1: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:02:14.43 ID:abx7KZVI0
喫茶店


社長「すまないね オフの日に呼び出したりして」

モバP「いえいえ 社長には昔お世話様になったんで パフェそろそろ持ってきてくださーい!!」

社長「実は君に頼み……というか相談があってね」

モバP「ふぁいふぁい」モシャモシャ

社長「私がアイドル事務所をやっているのは知っていると思うんだが」

モバP「あんまり名前聞きませんけどね」

社長「今までプロデューサー1人でアイドルを20人ぐらい掛け持ちしてもらっていたからね」

モバP「ブラックですね」

社長「そのプロデューサーがアイドルを連れて余所に移籍してしまった」

モバP「自業自得ですどうもありがとうございました パフェまだですかー!?」

引用元: ・社長「うちでプロデューサをやってくれないかね?」モバP「」

3: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:10:50.92 ID:abx7KZVI0
社長「頼むよきみぃ! 今事務所に事務員1人しかいないんだよぉ!!」

モバP「とりあえず所属アイドルの履歴などがあれば欲しいんですが」

社長「もちろん! 用意してある」サッ

モバP「ふむふむ」ペラペラ

社長「どうかね?」

モバP「この大きな×印があるアイドルは?」

社長「元Pに引き抜かれた子達だ」

モバP「なるほど」フム

4: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:14:24.76 ID:abx7KZVI0
モバP「このアイドルたちの大半は自宅待機ですか?」

社長「まあそんな感じかな」スッ

モバP「社長?」ギロッ

社長「いやね 元Pくんは優しくて人望だけはあってね その……」

モバP「元Pがいなければアイドルやりたくないって子たちばかりですか はいはい」

社長「なぜこんなことに……」

モバP「身から出た錆ですね パフェー!!」バンバン

8: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:22:37.23 ID:abx7KZVI0
三船「遅れて申し訳ありませんでした こちらがご注文のパフェです」

モバP「ありがとう 別に怒ってないですよはいはい それで社長」

社長「なんだい?」

モバP「そこの彼女……三船さんね 彼女をアイドルとして売り出すと仮定した場合 どんな売り出し方にしたらいいと思いますか?」

三船「えっ!?」

社長「いきなりだね」

モバP「参考までにです」

社長「ふむ 彼女はスタイルも良い それに美人ときているからグラビア方面から売り出すかな」

三船「えっ!? あのその……///」カァァ

社長「君ならどう売り出すのかね」

モバP「大体社長と一緒です まずは水着を着せます そうですね ボレロなんてどうでしょうか? 似合うと思うんですけど」

三船「」カオマッカ

モバP「その後 有名監督の枕に出しますね」

社長「」

三船「」

10: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:32:24.54 ID:abx7KZVI0
モバP「もちろん 枕っていうのは肉体関係です」

社長「」

モバP「僕のコネで三船さんのような女性なら5人は確実に釣れます」

三船「」

モバP「まずはそうですね 緊縛趣味の映画監督なんてどうでしょう? 翌日には三船さん主演の映画の製作が発表されます」

モバP「そこからはバラ色の――

バッチーン

モバP「というのは冗談です 茶目っ気です」ヒリヒリ

社長「叩かれてから言われてもねぇ」

モバP「お金がない事務所の案の1つとして出しただけです」

社長「私としては出来るだけそっちの方向は……ねぇ?」

モバP「確かに 弱小事務所が不用意にそんな真似しようものならマスコミ先生に速攻で潰されますよ」

社長「ではどうしたらいいのかね?」

モバP「ここから真面目な話をしてもいいですか?」

社長「私としては最初から真面目に話してもらいたかったんだが」

11: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:35:42.93 ID:abx7KZVI0
モバP「僕は凡人を地で行ってしまう人なんで3人ぐらいを集中的にプロデュースしますけど問題はありませんね?」

社長「ないよ 流石に枕などは止めるが」

モバP「倒産しない程度にお金を使いますけど」

社長「それも……事務員のちひろくんと相談してなら」

モバP「僕がとってくる仕事とかドン引きレベルでも」

社長「責任は私が……」

モバP「最後に 止めてしまった元Pの名前を聞いてもいいですか?」

社長「赤羽根くんのことかね?」

モバP「じゃあ色々準備などがあるので 一週間後に会いましょう」ガタッ

社長「よろしく頼むよ パッションくん」

18: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:45:23.32 ID:abx7KZVI0
事務所


ルキトレ「ちひろさん 暇ですねー」

ちひろ「暇ならそこのスタドリとハーフボトルに入れ替える作業をお願いします 1個0,001モバコインです」スッ

ルキトレ「お姉ちゃんたちは仕事一杯なのに 学生の内から内職するなんて」トクトク

ちひろ「私もエサデューサーがいないと収入源が……」

ルキトレ・ちひろ「「はぁ~~~」」

社長「諸君! 元気かね!!」バタン

ちひろ「社長がガチャチケ買ってくれたら」

ルキトレ「私を使ってくれるプロデューサーがいるなら」

社長「そんな君たちに朗報だよ!! 新しいプロデューサーだ!!」

ちひろ「あぁ はいはい この前もそれで3日続かなかったじゃないですかー」

社長「それは君がRしか出ないチケットを押し付けるからじゃあ……」

ちひろ「やよいちゃんは天使です!!」

20: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:50:30.84 ID:abx7KZVI0
ルキトレ「それで新しいプロデューサーって」

社長「暇な君がなぜいるのか聞くのは邪推だね ではモバP改めPPくん 挨拶を――

PP「おはようございます PPです みんなよろしくしてやってください」

社長「彼は元――

ちひろ「社長」

社長「なんだね ちひろくん」

ちひろ「幸薄そうなのでチェンジで」

社長「君はもうちょっと中身でね」

PP「いいですよ社長 取り敢えずアイドルの説得に行きたいんですけど……」スッ

ルキトレ「……?」

PP「女の子の家に男1人っていうのもあれなんで 彼女も連れて行っていいですか?」

ルキトレ「私ですか!?」ビクッ

22: 名無しさん 2013/02/14(木) 21:55:28.37 ID:abx7KZVI0
社長「う~ん まあいいんじゃないかな」

ルキトレ「社長さん!?」

PP「じゃあ行きましょうか え~と……」

ルキトレ「ルーキートレーナーです」

PP「ルキトレちゃんね 君車の運転出切る?」

ルキトレ「一応……とったばかりですけど」

PP「それはいい 社長 彼女たちの住所は?」

社長「ちひろくん」

ちひろ「1000モバコインになります♪」

社長「ちひろくん!!」

ちひろ「そこの机の上にありますよー」

PP「じゃあ行ってきます」スタスタ

ルキトレ「いってきます」

社長「いってらっしゃい」ハァ

24: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:03:11.56 ID:abx7KZVI0
PP「まずは双葉杏です」

ルキトレ「杏ちゃんですか」

PP「北海道から1人で出てきて1人暮らしだとか」

ルキトレ「そうらしいですね 赤羽根さんが熱心に勧誘してきたって聞いてます」

PP「アイドルになりたかった理由が印税で暮らしたいからとか舐めてますね」

ルキトレ「それも夢っていうんじゃないですかね」オズオズ

PP「楽に稼ぎたいなら今頃担当アイドル全員枕に送ってますよ」

ルキトレ「枕……アイドルの抱き枕って儲かるんですか?」

PP「儲かるんじゃないです」

ルキトレ「……あの 1つ聞いてもいいですか?」

PP「なんでしょうか?」

ルキトレ「その頭の被り物は……」

PP「Pヘッド PP仕様 素顔を他人に見られたら死ななくちゃならないので気をつけてください」

ルキトレ「……はい」

25: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:08:26.01 ID:abx7KZVI0
ピンポーン

ルキトレ「出て来ませんね」

PP「とりあえずドア越しに説得してみましょう ルキトレちゃんお願いします」

ルキトレ「私がですか!?」

PP「気心がしれた仲なら大丈夫です さあ」

ルキトレ「杏ちゃん! 私ですよ みんなのお姉さんるきと――『ドンッ』ひぃっ!?」

PP「ドアドンやられましたね 流石みんなのお姉さん(笑)」

ルキトレ「そんなこと言うならPPさんがやってくださいよぉ!!」

PP「ルキトレちゃんがお姉さん(笑)をやっている間に鍵を見つけておきました 犯人は郵便ポストです」

ルキトレ「それなら最初に探しましょうよ!!」

27: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:15:12.35 ID:abx7KZVI0
PP「失礼しまーす PPくんとみんなのお姉さんですよー」

ルキトレ「杏ちゃんいるー」

杏「なに? 杏になにか用?」ポチポチ

PP「モバプロで新しくプロデューサーをやることになったPPです 今日は挨拶に来たんだけど」

杏「ふ~ん」カチャカチャ

PP「部屋くっさいね ゴキブリ育てて火星に行く準備でもしてるの?」

杏「」カチカチ

PP「無視? 1人でゲームやってて楽しいの?」

杏「」カチカチ

PP「1人の部屋なのにゲーム機にはコントローラーが2つ 彼氏と一緒にやるのかな?」

PP「それとも赤羽根くんと――

杏「……れょ」

PP「声小さくて聞こえませーん」

杏「帰れって言ってんの!!」ガシャン

28: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:20:01.35 ID:abx7KZVI0
PP「追い出されちゃった」

ルキトレ「説得しに来たのに怒らせてどうするんですか!?」

PP「今日はまだ時間もあるし 次行きましょうか」

ルキトレ「いいんですか! 杏ちゃんはあのままで!!」

PP「だって彼女聞く気0じゃないですか 猿と会話したいんなら動物園にでも言ったらどうです?」

ルキトレ「」プルプル

PP「最初から説得できるなんて思ってませんよ 今日は彼女を見に来ただけです」

ルキトレ「見に来たって」

PP「ぶっちゃけ アイドルとしての適正を見に来ただけです」

ルキトレ「それでどうだったんですか?」

PP「糞ですね 赤羽根くんが連れて行かなかったのがよくわかるアイドルです」

32: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:26:19.43 ID:abx7KZVI0
PP「次は村上巴ちゃんのお家ですけど そっちは明日にして寄ってもらいたいところがあります」

ルキトレ「私に運転させてなにを暢気な」

PP「あっ そこのお店です その隣のアダルトショップじゃなくて」

ルキトレ「わかってますよ!!」

PP「それじゃあ ちょっと買い物に行ってきますが くれぐれもアダルトショップには入らないように」

ルキトレ「早く行って来てください!!」


PP「買い物も終わったんで次行きましょうか」

ルキトレ「随分大きな買い物をしたんですね」

PP「在庫があってよかったです 今は中々ないですから」

34: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:33:56.61 ID:abx7KZVI0
PP「じゃあ今日はこれで終わりで そこで降ろしてください」

ルキトレ「はい」

PP「明日は朝の3時から広島の実家の方に向かうんで 事務所集合時間厳守」

ルキトレ「私が行くのはもう決定事項なんですね」

PP「今日頑張ってくれたルキトレちゃんにさっき買ったものを差し上げましょう」

ルキトレ「いいんですか?」

PP「今日は寝ないつもりで頑張ってください」


トレーナー家

マストレ「珍しいな ルキトレがゲームをやるなんて」

ルキトレ「64 大乱闘だよお姉ちゃん」カチカチ

35: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:39:12.46 ID:abx7KZVI0
ルキトレ「っていうかお姉ちゃん聞いて!! そして2コンで対戦手伝って!!」

マストレ「まあ出来るからやるが それでなにか嫌なことでもあったのか」

ルキトレ「今日モバプロに新しいプロデューサーが来たの!!」ガチャガチャ

マストレ「そんな乱暴に扱うとスティックは直ぐに壊れるぞ」

マストレ「だがふむ 新しいプロデューサーか」

ルキトレ「その人がいい加減な人で!!」

マストレ「潔癖症は後が辛いぞ 赤羽根も割りといい加減だったしな」ハハハ

ルキトレ「あの人の方がまだマシなの!!」ガチャガチャ

マストレ「最近のゆとり という奴か アイドルも弛んでるのが多いからな」

ルキトレ「PPって人なんだけど!!」

マストレ「」

36: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:42:09.36 ID:abx7KZVI0
マストレ「あぁ 彼か 彼なのか 彼に目を付けられたのか我が妹は」

ルキトレ「お姉ちゃん知ってるの?」

マストレ「知ってるというか ふむ 1番馬鹿だと思う人間を思い浮かべてくれ」

ルキトレ「なにそれ?」

マストレ「その人間より10倍は馬鹿だと思ったほうがいい」

ルキトレ「」

マストレ「言ってることも正しい やってることも正しいがあれはなぁ」

ルキトレ「あの 絡まれた場合の対処法は……」

マストレ「諦めろ」

39: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:47:07.51 ID:abx7KZVI0
PP「広島だね」

ルキトレ「広島ですね」ファー

PP「眠いの?」

ルキトレ「3時からずっと運転してきましたから」

PP「それはどうでもいいんだけど」

ルキトレ「」

PP「巴ちゃんの家大きいですねー」

ルキトレ「建設関係って聞きましたけど」

PP「玄関に監視カメラ張ってる建設関係はないなー」

40: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:51:22.32 ID:abx7KZVI0
ピンポーン

『どちら様でしょうか?』

ルキトレ「私 モバプロの者なん――

『お帰りください』

ブツッ

PP「切られたね」

ルキトレ「どうしましょう」

PP「開けてください!!」

ドンドンドン!!

ルキトレ「ちょっと ドアを叩くのは迷惑なような……」

男「おぅ なんじゃおのれら うちに何か用けぇ?」

ルキトレ「」

42: 名無しさん 2013/02/14(木) 22:57:29.28 ID:abx7KZVI0
PP「僕たちモバプロの者なんですけど尋ねに来たら出て来てくれなくて」

PP「せめてパフェの1つでも出してくれないと帰れなくて」

男「おどれらがうちのお嬢になにしたか忘れたんか!?」

PP「それは僕とは関係ありません 村上巴さんを出してください」

男「おんどれは――あひっ!?」バタリ

ルキトレ「ちょっとPPさん!?」

PP「プロデューサーたるもの いつ何時もアイドルを守れないといけません」

PP「スタンガンの1つぐらい持ってても不思議じゃないでしょ?」バチバチ

ルキトレ「そんなプロデューサー聞いたことないです!!」

PP「監視カメラで見てたみたいだし そろそろ入れてくれませんか? スタンガンの電源が切れる前に」ニコリ

44: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:06:36.44 ID:abx7KZVI0
ルキトレ「あの 家の中に入れたのはいいんですけど ここってもしかして」

PP「ヤの付く人たちが住んでそうだよね ワクワクしてこない?」

ルキトレ「心臓が破裂しそうです」

ドタドタ ガラッ

組長「アンタがモバプロの新しいプロデューサーか?」

PP「そうです」

組長「わしはもうアンタんとこの事務所とは手を切ったけん」

PP「でもお嬢さんをもう一度プロデュースしたくて」

組長「わしはな 巴を目に入れても痛くないと思ってるんや」

PP「きっとアイドルとして大成しますよ」

男「親父! うちこの餓鬼沈めるけん!!」

組長「だまっとれ!!」

PP「あっ! お父さんって呼んでいいですか?」

組長「アンタもや!!」

46: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:14:44.11 ID:abx7KZVI0
組長「赤羽根って餓鬼は巴を連れて行くとき任せろって言ったんや それを使うだけ使われ捨てられた娘の気持ちがわかるけ?」

組長「あの娘はホンマに赤羽根を慕っとったんじゃ」

PP「つまり けじめが欲しいってことですか? ルキトレちゃん 爪切り持ってない?」

ルキトレ「十徳の爪切りならあるけど」スッ

PP「指は営業の際の体裁が悪いんで爪で勘弁してください」ベリベリ

ルキトレ「ちょっとPPさん なにしてるんですか!?」

PP「今のが赤羽根の後始末です 後はお父さんの分と巴ちゃんの分で2枚で」

組長「もうええ!! やめんか!! 誰かこいつを止めるんじゃ!!」

52: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:21:28.30 ID:abx7KZVI0
PP「ルキトレちゃん 目を瞑ってくれない? 今マジ泣きしてるから見られたくない」グスグス

ルキトレ「はい」

PP「いやあ 1枚剥いだだけでも超痛いですね 涙止まらないです」

組長「アンタ 巴のためにそこまで……」

PP「流石にカタギにけじめとらせたなんて体裁悪いですもんねー 1枚で良かった良かった」

組長「……まあええ 巴に会わせたるわ」

巴「親父 聞いとったでええわ」

組長「巴……」

巴「あんだけ騒いどりゃアホでも気づくわ」

PP「初めまして 爪が1枚ないけどプロデューサーです」

巴「こんなに驚いたのは赤羽根の全裸土下座以来やけん」

57: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:32:46.73 ID:abx7KZVI0
巴「どうしてアンタはうちをまたアイドルの世界に戻したいんや」

PP「アイドルってさ 結構ドロドロな世界なんだよ ライバルが死んで喜ぶアイドルだっている」

PP「クスリやパパラッチ 死ぬより辛いことだってあるのがこの世界だと思ってる」

PP「そんな中で僕と一緒に銃弾飛び交う戦場に喜んで突っ込んでくれる子が欲しくてさ」

巴「それがうちかい」

PP「きっと君ならそれが出来る こんな面白可笑しい人たちに囲まれた君なら」

PP「でも巴ちゃんがアイドルの世界より遥かに生温い極道の世界で頑張りたいって言うなら全力で応援するよ」

巴「親父!!」

組長「好きにせい! ここまで舐められたらお前も引けんじゃろ」

巴「ということや!! 事務所行くぞ!!」

PP「……えっ 今から?」

58: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:35:58.26 ID:abx7KZVI0
PP「いやぁ まさかマジで着の身着のままで出てくるなんて思わなかったよ」アハハ

巴「うちも組を出て1人の女や ドス1本あればええ!!」

PP「職務質問されたら一発アウトだから後で回収ね」

PP「それとルキトレちゃん しばらく巴ちゃんの家探しするからしばらく待機ね」

ルキトレ「お腹痛い……」キリキリ

PP「僕の爪でも煎じて食べる?」

ルキトレ「いりません!!」

59: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:40:44.66 ID:abx7KZVI0
数日後


PP「じゃあ杏リベンジに行こうか」

ルキトレ「なにか策はあるんですか?」ジトーッ

PP「なるようになるでしょ」

ガチャ

PP「失礼しまーす」

杏「」カチャカチャ

PP「杏ちゃん 今日は君にゲーム対決を申し込みに来た!!」バーン!!

杏「」カチカチ

PP「えっ 無視なの?」

杏「……ゲームで負けたらもう来ないって約束するならいいよ」

PP「約束する PP約束守る」

杏「じゃあいいよ」

60: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:46:13.02 ID:abx7KZVI0
PP「ゲームはどうする?」

杏「外出るの面倒だしこの部屋にあるのだけで」

PP「ふっふっふ 墓穴を掘ったな」

杏「……?」

PP「ここに持ってきた64がある! これも部屋にあるゲームだから問題ないだろ!!」

ルキトレ「うわぁ……」

PP「卑怯で僕に勝とうなんて100年早い」

杏「いいよ ソフトは?」

PP「大乱闘で そしてルキトレちゃん! 出番だよ!!」

ルキトレ「私ですか!?」

PP「なんのためにゲーム買ってやらせてたと思うの?」

ルキトレ「これのためですか? えぇ拒否権はないですよね」

杏「杏はなんでもいいけど」

62: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:50:32.94 ID:abx7KZVI0
ルキトレ「特訓の成果を見せるときですね 姉妹の出涸らしとか散々言われてますけど」

ルキトレ「今日は私のピカチュウがそんな汚名を払拭させてもらいます!!」ピカチュウ

杏「」カービィー


数分後

PP「出涸らしちゃん ダメージ20%しか与えられずに負けてどんな気持ち?」

ルキトレ「」プシュー

杏「これでいいでしょ 早く出てってよ」

PP「真打登場だね 次は僕が勝たせてもらう 拒否権はないよ!!」

杏「まあいいけど」

PP「じゃあプリンでー 杏ちゃんがカービィと色間違えて負ける展開を」プーリン

杏「ないよ」カチカチ

63: 名無しさん 2013/02/14(木) 23:55:32.18 ID:abx7KZVI0
数分後

PP「勝っちゃった♪ わーいわーい」キャッキャッ

杏「」プルプル

ルキトレ「一発もダメージもらってないとか」

PP「ねえ? もしかしてちょっとやった程度の杏ちゃんが大乱闘世代の僕に本当に勝てると思ったの? 熱さが違うでしょ熱さが」

杏「あ 杏はこんな動き回るようなゲーム苦手だから 次はこれ」

PP「いいよ 皮肉でもなんでもなく暇だから」

カチカチカチ

66: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:03:31.82 ID:wWJxi23N0
杏「なんで! なんで勝てないんだよ!!」カチカチ

PP「努力しないからでしょ」

杏「プロデューサーの時は勝てたのに!!」

PP「練習で勝てるのは当たり前でしょ」

杏「杏は……」

PP「赤羽根くんに捨てられたのも当然でしょ」

ルキトレ「PPさん!!」

PP「杏ちゃんは印税で生活したいんだよね」

杏「悪いの?」

PP「3億4620万円 これがなんの数字かわかる? はい! ルキトレちゃん!!」

ルキトレ「えっ? 宝くじの当選金とか」

PP「……はあ」

ルキトレ「間違ってるならハッキリ言ってください!!」

70: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:11:26.09 ID:wWJxi23N0
PP「答えはサラリーマンの平均的な生涯年収」

PP「必死こいて8時間働いてボーナス貰って それだけの数字がもらえるってこと 杏ちゃんは楽して生活したいんだからその倍は欲しいと考えると6億ってところかな」

ルキトレ「6億って」

PP「まあアイドルやっても事務所にかなりとられるからトップアイドルになってもそんな年収無理なんだけど」

ルキトレ「駄目じゃないですか」

PP「杏ちゃん 日高舞って知ってる」

杏「知ってるよ 超有名人じゃん」

PP「そう 彼女が活躍したのはもう10年以上前なのに彼女の名前は今でも誰だって知ってる」

PP「僕は君をトップアイドルじゃなくて10年20年経ってもファンから忘れられないアイドルにしたいと思ってる」

杏「無理だよ 杏努力とかしたくないし プロデューサーにだって捨てられたし」ボソボソ

PP「トップアイドルになるのに努力って必要なのかな」

77: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:41:37.82 ID:FVtp4LeH0
一瞬回線が死んでた


杏「必要でしょ プロデューサーだって努力しろ努力しろって杏に言ってたし」

PP「でもテレビでよく見るやたらと人数が多いアイドルユニット トップアイドルのね 彼女たちって本当に努力してるのかな」

PP「だってそうでしょ テレビのレギュラー幾つも持っててラジオに雑誌に漫画にアニメに 一体 いつ努力してるのさ」

杏「仕事の間に……」

PP「答えは簡単 テレビ露出を増やして人気だとステマをして掲示板に好評だって書いて」

PP「踊りを完璧に覚えれば歌う努力なんてせずに口パクで回す それが今のトップアイドルだよ」

ルキトレ「そ そうなんですかね」

PP「そうだよ 良くも悪くも人は回りに流れやすいから それが流行になっちゃってるんだよ」

杏「酷い世の中だよね」

PP「全くね それで杏ちゃん そんな彼女たちを君はどう思う?」

杏「羨ましい」

PP「僕は違う考えだ 卑怯なんだよ 彼女たちは」

80: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:49:05.15 ID:FVtp4LeH0
PP「口パクしてるんなら口パクしてますって言えばいい 金で仕事貰ってるならそう言えばいい」

ルキトレ「でもそれやったら誰もファンになりませんよね」

PP「例えば ライブで歌を途中でサボったり ダンスなんてマトモに踊らなかったり」

PP「そんなアイドルがいたらどう思う? そんなのがトップアイドルになるんだ」

杏「杏がそんなアイドルになれるの?」

PP「なれるなれる いつだって時代を切り開いてきたのは挑戦的なアイドルなんだから」

PP「昔の人だって あんな糞下手糞な口パクやるトップアイドルがいたなんて思わなかったんだから ニートアイドルがいてもいいんじゃない?」

杏「そんなアイドルになれるんだったら 杏アイドルやってもいいよ」

PP「決まりだね!!」

杏「それとたまにゲーム一緒にやってくれるなら」ボソボソ

PP「なにか言った?」

杏「なにも言ってない」プイッ

83: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:53:51.87 ID:FVtp4LeH0
PP「2人目も終了 後1人説得できたら本格的に活動を始めよう」

ルキトレ「そういえば 後1人って誰なんですか?」

PP「そんなことより荷台に乗って」

ルキトレ「へ?」

PP「膝貸して 眠い」ゴロン

ルキトレ「ちょっとちょっと!!」バシバシ

PP「ここ数日寝てないから マジ眠いから勘弁して」

ルキトレ「寝てないってなにしてたんですか?」

PP「ゲーム」

ルキトレ「ゲームって」

PP「杏ちゃんの家にあったゲーム 半分はやったことあったけど残りはなかったから」

ルキトレ「まさか あれ全部攻略したんですか!? 生半可な数じゃなかったですよ」

PP「だってどのゲームで勝負してもいいようにって 全部やるしかないでしょ しかも全部やらされたし」ウツラウツラ

84: 名無しさん 2013/02/15(金) 00:56:35.61 ID:FVtp4LeH0
PP「もう無理 おやすみ」グゥー

ルキトレ「もう……仕方ないですね」


翌日

PP「じゃあ張り切って最後行こうか!!」

ルキトレ「そうですね!!」

PP「なんかやたらやる気だね 熱でもあるの?」

ルキトレ「いや 私も頑張らないとなーって思いまして」

PP「それはよかった 最後が一番難関なんですよー」

ルキトレ「そうなんですか それで最後のアイドルって」

PP「佐久間まゆちゃんです」

ルキトレ「お疲れ様でした」スタコラ

91: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:02:51.87 ID:FVtp4LeH0
PP「逃がさないよ」ガシッ

ルキトレ「無理無理無理!! ボスどころか地雷じゃないですかー!!」ジタバタ

PP「そんな! アイドルを地雷とか言っちゃ駄目でしょうが」

ルキトレ「赤羽根さんに近づくだけで謎のプレッシャーを加えてくる子ですよ!!」

PP「盾役がいなかったらなんのためにルキトレちゃんを連れてきたかわからないでしょ」

ルキトレ「盾!? 死ぬんですか私!?」

PP「少なくとも巴ちゃんの家では死に掛けたよね」

ルキトレ「気持ち死んでました」

PP「こんなとき どんな顔をして笑えばいいのかわからないの」

ルキトレ「笑いごとじゃないですよー!!」

94: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:06:31.40 ID:FVtp4LeH0
ピンポーン

ルキトレ「もうやだぁ」グスグス

PP「はいはい あきらめて」

母「はい どちら様ですか?」

PP「あっ! 僕モバプロのPPと申します まゆちゃんいますか?」

母「……どうぞお上がりください」

PP「ルキトレちゃん行くよ」ガシッ

ルキトレ「いーやーでーす!!」ズルズル


母「あの子 突然引篭もってしまって 理由も話さないんです 私もうどうしたらいいかわからなくて」

PP「大丈夫です 僕たちに任せてください」

ルキトレ「たちに私を入れないでください」

96: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:13:11.29 ID:FVtp4LeH0
ドンドン!!

PP「まゆちゃーん! お話しましょー!!」

ルキトレ「きっと寝てるんですよ もう帰りましょ」

PP「そうだね じゃあこれルキトレちゃんが読んだら帰ろう」スッ

ルキトレ「なんですかこれ? えっと 『赤羽根って糞だよね 女たらしだしロリコンだし 人間の屑だよ』 これって……」

ガシッ

ルキトレ「ひっ!? 腕が! 腕が掴まれ……」

まゆ「私のプロデューサーさんの悪口を言うのはあなたですかぁ?」

ルキトレ「ひぃっ!?」ガクガク

PP「君がまゆちゃん 僕新しいプロデューサーなんだけどお話を――」

まゆ「なにを言っているんですか? 私のプロデューサーは赤羽根さんだけです」

ルキトレ「もう帰りましょうよぉ」グスグス

PP「ふぅ~ん 赤羽根くんが君を捨てた理由を教えてあげようと思ったのに いいんだ」

ガチャ

PP「入れってこと? じゃあ入るよ」

103: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:21:45.87 ID:FVtp4LeH0
PP「うわぁ 部屋一面赤羽根くんの写真で一杯とか 大変気持ち悪くてよろしい!!」

まゆ「それでどういうことですかぁ?」

PP「なにが?」

まゆ「とぼけないでください プロデューサーが私に求めていることですよぉ」

PP「赤羽根くんはどうやって連れて行く子とそうでない子を分けたのかわかる?」

まゆ「使えない子を捨てたんですよね」

PP「うん 間違ってないよ でもそれじゃあ50点だ」

PP「だってまゆちゃんはそれに納得してないんでしょ?」

まゆ「当たり前です プロデューさんが私を捨てるなんて……」

PP「確かに まゆちゃんは元読モだけあって仕事もそこそこあるし 連れていかれた子に比べても遜色ない」

まゆ「だったら……」

PP「ここで赤羽根くんが君を選ばなかったもう一つの選別方法 杏ちゃんや巴ちゃんにも該当するものが出てくるってわけ」

まゆ「早く言ってくださいよぉ」イライラ

111: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:35:51.98 ID:FVtp4LeH0
PP「ちひろさんから300モバコインで聞いたんだけど まゆちゃんって一時期ユニットを組んでたんだよね」

まゆ「そうですよぉ」

PP「そんでもって直ぐに解散したって 主にまゆちゃん以外の子が嫌になって」

まゆ「不思議ですよねぇ ちょっと売れたからってプロデューサーに色目を使って」

PP「今のアイドルの傾向でね 個人で売るよりユニットで売った方が強いっていうのがあるんだよ」

PP「LIVEバトルしかり 日高舞クラスのカリスマがあれば個人で売ってもいいんだけどね」

ルキトレ「もしかして」

PP「想像通り 赤羽根くんは協調性の有無で君を弾いたんだよ」

まゆ「協調性 それがまゆに足りないものなんですかぁ?」

PP「治そうと思っても治せないでしょ 赤羽根くんに対する執着心は」

まゆ「愛ってそういうものですよね?」

117: 名無しさん 2013/02/15(金) 01:54:44.35 ID:FVtp4LeH0
PP「ぶっちゃけ僕ね まゆちゃんに実際に会うまで誘おうかどうか迷ってたんだよ」

PP「でも会って確信できた 君はとてもアイドル向きだ」

まゆ「今日初めて会ったのに知った風な口を聞きますねぇ」

PP「人は部屋を見ればわかる 杏ちゃんは乱雑で面倒臭がりなところがよくでてるし 巴ちゃんはお家の雰囲気そのものだ」

まゆ「それで私は?」

PP「この部屋は写真で隠されてるけどところどころ壊れた家具が見て取れる 捨てられたとわかった時は相当荒れたんだろうね」

まゆ「……」

PP「1人で上京してきて今まで頑張ってきて 捨てられたとわかって こんな部屋で1人でいたくないって写真を貼って」

まゆ「」

PP「辛かったんだろうね 全く僕には気持ちが理解できないけど」

PP「でもどれだけ辛くても死にたいと思っても それでも君は自分を傷つけることだけはしなかった アイドルだからでしょ?」

まゆ「なに知った風な口を聞いてるんですかぁ?」

120: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:02:39.46 ID:FVtp4LeH0
まゆ「あなた 不愉快です」

PP「不愉快でもいいよ 嫌われ役もプロデューサーの役目だしね」

まゆ「……私がトップアイドルになったら プロデューサーさんはまた振り向いてくれますか?」

PP「それはまゆちゃん次第だと思うよ 僕はそれを手伝うだけなんだし」

まゆ「そうですかぁ……」

PP「ルキトレちゃん 帰ろうか」

ルキトレ「いいんですか?」

PP「いいよ 強制したってなんにもいいことないし」

ルキトレ「じゃあまた……」

バタン

121: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:10:29.42 ID:FVtp4LeH0
PP「結局ね 杏ちゃんはあのやる気のなさから協調性皆無はわかるし ヤーさんに厳しい昨今 巴ちゃんみたいな極道の娘なんて売り出すのはリスクが高すぎる」

PP「そんな理由で捨てられたんだよ あの3人は」

ルキトレ「酷いですよね」

PP「まあ個々の能力が高い子を捨てるのにも勇気がいると思うけど」

ルキトレ「じゃあまゆちゃんが揃ってからまたがんば――

PP「そうそう もう1人 誘いたい子がいたんだ 思い出した」

ルキトレ「今の決意表明を返してください早急に」

124: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:15:05.94 ID:FVtp4LeH0
PP「これからあの3人をプロデュースするにあたって 彼女たちを育てる人間は絶対に苦労するわけだけど」

PP「知り合いがアイドルを育てるのはプロデューサー・マネージャー・トレーナーの3人がいるんだって」

PP「その内のプロデューサーとマネージャーは僕が兼任するとして」

PP「トレーナーはルキトレちゃんに任せたいんだけど」

ルキトレ「えっとあの……頼むならお姉ちゃんとか」

PP「お姉さん方は良くも悪くも技術があるから あんな型破りで真っ黒なアイドルを育てるなら 真っ白な人じゃないと受け止められないでしょ」

PP「少なくとも 今僕はどんなトレーナーよりもルキトレちゃんのことを必要としてるんだ」

ルキトレ「私でいいんですか?」

PP「なんのためにここ数日連れまわしたと思ってるの? むしろ君以外は無理だと思ってる」

ルキトレ「頑張ります! わたし!!」

PP「うん 頑張って 空回りしない程度に」

128: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:23:38.29 ID:FVtp4LeH0
翌日 事務所

ちひろ「PPさん スタドリどうですか? 今なら半額ですよ」ニコニコ

PP「掌返し早いっすね それとスタドリはいらないです」

ちひろ「……チッ」

巴「おう! はよ仕事行こうや」

PP「仕事探してるから待っててね」

杏「うぅーあぁー」ダラーッ

PP「帰らせないよ 今日は社長の奢りで僕の歓迎会なんだから」

ルキトレ「社長遅いですねー」

バタンッ

社長「遅れてしまったね すまないすまない!!」

PP「ご飯冷めます パフェが溶けます 死活問題です」

社長「ちょっとそこで彼女と出会ってしまってねぇ ほら入りなさい」

まゆ「みなさん お久しぶりです」

131: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:33:07.01 ID:FVtp4LeH0
ルキトレ「まゆちゃん! 来たんですね!!」

まゆ「えぇ やっぱりアイドルは天職なので」

PP「そんなことどうでもいいから早く食べよう」

まゆ「」カッチーン

まゆ「PPさん 私は一刻も早くトップアイドルになりたいんですけど」

PP「まだ無理」

まゆ「だったら早く仕事探して来てくださいよぉ」ニコニコ

巴「そうじゃ! おんしはこんなことしとる場合じゃないやろ!!」

PP「えっ? あの料理……」

杏「早く行って来いよ社畜」

PP「追い出された」

132: 名無しさん 2013/02/15(金) 02:33:41.20 ID:FVtp4LeH0
くぅ~疲れましたw これにて完結です!
実は、ネタレスしたら代行の話を持ちかけられたのが始まりでした
本当は話のネタなかったのですが←
ご厚意を無駄にするわけには行かないので流行りのネタで挑んでみた所存ですw
以下、>>1達のみんなへのメッセジをどぞ

>>1
「みんな、見てくれてありがとう。ちょっと腹黒なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

>>1
「いやーありがと!私のかわいさは二十分に伝わったかな?」

>>1
「見てくれたのは嬉しいけどちょっと恥ずかしいわね・・・」

>>1
「見てくれありがとな!正直、作中で言った私の気持ちは本当だよ!」

>>1
「コーホーコーホー」ファサ

では、

>>1>>1>>1>>1>>1>>1「皆さんありがとうございました!」



>>1>>1>>1>>1>>1>>1「って、なんで>>1くんが!? 改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり