1: 名無しさん 2013/05/26(日) 20:45:50 ID:mFlewYlY
あやせ「ぶち殺しますよ!?お兄さん・・・言うに事を欠いて、誰がストーカーなんですか!!」

京介 「・・・いや・・・あ、あやせ?」

あやせ「なんですか?」

京介 「いや、おまえは今、何処にいるんだ?」

あやせ「はああ!?もちろん桐乃のお家ですけど?馬鹿なんですか?そんなこともわからないんですか?」

京介 「・・・いや、それは分ってるよ?だから、そう言う事じゃなくてだな・・・」

あやせ「あいかわらず、訳がわかりませんね、お兄さんは・・・」

京介 「取りあえずさ、そこから出てきてくれないか?」

引用元: ・あやせ「だだだ、誰がストーカーですか!!」

2: 名無しさん 2013/05/26(日) 20:54:15 ID:mFlewYlY
あやせ「いやですよ!なにか変な事するつもりなんでしょ!!警察に突き出しますよ!!」

あやせ「この痴漢!変態!ロリコン!」

京介 「・・・おい・・・いい加減、オレでも怒るぞ?」

あやせ「・・・・・・ごめんなさい」

京介 「もういいから、早くそこから出てきてくれよ」

あやせ「は、はい」

京介のベッド下

ゴソゴソ

あやせ「・・・・・・」

京介 「・・・・・・」

3: 名無しさん 2013/05/26(日) 20:56:06 ID:mFlewYlY
京介 「でだ・・・いつからだよ」

あやせ「?・・・なにがでしょうか?」

京介 「そこを、キョトン顔で言えるか・・・さすがだぜ」

あやせ「そ、そんなに褒めないでくださいよお兄さん///」

京介 「褒めてねーよ!?」

あやせ「なぜですか!そこは褒めるべき所じゃないですか!!」

京介 「おまえ、こえぇぇよ!!」

6: 名無しさん 2013/06/16(日) 03:24:20 ID:y8G2tEvE
京介「……話を戻すぞ。あやせ、いつからそこにいたんだ?」

あやせ「そ、そんなこと聞いてどうするんですか」

京介「それによって俺の態度が変わってくるんだよ。だから教えてもらおうか」

あやせ「えっと……それは……」

京介「……わかった、じゃあ聞き方を変えるぞ。俺が帰ってきたのは一時間前だよな」

あやせ「ええ、そうですね」

京介「そうですね、って言えるってことは……少なくとも一時間前にはこの部屋にいたってことだな」

あやせ「あっ……」

京介「……間違ってないよな?」

あやせ「……はい」

7: 名無しさん 2013/06/16(日) 03:32:13 ID:y8G2tEvE
京介「で、一時間もこんな何も無いつまんねえ部屋で何してたんだ?」

あやせ「別につまらなくは……」

京介「実際何もねえだろ? やることなんて特に……あっ、まさかお前」

あやせ「な、何ですか」

京介「俺のシャツとか下着とかをこう……くんかっかー、なーんて」

あやせ「……っ!」

京介「まっ、そんなことする訳が……ん?」

あやせ「え、えっと……その……」

京介「あのー、あやせさん? ひょっとして本当に俺の下着を……」

あやせ「ち、違います! そんなことするわけありません! 頭おかしいんですか!?」

京介「だよなー。……あれ? どうして俺のシャツがこんなところに」

あやせ「ええっ!? ちゃんと片付け……あっ」

京介「……マジでやったのか」

あやせ「う、うぅ……」

8: 名無しさん 2013/06/16(日) 03:40:55 ID:y8G2tEvE
京介「……一応聞いておくけど、シャツだけだよな?」

あやせ「……はい」

京介「多分そこに綺麗にたたまれてるシャツだな。ちゃんとし過ぎて逆にわかりやすいけど」

あやせ「ち、違うんです!」

京介「違うって、何がだ? この期に及んでまだ否定すんのか?」

あやせ「否定はしませんけど……そうではなくて、その……理由です!」

京介「理由?」

あやせ「お兄さんのシャツを、その……嗅いだのにはちゃんと理由があるんです!」

京介「ちゃんとした理由って、シャツ嗅ぐのに理由なんてあんのか?」

あやせ「はい。これは……桐乃に手を出していないか確認するためです」

京介「はあ?」

9: 名無しさん 2013/06/16(日) 03:59:46 ID:y8G2tEvE
京介「いや、言ってる意味がさっぱりわかんねえんだけど」

あやせ「えっと……そのシャツ、パジャマ代わりに着てたんですよね」

京介「あ、ああ」

あやせ「つまり、このシャツを嗅いで桐乃の匂いがするかを確認するんです」

京介「……は?」

あやせ「桐乃の匂いがしなければ何もしていないということでセーフです。
     でも、もし桐乃の匂いが少しでもしたら……お兄さん、どうなるかわかっていますよね?」

京介「ひ、ひいっ!? 急に雰囲気を変えるな! 怖いだろうが!?」

あやせ「こ、怖いって……失礼ですよ!」

京介「怖いもんは怖いんだよ! 一度落ち着けって!」

14: 名無しさん 2013/06/26(水) 20:06:29 ID:8XL/8dgc
京介 「なあ、頼むよあやせ。匂いで判断って…犬じゃないんだからさ」

あやせ「……」

京介 「いや、なにも頭ごなしに言いたい訳じゃないんだが…流石になぁ…」

あやせ「……」

京介 「おまえが桐乃のことを大好きなのは俺も十分に解ってるつもりだ」

あやせ「……」

京介 「なんなら俺が協力してやってもいい。だからこんなことは二度とするな、あやせ」

あやせ「はい…わかりました。……そ、それで本当にお兄さんは協力してくれるんですか?」

京介 「ああ、まかせろ(……まあ、近親よりは数倍マシだろうからな)」

15: 名無しさん 2013/06/26(水) 20:43:04 ID:8XL/8dgc
京介 「今度、また時間をつくるから今日の所は帰るんだ」

あやせ「は、はい」

京介 「じゃあな」

あやせ「で、では…」





そして>>1


おわり