1: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:06:46.186 ID:He6E5t7a0
シャミ子「うう…千代田さんやめてください。それ以上ホウキで頭を叩かないでください」

桃「バシバシッ!バシバシッ!叩くの楽しい!w」バシンバシン

シャミ子「うう…」

桃「シャドウミストレス優子さんが悪いんだよwどんくさすぎwこんなのいじめられて当然w」

シャミ子「…」グスン

桃「うわっwwwww泣いてるwwwwwwww泣けば許されると思ってるゴミww」

シャミ子「そ、そんなこと…思ってないです。なんでそんなこというんですか。ひどいですよ」

桃「wwwwwwwwwwwwwww」


みたいな感じのSSが読みたいんだけど

引用元: ・桃「シャドウミストレス優子だっさwwもっといじめたろwww」

4: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:09:25.118 ID:He6E5t7a0
がんばれシャミ子!精神科に通って抗鬱剤を服薬することから始めるんだ!w

8: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:16:47.949 ID:He6E5t7a0
シャミ子「と、とにかく…!やめてください…」グスン

桃「あっ」

シャミ子「千代田さん?ど、どうしたんですか…?」

桃「あっ」お腹キックドーン!

シャミ子「うう…あう…」グッタリ

桃「ごめんwシャドウミストレス優子さんwジュースの缶が落ちてると思って蹴っちゃったw」

シャミ子「(息ができない…)」

桃「シャドウミストレス優子さん、床に手ついてたら汚いよ?w」

シャミ子「うう…」

桃「w」

シャミ子「(もういやです…お家に帰りたいです…)」グスンボロボロ


ほらw

9: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:23:53.454 ID:He6E5t7a0
~シャミ子宅~

シャミ子「うう…なんとか今日も家まで帰ってこれました」

シャミ子「今日はもう千代田さんにいじめられません。一安心です…」グスン

ガチャッ

シャミ子「ただいまー!」

良子「おかえり、お姉」

シャミ子「良子ー!ただいまです!」ナデナデ

良子「…」

シャミ子「りょ、良子どうかしました?」

良子「お姉、なんかくさい」

シャミ子「(あっ…。そういえば体育が終わったあと、制服をため池に投げ入れられていたのを
忘れていました…)」

良子「…」

シャミ子「ご、ごめん良子!制服すぐに洗濯してきますから!」

良子「…お姉、また千代田さんにいじめられたの?」

シャミ子「…はい」グスン

良子「…」

11: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:31:13.049 ID:He6E5t7a0
良子「ねぇお姉、どうして千代田さんにいじめられてるかわかる?」

シャミ子「え、えっと…、千代田さんが私のことを嫌い…だから?」

良子「…はぁ」

シャミ子「りょ、良子…?」

良子「そういうとこ、そういうとこだよ、お姉」シャミ子の頭押さえつけて柱にドーン!

シャミ子「い、痛いっ…りょ、良子…!?」

良子「お姉、もう一度聞くけど、なんで千代田さんにいじめられてると思う?」

シャミ子「それは…その…、わ、わかりません」

良子「はぁ。せっかくお姉を助けてあげようと思ったのに、この仕打ちだもんね」お腹にキック数発バシン!!

シャミ子「う、うぐっ…い、痛いっ…」ウズクマリ

良子「いい機会だから教えてあげるよ。お姉が千代田さんにいじめられているのはね」

シャミ子「…」

良子「お姉がどんくさいからだよ」お腹キックバシンバシン!

シャミ子「(ううっ…い、息が…できな…)」

良子「お姉!ちゃんと私の話聞いてる?!?!」顔面グーパンチ!

シャミ子「う、うがっ…?!オゴッ…」

良子「せっかくお姉のためにアドバイスしてあげたのに!!!聞いてくれないなんて!!!ひどいよ!!!!」

シャミ子「ご…ご、ごめんなさい…」

良子「ああもう!!!!!!!」

15: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:37:58.214 ID:He6E5t7a0
良子「お姉の一挙一動が!!!!むかつくって言ってるの!!!!!」

シャミ子「ご、ごめんなさい…大声で怒らないでください…」ボロボロ

良子「うるさい!!!お姉の分際で!!!口答えしないで!!!!!!」

シャミ子「わ、わかりました…わかりましたから…」ボロボロ

良子「泣けば許されると思うな!!!このノロマお姉!!もういい!!私、お姉刺すから!!!」バッ

シャミ子「さ、刺す…?!」

良子「あああああもうむかつく!!!嫌い!!!お姉なんか!!!だいきらい!!」包丁バッ

シャミ子「??!?!?!!」

ガチャッ

清子「ただいま。優子も良子も帰ってきてたんですね」

シャミ子「お、お母さん!助けて!りょ、良子が…!」

清子「あら良子、どうしたんですか?包丁は食材を切るために使うものですよ。人に向かって
振りかざしていたら危ないですよ」包丁シュバッ

良子「お、お母さん、邪魔しないで…!」

清子「…」

シャミ子「(た、助かった…)」

16: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:45:37.521 ID:He6E5t7a0
清子「何があったのかはわかりませんが…優子、良子に謝りなさい」

シャミ子「えっ…えぇぇ?!」

清子「どうせ優子がまた良子にいじわるをしたのでしょう?ほら、良子だって泣いてるじゃありませんか」

良子「お姉…お姉…」グスン

シャミ子「えぇえええ?!えっ?!わ、私は良子にお腹を蹴られて、包丁で刺されようとしてたんですよ?!
な、なんで私が謝らなきゃいけないんですか?!」

清子「良子!!!」ビンタパシーン!!

シャミ子「お母さん…?!ううっ…痛い…」

清子「優子!!嘘をつくのはやめなさい!!良子はそんなことしません!!」

シャミ子「ほ、ほんとなんです…!信じてください…!」グスン

良子「…」グスングスン

清子「優子!!!いい加減にしなさい!もういいです、お母さん、話はよーくわかりました。
今日の晩ご飯、優子の分は無しです。ちゃんと謝るまでお家に入れてあげません!!
それでは優子!!反省するまで外にいなさい!!!」外ポイーッ!!

シャミ子「??! ちょ、ちょっとお母さん?! 離して…!離してください~~~!」




シャミ子「うう…家を追い出されてしまいました」

シャミ子「…私は何も悪いことしてないのに。お母さんも良も…みんなひどいです」グスン

18: 名無しさん 2020/08/19(水) 00:51:17.058 ID:He6E5t7a0
シャミ子「家を追い出されて、夕飯も抜きになってしまいました…」グスン

シャミ子「私、もうどうすれば…」トボトボ

みかん「あら、シャドウミストレス優子さんじゃない!」

シャミ子「み、みかんさん!助けてください~~~!」ダキツキッ

みかん「あらあら、シャドウミストレス優子さんったら」ナデナデ

シャミ子「ああ…もう私に優しくしてくれるのはみかんさんだけです…優しさが沁みます…!」

みかん「…はい?」

シャミ子「えっ」

みかん「私、シャドウミストレス優子さんと仲良くなるなんて嫌なんだけど」

シャミ子「ちょ、ちょっと…?!じょ、冗談ですよね…?」

みかん「ううん、冗談なんかじゃないわ。だって私シャドウミストレス優子さんのことって
好きじゃないし。それとなんか服くさいし」

シャミ子「!!?!?」

みかん「じゃあそういうことだから。じゃあね、またね」タッタッタッ

シャミ子「み、みかんさん!ま、待ってください~~~!…って言っちゃった…」

シャミ子「はぁ…もう駄目です。今度こそ行く宛ても頼りになる人もいなくなってしまいました」

シャミ子「どうすれば…」トボトボ

25: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:06:50.029 ID:He6E5t7a0
シャミ子「どうすれば…」トボトボ

シャミ子「はぁ…もうこのままでは野宿するしかありません…」

シャミ子「…」

シャミ子「まあそれでもいいか、と思ってしまったのがなんか悲しいです」

シャミ子「…」

シャミ子は空を仰いだ。真昼のようなジリジリとした暑さはやや影を薄め、
空はほんのり夕焼け色に染まっていた。

シャミ子「どうしましょう…」トボトボ

28: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:17:51.836 ID:He6E5t7a0
シャミ子「…行く宛てなんてどこにもありません…」トボトボ

シャミ子「気付いたら千代田さんの家に来てしまいました」ピンポーン

シャミ子「千代田さーん、いますかー」

ガチャッ

桃「…なんだシャミ子か。何?」

シャミ子「え、ええっと…、私、今晩泊まるところがないんです」

桃「ふーん、そう」

シャミ子「それで…!千代田さんに頼みがあって…!今晩一緒に泊めてもらえないかなーって」

桃「えっ?嫌だよそんなの」

シャミ子「そ、そこをなんとか…」グスン

桃「…」イライラ

シャミ子「千代田さんお願いします…」

桃「シャミ子!!!!その態度が!!!!むかつくって言ってんだよ!!!」頭バシン

シャミ子「い、いたいです!や、やめて~~~~!」ブルブル

桃「泣けば許されると思ってるシャミ子!!!狡猾まぞく!!!!!」お腹にキック!!!!

シャミ子「(息が…)」

桃「むかつく!!!!泣いても!!!許してもらえるわけ!!!ないじゃない!!
シャドウミストレス優子の馬鹿!!!!!!!!!!!!!!!」バシンバシン

シャミ子「うう…ごめんなさい…ごめんなさい…」グスン

30: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:24:32.399 ID:He6E5t7a0
その後、千代田さんの暴行は二、三時間も続きました。
千代田さんに何度も蹴られ、制服は土埃でいっぱいになりました。
あまりにも殴らせすぎて、喉から血が出るようなってしまいました。
痛いです。苦しいです。

でも、そんな千代田さんが、今晩私を家に泊めてくれるらしいのです。
よかったー…。これで野宿せずに済みます。


シャミ子「千代田さん…今日は本当にありがとうございます!」ニコッ

桃「おう、話はいいからはよご飯作れよ」

シャミ子「は、はい…わかりました」

桃「…」ニタァ

31: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:29:57.810 ID:He6E5t7a0
~桃宅~

シャミ子「えっと…できました。今晩のメニューは味噌汁とハンバーグと揚げ出し豆腐と
ごぼうとにんじんのサラダです!豪華です!」ドヤァ!

桃「…」

シャミ子「えっ…えっとあの…お味はいかがですか?」

桃「悪くない。おいしいよ」

シャミ子「や、やったー!じゃあナデナデしてくれますか?」ワクワク

桃「それは嫌だ。っていうか、調子乗ってんじゃねーよ、シャドウミストレス優子」ギロッ

シャミ子「ご、ごめんなさい…」グスン

桃「じゃあ皿は片付けておくんだぞ。早く終わらせろ。まだいっぱいやらなきゃいけない
ことがあるぞ」

シャミ子「わ、わかりました!早く洗い終えます!」バシャバシャ

33: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:39:12.078 ID:He6E5t7a0
シャミ子「お皿の片付けも終わりました…千代田さんは一体何をしようと思っているのでしょうか…?」

桃「シャミ子、入れ」

シャミ子「はい…」

目の前に広がるのは、ただただ黒い、暗闇に包まれた部屋だった。
もちろん、天窓もなく、ベランダへ続く窓は遮光カーテンで覆われており、
この部屋は、一切の光も差さない様相を示していた。

シャミ子「えっと…!す、すっごく怖いんですけど…一体ここで何をするつもりなんです?」

桃「録音」

シャミ子『ろ、録音…?!」

桃「そう。シャドウミストレス優子さん、あのマイクにむかって、
ためしに""シャミ子が悪いんだよ""って言ってみて」

シャミ子「は、はい…!しゃ、シャミ子が悪い~~~んですか?」

桃「あ?」ボカスカ

シャミ子「痛い…!殴らないでください!」

桃「ちゃんと教えた文言通り言えつってんだよ。しかも声もちーせーし。やる気ないなら
帰れよ。追い出すぞ」

シャミ子「ご、ごめんなさい…気を付けます」グスン

34: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:45:58.140 ID:He6E5t7a0
シャミ子「うう…全部録音が終わりました」

桃「あー、お疲れ、シャドウミストレス優子。じゃあもうお風呂入ってきていいよ」

シャミ子「!?? いいんですか?! 入らせていただきます~~!」シュバtゥ

桃「…」ニタァ


~~~~~~~~~~~~^

シャミ子「良いお湯でした~~。千代田さん、今日は本当にありがとうございます!」

桃「へぇ、そう。どういたしまして。はい」

シャミ子「…」

桃「じゃあもう寝よう、こっちへおいで。寝室はこっちだよ」

シャミ子「は、はい…」テクテク

桃の言われた通りについていくと、寝室があった。
ベッドは一つで、それ以外は何もない。シンプルな部屋だった。

桃「じゃあシャドウミストレス優子さん、おやすみなさい。明日もいじめて
あげるから、ぐっすり寝ておくんだよ!ww」

シャミ子「は、はい…」


~~~

シャミ子「今日はなんとか寝床にありつけました…本当によかったです…」

シャミ子「それにしても…千代田さんがこんなにやさしいのは、何だか怖いです」

シャミ子「何か裏があるのかも…って、まあ何もないですよね!疑心暗鬼良くない!」

シャミ子「さて…眠たくなってきました。灯を消して…」パチン

シャミ子「おやすみなさい…zzz」

35: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:51:25.268 ID:He6E5t7a0
~~~~~~~~~~~~

シャミ子「…すやすや…」

シャミ子「…すやすや…って、何だか眠れません!どうしてでしょう!」

シャミ子「…」

シャミ子「何となくですが…誰かが囁く声が聞こえるのです」ドコデショー?!

シャミ子「…」

???「シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!
シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!
シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!
シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!シャミ子が悪いんだよ!!」

シャミ子「…ヒェツ!! こ、これは私が夕方録音したものじゃないですか」

シャミ子「しかも音がすごく低い声に加工されていて…これじゃあ気が散って眠れないじゃないですか!」

シャミ子「千代田さん!助けてください!!!何か変な音が聞こえるんです!」ドアドンドン

シャミ子「千代田さん!!助けてください!!」ドンドン!

???「がんばれがんばれがんばれがんばれ、がんばれがんばれもうがんばれない
がんばれがんばれがんばれがんばれがんばれない、がんばれないな、がんばれないな
がんばってがんばらない、がんばってがんばらない、がんばれがんばれない、がんばるな」

36: 名無しさん 2020/08/19(水) 02:56:15.156 ID:He6E5t7a0
???「がんばれがんばれがんばれがんばれ、がんばれがんばれもうがんばれない
がんばれがんばれがんばれがんばれがんばれない、がんばれないな、がんばれないな
がんばってがんばらない、がんばってがんばらない、がんばれがんばれない、がんばるな」

シャミ子「こ、この音声…どこから出てるんですか~!スピーカー?!でもどこ探しても見つかりません!」

???「がんばった、死にたい、がんばれない、死ぬな、がんばってがんばらない、
がんばりすぎてがんばれない、がんばれ、死ね、がんばれがんばれ死ね、がんばれ、がんばれ」

シャミ子「うう…この調子だと今日は眠れそうになりです…でもどうにもできなさそうです…」ハァ

シャミ子「とりあえず体を横にして休めることにします…」

???「がんばれがんばれがんばれがんばれ、がんばれがんばれもうがんばれない
がんばれがんばれがんばれがんばれがんばれない、がんばれないな、がんばれないな
がんばってがんばらない、がんばってがんばらない、がんばれがんばれない、がんばるな」

37: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:01:11.951 ID:He6E5t7a0
~~~~翌朝・学校~~~~

シャミ子「…っていう感じだったので、今日は一睡もしていないのです!」ツラッ…

佐田「そうなんだー!でもその声の出る部屋、気になるな~~。言ってみたいな~~」

シャミ子「あ、あはは…」

佐田「あっ、シャミ子、千代田さん来たよ」

シャミ子「あ""う"""う""っ"""」ビクッ

桃「おはよう、シャドウミストレス優子さん」ニタァ

シャミ子「お、おはようございます」

桃「今日もたくさん遊ぼうね。何して遊ぼうか考えてたらさ、あんまり眠れなかったよ」ニタァァ

シャミ子「ひ、ひぃっ…!」ビクン

39: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:05:39.736 ID:He6E5t7a0
その日を境に、千代田さんのいじめは一層ひどくなっていきました。
殴る蹴るの暴行は当たり前、お弁当はゴミ箱に入れられ、体操服は
葉っぱと泥まみれのため池に捨てられ、休み時間になったら、画鋲の刺さっている
上履きで廊下を隅から隅まで歩けと言われました。
チクチクしていて痛いのですが、歩かなければまた殴られるので頑張って歩くしかありませんでした。
そして無事歩き終えたのですが、それでも今日の千代田さんは飽き足らず、
バケツに水を貯めてこいと命令を出しました。
バケツに水を汲んで千代田さんのもとに持っていくと、バケツの中に
顔をつけろと命令されました。
嫌だ、と拒否していたら、首根っこを掴まれて、無理矢理水の中に顔をつけさせられました。

42: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:16:12.174 ID:He6E5t7a0
無事、家に帰ると、そこで一息つける、もう安心…ということはありません。
先に帰宅しているであろう良子の相手をしなくてはいけません。
案の定、今日も良子は私より先にお家に帰っていました。
帰宅した私の顔を見るなり、何やら鬼のような形相で怒っているようです。
怖いです。良子、どうしたんですか、と言い終わるやいなや、
良子は私の後ろに回り、首に両手を回してきました。
良子は私の首を絞めようとしているのです。
「なんか私、悪いことしちゃいましたか?」と聞いても、返事はありません。
ただただ首の締まりがきつくなっていくばかりです。
しばらくすると、意識が段々遠のいていきました。
これはまずい、天に召されてしまうと思ったのですが、良子は力が強いので
良子の手をどかそうと体を動かしても、全く動きません。
さらにしばらくすると、すーっと魂みたいなものが体から抜けていくような
感覚に襲われました。この時、私はもう死ぬのだと思いました。
こんな人生だったのですから、死ぬことはむしろ救済、ありがたいことなのかもしれません。
そう思っていた矢先、インターホンが鳴ります。
お母さんが帰宅してきたのです。
それと同時に良子の腕は緩み、首絞めからは解放されました。良かったです。

44: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:21:47.049 ID:He6E5t7a0
その後、お母さんは私をこっぴどく叱りました。
お母さんいわく、とにかく私が悪いらしいです。
理由はよくわかりませんでしたが、きっとこんなにひどく叱られるのだろうから、
多分私が悪いのだと思います。
また、良子が私が千代田さんにいじめられているということを話してくれました。
その話を聞くと、お母さんは血相を変え、迫真の表情をで…
私の頬を叩きました。
いわく、「どんくさい優子が、千代田さんに迷惑をかけている。
むしろ千代田さんは、どんくさい優子に発破をかけてくれている
とても良い人なの。あなたがどんくさいのが駄目なんです。
ほんと、優子は駄目な子です」
その言葉を聞いた時、私は涙を瞼に浮かべてしまいました。
それを見たお母さんは、こう言いました。
「泣けば許されると思っている卑しい子に育てた覚えはありません!」
お母さんは何度も私の頬を叩きました。

その日の晩ご飯は、当然無しでした。
お腹が鳴りましたが、ただただ空腹にたえるしかありませんでした。

45: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:31:57.499 ID:He6E5t7a0
これが私の日常です。
もう嫌です。何もしたくありません。生きていたくもありません。

気が付くと、私は学校に行かなくなってしまいました。
部屋に閉じこもり、ご飯も食べず、布団に仰向けになって、
ただただ天井のシミを数えて過ごすようになりました。
すると、時折仲睦まじく登下校する小学生の楽しそうな声が
聞こえるようになりました。

その声を聞くたびに、私は胸が苦しくなりました。
この苦しみを少しでも和らげるために、私は何度も何度も柱に頭をぶつけます。
とても痛いです。でも、痛覚はあまりありません。
血が出ていることもあったようですが、そんなことは私にとって
些細な問題なのです。

閑話休題。
私は今、日記を書いています。
自室にこもりきりで暇だったので日記を始めたのですが、これが思いのほか
「楽しくなかった」ので、この日記も近い内にライターで炙って全部燃やそうと思います。

さて。最近の話をしましょう。
どうやらお母さんは私が精神病にかかったと思っているらしく、
近々私は閉鎖病棟という精神病患者が収容される施設に行くことになるらしいです。
その場所で、私は死ぬつもりでいます。
ここに、お母さんや良子の目を盗んでホームセンターに行って購入したロープがあります。
このロープで首を吊って、死のうと思います。
遺書は、この日記の一番最後のページに書いておくことにします。
それではお母さん、良子、さようなら。
明日、精神病院に行ってきます。私はそこで死にます。
さようなら、さようなら。


おわり!

46: 名無しさん 2020/08/19(水) 03:33:33.671 ID:He6E5t7a0
眠い!!俺はもう寝るぞ!!ここまで付き合ってくれた人おつおつ!!!