1: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:07:19.328 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「>>2でもするか」

引用元: ・【安価】キョン「今日は何をしようか...」

2: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:07:35.779 ID:Ji+p8QwkaNIKU
オナ

5: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:08:44.878 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「オナでもするか」

キョン「まあやっぱオナネタは安定の>>6だな」

6: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:09:13.116 ID:s5w1qOQT0NIKU
小泉

7: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:13:32.497 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「今日のオナネタは安定の古泉だな」

キョン「いつもは嫌がっているふりをしているがあんなイケメンスマイルで近寄ってきて興奮しないわけがない」

キョン「夏休みのプールの時に取った写真はどこに保存したっけな」

キョン「......しまった!バレないように学校のみくるフォルダーにいれてあったんだ」

キョン「冬休みだけどまだ学校あいてるよな...?」

キョン「ここは学校に行くべきか?それとも妄想で逝くべきか」

キョン「>>8

8: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:16:09.458 ID:MOgq8wgQaNIKU
本人の目の前でするか

9: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:20:09.135 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「いやここは本人の前でしよう」

キョン「もしもし。古泉か?早速だが俺んちに来てくれないか?」

古泉「いいですけど。なにか用でも?」

キョン「いまから何分後に着く?」

古泉「そうですねぇ......おそらく30分後には着くかと」

キョン「そうか......待ってるぞ」

キョン「(勢いのまま電話しちゃったじゃねーか!仕方ないこのままいくしかない!)」

キョン「準備をしておこう。準備する物は>>10だな」

10: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:20:46.761 ID:/t3A3uaj0NIKU
ハルヒ

12: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:24:20.773 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「ハルヒだな」

キョン「もしもし?ハルヒか?早速だが俺んちに来てくれ」

ハルヒ「何よ急に。あたしはいかないわよ!」

キョン「安心しろって。いま家には誰もいないからよ」

ハルヒ「.......!それならいいけど//////」

キョン「じゃあ30分後に来てくれ」

ハルヒ「わかったわ!」

キョン「よし、あとは待つのみだ」

13: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:26:30.173 ID:16QEglP+0NIKU
30分後
コンコン
ハルヒ「ついたわよ...////」

キョン「ついたか。なんでお前そんな弱弱しい声なんだ」

ハルヒ「っるさいわね...いいじゃない」

キョン「ちょっと部屋で待っててくれ。準備するから」

ハルヒ「う、うん」

14: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:28:25.279 ID:16QEglP+0NIKU
コンコン
古泉「古泉ですぅ。」

キョン「よし。準備は整った!部屋に来てくれ」

古泉「手に持っているものはロープとムチと蝋燭...?」

古泉「なんでそれ持っているんですか?」

キョン「いいから!さっさとこい」

16: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:29:58.478 ID:16QEglP+0NIKU
古泉「あっ涼宮さん!?」

ハルヒ「古泉くん!?何でここにいるのよ?」

古泉「僕は呼ばれただけで...」

ハルヒ「あたしも呼ばれてここに来たのよ。どういうことよ!」

キョン「いいかお前ら。今からやるのは>>17だ!」

17: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:30:26.814 ID:qSe+hku7aNIKU
オナニー

18: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:34:13.902 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「いまからやるのはオナニーだ!」

ハルヒ「...!?ちょっと何を言い出してるのよ!」

古泉「おやおや気でも狂い始めましたか」

キョン「古泉お前が脱げ!そしてこの競泳水着に着替えろ!」

ハルヒ「あたしじゃなくて!?」

ハルヒ「......!いやっ今のは聞かなかったことにして」

古泉「なんでですか。僕はあなたのオナネタでもなんでもないんですよ」

20: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:37:32.756 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「ええい。こうなったら言うしかない」

キョン「古泉。おれはお前のことが好きだ」

古泉「.......!?急にそんなこといわないでくださいよ/////」

ハルヒ「古泉くんなんで照れてるのよ!正気を取り戻しなさい!」

古泉「涼宮さん。実は僕も好きだったんです。」

ハルヒ「両想いだったの!?もうあたし帰るわよ!」

キョン「まて!お前をここに呼んだ理由わかるか?」

ハルヒ「なによ?」

キョン「>>21だからだよ」

21: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:39:44.215 ID:Vsqr1c/sdNIKU
仲人

23: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:42:44.926 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「お前は仲人だからだよ!」

ハルヒ「ちょっと意味わかんないわよ!何よ仲人って!」

キョン「仲人の意味知らんのか?仲人っていうのは...」

ハルヒ「意味は知ってるわよ!なんであたしが仲人なのかってことよ!」

キョン「そりゃあ......お前BL好きだからだよ」

ハルヒ「.......!?なんで知ってるのよ!」

25: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:45:57.549 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「つまりはだな......俺と朝比奈さんがくっつくと極端にいやがったろ?」

キョン「でも俺と古泉がくっついてても何も言わないし、むしろうれしそうな顔してたじゃないか」

ハルヒ「むむむ......でもあんたたちほんとに結婚するんじゃないでしょうね?」

古泉「結構前提でお付き合いさせていただきます。」

ハルヒ「いやいくらなんでも無理があるじゃない!なんでこんな簡単に話進んでいるのよ!」

古泉「僕がにおわせってやつをしていたんですよ」

キョン「お前のにおわせはかなりわかりやすかったし、お前のせいでこっちの世界に目覚めてしまったんだよ」

28: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:49:55.100 ID:16QEglP+0NIKU
古泉「ふふっ...そうなんですか。僕はとてもうれしいですよ」

キョン「俺もうれしいぜ。お前と一緒になれて」

ハルヒ「ちょっとなんで二人とも脱ぎ始めているのよ!」

ハルヒ「女子がここにいるじゃない!もう少し考えなさいよ」

キョン「オナニーのつもりだったんだが...両想いってことで愛を交わすことにしたんだ」

古泉「涼宮さんがBL好きなら都合がいいじゃないですか」

古泉「僕たちの愛を交わしているところ見ていってくださいよ」

ハルヒ「.......うっ。わかったわよ!」

30: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:53:06.012 ID:16QEglP+0NIKU
キョン「古泉......挿れるぞ!」

古泉「いいですよ....いつでも来てください」

キョン「どこに入れればいいんだ......?」

ハルヒ「せっかくの雰囲気を壊しちゃってどうするのよ!」

ハルヒ「ここに挿れるのよっ!」

キョン「お前詳しいんだな...」

ハルヒ「うるさいっ!」

キョン「ここでいいんだな」

古泉「あっ......」

32: 名無しさん 2020/12/29(火) 18:59:16.961 ID:16QEglP+0NIKU
古泉「奥まで挿ってきてますよ......あなたをものすごく感じます」

キョン「俺も来てるぞ......いいじゃないか」

キョン「んしょ......んしょ......」

ハルヒ「ちょっとちょっと!キョンへたくそじゃない!」

ハルヒ「こうしてこうしてこうするのよ!」

キョン「なるほど......こうすればいいんだな」

ハルヒ「あとはもっとキョンがせめてもらわないと」

キョン「なんやかんやでお前が一番楽しんでるじゃないか」

古泉「うふふふっ」

ハルヒ「あっ」

Fin