「俺よりお前らのほうが良いだろ。付き合いも長いし」

胡桃「付き合いの長さが問題じゃないよ。それに由紀と美紀だって付き合いは短い」

胡桃「お前だって男なんだから、りーさんのことちゃんと支えてやれよ」

胡桃「……」

胡桃(…って何やってんだよアタシは。これじゃライバルに塩を撒いてるようなもんじゃねえか)

胡桃(イヤちょっと待て!そもそもライバルって何のライバルだよ!?何をりーさんと競ってんだアタシは!!)

胡桃(~~~っ!!///)ジタバタ

八幡「なに一人でもがいてるんだお前は」

205: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:53:37.43 ID:ELbMJdsX0
【次の日の朝・部室】

悠里「……おはよう」

由紀「りーさん大丈夫?目の下にクマがあるよ」

悠里「え?ええ…ちょっと寝不足でね」ドキドキ

胡桃「珍しいな」

美紀「大丈夫ですか?」

悠里「だ、大丈夫よ」

八幡「体調悪いなら寝てろ。朝食の準備なら俺達がやる」

悠里「っ!!!」ドキッ

ガシャーン!

全員「!?」

悠里「あ…ごめんなさい。お皿落としちゃった…」

八幡「しょうがねぇな…いまホウキとちり取りで拾うから…」

悠里「あ…」カァァァ

八幡「ん?」

悠里「あ…ぇと…私が…」ドキドキ

八幡「お前、熱でもあんじゃねぇか?」

悠里「そ、そそ、そんなこと無いわ」ドキドキ

由紀「りーさん、顔が真っ赤だよ」

美紀「横になったほうが良いですよ」

悠里「そ、そう?じゃあ横になろうかしら…」

八幡「んじゃ、送ってくわ」

悠里「へぇっ!!?///」ドキッ

胡桃「どうしたりーさん!?声が裏返ってるぞ!」

悠里「あ、えと…その…///」ドキドキ

八幡「早く行くぞ」

悠里「は、はい…」カァァァ

207: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 16:58:37.98 ID:ELbMJdsX0
八幡「それじゃ、しっかり体を休めろよ」

悠里「え、ええ」ドキドキ

ガララッ

悠里「……」

――――

どんなに完璧そうでも大体、一癖二癖あるんだよ。普通はな

若狭にはダークな物は一切無かった

真面目で家庭的で、優しくて穏やかで、美人でスタイルが良いと来た。男の理想を詰め込んだような完璧な存在だ

あんな完璧なのいないぞ普通、あまりに高嶺の花すぎて……

――――

悠里「……」

悠里「盗み聞きするつもりなかったのに…あんな事、聞いちゃったら私…」

悠里「……」ドキドキ

悠里「~~~っ!!///」ジタバタ

悠里「は、恥ずかしい…」カァァァ

ガララッ

八幡「おーい、白湯持って来たぞ」

悠里「ひゃ、ひゃい!」ビクッ

208: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 17:01:05.38 ID:ELbMJdsX0
【数日後の夕刻・繁華街】

八幡(今日は探索と兼ねて、演劇に使う衣装さがしに来た)

胡桃「いっぱいゲットしたな!」

八幡「ああ。だが流石にこれだけの数の衣装をリュックの中に詰め込むのは限界がある」

胡桃「数回分けて取りに来るか、それか明日はめぐねえの車で運ぶか」

八幡「後者が良い。今日は持てる分だけ持って、学校へ帰るぞ」

胡桃「そうだな。明日は久々にめぐねえカーだ!」

~帰りの道中~

胡桃「今日も学校まで競争だ!」

ブロロロロ!!

八幡「おい。スピード出しすぎるなって毎回言ってんだろ…」

胡桃「大丈夫だ!アタシの華麗なテクニックをお前も知ってんだろ!!」

キュルルル!!

胡桃「あれ」ガクッ

八幡「っ!!危ない!!下りろ!!」

胡桃「くっ…!!」ササッ

ガシャアアアアン!!
ドガァァァン!!!

胡桃「痛ててて…間一髪セーフ…」

八幡「おい!大丈夫かよ!」

胡桃「へへへ、お前が声かけてくれたおかげでな。助かった」ピース

209: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 17:02:25.78 ID:ELbMJdsX0
八幡「……」

胡桃「あ、えっと…八幡?」

八幡「あれほどスピードを出しすぎるなって注意したじゃねぇーか」

胡桃「あ、ごめん…怒ってる?」

八幡「……」

八幡「お前を怒ったところで何かが変わる訳じゃないだろ」

八幡「とりあえず手当てだ。ほら腕をみせろ」

胡桃「え、ああ…良いよ。自分でやるから」

八幡「良いから見せろ」

胡桃「あ、はい」

八幡「……ヒザ当てやっておいて良かったな」

胡桃「へ、へへ…だろ?」

八幡「調子に乗るな。ほら消毒」

ピチャッピチャッ

胡桃「~~~っ!!し、しみる…!!」

八幡「もうスピード出し過ぎるなよ」

胡桃「へーい…」

210: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 17:03:22.82 ID:ELbMJdsX0
八幡「よし終わった」

胡桃「怪我の手当ても慣れてんだな」

八幡「今年のマラソン大会で怪我した時、部長に世話になってな…そのやり方を目で追って学んだ」

胡桃「そ、そうか」シュンッ

胡桃「……」

胡桃「バイク、壊れちゃったな…」

八幡「仕方ない。歩いて帰るか。体がそんな状態だし…別のバイクの運転も止めた方がいい」

胡桃「……」

胡桃「な、なあ」

八幡「ん?」

胡桃「お前のバイクの後ろ…乗せてくれよ。ニケツで帰ろうぜ」

八幡「」

胡桃「あ…でも、ダメだよな」

八幡「当たり前だ。そんな恥ずかしい事できるか」

胡桃「あ、いや、そもそも…お前…彼女いるしな」

八幡「」

八幡「え?」

胡桃「え?」

八幡「何言ってんだお前、俺に恋人なんていないぞ」

211: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 17:04:59.99 ID:ELbMJdsX0
胡桃「は、はぁぁぁ!?じゃあ戸塚は何なんだよ!」

八幡「天使」

胡桃「そっちじゃねぇよ!あれだけ戸塚戸塚って連呼したり、何で美紀に抱きついたりしてたんだよ!!」

八幡「いや…戸塚はその、友達で…まあ、何と言うか…」

胡桃「……じゃあ、本当に付き合ってないのか?」

八幡「当たり前だ」

胡桃「そっか。なんだ…ホッ」

胡桃(良かった…本当に良かった…まだ彼女がいなくて…)

胡桃「……」

胡桃(え、良かった?何で?いや、そもそも何でこんなに安堵してんだアタシは)

ドクン、ドクン

胡桃(あ、でも。あれだけ戸塚戸塚と連呼してるって事は、少なくとも戸塚の事が好きなんだよな。片想いって奴なんだよな)

ドクン、ドクン、ドクン

胡桃(あの捻くれてて根暗な八幡が、バカみたいに熱狂的に惚れてしまうほど…戸塚の事が好きなのか…)

ドクン、ドクン、ドクン、ドクン

胡桃(な、なんだコレ…嬉しいのに苦しい…)

胡桃(八幡は誰とも付き合ってない。それを知れて嬉しい…嬉しい?)

胡桃(でも戸塚に片想い。だから苦しい…苦しい?)

ドクン、ドクン、ドクン、ドクン、ドクン

胡桃(アタシは…アタシは…)

212: ◆ExcbJR30iQ 2015/09/26(土) 17:06:57.69 ID:ELbMJdsX0
八幡「んじゃ行くぞ」

胡桃「待ってくれ」

八幡「ん?」

胡桃「やっぱ二人乗りしたい」

八幡「ちょ、おま、まだそんな事を」

胡桃「お願い」ギュッ

八幡「おい…服の裾を引っ張るな」ドキッ

胡桃「お願い」

八幡「」

胡桃「ほら…」グッ

八幡「お、おい…押すなよ…」ドキドキ

胡桃「お願い」

八幡「……」

~~~~

八幡「しっかり捕まってろよ」

胡桃「うん」

ギュゥゥ

八幡「いっ…!!」ドキッ

胡桃「はは、変な声出すなよ…」

八幡「あ、あのな…」ドキドキ

胡桃「なんだよ」

八幡「そ、そんなに背中を強く抱きしめるなよ…」

八幡「か、勘違いするだろ…」ドキドキ

胡桃「っ…」ドキドキ

胡桃「いいから黙って、早くバイクを動かせよ」

八幡「……」ススッ

ブルルッ!

八幡「じゃ、じゃあ…学校へ帰るぞ」

胡桃「うん」

ブロロロロロ…!

八幡「……」ドキドキ

八幡(何ナノコレ。罰ゲームナノ?)ドキドキ

八幡(心拍数がやばい事に)ドキドキ

胡桃「……」カァァ

胡桃(八幡の背中…温かい…)ドキドキ

胡桃(ずっとこのまま、時間が止まれば良いのに)

胡桃「……」ギュゥゥゥ

306: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:24:14.19 ID:xM8eh6nk0
【帰宅後・部室】

悠里「……」ゴゴゴゴ

胡桃「」セイザ

八幡「」セイザ

八幡(なぜ俺まで)

由紀「はわわわ…り、りーさん落ち着いて…」オロオロ

美紀「ゆ、悠里先輩……」

悠里「胡桃」

胡桃「お、おう」

悠里「何か言う事は?」

胡桃「いやーヒザ当てしておいて正解だなー」ダラダラ

悠里「……」

胡桃「でもよー腕を怪我しちまってさー迂闊だったなー」

悠里「……」

胡桃「あ、でもさ!骨折とかじゃないから安心しろよ!擦りむいただけだ!八幡に手当てもしてもらったし…」

悠里「……他にいう事があるんじゃない?」ゴゴゴゴ

胡桃「はいごめんなさい。気をつけます」

悠里「スピードの出し方には気をつけなさいって言ったでしょう?」ゴゴゴゴ

胡桃「はい」ビクッ

悠里「……」ゴゴゴゴ

八幡「」

八幡(こ、怖!怒るとこんなに怖ぇぇのかよ…怒った時の雪ノ下と同じ位怖い…)

307: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:26:01.17 ID:xM8eh6nk0
悠里「で、八幡君?」チラッ

八幡「は、はい」ビクッ

悠里「……」

悠里「……っ」カァァァ

八幡「?」

悠里「……///」モジモジ

八幡「あ、あの。なにか」

悠里「ヒェ!?」ビクッ

由紀・美紀「!?」

胡桃「おいどうした!声が裏返ってるぞ」

八幡「…?」

悠里「あ、あの…その…」ドキドキ

悠里「も、もう…いいわよ。正座させてごめんなさい。アナタは悪くないものね」

八幡「おう…?」スクッ

胡桃「ほっ…」スクッ

悠里「それで胡桃、もう治療は済んでるのよね?」

胡桃「ああ。さっきも話したが八幡に手当てされたからな」

悠里「……次に無茶したら外出禁止だからね?」ゴゴゴゴ

胡桃「ひ、ひぃ…!わかりました!」ビクッ

悠里「本当に反省しているの?」ゴゴゴゴ

胡桃「し、しし、してるって!」ビクビク

八幡「おい若狭、もうその辺にしとけ」ポンッ

悠里「ひゃっ!?」ビクッ

八幡「……?恵飛須沢には俺からも注意した。これからはバイク乗る時も厳しく注意もする。それで良いだろ?」

悠里「う、うん…分かったわ…」カァァ

悠里「……」モジモジ

胡桃「……?」

八幡(なんか最近、若狭の様子がおかしいな。あんな態度とられたら勘違いしてしまうじゃないか…)ドキドキ

八幡(は!そうか、おれは嫌われてしまったんだ。そうだそうに違いない。だからあんな挙動不審なんだ)

悠里「……八幡君」

八幡「ん?」

悠里「いつも大変ね。肩凝ってるでしょ?揉んであげる」ススッ

八幡「お、おい!」

悠里「えい、えい」ギュッ

悠里「……」ドキドキ

八幡「……」ドキドキ

八幡(そうだこれは俺に親切にさせておいて、その気にさせ、上げと落とす作戦だ…けっきょく振られちゃうのかよ)

胡桃(りーさん…?)モヤモヤ

308: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:28:57.70 ID:xM8eh6nk0
【次の日・繁華街】

胡桃「今日は、めぐねえの車で来て正解だったな!」

八幡「これで演劇で使う衣装、資材は揃ったな」

胡桃「今日はもう暗いから帰ろうぜ」

八幡「ああ、すっくり暗くなっちまったな」

ポツ…ポツポツ…

胡桃「ん?」

サァァーーーー

胡桃「雨が降ってきた…」

八幡「……」

【部室】

胡桃「ただいまー!」

八幡「うす」

悠里「おかえり。外は雨が降ってきたわね」

胡桃「ああ…」

八幡「丈槍と直樹は?」

悠里「いま、シャワーを浴びてるわ」

八幡「そうか」

悠里「……はぁぁ」

八幡「どうした。そんな憂鬱そうにして」

胡桃「………」

悠里「………」

悠里「雨の日は…めぐねえがいなくなった日だから…ちょっとね」

八幡「……そうか」

胡桃「確かに…こんな雨の日だったっけな。めぐめえがいなくなった日は…」

八幡「……」

八幡「俺は雨の日は嫌いじゃない。だが俺も良い思い出が無い」

胡桃・悠里「……?」

八幡「俺の顧問が亡くなった日もこんな雨の日だったからな」

胡桃・悠里「え……」

八幡「……」

八幡「ちょっと寝室で横になってくるわ。夕飯の時間になったら呼んでくれ」ガララッ

胡桃・悠里「……」

309: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:30:57.72 ID:xM8eh6nk0
【次の日・部室】

八幡「……」

ビュゥゥゥゥーー!!

悠里「今日は大荒れね…」

美紀「これって…台風ですよね」

胡桃「参ったな…風が強い上に雨なんか降られたちゃ、廊下が水浸しになっちまうじゃねぇか」

悠里「明日は皆で大掃除で。ゆきちゃん、今日はお手洗いとシャワーの時意外は廊下でないようにね」

由紀「はーい!今日は休日で助かったよ!」

八幡「……」

胡桃「八幡」

八幡「……」

胡桃「今日はもう休め」

悠里「そうよ。流石に危険だわ」

美紀「無理はよくないですよ」

由紀「今日はみんなでゲーム大会しよう!」

胡桃「よっしゃ!んじゃ何やるか?スマブラかマリカーか?」

由紀「う~ん、悩む~」

八幡「……」ガサゴソ

胡桃「お、バッグに何か良いゲームが入ってるのか?」

八幡「……」スッ

胡桃「ちょ、それ…レインコート…」

悠里「八幡君…アナタまさか…!?」

八幡「……」ススッ

美紀「この天候の中、探索するんですか!?」

由紀「八幡くんあぶないよ!」

八幡「んじゃ、いってくる」

胡桃「ちっ…わかったよ!アタシも準備するから待ってろ!」

八幡「お前は今日は残れ」

胡桃「え…」

八幡「雨の日はゾンビが集まりやすいのは知ってんだろ?ましてこんな台風だ。尚更集まりやすい」

胡桃「でも…」

八幡「ほれ」ポイッ

胡桃「っ!!」ガシッ

八幡「それがあれば『もしも』の時にも役立つ」

八幡「扱いには気をつけろ。手元に消火器を置いとくのも忘れるなよ」

ガララッ

美紀・由紀「行っちゃった…」アゼン

悠里「ねぇ胡桃。それって…」

美紀「そんな物が役に立つんですか?」

胡桃「ああ?これはな…」

310: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:32:19.50 ID:xM8eh6nk0
【昇降口前】

ビュォォォォォーー

八幡(さて、裏口からここまで来たが…まだ昇降口前に集まってなかったな)

ぅぅぅぅ…ああああ…

八幡(だが案の定、大勢で昇降口に向かってきている。ここに到達するのも時間の問題)

八幡「……」

ぐぅぅぅ…あ“あ”あ“…

八幡(恵飛須沢にはチャッカマンとスプレーを渡してあるが、一応ここで奴らを一掃しておこう)

八幡(数にして20体はいるな)

八幡「だが一匹たりとも校内には侵入させん。先生のジッポとスプレーでな」

八幡「今日は雨だ。追い風にそうように油が入ったバケツを奴らにかけてっ…と」バシャバシャ

オォォォ…ゥゥゥゥ…

八幡「喰らえ、平塚先生直伝」

八幡「即席火炎放射」

ボォォォォォォ…!

八幡「……」シュゥゥ

グォ!ウォォォォ…!!

~~~~

八幡「……」

八幡「消火器は必要なさそうだな…全員グランドでのたうち回っているし。雨と風で勝手に火が消化されたようだ」

ゾンビ達「ヵ…ァァ…ッ…」ピクピクピク

八幡「あまり焼けてないが、動きが完全に止まるのは時間の問題だな」

八幡「……」

八幡「良かった…あのゾンビたちの中には小町たちはいなかったな…」

311: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:33:28.93 ID:xM8eh6nk0
【住宅街】

八幡(今日は流石に原付が危なくて使えないから、徒歩でいける住宅街を中心に探索する)

八幡「おじゃまします」ガチャッ

ゥゥゥ…ァァァ…

八幡「……」

八幡「中年の夫婦か…子供達は無事だと良いな」

ゥゥゥ…ァァァ…

八幡「安らかに眠ってくれ」ブンッ

ゴス!ゴシャ!

八幡「……」

八幡「雨の日はシャベルがすべる」

八幡「中年の夫婦ゾンビ…彼らを見ると、お袋と親父の最期を思い出す」

八幡「……」

八幡「小町に何ていい訳すりゃ良いんだ…」

ガチャッ

312: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:35:37.41 ID:xM8eh6nk0
(回想)

【パンデミック初日の深夜・家の玄関前】

八幡「ぁ…ぁぁ…」

比企谷父「」

比企谷母「」

八幡「ぁぁ…ぁぁぁ…!」ガクッ

八幡(バ、バットで…)ガクガク

八幡「何でだよ…どうしてこんな…」ボロボロ

八幡「……大体、なんなんだよ」

八幡「なんで街が燃えてるんだよ」

ゥゥゥ…ァァァ…

八幡「なぜゾンビがあちこちにいるんだよ」

八幡「アンブレラが本当にいたとかシャレになんねぇぞ…」

八幡「悪夢でも見てるのか…?」

八幡「そうだよな。一週間も熱で寝込んでたから…これも夢の中なんだよな…そうだ、そうに違いない」

平塚「残念ながら夢じゃない」

八幡「せ、先生…」

平塚「無事でよかった。早く車に乗れ」

八幡「の、乗れって…ドコに…」

平塚「早く!キミの家も燃えてるじゃないか!危ないぞ!」

ゴォォォォ…

八幡(……親父、お袋。こんな火葬の仕方で申し訳ない)

八幡「いくぞカマクラ」

カマクラ「にゃおぉぉ…」グスッ

~パンデミックから1週間後・ある公民館~

平塚「体調はどうだ」

八幡「おかげさまで、良くなりました」

平塚「そうか…しかし、キミも運が良いのか悪いのか」

平塚「パンデミック発生の1週間前に40度近くの高熱で学校を休み」

平塚「やっと治りかけた所でパンデミックが起きて、ショックで再び熱が39度台まで上がる」

平塚「近くに病院があって助かったな。医者も避難してきてるし」

八幡「全くですよ」

八幡「で、小町は避難に来ましたか?」

平塚「いや…来てない」

313: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:37:38.91 ID:xM8eh6nk0
八幡「あの日、先生は学校にはいなかったんですか」

平塚「ああ…放課後は外に用事があって」

八幡「用事?」

平塚「その…知り合いに男の人を紹介してもらう約束をしてて」

八幡「なんで平日にそんな事してるんっすか」

平塚「し…仕方ないだろ!写真を見せてもらったらカッコよかったんだ!それに私と同じで結婚できてなくて悩んでたみたいだし…趣味も私と合うといってたし…誰かに取られたくないし…」ゴニョゴニョ

八幡「……んで。その素敵な独身男性は」

平塚「既に変わり果てていた。私の友人と共に」

八幡「……」

平塚「本当、世の中うまくいかないものだな」

八幡「……あの」

平塚「ん?」

八幡「雪ノ下と由比ヶ浜はどうなったかわかりますか?」

平塚「わからん。キミの方は連絡がついたのか?」

八幡「連絡がついてたら報告してますよ」

平塚「そうだよな…心配だ」

八幡「……」

314: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:38:58.30 ID:xM8eh6nk0
【公民館・深夜】

八幡「よし、書き置きもした」

八幡「行くぞカマクラ」

カマクラ「んにゃ~」ムスッ

平塚「待て」ガシッ

八幡「……っ、寝てたんじゃ」

平塚「ただのフリだ。熱が引いた後のキミの思考を見破れないとでも思っていたのか?」

平塚「探すんだろ?彼女たちを」

八幡「……ついて来ないで下さい」

平塚「断る。私は教師だ」

八幡「外は危ないですから」

平塚「病み明けで2週間近く寝てたキミが単独で外出なんて、自殺行為に等しい」

八幡「来ないで下さい」

材木座「フハハハ!八幡よ!いい加減観念したらどうだ!」

八幡「いきなり現れんな」

材木座「さあ!冒険の旅へ出発だ!」

八幡「先生も材木座はここに残ってくれ」

平塚「キミが拒むのは勝手だが、私達も勝手に付いてくるぞ?」

材木座「八幡よ、水臭いではないか!いつも通り我を好きなだけ利用したらどうだ!」

八幡「利用されてた自覚あったのかよ…」

平塚「……比企谷。この公民館もいつまでも安全とは限らんぞ」

八幡「え…」

ドンドン!ドンドン!

平塚「来たか…」

ぅ“ぅ”ぅ“…あ”あ“あ”…

市民1「っ!!起きろ!!襲撃だ!!」

市民2「男は全員武器を手にしろ!」

平塚「比企谷。お前はまだ体力が戻ってない」

平塚「私の背中に隠れてなさい。いくぞ材木座!」

材木座「うむ!!」

八幡「……」

ガシャァァァン!!

315: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:40:04.06 ID:xM8eh6nk0
【数時間後の公民館】

平塚「死屍累々…だな」

材木座「う……」

八幡「……」

平塚「遠くへ逃げ延びた者、殺された者、変わり果てた者…そして、私達のように取り残された者。色々いるが、一つ確かなのはもう公民館は避難所の機能を失っている」

平塚「私と材木座は彼女達を探すたびに出る。君と同じように…で、付いてくるか?」

八幡「……せっかくボッチの旅が出来ると思ったのに。残念だ」

八幡「だが材木座。お前は次の避難所見つけたら離脱しろ」

材木座「何ゆえ?」

八幡「お前にとって雪ノ下も由比ヶ浜も、小町も対して親しくは無いはずだ。精々戸塚と少し話すくらいだろ?だからお前がくる必要は無い」

材木座「フハハハ!八幡よ…今の世の中、絶対安全な場所など無い。この公民館が壊滅したように」

材木座「ならば我はおぬしと共に命をかけて闘おうではないか!そして、お主はいつも通り我を利用すればよい!」

八幡「……」

八幡「勝手にしろ」

~~~~

八幡(それから…数ヶ月、カマクラと先生と材木座との一匹と三人の旅が始まった)

八幡(だが現実は常に非常な物だった)

316: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:42:26.94 ID:xM8eh6nk0
~数週間後~

八幡「カマクラ…すまん」ボロボロ

ゾンビカマクラ「グゥゥ…ジャァァ…」

八幡「最初はただの野良猫との喧嘩だと思ってた…ちゃんとお前を見張ってれば…」

ゾンビカマクラ「ジャァァァ…!!」ダダッ

八幡「おやすみ、カマクラ」ブンッ

ゴシャ!

平塚・材木座「……」

~~~

材木座「ぐふ…無茶をしすぎた…」

八幡「おい、厨二病ごっこはやめろ」

材木座「残念ながらごっこではない。現実なのだ」

ぅぅぅ…あ“あ”あ“あ”…

平塚(やばい…かなりの数が追ってきてる。早く逃げなければ)

材木座「八幡、これを」ススッ

八幡「……そのラノベの原稿はお前が出版社に直接わたせ」

材木座「それは叶わぬ願いだ。お主に託す」

八幡「材木座…」ガシッ

材木座「さて、剣豪将軍の最後の奥義をお見せしよう!」ガクガク
八幡「何が奥義だ。足が震えてんぞ…」

材木座「わ、わわ、我は最後の闘いへ向かう!」ガクガク

八幡「待て、病院にいくぞ」

材木座「そう都合よく特効薬があるはずが無い」

八幡「まだ諦めるのは早い」

材木座「いや遅い…がふっ!」

ビキビキ!ビキビキ!

八幡「っ!!」

八幡(材木座の体中に…血管が歪に浮かんでる…)

317: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:43:02.79 ID:xM8eh6nk0
材木座「おっと!そこに都合よく、給油車があるではないか!」

平塚「おい、まさか…やめろ!乗るな!」

材木座「遅い!」ガチャッ

材木座「さあ行け!前方に見えるガソリンスタンドへ一直線じゃああ!!!」

ブロロロロロ!!!!

平塚「くっ!!この場から離れるぞ比企谷!」

八幡「材木座…」

平塚「早く!!」ダダッ

八幡「……っ」ダダッ

材木座「くらえぇぇ!!!生ける屍共がぁぁぁ!!我の熱き奥義を喰らうが良い!!」

材木座「フハハハハハハ!!フハハハハハハハハハハハ!!!」

ボォォォォォォォォン!!!

八幡・平塚「材木座――!!!」

318: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:45:02.67 ID:xM8eh6nk0
八幡(カマクラと材木座を失ってからは、しばらくは先生と二人で旅をした)

八幡(道中、生き残る為に様々な事を教わった)

~~~

平塚「良いことを閃いた。このスプレーとチャッカマンが武器になる」カチッ

平塚「ほら…即席火炎放射器だ」ボォォォ

平塚「これをキミに授けよう。取り扱いには気をつけろ」

八幡「あざす…しかしよくそんな発想が生まれましたね」

平塚「材木座の特攻からヒントを得てな…なにか火炎系の攻撃ができないかと」

平塚「そこで、昔よくやったゲームを思い出してな」

八幡「……?」

平塚「古いゲームさ。スプレーとライターでラスボスを倒すゲームがあってだな」

八幡「そんなゲームがあったんすか」

平塚「いつかパンデミックが終わったら一緒にやるぞ」

八幡「……うす」

~~~

八幡「ちっ…囲まれた」

ぐぅぅぅ…ぉぉぉぉ…

平塚「よし比企谷!昨日作った火炎瓶を投げてみろ!」

平塚「お前の背後は私に任せろ」

八幡「うす…おらっ!」ブンッ

バリィィィン!

八幡「おお…よく燃える…」

グォォォ…!!

平塚「油断するな!すぐにシャベルを装備しろ!」

平塚「オラオラオラオラ!!」

ドス!ドガ!ゴシャ!

八幡「……」チラッ

八幡(つ、強ぇぇ…本当にただの教師かよ。特殊部隊でも行った方が良いだろ)

~~~

八幡(信じるという事が苦手な俺だが、先生は別だった)

八幡(平塚先生とならきっと生き延びられるかもしれない…そんな自信があった)

八幡(だが、現実はやはり残酷だった)

319: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:47:34.93 ID:xM8eh6nk0
【数ヵ月後・ある繁華街にて】

平塚「くそ!囲まれた…」

八幡「シャレにならん。こんな数、初めてですよ」

平塚「ここらの地域は相当な被害が合ったんだな。ゾンビの数が異常だ」

ゥゥゥ…ア“ア”ア“ア”…

平塚「昨日、私の車が廃車にさえならなければ逃げ切れたというのに…」

平塚「比企谷、火炎瓶のストックは?」

八幡「……もう使い切りました」

平塚「スプレーは!?」

八幡「もう無いです」

平塚「……なるほど、ここからは白兵戦のみか」

平塚「いいか、逃げ場など無いが火事場の馬鹿力をみせてやれ」チャキッ

八幡「うす」チャキッ

平塚「行くぞ!ウオオオオオ!!!」ダダッ

八幡「……っ!!」ダダッ

ドス!ドガ!ゴシャ!バキ!

~~~

八幡「ぜぇ…ぜぇ…」

八幡(あれから何時間たったんだ。まだウジャウジャいる)

八幡(疲れて…シャベル振るのが辛い…)

平塚「はぁはぁ、いかん…このままだとスタミナ切れしてしまう…」

八幡(平塚先生までも疲弊してる…だが死ぬ訳にはいかん)

八幡「アイツらに会うまでは…!」

ドス!ドガ!ゴシャ!バキ!

八幡「…!!見えた…突破口が…」

平塚「なに!?本当か!」

八幡「後ろを任せます。俺が切り開きます」

平塚「おう!」

ドス!ドガ!

320: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:48:04.30 ID:xM8eh6nk0
八幡「もう少し…もう少しで…」

ゴシャ!バキ!

平塚「比企谷!急ぐのは良いが周りを良く見るんだ!」チラッ

八幡「もう少し…もう少し…!」

平塚「おい!聞いてるのか……あ!!」

あぁぁ…ぅぅぅ…

平塚「比企谷危ない!!横から来てるぞ!!」

八幡「え」

平塚「くっ…間に合え!!」

ガブッ

平塚「ぐあっ…!!」

八幡「っ!!!?」

ガブ…ガブ…

平塚「ぐっ…」ググッ

平塚「いつまでも…人の腕を嚙むな!!」ブンッ

ゴン!ゴシャァァ!!

平塚「ぜぇぜぇ…」

八幡「ぁ…ぁぁ…」ガクガク

平塚「丁度、突破口ができたな」

平塚「ボサッとするな!逃げるぞ!」ガシッ

八幡「」ダダッ

それから先生に手を引っ張られたまま、大きな公園まで逃げた
そのときの俺は完全に放心状態だった

321: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:49:16.06 ID:xM8eh6nk0
【大きな公園】

平塚「ぜぇぜぇ…この大きな木の下で休もう」

八幡「」

平塚「ほら、キミも腰を下ろせ」ススッ

八幡「」ススッ

平塚「ほら、しっかりしたまえ」ポンッ

八幡「」ビクッ

平塚「……」

八幡「……」

平塚「さて、これからどうしようか…」

八幡「……」

~~~

平塚「……」ゴソゴソ

平塚「あったあった、一升瓶」

平塚「ほら、キミの大好きなマックスコーヒーだ。飲みなさい」

平塚「ほら、乾杯」コツン

八幡「……」コツン

平塚「んんっ…」ゴク

平塚「あああ…うまい…」

八幡「……」ゴクゴク

八幡「……」

平塚「……そんな顔するな」

八幡「……」ススッ

平塚「土下座もしなくていい。勿論、謝罪もだ」

八幡「……」ペコッ

平塚「聞いてたか?土下座するなといったハズだ」

平塚「謝るのなら、最後の晩酌に付き合いなさい」

322: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:50:35.34 ID:xM8eh6nk0
平塚「キミがあと2年ほど歳をとってたら一緒に酒を飲めたんだがな」

八幡「……」

平塚「さて、次は最後の一服といこう」カチッ

平塚「プハァァ…」

八幡「……」

平塚「……」

平塚「……」ススッ

バシャバシャ…

八幡「っ!?」

平塚「ははは、日本酒を頭から被るなんて初めてだ」

八幡「せ、先生…何を…」

平塚「比企谷、理科の実験で習っただろ?」

平塚「アルコールは燃えやすいんだ」

八幡「っ!!!!」

平塚「さらばだ、比企谷」

シュバッ

平塚「あっ…」

八幡「はぁ…はぁ…」ググッ

平塚「こら、私のジッポを返すんだ」

八幡「……」

平塚「困った教え子だ…」ススッ

平塚「ならば懐にしまっていた、この小刀で武士の如く腹を切ろうじゃないか」グッ

八幡「っ!!!」

シュバッ

平塚「……こら、返したまえ」

八幡「アンタはヤクザかよ…こんな武器、いつ手にいれたんですか」

平塚「ほんの少し前だよ」

八幡「没収させてもらいます」

平塚「本当、困った生徒だ…」

323: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:52:41.45 ID:xM8eh6nk0
平塚「……何だキミ、泣いてるのか」

平塚「情けないツラするな。男だろ」

八幡「……」

平塚「……」

ビキビキ!!ビキビキ!!

平塚「ぐっ!!」ガクッ

八幡「」

平塚「ぜぇぜぇ…いよいよ始まったな…」

八幡(顔中に、体中に血管が浮かび上がっている…)

平塚「ぜぇぜぇ…これは…なかなか辛い…」ググッ

ビキビキ!!ビキビキ!!

平塚「がふっ!」

八幡「……!!血が…」

平塚「……私には遣り残した事が二つある。1つは…言わなくてもわかるか」

八幡「……」

八幡「結婚できなかった事と何ですか?」

平塚「キミの妹、雪ノ下と由比ヶ浜…そして比企谷、君達の卒業姿…その後の身の振る舞い、その行く末を…見届ける事が出来ない事だ」

八幡「……」

ビキビキ!!ビキビキ!!

平塚「ぐぅ…!!」

八幡「っ!!!」

八幡(先生の額から、目から血が流れている…血管が断裂し始めてる…)

平塚「ぜぇぜぇ…ぜぇぜぇ…」

平塚「比企谷…最後ノ命令だ…ヨく聞きナさイ」

平塚「3ツのうち、好きナ方を選べ」

平塚「1つ『わたしの私物を返す』、2つ『キミがわたしの始末する』、3つ『今すぐこの場から立ち去る』」

平塚「サア、選べ」

324: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:55:39.52 ID:xM8eh6nk0
八幡「……選べません」

平塚「……」

平塚「困ッタ子ダ…」ナデナデ

八幡(血塗れになった先生は、優しく微笑みながら俺の頭を撫でる)

八幡(やがてその手の動きも不規則に、かつ力なくなっていく)

~1時間後~

平塚「」ガクッ

八幡「……」

八幡(平塚先生は完全に動きを止めて、その場で倒れる)

八幡「……」

平塚「」

平塚「」ムクッ

平塚「ぅぅぅ…」

八幡「……」

ガシッ

八幡「っ…」

ゾンビ平塚「ウアアァ…」

八幡(変わり果てた先生は、俺の肩をがっしりと掴んで、大きく口を空ける)

八幡(おれは何もできず、その場で立ち尽くしていた)

ゾンビ平塚「ぅ…ぅぅ…」ジタバタ

八幡「…?」

八幡(もがいてる…?)

ゾンビ平塚「……」バッ

八幡「肩を…離した…」

ゾンビ平塚「ふっ…!」ガシッブンッ

八幡「……!!」パシッ

八幡(シャベルを…投げつけてきた…!?)

ゾンビ平塚「ぅぅ…ぁぁぁ…」フラフラ

八幡「…そういう事ですか。わかりましたよ」

ゾンビ平塚「ぅぅ……アアアアアアア!!」ダッ

八幡「先生…いままでお世話になりました」ブンッ

ゴシャ!!バキッ!!ドガッ!!

325: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:56:45.76 ID:xM8eh6nk0
八幡(その後、俺は先生と約5分間、死闘を繰り広げた)

八幡(ゾンビになっても途方も無く強かったが、とうとう力尽きた)

ゾンビ平塚「……」

八幡「……」

ゾンビ平塚「ヒキガヤ」

八幡「え」

平塚「ありがとう」

ゾンビ平塚「」

八幡(ほんの一瞬、目に光が戻り優しく微笑むと、そのまま伏した)

~~~~

ザクッ…ザクッ…

八幡「穴掘り終わり」

八幡「後は埋めるだけだ」ススッ

平塚「」

八幡「おやすみなさい先生」

サク、サク、サク…

………………

八幡「……」カララン

ドサッ

八幡「」

八幡(木の麓に埋め終えると、俺はシャベルをその場に落とし、力なくうつ伏せに倒れる)

326: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:57:55.23 ID:xM8eh6nk0
ポツ…ポツ…

八幡「ぅ…ぅぅ…くっ…」

サァァァーー

八幡(雨が降ってきた)

八幡(顔面は涙と雨に塗れて、その雫は土へと垂れる)

八幡「ぅ…くっ…ぅぅ…」

ゥゥゥ…ア“ア”ア“ア”…

八幡(来たか…でも、もうどうでも良いや)

八幡(このまま喰われるのも良し、奴らの仲間になるのも良し)

ォォォ…ゥゥゥゥ…

八幡(もう疲れた)

八幡(千葉村で雪ノ下も言ってたもんな。ハリウッド級並みのゾンビフェイスだって)

八幡(それなら本物のゾンビになるのも悪くない)

八幡「もうどうでもいい…」

――比企谷くん

――ヒッキー!

八幡「」ピクッ

八幡(雪ノ下、由比ヶ浜)

――お兄ちゃん!

――八幡!

八幡(小町、戸塚)

八幡「……」ムクッ

ゥゥゥ…ア“ア”ア“ア”…

八幡「やっぱ…まだ死ねない…」ググッ

ゴシャ!!バキッ!!ドガッ!!

327: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:59:14.74 ID:xM8eh6nk0
ザァァーーー!

八幡「雨が強い…」

八幡「……」フラフラ

八幡「ぅぅ…くっ…」ボロボロ

ガシッ

八幡「うおっ!?」

ドサッ

八幡「痛っ……ん?これは原付バイク」

八幡「何でこんな所に転がってるんだよ」

八幡「……まあいい。車の運転なら平塚先生から教わったし」

八幡「これからは、このバイクで移動するか」ススッ

ブルン…ガタタタ…

八幡「動いた、しっかしボロボロのバイクだな。果たしてどれだけ持つか」

八幡「よし、行こう」

ブロロロロロロロ

八幡「寒っ」

八幡「……」

八幡「本当の意味でボッチになってしまった…」

八幡「……」

ザァァーーー!

八幡「ぅぅ…くっ…ぅぅ…」


後にも先に、人生でこの時ほど泣いた日は他に無かった

328: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 03:59:50.68 ID:xM8eh6nk0
(回想終了・夕刻の住宅街)

八幡「……」グスッ

ビュォォォォォーー!

八幡「あの時は自分でも恥ずかしくなるくらい、泣いたっけな…まあ、誰にも見られてないから良いけど」

八幡「……」

八幡「結局、今日も見付からなかった…」

八幡「……帰るか」

ぺチッ

八幡「ん?」

八幡「なんだ…頬に何か張り付いてる…風で吹き飛ばされてきたのか」スッ

八幡「これは…まさか…」

329: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:01:39.25 ID:xM8eh6nk0
【部室】

八幡「ただいま」

胡桃「っ!!八幡!!」タタッ

悠里「無事でよかったわ…ホッ」

胡桃「ほら…タオルだ。ビシャビシャだぜ」ススッ

八幡「悪い」ゴシゴシ

由紀「もう!心配でお昼御飯が咽に通らなかったよ!」

美紀「今日も…見付からなかったんですか…」

八幡「……」

八幡「無駄ではなかった」ゴソゴソ

八幡「これを見つけた」

美紀「赤いリボン…?」

胡桃「アタシがつけてるのとそっくりだな」

八幡「ああ、そうだ。だがこのリボンの方がやや細長い」

胡桃「そのリボンがどうしたんだ」

八幡「……」

八幡「本物か、偽物か…それは判断できんが」

八幡「部長の雪ノ下がつけてた物と似ていてな」

全員「……」

八幡「例えこんな物でも…希望を見出してしまう」

八幡「……」ツー

八幡「アイツがもしかしたら近くにいるのかもしれない……ってな」ギュッ

八幡「ぅ…くっ…ぅぅ…」ボロボロ

全員「……」

330: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:03:54.08 ID:xM8eh6nk0
【深夜の部室にて】

ガララッ

美紀「あ、八幡先輩」

八幡「おう」

美紀「起きてたんですか」

八幡「ああ。寝る前に本を読もうと思ってな」

美紀「私もです」

八幡「そうか」

美紀「……」

八幡「……」

美紀「八幡先輩は凄いです」

八幡「何だいきなり」

美紀「いくら大切な人でも、ここまでリスクを背負って探索なんて、なかなか出来ません」

八幡「……」

美紀「私の友達も、八幡先輩とは別な理由で外に飛び出しました」

八幡「友達?」

美紀「ええ、圭と言いまして…」

~~~~

美紀「……っと言う事があって」

八幡「そうか、お前も大変だったんだな」

美紀「……本当なら、私も圭を探すべき何でしょうけど」

八幡「まあ、反対を押し切って出てった訳だしな…それにこの状況だ。だれもお前を責めやしない」

美紀「……」

八幡「……去年までの俺だったら、誰かの為に命を懸けるなんて考えもしなかったな」

美紀「え?」

八幡「だって俺ボッチだったし。たぶん俺はお前と一緒で、ショッピングモールの1室に引き篭ってた。何なら生存者の声が聞こえても無視するまである」

美紀「そこまで拒絶するんですか!?」

八幡「ああ、だって嫌われ者だったし。多分助けられてもその後は冷たくされるだけだし」

美紀「ここの皆の反応は違うじゃないですか」

八幡「お、お前らは人が良すぎるだけだ」ドキッ

八幡「……」

八幡「あ、小町を忘れてた。小町の為ならいくらでも命をかけられる過去も未来も現在もな。ああ、そうだよ。何てことだ小町を忘れるなんて。俺は兄失格だ。欝だ死にたい」

美紀「大げさすぎます!」


331: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:05:10.81 ID:xM8eh6nk0
美紀「でもちょっと無茶しすぎじゃないですか?こんな台風の日に出かけなくても」

八幡「お前に俺の座右の銘を教えてやる…押してだめなら諦めろ、だ」

美紀「全然、座右の銘と一致してない気が…」

八幡「してるさ。俺が探索を諦める時は…」

八幡「アイツらが手遅れの場合か、俺が手遅れになるか。どっちかだ。手遅れになったらもう押せないからな」

八幡「だからそれまでは押し続ける」

美紀「……っ」

八幡「アイツらが…特別で、本物だからだ」

美紀「本物…」

美紀「……」

美紀「由紀先輩にも」

八幡「ん?」

美紀「由紀先輩にも、本物の世界を見せてあげるべきでしょうか」

八幡「俺がさっき言った『本物』とは、また解釈というか捕らえ方が違うが…まあ言わんとしてることは分かる」

美紀「由紀先輩と思い出を作るのは良いんですけど…でも、学園生活部以外でのところでは、偽物の思い出を作ってるんですよね」

八幡「そうだな…」

八幡「……」

八幡「黙ってはいたが」

美紀「?」

八幡「俺の作戦なら50%の確率で、丈槍を正常な意識に取り戻す事が出来る」

美紀「本当ですか!?」ガタッ

八幡「だがあくまで50%だ」

美紀「でも、由紀先輩の意識を正常に戻す可能性があるなら…!」

332: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:07:33.47 ID:xM8eh6nk0
八幡「しかし俺はその作戦を実行に移す気はない」

美紀「え…どうして」

八幡「言っただろ。黙ってたって。良い作戦とは思ってないからだ」

八幡「仮に。万が一仮に、丈槍の意識が正常な物になったとしよう。俺のやり方で」

八幡「……だが、良いことは一つも残らないだろう。多分」


(回想)

由比ヶ浜は優しいな…でもよ、同情で優しくしてるなら。そんなのやめろ

同情とかそんなんじゃない…ヒッキーのバカ…

~~~

上手く言えなくて…もどかしいのだけれど…あなたのやり方、嫌いだわ

もう少し人の気持ち、考えて…!

(回想終了)


八幡「俺のやり方ってのは、時として人を不快な想いをさせてしまう」

八幡「どうでもいい奴や、嫌いな奴ならまだしも…大切に想う相手でさえもな」

美紀「……」

八幡「基本的に後悔はしない性質だが…間違えると確信していて、あえて実行に移す気も無い」

八幡「数々の失敗の中で、どうすれば間違わずに誰かを守れるのか、大切な人の心を傷つけずに済むのか、そういう事をいつしか考えるようになった」

八幡「どっちにしても捻くれ曲がったやり方と周囲から言われるけどな」

美紀「周囲…ですか。ボッチなのに?」

八幡「あ、いや、それは…その…深い意味は無い」

美紀「ふふふ、変なところにプライドがあるんですね」

八幡「……」

八幡「……お前の考えには俺は肯定する。丈槍には現実逃避せず、事実を受け止めるべきだ」

八幡「だが俺は専門家じゃないからな…今はこのまま、アイツのペースに合わせるのが一番なのかも知れんな」

美紀「そう…ですか…」

333: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:08:39.87 ID:xM8eh6nk0
ガララッ

八幡「ん?」

由紀「な~に話してるの?」ヒョコッ

美紀「噂をすれば」

由紀「ふっふっふっ、みーくんは私が大好きで八幡君に惚気話を聞かせてたのかな~?」

美紀「違います!先輩なんて嫌いです!」

由紀「あわわわ、みーくんごみーん」ダキッ

美紀「もう!暑苦しいです…」

キャッキャッ

八幡「……」

「ゆきのん大好き!」

八幡「っ!?」

「暑苦しいわ由比ヶ浜さん…あまりべた付かないで…」

「もう照れちゃって!」

八幡「お前達……」ツーッ

由紀「ふぇ?」

美紀「え……って先輩……」

八幡「あっ…」ビクッ

由紀「あわわわ、八幡くん大丈夫!?」

八幡「あ、ああ…大丈夫…」

八幡「……今日はもう寝る」グシッ

由紀「そっか。それじゃ私も寝よっかな…みーくんは?」

美紀「もう少し、ここに残ります」

334: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/07(水) 04:10:21.48 ID:xM8eh6nk0
ガララッ

胡桃「おう美紀」

美紀「胡桃先輩…」

胡桃「は、八幡は?」

美紀「もう寝室に向かいましたよ」

胡桃「そっか…」シュン

胡桃「あれ、なんで鉢合わせしなかったんだろ」

美紀「お手洗いに寄ったんじゃないんですか?」

胡桃「ああ、なるほど」

美紀「ん?」

胡桃「どうした」

美紀「これは…地図ですか」

胡桃「ああ、それは八幡が使ってる巡ヶ丘の地図だ」

美紀「……ん?」

胡桃「どうした?」

美紀「地図に沢山、マーカーの線が引いてあるんですけど…」

胡桃「それは、その場所に行ってチェックした所をメモしてるんだ」

美紀「なるほど」

美紀「……」

美紀「……っ」ビクッ

胡桃「今度は何だ?」

美紀「巡ヶ丘の地図に…チェックした印、マーカーで引かれた線が多い…っという事は…」

胡桃「あっ……」ビクッ

美紀「……」

胡桃「……」ズキズキ

385: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:16:43.96 ID:CAkdpfqC0
【次の日・雑居ビル】

八幡「……」テクテク

胡桃「おい!待てよ!」

八幡(いない。早く次の場所を)クルッ

胡桃「待てって!歩くの早すぎだぞ!」

八幡「悪い」テクテク

胡桃「だから待てって!」ガシッ

八幡「……」

胡桃「全然歩調変えてないじゃないか…ばか」

八幡「早く上の階も探索するぞ」

胡桃「あ、ああ…」

八幡「……」

八幡「なあ」

胡桃「ん?」

八幡「文化祭の件だが…あれ、やる意味あんのか?」

胡桃「演劇の事か?」

八幡「丈槍がやりたいというから付き合うがぶっちゃけ、観客なんてだれもいないじゃねぇか」

胡桃「今更そんなの言われなくても…」

八幡「丈槍を説得して、焼きそばの露店もどきでもやったほうが良いじゃねぇか?それなら『文化祭ごっこ』できるし、昼飯も食えて一石二鳥だ」

胡桃「で、でも信じてくれ。今までだって由紀が行動してきた事、提案してきた事は決して無駄じゃなかった」

八幡「……俺が言いたい事はそっちじゃない」ボソッ

胡桃「え、いま何て」

八幡「……」ガサゴソ

胡桃「それは地図…」

八幡「……」

八幡(もう時間が無い)

386: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:17:46.92 ID:CAkdpfqC0
【その日の夕刻・学校の体育館】

胡桃「体育館にくるのは初めてか?」

八幡「ああ」

ぅぅぅ…あ“あ”あ“あ”…

八幡「奴らがうじゃうじゃいるな」

胡桃「ここらはアタシもノータッチだったしな」

八幡「スプレーは持ったな?」

胡桃「ああ。チャッカマンと消火器、念のために濡れた布団も用意した」

胡桃「外でりーさんたちも消火器とホースを用意してる。由紀には火災訓練って事で説明した」

八幡「まあ、火災訓練に限りなく近いな」

ォォォ…グゥゥゥ…

八幡「行くぞ」チャキッ

胡桃「おう!」チャキッ

シュゥゥゥ…ボォォォォ!

八幡「消毒の時間だ」

グォ!グォォォォォォォ…!

~~~~~~

八幡「よし完了だ。消火器を噴射しろ」

胡桃「消化ターイム!」

シュゥゥゥ…

美紀「ゲホゲホ…凄い事になってますね…」シュゥゥゥ

悠里「ホースも持ってきたけど、必要なさそうかしら」

八幡「まだ生き残りがいるかもしれん。防衛用に構えておけ」

八幡「俺は体育館のステージ裏とかも見てくる」

由紀「ふぇぇ…本格的な火災訓練だ!体育館大丈夫かな」シュゥゥゥ

悠里「大丈夫よ、後でしっかりお掃除するから」

387: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:18:44.82 ID:CAkdpfqC0
【体育館制圧後・清掃】

美紀「あたり一面が粉だらけで…これはなかなか大変です」

由紀「あうぅぅ…疲れた~」

悠里「あれ、八幡くんは?」

胡桃「奴らの遺体をリヤカーに乗せてる。裏門にまとめて放棄してバリケードにするって言ってた」

悠里「遺体の山をバリケードって…まあアイツらも侵入できないだろうけど」

胡桃「八幡が言ってた。『いつかここを卒業する時が来たら、改めて火葬してやれ』ってさ」

悠里「火葬は私達がやるのね…」

~~~~~

由紀「お掃除完了…つ、疲れた…お腹減った…」

美紀「つい熱が入って深夜まで、休けい無しで掃除してしまいましたね…」

悠里「私が夕食の準備するから、みんなはシャワーでも浴びていて」

由紀・美紀・胡桃「はーい」

389: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:20:03.91 ID:CAkdpfqC0
八幡「あー疲れたー。腕が重い…疲れたからお前ら先に入ってて良いぞ」

由紀「八幡くん!前みたいに、みーくんのシャワータイムを覗いちゃダメだよ?」

八幡「覗かねぇよ。つーかそもそもアレは不可抗力で俺に覗く意志などなかった」

美紀「本当ですか?」ジーッ

八幡「本当だ」ボタボタ

悠里「は、八幡君!?鼻血が出てるわ!ティ、ティッシュ!」フキフキ

胡桃「またかよ!本当に懲りないな!」

由紀「はわわわわ!」

八幡(しまった。ついあの時のことを思い出してしまった。だって仕方ないだろ。体が女で顔が戸塚だしよ)ボタタタ

美紀「もう!先輩のスケベ!」

胡桃「……」ジーッ

悠里「今回はそんなに酷い鼻血では無いわね…」フキフキ

八幡「す、すまん。毎回ティッシュ当番を任せてしまって」

胡桃「……」ジーッ

八幡「……ん?何だよ恵飛須沢。コッチ見て」

胡桃(男が覗くのはダメだけど…恋人同士の男女なら、一緒にお風呂とかも入るんだよな…)ドキドキドキ

胡桃「……………」ボーッ

ポタポタ…ポタポタ…

八幡「っ!?恵飛須沢、鼻血が出てるぞ!」

胡桃「は?」ボタタタ

由紀「はわわわわ!!今度は胡桃ちゃんが!!」オロオロ

美紀「!!?」

悠里「い、いけない!凄い血の量よ!」

胡桃「え、え?アタシが鼻血…?」サワッ

胡桃「…って、なんじゃこりゃぁあ!!!」

悠里「ほらティッシュを詰めるわよ!」ググッ

胡桃「うっ!」ボタタタ

美紀「詰め込んだティッシュが、一気に真っ赤に染まった…!?」

八幡「だ、大丈夫かお前?」

胡桃「お、お前だけに言われたくねぇよ!馬鹿!」

胡桃(な、なに考えてんだ!?これじゃアタシが変態みたいじゃないか!!)カァァァ

胡桃「~~~っ!!///」

390: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:22:25.74 ID:CAkdpfqC0
【次の日の深夜・部室】

悠里「今日は演劇のイメージトレーニングをしてもらう為に、DVDを見るわ」

八幡「メロスとシンデレラのか」

悠里「ええ。まずはシンデレラの方から視聴するわ」

~~~~

八幡「あの魔女って正確には妖精だったんだな。まあ魔法が使えるしどっちでも差し支えないだろうが」

美紀「でも由紀先輩の場合、魔女って言うより妖精の方がしっくりしますね」クスッ

由紀「エヘヘヘへ」テレテレ

八幡「確かに」

八幡(どちらかというと魔女は…怖い方の魔女なら陽乃さんが似合うな。ココにはいないけど)

「ん~~?誰が怖い魔女だって~~?」

八幡「ひぃぃっ!!?」ガタッ

学園生活部全員「!?」

「酷いな~比企谷。私、傷ついちゃった…」

八幡「な、なんでココに…アンタが…」ガクガク

「そんな事より私の心の傷、どう責任を取ってくれるのかな…んん?ねぇ比企谷君…」ニヤリ

八幡「」ダラダラ

胡桃「おい!しっかりしろ!」ユサユサ

八幡「ハッ!」

悠里「凄い汗よ…大丈夫?」フキフキ

八幡「あ、悪い…ティッシュだけでなくハンカチまで」

胡桃(ぐぬぬぬ、遅れを取った…)ググッ

美紀「あ…先手、取られちゃいましたね」

胡桃「え?」クルッ

美紀「あまりに汗が凄いようだから…その、ハンカチ渡そうと思って」

八幡「お、おうスマン。気持ちだけ受け取っておく」

美紀「ええ」ペコッ

胡桃「……?」

八幡「ぜぇぜぇ…」

胡桃「んで、一体誰の幻影を見てたんだよ」

八幡「部長の姉」

胡桃「ああ…前に言ってた、魔王か」

美紀・由紀・悠里「魔王!!?」

391: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:24:22.37 ID:CAkdpfqC0
胡桃「お、次は王子とシンデレラが踊るシーンか」

美紀「そういえばダンスの所は、演劇の稽古でもカットしてきましたね」

悠里「どんな風に踊るか分からないから、今まではカットしてたのよね」

悠里「だからこのシーンを参考に、踊ってみないかしら?」

美紀「え、今からですか!?」

胡桃「……」ズキズキ

由紀「はわわわ、みーくんと八幡君が…」

八幡「よし今日はもう寝よう。明日は病院に行って輸血パックを入手してくる」

由紀「鼻血出ること前提!?」

胡桃「病院は散々見てきたけど、輸血パックは残ってなかったろ…」

八幡「よし、やっぱ止めよう。命がいくつあっても足りん。何なら演劇自体却下まである」

胡桃「大げさすぎだ!」

美紀「……イヤ、何ですか?」

八幡「は?」

美紀「私と踊るのがイヤなら…カットしてもらっても良いですが」

八幡「……本当にいやなら、輸血パックとか命云々言わねぇよ」

美紀「そ、そうですよね」

美紀「じゃあ、練習しましょうよ。やるからには徹底的にやらないと」

八幡「お、おう。鼻血は出ないように気をつける」

美紀「ふふ、演技力よりも鼻血の心配とかおかしいです」

八幡「何もおかしくない。命がかかってるからな」

美紀「ふふふ」

胡桃(美紀…?)

392: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:25:53.84 ID:CAkdpfqC0
悠里「それじゃダンスのシーン。始めるわよ」

美紀「ぷっ、何ですかその格好」

八幡「念のために、前もって鼻の穴にティッシュを詰め込んだ」

由紀「3、2、1、アクション!」

美紀(王子役)「どうか私と踊ってくれ!」

八幡(主演)「喜んで」

美紀(たしか自分の左手で…相手の右手を握って)ギュッ

八幡(自分の左手を相手の腰に添えて…右手は頭の高さまで上げて…)ススッ

八幡・美紀「ぅ……///」ドキドキ

胡桃「……」モヤモヤ

由紀「はわわわ///」

悠里(こ、これは…刺激的ね…///)ドキドキ

由紀「よーし!せっかくだからBGMも流そう!」カチッ

♪~♪~

美紀「あ…」

美紀(これは…圭が買ったCDの曲…)

♪~♪~

八幡「こ、こんな感じで良いのか?」ススッ

美紀「え、ええ。良い感じです」

八幡・美紀「……///」ドキドキドキ

胡桃(美紀のやつ…良いな…)モヤモヤ

393: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:26:54.59 ID:CAkdpfqC0
※圭が買ったCDの曲

曲名「We took each other's hand」
https://www.youtube.com/watch?v=a_gUxu4g1Ak



394: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:28:54.35 ID:CAkdpfqC0
【次の日の夜・部室にて】

八幡(探索から帰り学校に戻ると俺達は、文化祭の準備をする事に)

胡桃「ダンボールで出来たお城のハリボテ、出来上がったぞ!」

悠里「お疲れ。こっちもメロスの時に使う、村や町のハリボテは完成したわ」

美紀「演劇で使う服のアレンジも完了しました!」

由紀「BGMの選曲もバッチリだよ!みーくんが持ってきたCDに入ってる曲も使うからね!」

美紀「ええ…あの曲は圭のお気に入りですから是非」

八幡「……」

胡桃「どうした?ボーッっとして」

八幡「別に。疲れただけだ」

~演劇の稽古(シンデレラ)~

由紀(魔女役)「私は不憫なアナタに夢を叶える魔女だよ!」クルクル

八幡(主演)「夢を叶える…魔女?」

由紀「魔法の呪文、不思議な言葉!びびでばびでぶー!」

プツンッ

八幡(明かりが消えた。早くドレスに着替えねば…)ガサゴソッ

八幡(……なぜ俺がドレスを着なければならんのだ)ススッ

パッ

八幡「おい!明かりつけるの早ぇよ!まだ着替えてる最中だっつーの!」

由紀「はわわわわ///」

美紀「きゃあああ!!!」

悠里「ご、ごめんなさい!///」カァァ

胡桃「おいりーさん!しっかりしろよ!///」ドキドキ

395: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:31:51.23 ID:CAkdpfqC0
胡桃「しっかし由紀。随分と演劇が上手くなったな」

八幡「ああ。丈槍はああいう役が似合うな」

由紀「えへへへ…でもね、本音言うとシンデレラ役も良いなって思うかな」

八幡「元はと言えばお前がクジ引きを提案したのが原因だろうが」

由紀「あ、そうだったね」テヘペロ

美紀「でも由紀先輩は普段も、あんな感じですよ」

由紀「ふぇ、そう?」

美紀「ええ、みんなを元気にしてくれる…魔法使いですから」

由紀「えへへへへ」

八幡「どっか抜けてるけどな」

由紀「にゃ、にゃにおー!」

~演劇の稽古(メロス)~

悠里(暴虐の王)「もうすぐ時間切れだな」

八幡(メロスの親友セリヌ役)「いや、まだだ。彼は必ずここへ来るだろう」ブルッ

悠里「はんっ、戯言が。もう間に合わん。お前はここで処刑され地獄へ落ちるのだ」

悠里「残念だったなセリヌよ。お前はメロスに裏切られたのだ。実に無様だ」

悠里「処刑の見学に来たこの町の諸君!わかったか?これが人間と言う生き物の本性だ…フハハハハハ!」

八幡「……」

胡桃「カット!良い感じだ!」

悠里「ふぅ…緊張したわ…」

胡桃「りーさんの演技、凄かったぜ!」

悠里「え、そう?」

八幡「ああ、迫真の演技って奴だ。あの声音…どす黒いオーラ…」

悠里「そ、そう///」ドキッ

八幡(一瞬だけ陽乃さんと見間違えた)ブルッ

396: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:33:22.27 ID:CAkdpfqC0
【演劇終了後・部室】 

八幡「……」 

悠里「みんな、お疲れ様」ニコッ 

美紀「今日も疲れました」 

由紀「でも楽しかったよね!」 

美紀「ええ」ニコッ 

八幡「……」 

胡桃「シャワー浴び終えたら、その後はゲーム大会しようぜ!」 

由紀「良いね、やろうやろう!」 

美紀「体力が有り余ってますね」 

悠里「ゲームしても良いけど、夜更かしはダメよ」 

胡桃「分かってるよ…ん?」 

八幡「……」 

胡桃「八幡、どうしたんだ」 

八幡「……」 

美紀「どうしたんです?そんな悲しそうな表情で」 

由紀「八幡くん…?」 

悠里「具合が悪いの?」 

八幡「……」ガソゴソ 

バンッ 

美紀・由紀・悠里「それは……」 

胡桃「巡ヶ丘の地図…」 

八幡「……」ススッ 

キュッキュッ 

胡桃「あっ……」ビクッ 

胡桃(マーカーペンで…線を引いた…)ズキン 

八幡「……」 

八幡「ココまでだ」

397: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:34:22.11 ID:CAkdpfqC0
由紀「え、え?」

悠里「……!!」

美紀「まさか…」

八幡「ああ、もう…探索しつくした」

胡桃「」

八幡「だが見つからなかった」

由紀「え…て、転校しちゃうの?」

八幡「ああ、遠くにな」

胡桃「」

美紀「そ、そんな…せめて文化祭が終わるまで」

八幡「お前らの道楽に付き合ってる余裕は無い」

悠里「ど、道楽って…そんな言い方…」

八幡「地獄に戻らなきゃいけないんだよ。妹を戸塚を、部員を助ける為に」

悠里「……!!」

八幡「だから配役はまた考え直せ。それか違う出し物をするか」

八幡「あるいは、文化祭の企画自体無かった事にするか」

学園生活部全員「……」

八幡「夢はいつか覚める物…シンデレラに出てくる魔女もそう言ってたな」

由紀「八幡くん…」

八幡「学園生活部での活動…楽しかった。だが、もういかないとな」

八幡「俺は地獄に帰る」

398: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:36:44.56 ID:CAkdpfqC0
胡桃「イヤだ…」プルプル

胡桃「イヤだ…イヤだイヤだイヤだ…イヤだ!!!」ポカッ

八幡「叩くな」

胡桃「イヤだ!イヤだ!」ポカポカ

八幡「……」

胡桃「イヤだ…!!」ギュゥゥ

八幡「……そんな強く服の裾を掴むな」

胡桃「う…ぅぅ…」ツーッ

胡桃「大好きだった先輩が亡くなって…ショックで…」

胡桃「由紀たちに支えられても…始末した時の事を夢でうなされて…」

胡桃「お前がいたから…立ち直れて…」

胡桃「それでお前までもいなくなったらアタシ…」

八幡「そういう発言やめろよ。勘違いするだろ」

胡桃「あ…えと…」モジモジ

八幡「……」

八幡(これだけは絶対に言いたくなかった。かけがえの無い存在だからだ)

八幡(だが止む終えん)

八幡「あーぶっちゃけるけどよぉ……」ギリギリ

八幡(言え。比企谷八幡。由比ヶ浜を泣かした時も、クソみたいな女だった相模南を泣かした時も…似たような手段は使ってきたはずだ)

八幡(もうこの手の手段は使わないと誓ったのだが…だがこいつの為だ)

八幡(怯えるな。恐怖に屈するな。情に流されるな。罪悪感に飲まれるな。甘い感情は殺せ)ズキズキ

八幡(俺は嫌われ者だ)ガクガク

八幡「それともお前は単に、先輩とやらの穴埋めを俺にしてるんだけじゃねえのか?」

胡桃「」

八幡「誰でも良かったんだろ?」ニヘラ

399: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:38:12.13 ID:CAkdpfqC0
胡桃「……」プルプル

悠里「あなたねぇ!いい加減に…!」

胡桃「ふっざけんじゃねぇぞ!!!!」ブンッ

ドンッ

八幡「痛っ!!」

悠里「ちょ、胡桃!?」

由紀「胡桃ちゃん!!止めて」ガシッ

胡桃「離せ由紀!!」

美紀「は、八幡先輩…」

八幡(そうだ、これで良い)

胡桃「ぜぇ…ぜぇ…」プルプル

由紀「止めて…こんなの、悲しいよ…」グスッ

八幡(これで全員、俺に幻滅したはずだ)

胡桃「………………」

胡桃「お前がそこまで言うのなら!!!」

八幡「……??」

胡桃「アタシ!お前に付いてく!!」

400: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:39:08.94 ID:CAkdpfqC0
八幡「な、何を言って…」

八幡(嘘だろ、こんなはずじゃ)

胡桃「八幡をぶん殴ったおかげで、少し冷静になれた」

悠里「何を言ってるの…?」

胡桃「ははは、アタシとした事が…そうだよ、怒る必要なんて何一つ無かった」

胡桃「ありがとなリーさん、さっきはアタシの為に怒ってくれたんだろ?」

胡桃「でもよ、怒る必要はないぞ」

悠里「……?」

胡桃「八幡は本心であんな事を言ったんじゃない」

八幡「何をいってやがる、が、ガチで本心だ」

胡桃「じゃあ何で声が振るえてんだよ」

八幡「そ、それは…殴られ…て…」ツーッ

胡桃「それに何で泣いてるんだよ」

八幡「ぁ…しまっt…」ボロボロ

美紀「……なぜ本心じゃないって言い切れるんですか?」

胡桃「八幡と探索をしてる時に、色んな事を聞いたんだ」

八幡「……」

401: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:40:20.33 ID:CAkdpfqC0
(回想)

胡桃「どんな活動してきたんだ?聞かせてくれよ」

八幡「やだ」

胡桃「聞かせてくれよ!」ズイッ

八幡「断る」

胡桃「頼むよ!」

八幡「……はぁぁ、わーったよ。どこから話そうか」

~~~

胡桃「あったま来た。相模って奴、もし生きてたら怒鳴る。そして、お前の中学時代の同級生はブッ飛ばしてやる」ピキピキ

八幡「おい止めろ」

~~~

胡桃「嘘の告白なんかあっちゃだめだ。そりゃ切れるわ」

胡桃「でも…お前を詳しく知ってりゃ、その場で怒鳴って終わってたけどな」

八幡「その場で…ね。まあその後も簡単には行かなかったんだがな」

~~~

胡桃「へー…部員を取り戻す為に、例のぶりっ子を強引に生徒会長に…」

八幡「でもあん時はよく空回りしててだな…」

(回想終了)

402: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:41:28.52 ID:CAkdpfqC0
胡桃「誰よりも口が堅そうなのに、アタシに奉仕部での活動を打ち明けてくれたのは…少しはアタシを信用してくれたからだろ?」

八幡「ただの気の迷いだ。普段は関係者以外には絶対に語らん」

胡桃「八幡の奉仕部での活動は常人じゃ考えられない発想ばかりだった。理解できない事ばかりだ」

胡桃「でも話を聞いていて、いくつか確かな事が分かった」

胡桃「コイツは常に人のためを思って行動してる事だ。自分じゃ自己満足って言葉で片付けてるけどな」

胡桃「だからさっきアタシに言った言葉すら、本当は本心じゃないって信じられる」

胡桃「……それに八幡を見ろよ。みっともなく泣いてるじゃん」

八幡「……」フイッ

胡桃「人一倍優しい八幡だから、ある意味、あんな暴言を吐けたんじゃねぇか」

全員「……」

胡桃「ただ八幡は頭良いからな。もしかしたら『先輩の穴埋め』と言う点…悔しいが、多少は当たってるのかもしれない」

胡桃「でも『だれでも良い』なんて思ってない。これは本当だ」

胡桃「だからお前に見せてやるよ!アタシの本気を!覚悟を!」ススッ

胡桃「お前が他所では嫌われ者だろうと…そんなものは関係ない」スッ

全員「!?」

八幡「」

八幡「おい止めろ。何故ひざまずいてる。俺に忠誠のポーズなんか決めるな」

胡桃「メロスの演劇でアタシは、盗賊役兼任でセリヌの弟子役をやってる」

胡桃「多分、嫌われ事なんてないアタシだが盗賊みたいに嫌われても構わん」

胡桃「セリヌの弟子の様に、お前に忠義を掲げても良い」

胡桃「お前の為なら!世界中の人間を敵に回しても構わない!!学園生活部の部員以外な!」

八幡「……」

胡桃「……」ツーッ

胡桃「だから…側にいさせてくれ…」ボロボロ

403: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:42:18.31 ID:CAkdpfqC0
胡桃「皆にもお願いがある!!」クルッ

胡桃「……」ススッ

由紀「ちょ、くるみちゃん!?」

美紀「土下座なんて止めてください!」

胡桃「……」

胡桃「アタシと一緒に!!この学校を退学してくれ!!」

悠里「!!?」

胡桃「頼む!!付いてきてくれ!!」

悠里「アナタ…自分で何を言ってるのか分かって…」

胡桃「八幡!!」

八幡「……」

胡桃「由紀の事は任せろ。絶対…絶対に負担をかけさせたりやしない」

胡桃「だから…皆でこの学校を退学する」

胡桃「いつか…色んな問題が解決したら、その時にまた高校に通おう!」

胡桃「アタシの一生のお願いを、ワガママを、頼む聞いてくれ!」

美紀「胡桃先輩…」

美紀(圭は言ってた…ただ生きてればそれで良いのかって…)

美紀「胡桃先輩!私も一緒に退学を…」

悠里「いや…」ガクガク

美紀「あ…」

悠里「いや、怖い…お外は…怖い…」ガクガク

胡桃「りーさんのことも!アタシと八幡で守るから!」

404: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:44:48.02 ID:CAkdpfqC0
悠里「怖い…怖いわ…遠足ならまだしも…当ても無く長期間の放浪なんて…耐えられない…」ボロボロ

胡桃「だから!アタシと八幡で…!」

八幡「やめろ恵飛須沢」

八幡「若狭が怯えてる。そして泣いてるじゃねぇか」

悠里「ぅぅ…怖い…」ボロボロ

八幡「お前の提案は受け入れられない」

胡桃「……そんな。いや、いやだ!」ガクガク

胡桃「いやだ…そんなの…悲しいじゃねぇか…!」ボロボロ

八幡「……お前はこの学校に残れ。いつか『卒業』するまで。学園生活部を守ってろ」

八幡「俺は俺で本来、別に守らなきゃいけない奴らがいるから」

胡桃「イヤだ…ぅぅ…どっちも選べない…」ボロボロ

胡桃「頼むみんな…アタシのワガママ、意見に賛成してくれ…」ボロボロ

胡桃「八幡と離れるのだけはイヤだ…」ボロボロ

美紀「私は…どうすれば…」

八幡「……」

由紀「みんな、悲しむ必要ないよ」

悠里・美紀「え…」

胡桃「由紀…?」

八幡「……?」

由紀「私がみんなに、夢を与えるから」

405: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/11(日) 08:46:53.60 ID:CAkdpfqC0
由紀「夢はいつか覚めるって…演劇の時にも私、言ったよね?」

八幡「……それがどうした」

由紀「……」ガサゴソ

由紀「これ」

八幡「それは…」

胡桃「アタシと八幡がコンビニで拾った…風船…」

美紀「由紀先輩、まさかそれを使って…」

胡桃「風船…屋上で前やった…」

悠里「由紀ちゃん…」ボロボロ

由紀「お外が地獄と、怖いとか、ちょっとみんな大げさすぎだよ!」

由紀「でも、そんなに皆が苦しむなら…」

由紀「八幡くん地獄に行っちゃうなら、胡桃ちゃんが八幡君と一緒にいたいなら、りーさんが怯えるなら、みーくんが迷うなら…」

由紀「私がみんなに!夢も!希望も与える!」

由紀「何度でも!何回でも!私はみんなの夢を叶える!」

美紀「由紀先輩…」グスッ

八幡「……」

由紀「八幡君。私がアナタの夢を叶えます」

由紀「呪文を唱えてあげる…びびでばびでぶー!」

437: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:11:31.07 ID:MBS6rcs50
twitterはやってないけど出来たので投下します

>>415
うん

440: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:20:20.10 ID:MBS6rcs50
由紀「さあみんな!また風船を飛ばそう!」

胡桃「……風船の存在、すっかり忘れてたぜ」グシッ

美紀「はい…」グシッ

悠里「ええ、その前にお手紙を書かないとね」グシッ

八幡「……丈槍の提案を受け入れる。それじゃさっそく作るか」

美紀「え、今からですか!?もう夜中ですよ」

胡桃「まあ善は急げだしな。いまから手紙を書いた方が良いな!」

八幡「……」

八幡「お前達は前回、風船を何回飛ばしたんだ?」

悠里「え?」

美紀「何回って…勿論、一回ですが」

八幡「そうか。なら今回は1日3回飛ばすぞ」

美紀「さ、3回!?」

悠里「そんなに余りは無いのだけれど…」

八幡「昼間に外に行ってゴム風船を大量に入手してくる」

胡桃「その手があったか!よし、アタシも付き合うぜ」

八幡「早朝に外に出るから寝坊すんなよ」

胡桃「ああ。それで…お前に頼みがある」

八幡「?」

胡桃「風船を入手したらハトを捕獲したいから、手伝ってくれ」

悠里「また伝書鳩やるの?」

胡桃「勿論!」

由紀「アルノー鳩錦二世の仲間が増えるね!」

441: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:22:05.35 ID:MBS6rcs50
由紀「う~ん」

悠里「どうしたの?」

由紀「今回は手紙じゃなくて、広告にしよう!」

悠里「広告?」

由紀「うん!文化祭を開く事を知ってもらうために!」

胡桃「なるほど」

美紀「たしかに、なんで学園祭なんかやってるのか不思議でなりませんからね」

由紀「もちろん、学園生活部からのメッセージも書いてもらうからね!」

悠里「広告だけでなく、手紙としても役立つわね」

八幡「まあメッセージを残すのは賛成なんだが…これは何だ?」

由紀「ん?それは学園生活部の全員の似顔絵!私が書いたんだ!」

八幡「……」

由紀「どうしたの?」

八幡「お前、絵ヘッタクソだな」

胡桃「わかる」

由紀「にゃ、にゃにおー!」

美紀「でも雰囲気というか、全員の特徴を捉えてますよね」

胡桃「たしかに。特に八幡のこの目つきの悪さ、やさぐれ感は伝わってるな」

悠里「ふふふ。みんなニコニコしてるのに、一人だけちょっとグレてるわね」

八幡「人相が良くなくて悪かったな」

442: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:23:36.80 ID:MBS6rcs50
由紀「巡ヶ丘学院高等学校・文化祭…○月×日開催…っと」カキカキ

由紀「出来た!完成~!」

胡桃「んじゃ、後は一人一人がコメントを残すだけだな」

美紀「チラシの裏面に書きましょう」

~~~~

美紀「書き終えました」

悠里「さあ、最後は八幡くんよ」

八幡「……」スッ

胡桃「言い残しが無いように、ビッチシ書けよ!」

八幡「……」カキカキ

『3日間待ってやる』by比企谷八幡

全員「!?」

胡桃「それだけで良いのかよ!?」

美紀「いくらなんでも短すぎじゃ…」

八幡「その広告に書かれてる特徴的な似顔絵で、俺が巡ヶ丘高校で暮らしてるのは充分伝わるハズだ」

悠里「ふふふ、しかし見れば見るほど、本当に浮いてるわね」

胡桃「はは、八幡以外はほのぼのしてるのにな」

八幡「アイツらならこの絵を見て、一発で俺だと理解するはずだ」

443: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:25:33.40 ID:MBS6rcs50
【早朝4時】

八幡「ようやく光が見えた」

由紀「ね、眠いよぉ…」

美紀「何も夜明けじゃなくても…」

八幡「眠いのは俺もだ。耐えろ」

悠里「それじゃ準備はいい?」

胡桃「いくぞ!せーの!」

由紀「待って!」

全員「?」

由紀「合図を出します。みんな私の言葉に続いてください」

八幡「おい。まさかアレを言うのか」

胡桃「まあ…言霊みたいなもんだな」

悠里「フフフ。良いんじゃない?せっかく飛ばすんだしムードは大事にしないと」

八幡「言霊…か」

由紀「それではいきまーーす」

由紀「魔法の呪文、不思議な言葉!」

由紀「びびでばびでぶー!」パッ

悠里・美紀・胡桃・八幡「ビビディバビディブー」パッ

由紀「わぁぁぁ…!」

悠里「あの時は昼間だったけれど、夜明けと共に飛ばすのも悪くないわね」

美紀「ええ」

胡桃「メッセージ、届くといいな」

八幡「ああ」

八幡(まだ夜明けで辺りは暗い。それでも太陽の光に向かって風船は飛んでいく)

八幡(世の中は絶望に満ちている。それでも太陽に向かい解き放たれたこの風船と広告に、希望を託す事にした)

八幡(タイムリミットは3日間)

444: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:29:22.22 ID:MBS6rcs50
【午前中・繁華街】

胡桃「だいぶ手に入れたな」

八幡「これだけ風船を入手すれば充分だろ」

胡桃「そうだな。これだけの数の風船を膨らましたら、さすがにヘリウムガスも底を尽きるかもな」

八幡「よし、あとは学校に戻ってお前の鳩確保を手伝えば良いんだな?」

胡桃「ああ。ちょっと苦労するが頼む」

八幡「おう」

胡桃「……」

胡桃「なあ」

八幡「ん?」

胡桃「タイムリミットは3日までしか待てないのか?」

八幡「風船を飛ばし続け、3日経っても来なけりゃ一定範囲内にはいないって事になるだろ」

胡桃「せめて2週間待っても良いんじゃ」

八幡「ダメだ。そんなに待っても意味なんて無い」

八幡「……それにそんなに待ってたら。学校を去るのに躊躇してしまう」

胡桃「……」

胡桃「あのさ」

八幡「ん?」

胡桃「昨日は殴ってゴメン」

八幡「……」

八幡「殴られるような発言した俺に原因がある。お前が謝る必要は無い」

胡桃「で、でもよ」

八幡「それに殴られた所は肩だ。腹パンとか顔面じゃないし問題ない」

胡桃「あ、アザとか残ってないか?」

八幡「あの程度のパンチで残るわけないだろ。いくらお前が強いからって、俺はそこまで柔じゃない」

胡桃「でも痛がってたし」

八幡「まあ痛かったのは否定できんが」

胡桃「ごめん」ウルウル

八幡「え、いやだから、な、泣くなよ」

胡桃「でも……」ボロボロ

八幡「俺はお前を心を傷つけた。お前は俺にパンチした。それでもう話は終わりだ」

八幡「……俺も悪かった。この間は言い過ぎた」

445: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:30:33.97 ID:MBS6rcs50
【学校に帰った後・屋上】

八幡「しかし、よくこんな方法思いついたな」クイッ

胡桃「へへへ、凄いだろ」クイッ

ハト達「ポォォォ!」

胡桃「よし、二匹ゲットだぜ」

ガチャッ

由紀「二人とも!おまたせ!」

胡桃「お、来たか!」

美紀「チラシの印刷は完了しました」

悠里「風船も沢山膨らませたわ。膨らませた風船は教室にあるから」

八幡「教室と屋上を往復するようだな」

悠里「そうね」

~~~~

由紀「それでは本日第二回目の風船飛ばしを始めまーす!」

胡桃「さあ行ってこい。アルノー鳩錦3世!4世!」

アルノー鳩錦3世・4世「ポポ、クルッポ」

由紀「魔法の呪文、不思議な言葉!」

由紀「びびでばびでぶー!」パッ

悠里・美紀・胡桃・八幡「ビビディバビディブー」パッ

アルノー鳩錦3世・4世「ポォォ~」バサバサッ

446: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:31:25.20 ID:MBS6rcs50
【昼間・部室】

八幡「……」ボーッ

由紀「八幡君が昼間に部室にいるって珍しいよね」

美紀「この時間帯はいつも外にいますからね」

胡桃「こんな晴天の日に部室にいるのもなんか懐かしいな…で、八幡。もう探索は良いのか?」

八幡「一通り見回ったしな。すれ違いにならんよう俺はここに留まる。風船も沢山持ってきたしな」

八幡「やれる事は全てやった。あとは風船を飛ばし続け、3日後までにアイツらが来るかどうかだ」

胡桃「3日後までに…そうか」ズキッ

由紀「ふぁぁ…眠いよ…」

美紀「そういえば寝てませんね私達」

悠里「夕方まで寝室で仮眠でもしましょう」

八幡「昼寝なんて久しぶりだな。ずっと前は当たり前の様にしてたのにな」

447: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:35:37.44 ID:MBS6rcs50
【夕方】

八幡(仮眠から目覚めた俺達は、アルノー鳩錦一族を増やした後、風船とアルノー達を解き放つ)

由紀「びびでばびでぶー!」パッ

悠里・美紀・胡桃・八幡「ビビディバビディブー」パッ

八幡「……」

悠里「夕日がキレイね」

美紀「そうですね」

胡桃「んで由紀、なんで演劇に使う魔女の格好してるんだ?」

由紀「えへへへ。私ね、結構気に入ってるんだこの格好」クルクル

八幡「急に踊りだしやがった。つーかさっきから何を隠し持ってる?」

由紀「ふっふっふっ。じゃじゃーん!」

八幡「それは拡声器と魔法のスティック…」

由紀「さあ!屋上から、夢と希望を届けます。スーッ…」

由紀「さらかどぅら~めちかぶら~びびでばびでぶー。歌え踊れ楽しく、びびでばびでぶー!」クルクル

由紀「すべてこの世は~嫌なことな~ど、さらり捨てて朗らか~に、びびでばびでぶー!」クルクル

由紀「さあみんなも一緒に!2番を歌おう!」

悠里「ふふふ、由紀ちゃんったら」

美紀「本当、先輩は無邪気ですね」

八幡「おいおい、マジで歌うのかよ…」

胡桃「よーし二番だな!由紀に続け!」

全員「サラカドゥラ~メチカブラ~ビビディバビディブー。さあさみんな元気に、ビビディバビディブー」

八幡(俺は喧騒な空気やノリは大っ嫌いだ)

八幡(……だがこんな賑やか青春も悪くない。コイツらとなら)

全員「すべてこの世は~嫌なことな~ど、さらり捨てて朗らか~に」

由紀「びびでばびでぶー!」クルクル

448: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:37:28.78 ID:MBS6rcs50

八幡(チラシ付きの風船とアルノー鳩錦一族を解き放ち、そして屋上で歌い続ける時間は、あっと言う間に過ぎて行った) 

【3日目の夕方】 

由紀「歌え踊れ陽気に、びびでばびでぶー!」クルクル 

アルノー鳩錦12世~14世「ポォォッ」バサバサッ 

胡桃「これで風船ストックもゼロ。アルノー鳩錦一族も全羽解放した」 

八幡「……これで完全にやれる事は全部やり尽くした」 

美紀「後は願うばかりですね…」 

悠里「さあ、夕食の準備をしましょう」 

八幡「……ああ」 

八幡「……」 

悠里「胡桃、行くわよ」 

胡桃「ああ、先に行っててくれ」 

美紀「私もしばらく屋上にいますので、先に行っててください」 

悠里「そう、それじゃ待ってるわね」 

ガチャッ 

胡桃「……」 

美紀「圭も…来ないかな…」 

胡桃「タイムリミットまで約6時間って所かな」 

胡桃「圭はまだ望みはあるかもしれんが…八幡の知り合いはどうなるんだろ…」 

美紀「……こうも音沙汰がないと不安ですよね」 

胡桃「なあ美紀」 

美紀「はい、なんでしょう?」 

胡桃「パンデミックなんて無ければ良かったなんて考えた事あるか?」 

美紀「それは皆考えてるんじゃないですか?」
 
449: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:40:21.63 ID:MBS6rcs50
胡桃「だよな。うんアタシも」

胡桃「あの時、パンデミックなんて起こらなければ…先輩だって生きていたし、色んな人が生きていられた」

胡桃「でも…美紀や由紀との出会いは無かった事になる」

美紀「……で、でも学校は一緒だから」

胡桃「そうだな。由紀や美紀とは何らかの過程で出会ってたかも知れない。アタシとりーさんは知り合いだったし…圭もいれば5人でいられたかも知れない」

胡桃「それでも、八幡との出会いだけは…」

美紀「……っ」

胡桃「……」

美紀「で、でも!もしかしたら将来出会ってたかも知れないじゃないですか!何らかの形で!」

胡桃「運が良ければな」

胡桃「でも高校で出会うことは無かったろ。絶対」

美紀「……」

胡桃「パンデミックなんか起こらなきゃ良い。夢なら覚めてほしいって思う。時間が巻き戻せるなら戻したい」

胡桃「でもお前や八幡との出会いを無かった事にもしたくない」

美紀「……気持ちは分かりますが、そんな事を言ったらキリがないですよ」

美紀「らしくないですよ」

胡桃「……この間さ、不本意とはいえ八幡が、あたし達を突き放す為に言ったあの言葉が脳裏に残っててな」

――誰でも良かったんだろ?

胡桃「……」

美紀「まだ例の先輩の事、未練が残ってるんですか?」

胡桃「……先輩に対する想いはもう清算はついてる。悔やんだって先輩が生き返る訳じゃないし」

胡桃「でも…複雑だ。上手くいえないけど」

胡桃「未練は無いけど…何ていうかこう…」

胡桃「……」

胡桃「あっ!!で、でででも!べ、べべべ別に今は八幡の事が好きとか!そんな意味で言ってる訳じゃないからな!」

美紀「……今さら意地を張ったってもう遅いですよ?」

胡桃「ど、どどど、どういう意味だよ!」カァァァ

美紀「もうとっくに気付いてますよ。由紀先輩ですら。八幡先輩本人は知りませんが」

胡桃「~~~っ///」カァァァ

美紀「それで、もし八幡先輩が出て行く事になったら、どうするんですか?」

胡桃「……分からない。アタシはどうすれば良いのか」

450: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:41:51.43 ID:MBS6rcs50
【深夜・部室】 

カチッ…カチッ… 

八幡(机の上には目覚まし時計が置かれている) 

カチッ…カチッ… 

由紀「……」 

悠里「……」 

美紀「……」 

胡桃「……」 

カチッ…カチッ… 

八幡(時計の針は、あと1分で12時となる) 

カチッ…カチッ… 

八幡「……」 

由紀・悠里・美紀・胡桃「……」 

オハヨー、ネボケ、アサダゾー! 

全員「……」 

オハヨー、ネボケ、アサダゾー! 
オハヨー、ネボケ、アサダゾー! 

八幡(やかましく憎たらしい音声が、部室中に、そして脳内に残酷に響く) 

胡桃「……」プルプル 

美紀「ぅ…ぅぅ…」グスッ 

由紀「……」グスッ 

悠里「ぅぅ…」ボロボロ

451: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:45:43.65 ID:MBS6rcs50
八幡「……」ゴソソッ

八幡「一応、形だけでも」ススッ

悠里「あ…退部届け…」

八幡「俺がここの学校の部室にいたって事で、気が向いたら取って置いてくれ」

八幡「世話になった。色々協力してくれて感謝してる」

八幡「んじゃ、俺は地獄に戻るわ」

ガシッ

胡桃「ぅぅぅ…くっ…ぅぅ…」ボロボロ

八幡「頼む、離してくれ」

胡桃「く…ぅぅ…」ボロボロ

由紀「……」シュバッ

八幡「丈槍、おれの目の前に立って何をする気だ」

美紀「……」シュバッ

八幡「直樹までなんだよ。いくら戸塚に似ていても俺は出て行くぞ」

由紀「でぃーふぇんす!でぃーふぇんす!」ピョンピョン

美紀「ディーフェンス!ディーフェンス!」ピョンピョン

八幡「またそれかよ。出会った時からまるで成長してない」

美紀「先輩!せめて夜明けまで!夜明けまで待ちましょうよ!」

八幡「……」

ピピーッ!

悠里「タイムアウト!延長戦に続きます!」ピピーッ

八幡「……いつホイッスルなんて用意したんだよ」

胡桃「八幡…」ウルウル

八幡「……わかった。夜明けまでな」

452: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:48:40.74 ID:MBS6rcs50
カチッ…カチッ…

八幡「……」

由紀「……」

悠里「……」

美紀「……」

胡桃「……」

カチッ…カチッ…

八幡(全員、静かに窓の方を眺める)

八幡(まだ暗いが時間は刻一刻と進んでいく)

カチッ…カチッ…

八幡(部屋中が暗い空気に満ちている)

由紀「……」カラッ

悠里「どうしたの由紀ちゃん?窓を開けて…換気?」

由紀「私は諦めない。みんなに夢と希望を与える魔女だから!」ススッ

八幡「拡声器にスティック…おい、まさか」

八幡(奴らはだいぶ始末したし、バリケードも強化してあるから、問題は無いが…)

由紀「さらかどぅら~めちかぶら~びびでばびでぶー。歌え踊れ楽しく、びびでばびでぶー!」クルクル

胡桃「由紀…」

美紀「由紀先輩…」

453: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:50:41.22 ID:MBS6rcs50
カチッ…カチッ…

由紀「すべてこの世は~嫌なことな~ど、さらり捨てて朗らか~に」クルクル

八幡「……」ガタッ

由紀「びびでばびでぶー!」クルクル

八幡「……」ピョイッ

由紀「あっ…拡声器とスティックを返してー!」ピョンピョン

八幡「夢の時間は終わりだ。外を見てみろ」

由紀「ふぇ?あっ……」

パァァァァ…

胡桃「」プルプル

悠里「……」グスッ

美紀「……夢の時間は終わりました。由紀先輩」ツーッ

由紀「……っ」ウルウル

八幡「夢から覚めて非常なる現実。絶望の夜明けだ」

八幡「……」

八幡「お前らほど、俺を心配し引き止めた奴らはいない」

八幡「出来ることなら守ってやりたいが不可能だ。だから恵飛須沢はここに残れ」

胡桃「……っ」ボロボロ

悠里「分かったわ八幡君。そこまで言うなら…もう…」ボロボロ

美紀「八幡先輩…」ボロボロ

八幡「今度こそ、じゃあな」

454: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:53:03.46 ID:MBS6rcs50
八幡(耐えろ。我慢しろ。校外に出るまでは。今泣いたら躊躇してしまう)コツコツ

八幡「……」ググッ

コツ…コツ…

由紀「?」

コツ…コツ…

由紀「ねえ、待って」

八幡(絶対に振り返るな)テクテク

由紀「何か音がする」

八幡「」ビクッ

悠里「え…」グシッ

美紀「音…?」グシッ

タッタッタッタッ

胡桃「本当だ…足音だ…」グシッ

タッタッタッタッ

八幡「足…音…?」

455: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:54:06.93 ID:MBS6rcs50
「頑張って!もう少しだよ!」

「ぜぇ…ぜぇ…分かってるわ…自身の力の無さは…言い訳しないつもりよ…」

「もう少しで『光』が見えた辺りに付くよ」

「ぜぇ…ぜぇ…そうね。『歌』が聞こえたのもこの学校からだものね」

タッタッタッタッ

八幡「……っ!!!」

ドクンッ

八幡(心臓が大きく飛び跳ねた)

胡桃「誰かいるぞ…!?」

悠里「ま、まさか」

美紀「本当に…来た…」

由紀「おおーい!こっちだよーー!」

「いま、声が…それにあっちに人が…」

「うん、誰かいる……」

「あっ!!!」

ドクンッ

八幡(また心臓が飛び跳ねた)

456: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:54:51.51 ID:MBS6rcs50
コツコツ…コツコツ…

八幡(前方にいる誰かは、ゆっくりとした歩調でこちらに向かう)

タッタッタッタッ

八幡(やがて意を決したように走ってくる)

八幡(甲高い声、サイドのお団子ヘアー…そのシルエットには見覚えがあり)

「ヒッキーーーーー!!!」

八幡(その姿と形は、俺の視界にハッキリと現れる。彼女の片手にはチラシが握られている)

ダキッ

八幡「……っ!!」

八幡(彼女は俺の片腕に抱きつき、そのまま顔を埋める)

八幡「……」

結衣「やっと見つけた…ヒッキー…」ボロボロ

八幡(信じられない状況に動揺し、うまく言葉が出てこない。口をパクパクとさせる事しかできない)

457: ◆ExcbJR30iQ 2015/10/16(金) 23:57:28.42 ID:MBS6rcs50
「比企谷君…」 

八幡「……っ」 

ドクンッ 

「……」コツコツ 

八幡(またしても視界に、見覚えのあるシルエットが) 

八幡(腰まで伸びているストレートロングヘアー。歩き方一つ見ても気品がある) 

「……」コツコツ 

「……」ピタッ 

八幡(やがて、その揺れる黒髪と表情が、ハッキリと見えるところまで来て、彼女はピタリと止まる) 

八幡(彼女の片手にもやはり、チラシが握られていた) 

「……」ツーッ 

八幡「……」 

八幡(彼女は瞳に浮かべていた涙を静かに流すと、再び歩き始める) 

「久しぶりね」コツコツ 

八幡「……」パクパク 

八幡(動揺してるせいで、まだ声が上手く出てこない。変わりに鼓動はどんどん速くなる)

「しばらく見ないうちに随分と目が淀んでしまったのね。もしかして既に手遅れだったかしら?気の毒ね」 

八幡「うっせぇ、コレは元からだ」 

八幡(懐かしいやり取りに、やっと声がでた) 

「比企谷君…」グスッ 

八幡(黒髪の彼女も、俺のもう片方の腕に両手でギュッと掴み、頭部をそっと預ける) 

雪乃「無事で良かったわ…」ボロボロ 

八幡「……」ツーッ 

八幡(彼女達の生存を改めて確認すると、目から水滴が垂れる)ボロボロ 

雪乃・結衣「ぅぅ…ぅ…」ボロボロ 

八幡「……」 

八幡「丈槍」チラッ 

由紀「うん」 

八幡「確かに、夢と希望とやらを頂いた」 


絶望の夜明けは、希望の夜明けに変わる