1: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:40:02.544 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

男「はい。あ、お隣の……」

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「へ? なんで?」

女「作りすぎていたら、おすそ分けしてもらおうと思いまして……」

男「あいにく作ってませんけど……」

女「そうですか、失礼します」

バタン

男(なんだったんだ、いったい)

引用元: ・隣人女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

7: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:43:28.355 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

男「はい」

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「作ってませんけど……」

女「そうですか」

男「あ、ピザならありますけど!」

女「肉じゃががいいんです。失礼します」

バタン

男「……」

8: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:46:21.881 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「今日はコンビニ弁当なもんで」

女「そうですか、失礼します」

バタン

男(これで三日目だぞ……あんなに肉じゃがを食べたいとは変わった人がいたもんだ)

男(よし、だったら作ってみるか!)

男(家いる時は、どうせ暇持て余してるしな……)

11: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:49:27.941 ID:aRO9lsdL0
男(自炊なんかほとんどしないから、ネットで作り方を調べてみるか)

男(えー、このサイトでいいかな)

男(ふむふむ、材料はジャガイモと牛肉は当然として、ニンジン、タマネギ、糸こんにゃく……)

男(調味料は醤油、砂糖、日本酒、みりんといったところか)

男(そこまで難しい料理でもないな。これならレシピ見ながら十分作れる)

男(明日チャレンジしてみよう!)

13: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:53:37.175 ID:aRO9lsdL0
男(ジャガイモ、ニンジン、タマネギを切って……肉も切って……)トントントン

男(こいつらを軽く炒めて……)ジャッジャッ

男(水を入れて、ほぐしながら煮込んで……)グツグツ

男(調味料入れて……)パッパッ

男(弱火にして……アルミホイルで落し蓋……こうでいいのか?)

グツグツグツ…

男「よし、できた! 初めてにしてはそれっぽくなったじゃん!」

17: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:55:19.340 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

男「はーい」

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「作りすぎてます、作りすぎてます! 来なかったらどうしようかと」

女「ホントですか」

男「さあ、どうぞ」

女「ありがとうございます。いただきます」

22: 名無しさん 2020/09/07(月) 21:59:01.546 ID:aRO9lsdL0
女「器を返しに来ました……」

男「ご丁寧にどうも。全部食べて下さって。そんなにおいしかったですか?」

女「いえ……」

男「へ」

女「はっきりいって味はイマイチでした。芋は煮すぎて柔らかすぎてボロボロでしたし」

女「アクを全然取っていないので、全体的にえぐ味が目立ちました」

女「それと砂糖を入れすぎです。肉じゃがといえば甘辛いものですが、あなたのは甘すぎました」

女「では失礼します」

バタン

男「……」

26: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:02:09.937 ID:aRO9lsdL0
男「な……」

男「なんだあの女ァァァッ!?」

男「普通、おすそ分けされといて、あんなボロクソにいうか!? 常識ってもんがねえのか!?」

男「だけど……このまま黙ってたんじゃ男がすたる!」

男「あの女は明日もまた、肉じゃがを食わせろって来るはずだ」

男「今度こそ“うまい”って言わせてやる!」

28: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:05:44.274 ID:aRO9lsdL0
次の日――

ピンポーン

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「作ってますよ!」

女「これはこれは、どうもありがとうございます」

男「いえいえ、作りすぎちゃったもんでね」

男(昨夜この女にいわれた欠点は直したつもりだ……さぁ、どうだ!?)

31: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:08:22.705 ID:aRO9lsdL0
女「ごちそうさまでした」

男「どうです、今度はおいしかったでしょ?」

女「いえ」

女「今度は芋を始めとした野菜がちゃんと煮えておらず、固すぎました」

女「まるで生野菜をかじる小動物になった気分でしたよ」

女「それと、今度は醤油を入れすぎてますね。非常にしょっぱかったです」

女「失礼します」

バタン

男「……」

37: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:12:03.017 ID:aRO9lsdL0
男「むうう……なんだあの女ァ!」

男「あいつにいわれた欠点は直したはずなのに、またダメ出しとは!」

男「もういい! 肉じゃがなんか作らん! 明日からは居留守使う!」

男(だけど……)

男(このままじゃやっぱり収まりがつかねぇぇぇぇぇ!)

男(まさか、自分がここまで負けず嫌いだとは思わなかった!)

男(明日も肉じゃが作ってやる!)

40: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:14:35.974 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「さあ、どうぞ!」



男「どうでした!?」

女「おいしくありませんでした」

男「くそぉぉぉぉう!」

44: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:18:41.326 ID:aRO9lsdL0
男「独学だけじゃ厳しい!」

男「もしもし? あのさ、お袋。肉じゃがの作り方を教えて欲しいんだけど……」

男「いや、なんでって……自炊ぐらいするだろ……」



男「そういやお前料理得意だったよな? ちょっと時間ある?」

友「なんだよ突然?」



男「今日の3分クッキングは肉じゃがだ! 予約しとこう!」

男「調理器具も本格的なのを――……」

45: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:21:36.749 ID:aRO9lsdL0
男「……どうでした?」

女「……」

女「だいぶ、よかったです。芋はほくほくで、肉はよくほぐれていて、いい味でした」

男「おおっ……!」

女「ですが」

男「!」

女「この肉じゃがは既存の品のコピーという感じで、“あなたの味”という感じがしませんでした」

女「あなたならば、さらに高みへいけるはず……」

男「高み……!」

48: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:24:54.360 ID:aRO9lsdL0
男(そうか……今の俺はようやく“肉じゃが道”のスタート地点に立ったばかり)

男(ここからは自分の足で、自分の肉じゃが道を歩まねばならない!)

男(新たな登頂ルートを探す冒険家のように……)

男「ありがとう、そういってもらえると嬉しいよ」

男「肉じゃが道……極めてみせる!」

女「あなたならできます。頑張って下さい。あなたにお芋とお肉の加護があらんことを……」

54: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:30:09.182 ID:aRO9lsdL0
……

……

ピンポーン

女「あの……肉じゃが作りすぎてませんか?」

男「作りすぎてますよ」

女「ありがたく頂戴します」

バタン

男(今日のは試行錯誤を重ねた、自慢の一品だ)

男(さぁ……どうなる?)

56: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:32:53.988 ID:aRO9lsdL0
男「いかがでした?」

女「……」

女「とても……」ウルッ

男「?」

女「とても……おいしかったです……!」

女「私、こんなにおいしい肉じゃがを食べたの、初めて……」

女「一口食べるごとに、歓喜と感動が押し寄せてくるような味でした……」

男「ありがとう」

62: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:35:28.129 ID:aRO9lsdL0
男「だけどね」

女「!」

男「肉じゃがってのはまだまだこんなもんじゃないと思ってる」

女「まだ先があるというのですか……ッ!」

男「ああ、歩けば歩くほど、進めば進むほど、肉じゃが道の奥深さが分かってきた」

男「もしかしたら、極みに到達することなんか、不可能なのかもしれない」

男「だけど、宇宙の果てはどこにあるのか研究する学者たちのように――」

男「俺もさらなる高みを目指すよ」

69: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:39:23.869 ID:aRO9lsdL0
やがて――

友「なにこれ!? メチャうめえ! 店出せるって!」

女友「ホント! こんなおいしいの初めて!」

仲間「お前にこんな特技があったとはな……」

男「喜んでもらえて嬉しいよ」



男(時は来た!!!)

72: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:41:41.218 ID:aRO9lsdL0
ピンポーン

女「はい」

男「……」

女「あなたは……!」

男「今日は作りすぎたのではなく、あなたのために肉じゃがを作ってきました」

男「どうぞ召し上がって下さい」

女「いただきます」

75: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:47:00.309 ID:aRO9lsdL0
女「……!」

女(これは――)

女(もはや言葉で表現すらできないほどの……圧倒的おいしさ!)

男「この肉じゃがとともに、ぜひあなたに伝えたかった言葉があります」

女「なんでしょう?」

男「趣味もなくだらだらと生きてた俺に、こんな素晴らしい生きがいを与えて下さったのはあなたです」

男「俺はぜひ、あなたを伴侶としたい」

男「結婚して下さい!」

女「喜んで!」

83: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:50:15.795 ID:aRO9lsdL0
二人は≪肉じゃが専門店≫を開業した――

ワイワイ… ガヤガヤ…

妻「あなた、肉じゃが二人前!」

男「あいよ!」



「この肉じゃがうめぇ~!」

「ああ……たまらないわ……」

「ここのご主人、肉じゃがだけを徹底的に作り続けたらしいぜ」

87: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:53:41.793 ID:aRO9lsdL0
記者「肉じゃが専門店、大繁盛ですね!」

男「おかげさまで、夫婦で二人三脚、何とかやってます」

男「最初はどうなることかと思いましたが、軌道に乗ることができて嬉しいです」

記者「毎日、大勢のお客さんが来て、すぐ売り切れになってしまうとか」

男「そうなんです」

記者「まさに嬉しい悲鳴というやつですね!」

男「んー……もっとも本当に悲鳴が上がったりもしますけどね」

記者「へ?」

90: 名無しさん 2020/09/07(月) 22:55:57.972 ID:aRO9lsdL0
妻「ねえ、あなた。肉じゃがは? 作りすぎてないの?」

男「あー、すまん。全部売っちまったよ」

妻「そんなぁ~! たーべーたーいー! たーべーたーいー!」

男「ごめんな、今度から気を付けるから……」







おわり