1: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:13:30.79 ID:VE/8DhTs0


 あるひー

 ザァー・・・

春香「うひー、すんごい雨だねー」ザー

千早「このどしゃ降りの中を事務所まで行くのは大変ね」ザー

響「でも自分、雨の日も嫌いじゃないぞー」ザー

春香「あ、見て皆!虹だよ!」ザー

響「ほんとだ!・・・でも雨が降ってる中なのに虹がかかるって変じゃないか?」ザー

千早「あ・・・星が降ってくる」ザー

春香「おー。一筋の流れ星だね」ザー

響「なんだか不思議な感じさー」ザー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1401801210

引用元: ・春香「北欧の雷神」

3: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:26:03.98 ID:VE/8DhTs0
春香「そろそろ事務所につくね」ザー

千早「あ・・・いつの間にか虹が消えてしまってるわ」ザー

響「あらら」ザー

春香「なんだか変な感じだったね。事務所にいる誰かも見てたかもしれないから聞いてみよっか」ザー

響「だな。どうせヒマだし」ザー

千早「くっ・・・」ザー

春香「・・・!ね、ねえ・・・事務所の前に・・・人が倒れてない?」ザー

響「!ほ、ホントだぞ!」ザー



 「・・・・・・う・・・うう・・・」ザー

千早「・・・大人の男の人みたいね。それも大柄・・・」ザー

春香「と、とにかくこんなとこにほっておいたら風邪ひいちゃうから事務所に入れてあげようよ!」ザー

千早「え」ザー

響「そうだな!自分こっちの腕もつから二人はそっちを持って」ザー

春香「うん。ほら、千早ちゃん手ェかして」ザー

千早「え」ザー

4: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:27:53.20 ID:VE/8DhTs0
 事務所内―

P「夏を告げる雨だなー」

小鳥「こんなどしゃ降りじゃアイドルの皆、今日は来ないかもしれませんねー。まあ来ても何もすることないんですけど」ズズー

P「そうですね。来たら来たで何か面倒事を持ってきそうな気がするけど・・・」



 <ウワ!カイダンヲワスレテタ!ドウスルハルカ!

 <チョットダケヒキズルコトニナルケドシカタナイ。イタクナイヨウニユックリイコウ

小鳥「あ、誰か来たみたいですね」

             ゴン
          ガン
       ボグ
    ゴガ
 ゴツン

P「・・・なにかに階段にぶつけながら登ってきてるみたいな音が・・・」

 ガチャ

春香「プロデューサーさん!大男ですよ大男!」ズリリ

P「雨の日にアイドルが人を攫ってきた」

6: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:31:05.17 ID:VE/8DhTs0
響「うんん~~~!おもった よりも おもい!」グググ

千早「もう放してもいいわよね。せーので放しましょ」グググ

春香「せーの」パッ

 ゴン

「ぶ」

小鳥「あーあー・・・鼻から床に・・・」

P「お前ら!いくらアイドルだからって誘拐はいかんぞ!」

響「何いってんだプロデューサー。誘拐じゃないぞ。事務所の前でぶっ倒れてたから連れてきたんだぞ」

P「いやだからって見知らぬ大男を連れ込むなよ」

千早「正論」

春香「風邪ひきそうだったし・・・」

響「ほっとくなんてできなかったんだぞ」

小鳥「とりあえず床の上はいやだろうからソファーの上に寝かせてあげましょう」ズリズリ



 ・・・・・その後

美希「事務所に来たらミキの定位置が知らない人に奪われてたの」

あずさ「あら~・・・」

亜美「うわームキムキマッチョマンだ」ジロジロ

真美「しかも金髪ー」ジロジロ

伊織「なんでこんな怪しい奴を事務所に上げるのよ・・・」

貴音「面妖な・・・」

雪歩「お・・・男の人・・・・・・しかもすごいガタイだよぉ・・・」

真「外国の人かな・・・なんで鼻血がタレてるの?」

律子「プロデューサーさん!なんで警察なり救急車なり呼ばないんですか!」

P「いや・・・そう言われても・・・」



「・・・う・・・・・・うう・・・ここは・・・」

やよい「あ、気がついたみたいですー」ウッウー

7: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:33:10.34 ID:VE/8DhTs0
「・・・?・・・ここはどこだ・・・お前達は何者だ?・・・」

春香「大丈夫ですか?ここは765プロの事務所です。外で倒れてたんで中に運んだんですよ」

「・・・ナムコ?・・・・・・ここは地球か」

伊織「へ」

響「地球に決まってるさー」

律子「あのー・・・どうして倒れてたんですか?お名前をお伺いしても?」

「ム、俺を知らないとは・・・まあいいだろう」スック

春香「・・・?」



 「我こそは、偉大なるアスガルドの王、オーディンの息子!マイティ・ソー!!!」マイティー

 KRAKOOOOOOOOM!

8: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:38:18.91 ID:VE/8DhTs0
>>7

マイティ・ソー:アメリカンコミックスの『MARVELコミックス』に登場するスーパーヒーロー。あの有名な『アベンジャーズ』の一員でもある雷神
 北欧神話に登場する戦の神、トール本人であり、ソーという名前はトール(THOR)の英語読み。正真正銘の本物の神にして、地球最強のヒーローの一人
 魔法のハンマーを武器に悪と戦うヒーローで、実写映画化もされている。世界的大ヒットを記録した『アベンジャーズ』にも登場しており、その豪快なパワーで世界を魅了した

 アメコミは数々のパラレルストーリーがあるため、ソーの性格も媒体によって様々。壮大な口調で神っぽく喋ったりする時もあれば、優しく穏やかで一人称が僕という場合もある
 このSSでは、映画に近い豪快な感じで

9: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 22:39:58.89 ID:VE/8DhTs0
このSSはアイマス×アメコミスレです。アメコミを知らない人にも知ってもらえるように注釈を所々挟むつもりです
アイマスには詳しくないけど、とりあえずオチだけは考えてあるのでエタることはないと思います

15: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/03(火) 23:55:22.86 ID:VE/8DhTs0
伊織(いいタイミングで雷が鳴ったわね~)

律子「・・・すみません、なんて?」

真「偉大なるアルベルトがどうのこうのって・・・?」

貴音「面妖な」

ソー「もう一度か?ぜいたくな女子達だ。だがまあいい。倒れていた所を救われたらしいからな。我こそは誇り高きアスガルドの神であるオーディンの子!マイティ・ソー!」マイティー

雪歩「ふええ~意味がわからないよぉ・・・」

真美「どうやら電波キャラみたいだねー」

やよい「あすがるどってなんですかー?」

ソー「アスガルドは我らの王国。荘厳なる世界だ。このような建物は1つとてないぞ」

小鳥「悪かったですねボロ事務所で」

響「うーん・・・なんだかよくわかんないぞ」

ソー「信用していないな?なれば証拠を見せよう。魔法のハンマー!ムジョルニアを!」バッ

千早「ムニョムニョ?」

16: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/04(水) 00:05:26.27 ID:PnzlMrGk0
>>15

アスガルド:ソー達、北欧神話の神々が住む世界のこと。アスガードと言われる場合もある。虹の橋を渡って地球と行き来することができる
 荘厳な王国があり、まさしく神話の世界。北欧神話と同じく『ラグナロク』が起こって滅びたり、地球のヴィラン(悪役)達のせいでアメリカのオクラホマに墜落したりとせわしない

オーディン:ソーの父にして、アスガルドの王。王位を他の者に譲っている場合もあるが、基本的にはアスガルドの最高神として君臨している
 全能の父と呼ばれるだけあってスペックはすさまじく、宇宙を一つ作り上げるほどのパワーがあるとか。が、アメコミの特性として書き手によってすごさは多少上下する
 映画版では『ハンニバル・レクター』を演じた名優、アンソニー・ホプキンスが演じている

ムジョルニア:ミョルニルの英語読み。ソーの最大の武器。高潔な精神の持ち主しか持ち上げることができない魔法のハンマー
 雷を起こし、天候を操り、空を飛び、破壊不可能と言われるものにダメージを与えたり、時空を超えたり、次元を超えたりと色々できる。ソーが手をかざすとどこにあろうと飛んでくる

17: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/04(水) 00:10:44.76 ID:PnzlMrGk0

 ・ ・ ・

ソー「・・・・・・あれ?」

真「何もおこんないね」

ソー「そ、そーんな!?なぜだ!なぜムジョルニアが来ないのだ!」アセアセ

亜美「ムニョムニョにきらわれちゃったんじゃないの~?」

ソー「ッ!?・・・ま、まさかそんなことは・・・」

あずさ「あの~・・・さっきからアスガードとかオーディンとか・・・私さっぱりわかんないですけど~」

P「俺もです」

貴音「おーでぃんとは北欧神話の最高神のこと。その息子を自称していることからするに、この殿方は北欧神話の雷神、とーるなのでしょう」

亜美&真美『な、なんだってェ~!』バァー

春香「北欧神話の・・・か、神様ァ?」アゼン

やよい「うっうー!神さまなんてすごいですー!」ドワオ

伊織「何言ってんのよ。神さまがどうして道端で倒れてるっていうの?」

美希「トール?ソー?どっちが名前なの?」

貴音「日本ではとーるという名前が浸透してますが、英語読みではそーと言うのです。むじょるにあという名も、みょるにるはんまーの英語読み・・・」

真「な・・・なるほど・・・でも神様そのものなんて・・・」

千早「どうして北欧神話の雷神が事務所の前で倒れていたのかしら」

ソー「うーむ・・・そーいえば父上におもっきし怒鳴られて、気がついたらここにいたような・・・」

雪歩「ええー・・・」

春香「もっと何か思い出してください!きっと何かてがかりになります!」

ソー「えーっと・・・『人間界で学ぶべきことを学んでこい』とか言われたような・・・しかし父上怖かったなー」

春香「学ぶべきこと・・・」

18: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/04(水) 00:17:49.41 ID:PnzlMrGk0
>>17

学ぶべきこと~:コミックでのソーのオリジン(誕生秘話)は、あまりにも強く傲慢な性格だったためオーディンが高潔な精神を学ばせるために地球に追放した
 ソーとしての姿と記憶、パワーも全て無しの状態で足の不自由な医者の人間、ドナルド・ブレイクとして転生され、自身がソーであることを知らずに地球で生活していた
 ある日、土星人の襲来を目の当たりにし、襲われるが、洞窟に逃げ込んだ先に木の枝が落ちており、その枝を地面に打ち付けるとドナルド・ブレイクはソーに変身した
 ソーとしてのパワーを取り戻し、そのパワーを見せつける形で土星人を撃退したソーは、普段は医者のドナルド・ブレイクとして活動し、悪が現れればソーとして活動するようになった

 映画版やパラレルストーリーでも、オリジンはほとんど共通で『傲慢な性格を治すためにオーディンによって地球に追放される』というもの。
 だが、ドナルド・ブレイクに転生せず、ソーのままで地球に送られる場合が多い

 このSSでは、ソーのままで地球に送られたということで

19: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/04(水) 00:22:20.08 ID:PnzlMrGk0
ソー「お前達は人間界に詳しいか?」

律子「・・・まあ・・・人並みには」

ソー「そーか。ではしばらくここに置いてはくれまいか」

律子「ええー!?」

やよい「やったー!アイドルの仲間が増えましたー!うっうー!」

P「待て待て!こんな金髪ゴリゴリマッチョマンのアイドルなんてウチの事務所には合わん!というか・・・置いてくれってどういうこと!?」

ソー「俺は人間界のことはほとんど知らない。以前来たのは1000年ほど前のまだ幼いころだ。ここで会ったのも何かの縁、色々学ばせてくれないか」

P「い・・・いや・・・そんなこと言われても・・・」

 ガチャ

社長「話は聞かせてもらった!」バーン

P「社長!」

社長「ソーくん、事情はわかった。君が地上にいる間、この事務所を君の家と思ってくれたまえ。ただし、アイドル達に迷惑をかけないでくれ」

ソー「お前は?シャチョー・・・というのか?」

小鳥「ここの王様みたいなものです」

ソー「おお、ならば敬意を払わねば。感謝する、人間の王よ」

社長「ハハハ・・・まあゆっくりしてくれたまえ」バタン

20: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/04(水) 00:26:44.67 ID:PnzlMrGk0
P「・・・ど、どうする?」

律子「どうするったって・・・社長がああいうんだし仕方ないんじゃないですかね・・・」

P「し、しかし自称神の不審者を10代のアイドルがひしめく事務所に住まわせるのは色々と問題が・・・」

ソー「アズサというのか。そなたであればアスガルドの男共も放ってはおかないだろうに、人間の男は見る目がないようだな」

あずさ「あらあらお上手ですね~」

やよい「私の名前は高槻やよいです~!」

ソー「ヤヨイ、だな。これでここの者達の名は全て覚えたぞ」

亜美「じゃあ私は~?」

真美「私は~?」

ソー「そちらがアミで、こちらがマミだな」

亜美「うおッ!マジで見分けられてるゥー!」

真美「さっすがゴッドオブサンダー!」

P「・・・いや、大丈夫かな」

律子「うちの子達なじむの早いなァ・・・」

小鳥「皆のボディーガード役ってことで」

春香「それではこれからよろしくです!ソーさん!」

ソー「うむ、よろしくなハマミアルカ」

春香「天海春香どぇす!」

28: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 19:28:51.37 ID:DNrGFaaF0

 ・・・・・

P「うーん・・・あれから北欧神話の本とかを見てみたが・・・当然ながらソーがなんで地球に来たかとか書いてないなあ」

小鳥「ソーさんのお父さん・・・オーディンは一体何を学ばせようとしたんですかね」

P「・・・いずれ王位を継ぐ皇子である上、アスガルドで最強の腕力の持ち主、勇敢なバイキングでもあった戦の神・・・学ぶことなんてないくらい完璧ハイスペックだ」

小鳥「完璧ねぇ・・・」チラッ



美希「ソー!そこはミキの場所なの!向こうに座ってほしいの!」

ソー「細かいことを言うな。お前が向こうに行けば済む話だろう」フンゾリ

美希「ソーはわがままなの!自分勝手ー!」ヤイノヤイノ

ソー「俺はソーだ。アスガルドの敵は全て打倒してきた。文句があるならかかってくるといい。もっとも、女を殴るようなことはしないがな」

美希「いいもん、こっちでおにぎり食べるから」サッ

ソー「ム・・・」ピクッ

美希「あーおいしいおいしいー」モグモグ

ソー「・・・・・・ミキよ、それ・・・くれないか?」

美希「・・・じゃあそこのソファーからどく?」

ソー「ぬ!・・・ぬぐぐ・・・なんという策略・・・」

美希「美希のソファーを明け渡すか、おにぎりをとるか、どっちか選ぶの!」

ソー「ぐぬぬぬ!ミキ・・・貴様はいずれ立派な軍士となるであろう・・・」



小鳥「完璧とは言えなさそうですが」

P「うーむ」

29: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 19:55:56.32 ID:DNrGFaaF0
ソー「ONIGIRIか・・・なかなか美味いではないか」モフモフ

やよい「実はまだ何個もあるから食べるのー」モグモグ

ソー「アスガルドの料理とは一味違うな・・・素朴ながらもとても美味い」

小鳥「おにぎりにはお茶が合いますよソーさん。はい」コト

ソー「オチャ?」

あずさ「日本の飲み物です。正確には違うのかもしれませんが・・・これは雪歩ちゃんが淹れてくれたからとっても美味しいですよ」

雪歩「・・・ヒッ」シュン

ソー「・・・ユキホは俺がキライなのか?遠目で見ているが、こちらが目を向けるとすぐに隠れてしまう。まるで山リスのようだ」

小鳥「あの子は男の人が苦手で・・・まあとりあえず飲んでみてください」

ソー「うむ」ズズズ

ソー「!これも美味だな!おにぎりと相性がいい!渋くて味わいがある!」パァー

美希「雪歩が淹れたお茶なんだから当然なの」フンス

ソー「もう一杯!」ガシャーン!

雪歩「ヒッ!?」ビクッ

律子「ッ!?ちょ・・・ソーさん!?どうして湯呑を割っちゃうんですか!」

ソー「?・・・美味い飲み物だったからな」

美希「ビックリするの」

あずさ「あらら・・・アスガルドにはおいしい飲み物の入れ物は割ってしまうという習慣があるのかしら?」

ソー「そーだ。もう一杯ほしいという意志表示だ」

律子「それならそうと口で言ってください・・・危ないなあ」

小鳥「はいお代わり」コト

ソー「うまぁいもう一杯!」ガシャーン!

律子「やめんかッ!」

30: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 19:58:12.22 ID:DNrGFaaF0
>>29

湯呑を割っちゃう~:映画『マイティ・ソー』にて、地球に来たソーが食事をするシーンで、スープが上手いと褒めながらコップを床に叩きつけて割っていた

31: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 20:35:14.23 ID:DNrGFaaF0
春香「おっはようございまーす!」ガチャ

真「おはようございますー」

響「はいさーい」

ソー「お、ヒビキ、マコト、アルカ、遅いぞ」

春香「アマミハルカです!」

真「ソーは事務所で寝泊まりしてるんでしょ?僕達よりも早いのは当然じゃないか」

ソー「言い訳か。そんなようでは立派な戦士にはなれんぞマコト」

真「アイドルになりたいんだよ僕は!」

P「はいはいそこまでにしとけ。今日は新しい衣装の着合わせしてもらうから、来てる者から試着してってくれ」

春香「はーい」

ソー「衣装か。式典にでも出るのか?」

美希「ミキ達のステージ衣装なの。皆の前で歌って踊る時に着る服なの」

あずさ「今のとこ予定はありませんが」

ソー「なるほど!お前達は踊り子だったのか。しかし歳端もいかぬ女子が踊り子をするというのか・・・」

律子「面倒だなぁこの人・・・」



春香「うわ~、すっごい似合ってるよ真!」

真「そ、そうかな・・・でもなんか女の子っぽくない衣装だな・・・」

雪歩「やっぱり真ちゃんはカッコイイですぅ~」

ソー「・・・・・・」

P「真、サイズは問題ないか?」

真「はい」

ソー「・・・・・・聞いてもいいか?」

真「?・・・」

ソー「マコトは女だと思っていたのだが・・・男なのか?」

32: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 20:44:34.93 ID:DNrGFaaF0
真「!?」

小鳥「そ、ソーさん・・・真ちゃんはれっきとした女の子ですよ」ピヨ

ソー「ではなぜ男のような格好をさせる。女であることを隠して戦士になろうというのか?」

真「・・・」

美希「真くんはカッコイイから男の子っぽい格好なの」

響「真にはこーゆーカッコの方が似合うんだぞ。ソーもそー思うだろ?」

ソー「そーは思わんな。真は女だろう。女は女らしい格好をするべきだ」

真「そ、そーだよね!?ソーもそー思うよね!?やっぱりそーだよね!?」

ソー「そーだとも。マコトはかわいらしい顔立ちをしているのだ。男と間違われるのはもったいない」

真「そ、そ・・・そォ~かなァ~?そ、そこまで言われるとテレちゃうけどなァ~!」グワングワン

あずさ「あらあら・・・ソーさんったら素直に意見を言う人なのね~」

P「そ、ソー・・・あのな、真はカッコイイ路線で勧めてるんだから・・・」

ソー「俺は俺の思ったことを言っているだけだ。女でありながら男と偽るような格好はさせるべきではないとな」

真「そーだよね!じゃあ僕、カワイイフリフリの衣装を着てくるね!」ダー

春香「ま、真!」

律子「ソーさん・・・あなたは知らないんですよ・・・真がフリフリ衣装を着たらどんなにアンマッチなのかを・・・」



真「きゃぴぴぴぴ~ん!まっこまっこり~ん!」フリフリ

ソー「似合っているぞマコト」パチパチ

律子「ちくしょう!価値観が違いすぎる!」

33: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 21:21:10.79 ID:DNrGFaaF0
雪歩「違うッ!」クワッ

真「!」ビクッ

雪歩「真ちゃんにはそんなカッコは似合わないよ!真ちゃんはカッコイイ衣装が一番ピッタリ似合うと思う!真ちゃんは真ちゃんらしい格好じゃないと輝かないよ!」

ソー「・・・」

真「ゆ、雪歩・・・」

ソー「ユキホ、お前は今のマコトの格好はダメだと思うか?」

雪歩「そうですよ!こんなの真ちゃんじゃないよ!いつものカッコイイ服じゃないと真ちゃんじゃないよ!真ちゃんはかっこよくなくちゃダメなんです!」

ソー「・・・・・・」ニコッ

雪歩「ッハ!・・・・・・す、すみません~~~!」タタター

真「・・・雪歩」

ソー「・・・ユキホ、お前の強い意志を知れて俺は満足だ。お前は自己主張をしない臆病な小熊だと思っていたが・・・きちんと自分の考えを口にすることができるのだな」

雪歩「・・・うう・・・」コソコソ

ソー「男がニガテと言うが・・・お前は俺に啖呵を切った。この俺にだ。氷の巨人でさえ俺の姿を見ただけで恐れを抱いて逃げだすというのに、お前は真正面から立ち向かった」

雪歩「・・・」

ソー「誇りに思うのだユキホ。このソーに怒鳴り声をあげた人間として自信を持て。俺に比べれば人間の男など小鳥のようなものだろう。臆することなどない。誇りを持て」

雪歩「・・・ソーさん」



P「ちょっと、なんかイイハナシっぽくしようしてるぞ雷神さん」ヒソヒソ

律子「雪歩の男嫌いを治そうとしてるみたいですけど・・・」ヒソヒソ

小鳥「でも心なしか雪歩ちゃん、ちょっと顔付きが変わったような気がしますね」ヒソヒソ

34: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 21:53:55.20 ID:DNrGFaaF0
響「どうだソー?自分、似合ってるかー?」

ソー「ああ。皆実に似合っているぞ。我が王国の侍女達に勝るとも劣らぬ」

伊織「あら?新しい服の衣装合わせ?」ガチャ

やよい「あー!すごいですー!みんなとっても似合ってますよー!」ウッウー

亜美「お→これで仕事もバンバンきますでしょうなー」

真美「真美達も着替えましょうぞ!」



真「・・・ソー、やっぱり僕にはこっちの方が似合ってるみたいだね」

ソー「そのようだな。アスガルドでの価値観とミッドガルドの価値観は違う。ここでの価値観はここの者達の意見が正しい」

真「自分ではフリフリの方が似合ってるって思いこんでたけど・・・雪歩が言うように、こっちのカッコイイ方が僕向けみたいだ」

ソー「自分のことは自分では見えづらいものだ。周りからでしか見えぬものもあるということだな。自分の意志と周囲の声、両方を聞いてこそすぐれたものが得られる」

真「・・・でも僕はフリフリ衣装もあきらめないよ!いつかフリフリが似合うようになってみせる!」

ソー「そうだな!俺もあのオーロラのようなフワフワした衣装の方が似合うと思うぞ!」

真「・・・ソー」

ソー「・・・どうやら志は同じようだな」

 ガシィ!



春香「真とソーさんがガッチリ友情のシェイクハンドしてるよ~・・・」

37: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 22:17:58.62 ID:DNrGFaaF0

 ・・・・・

P「Zzz・・・Zzz・・・」

真美「ふっふっふ~・・・ぐっすり眠っておりますなァ~」

亜美「無敵の亜美真美姉妹がいるのを忘れて睡眠に入るのは危険ということを教えてあげなくっちゃあねぇ~」

真美「しかも!今はトールことトーちゃんがいんだぜェ~!へっへっへ→」

ソー「その通り・・・フフフ・・・プロデューサーとやら、戦場で眠るのは命取りだ。そして・・・お前はアミとマミのプリンとやらを奪ったそうだな・・・報いを受けさせるぞ」

真美「それでこそトーちゃんだぜッ!」

ソー「マミ、俺はトールという名ではなくソーだぞ」

真美「んなことどっちでもいーっしょ。とにかく、兄ちゃんにいたずらしましょうやー!」

亜美「トーちゃん!やっちゃえ~!」

ソー「ああ!」



 ・ ・ ・

律子「あれ?プロデューサーはどこに行ったの?」

亜美「亜美し~らないっと」タター

真美「真美もし~らない」タター

律子「?・・・ソーさん、プロデューサーは?」

ソー「窓から外に縄で逆さにつるし上げている。あヤツはアミとマミの好物を奪った。海賊はつるさねばな」

律子「」



 <ダレカー!オロシテクレー!ヒキアゲテクレー!

律子「早く引き上げなさい!今すぐにッ!」

ソー「俺に命令するつもりか。俺は誰の指図も受け――」

律子「早くしなさいッ!」

ソー「わかった」

38: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 22:19:11.81 ID:DNrGFaaF0
>>34

ミッドガルド:地球のこと

43: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 22:47:54.12 ID:DNrGFaaF0
 ・・・・・

響「ハム蔵はソーの大きな身体を遊び場だと思ってるみたいだなー。肩から腕まで走り回ってるぞ」

ソー「俺を踏み台にするとは度胸のあるヤツだな・・・ハムゾー」

ハム蔵<オラオラー ダバダー

響「こんな大きな人と遊ぶのは初めてだと言ってるぞ」

ソー「ヒビキは動物の声が聞こえるのか?」

響「ハム蔵達は自分の家族さー!当然だぞ!」

ソー「なんと・・・お前のように万物の声を聞ける者がいれば、ナーストロンドに巣くうファーヴニル竜とも平穏に共存できるやもしれぬ」

響「竜?自分も竜と友達になってみたいさー」

ソー「ヨルムンガンドが再来せし際には、ヒビキ、お前が先陣を切って説得してくれ」

響「よるむ?・・・なんだそれ」

ソー「ミッドガルド・・・すなわち地球を喰らう巨大な蛇のことだ」

響「さすがにサイズオーバーさー」

ハム蔵<オラー ガブ

ソー「いてっ・・・ハムゾーめ、腕に噛みついたぞ!」

響「ムチャいうなって言ってるぞ」

ソー「この俺に噛みつくとは・・・いいだろう!誇りと尊厳を賭けて決闘だ!」グア!

ハム蔵<コイヨソー!ブキナンカステテカカッテコイ!

響「うぎゃー!やめろ二人ともー!」

45: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 22:54:52.19 ID:DNrGFaaF0
>>43

ナーストロンド:北欧神話に登場する地名。荒れた地で、ソーは仲間と共に冒険したこともある

ファーヴニル竜:北欧神話に登場する竜。正史世界でソー達と戦ったこともあり、そちらのファーヴニルは言葉を話していた
 また、設定やキャラデザインなどを現代風にリメイクして1からスタートした新規シリーズ、『アルティメットシリーズ』では、ソーのセリフに登場したが野生の動物に近いらしい
 そのアルティメットシリーズにおけるストーリーにて、銀河系を吹き飛ばす威力を持つ爆弾の対応に困っていた所、ソーが爆弾をナーストロンドに次元移動させて事なきを得た
 ソーは『ナーストロンドにはファーヴニル竜しかいないから気にスンナ!』と言っていたので、正史世界のように言葉を話せるファーヴニルとは違うようだ

ヨルムンガンド:北欧神話に登場する巨大な蛇。コミックに登場した際は文字通り地球に巻き付くほどの大きさだった

46: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 23:14:45.59 ID:DNrGFaaF0
 ・・・・・

やよい「うっうー!ソーさんおはようございますー!」

ソー「ヤヨイ、その・・・うっうーとは一体何だ?ミッドガルドのあいさつか?」

春香「地球人皆がやってる訳じゃないですよ」

千早「高槻さん専用のあいさつみたいなものよ。元気が出るでしょう?」

やよい「うっうー!」ドワオ

ソー「・・・うむ、確かに自然と笑顔がこぼれるな」

春香「やよいは周りの人達に元気を振りまいてくれるんですよ」

ソー「なるほど・・・」

やよい「ソーさんも一緒にどうですか~?元気になりますよー!」

ソー「・・・うっうー」

やよい「もっと元気出してください!うっうー!」

ソー「こ、こうか?うっうー!」グオ

春香「わっ・・・すごい勢い」

千早「・・・腕を大きく振ってるから危ないわね」

ソー「うっうー!」ブアオ!

やよい「そーですよ!一緒にやりましょう!せーのっ」

やよい「うっうー!」

ソー「うっうー!」

 ドワオ



律子「ッゲ!な・・・何よこれ!事務所の中ひっくり返ってるじゃないの!」

やよい「ふえぇ~・・・すみません~」

春香「り・・・律子さん・・・実は・・・」

千早「ソーがうっうーしたひょうしに机や棚が・・・」

ソー「・・・す、すまん」

律子「こらー!ソーさぁん!」

ソー「す、すごい形相だなリツコ・・・お前ならヨトゥンヘイムの霧の巨人たちも裸足で逃げ出すだろう。ハッハハハ・・・」

律子「笑ってごまかさない!」

ソー「ぬう・・・ぐ」

47: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 23:18:16.43 ID:DNrGFaaF0
>>46

ヨトゥンヘイム:霧の巨人(氷の巨人)達が住む世界。極寒の地。巨人だけでなく巨大獣なども生息している

霧の巨人:主にソーのヴィランとして登場することが多い種族。かつてはソーの父、オーディン率いる軍団と戦争をしていたが、オーディンに敗れて弱体化している
 狂暴で危険な種族であり、並の戦士では勝てないほど強い

48: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/06(金) 23:41:04.75 ID:DNrGFaaF0
 ・・・・・

 ガチャ

P「ふう~、ただいまーっと。おや?今は皆出かけてるのか?・・・いや、奥で話声が聞こえる・・・」



ソー「タカネの言う通りだ!ユミルはとてつもなく巨大なパワーを持ってはいたが、その力の使い方を間違っていたな。だからムジョルニアで力ずくで黙らせてやったのだ」

貴音「真・・・冬の巨人と呼ばれてはいるものの、まいてぃ・そーのパワーには勝てぬということでしょう。しかし、私はゆみるの巨体に並ぶ者を今まで見たことがありませぬ」

ソー「ヤツは巨大な氷の塊だ。完全に打ち倒すことなど到底不可能・・・ヤツの世界に送り返すくらいしか対応のしようがない」

貴音「霧の巨人の国、ヨトゥンヘイムにも、あれほどの巨人はいませんでした」

ソー「霧の巨人達は一人では何もできぬ臆病者達よ。ヨトゥンヘイムなど訪れても何もないだろうに」

貴音「真・・・極寒の地で、荒れ果てておりました。ナーストロンドも相当のものでしたが・・・ヨトゥンヘイムには物悲しさすら感じました」



P(貴音って何者)

49: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/07(土) 00:37:53.85 ID:cJQu5nmo0
 ・・・・・

ソー「腹が減った」

雪歩「直球ですね・・・」

やよい「おひるごはんはもう終わりましたよ~」

ソー「・・・小腹が減ったのだ。何か食いものはないか?狩りに出かけるのも面倒だ」

真美「トーちゃん、冷蔵庫にシュークリームがあったよ~」

ソー「シュークリーム?美味いのか?」

亜美「そりゃあもう!ホッペタがとろけ落ちちゃうくらいおっいしいよォ~!」

やよい「食べたことないんですか?」

ソー「いや・・・アスガルドとミッドガルドでは食いものの名称も違うらしいからな。実際に食べてみなければわからない」

雪歩「で、でも誰のシュークリームかわからないよね。勝手に食べるのは――」

ソー「どれ」ガキョ バゴッ

亜美「あ→冷蔵庫壊した→」

真美「どんな怪力なのさ→」

ソー「これか・・・アスガルドでも似たような物を口にしたことがあるが、どれ・・・味見してみよう」ガブリ

雪歩「あ・・・だから誰のかわからないのに食べちゃダメですよ~」

ソー「ウム!うまい!ミッドガルドの食事はどれも美味いな!」

雪歩「聞く耳もたないよぉ~」

50: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/07(土) 00:46:33.74 ID:cJQu5nmo0
春香「ただいま~。あ、何してるの皆ー」ガチャ

千早「!ああっ!そ、ソー!それは私が大事にとっておいたシュクーリームよ!」

やよい「ええっ!」

ソー「そーなのか?」モフモフ

千早「・・・後でゆっくり食べようと思っていたのに・・・」

亜美「あー・・・そーだったのねー」

真美「ごめんねー、うちのトーちゃんが勝手に食べちゃってー」

千早「・・・いえ、いいわ。怒ってるわけじゃないから・・・」

やよい「すみませんやよいさんー・・・」

雪歩「私言ったのに・・・食べちゃダメって言ったのに・・・」

春香「そ、ソーさん!ちょっと自分勝手すぎますよ!千早ちゃんが楽しみにしてたシュークリームを!」

千早「いいのよ春香。本当に気にしてないから・・・」

ソー「勝手か・・・このシュークリームの持ち主のことなど微塵も気にせず喰らってしまったが・・・そうか・・・俺は自分勝手だったか」

春香「・・・」

千早「い、いえ・・・いいのよ別に・・・また買ってくるわ」

春香「ソーさん!謝ってください!」

ソー「・・・確かに勝手に食べたのは俺だが、何もこれが世界で最後の一つというわけでもないだろう。チハヤの言う通りまた買えばいいのではないのか?」

春香「そ、ソーさん!」

千早「いいってば春香」

ソー「・・・人間は小さいことを気にするのだな」

春香「あ」

雪歩「あ」



千早「」

58: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 00:07:01.71 ID:3XrpIaIC0
>>48

ユミル:氷の巨人の中でも最大にして最強の巨人。ソーとは何度か戦ったことがある。全身が氷でできており、疲れることを知らない強敵

62: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 00:30:23.04 ID:3XrpIaIC0
P「あれ?ソーはどこ行ったんだ?」

春香「千早ちゃんに凄まじいオーラを受けて耐えきれず、プリンを買いに行きました」

千早「・・・」

やよい「怖かったです~」

P「外に出てったのか!?だ、大丈夫なのかそれって・・・」

亜美「大丈夫っしょ→見た目はフツーの人間なんだからさー」

真美「兄ちゃんが持ってきたTシャツとズボンに着替えてるから大丈夫ダイジョブ→」

P「・・・なんか問題でも起こさないといいが・・・」



 ~~~

ソー「・・・プリンか・・・ヤヨイが書いてくれたメモによるとこっちの方に商店があるらしいが・・・」

 ガヤガヤ ドヤドヤ

ソー「・・・この俺が通るというのに周りの者どもは少しも意に介していないとは・・・人間は敬意というものがないのか」

 ガヤガヤ ドヤドヤ

ソー「・・・・・・ええい!道をあけろ!邪魔だ!」グイイ

 「うおお!?な、なんだコイツ!」

 「やめろ!押すんじゃねー!いでで!」

ソー「俺が通る道をさえぎるな!」

<なんだなんだ?ケンカか?

<大男がイチャもんつけてるみたいだ

 ドヤドヤ ザワザワ ヤイノヤイノ

ソー「っく・・・おのれ・・・ムジョルニアさえあればこやつらなど蹴散らしてくれるというのに」

あずさ「あらあら~、ソーさん何をしてるのかしら~」

ソー「!アズサ!・・・助かった。道をあけさせろ。俺の言葉が通じぬ連中らしい」

あずさ「あら・・・力ずくはダメよ~」

64: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 00:48:56.71 ID:3XrpIaIC0
あずさ「なるほどねぇ、千早ちゃんのプリンを勝手に食べたからおつかいに行くのね~」

ソー「そーだ。千早は小さいことを気にする奴だな・・・」

あずさ「あら~」

ソー「そこでだが、プリンを売っている商店への道がいま一つわからないのだ。アズサ、先導してくれぬか」

あずさ「いいですよ~。事務所に行く途中だったし、おつかいに行って一緒に事務所に戻りましょうか」

ソー「ああ」



 ~~~その後

ソー「アズサよ、ここはどこだ」

あずさ「あらあら・・・ちょっと道を間違えちゃったみたいね」

69: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 01:09:28.78 ID:3XrpIaIC0
あずさ「ごめんなさいねぇ。私ってばちょっと迷いやすい性質みたいなの」

ソー「気に病むことなどない。かつてはアスガルドの命運をかけて船で冒険をしたり、荒野を旅したものだ。これくらいのことは問題にもならぬ」

あずさ「あら~、そんなに冒険をしてきたんですか。すごいんですね~」

ソー「そうだとも。俺がまだマミやアミくらいのころには嵐の巨人たちの住み家へ黄金のリンゴを奪い返しに行ったりもした。幼い頃から冒険に明け暮れる日々だったぞ」

ソー「戦士としてオーディンから認められてからも、アスガルドに仇なす敵の軍勢をいくつも退けてきたものだ。巨大な一つ目巨人や邪悪な魔法を扱う悪の王の軍勢ともな」

あずさ「勝ったんですか?」

ソー「当然だ。アスガルドの戦士達は全ての戦において勝利を収めてきた。俺も多くの邪悪な敵と戦い、ムジョルニアによって打ち倒してきたのだ」

ソー「勝利の度に我らは宴を開き、勝利の美酒を浴びるように呑んだものだ。我らにとって勝利は決まり切ったこと・・・どんな敵も相手にはならぬのだ」

あずさ「・・・戦った相手の人達はどうなったんですか?」

ソー「降伏する者、塵となった者、逃げまどう者・・・様々だ。戦において勝者は全てを得られる」

あずさ「あら~・・・だからなのね」

ソー「・・・?」

あずさ「ソーさんは栄光に浸かりきってしまってるのね。自分の邪魔をする人は力ずくでやっつけて、ほしいものは力ずくで奪ってきたから・・・」

ソー「・・・どういうことだ」

あずさ「千早ちゃんのプリンを食べたのはそういう理由なのよ。あなたはアスガルドの王子で誰もがひれ伏す雷神・・・他人の物を勝手に食べても何も問題ないと思ってるんじゃないかしら?」

ソー「ッ・・・」

あずさ「ソーさん・・・あなたは他人の気持ちを思いやることを知るべきよ。なにもかもが自分を中心だと思ったりしちゃダメ。自分がされていやなことは人にしないこと」

ソー「・・・・・・思いやる・・・」

あずさ「わかった?」

ソー「・・・・・・ああ」

72: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 01:20:29.77 ID:3XrpIaIC0
>>69

嵐の巨人の~:ソーのコミックでは北欧神話の世界を舞台に様々な冒険をしたりするストーリーがある。嵐の巨人達に奪われた黄金のリンゴを取りに行くという絵本のような話も
 嵐の巨人はソー(子供時代)に比べるとかなり大きく、『ジャックの豆の木』の巨人とジャックくらいの差がある。にもかかわらずソーは立ち向かっていった
 ちなみに、黄金のリンゴとはソー達が定期的に摂取することで不老の身体を得ている魔法のリンゴである

73: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 01:28:43.98 ID:3XrpIaIC0
あずさ「ごめんなさい。なんだか偉そうなこと言っちゃって・・・」

ソー「いや・・・アズサの言う通りだ。千早には悪いことをしてしまったな・・・改めて謝罪の言葉を伝えねば・・・」

あずさ「ふふ・・・そうね」

ソー「・・・だがその前に、どうやって現在地を把握すればいいのだ。ここからではジムショへ戻る道すらわからぬぞ」

あずさ「あ~・・・」



伊織「アンタ達何やってんのよこんなとこで」

ソー「!イオリ!」

あずさ「あら伊織ちゃん、偶然ね~」

伊織「何か妙な組み合わせね・・・なんかの罰ゲームかしら?」

ソー「実はコレコレシカジカ・・・」

伊織「カクカクウマウマ・・・ということね。はァ~・・・神様がつまみぐいって何してんのよまったく」

あずさ「伊織ちゃん、プリンのお店へ案内してもらえないかしら」

伊織「まあ別にいいわよ。私も事務所に行くつもりだったし。・・・そうだッ。どうせならもっと立派なものを買って行ってあげましょう」

ソー「立派なもの?」

伊織「にっひひ、千早に謝るんならイイものを持ってった方がいいでしょ」

74: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/08(日) 01:38:23.45 ID:3XrpIaIC0
 ―765プロ事務所

春香「遅いなぁ~ソーさん・・・」

やよい「道に迷ってるんですかねー」

 タッタッタッタッタ・・・

小鳥「あ、階段登ってくる足音。ソーさんかしら」

 バギョンッ

ソー「あっ・・・」

小鳥「!?ちょ、ちょっとソーさん!ドアぶっ壊さないでください!」

ソー「す、すまん・・・普通に開けたつもりだったのだが・・・」

伊織「ちょっと何してんのよもうっ・・・」

P「お、伊織とあずささんも一緒か」

あずさ「途中でソーさんと偶然出会っちゃって・・・」

亜美「なるほど」ウン

真美「なるほど」ウン

ソー「それはそーと、チハヤ」

千早「!・・・な、何」

ソー「・・・」スッ

千早「!」

春香「こっ、これは!伝説のゴージャスセレブプリン!」パァー

千早「・・・」

ソー「すまなかった。お前の気持ちを考えずに勝手な言動をとってしまった。許してくれ」

千早「・・・・・・ソー・・・」

あずさ「ふふ」

千早「・・・ええ。気にしないで。わかってくれればそれで・・・・・・ありがとう」

春香「ソーさん・・・」

ソー「これからも俺は無神経な言動をしてしまうかもしれない。また小さいことが気になれば、遠慮なく言ってくれ」

千早「」

春香「台無しだよ」

81: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 19:59:32.44 ID:kmIqGtvR0
真「おはようございまっこまっこり~ん!」ガチャ

響「はいさーい!」

雪歩「おはようございますぅー」

貴音「こんにちわんたんめん」

P「お、皆揃って出勤か。今日は確かダンスレッスンだったな」

やよい「765プロ勢ぞろいですー。うっうー!」

律子「ほら、美希、起きなさい。皆来たからダンスレッスンよ」ユサユサ

美希「Zzz・・・」スヤァ

伊織「早く起きなさいよ。メンバー全員で練習するんだからね」

ソー「皆で修業をするのか?集団兵法の鍛錬なら指導してやろう。ファランクスの陣形を――」

P「じゃなくて、ダンスだよダンス」

ソー「?」

春香「あ、そーだ!ソーさん!私達のダンス見てくださいよ!感想を聞かせてほしいんです!」

ソー「かわまないが・・・」

春香「よーし!皆!ソーさんをアっと言わせようよ!」

84: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 20:34:30.98 ID:kmIqGtvR0
講師「はい、ワンツー、ワンツー、ワンツー」

 ネムルオ~モ~イ~アーツーメター♪アスガハーヤークホシイー♪

 キュッ キュッ

ソー「・・・なんと見事な演舞だ・・・音楽に合わせて舞うことをダンスというのだな」

P「演舞ってほど立派なもんじゃなくて練習だな。本番のための」

ソー「皆の動きが一致していて優雅に見える」

講師「ワンツー、ワンツー、ワンツー」

 ツキヤブレルゥ~♪

 キュッ キュッ

 ドン

やよい「あっ!」

真「っとと・・・」グラ

ソー「!」

講師「ハイストーップ。高槻さん、最後に少しミスしちゃったわね」

やよい「すみません真さん~・・・ぶつかっちゃって」

真「大丈夫だよ。ボクの方こそごめん。ケガしてないよね?」

やよい「はい!次からはもうぶつかったりしないようにがんばりますー」

響「その意気だぞやよい!」ウンウン



ソー「ちょっと待ってくれ」

やよい「う?」

美希「どうしたのソー?」

ソー「なぜマコトが謝罪をする?・・・ヤヨイを責めるつもりではないが、ぶつかったのはヤヨイのミスだ。マコトはミスをしていない。ヤヨイの謝罪は当然としてなぜマコトも謝罪を?」

真「・・・へ?」

85: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 20:37:33.27 ID:kmIqGtvR0
>>81

集団兵法~:ソーは戦の神でもあるため、戦関連の知識にも強い。ファランクスの陣形とかそういうのを知ってるかは不明・・・
 ちなみに、ファランクスの陣形などが描かれるマッチョ映画、『300(スリーハンドレッド)』はアメコミ原作作品。今年、前作から長い時間を開けて続編が公開される

86: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 20:41:49.01 ID:kmIqGtvR0
>>84

ツキヤブレルゥ~♪:現在テレ東系チャンネルで放送中のアニメ、『ディスク・ウォーズ アベンジャーズ』のOP曲。アニメ本編に登場したシルバーサムライがうたっている
 子供向けアニメということと放送期間が長く確保されてるからか、アニメ本編のテンポは多少ゆっくり目。しかし登場するキャラはメジャーからマイナーどこまで幅広く、面白い
 たまに作画がアメイジング(驚愕)でスペクタキュラー(お見事)になる

87: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 22:23:21.35 ID:kmIqGtvR0
やよい「ふええ~!すみません~」アタフタ

ソー「いや、ヤヨイを責めている訳ではないと先ほども言っただろう。マコトに非があるわけではないのに謝罪することが不思議でならないのだ」

千早「・・・」

P「お、おいソー・・・」

ソー「もしも今の演舞が・・・修行の場ではなく、本当の舞台の上での演舞であったなら、演舞の完成度が落ちてしまう。真に戦果を上げんとする気があるのならばミスを指摘すべきではないのか?」

亜美「つまりもっとキビシーくしろってことなの?」

ソー「戦であれば一つのミスで命の危機となる・・・お前達にとってこの演舞も非常に大事な催し物なのだろう?俺がマコトの立場ならば、大声で指摘していただろう」

雪歩「ひぇ」

ソー「そうすることでヤヨイも気を引き締めるのではないか?ミスした者を鼓舞する意味もこめてそうするだろう。なのになぜマコトは謝罪したのだ?俺には理解できない・・・」

真「う~ん・・・そんなこと言われてもなぁ」

春香「あ、あのねソーさん・・・別に気を引き締めてない訳じゃなくって・・・・・・」

真「そこまで考えてなかったんだけど、もしかしたらぶつかったのはボクのせいかもしれないし、ボクがミスしてやよいの動く位置にいちゃったのかもしれないから謝ったのかな」

ソー「・・・自分にも非があったかもしれないから謝罪したということか」

真「うん。それに大声あげて批難したりとかしたらさ・・・なんていうか、相手が傷ついちゃうんじゃないかな」

ソー「・・・」

真「ボク達は皆で一緒に踊ってるから、皆の気持ちを一つにして楽しい気持ちで踊りたいんだ。だから・・・・・・え~っと・・・あぁもうッ!上手く言えないなあ!」

真美「まっ、ヤな気分で踊ってもキレが悪いでしょうからなァ~」

ソー「・・・」

貴音「まいてぃ・そー、わたくし達はトップアイドルを目指して日夜努力をしております。しかし、それは765プロの皆で助け合い、共にトップをめざしているのです」

ソー「!」

貴音「誰か一人だけがトップになるために努力しているのではありません。皆でトップになるために努力しているのです。765プロの全員で、道を歩いて行くのです」

貴音「その道を一緒に歩く仲間を思いやることが・・・私達にとっては何よりも大事なことなのですよ」

ソー「・・・思いやりか」

88: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 22:36:37.69 ID:kmIqGtvR0
あずさ(ソーさんはまだまだ思いやることを学んでもらわないといけないかしら)

真「いつもの調子でやってたから、改めて聞かれると答えに困るよ。ボク達にとってはああいう時に謝ったりするのが普通だったからね」

ソー「俺にとっては不思議で仕方がなかったのだ。戦いの場では誰もが自身の眼の前にいる敵を打ち倒すため、名を上げるために戦う。仲間が足を引っ張れば首根っこをつかむ所だ」

やよい「ふえ~!」

ソー「あ、違うぞ。ヤヨイのことではない。何度も言うがヤヨイを責めているのではないからな。誤解するな」

あずさ(あら・・・でもちゃんとやよいちゃんを傷つけないように気を配ってるのね。思いやる気持ちが全然ないってことじゃないみたい。よかった)

春香「とにかくっ!私達765プロは笑顔と元気がウリなんですから!これが765流なんですよ!ソーさん!」

ソー「・・・なるほどな。無粋なことを聞いてすまなかった」

美希「ヘンなの。さっきまで色々言ってたのに、今度はソーが謝ってるの」

ソー「あっ・・・」

伊織「なんなのよまったく・・・」

真美「おやおや、トーちゃんもいつの間にか765プロ色に染まってきておりますなぁ~」

亜美「これはトーちゃんがアイドルになる日も近いのであろう~」

P「先に言っとくがそれは無いからな」

89: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 23:01:13.10 ID:kmIqGtvR0
 ・・・・・後日

講師「はいワンツーワンツー」

 キュッ キュッ キュッ

P(皆ダンスは完璧になりつつあるな。これなら次のオーディションもいけるかもしれない・・・いや、きっといける!)

講師「はい、今日のレッスンはここまでね」

春香「はぁ~・・・疲れたぁ~」グデー

響「でも皆上手くなってきてる気がするぞ!」

雪歩「私も・・・自分で言うのも何だけどだんだん上達してきてる気がします」

小鳥「おつかれさま~、ちゃんと休憩と水分取ってね。熱中症とかには気をつけないといけないから」

美希「運動したらお腹減ったの~」ペコグゥ~

響「自分もハラペコだぞ」ペコグゥ~

小鳥「フフ、皆、ソーさんが向こうで待ってるわよ」

伊織「?ソーが?」

小鳥「台所を使わせてもらいたいって言われただけよ」

伊織「?」

 ・ ・ ・

亜美&真美『こ、こ、これはぁ~~~!』

 ドジャア~~~ン!

貴音「」ゴクリ

やよい「うわ~!すっごい豪華な料理です~!」

ソー「おお、演舞は終わったか。さあ、アスガルド流の料理を準備した。日頃の感謝の意もこめて今日は俺が腕を振るったのだ。地竜の肉と大牙魚は手に入らなかったがな」

伊織「これ・・・あんたが作ったの?」

ソー「そーだ。カイダシも俺がしたんだぞ?ミッドガルドにもずいぶん慣れてきたからな」ドヤサァ

伊織「・・・やるじゃないの。にひひ」

90: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/12(木) 23:33:04.25 ID:kmIqGtvR0
P「そんじゃ、御相伴にあずかりますかな」

ソー「皆の分はしっかりあるから遠慮なく食べてくれ。アスガルドの料理と同じ味とはいかないが・・・ミッドガルドで手に入る調味料でできるだけ再現できたと思う」

やよい「わ~!おいしそうです~!」

貴音「」ジュルリ

春香(うっ・・・近くで見るとけっこう見た目はギットギト・・・)

真(こってりしてそうだなぁ~・・・やっぱり神様ってカロリーとかもたくさんとるのかな・・・)

ソー「さあ、食べてみてくれ」キラキラ

雪歩(ううっ・・・守りたいくらいのキラキラした笑顔だよぉ~)

春香(・・・ええいっ!覚悟を決めろ私!ソーさんのせっかくの思いやりをムゲにしちゃいけないもんげ!)スッ パクッ

真(!春香が行った!)

春香「っ!・・・お・・・おいしいッ!」パァー

ソー「はっはっは!そーだろう!」

真「ほ、ホントに?」

春香「見た感じはおもそうな濃い感じだけど、意外と濃くない!すっごくおいしい!」パァー

亜美「こーゆー時ってたいてー料理がマズくって『う、うん・・・ど、独特な味だね』とか言ってごまかすのがセオリーなのに」

伊織「春香の言う通り、オイシイわこれ」モグ

あずさ「本当、ほっぺたが落ちそうね~」モグモグ

真「ぼ、ボクも食べる!」

雪歩「私も食べます~」

貴音「」パクパクパクパクパクパク

響「早くしないと貴音が全部食べちゃうぞ」モグモグ

真「わ~!待って待って!」

ソー「ハハハ、案ずるな。まだまだたくさんあるからな」

91: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/13(金) 01:05:27.83 ID:lHGkKVH60
律子「ウソ・・・アスガルドの料理・・・おいしすぎ!?」モグモグ

ソー「で、演舞の出来はどうだ?ここの所かなり鍛錬していたようだが」

春香「完璧ですよ完璧!きっと今度のオーディションにも合格できる出来栄えです!」モグ

ソー「それはよかった。ところでそのおーでぃしょんとは何なのだ?」

美希「エライ人達の前で歌って踊って、美希達がスゴイってことを見せることなの」

雪歩「合格すればお仕事がもらえるんですー」

ソー「なるほど、王に謁見するようなものか!王に演舞を見せて、城に属する踊り子となる契約をかわすのだな!」

雪歩「う~ん・・・合ってるのかなぁ・・・」

響「まぁそういう感じさー」モグモグ

ソー「案ずるな!お前達ならミッドガルドの王の目にとどまるだろう!アスガルドの王であるオーディンの息子、このソーが見込んだのだ!自信を持って胸を張れ!」

千早「くっ・・・」モグ

P「ハハハ・・・戦の神のお墨付きとなれば受からないわけにはいかないな」

律子「皆ー!ソーから認められたからって油断しないこと!気を引き締めて本番に挑みましょう!」

 オー!



 ・・・・・



 「フフフ・・・ずいぶんとミッドガルドに馴染んでいるらしいな。鬼神のごとく強いソーもとんとフ抜けたものだ・・・」

 「今ならば・・・平和ボケした今のヤツなら・・・簡単に堕落させられる・・・もっと陥れてやるぞ・・・・・・フフフ」



ロキ「我が兄、ソー!・・・フハハハハ!フハハハハハハハ!アーハハハハハハ!あー笑いすぎて腹イテー!ハハハハハ!」

99: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 22:22:40.93 ID:k4s1y0ce0
 ・・・・・オーディション当日

小鳥「はぁ~、皆オーディションに出発しちゃったなあ。今の私にできることは皆を信じて待つだけ・・・」ズズ・・・

ソー「っく!このっ!ええいっ!」ピコピコ

小鳥「皆ががんばってるって時にソーさんはゲームに熱中ですかー」

ソー「ああっ!・・・っぐううう・・・なぜだ!なぜこのスーパーマリオという男はキノコに触れただけで負けてしまう!敵と巨大化できるキノコと見分けがつかん!」

小鳥「あーあー、ソーさん熱中しすぎてコントローラーが壊れちゃってますよ。そんなに面白いですか?ゲーム」

ソー「ああ。壁画が動く魔法の箱を見た時は驚いたが・・・このゲエムとやらは自らが壁画の中の人物を動かすことができる魔法を体験できる不思議な機械だな」

小鳥「他のゲームもありますよ。まあソーさんが操作できそうなゲームっていったらそれくらいしかありませんけど・・・」

ソー「そのようだな・・・以前マミとアミがゲエムを使わせてくれたがさっぱり理解できなかった。ミッドガルドの人間は軟弱だが技術力がある」

小鳥「やっぱり地球の機械って興味ありますか?アスガルドには電話とかないんですかね?」

ソー「デンワ?」

小鳥「これです。遠くにいる人と会話ができる機械ですよ」ス

ソー「・・・?・・・遠く離れた者と会話だと?どういうことだ?」

小鳥「ええっとですねー・・・・・・」

100: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 22:28:52.71 ID:k4s1y0ce0
 ・・・オーディション会場

春香「プロデューサーさん!オーディションですよオーディション!」

P「緊張せずに気を引き締めろ。お前達ならきっと大丈夫さ」

伊織「当然よ。ここからスーパーアイドル伊織ちゃん伝説が始まるんだからね」

やよい「う~、緊張しますぅ~」

雪歩「失敗しちゃったらどうしよぅ~・・・」

真「足がもつれちゃったりしないか不安になってきた・・・」

律子「皆、気負いすぎずに自然体でいて。身体がこわばっちゃってるわよ」

響「じ、自分は完璧だから絶対大丈夫さー!」

貴音「わたくし達の日々の成果を見せる時・・・今までの努力を無駄にしてはなりません。皆、りらっくすしましょう」

美希「Zzz・・・」

律子「アンタはリラックスしすぎよ」ペシッ

春香「美希の不屈のハートがほしいよ・・・」

P(まずいな・・・皆緊張しまくってる・・・これじゃ受かるものも受からない・・・)

 Prr Prr

P「あ、電話・・・・・・音無さんから?」Pi

律子「え?も、もしかして何かあったとか?」

P「もしもし?音無さん?どうかしたんですか?」

ソー【おおッ!その声はプロデューサーか!】

P「うあっ!?・・・そ、ソー!?」

春香「ええっ!?」

千早「ソーから電話?」

ソー【コトリの言う通りだな!この機械の中からプロデューサーの声がするぞ!一体どういう魔法なのだ!?】

102: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 22:47:38.33 ID:k4s1y0ce0
P「とりあえずスピーカーに切り替えて・・・」Pi

亜美「トーちゃん~?聞こえてますか~?どうぞー」

ソー【その声はアミか!皆もそこにいるのだな!このデンワとやらは本当にすごいな!これがあれば戦での伝令を使わず、直に連絡がとれる代物だ!】

真(声で亜美と真美を聞きわけるとは・・・)

美希「あふぅ、何なに?ソーから電話?」

あずさ「あらあら、ソーさんの大声は美希ちゃんが起きちゃうほどなのね」

伊織「何よソー!なんで電話なんかかけてきたの!?」

ソー【なに、コトリが皆を激励してやれと言うのでな。イオリよ、緊張していたんじゃないか?】

伊織「な、何言ってんの!このスーパーアイドル伊織ちゃんが緊張なんかするわけないでしょ!」

ソー【ハハハ、お前ならそう応えるだろうと思っていた】

貴音「まいてぃ・そー、わたくし達を応援してくれるのですね」

ソー【当然だ。お前達は俺にとって、ミッドガルドにおける家族だ。大事に思うのは当たり前のことだろ】

千早「・・・家族」

ソー【お前達の日々の努力を傍で見てきた俺が保証する。お前達ならば王に認められるはずだ。それはそこにいるプロデューサーもリツコも、コトリも信じている】

律子「ソーさん・・・」

ソー【必ず勝利を掴め、とは言わない。悔いのないように全力で挑むだけでいい。俺とコトリはジムショで待っているからな】

ソー【では、うっうー!】Pi

春香「!?」

P「あ・・・切ったみたいだ」

春香「・・・さ、最後・・・うっうーって・・・・・・ップ」

やよい「うっうー!私が教えてあげたんですよー!」

響「アハハハ!まったくなんなんだソーのヤツ!なんだか気が抜けちゃったぞ!」

貴音「やよいの専売特許のセリフを、筋骨隆々の殿方が言っていると思うと・・・妙な笑いがこみ上げてきます」

真「プハッ!ちょ、それは言い過ぎ・・・」

真美「まああのガタイでうっうーはイタイっしょ~」

春香「アハハハハ!」

P(・・・ソーの電話で皆緊張がほぐれたみたいだな。・・・ありがとうソー)

105: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 23:32:09.63 ID:k4s1y0ce0

 ・・・その後、765プロ事務所

春香「皆で合格できましたー!」パアー

音無「おめでとう皆!きっと受かると思ってたわ」

春香「ありがとうございます!ソーさんがリラックスさせてくれたおかげですよ!」

ソー「俺が?俺は何もしていないぞ。お前達が自分で勝利を掴んだのだろう」

雪歩「実はソーさんが電話してくれる前までは私とても緊張してたんですぅ~」

真「ボクも」

響「皆ガッチガチになってて心配だったんだぞ。まあ、自分は完璧だから大丈夫だったけどな」

千早「ソー・・・ありがとう」

ソー「俺は何もしていないが・・・これ以上の問答は不毛なだけだな。ではこの勝利は、この事務所にいる全ての者のおかげということで手を打とう」

P「ああ。ありがとうな」



 ガチャ

 「フン・・・まさかこのような場所に陣取っているとは思わなかったぞ、兄よ」

ソー「!?」

雪歩「!お・・・男の人!?・・・」サッ

響「それも知らない人だぞ・・・」

小鳥「?・・・えっと、何か御用でしょうか?ここは765プロの事務所ですけど・・・」

ソー「ロキ!」

107: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 23:47:09.35 ID:k4s1y0ce0
>>105

ロキ:ソーの義理の弟である、偽りと嘘の神。ソーのヴィランとして度々登場し、MARVEL全体でも悪役として登場することが多い
 実はソーとは血がつながっていない(オーディンの本当の子ではない)。オーディンが打ち倒した霧の巨人族の王であるラウフェイの子であり、オーディンが戦場で拾い、養子にした
 オーディンの子としてアスガルドに迎え入れられたものの、力も勇気もなにからなにまで兄であるソーにおよばないロキはずっと嫉妬していた(周りは差別はしていないが)
 そのため、ソーを蹴落とし、自身がアスガルドの王になることを目的として暗躍することとなる。コミックでも映画でも、『アベンジャーズ』結成のきっかけはロキである
 コミック(の初期)ではシワが目立つ顔だったり、ちょっと濃い目の顔だったりするのだが、後年ではイケメンに描かれ、美女になったり子供になったりと大忙し
 実写映画版の『マイティ・ソー』にも当然出演。演じたのはイケメン俳優のトム・ヒドルストン。実は元々はソー役のオーディションに来ていたが、ロキのが似合うと抜擢された
 後の実写映画『アベンジャーズ』にて非常に活躍し、チョロ神としてのネタキャラ的な人気と、女性からの圧倒的指示を集め、世界中で多くのファンを獲得した
 ちなみに演者であるトムさんはめっちゃいい人。撮影を見学していた子供と笑顔でかたぐるまして写真をとったり、一人でキャップの盾とソーのムジョルニアを装備して雄叫びあげたりしてる

 ロキもソーと同じく、正真正銘の神であるためスペックは高い。ソーほどのパワーはないが、かなりのレベルのあらゆる魔法が使える
 身体もかなり丈夫で、首を切断しても無事だったりする。パワーで戦うよりも幻術や魔法で裏をかくタイプ

109: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/20(金) 23:56:27.22 ID:k4s1y0ce0
ロキ「久しいな、ソー」

ソー「ロキ!ハハハこやつめッ!まさかお前とこんなところで再会するとは思わなかったぞ!」グイ

ロキ「ッ・・・フン」

春香「ソーさんの知り合いですか?」

ソー「ああ!こいつの名はロキ。俺の弟だ」

やよい「ええっ!?ソーさんの・・・」

真「弟!?」

ロキ(純真無垢な連中め)

ソー「一体なぜお前がミッドガルドに?父上の髭を三つ網にでも結んでしかられたか?」

P「も、もしかしてソーを迎えに来たとか?・・・」

ロキ「違う。ソーを地上に追放した父上の判断を俺が無視することはできないからな。ただ兄を心配して来ただけのことだともああ」

真美(うーん・・・なんだか・・・)

亜美(アヤシイニオイがしますな・・・)

ソー「ハハハ!何を生意気なこやつめ!それを言うなら俺の方がアスガルドにお前を残してきたのを不安に思っていたというのに」グリグリ

ロキ「いでで!そ、ソー!やめろ!人前で俺を子供扱いするんじゃない!」

貴音「面妖な・・・」

あずさ「あらあら、まぶしい兄弟愛ね~」

111: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/21(土) 00:07:50.08 ID:F2qzUc9r0
ロキ「そ、それよりも!お前達・・・765プロのアイドル達だな?」

春香「!し、知ってくれてるんですか!?」

ロキ「ああ。ミッドガルドに来てからはこちらのことを色々調べさせてもらった。お前達が駆け出しのアイドルだということを・・・」

ソー「フフフ、ちょうどさっきオーディションに合格した所だ。これからナムコプロの快進撃が始まるのだ」

ロキ「・・・実は俺は・・・ミッドガルドにおけるアイドル業界の大手グループと知り合ったところだ。とても大きな影響力を持っている所とな」

P「!」

ロキ「どうだ?俺がその大物とお前達の間を取り繕ってやろう。一気にスターダムへと駆け上れるぞ。もちろん・・・無償という訳ではないが」

亜美(ありゃりゃ・・・こりゃ本格的に)

真美(アヤシすぎますなァ~)

律子「そ、それって・・・」

ロキ「オーディショに受かったと言っていたが、今回だけかもしれないだろ?今後も勝利が続くとは限らない・・・だが俺と組めばお前達を永遠に――」



ソー「いらん」

113: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/21(土) 00:46:43.20 ID:F2qzUc9r0
ロキ「栄光の舞台の上で・・・・・・え?」

ソー「ロキ、お前の気持ちはありがたいがその申し出は断る。ナムコプロの者達はそのような取引をせずとも栄光を掴めるからな」

千早(・・・ソー・・・)

ロキ「な・・・なぜだ!?永遠の栄光を約束してやるというのに・・・なぜ!」

ソー「誇り無き勝利など栄光ではない。お前なりに気を配ってくれたのだろうが・・・必要ないさ」

亜美「よく言ったぞトーちゃん!」

真美「それでこそ765プロだぜッ!」

P「その通りだ。ソーの言うように・・・あなたの申し出はけっこうです」

真「裏取引みたいなことはやらないもんね!」

伊織「そーよ!およびじゃあないっての!帰りなさいよまったく!」

ロキ「ッ!・・・・・・~~ッ・・・くっ!・・・後悔するなよ貴様ら・・・俺を敵に回すというのなら・・・受けて立ってやる!」

雪歩「ひえ~・・・」

律子「なによそれ。逆ギレもいいとこだわ」

ロキ「今日のところはここまでにしといてやるが・・・覚えてろよっ!夜中に火事になってもしらねーぞ!迷惑メールいっぱい送ってやる!窓ガラス全部割ったるからな!」

美希「メッキがバリバリなの」

やよい「窓割られたら困りますゥ~」

ソー「ロキ」

ロキ「ッ・・・」

ソー「この者達は・・・ナムコプロの者達は、ミッドガルドにおける俺の家族だ。たとえお前であっても・・・俺の家族に何かしてみろ・・・タダではすまぬぞ」

ロキ「!・・・・・・ふ、フン!」バタン

121: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 19:52:36.21 ID:LDi4G6g90

 ―961プロ

黒井「それで何も成果無しでシッポを巻いて帰ってきたというのか・・・フン、邪神と名乗っている割には大したことないな」

ロキ「口を慎め・・・俺は指を鳴らすだけで貴様の頭を風船に変えることもできるのだぞ」

黒井「今のお前ならそんなことはしないだろう・・・貴様の兄を堕落させるためには色々と私の協力がいるだろうに。地球で右も左もわからないお前達アスガルドの者にとってはな」

ロキ「フン・・・あのナムコプロとかいうのを叩きのめして奴らはアイドル活動ができなくなり、ソーはやむなく貴様の裏取引に乗じる・・・それが計画なのだな」

黒井「そうだ。あの弱小事務所を消し飛ばすためにお前と手を組んだのだ・・・成果は見せてもらわねば困る」

ロキ「俺の目的はソーを陥れ、永遠にアスガルドから追放すること・・・ヤツをどんどん堕落させてやる。その過程でナムコプロがどうなろうとかまうものか」

黒井「クックク、貴様の成功は私の成功ということだ。是非がんばってくれ」



 ・・・・・数日後

ロキ(・・・と、言うことでまたナムコプロの事務所まで来たが・・・)

<チョット!ハヤクシナサイッテ!

<ワスレモノナイー!?チャントニモツソロッテルー!?

 テンヤワンヤテンヤワンヤ

ロキ「なんかスッゲー忙しそうだな・・・別の日にした方がいいかな・・・」

122: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 20:18:20.22 ID:LDi4G6g90
伊織「ちょっとあずさはどこ行ったのよ!早くしないと遅れちゃうわよ!」テンヤ

亜美「りっちゃ~ん!DSVitaどこに置いたか知らない~?」ワンヤ

律子「ゲームなんて持ってかないの!あずささんはどこ!?」テンヤ

春香「あ、事務所前の道路の向かい側にあずささんいますよ」



律子「あーもう!じゃあ行くわよ!伊織!亜美!」ワンヤ

亜美「あいあいー!」テンヤ

伊織「まったく!こんなんでちゃんと仕事できるのかしらね!」ワンヤ

 ガチャ

ロキ「わ」

伊織「どきなさいチョロ神!」グイ

亜美「行ってきまーす」タタタ

律子「30分前には現場入りしときたかったのに~!」タタタ

ロキ「・・・」

春香「あ、ロキさん。また遊びに来たんですか?」

ロキ「・・・い、今のは?」

響「『竜宮小町』っていうユニットで売り出した3人だぞ。仕事に遅れそうだからって慌ててたな」

真「ボク達もオーディションで合格して仕事も少しずつもらえるようになったけど、竜宮の3人は優先的に多いんだ」

ロキ「・・・あ、そう」

125: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 20:37:06.49 ID:LDi4G6g90
>>122

チョロ神:ロキの愛称。映画『アベンジャーズ』にてハルクにビッタンビッタンされて、「チョロい神だ」と言われたことからファンに定着した。吹き替えでは「それでも神か」と訳されている
 ソーの一作目の映画でのロキはチョロい部分はほぼ見られなかったが、これを受けてか後に公開されたソーの映画『マイティ・ソー:ダークワールド』においても、
 「飛空艇から落とされて情けない声を出しちゃう」、「人間であるジェーンに出会い頭にビンタされて唖然とする」、「キャプテンアメリカに変身してハシャぐ」などネタっぽい部分が多く見られる
 だが、ロキがMARVELを代表する悪役であり、超大物ヴィランであることに変わりはない。愛されキャラであることも

126: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 20:41:42.20 ID:LDi4G6g90
>>123
F&Pのはもう絶望しかねー。キティら以外のX-MENだけでなくアイアンマンやキャップ、ドゥームまでもセンチネルにやられたんだってね・・・
公式チートのフランクリンですら一瞬なんて・・・

>>124
あれはカプコンもフザけてるとしか思えない。MVC3のセンチネルPVで、1P側がセンチネル&マグニートー&ストームのMVC2での最強キャラチームだったもん

127: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 21:40:14.29 ID:LDi4G6g90
やよい「ロキさんはおにいさんに会いにきたんですかー?」ウッウー

真「こないだ捨てセリフさんざ言って帰ったのにまた来るとはびっくりだよ」

春香「イヤミなこと言っちゃだめだよ真。ソーさんに謝りにきたんですよね?」

ロキ「まあそんなとこだ。ソーはどこにいる?」

響「向こうでハム蔵とオセロしてるぞ」



ハム蔵<・・・ パチ

ソー「なっ!・・・っく、そこを取られたか・・・」

ロキ(ソー・・・)ホロリ

真「12戦9敗中なんだよソー」

ロキ(・・・ソー・・・)ホロリ

やよい「うっうー!ウチに遊びに来てくれた時も弟達と遊んでくれたんですよー。追いかけっことかクイズとか色々しましたー」

真美「うんうん。やよいっちの弟達と同レベルのクイズで熱中してたね~」

ロキ(やっぱアスガルドの未来のためにも俺が王にならねば)ポロポロ

129: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 22:42:33.17 ID:LDi4G6g90
ロキ「そう言えばお前らは仕事に行かないのか?さっきの三人組みたいに」

真美「おはずかしいことに我々は今日は暇なのじゃよ~」

春香「竜宮の3人はちょっと仕事が多めなんですよ」

ロキ(ふむ、ならば今日こいつらはここに居座るということか。ならばここでこいつらがスキャンダルなことを行い、それを俺が記録すれば・・・)

ロキ(そのためにもまずは邪魔者のソーを少し遠ざけねば)

ハム蔵<・・・ パチン

ソー「なっ!は、ハムゾー!そこを取るために俺を罠に誘い込んだというのか!・・・ぐ・・・」

ロキ「なにをやっとるんだ」ペシ

ソー「あたっ、!ロキ!遊びに来たのか!?」クルッ

ロキ(ちくしょうステンドグラスみたいなキラキラした瞳で見やがって)

ロキ「そんなことよりソー、さきほどリュウグウコマチとかいう3人が出ていったが、見送りはしたのか?」

ソー「ッハ!そうだった!ハムゾーとの黒白戦に熱中するあまり忘れていた!」

ロキ「今ならまだ間に合うんじゃあないのかな?外に見送りに行ったらどうだ?」

ソー「そうだな!ハムゾー!戦は無効試合だ!」

ハム蔵<カエッテキタラツヅキナ

ロキ「急げソー。もう出発してしまうぞ」

ソー「ああ!あいつらなら俺がどうこう言わずとも大丈夫だろうが、見送りくらいしなければな!教えてくれて恩に着るぞロキ!」ニコッ

ロキ(ちくしょう万面の笑みで言いやがってイイ奴かよ)

130: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 22:50:40.42 ID:LDi4G6g90
 バタン

律子「忘れものないわねー?あずささんちゃんと乗ってますかー?」

あずさ「はーい」

伊織「現場についてもフラフラどっか行かないでよ」

亜美「そんじゃりっちゃん!今日のお仕事にレティゴー!」

律子「もう、せかさないで。こういう時こそ焦らず運転しなくっちゃ。バックするから気をつけてねー」

 ピー ピー

 ドゴン

ソー「べ」

律子「あ」

亜美「あ~・・・まぁたやっちゃいましたな」

あずさ「あらあら・・・バックしてたらソーさんにぶつかっちゃったみたい」

律子「そ、ソーさぁん!」ガチャ

伊織「もうっ!またソーにぶつかったの!?今週で3度目よ!」

律子「ソーさん!大丈夫ですか!?」グイ

ソー「・・・Oh・・・す、すまぬリツコ・・・またぶつかってしまった・・・」

律子「だから何度も車には気をつけてって言ってるじゃないですか!もう・・・」

ソー「せ、せめて見送りだけでもしようと思ったのだが・・・かえって時間をとらせてしまったな・・・すまん」

律子「・・・ソーさんがケガしてないならいいですけど・・・ホント頑丈ですね」

伊織「ちょっと律子!急がないとまずいんじゃないの!」

律子「そうだった!それじゃソーさん、行ってきます!もしどっか痛かったら病院行ってくださいね」スチャ

ソー「・・・リツコ」

律子「もう!なんですか!急いでるんですよ!」

ソー「焦らずに急げよ。仕事も大事だが、お前達が事故にでもあったらもともこもないからな。お前達がケガなくジムショに帰ってくることが一番大事なんだからな」

律子「っ・・・ハイ!」

亜美「そんじゃトーちゃん行ってくんね~」

あずさ「お留守番お任せしますねー」

伊織「しっかりお迎えしなさいよ」

 バタン ブロロ~

132: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 22:53:27.70 ID:LDi4G6g90
>>130

またソーにぶつった~:映画『マイティ・ソー』にて、地球に来たソーがフラフラしている所を車にひかれるコミカルなシーンがある
 この時のソーは神としての力がなく身体は人間なのでけっこうダメージはあるらしい。ソーが轢かれるシーンは唐突すぎて観客もドキっとするので、運転には気をつけようと思い知らされる場面

133: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 23:06:21.35 ID:LDi4G6g90
ロキ(さて・・・ソーがいない間にこいつらの裏の顔を・・・この『キャメラ』とやらで記録してやる・・・)

ロキ(どうせ裏ではお互い悪口言ってたり、ケンカしたり、靴に画鋲入れたりしてるんだろう・・・フフフ・・・これでこのジムショもおしまいだ)



真「ねえ、今日は『マイリトルポニー』のDVD持ってきたから皆で見ようよ!すっごい面白いんだよこれ!」

春香「なになに?外国のアニメ?」

千早「これ知ってる。すごい人気の作品よね」

真「そうなんだ!女の子向けのかわいいアニメなんだよ!」

響「海外のアニメかー。自分は『スポンジボブ』くらいしか知らないぞ」

真美「真美は『パワーパフガールズ』が好きでーす!」

やよい「あー知ってますー!昔テレビでやってましたー!」

雪歩「私の家では『チキチキマシン猛レース』とか『ピンクパンサー』とか見てたよ」

真美「ちょ・・・それけっこう古いヤツじゃない?」

春香「何十年も前のだよね」

貴音「雪歩は年齢を詐称しているのやもしれませんね」

雪歩「えぇ~」

一同『アハハハハハハハハ!』


ロキ(ちくしょうこいつらめちゃくちゃ仲イイじゃないか!)

134: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 23:20:12.91 ID:LDi4G6g90
>>133

マイリトルポニー:アメリカのアニメ。女の子向けの玩具のアニメだが大人にもかなりの人気がある。アメコミにもなっており、邦訳本も発売されている
 アニメは日本でもシーズン2まで放送されており、シーズン3、4の放送が待たれている。アメリカ本国では映画が公開され、シーズン5が制作中とのこと

スポンジボブ:アメリカのアニメ。日本でも女子高生や女子中学生もグッズを買うほど人気。内容はアメリカらしくカオスでハチャメチャなものだが日本でもNHKで放送されていた
 おそらく現代の日本では誰もがスポンジボブのキャラクターを一度は何らかの形で目にしたことがあるくらい浸透している

パワーパフガールズ:アメリカのアニメ。女の子向けっぽいけどやたら大人向けなネタも多い。日本でも人気が高く、放送されていた。この度、再び放送が決定した
 いわゆる『カートゥーンアニメ』の代表的な作品の一つで、一目で「あ、アメリカのアニメだ」ってわかるくらい

チキチキマシン猛レース:アメリカのアニメ。1960年代に放送されていた古い作品だが、今もなお根強い人気があり、日本でも放送された名作
 個性豊かなマシンとレーサーが競争するアニメで、様々なマシンに多くの子供達が目を輝かせた。たぶんテーマ曲は誰もが聞いたことはある
 近年、海外のCMで実写化された。かなりのクオリティで完成度が高く、ファンにとっては感涙もの。すっげーカッコイイ

ピンクパンサー:アメリカのアニメ。1960年代の古い作品だが、今でも高い人気を誇り、ポップカルチャーを代表するアイコンとも言える存在。日本でも放送された
 『オシャレなアニメ』の代表格で、グッズも(アニメ作品のグッズなのに)オシャレだと人気があったり。ヨーロッパの窃盗団がピンクパンサーと名乗っていたりする
 いわゆる『ピンクパンサーのテーマ』は誰もが聞いたことはあるほど有名。『ドリフターズ』が舞台に登場する時にBGMに使ったりしていた

136: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 23:36:50.99 ID:LDi4G6g90
ロキ(いや・・・まだだ!きっと性格悪いとことか出てくる!お互いの思想にいちゃもんつけたりしてケンカになるだろう!女というものは集まれば集まるほど亀裂ができるもの!)


真「あ、やよい『トムとジェリー』持ってきたんだ」

やよい「はい~。すっごくおもしろいんですよ~」

貴音「真、とむとじぇりぃは至高の作品。人類の叡智の結晶ですね」

美希「ミキもトムジェリ大好き~!でも千早さんが持ってきた『バックスバニー』も大好きだよ!」

千早「わかってくれる?バックスバニーの素晴らしさ・・・言葉では言い表せられないほどの素晴らしさよ」

美希「うん!」

雪歩「うう~・・・チキチキマシンも面白いのにぃ~」

真美「わかってるよーゆきぴょん。どのマシンが優勝するかハラハラするもんね~」

雪歩「!そう!そうなんだよ真美ちゃん!わかってくれる!?」

春香「雪歩、皆わかってるよ。雪歩が面白いと思うものを私達が否定するわけないじゃない」

美希「そうなの!ミキももっとたくさん面白い作品が知りたいの!」

貴音「雪歩、ちきちきましん猛れぇすの醍醐味を教えてください」

雪歩「み、皆・・・」ウルウル

千早「じゃあ皆が持ってきた作品を順番に見ていきましょう。私が持ってきたのは最後でいいわ」

真「最後はボクでいいよ。遠慮しないで千早」

貴音「なら私の『とらんすふぉおまぁ』が最後にいたしましょう」

春香「いやいや、ここは春香さんの『フルハウス』を最後でいいよ!譲り合いの精神だもんげるげ!」


ロキ(ちくしょうこいつら皆イイ子じゃねーか)

137: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/23(月) 23:57:24.33 ID:LDi4G6g90
>>136

トムとジェリー:アメリカのアニメ。1940年に登場したアニメだが、そのクオリティは今も色あせない。それどころかヌルヌル動くし面白いし歴史に残る超名作
 元々は風刺映画として始まった作品で一部のエピソードでは戦争や世界情勢を風刺した内容のものがある。逆にいえば、世界大戦の真っただ中でこんなものを作っていたのだからスゴイ
 アカデミー賞を受賞したエピソードも多く、世界的に非常に高い評価を得ている。現代でも新作アニメが作られているが、内容(痛めつけ方など)が多少マイルドになっている

バックスバニー:アメリカのアニメ。正確には『ルーニーテューンズ』と言う作品に登場するウサギのキャラクターの名前。ワーナーブラザーズ社のマスコットとしても有名
 正式名称は『バッグス』であり、『バックス』は間違い。初登場は1940年とかなりの古株。日本人では映画の最初でワーナーのロゴにもたれかかりながら人参をかじる姿などで有名か
 代名詞とも言えるセリフ、「どったのセンセ?」は吹き替えのキャストによって変わり、『どったの?』、『どうしたもんだろ』などバリエーションがあるらしい

トランスフォーマー:アメリカのアニメ。元は日本の玩具をアメリカが展開し、アニメを制作したことからアメリカで高い人気を得て日本に逆輸入された経歴を持つ
 アメコミにもなっており、邦訳本も発売された。今年、新たに邦訳本が出るといわれている。アメリカでの人気は絶大で、腕にデカデカとタトゥーを入れる人もいるほど
 実写映画版も非常に有名かつ人気で、今年の夏には新作の公開が控えている。アニメの第一作、通称『G1(ジェネレーション・1)』はすさまじいカオス度で有名

フルハウス:アニメじゃない。アメリカのホームコメディドラマ。日本でもNHKで放送されていて有名。おそらく誰もが子供のころ天才てれびくんの後くらいに見たことがあるだろう
 吹き替えの声優が非常に豪華かつドハマリで、一度聞いたらその声でないと納得できないという人も多いと言われている。もちろん内容もものすごく面白い
 教訓になる話も多く子供の教育にもいい。永遠に色あせない名作。会話で話題に困った時などに『フルハウスってアメリカのドラマ知ってる?』と切り出せば話に花が咲くこと間違いなし

145: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 18:25:06.30 ID:4UtgHnsD0
 ガチャ

やよい「あ、ソーさんおかえりなさ~い」

ロキ(やっべ帰って来た)

響「うわっ、青タンできてるぞソー。もしかしてまた律子に轢かれたのか?」

ソー「するどいなヒビキ。リツコがアスガルドの騎馬戦車の乗り手であったなら将軍の地位まで駆け上れただろうな」

千早「ソーはいいかげん皆が自分のために道を開けるという考えを改めなさい」

美希「この前なんか飛び出しの看板に向かって『道を開けろ!』って怒鳴ってたの」

真美「あん時ぁ周りからの視線が痛かったなぁ・・・」

ソー「ハハハ、すまんすまん。ミッドガルドはキテレツすぎて人間と偶像の区別もつかん」

ロキ(・・・ソーが『すまん』だと?・・・それもこんな歳端もゆかぬ女に向かって?・・・し、信じられん・・・)

貴音「さあ、見送りも済んだのでしたら皆で映像観賞といきましょう」

春香「お菓子もたくさんあるから食べながら見よー」

ロキ(・・・そ、そうだ。たしかクロイが言っていた。アイドルどもが『タバコ』とか『酒』とか『クスリ』とかをやっている姿をキャメラにとれと・・・)

146: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 18:53:55.52 ID:4UtgHnsD0
ロキ(こいつらはこれから一息つくらしい・・・こういう時こそ気が緩み、タバコとかを使うに違いない。フフフ、ソーの変貌には驚いたがこれでこいつらはオシマイだ!)

真「春香、これもらっていい?」

春香「いいよー。私ももらおっと」

ロキ(お・・・あの筒状のものはおそらくタバコ!クロイが言っていたヤツだ!バレないようにキャメラで記録に残して・・・)カシャ

美希「コレ、飲む人~?」

真美「わーお、ミキミキそんなもんどっから調達してきたのさ」

雪歩「そ、それって飲んでも大丈夫なのかな・・・」

美希「ヘイキヘイキ!」

ロキ(あれは!ミッドガルドにおける酒の一種、ビール!ククク!私がいるのを忘れて油断しきっているな・・・証拠をおさえてやる)カシャ

真美「じゃあ真美は兄ちゃんからもらったコレをいただこうかのう。ヘッヘッヘ」

真「あー!そ、それは!ボクにもちょうだい!」

貴音「私もほしいですわ」

ロキ(あ・・・あれは・・・く、クスリか!粒状のヤツ!ヤバイなこのジムショ・・・完全にドロドロだ・・・ククク、これで壊滅させる証拠をそろえたぞ!)カシャ

ソー「?・・・ロキ、どうかしたのか?」

ロキ「!・・・あ、あー!やっべー!急に仕事思い出しましたー!そろそろ帰るわ!じゃあな!」ガチャ バタン フハハハハヤッタゼヘッヘー! タタタタタ

やよい「?・・・なんなんですかねー」

真「せわしない人だなー」



 ―961プロ

黒井「何が『タバコとオサケとクスリの証拠写真をおさめてきた!』だ!これのどこがそんなふうに見える!」バン

ロキ「何が問題なのだ!ちゃんとキャメラで証拠をおさえたんだぞ!ほら!コレとかカンペキじゃないか!」

黒井「これはタバコじゃないッ!じゃがりことポッキーを食べてるだけじゃあないかッ!これをどう見たらタバコに錯覚するんだスカタン!」

黒井「それにコレ!これはビールじゃない!オロナミンCだ!おいしくて元気出るやつ!」

ロキ「ビールが黄色いシュワシュワの飲み物だと説明したのはお前だ!」

黒井「極めつけはこれだ!これのどこがクスリなんだ!ただのキレイなコンペイトウだコレはッ!」

ロキ「白い粒状のものがクスリだと貴様が教えただろうが!ホラ!透き通るような白い粒つぶだろコレ!」

黒井「粒と言えるサイズじゃあねーだろタコ!スゲー笑顔でコンペイトウ食べてるアイドルの写真取りやがって!イメージアップになるわ!このスカ!」

ロキ「ぐぬぬ・・・ミッドガルドの物質のことなど知るか!ばーか!」

黒井「それでも神か!ナス!ヘチマ!」

ロキ「てめっ!このやろっ!」グイ

黒井「おー!やるかー!」グイ


冬馬(移籍しよ)

147: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 20:08:12.97 ID:4UtgHnsD0
 ・・・・・別の日ー

春香「プロデューサーさん!取材ですよ取材!」

P「今日は記者の人がウチの事務所にわざわざ来てくれる。迷惑をかけないようにな」

響「おお!自分燃えてきたぞー!」

伊織「いや、今日の取材は私達竜宮のなんだけど」

真「まあ正直なところ、竜宮だけ知名度も人気もあるけどボク達はまだまだ無名だからね。少しずつお仕事もらえてはいえるけど」

千早「記者の人が私達にも話を聞いてくれるかもしれないわ。目に留まるように何かアクションをしないと・・・」

春香「千早ちゃんがさりげなくBGMとして歌を歌うってのはどう?」

真美「じゃあ亜美と入れ替わっておいて、実は真美でしたーっていうドッキリとか!」

P「変なことしないで向こうから伺ってくるのを待とうや。ヘンな印象持たれちゃたまらん。あとソー!」

ソー「ん?」バリバリ

P「記者の人が来てる間はそうやってチップスをバリバリ食べないでくれ。あと悪いが奥の部屋に行っててくれないか?色々聞かれると面倒だし」

ソー「そーか」

亜美「え~なんで一緒にいさせてあげないのさ~?神さまがいる事務所なんてそーはないよ?ウチだけの個性だしょ?」

P「ヤバイだろ色々と」

 ガチャ

ロキ「やあ、また会ったな」

亜美「ゲッ・・・チョロキだ」

P「!?ど、どうしてこんなところに・・・」

ロキ「言っただろう。私は業界の大物と知り合いだと。今日はただの見学に来ただけだ。ミッドガルドのことを学ぶためにな」

美希「うーん何か企んでる感バシバシなの」

ロキ(フフフ、ここに取材の記者が来るのはリサーチ済みだ。記者がいる前でこいつらアイドルどもの醜態を見せてやる!)

貴音「あなたもこりませんね」

ロキ「!?・・・」

148: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 20:08:42.54 ID:4UtgHnsD0
 ・・・・・別の日ー

春香「プロデューサーさん!取材ですよ取材!」

P「今日は記者の人がウチの事務所にわざわざ来てくれる。迷惑をかけないようにな」

響「おお!自分燃えてきたぞー!」

伊織「いや、今日の取材は私達竜宮のなんだけど」

真「まあ正直なところ、竜宮だけ知名度も人気もあるけどボク達はまだまだ無名だからね。少しずつお仕事もらえてはいえるけど」

千早「記者の人が私達にも話を聞いてくれるかもしれないわ。目に留まるように何かアクションをしないと・・・」

春香「千早ちゃんがさりげなくBGMとして歌を歌うってのはどう?」

真美「じゃあ亜美と入れ替わっておいて、実は真美でしたーっていうドッキリとか!」

P「変なことしないで向こうから伺ってくるのを待とうや。ヘンな印象持たれちゃたまらん。あとソー!」

ソー「ん?」バリバリ

P「記者の人が来てる間はそうやってチップスをバリバリ食べないでくれ。あと悪いが奥の部屋に行っててくれないか?色々聞かれると面倒だし」

ソー「そーか」

亜美「え~なんで一緒にいさせてあげないのさ~?神さまがいる事務所なんてそーはないよ?ウチだけの個性だしょ?」

P「ヤバイだろ色々と」

 ガチャ

ロキ「やあ、また会ったな」

亜美「ゲッ・・・チョロキだ」

P「!?ど、どうしてこんなところに・・・」

ロキ「言っただろう。私は業界の大物と知り合いだと。今日はただの見学に来ただけだ。ミッドガルドのことを学ぶためにな」

美希「うーん何か企んでる感バシバシなの」

ロキ(フフフ、ここに取材の記者が来るのはリサーチ済みだ。記者がいる前でこいつらアイドルどもの醜態を見せてやる!)

貴音「あなたもこりませんね」

ロキ「!?・・・」

149: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 20:25:28.56 ID:4UtgHnsD0
 ~~~

律子「と言うわけで私がこの3人を――」ペラペラ

記者「では竜宮小町というユニットは765プロの――」ペラペラ

伊織「私達が先陣を切って――」ペラペラ


真「うわー、取材受けてるよ~」コソコソ

千早「私達はこうやってこっそり遠目に見守るしかできないのかしら・・・」コソコソ

春香「うーむここで何か面白いこと見せてインパクトを残せないかな・・・」コソコソ

P「自分がプロデュースするアイドル達がコソコソ取材を覗く姿を見るのはプロデューサーとしては悲しい光景だ」

響「そう思うなら自分達にも取材が来るようにしてほしいさー」

ロキ(フフフ・・・アイドル達のボロを出させてあの記者に見せてやる。まずは・・・えいっ)ヒュ


記者「なるほど・・・では次の質問ですが・・・ん?」

蛇<RREEEEE!

記者「!?へ、蛇だ!」

あずさ「あらあら」

伊織「な、なんで事務所の中に蛇が!?」


P「ま、まずいぞ!何か知らんがコブラが竜宮のそばに現れた!」

ロキ(フッフッフ、私の魔法で出現させてやったのだ。さあ、鼻水たらしてビビリまくって記者の男を盾にでもするがいい!)

響「自分に任せるさー!」ダッ

ロキ「!?」


蛇<SKRRREEEEE!

記者「ヒィ!こんなデカイ蛇にかまれたらシャレにならない!」

響「そこまでさー!」ザッ

伊織「響!」

蛇<RRrrr・・・

響「こら!どこの誰か知らないけどこんなところにいちゃダメだぞ!」

蛇<RRREEEE!

響「何でもいいから噛みたいなんてダメさー!誰かを傷つけるのはいけないことなんだぞ!」

蛇<RRReee・・・

響「え?・・・そうなのか?突然こんなところに来ちゃったのか・・・だからって機嫌悪くして噛みついたりしちゃダメだぞ」

記者「・・・あ、あの子は蛇と会話をしてるんですか?」

律子「ええ。ウチの所属アイドルの我那覇響です」

亜美「ひびきんはドクタードリトルなんだよ→」

記者「Uh-oh」


響「とりあえず話をつけてこっちに連れてきたさー」

蛇<Reee

やよい「さすが響さんですー!その蛇はどうするんですかー?」

響「とりあえずウチで面倒みるさー」

ロキ(ぐぬぬ、まさかパーセルマウスがいたとは・・・だ、だがまだまだ!今度は何をしてやろうかな!)

150: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 20:28:22.79 ID:4UtgHnsD0
>>149

ドクタードリトル:アメコミじゃないが、アメリカのコメディ映画のタイトルでもあり映画の主役の医者、ドリトル先生のこと
 動物と会話することができる超能力を持っている

パーセルマウス:アメコミじゃないが、『ハリー・ポッター』シリーズにおける専門用語。蛇語(パーセルタング)を話せる人間のこと

152: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 20:58:28.42 ID:4UtgHnsD0
記者「それじゃ、ひと悶着あったけど話を戻してもいいですか?さっきの子以外にもここにアイドルは所属してるんですね」

亜美「はいはい!それじゃ他のアイドルの皆の紹介してもいーい!?」

春香(亜美ナ~イス!)グッ

記者「そうですね・・・それじゃ紹介してもらえますか?」

P「皆!チャンスだぞ!皆のすごいとこを見せるんだ!」

真「はい!」


 ~~~

律子「――これで765プロのアイドル全員です」

記者「なるほど、一通りメンバーのプロフィールはメモさせてもらいましたが、何かパフォーマンスとかありますか?簡単なのでいいので」

P「はい。それじゃ春香、ダンスをちょっとだけ披露してくれ」

春香「は、はい!」

P「それじゃ音楽かけるぞ。いつも踊ってるヤツな」

ロキ(チャ~ンス!音楽を全然違うヤツに変えてアタフタさせてやる!)ピッ

 <ウガチャカウガウガ ウガチャカウガウガ ウガチャカウガウガ♪

春香「うぇあ!?」

P「な、なんだこりゃ。全然違う曲が・・・」

記者「おお!この曲は『Blue Swede』の『Hooked On A Feeling』じゃないですか!大好きなんですよー!」

雪歩「ふえ~、食いつかれちゃったよ~」

貴音「ここで『こんなの踊ったことありません』など言えぬ空気になってしまいましたね」

春香「もげげ・・・ど、どうしよう」

ロキ(ヘッヘッヘ!)

 サッ

P「美希!」

美希「ミキに任せるの」ズン ダッ ズンズンダッ

真美「おおっ・・・さすがミキミキ!リアルタイムで聞いてる曲に踊りを合わせるとは!」

記者「おおー!キレキレのダンス!カッコイイ!」

やよい「記者さんもウケてます~」

美希「ミキのキラキラダンスを魅せつけるの~♪」ズンズンダッ

ロキ(ぐぬぬ!どうせえっちゅうんじゃ!)

153: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 21:07:45.80 ID:4UtgHnsD0
>>152

『Blue Swede』の『Hooked On A Feeling』:イギリスのロックバンド、ブルー・スウェードが歌う曲のこと。元はB.J.トーマスの曲で、カヴァーしたもの
 今年の夏に公開されるMARVEL映画『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー』のテーマ曲としても使われているホットな曲。動画サイトなどで是非視聴を

154: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 21:30:46.56 ID:4UtgHnsD0

 ・・・・・

律子「ふぅ~・・・なんとか問題なく取材は終わったわね」

あずさ「他の皆も取材されてよかったわ~」

伊織「特に響と美希の活躍で良いインパクトを与えられたみたいね。にひひ」

響「自分完璧だからな」ドヤサァ

春香「ありがとう美希~!私だけだったらどうしようもなかったよ~」

美希「あれくらい何でもないの」フンス

千早「即興で踊れるのはさすが美希といった所ね」

ロキ(ぐぬぬんぐ!こいつらどうすりゃいいんだよ!もう純粋に殴るくらいしか策がないぞ)

ソー「どうやらシュザイとやらは終わったらしいな」ガチャ

小鳥「ささ、皆でお茶にしましょう。お菓子でも食べてね」

春香「ワーイ」タタタ

ロキ(仕事との切り替えも早い)

 ・・・・・

ロキ(そんでもって何故か私まで一緒にお茶をするはめになってしまった)ズズ・・・

小鳥「ゆっくりしていってくださいねロキさん。ソーさんの弟さんなんですから」

やよい「お菓子もいっぱい食べてくださいねー」

ロキ「あ、ああ・・・(ここの連中皆イイ奴じゃないかちくしょう)」

ソー「そうか!シュザイとやらは上手くいったのか!ハハハ!さすがだな!」

春香「響と美希のおかげで竜宮以外のメンバーにも注目してもらたんです。一時はどうなることかと・・・」

亜美「皆何か飲みたいものとかある→?外の自販機で買ってくるよ→」

真「オロナミンC!」

貴音「やくるとじょわを・・・」

千早「モーモーさんのおちち」

ソー「俺はユキホのオチャで十分だ」

亜美「チョロキは~?」

ロキ「あ・・・そうだな・・・メロンソーダで。着色料スゴイやつ」

亜美「OK!いこー真美」ガチャ

真美「アイアイサー」タタタ

155: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 21:49:30.28 ID:4UtgHnsD0
小鳥「もうあの子達ったら・・・チョロキだなんてヒドイこと言っちゃってすみませんねロキさん」

ロキ「気にしてないから。気にしてない気にしてない」

ソー「フハハハ、ロキは根に持つタイプだからな。マミとアミは今後、ロキの幻影に騙されないように気を配らねばならぬな」

ロキ(うっせー!一番ぶっとばしたいのはテメーだっての!)

真「あの二人にイタズラしようとしたら返り討ちにされるのがオチだよ。ロキの方が気をつけないとね」

小鳥「気をつけてねロキさん。フフ」

ロキ「な、なんだその含みのある笑いは。ほ、本当に大丈夫なんだろうな。ちゃんと注意しとけよ!夜にトイレ行けなくなるじゃないか!」

小鳥「フフ・・・ちゃんと言っておきますね」

 ガチャ

亜美「ただいまもどりました→」スチャ

真美「はいチョロキ!飲み物だよ→」スッ

ロキ「あ・・・ああ。ごくろう・・・」ゴキュ

亜美&真美『ニヤニヤ』

ロキ「!!?ッブーーー!」ブッシュー

響「わ・・・吹きだしたぞ」

貴音「毒霧」

亜美「アッハハハハ!大成功ー!」

真美「それはワサビ・ノー・ジュースっていう飲み物だよー!ひっかかったひっかかったー!」

ソー「わはははは!よくやったぞマミ、アミ!」

ロキ「な、なちゅうもん飲ますんだ貴様らあー!」

律子「虚偽の神にイタズラするなんて大した根性よね」

156: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 21:58:41.80 ID:4UtgHnsD0
>>155

ワサビ・ノー・ジュース:MARVELの日本を守るヒーローチーム、『ビッグヒーロー6』のメンバー、ワサビ・ノー・ジンジャーから
 ビッグヒーロー6は日本人によるヒーローチームで、かつて所属していたメンバーには格ゲーなどでも有名なシルバーサムライ、色んな意味で有名かつ危険なサンファイアなどがいる
 ワサビ・ノー・ジンジャーは最近になってから追加されたメンバーで、『気』でナイフを作って戦う寿司職人
 『ビッグヒーロー6』はディズニーから映画化もされることとなっており、現在予告映像が公開中である。
 邦題は『ベイマックス』となっているが、これはメンバーの一人、ヒロ・タカチホが作ったロボットの名前からとっている

157: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 22:12:26.30 ID:4UtgHnsD0
小鳥「ふふふ、ごめんなさいねロキさん。はい、水です」

ロキ「あの二人に注意しろと言っただろうが!まったく」ゴキュゴキュ

小鳥「そんな暇なかったから・・・でもロキさんの毒霧おもしろかったですよ」

ロキ「うるさいアホ!」

小鳥「あはは」

あずさ「あらあら、なんだかお二人ともいい雰囲気ね」

ロキ「え」

春香「服の色も緑同士でお似合いかもしれませんね」

ソー「おおッ!ロキにもやっと色恋に興味を持つようになったか!ハハハ!こりゃめでたい!」

ロキ「な、何を言っているソー!そんなんじゃない!」

小鳥「ロキさん・・・ふつつかものですが・・・」

ロキ「な、何を言うとる!お、俺みたいな男にもったいないだろ!そういうことはちゃんと考えろ!」

やよい「ロキさん顔が真っ赤です~」

ソー「わははは!ロキよ、婚約の契りを結ぶのなら皆を招待するのだぞ!ミッドガルドとの友好関係を築けるな!ハハハ!」

ロキ「ッ~~~!う、うっせーバーカ!人間と結婚なんかするかアホー!グスン!お、俺もう帰るし!バーカバーカ!二度とくるかボケー!」

 ガチャ タタタ

159: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 23:15:34.83 ID:4UtgHnsD0

真美「ありゃりゃ・・・ちょっと冷やかしすぎちゃったかな?」

雪歩「ちょっと泣いてましたよロキさん・・・」

小鳥「私も冗談がすぎちゃったかしら・・・」

ソー「なに、気にすることなどない。メシでも食えばすっかり忘れるだろう」

あずさ「・・・」

やよい「ダメですよソーさん。ちゃんと謝らないと。ロキさんは弟なんでしょ?」

ソー「?謝る?・・・俺がロキにか?ハハハ、なぜ?」

やよい「弟を泣かしちゃったらちゃんと謝らなきゃダメです。お兄ちゃんなんですから」

ソー「・・・」

やよい「弟の面倒をみるのも、弟のお手本になるのもお兄ちゃんなんですよ。ウチに遊びに来てくれた時、長介にそう教えてたじゃないですか」

ソー「・・・そーだったな。ああ、ヤヨイの弟達がケンカをして・・・そうだった。俺は『兄としてしっかりしなければならない』と言ったんだったな」

やよい「そうですよ。ソーさんもお兄ちゃんなんですからね」

ソー「ああ。自分で言っておきながら何をしているんだろうな全く・・・俺達もヤヨイの弟達のように・・・イカリヤとナカモトのように仲直りしないとな!」

春香「長介と浩二ね」

160: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 23:38:06.77 ID:4UtgHnsD0
真「ソーが事務所に来た最初のころに比べるとだいぶ傲慢な性格が変わってきてるよね。今もやよいに言われてすぐ理解して反省してるし」

律子「ロキさんに悪いことしたって反省してるんですよね?あんな風におちょくったら傷つきますよ?」

ソー「ああ・・・だがロキとは兄弟だ。昔からああやって一緒に遊び、笑ってきたからな・・・あれくらいで傷つくとは・・・」

伊織「あんた、何もわかってないのね」

ソー「?・・・」

伊織「たぶんロキは、ソーに認めてもらいたいのよ。対等になりたいの。自分よりも優れた兄にコケにされたら、いくら兄弟でも傷つくものよ」

ソー「・・・そういうものなのか?」

伊織「私にも上に2人も兄がいるから・・・ロキの気持ちもなんとなくわかるわ。私は色々与えられるのがイヤだったけど・・・」

やよい「伊織ちゃん・・・」

伊織「ソーが周りからちやほやもてはやされるのに、自分は何も結果が残せてなくって悔しいんじゃないの?私だったらなんとかして見返してやる!って思うわ」

ソー「・・・」

伊織「少しは下の者の立場も考えたほうがいいわよ。兄としても、未来の王としてもね」

ソー「・・・イオリ」

貴音「真、王となる者は従える者達のことも理解しなければなりませぬ。腕っぷしが強い、王家の血筋を引いているというだけでは真の王とは呼べぬのです」

伊織「そゆこと」

貴音「おそらくあなたの父君、おーでぃんは王としての資格を学ばせるために、地球にあなたを送ったのやもしれませぬ・・・他にも大事なことはたくさんあれど・・・」

貴音「最強の男となることと、人の上に立つということは違うのですよ。まいてぃ・そー」

ソー「・・・王としての資格か・・・」

千早「・・・」

161: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/26(木) 23:45:46.00 ID:4UtgHnsD0
>>180

対等になりたい~:映画『マイティ・ソー』の終盤にて、『王になりたいんじゃない!あんたと対等になりたかった!』とロキが本音を漏らす
 この時のロキは涙をにじませながら顔を振るわせてながらソーに全てをぶちまけた。『お前はどうかしてる』と言われ、 『どこがだ!』と否定するもその表情は明らかに狂気的(泣きながらも)
 トム・ヒドルストンの名演技っぷりが発揮されている名シーン

162: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/27(金) 00:06:38.31 ID:8TPOB7SS0
 Prrr

小鳥「あ、電話。ハイ、765プロです」ガチャ

亜美「まっ、765プロで他人への優しさってのを十分学んでくださいな」

真美「そゆことそゆこと。仲間同士の思いやりを学ぶにはウチは専門学校ですからな」

真「ボク達が何かしなくてもソーならきっと立派な王様になれるとは思うけどね」

美希「そう言う真くんは王子様なの」

雪歩「ソーさんが王様で真ちゃんが王子様・・・カッコイイ!」

やよい「うっうー!真さんとソーさんすごいですー!」

真「ちょっと!勝手にヘンな方向に持ってかないでよ!」

ソー「ハハハ・・・以前も言ったが真は王子というよりもお姫様だな」

あずさ「あらあら、それはお妃に迎えたいということかしら?」

響「あわわ・・・ソーってば大胆だぞ」

真「そ、ソー!?何を言いだすんだよ!」

ソー「いや、真は俺から見れば妹にしたい」

真「」ガクッ

伊織「それはそれで問題だと思うわ」

貴音「真があすがるどに養子に行くのですね・・・」

千早「765プロ離散だなんて・・・くっ・・・」

春香「真・・・離れてても私達は仲間だもんげ!」

真「勝手に神話の一員にしないでよ!」

ソー「ハハハハハ」


小鳥「み・・・皆・・・どえらいことになったわ!」ガチャリ

P「?今の電話ですか?」

小鳥「今仕事の電話が何件も連続でまいこんできたんです!ひっきりなしに電話がかかってきて・・・それも竜宮だけじゃなく765プロ皆での仕事です!」

春香「ええっ!?」

律子「もしかして取材してもらった効果かしら・・・いくらなんでも早すぎるし・・・きっとあの記者さんが色んな人に広めてくれたのね」

美希「それでも早すぎるの」

小鳥「さあ皆!これから忙しくなりますよ~!」

P「よーし!それじゃ皆!一気に武道館まで駆け上がろう!」

 『オー!!!』

176: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/30(月) 22:21:05.67 ID:zaWKNVuu0

 ・・・・・その後

響「ふぃー、今日もお仕事大変だったぞー」ガチャ

真美「ついこの前まで昼間からお菓子をバリバリ食べてたとは思えませんな~」

亜美「竜宮小町も一緒に仕事できてラッキー!やっぱ皆一緒のがいいもんね!」

美希「忙しいのは大変だけど、ミキ達が輝けるからいいの!」

P「美希の言うとおりだ。確かに仕事が続いて大変だがちゃんと意味があるし、人気も出てきてるんだからいいことだ」

小鳥「お帰りなさい皆」

ソー「おお、帰ったか。どうだ?トップアイドルになった気分は?」

雪歩「まだ私達はトップアイドルとは言えませんよ」

真「仕事が増えただけでトップとは言えないからね」

ソー「そーなのか?では何を成せばトップアイドルとなれるのだ」

やよい「え?・・・・・・えーっと・・・なんだろ?」

貴音「その問いに対する答えは簡単にはたどり着けぬでしょう。むしろその答えは人によって考え方が違うのやもしれません」

ソー「闘技か何かで決着をつけぬものなのか?アイドル同士が斧と盾を武器に決闘をするとか」

真「ソーはアイドルをなんだと思ってるのさ」

千早「・・・今の私達にとっては・・・大きな会場でライブをすることじゃないかしら。もちろんそれで終わりじゃなくて、今の私達の目標」

真美「おー!ライブですか~!確かに一つのゴールともいえるし、それが新たなスタートとも言えますなー」

春香「うん!今の私達の夢はライブだね!」

ソー「ライブ・・・何か知らんがそれがお前達の夢だというのなら、俺は何があろうと演目の成功をさせてみせるぞ。邪魔する者は何者であれ俺が打ち倒してくれる!」

P「気の早い話だが、ソーが会場の警備してくれるっていうならこれ以上ないくらい心強いな」

小鳥「ウチの社長がそのテのツテに強くて、しっかりしてくればすぐかもしれないわね」

 『HAHAHAHAHAHA!』

 ガチャ

高木「気の早い話でもないぞ諸君!」バン

小鳥「ゲッ!社長ー!」

P「こち亀みたいなリアクションだなあ」

177: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/30(月) 22:44:08.57 ID:zaWKNVuu0
あずさ「社長さん・・・気の早い話ではないってどういうことですか?」

高木「聞いて驚きたまえ!なんと諸君らのライブコンサートが決定した!」

亜美&真美『な、なんだってェー!?』バァー

春香「ほ、本当ですかぁ!?」

高木「本当だとも!

ソー「やったじゃないか!これでトップアイドルになれるのだな!」

伊織「本当、やっとよね。スーパーアイドル伊織ちゃんだから当然だけど」

律子「皆、明日からはライブに向けて猛練習よ!覚悟しなさい!」

やよい「うっうー!」

雪歩「がんばります!」

美希「もっともっとキラキラ輝くのー!」


春香「・・・絶対に・・・成功させなくちゃ!」


 ・・・・・

真「はぁーッ!・・・つ、疲れたァ・・・」ゼーゼー

響「ライブが決まってから練習が一層ハードになったぞ・・・ちょっとやりすぎなんじゃないかってくらいさー」ゼーゼー

貴音「努力に上限はありません・・・今度のらいぶを最高のものに仕上げるためには・・・もっともっと鍛錬しなければなりませぬ」

律子「お疲れ様、今日のレッスンはここまでよ。明日も朝からだから今日はゆっくり身体を休めてね」

春香「は、はーい・・・」


ソー「・・・いささかやりすぎではないか?リツコ」

律子「今度のライブは私達の夢だから・・・少しでも手を抜きたくないんです。何がなんでも成功させないと」

ソー「・・・詰めすぎるのは逆効果だぞ。俺が子供のころは父上からよく言われた。よく遊び、よく学び、よく食べ、よく眠れと・・・張り詰めすぎるな、リツコ」

律子「・・・ソーさん・・・・・・ありがとうございます」

ソー「ということで、食事のデマエをとってくれないか?今日はチューカをたらふく食べたい気分なんだが・・・」

律子「ダメです!ソーさん一人で事務所全員分くらい食べるんだから!」

ソー「・・・ではピザでも」

律子「ダメ!」

178: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/30(月) 22:56:01.71 ID:zaWKNVuu0
 ・・・・・765プロ事務所屋上


千早「・・・」

ソー「瞑想か?チハヤ」

千早「・・・ソー」

ソー「星空を見上げると、世界がどれだけ広いかを痛感する。あの輝く光の数だけ世界は広がっているのだ」

千早「・・・」

ソー「何か思いつめているな」

千早「・・・今度のライブが・・・私達のゴールだと思うと・・・緊張と不安でいっぱいになるの」

ソー「不安だと?」

千早「私はずっと歌を唄いたいという思いでがんばってきた・・・歌のためだけにひたむきに努力できてたの。皆で一緒に武道館で歌えるなんて、これ以上ないことよ・・・」

千早「でも・・・その後は?ライブが終わった後・・・私は何を目指せばいいの?・・・ゴールに辿りついたら、それで終わりになってしまうと思うと・・・」

ソー「・・・」

千早「・・・こ、怖いの・・・・・・何も目印のない砂漠に放りだされるみたいで・・・・・・その後には・・・何があるの?・・・」

ソー「・・・1000年ほど前に俺達がミッドガルドに来た時、ミッドガルドのヴァイキング達は我々を神と讃えた。星空を神に見立てて崇拝していた」

千早「・・・?」

ソー「人間は指針とするものがなければ不安になるものだ。1000年前の人間は我らを讃えることで平静を保っていた。地震や雷などの天変地異を神の行いと思うことで恐怖を緩和した」

ソー「誰にでも不安はある。明日も何事もなく過ごせるだろうか、自分の努力は報われるのだろうか・・・人間とはそういうものだ」

ソー「人間は非力だ。いつでも不安にあおられ、動き出すのを足踏みする。だが、強い心を持っている。人が倒れれば手をかし、共に立ち上がることができる」

千早「・・・」

ソー「特にお前達はそうだ。ナムコプロの誰かが足踏みをすれば、他の誰かが手を取って引っ張る。そんな仲間がお前にはたくさんいるだろう」

千早「!」

ソー「ゴールに辿りついたのなら、次のゴールを目指せばいい。次の指針を探せばいいんだ。きっとお前の仲間達なら、それを探すことを手伝ってくれるだろう」

ソー「そして何より、今度のライブとやらはゴールというだけの意味合いではなく、新たなスタートともいえるのだろう」

ソー「ゴールテープを切ったなら、その瞬間新たなスタートだ」

千早「・・・ソー・・・」

179: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/30(月) 23:06:47.28 ID:zaWKNVuu0
ソー「ハハハ、何やら説教くさくなってしまったな。すまんすまん。父上からさんざこういう説教をされたのでな」

ソー「心配や不安は当然だ。それでも未来は誰にもわからぬものだ。だからこそ面白い。お前達ならきっと素晴らしい指針を見つけられるさ、チハヤ」

千早「・・・・・・ありがとう・・・ソー」

ソー「俺はお前達を家族だと思っている。何か悩みがあればいつでも言ってくれ」

千早「!・・・・・・家族・・・」

ソー「といっても、力任せに問題をブチ壊すくらいしかできぬがな。ハハハ・・・」

千早「・・・」ポロッ・・・

ソー「!!?ち、ちちちチハヤ!?な、なぜ涙を・・・」

千早「・・・そうね・・・765プロの皆は・・・私の・・・新しい・・・家族・・・」ポロポロ・・・

ソー「な、泣くなチハヤ!だ、誰かに見られたらあらぬ誤解を・・・」


真美「屋上で千早さんが泣いてるよ→」

亜美「トーちゃんが泣かしたよ→」

律子「ソーさんが千早を泣かしたですってぇ!」ドタバタ

春香「いくらソーさんでもようしゃしません!私が千早ちゃんの仇をとる!仲間だもんげるゲルゲ!」ドタバタ

ソー「ぬあああああ!アミとマミだな!言いつけたな!や、やめろ!誤解だ!怒るな!その手に持ったバールをはなせ!やめろ!うああああ!」


あずさ「あらあら、夜になっても元気ね皆」

やよい「あ、ちゃばしら!うっうー!」

P「今日もウチは平常運転だなー」ズズ・・・

180: ◆t8EBwAYVrY 2014/06/30(月) 23:40:37.45 ID:zaWKNVuu0
>>179

バール:ソー関連で(もっと言えばMARVELで)バールと言えば、ヴィランチーム『レッキングクルー』のメンバーであるレッカーが連想されやすい
 本名ディルク(もしくはダーク)・ガーザワイト。ロキとの出会いで手に入れたアスガルドの力を秘めたバールを武器に戦う。レッキングクルーは皆アスガルドの力を秘めた武器を持っている
 やることなすことはB級ヴィランと言われるが、メンバー揃っての戦闘力はソーを苦戦させるほど。レッカー一人でもウルヴァリンなどを軽々放り投げる
 クルーのメンバーはそれぞれ、サンダーボール(巨大鉄球が武器)、パイルドライバー(拳が武器)、ブルドーザー(ヘルメットが武器)というメンツの脳筋チーム
 あるエピソードでカナダに行った際、「キャプテンアメリカもいない、ソーもいない、アベンジャーズもいない!カナダさいっこーーー!」という名言を残したらしい

181: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/01(火) 00:01:26.17 ID:Yp8s/HcI0

 ・・・・・

真美「きょ、今日のレッスンも一段とチビシー!」ゼーゼー

春香「ま、毎日これはキツイね・・・で、でもがんばってる!って実感があってやる気は上がるね」

あずさ「あら?雪歩ちゃんとやよいちゃんは?」

真「二人は残って自主練習してるよ。ここ最近あの二人はボクらよりも練習してるよ」

真美「ひえ~・・・よぅやりますわ。すんごいね」

亜美「HP2になっても戦うとはねぇ」

ソー「あれほどの意地と根性を持つ者はアスガルドにもそうそういない。大したものだ」

貴音「それほど、今度のらいぶへの意気込みが強いということですね」

春香「・・・」

P「苦手な部分を克服しようと頑張ってるんだ。皆も二人のがんばりに応えられるようにしてくれな」

響「は~い」

ソー「誰かががんばれば、それに応えるようにがんばる・・・うむ、士気が上がって実にいいことだ」

小鳥「ソーさんが言うとなんだかおっかなく聞こえるなぁ」


 ・・・・・

律子「明日はとうとう本番、私達765プロの初めての本格ライブよ!」

やよい「うっうー!」

貴音「とうとうこの日が来たのですね」

響「やよいも雪歩もがんばってダンスマスターしたな!すごいさー!」

雪歩「皆が一緒に練習してくれたから・・・」

亜美「衣装合わせも全部カンペキ!これで明日は舞台に立つだけだね!」

伊織「765プロ全員での初めてのライブなんだから、皆しっかりしてちょうだいね」

真「当たり前じゃないか。やっと夢の舞台に立てるんだから全力全開でいくよ!」

ソー「その意気だ!俺も初めての戦場には興奮したものだ。あの時は父上が俺にはまだ早いと――」

P「皆、今日は早めに帰ってゆっくり寝てくれ。明日は今まででの努力の全てをぶつける日だ。がんばってくれ!」

 『オオー!』

182: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/01(火) 00:29:28.32 ID:Yp8s/HcI0

 ・・・・・

小鳥「それじゃソーさん、プロデューサーさん、私も帰りますね」

P「あ、音無さんおつかれさまです。俺ももう少ししたら帰ります」

ソー「忘れものはないな?戸締りは任せろ」

小鳥「ふふ、すっかり事務所が家ですね。それじゃ失礼します~」バタン

ソー「・・・昼間はあれほど騒がしいこの場所も皆が帰った後にこれほど静まり返るのはいつも不思議に思うものだ。アスガルドでも、俺が一声上げれば衛兵が来るというのに」

P「・・・すまないなソー・・・今更だがお前にはホテルなりちゃんとした寝床を用意するべきなのに・・・アスガルドの王子を事務所の宿直させてるなんて」

ソー「気にするな。昔は何度も野営をしたこともあったんだ。眠りについたころにビルジスナイプが出ない分、ここは何百倍も快適だ」

P「なに?」

ソー「ビルジスナイプ。大きくて狂暴で・・・ウロコがあって大きなツノがこう・・・」

P「・・・」

ソー「地球にはいない?」

P「いないな」

ソー「まあ・・・つまり俺はここを気にいってるということが言いたかったんだ。昼間は明るく楽しいし、夜は静かで快適だ」

P「ここを快適と言えるなんてアスガルドはよっぽどヘンピなとこなんだろうな。・・・なんかもう少し話を聞きたいな。ビール飲む?缶しかないけど」ガキョ

ソー「ハハハ、もらおう。アスガルドは素晴らしい所だぞ。そうだ!いずれお前達皆を王国に招待しよう」

P「765プロの皆を?神話の世界にツアー旅行させてくれるのか」

ソー「そーだ。お前達はミッドガルドにおける俺の家族だからな。盛大にもてなすぞ。3日3晩の宴を催し、全員に名誉ある鎧を授けよう」

P「鎧を着たアイドルか・・・話題性は出そうだな」

ソー「お前はなんでも商売につなげようとするな」

P「アイドルをプロデュースするのが俺の仕事だからな。なんでもかんでもってのはさすがに考えもんだが・・・見た目のハデさはウリになると思うな」

ソー「ある意味見上げた男だ」

P「お、やっと俺もほめてくれたな。皆はホメるのに俺だけホメられなくって心配してたんだぞ」

ソー「そーなのか?ハハ、女々しいやつだ」

P「逆に言えばあんたにほめられりゃもう怖いものなしだ。これで明日のライブも絶対成功だな」

ソー「あいつらはやってくれるさ。さあ、乾杯といこう」ス・・・

P「ハハ・・・雷神と缶ビールで乾杯か。こんなことするのも世界色々あれど俺ぐらいのもんだろうな」ス・・・

ソー「ナムコプロとアスガルドに」

P「765プロとアスガルドに」

 カン



P「ところでソー、ビールの一気飲みの方法知ってるか?」ベコベコ

ソー「なに?どうするのだ?」

P「こうやって・・・フタを開けると」カシュ ブシュゥー

ソー「うおおおお!プロデューサーすげー!」

P「YESッ!YESッ!」ゴクゴク

ソー「ようし、俺もやるぞ!」ドバシュゥー

P「わー!暴発してる暴発してる!事務所がビールまみれじゃないか!」

ソー「ワハハハハハ!」

183: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/01(火) 00:31:42.46 ID:Yp8s/HcI0
>>182

ビルジスナイプ:映画『アベンジャーズ』にてソーが会話に出したアスガルドに生息する動物。争いごとを持ち込む自分達を「ビルジスナイプのようだ」と例えた

202: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 20:35:38.51 ID:+ydfLLnC0



 ―――ライブ当日・・・ライブ会場・・・

 ドヤドヤ テンヤワンヤ イソガシイソガシ

真「ひえ~・・・広い会場だなァ~・・・」

伊織「今は空っぽだけど、開場するとここがファンでいっぱいになるのよね・・・」

やよい「わくわくしますー!」

律子「リハするから準備してー」

真「はーい」



ソー「なるほど、確かに広い舞台だな」

小鳥「ソーさん本当に警備するために来てくれたんですか?事務所にいてくれてもよかったのに」

ソー「何を言うかコトリ。あいつらのライブは何があっても守らねばならん。ジムショで待っているだけでは気が気でなくなる」

小鳥「お優しいことで。まあかく言う私もあんまりやることなくて見守るくらいしかできないんですけどね」

ソー「お前は今日この日まで皆のために尽くしてきた。後は皆を信じて結果を待つだけだ。今日の演目にはお前も大いに貢献しているのだぞコトリ」

小鳥「え?」

ソー「矢を作る者がいなければ戦はできぬ。盾を作る者がいなければ戦はできぬ。お前はいわば縁の下の力持ちというやつだ。お前がいなければナムコプロは成り立たないからな」

小鳥「・・・あ、ありがとうございます。そんなふうに言われたことなくて・・・」

ソー「皆そう思っているさ。当然すぎて口にしないだけでな」

小鳥「あ、あはは・・・なんだかテレますね~。そんなヨイショされたら反応に困りますよ」

ソー「お前もいい奴だ。お前のような素晴らしい女子ならばロキを任せられる。あいつがしっかり者と結ばれればどれだけ俺が安心できるか・・・」

小鳥「もー、それは冗談ですって・・・・・・え!まさかソーさんこれ遠まわしに私にコクってます!?」

ソー「すまん、友人としか見れぬ」

小鳥「コノヤロー!」ポカポカ

ソー「ははは、かわゆいのう」

203: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 20:37:57.99 ID:+ydfLLnC0
>>201
オズボーン「言うこときいてよぉ!」
この後デップー&タスキーコンビに口座カードパクられてゴッソリ盗まれます

204: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 20:53:47.88 ID:+ydfLLnC0
P「よーし、皆いい調子だ。本番も頑張ってくれ」

雪歩「はい!」

貴音「雪歩もやよいも、だんすを完璧にますたぁしていますね」

やよい「本番でもちゃんとやりますよー!うっうー!」

亜美「こりゃライブを失敗しろって方がムチャなレベルですのう」

真美「カンペキすぎてアポロシアターからお声がかかっちゃうんじゃないの~?」

律子「お調子に乗らない!まだ始まってもいないのに・・・ちゃんと気を引き締めて本番に挑みなさいよー!」

亜美&真美『ウーッス』

響「絶対に成功させるさー!」

春香「・・・」



 ~~~~~

スタッフ「そろそろ時間なんでアイドルの皆さん準備してくださーい」

律子「は、はーい!さあ皆!ハチマキ締めて勝負の時よ!」

美希「とうとう来たのこの時が!ミキ達の力を見せるのー!」

真「やぁってやろう!ここからボク達のオンステージが始まるんだ!」

やよい「うっうー!」

千早「・・・・・・あの・・・盛り上がってる所悪いんだけど・・・」

貴音「どうしました千早」

千早「春香はどこ?」

あずさ「あら?・・・」

205: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 21:08:25.99 ID:+ydfLLnC0

 会場外・・・・・・

春香「ふう・・・」

ソー「外の空気を吸いたかったのか?」

春香「!ソーさん」

ソー「皆があわててお前を探しているぞ。そろそろ本番だとな」

春香「あ!そ、そうだった!うっかり遅刻するとこだった!」

ソー「・・・何やら浮かない顔だな。緊張しているのか」

春香「え・・・。・・・はい。それももちろんあるんですけど・・・」

ソー「・・・」

春香「・・・あの・・・私・・・アイドルとしてやっていけるのかなって・・・急に不安になっちゃって」

ソー「・・・?」

春香「会場に来て・・・ここで歌って踊るんだって実感して・・・皆が舞台でリハしてるの見て・・・・・・皆輝いてるなって痛感したんです」

ソー「お前もそうだろう」

春香「・・・私は・・・皆と違うから・・・皆はそれぞれ個性があって輝いてる。けど・・・私って個性が無いってよく言われて・・・・・・何かイイとこあるのかなって・・・」

ソー「・・・」

春香「・・・アハハ・・・土壇場でおじけづいちゃいました・・・ダメだなぁ・・・でも・・・私も皆みたいに輝く部分があればなーって・・・私は地味なんじゃないかって思っちゃって・・・」

春香「皆がまぶしく思えて・・・皆それぞれ輝くものがあって・・・いいなー・・・私は何もないなーって・・・・・・思っちゃって・・・」

206: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 21:15:24.80 ID:+ydfLLnC0
ソー「俺が父上みたいな立派なアスガルドの王だったらなぁ」

春香「・・・・・・え?」

ソー「そしたら父上に小突かれて怒鳴られることもないし偉大な王さまとして何でもできたのになぁ・・・・・・お前どう思う?」

春香「え!?・・・い、いや・・・・・・そんなこと言われても・・・」

ソー「お前が言っていることはそういうことだ」

春香「えぇ!?ち、違いますよ!私はただ皆みたいな個性があればって言ってるだけで・・・」

ソー「同じだ」

春香「ッ・・・」



ソー「目を閉じろ」

春香「え?」

ソー「歯をくいしばれ」グッ

春香「え(・・・まさか)」

 ブオ!

春香「!?(ぶ、ぶたれる!)」ビクッ

 コツン

春香「あたっ」

207: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 21:16:04.54 ID:+ydfLLnC0
ソー「・・・」

春香「・・・な、なにを・・・」



ソー「他人(ひと)をうらやむな!他人をうらやむということは自分を否定するということだ!そんなことではお前の人生は面白味のないものになってしまうぞ!
  人は人!自分は自分!お前は他の誰でもないアマミハルカだ!アマミハルカは世界でお前ただ一人だけだ!お前が誰かになれないように誰もお前にはなれないんだ!
 夢に向かって走るお前は誰から見ても輝いている!自分を誇れ!誇りを抱け!人生全ての答えは己の中にあるんだ!!!わかったかハルカ!!!」

春香「!!!」


 ス・・・

ソー「なんてな。それっぽいことをMANGAで読んだので言ってみたが・・・胸を張れハルカ。自分のことは自分では見えづらいものだ。お前はしっかり輝いているぞ」ニコッ

春香「・・・」グスッ・・・



春香「・・・・・・はい!」

208: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 21:44:34.91 ID:+ydfLLnC0
P「春香はどこ行ったんだ!もうお客さんが入りはじめてるっていうのに!」

伊織「携帯も控室に置いてあるし・・・この土壇場で一体何なのよもう!」

小鳥「!あ!・・・春香ちゃん!とソーさん!」

P「!」

春香「お、遅れてすみませ~ん!」タタタ

雪歩「春香ちゃん!」

真「どこに行ってたんだよ!もう始まっちゃうよ!」

ソー「すまん、俺が道に迷った所を春香が案内をしてくれて遅れ――」

春香「皆!ごめんなさい!」ザッ

真「!?」

伊織「ちょ、ちょっと。そんな勢いよく頭下げないでよ。とにかく間に合ったんだし、今は急いで準備しないと」

春香「私、どうかしてた。自分を否定しちゃうとこだった・・・でももう大丈夫!さあ!私達の舞台に行こう!」

P「・・・なにを言ってるのかめちゃくちゃだが・・・とにかく間に合ったんだ。早くスタンバイしよう!」

 ドタバタガヤガヤテンヤワンヤ


小鳥「・・・ソーさん?春香ちゃんに何か言ったんでしょ?」

ソー「少しな」

小鳥「説教好きなんだからまったく・・・それじゃ私達も、皆の舞台を見やすい所に行きましょう」

ソー「ああ。特等席で見なければな」

ソー「・・・・・・ん?」



ロキ「・・・」ニヤッ

ソー「・・・・・・ロキ」


小鳥「あれ?ソーさんどこに行くんですか?」

ソー「少し外の空気を吸ってくる。会場の中は熱気で一杯になるだろうからな」

小鳥「で、でももう始まりますよ!・・・・・・行っちゃった・・・」

209: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 21:55:00.30 ID:+ydfLLnC0

 会場の裏側・・・・・・

ロキ「やあ、兄上」

ソー「俺を外に呼び出して何の用だ?その面からするに、あいつらのライブを楽しむために来たのではないらしいな。戦の直前の時と同じ顔をしている」

ロキ「わかるかい?私はあんたに話があって来たんだ。大事な話がね」

ソー「・・・穏やかな話ではなさそうだ」

ロキ「紹介しよう。ミッドガルドにおける私の協力者・・・クロイだ」

 ス・・・

黒井「あなたが神話の雷神らしいな。あなたの弟君には手を焼かせてもらっているぞ」

ロキ「なっ・・・」

ソー「お互い様だ」

ロキ「てめっ・・・」

黒井「あなたを呼び出したのは・・・取引を申し出ようと思ってね。君の弟から話は聞いてる・・・765プロに住みこんでいることもな」

ソー「・・・」

黒井「結論から言おう。私は君の『ハンマー』がどこにあるのかを知っている」

ソー「!!!」

黒井「君にはあれが必要なのだろう?ハンマーがあれば君は故郷に帰ることもできる。さっさとあの事務所から出ていきたいだろうに」

ソー(うむぅ・・・ジムショで寝泊まりするようになってからすっかりムジョルニアのことを忘れていた・・・)

ロキ「取引とは簡単なことだ。ムジョルニアのある場所を教える代わりに・・・ソー、アンタにナムコプロのライブをブチ壊してもらいたい」

ソー「!」

黒井「誰かを傷つけろとは言わない。君なら雷や嵐を操ることもできるんだろ。ライブを中止にしなければならないほどの嵐をおこしてもらえばそれでいい」

211: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:06:50.35 ID:+ydfLLnC0

春香「みなさーん!今日はわざわざ来てくれてありがとうございまーす!」

 『ワアアアアアアアア!』


P「始まったな・・・とうとう始まった。あれ?音無さん、ソーはどこに?」

小鳥「それが・・・外の空気を吸ってくるって言って・・・もう始まるって言ったんですけど」

P「この大事な舞台を見ずになにをしてるんだソー・・・」


 ~~~



ソー「・・・・・・俺に言っているのか?・・・それを・・・」

黒井「別に大したことじゃあない。ライブを天候悪化で中止にするだけだ」

黒井「心配ない。今日中止になっても日程を延長して近いうちに再開されるだろうよ。今日、中止にするだけでいいんだ。これから先ずっとライブが無いわけじゃあない」

黒井(フン・・・だが今後ライブを再開できないようにしてやる・・・奴らが会場を使う日に先にスケジュールを入れて、奴らに一切ライブをさせるものか)

ロキ(くっくくく・・・これでソーがムジョルニアでライブを中止にすれば・・・ソーが『人間よりもムジョルニアを取り戻すことを優先』すれば・・・)

ロキ(こいつの精神はさらに堕落する!自身がアスガルドに戻るために人間を踏み台にするということが!ソーを高潔な精神からさらに遠ざけることとなる!)

ロキ(そして・・・もはやムジョルニアを持ちあげることすらできなくなるだろう・・・そうすれば私がアスガルドの王だ!未来の王となる!)

ソー「・・・」

黒井「ハンマーのある場所を教える引き換えに、ライブを中止にしてくれるな?ソー」

ロキ(さあ!ハンマーをとれ!ソー!)



ソー「迷いなく断る」

212: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:13:59.44 ID:+ydfLLnC0
>>210
マジよ。つっても本筋の話じゃなくてサイドストーリーで。デップーがオズボーンん家(アベンジャーズタワー)にカチコミかけてサンダーボルツと戦う話があります
タスクマスターとタッグを組んで二人でオズボーン&サンダーボルツを戦って、最後はいつの間にかオズボーンのカードパクってとんずらこく。オズボーンサイドはデップー倒したと思ってるけど

タスクマスター「俺は世界のタスクマスターだぞ・・・報酬がATMで支払いなんて・・・」グスン

デップー「いいじゃんいいじゃん。オズボーンのゴールドカードなんだからサ」

 的な感じに大金せしめましたとさ。チャンチャン(私の勝手な訳なので細部は異なります)

213: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:24:57.43 ID:+ydfLLnC0
黒井「!」

ロキ「!?ナニッ!?」

ソー「少しでも俺があいつらを見捨てるとでも思ったのか?あいつらの夢を壊すことなどするわけがないだろう。たとえムジョルニアを引き合いにだされても・・・」

黒井「正気か貴様・・・ライブなんぞ中止になったところで日程を延長していつでも再開できるのだぞ!奴らの夢を完全につぶす訳ではないというのに!」

黒井「なのにお前の全てでもあるハンマーはいらないというのか!故郷に帰ることも、神としてのパワーも取り戻せなくてもいいというのか!」

ソー「それがあいつらの夢を台無しにする理由にはならぬ」

黒井「なにッ・・・」

ロキ「何を言っているのだソー!ムジョルニアよりも人間をとるというのか!貴様はそれでもオーディンの息子か!アスガルドを捨てるというのかソー!」

ソー「違う。ムジョルニアはいずれ俺自身で見つけだす。あいつらは・・・ナムコプロの者どもは俺の地球の家族だ。俺にとって何よりも大事なものは仲間と家族だ」

ロキ「!!!」

ソー「お前の申し出は断る」


黒井「ッ!・・・この――」

ロキ「ふざけるなッ!」

 FOOOOOOOOOOOOOOOOOMMM!

ソー「!」

 THOOOOOOOOM!

黒井「!?・・・(な、何だ!?念力のようなもので・・・ソーを吹き飛ばしたというのか!?)」

ロキ「家族だと・・・・・・赤の他人の・・・それも地球の人間なんぞを家族と呼ぶのか!なぜハンマーを選ばない!人間なんぞに情を覚えやがって・・・ふぬけたなソー!」

 FOOOOOOOOOOMMM!

 CHOOOOOOOM!

ソー「ARGHHH!」

214: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:37:26.86 ID:+ydfLLnC0
ロキ「いつものあんたならムジョルニアを選んでいたはずだ!自分の王位を手放すようなことはしない!何よりも自分を中心にしていたはずだ!」

 FOOOOOOOOOMMM!

 BOOOOOOM!

ロキ「地球に来てヤワになったな!なんとも悲しいものだ!屈強で無敵のマイティ・ソーが・・・このていたらくではアスガルドに未来はない!」

 FOOOOOOOOOOOMMM!

 DOOOOOOM!

ソー「GHHHH・・・・・・」ボロッ・・・

ロキ「私が王になるしかない!あんたは・・・あんたはもっと強く、男らしくあるべきなんだ!私の兄は誰よりも強い男だった!それが・・・それが!」

ソー「・・・・・・ロキ・・・」ググ・・・

ロキ「お前は王にふさわしくないんだあぁぁ!」

 FOOOOOOOOOOOMMM!

 CHOOOOOOOOOOOOMMM!

ソー「AAARRRGGGHHH!」



黒井「・・・・・・(・・・こ、こいつって本当に神だったんだ・・・おっかねぇ~・・・ただのホラだと思ってた・・・)」

ソー「・・・GHH・・・・・・」

ロキ「ハア!・・・ハア!・・・・・・もういい!こうなれば私がこの手でやる!あんたがそこまで大事だと言い張るものを台無しにしてやる!」

ソー「!」

ロキ「ナムコプロのライブをブチこわしてやるさ!あんたの大事なものをこの場で奪ってやる!・・・こいつを使ってな!」バッ

ソー「・・・そ・・・それは・・・ノルンの石・・・」

ロキ「このパワーで・・・嵐を起こす!このライブ会場を飲み込み吹き飛ばすほど強力な嵐をな!見ろ!会場の正面の方を!」

 GGGGGGGGGOOOOoooooooo!

黒井「な・・・なんだ?空が急に荒れて・・・」

ソー「ロキ!やめろ!」

ロキ「もう遅い・・・我が魔力で作りだした嵐はゆっくりとここへ向かってくる!じわじわと会場が壊れゆく姿をじっくりと見届けさせてやる!」

215: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:44:11.21 ID:+ydfLLnC0
>>214

ノルンの石:強力な魔力を秘めたアスガルドの秘宝。
2010年の大型イベント『シージ』にて、ヴィラン達がアスガルドを総攻撃し崩壊の危機に陥った際、それまでヴィラン達に協力していたロキは故郷を滅ぼそうとするヴィランを前にし、心を改める
そのとあるヴィランを倒すため、アベンジャーズにノルンの石を渡す。が・・・
ちなみに、ただの人間が悪魔の魔道具を手に入れてヴィランとなった男、フードがノルンの石を手にしていたこともある

216: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:53:39.67 ID:+ydfLLnC0
 ~~~

 ♪~♪♪~♪~

 『ウオオオオオオオオオオオ!』


律子「会場のボルテージも最高潮ですね。すごい熱気ですよ!」

P「まるで会場全体が揺れてるみたいだ。凄まじい盛り上がりだな」

 GGGGGggggggoooooooo・・・・・・

小鳥「・・・あれ?・・・・・・本当に揺れてません?これ」

律子「・・・・・・そ、そうですね・・・あれですよ。観客が盛り上がりすぎると会場が揺れるんですよ。漫画の『はじめの一歩』でもそういうことありましたから」

P「・・・いや・・・これは・・・・・・何かヤバイ気がする。音無さん、ソーは外にいるって言いましたよね!」

小鳥「は、はい。・・・ソーさんがこの揺れに関係してるということですか?」

P「わからないが・・・相手は雷の神様だからな。もしかするかもしれん!」ダッ



 KKRRAAAKKKOOOOOOOOOOOOMMM!

 VVVVVAAAAAWWWWWWWWWOOOOOOOOOO!!!

黒井「これは・・・ロキがハリケーンを作ったというのか!」

ソー「・・・ロキ・・・」ググ・・・

ロキ「あんたはいつも光の中にいた!私は影の中からいつもあんたを見てきた!俺の気持ちなど考えたこともないだろうに!」

ソー「・・・」グ・・・

ロキ「いつか見返してやろうと思っていたさ!何もかも私の上をいくアンタを!私は・・・私は!」

ソー「ロキ」ス・・・

217: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 22:55:30.09 ID:+ydfLLnC0
ロキ「!下手に動くなよソー!あの竜巻が来る速度を上げてやろうか!貴様にはもはや何も――」



ソー「すまなかった」ザッ

ロキ「ッ!!?・・・・・・な・・・何をしている・・・・・・マイティ・ソー・・・あんたが・・・三つ指ついて・・・・・・頭を・・・下げるだと?・・・」

ソー「俺は今まで、良き男ではなかった。お前にはつらい思いをさせてきた。すまぬ・・・この通りだ。許してくれ」

ロキ「・・・やめろ・・・・・・やめろソー!!!あんたともあろう者が・・・謝るなァ!やめろッ!謝るんじゃないッ!・・・ッ!・・・うぐ・・・ぐ・・・」

ソー「俺が悪かった」

ロキ「ッ・・・・・・お前に謝られたら・・・私は・・・・・・どうすればいいのだ・・・・・・ぐ・・・・・・」

219: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 23:14:51.72 ID:+ydfLLnC0
 ~~~

 ♪~♪♪♪~♪~

雪歩「今ステージに出てるのって貴音さんと亜美ちゃんと真美ちゃんだよね?次は私だ」アセアセ

響「ライブも折り返しを越えたけど・・・なんだか様子がヘンだぞ」

伊織「そうね・・・なんだかスタッフがざわついてるわ・・・何か問題でもあったのかしら」

やよい「ステージの音だと思ってたんですけど、なんだか外からすごい音がします~」

雪歩「そういえば・・・何だか台風が来た時みたいにガタガタ言ってるね」

真「今日の天気は晴れのはずだったんだけどな・・・台風が突然できてくる訳ないし・・・」

あずさ「・・・なんだか会場全体が揺れてる気がするわ」

春香「なんだか怖いなぁ・・・(・・・ソーさん・・・何かあったら守ってね・・・)」



 VVVAAAAARRRRRROOOOOOOOOWWWWWW!

ソー「ロキ・・・あの嵐を止めてくれ。・・・このままではライブ云々以前に多くの人間が危険にさらされる。・・・この竜巻を止めてくれ」

ロキ「ッ・・・・・・わ・・・私は・・・」

ソー「この通りだ」

ロキ「・・・」

 VVVVVAAAAAAAAAGGGGOOOOOOWWWWW!

ロキ「・・・・・・」ス・・・



 VVVVVAAAAARRRRROOOOOO!

ロキ「!?・・・・・・な・・・と、止められない!?」

ソー「!」

ロキ「まさか・・・!・・・ノルンの石が上手く扱えない!・・・」

ソー「なんだと!」

ロキ(まさか・・・私の心が揺らいでいるからか!?ど、動揺しているから・・・ノルンの石を制御できていないというのか!)

ロキ「こ・・・これでは・・・この嵐を止めることができない!」

 VVVVVAAAAAAARRRRWWWWWWWWWW!

220: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 23:30:33.32 ID:+ydfLLnC0
P「!こ、これは!た、台風か!?なんだって急にこんな・・・会場の正面の方にハリケーンみたいなのが!」

律子「まずいですよプロデューサー!こんな強い台風じゃ・・・ライブを中止して避難しないとまずいんじゃ・・・」

P「し、しかし避難と言っても・・・これじゃこの会場から出る方が危険だ!」

小鳥「ど、どうしましょう!まだステージでは皆が歌ってる途中なのに!」

P「っく・・・律子、皆のサポートをしてやってくれ。俺はソーを探す」

律子「ソーさん?・・・」

P「ソーなら何とかできるかもしれない。藁にもすがる思いだが・・・それしか今は思いつかん」

小鳥「私もソーさんを探します!急がないと竜巻が会場に来ますよ!」

P「じゃあ律子!任せたぞ!」タタタ

律子「ええ~!」



ロキ「・・・ノルンの石の力で作りだした嵐はゆっくりとだが確実にこの会場に近付いている・・・それも強力なエネルギーでできた嵐だ・・・・・・ど、どうすれば・・・」

ソー「ロキ!ムジョルニアはどこにある!俺がハンマーでこの竜巻を止める!言え!どこにあるんだ!」

ロキ「っ・・・あ、あれは嘘だ・・・本当はムジョルニアのある場所など知らない・・・お前が人間を捨ててハンマーを選ぶという答えだけが目的だったのだ」

ソー「なんだと!」

ロキ「お前がハンマーを選び、精神を堕落させるのが目的だったのだ・・・その後でこのノルンの石で竜巻を起こしてライブを中止させるつもりだった」

ロキ「だ・・・だが・・・この秘宝の力がここまでとは・・・あれほどの嵐ならばこの会場を壊すだけでなく、ここを荒野に描き換えてしまうほどだ!もはや止める手立ては・・・・・・」

黒井「この・・・マヌケ野郎があ!」バキ!

ソー「!」

ロキ「痛ぇ!」

221: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 23:32:50.94 ID:+ydfLLnC0
黒井「貴様・・・こんなことをしてただで済むと思っているのか!私は765プロをつぶすとは言ったが・・・痛めつけろとは言っていないだろうが!」

黒井「いいか!私は暴力で奴らをつぶすつもりなどない!そこは譲れない私のルールだ!なのに貴様は・・・奴らを吹き飛ばすつもりか!無関係の人間も大勢いるというのに!」

黒井「それどころか竜巻を制御できないなんて・・・この役立たずが!それでも神か!このグズ!」

黒井「局地的台風の発生を装ってライブを中止させるという計画だったのに、それを止めることもできないなどという話があるか!どこまでマヌケなのだ貴様は!」

黒井「そんなことだから兄に勝てぬのだ!このマヌケがぁー!」

ロキ「ッ・・・きさ――」

 ガシッ!

黒井「!?ッ・・・っぐ・・・が・・・」

ソー「・・・」ググ・・・

ロキ「そ、ソー・・・」

黒井「・・・は・・・放せ・・・・・・うぐ・・・」



ソー「・・・それ以上、俺の弟を侮辱するな」

ロキ「!!!」

 ドサッ

黒井「ぐはぁッ!・・・はぁ・・・はぁ・・・うく・・・貴様・・・・・・ど、どうするつもりだ・・・」

ソー「あれを止める。弟の面倒を見、手本となるのが兄の役目だと教わったからな」

ロキ「!」

黒井「しょ、正気か!ハンマーも無しでどうやって止めるというのだ!」

ソー「ムジョルニアは探すものではない。今理解した。・・・相応しき者のみが、ハンマーを手にする」ザッ

223: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 23:40:04.40 ID:+ydfLLnC0
>>221

相応しき者のみが~:ムジョルニアは高潔な精神の持ち主でなければ持ち上げられず、持ち上げることができるのはベータレイ・ビルやサンダーストライクとごく少数
 とあるイベントではキャップがここぞという場面で持ち上げた。たとえハルクのような怪力でも持ち上げることはできない(一部アニメなどでは無理やり持ち上げたが)

224: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/04(金) 23:48:10.43 ID:+ydfLLnC0
 ~~~

千早「次が最後の曲よ。皆で揃ってステージに立つ最後の」

真「この大事な時にプロデューサーはどこに行ったのさ!」

律子「い、色々あってね・・・」

亜美「なんだかミョーな感じがするね~」

真美「何か問題でもありましたかな~?」

律子「・・・あんた達は今はライブのことだけに集中しなさい。次で最後なんだからね」

貴音「ふぃなぁれは盛大にしなければ」

美希「次で最後なんだから全部の力を振り絞るのー!」

春香「いくよ皆!私達のライブステージへ!」

 ダッ!



 VVVVVAAAAAAAOOOOOOOOOWWWWWWWWWW!

P「ソー!」

ソー「プロデューサー、コトリ」

小鳥「どこにいたんですか!見てくださいあれ!会場の正面の方にハリケーンが・・・」

ソー「ああ。俺がなんとかする」

小鳥「な、なんとかって・・・一体何を・・・」

ソー「下がっていろ。衝撃波が来るかもしれん」ザッ

P「!・・・音無さん、下がりましょう。ソーには勝算があるみたいだ」

小鳥「で、でも・・・」


 ~~~


ロキ(一体どうするつもりだ・・・ムジョルニアも無しで何ができる!今のあんたは・・・肉体的にはただの人間と変わりないというのに・・・)

黒井「・・・フン!弟が弟なら兄も兄だな。丸腰で竜巻に向かっていって何ができるというのだ。マヌケにもほどがある」

ロキ「!」

黒井「765プロなんぞに肩入れしおって・・・やつらのマヌケ加減が伝染でもしたらしいな。あんな弱小事務所のために身体をはるなどばかげている!」

黒井「私との取引を蹴っている点で間違っているわ!そもそもハンマーの件の嘘すら見抜けないようでは神の王になどなれるわけが――」

 ガシッ!

黒井「!?・・・ぐえっ・・・ま、また・・・・・・」

ロキ「・・・私の兄を愚弄するな・・・」グググ・・・

 バッ

黒井「ぐはっ!はぁ!はぁ!・・・き、貴様ら・・・兄弟揃って・・・・・・」

ロキ(・・・兄上)

 ダッ!

225: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:00:12.34 ID:ZkMFEvgr0
 ~~~

亜美「さてさて~!765プロの初ライブもいよいよ次でラストの曲になるよ→!」

真美「最後は皆揃ってのオールスターだかんね~!じっくり堪能してね→!」

春香「それじゃあ最後の曲!『READY!!』」

 『ウオオオオオオオ!』


 ~~~


 VVVVVVVAAAAAAAAOOOOOOOOOOWWWWWWW!

 ザッ・・・

ソー「父上・・・理解しました。ムジョルニアは持ち上げようとするものではない。ムジョルニアが持ち主を選ぶ。・・・相応しき者を」

ソー「力ずくでは決して持ちあがらず、高潔な精神を持つものだけが持ち上げることができる。どこにいようと、ムジョルニアが持ち主の所へ現れる!」

 バッ!

ソー「ムジョルニアよ!我がもとへ!」



 ・・・・・・ooooOOOOOOOOOOOOOOOSSSHHHHHH!

小鳥「!な、何かが飛んできますよ!」

P「あれが・・・魔法のハンマー・・・ムジョルニア」


ロキ「!ソー!」

ロキ「!?・・・あ、あれは!あの飛んでくるものは!」



 CHATCH!

   KKRRRAAAKKKOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOMMMMM!!!

  ZZZZAAAAAAASSSSHHHHHHHHHKKKKKKKK!

226: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:01:13.27 ID:ZkMFEvgr0



小鳥「・・・うそ・・・何・・・これ・・・」

P「ソーが・・・鎧とマントを纏ってる!ハンマーを手にして!」



マイティ・ソー「我が名は、MIGHTY THOR!」

 KKKRRAAAKKKKKOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOMMMMM!!!

227: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:09:18.37 ID:ZkMFEvgr0



 VVVVVVVVAAAAAAAWWWWWWWWOOOOOOOOOOO!


P「ま、まずいぞ!竜巻がもう目の前まで来てる!か、会場が今にも吹き飛びそうだ!」

小鳥「豪雨と雷の嵐・・・ソーさん・・・なんとか・・・なんとかしてください・・・」


ロキ「ダメだ!」

P「!?ロキ!?」

ロキ「やめろソー!いくらムジョルニアを手にしたと言ってもその竜巻はノルンの石の魔力によるもの・・・いくら兄上でもタダでは・・・」


ソー「・・・ロキ、そこで見ていろ。兄の背を」

ロキ「兄上!」



ソー「嵐よ、お前を吹き飛ばす。俺は約束したのだ。ナムコプロの者達のライブを邪魔する者は・・・何者であれ俺が打ち倒すと!」

 VVVVVVVVVAAAAAAAAOOOOOOOOOWWWWWWWWW!

ソー「!」

 GGGGAAAAAaaaaAAAAGGGGgggggaaaAAAAGGGGGG!

ソー「GHH!」


P「竜巻のカマイタチみたいなのを喰らったぞ!ま、まるで竜巻がソーを拒絶してるみたいだ!」

小鳥「あれは強力な魔力の嵐なんですよ!まるでエネルギーのカミソリ!竜巻がソーさんを飲み込んじゃう!ソーさん!」

228: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:16:58.62 ID:ZkMFEvgr0

 ~~~


美希(ソー、この会場のどこかで見てる?ミキ達がものすごく輝いてるこの姿を見てくれてるの?ミキ達、もっともっとキラキラ輝くの!)♪


あずさ(地球に来て色々なことを学んだでしょうけど・・・私達も学ばせてもらいました。その成果がこのライブです)♪


伊織(スーパーアイドル伊織ちゃんのパフォーマンスをしっかりと目に焼き付けてなさい!未来の王様!)♪


亜美(今すっごく楽しい!ソーや皆と遊んだ時みたいに楽しい!もっともっと楽しく歌って踊るYO!)♪


雪歩(こんなに大勢の前でも堂々としてられる・・・皆とソーさんのおかげだ・・・ありがとう・・・本当に・・・ありがとう!)♪


 ~~~


 VVVVVGGGGGAAAAAAAAAVVVVVVVVV!


ソー「退かぬぞ・・・俺が退けば弟へのしめしがつかんからな!俺があいつらを守る盾となる!」


ロキ「・・・・・・そうか・・・フフ・・・そうだったな・・・人間は自然の猛威には勝てない・・・ハリケーンが来れば逃げなければならない・・・
                     ・・・だが、ソーがハンマーを握れば、ハリケーンと戦うこともできるし、勝つこともできる」

229: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:21:25.24 ID:ZkMFEvgr0

 ~~~


響(自分、皆のおかげでさらに完璧になれてる気がするぞ!もっともっと・・・もっと完璧になるさー!皆とソーと一緒に!)♪


真美(ソーや兄ちゃんはどこからステージを見てるのかな?わかんないけど・・・真美達のQ極Z対ビューティフルライブを魅せるZE!)♪


やよい(うっうー!ソーさんのニコニコ笑顔みたいに私も笑顔でがんばりますー!きっとファンの皆さんにも伝わるはずですー!)♪


真(プロデューサー!ソー!見てる?ボク達こんなにアイドルらしくできてるよ!プロデューサーやソーのおかげだよ!ありがとう!今度はフリフリ衣装で出るぞー!)♪


貴音(私達のらいぶが、あすがるどの荘厳さに匹敵することを見せつけましょう。きっと・・・心を動かすことができるはずです)♪


 ~~~


 VVVVVAAAAAAAAAGGGGOOOWWWWWW!

 ZZZTTTTAAAAAPPPPZZZZTTTTAAAAAAA!

ソー「っ・・・・・・あいつらの夢を・・・壊させはしないぞ!守ってみせる!」


 VVVVVVVVAAAAAAAAAGGGGGGGOOOOOOWWWWW!

 GGGGAAAAAYYYYYAAAAGGGGAAAAAAAAAAAAAAAAA!

ソー「うぐっ!・・・アスガルドのために・・・」GGGGOOOOO!


 VVVVVAAAAAAAAAAAGGGGGGOOOOOOWWWWWWWW!

 ZZZZZAAAGGGGAAAAAAAATTTTTTPPPPPPPZZZZZZZ!


ソー「家族のために・・・」GGGGGOOO!

 VVVVVVVVVAAAAAAAAAGGGGGGGGOOOOOOOOOOWWWWWWWWWW!!!

230: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:25:09.98 ID:ZkMFEvgr0

 ~~~


律子(・・・ソーさん・・・あの竜巻をなんとかしてくださいよ・・・・・・信じてますからね)


千早(ここがゴール・・・ここがスタート・・・・・・私達の歌は・・・これからも続いてゆく・・・そうよね、ソー・・・)♪


春香(もう迷わない!もう嘆かない!全ての答えは・・・自分自身の中にあるんだから!皆と一緒なら・・・なんだってできるもんね!)♪


 ~~~


 VVVVVVAAAAGGGGAAAAAAAWWWWWWWWWWAAAAAAZZZZZZZZZ!!!



ソー「仲間のために!!!」



 KKKRRAKKKKOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOOMMMMMM!!!

   ZZZVVVJJJJAAAAAAAAASSSSHHHHHAAAAAAAAAZZZZZZZZZAAAAAAAAAAMMM!!!

231: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:32:07.97 ID:ZkMFEvgr0
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・
・・・
・・




P「ッ・・・・・・は・・・晴れた・・・」

小鳥「竜巻が消えた・・・ソーさんが竜巻を消してくれた!す、すごぉい!すごいですよ!ソーさんが皆を救ったんですよ!」

ロキ「ほ、本当に・・・やってのけたというのか・・・・・・兄上・・・」

P「・・・!・・・ソーは?・・・ソーはどうなったんだ?」

小鳥「あ、あれです!竜巻が起こした破壊痕の真ん中に・・・」


 ザッ・・・ザッ・・・

P「ソー!」

ソー「次は何だ?岩石の宇宙人か?恐怖を司る神か?何者であろうと、今の俺は負ける気がしないぞ」

ロキ「・・・(兄上・・・)」

小鳥「ソーさぁん!すごいですよソーさん!す、すごいです!スッゲー!」

ソー「落ち着けコトリ。プロデューサー、ライブの方は滞りなく進んでいるか?」

P「あ、ああ・・・たぶん大丈夫だ。しかしソー・・・すごいな。あんなトンでもないハリケーンを消し飛ばすなんて。だけど一体なんであんな竜巻が突然発生したんだ?」

ロキ「ッ!」

ソー「・・・」

ロキ「・・・・・・あれは――」

ソー「何も問題はない。俺が空を晴らした。それで十分だ。それより・・・・・・」

P「なんだ?」

ソー「あいつらのライブを見たいのだが・・・今からでは遅いか?」

P「・・・間に合うさ」

ロキ「・・・」

 グイ

ロキ「!」

小鳥「ほら、ロキさんもお兄さんと一緒に行きましょ」

ロキ「い、いや・・・私は・・・」

ソー「来いロキ。お前にも見せてやりたいのだ。あいつらの演舞を」

ロキ「ッ・・・」

232: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:50:59.21 ID:ZkMFEvgr0
>>231

岩石の宇宙人:ソーがコミックで最初に戦った相手。地球を侵略に来た土星人で、見た目はモアイみたい。ムジョルニアを手にしたソーの強さにビビって帰ってった
 それから40年くらいしてからまさかの再登場を果たす。実は正確には土星人ではなく、当時土星を拠点にしていたクローナン人という種族。ソーに撃退されてからは宇宙を放浪する
 その後、生き残りのクローナン人、コーグがとある惑星に流れつき、そこで宇宙に追放されたハルクと出会い、盟友となる
 ちなみに、映画『マイティ・ソー:ダークワールド』にて、そっくりな岩石巨人が登場している

恐怖を司る神:2011年の大型イベント、『フィアー・イット・セルフ』にて登場する恐怖の神、サーペントのこと。ソーの父であるオーディンのライバルだった
 人々が恐怖する心をパワーとし、恐れられるほど強くなる。世界中に神器のハンマーを出現させ、ハンマーを手にしたハルクやFFのザ・シングを自身の手下とした
 最後はオーディンの鎧を継承したソーと戦う。このイベントは魔法の神器がいくつも登場し、ヒーロー側も魔法の武具を装備して戦うファンタジーでカッコイイ話である

233: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:51:59.45 ID:ZkMFEvgr0
>>231

岩石の宇宙人:ソーがコミックで最初に戦った相手。地球を侵略に来た土星人で、見た目はモアイみたい。ムジョルニアを手にしたソーの強さにビビって帰ってった
 それから40年くらいしてからまさかの再登場を果たす。実は正確には土星人ではなく、当時土星を拠点にしていたクローナン人という種族。ソーに撃退されてからは宇宙を放浪する
 その後、生き残りのクローナン人、コーグがとある惑星に流れつき、そこで宇宙に追放されたハルクと出会い、盟友となる
 ちなみに、映画『マイティ・ソー:ダークワールド』にて、そっくりな岩石巨人が登場している

恐怖を司る神:2011年の大型イベント、『フィアー・イット・セルフ』にて登場する恐怖の神、サーペントのこと。ソーの父であるオーディンのライバルだった
 人々が恐怖する心をパワーとし、恐れられるほど強くなる。世界中に神器のハンマーを出現させ、ハンマーを手にしたハルクやFFのザ・シングを自身の手下とした
 最後はオーディンの鎧を継承したソーと戦う。このイベントは魔法の神器がいくつも登場し、ヒーロー側も魔法の武具を装備して戦うファンタジーでカッコイイ話である

234: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 00:57:41.71 ID:ZkMFEvgr0
 ――ステージ舞台ソデ

律子「ああ!やっと戻ってきた!揺れも騒音も止んだみたいですけど・・・って、ソーさんそのカッコは・・・」

P「ソーがハンマーを手にしたらこの格好になったんだ。これが普段の格好らしい」

律子「・・・その様子からするとあの嵐はなんとかなったんですね」

小鳥「ええ!ソーさんが竜巻を消しちゃったんですよ!ハンマーをブン!ってやってギュォーン!ってなってブアォーって」

ソー「リツコ、ライブの方は?」

律子「今ラストの曲が終わる所ですよ」

ソー「・・・そーか・・・ほとんど見れなかったな・・・」

ロキ(私がソーをおびきだした時がライブ始まる直前くらいだったけど・・・時間たつの早いなぁ)

P「よし!ソー!ロキ!曲が終わったらステージに出てくれ!」

ロキ「ふぇ!?」

ソー「なんだと!?」

P「サプライズだサプライズ!神の兄弟が出てきたらお客さんもビックリするぞ!」



 『ワアアアアアアアアア!』 ヒューヒュー! パチパチパチパチパチ!

春香「ありがとうございましたぁー!」ゼーゼー

千早(終わった・・・私達の初めてのライブは大成功・・・・・・ん?・・・プロデューサーがソデから何かサインを出して・・・・・・!)

律子「はーい、皆さん本日は765プロ初ライブにお越しいただいて本当にありがとうございましたー!」

真美「り、りっちゃん!?」

 『オオオオオオオオオオ!』 リツコシャーン!

亜美「スーツで舞台上に出てくるなんてトンだアイドルだZE!」

律子「えー、曲目も全て歌い終わり、後は皆さんお帰りになるだけというところですが!最後の最後にスーパーサプライズゲストにお越しいただきましたー!」

 『エーーー!』 ザワザワザワ・・・ ドヨドヨドヨ・・・ オロロンチョチョパァ~

貴音「はて・・・さぷらいずと?」

真「も・・・もしかして・・・」

律子「ご紹介します!北欧神話の『雷神』!マイティ・ソー!そしてその弟にして『邪神』!ロキ!」

 ババン!

ソー「我こそはアスガルドの王オーディンの息子!マイティ・ソー!」ドヤサァ

ロキ「・・・ロキっす」テレテレ

235: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:05:05.85 ID:ZkMFEvgr0

 ドヨヨッ・・・ ダレダヨアレ・・・ ブロンドノマッチョトカ・・・ タァワケェ!

あずさ「あらあら・・・皆さん驚いちゃってるわ」

貴音「面妖な・・・」

ソー「皆の者、よくぞナムコプロのライブに来てくれた!俺からも礼を言う!」

やよい「うっうー!ソーさんとロキさんが参加してくれてうれしいですー!みなさーん!この人は雷の神様さんなんですよー!」

雪歩「そ、そうなんです!正真正銘本物の神さまなんですよー!」

 ザワザワザワ・・・ ソウイウキャラセッテイ?・・・ オレハアクマハカセダヨ

響「むむむ、皆信じてないみたいだぞ。ソー!なんかやってみせるさー!」

ソー「いいだろう。我がハンマー・・・ムジョルニアを見せてくれる!」

千早「それがあなたが前に言っていたムニョムニョ?」

ソー「そーだ。見ていろ」サッ

 KKRAKKKOOOOOOOOOOM!


小鳥「ゲッ!」ビクゥ

P「か、雷がハンマーに降ってきた・・・か、会場の天井が・・・」

律子「もう~っ・・・ソーさんってば・・・」ガックシ


 『オオオオオオオオオオ!』 ドヨドヨドヨ! スゲー! カミナリガオチタゾ! カッコイー! オロロンチョチョパァ~

亜美「ひえ~・・・トーちゃんすっごいねぇ」

真美「神様パワー全開ってトコだねぇ」

雪歩「ひえぇぇ・・・」

美希「ソー!すっごいの!今のすっごいキラキラしてたの!すっごいの!」キラキラ

真「キラキラってレベルじゃないと思うけど」

春香「ロキさんも何かやってみてください!盛り上がりますよ!」

ロキ「え?そ、そお?・・・じゃあ・・・えいっ」フワッ

響「わ!ロキが変身した!」

やよい「すごいですー!」ウッウー!

あずさ「これは何に変身したのかしら?どこかのゆるキャラかしら?」ハテナ

貴音「ぱっくまん・・・」

236: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:12:46.17 ID:ZkMFEvgr0

 『ワアアアアアアアアアアアアア!』

P「・・・一瞬どうなるかと思ったけど、なんとか盛り上がってくれてえがったえがった」ホッ

小鳥「どうなった」

律子「全く・・・最後の最後でドスベリしたらどうするつもりだったんですか。いくらなんでもいきなり自称神様が出てきたらビックリしますよ」

小鳥「紹介したのは律子さんですけどね」

律子「うぐっ・・・それはプロデューサーがメモ書いた台本を読んだだけで・・・」

P「何はともあれウケてるんだから結果オーライだ」



真美「次はひびきんん家の犬美に変身して→!」

ロキ「ふふん、いいだろう。えいっ」ボワン

響「おおー!犬美ぃー!クリソツだぞー!」

 オオオー! スゲー! キョウノワンコー! ケッソ、クルッソ、ハァー!

亜美「次は兄ちゃんに変身→!」

ロキ「簡単だ!そりゃ」ボワン

真「ぷ、プロデューサーが二人だってぇ!」

春香「これで事務所の仕事効率も2倍!」

貴音「実に面白いですね。もっと変身術をみせてくださいまし」

ロキ「へっへっへ!いいだろう!いっぱいやってやるぞ!」

 ボワン

のヮの<はるかーっかっかっかっか!

 ボワン

ζ 'ヮ')ζ<うっうー! ドワオ!

あずさ「すごいすごーい」パチパチ

美希「ロキもすっごく輝いてるのー!」

ロキ「へっへっへ!」ドヤサァ


ソー「・・・」フ・・・

千早「ソー?・・・ロキを目立たせてあげてるの?」

ソー「・・・あいつはいつも影の中にいたと言った。たまにはこういう思いをさせてやるべきだったと思ってな」

千早「・・・ソー」

ソー「・・・・・・だが、そうも言ってられないな」

千早「?・・・」

237: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:19:03.74 ID:ZkMFEvgr0
春香「みなさん!トリックスターロキさんに盛大な拍手を~!」

 ワアアアアア! パチパチパチパチパチパチ!

ロキ「でゅえっへっへっへ・・・そ、それほどでもないけどな!」

ソー「ロキよ、十分堪能したか?」

ロキ「そりゃあもう・・・って・・・兄上、私に栄光を譲ったのか?・・・」

ソー「さあな。そろそろ帰らなければならない」

春香「え!?」

真「か、帰るって・・・」

ソー「ロキがアスガルドの秘宝であるノルンの石を勝手に持ち出したのが問題でな。長い時間地上にいればこの秘宝を狙う者が襲撃してくるやもしれぬ」

雪歩「しゅ、襲撃ぃ!?」ビクゥ

響「そ、それっておっかないさー!」

ソー「すぐにアスガルドに戻らなければならない。父上のお説教もあるだろうしな」

ロキ「げ」

あずさ「それって・・・お別れということなんですか?」

ソー「・・・少しの間だ。いずれまた地球に来るさ」

あずさ「・・・」

貴音「まいてぃ・そー、待っていますよ」

ソー「では・・・さらばだ皆の者。掴まれロキ」グイ

ロキ「わ・・・ま、マジで帰るの?父上めっちゃ怒るよ?もうちょっとゆっくりして――」

春香「ソーさん!また765プロに遊びに来てくださいね!」

ソー「ああ!」

春香「ロキさんも!」

ロキ「ッ・・・う、うん」



ソー「さらばだ、地球の仲間達よ。いずれまた会おうぞ!」

 TTTHHHOOOOOOOOOOOOOOMMM!

238: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:24:15.29 ID:ZkMFEvgr0
真美「・・・ポカーン・・・」

真「・・・空から光の柱みたいなのが降ってきて、吸い込まれてっちゃった・・・」

 『オオオオオオオオオオ!』パチパチパチ! スゲー! カッコイー! エライモンミタゼー!


P「・・・む、むちゃくちゃしやがる・・・ステージのど真ん中でアスガルドに帰っていっちまった・・・」

小鳥「何でもありなんですね」

律子「・・・あの・・・・・・ソーさんの雷で天井に穴開いたし、今の光でさらに天井壊したんですけど・・・」

P「・・・」

小鳥「・・・」

P「・・・・・・社長に任せよう」

小鳥「ですね」

律子「もうこの会場使わせてもらえないかもしれないなぁ・・・」



 ・・・・・

黒井「・・・・・・すごかったな、ソーの雷とかロキの変身術とか・・・」

黒井「・・・べ、別に765プロのライブを見たかった訳じゃない。あのおマヌケ兄弟がどんなことするか確認するために見学しただけだ!」

黒井「・・・・・・765プロめ・・・今度はロキの協力はなしだ!私の事務所のアイドル達で勝負してやる!」

黒井「いつかきっとやっつけてやるぞ!まっとけ!」

 タッタッタッタッタ・・・

239: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:32:35.38 ID:ZkMFEvgr0

 ・・・・・

春香「終わったね・・・私達の初めてのライブ・・・」

美希「ミキ、す~っごく楽しかったの!」

響「ああ!大成功だったな!」

あずさ「最後の最後で色々あったけど、あれはあれでお客さんの印象に残るわね」

伊織「たぶん方々で話題になるわよ。ステージ上で雷降らしたり、変身したりしたんだから・・・」

雪歩「あ・・・そういえばあの天井・・・どうするんだろう」

亜美「まぁ大丈夫っしょ。これを機にリフォームってことになるんじゃないかな」

 ガチャ

P「おーい、そろそろ帰るぞー。皆忘れものないかー?」

春香「あ、はーい」

貴音「らいぶの後片付けも大方済んだようですね。色々ありましたが、物寂しく感じます」

真美「そりゃそーだよ。トーちゃんが帰っちゃったんだから」

真「あーあ・・・帰っちゃったか~。これから事務所が少しさみしくなるね」

千早「仕方がないわ。ソーは元々アスガルドの者なんだから」

やよい「でもまた遊びに来るって言ってましたし、すぐに会えますよー」

春香「そうだね・・・きっとまた会えるよね」

240: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:36:26.61 ID:ZkMFEvgr0



律子「皆乗ったわねー?あずささんちゃんと乗ってますー?」

あずさ「はーい」

P「それじゃ出すぞー。事務所まで直帰だー」ブロロロ・・・

響「帰るまでがライブさー」

雪歩「なんだか今日はぐっすり眠れそうな気がする~」

小鳥「皆、外見て外」

真美「外?・・・わ・・・キレイ」

伊織「すっごい快晴ね・・・夕日が眩しいわ」

亜美「うわっまぶしっ」

小鳥「ソーさんが嵐を消した時、一緒に雲も一気に飛ばしちゃったみたいね」

貴音「空に虹がかかっています。真、綺麗なことです」

美希「キラキラ輝く虹なの」

やよい「うっうー!いいもの見れましたー!」


春香「あ・・・」

千早「どうしたの春香?」



春香「あの時落ちてきた光が・・・昇っていく・・・・・・」

241: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:39:57.58 ID:ZkMFEvgr0

千早「・・・ソーと初めて出会った時の光・・・」

春香「・・・・・・まるで全部夢だったみたい・・・ソーさんが来てあっという間で・・・色々あって・・・」

千早「そうね・・・楽しかったわ。夢でもなんでもない・・・ソーは間違いなく765プロの仲間よ」

春香「うん。ソーさんは私達765プロの仲間・・・・・・そして・・・」



春香「北欧の雷神」



   おしまい

242: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:44:28.78 ID:ZkMFEvgr0
 おまけ

 ・・・・・・とあるバー

高木「いやぁ~うちのアイドル達のライブは大成功!ソーくんのおかげで皆いい経験ができた。あなたのおかげですよ」

オーディン「それを言うのはこちらもだタカギ。我が息子に大切なことを学ばせるため、そなたの所へと送って正解だった」

高木「あなたからソーくんをあずけるという話を持ち出された時は驚きましたよ。だが結果的には、互いにとって素晴らしい体験となったようだ」

善澤「私の知り合いの記者を取材に行ってもらって話を聞いたが、なかなか面白いアイドルが揃っていると思っていたよ。ソーくんの影響かな?」

オーディン「いや、それはナムコプロの者達の本来の魅力だ。動物と会話したり、素晴らしい舞いを披露したりとな・・・」

高木「あれ?オーディンさんにも君の記者さんの話を聞かせたのかい?」

善澤「息子のことが気になって気になって仕方がないみたいだ。ライブの時もこっそり観客にまじっていたよ」

オーディン「お、おい!バラすなって!」

善澤「だがいつの間にかソーくんを探すどころかアイドルのパフォーマンスに夢中になっていたようだ」

オーディン「い、言うなって!」

高木「ハハハ・・・なんだかんだで心配性だなオーディンさんは」

オーディン「ふ、フン!わしの跡を継ぐ男が傲慢なままではいかんからな!しっかり地球で大事なことを学んでいるのかを確認していただけだ」

高木「そういえば・・・ソーくんは地球に来る直前、父上に怒られていたと言っていたが・・・一体何が原因なんですか?」

オーディン「あいつはわしが冷蔵庫に大事にとっていたシュークリームを勝手に食べたのだ!ち、地球で並んでやっと買ったシュークリームを・・・」ワナワナ

高木「Uh-oh」



 完

243: ◆t8EBwAYVrY 2014/07/05(土) 01:52:21.46 ID:ZkMFEvgr0
これにて完結です。見切り発進したけどなんとか完結させることはできてえがったえがった。アイマスはアニメの再放送を見た程度の素人ですすんません
『このキャラはこんなんじゃねーぞ!』とか『こんなこといわねーっての!』って意見もあるでしょうが、大目にみてくらさい。ロキやオーディンも本来はこんなキャラじゃない
このSSを見てアメコミに興味をもってもらえればこれ以上のことはないです。日本じゃソーはダサイだの言われるけどカッコイイんじゃよ!

映画、『マイティ・ソー』のDVD、BD好評発売中!さらにあの有名な『アベンジャーズ』のBDも大好評発売中!
 『アベンジャーズ』に関連する作品、『アイアンマン』『アイアンマン2』『インクレディブル・ハルク』『キャプテンアメリカ:ザ・ファーストアベンジャー』も発売中!

そして先日『マイティ・ソー』と『アベンジャーズ』の続編、『マイティ・ソー:ダークワールド』のBDも発売されやした!興味のある方は是非チェックを!


アメコミの邦訳本はお値段が高めなので、購入の際にはじっくり考えてからをおすすめします