1: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:52:42 ID:MYL
※十三機兵防衛圏のSSです

※本編エンディングまでのネタバレ有り

※ギャグです

引用元: ・鞍部十郎「くらべけ」[十三機兵防衛圏]

2: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:55:06 ID:MYL
1985年 鞍部家 夕方───


ガラララッ


鞍部十郎「…ただいま」


薬師寺恵「お帰り、十郎」


恵「ご飯にする?お風呂にする?それとも私?」


十郎「薬師寺、帰ってくる度にそれ聞いてくるのはやめてくれないか」


恵「今日は十郎の好きなハンバーグよ」


十郎「また!?もう5日連続だよ!?」


恵「だって十郎はハンバーグが好きでしょう?」


十郎「確かに好きだけどだからって毎回それ出してくる!?」


十郎「孫が家に来た時のおばあちゃんじゃないんだからさ!」


恵「やだ十郎…孫が出来るまで一緒にいようなんて…///」


十郎「そんな事言ってないよ!?」

3: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:55:51 ID:MYL
十郎「…あれ?外に干してある洗濯物って…」


恵「あっ、十郎の分も洗濯しておいたよ」


十郎「ええっ!?」


十郎「そういうのは自分でやるからいいって言っただろ!?男の洗濯物なんか汚いし!」


恵「十郎に汚い所なんてないわ」


恵「泥の付いたズボンも汗の染み込んだシャツも芳ばしい香りの下着も汚くなんてない」


十郎「嗅ぐなよ!」


恵「確かに…私だけ嗅ぐというのは不公平だよね」


恵「十郎も私の洗濯物を嗅いでいいからね?」


十郎「嗅がないよ!?嗅がないからね!?」

4: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:56:27 ID:MYL
恵「それはそうと、お夕飯の用意が出来たよ」


ゴトッ


十郎「うわ…本当にハンバーグだ…」


ガラララッ


三浦慶太郎「ただいま戻りました」


十郎「ああ、お帰り」


恵「お帰り、三浦くん」


慶太郎「ほぅ、今日もハンバァグですか」


十郎「あ…さすがに飽きたよね?」


慶太郎「まさか!ハンバァグは毎日でも食べられます!」


十郎「あー…三浦くんもそっち側の人なんだ…」


恵「私だって十郎を見ながらなら毎日でもハンバーグ食べられるし」


十郎「変な所で張り合わないで!?」

5: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:57:29 ID:MYL



慶太郎「ご馳走様でした!」


十郎「ご馳走様」


恵「お粗末様でした」


十郎「薬師寺のハンバーグは美味しいからなんだかんだ食べちゃうんだよなぁ…」


慶太郎「ええ、恵さんのハンバァグより美味しいものはこの世には無いでしょう」


恵「そうよ」


十郎「即答」


恵「料理の美味しさは愛情だもの、私の十郎への愛を考えれば世界一美味しくて当然でしょ」


十郎「うん、薬師寺の愛が重いのは分かった」

6: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:58:11 ID:MYL
恵「…え?なに?三浦くんが…?」ヒソヒソ


慶太郎「…?どうかしましたか?」


恵「…ええ、分かってるわよ」ヒソヒソ


十郎「や、薬師寺?誰と喋ってるんだ?」


恵「三浦くん、悪いけどちょっと痛いわよ」


バシュン


慶太郎「うっ!」バタリ


十郎「三浦くん!?」


十郎「薬師寺なんで撃ったの!?っていうか銃!?」


恵「安心して十郎、三浦くんは魔法使いだったの」


十郎「どういう事!?」

7: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:58:44 ID:MYL
十郎「分かるように説明してよ!」


恵「実は私にしか見えない喋る猫から魔法の銃を貰って、それで魔法使いを撃つ契約をしているの」


十郎「余計に分からない!余計分からないよ薬師寺!」


恵「これも十郎の為なの」


十郎「僕のせいなの!?」


慶太郎「…う…うーん…」フラリ


十郎「あっ!三浦くん!無事だったんだね!」


慶太郎「ここは…?私は何を…?」


十郎「無事じゃなさそう」

8: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:59:21 ID:MYL
恵「この銃で撃たれると副作用で前後の記憶が消えてしまうの」


十郎「副作用が重いよ!」


慶太郎「いったい何が…?」


恵「覚えてない?十郎が私にプロポーズしてくれて三浦くんはそれを見た感動で気絶したのよ?」


慶太郎「おお、そんな事が…」


十郎「捏造しないでよ!三浦くんも簡単に信じないで!?」

9: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)17:59:55 ID:MYL
恵「そういえば契約の話は他の人にしてはいけない契約だったわ」


恵「そういうわけだから…2人ともこの事は忘れてもらうね」


十郎「えっ、ちょっ、まっ」


バシュン バシュン


十郎「うっ!」バタリ


慶太郎「ぐはっ!」バタリ


恵「これでよし」


しっぽ「よくねーよ」

10: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)18:00:38 ID:MYL



十郎「う、うーん…」ムクリ


十郎「あれ…?いつのまに眠って…?」


慶太郎「ん…私も眠ってしまったようです…」


恵「2人とも夕飯を食べてすぐ眠ってしまったのよ?覚えてない?」


十郎「僕は猫かなにかなの?」


恵「当たらずとも遠からずね」


十郎「どういう事!?」


END

11: ◆ajqgdR8aUE 20/10/23(金)18:02:06 ID:MYL
十三機兵防衛圏はいいぞ

終始ヤンデレムーヴしてるのに正ヒロインの座を勝ち取った薬師寺ほんと好き