2: 軍曹の好奇心 1/19 2021/02/20(土) 23:54:31.15 ID:475N2pEr0
 如月の中旬、暦の上ではもう春も近いというのに、屋外に吹きすさぶ風は鋭く肌を引っ掻いていく。芸能プロダクションでアイドルのプロデュースを務める彼は、外回りの営業から帰ってきた所だった。事務所のエントランスを通り過ぎるなり、瞬く間に彼の視界が曇る。煩わしさを覚えつつ、コートを脱ぐよりも先に彼は眼鏡を拭いた。

「プロデューサーさん、お帰りなさい」
「お疲れ様です、なんとか仕事を取ってこられましたよ」

 絶え間なくキーボードを叩き続ける事務員の千川ちひろに、右手を挙げて挨拶を交わす。デスクのマグカップからはまだ湯気が立っていて、澄んだ紅茶がエアコンの風に乗って香ってきた。時刻はもう夜の八時を回っていた。事務スペースに屯するちびっ子達は姿を消している。コートをハンガーにかけている間に、身支度を整えて事務所を後にするアイドルもいた。

「何か、変わったことはありましたか?」
「いえ、特には……あっ、一つだけ、ありました」
「どんなことでしょう?」
「亜季ちゃんがですね、大きな欠伸を噛み殺していたり、しきりにまぶたを擦っていたりしたので、どうかしたのか尋ねてみたんです。なんだか、最近寝つきが良くないそうですよ。どこか悪いのでしょうか」
「えっ、亜季が? ……それはちょっと見過ごせませんね。まだいるようならちょっと話してきます」

 大和亜季、サバゲ―マニアのアイドル。日常的にプロテインを摂取して筋トレに励む彼女は健康そのもので、この事務所で最も体調不良という言葉が似つかわしくない。デビュー以来、頭痛や腹痛を訴えた所すら、目撃証言が無かった。これは明日、大雪でも降るかもしれないな、と思いつつ、プロデューサーは彼女の名前と居所を探り出した。ホワイトボードを見るに、まだレッスン中のようだ。

 人気の少ない廊下に乾いた靴音が響く。曲がり角を通り過ぎた瞬間、突如彼の視界に人の姿が飛び込んできた。身を引こうとしたが間に合わず、歩いてきた女性とぶつかってしまった。

「あっ、プロデューサー殿! これは大変な失態を……お怪我はありませんか?」
「そんな大袈裟なものでも無いよ。ちょっとよろめいただけだから。……今、レッスン終わりか?」
「はっ! 大和亜季、本日の全行程を終え、これより撤収、ベースへ帰還する所であります!」

 背筋をぴんと張り、足を揃えて亜季が敬礼した。腹から張り上げた声がよく通る。

 プロデューサーは亜季の顔を眺めた。薄いメイク越しにでも分かる新陳代謝の活発な肌はつやつやで、吹き出物やニキビのつけ入る隙を与えていない。クマのできている様子も無い。調子の悪い所は無さそうだが、違和感があった。目だ。生命力に漲った瞳の輝きが、今この瞬間においては僅かにくすんでいる。

「……どうかされましたか? 私の顔に何か?」
「いや、顔に出るほど調子は悪くなさそうだな、と思って」
「私はいつも通り順調ですとも」
「聞いたぞ亜季。最近寝つきが悪いらしいが……大丈夫か? ストレスか?」
「えっ」

引用元: ・【デレマスR-18】寝不足になるほど性欲の強い大和亜季と朝までする話

b9e4a66d2805e3569685fead1950a0b6
3: 軍曹の好奇心 2/19 2021/02/20(土) 23:55:00.37 ID:475N2pEr0
 亜季の眉がぴくりと動いた。

「し、心配はいらないのであります。自主練の……せいなので」

 筋トレ好きの亜季が発したはずの『自主練』は何とも頼りない痩せっぽちで、とても彼女の口から出てくる言葉とは思えなかった。眉根を寄せて口ごもる姿を見るのは、彼女の担当になって以来、初めてのことだった。

「自主練? 眠らずにずっと夜中にトレーニングしてるのか?」

 それは睡眠不足になっても当然だ、オーバーワークの危険性を知らないはずがないだろう、と彼は付け足す。

「そっ……それについては……!」

 ぎゅ、と亜季は唇を結んだ。数秒間の沈黙が、廊下の空気を固まらせた。紡ぐべき言葉を掘り起こしているのか、所在なさげな指が頬を掻いている。

「プロデューサー殿には相談に乗って頂きたいのですが、人目につくような所では、少々、話し辛いことでして……」

 奥歯に物が挟まったような語り口だった。普段は肩幅程度に脚を開いていることが多いのに、デニムのミニスカートから伸びる太腿をぴたっと閉じて、モジモジさせている。溌溂とした担当アイドルが見せた、自信の無い表情。彼の胸の内で、生真面目なプロデューサーとしての使命感が奮い立った。

「分かった。なら、話す時間を作ろう。差し迫った業務だけどうにかして、今日は早く上がることにするよ。待てるか?」
「待ち合わせ場所を決めておきましょう。フタイチマルマルに、ここの駅で……」
「どれどれ……そこか。うーん、もう三〇分かかるかな」
「了解です。ではフタイチサンマルで」
「分かった。じゃあ、後でな。気を付けるんだぞ」
「はっ、それでは、失礼します!」

 時刻を読み上げる内、亜季の声には張りが戻った。再び敬礼して立ち去る背中には、シュシュで簡素に束ねた髪がしなやかに踊っていた。

 だが、亜季の姿が見えなくなってからも、どこか煮え切らない、不安のような何かに曇った顔つきは、プロデューサーの心に引っかかりを残していた。

4: 軍曹の好奇心 3/19 2021/02/20(土) 23:55:30.70 ID:475N2pEr0
 待ち合わせ先の駅は、亜季の自宅の最寄りだった。それを思い出したのは、駅近くの有料駐車場に車を停めている最中だった。到着した旨をメッセージアプリに打ち込んでいる最中に、彼を呼ぶ声がした。

 亜季の部屋に招かれるのは初めてではなかった。フローリングの木の色を除けば、ミリタリーグリーンが目立つ。壁一面のラックには、もうこれ以上設置する場所がない程にエアガン(もしくはガスガンや電動ガンかもしれないが、彼にはその区別が明確では無かった)が掛けられている。

 空いた壁のスペースは戦争映画のポスターでぎっしり埋め尽くされていて、そこに映っているのはいずれも屈強な男たちばかり。ヘルメット、モスカート、グレネードが段ごとに整然と並んだメタルラックにぶら下げたハンガーには、コートやジャケットではなく、ボディアーマーが吊るされている。

 武器庫か兵舎。プロデューサーが抱いて戸惑いを覚えた第一印象と、全く変わっていなかった。

 しかし、壁に寄せたベッドの掛け布団は整っているようで、どこか乱れが生じている。壁のフックには、亜季がよく着ているワインレッドのパーカーがハンガーから下がっている。

 彼女は寝る時パジャマに着替えるタイプでは無さそうだった。だが、ここで彼女が睡眠を取るのは確からしいし、すれ違ったりする度にほんのり漂う亜季の匂いが、この空間には色濃く満ちていた。女性らしさの欠片も無い部屋だが、こんな夜に女性の部屋へ招かれた事実が眼前には横たわっている。男の胸は、妙な動揺と緊張に高鳴っていた。

「相変わらず、すごい部屋だな」
「気になるものがあったら、手に取ってもいいですぞ」

 一つしか無い椅子を差し出されて、腰を下ろす。亜季はベッドに座った。立てかけてあったライフルに手を伸ばし、あちこちを目視して点検している。サッと構えた銃口の先には、彼女が表紙を飾ったサバゲ―雑誌があった。

「物が溢れてるけど、散らかってはいないよな。部屋の中央なんて結構広いし、筋トレぐらいならできそうだ。ここで夜中まで『自主練』をしてる、ってことか?」

 サイトを覗き込んでいた亜季がピタリと静止した。

「そ、そのことなのですが」

 ライフルを下ろした彼女の顔に、緊張が走った。咳払いをしたり、視線を忙しなく泳がせたり、明らかに動揺している。

「さっきも、自主練の話が出た時、妙にソワソワしてたよな。違法薬物を使ったりしているわけじゃないんだろう?」
「あの……いえ……」

 赤面することすら珍しい白い肌が、茹蛸のようになっている。

5: 軍曹の好奇心 4/19 2021/02/20(土) 23:56:06.82 ID:475N2pEr0
「じ……自慰のことで……あります」
「G? 何かの略称か? 一体どんなトレーニングなんだ?」
「トレーニングではなく……その、マスターベーション……で、あります……」
「あっ……」

 合点のいったプロデューサーが間の抜けた呟きを漏らすや否や、亜季は森久保乃々よろしく視線を外してしまった。自主練が筋力トレーニングのことだとばかり考えていた思慮の浅さを、プロデューサーは反省したくなった。

 かけるべき言葉が脳神経で通行止めになって天井を見上げたが、そこにも貼ってあったポスターの男に睨まれてしまい、すぐに彼は視線を下げた。天井のどこを見ても益荒男が下界を見下ろしていて、この状況から逃げ出すことを断固として許さなかった。

「最近うまくイけず……その、不完全燃焼で、ずっと……その……あの……えと、ううっ……」

 いつもの気概はどこへやら、言葉を紡ぐのに苦労しながら亜季は話し続けた。

「オカズをずっと探してしまったり……あっ、いっそのこと、プロデューサー殿が男性器を見せてくれたら、ちゃんと満足できる自慰ができるかも――」
「!?」
「な……なんちゃって……であります……」

 アハハ、と亜季が乾いた笑い声をあげた。

「……マジ?」

 最近上手くイけない。
 オカズを探す。
 男性器を見せてくれたら。
 満足できる自慰。

(おいおいおい、どういうことだ、どうなってる)

 日々の鍛錬に磨かれた、引き締まりつつも出る所の大きく出た体型をしているのに、下品なイメージを驚くほどに抱かせない──そんな健康的な「セクシー派・大和亜季」の口から機関銃のように繰り出されたパワーワードに、彼の思考はこんがらがった糸になっていた。

「……正直、かなり見たいであります。見せて……ください……」

 尻すぼみになった声で、亜季はとんでもない要求を口にしていた。プライバシー中のプライバシーだ。個人が表に出すことはまず考えられないカミングアウトをしてハイになっているのか、それとも自棄っぱちになっているのか。

「ま、待て。亜季、ちょっと整理させてくれ。寝不足気味なのは、何ていうか……アレだ。『自主練』がうまくいっていないからなのか?」
「……そ、そうであります。タンパク質を多く摂取し、筋トレや負荷の高い運動も日常的にやっているせいか、私は普通の女性よりもテストステロン──男性ホルモン──の分泌が多いようなのです。男性的、といいますか」
「ああ……そう言われてみれば確かに、亜季ってサバサバしているというか。男勝り、っていうのは違うけど……」
「それで、その……せっ、性欲も強く……欲求不満なのであります」

 枕元に置かれたライフルに手を伸ばそうとしては引っ込めている。いくら男性的な面が強いとはいえ、性的なことを口にしようとすれば声のトーンを落とす辺りは、恥じらいのある女性であった。

「段々、そういうのがエスカレートしているっていうことか……しかし、どうしたものか……」

6: 軍曹の好奇心 5/19 2021/02/20(土) 23:56:46.84 ID:475N2pEr0
 性欲の増大と欲求不満。プロデューサー自身も、顔のあちこちにニキビを作っていた中学生の頃に、身を以って実感していることであった。年頃の少年は誰もがサルになっていた。初めての彼女がいた高校時代も……と思い出そうとして、彼の視界に亜季の顔が入り込んできた。

「……却下、でしょうか? 兄に話せるわけはありませんし、こういったことを打ち明けられそうな男性は、プロデューサー殿をおいて、他にはいないのであります……」
「うーん……」

 目の前で困っている担当アイドルがいる。他の男性に任せるとなると、社外の人間は論外だった。となれば、社内の他の人間、例えば──

 それを考えた瞬間、彼は胸に刺すような痛みを感じて、かぶりを振った。

(自分の担当だ。亜季の悩みは、自分が解決せねば──)

 彼は自分にそう言い聞かせ、気乗りはしないながらも、亜季の頼みを聞き入れることにした。

「……安心したのであります。拒絶されたら、どうしようかと」
「見せるだけで、いいんだよな?」
「はい。私、あの、何といいますか、新兵でして……実物は……」
「サバゲ―仲間と、そういう関係や雰囲気になったりしたことも?」
「……私の恋人は、銃とプラモと筋肉でありましたから」
「すまん、野暮なことを聞いた」

 眉を吊り上げる亜季に、彼は頭を下げた。

 視線が下がったついでに、ズボンのファスナーに指をかけた。いつもは気に留めることも無い金具の音が、耳にこびりつく。単に数cm手を引き下げるだけの挙動を、亜季は食い入るように見つめている。音を立てたくなくて、彼は息を吐きながらゆっくりファスナーを下したが、却って生々しい脱衣の音に、亜季が前のめりになるだけだった。

 社会の窓の内側へ指を突き入れ、心の動揺そのままに大人しい性器を掴む。視線を上げると、亜季のぱっちりした目がそこにあった。彼が異性にペニスを見せるのは初めてでは無かったが、亜季との今の関係を思うと、引きずり出すにはいささか勇気を振り絞らなければならなかった。

 三度呼吸を繰り返し、彼は意を決した。

「ほ……ほら、出したぞ」
「おぉ、これが……! ですが、まだ小さいようですな」
「マジで刺さるから、『小さい』だけは言わないでくれ……」
「しっ失礼しました! えと……臨戦態勢ではない、と……」
「まぁ、そういうことだが……」

 男のしもべは、主の失意を受けてがっくりと項垂れている。

「動画サ……あ、いや、資料映像で見た限りでは、もっと……こう、仰角90°ぐらいはあったような……」
「いや、さすがに直角にはならんぞ。自分の意思でコントロールできない部分もあって、何かしらの外部的要因がいるんだ」
「外部的要因……」

 襟の大きく開いた七分丈のTシャツを大きく盛り上げる胸元に、深い谷間。チラリと覗き見た男の視線に、亜季は気が付いたようだった。

7: 軍曹の好奇心 6/19 2021/02/20(土) 23:57:12.65 ID:475N2pEr0
「大和亜季……キャストオフするのであります!」
「なっ……!」
「見られるのに抵抗はありますが、貴殿にお見せできないほど情けない体はしておりません!」

 気合一閃、Tシャツの裾に手がかかり、亜季はそれをガバっとまくりあげた。下に身に着けていたタンクトップも巻き込まれてめくれ上がり、腹部が露わになる。ここまでは彼も幾度と無く目にしていた。光を浴びれば陰のできる、六つに割れた腹直筋のシルエット。腹斜筋もうっすら浮き出ている。だが、日常的にプロテインを飲用し、事あるごとにこちらまで筋トレに巻き込もうとする亜季でさえ、男であるプロデューサーより体の線は当然細いし、ウエストのくびれたラインは間違いなく女性のものだ。

 男女のテストステロン分泌レベルには非常に大きな差があり、男性の5~10%しか女性は分泌しない。ゆえに、アナボリックステロイド等を服用しない限り、どれだけ女性がトレーニングを重ねても男性のような筋肥大はせず、引き締まった体になるようにできているそうだ。以前、露出度の高い衣装に身を包んだ亜季自身がそう言っていたことを、彼は思い出していた。

 頭からTシャツが抜かれた瞬間、裾に引っかかっていた豊かなバストが重力に弾んで、たぷっと揺れた。タイガーストライプ迷彩のタンクトップも、交差した腕に持ち上げられている。つるっとした脇から連続する横乳が、男の欲求をかりかりとくすぐった。

「水着姿も披露しておりますが……流石に恥ずかしいですな……」

 視界に大きく広がった肌面積と、次第に赤らんでいく亜季の顔に、プロデューサーは両脚の付け根にさざ波が立つのを感じていた。この疼きに身を任せてしまえば無事に戦闘の準備が整い、それを見せればお役御免である。彼は亜季のプロデューサーのままでいられるのだ。

 だが彼は、耐えようとしてしまった。まだ男性自身には俯いたままでいてもらえば、目の前で展開するストリップの続きを見られる。そんな欲求の溶け込んだ期待を持ってしまったのだ。

 数秒の躊躇の後に、亜季は胸を反らしてタンクトップも脱ぎ去った。姿を現したのは、モスグリーンに赤い刺繍が入っていて、所々がレースに透けた、品の良いブラ。肩に食い込んだ紐が、双丘の重みを物語っている。精神の底がぐらぐらと揺れた。

「……意外と、いや失礼。上等なのを着けてるんだな」
「いつもはもっと機能重視ですから……先程、着替えたのであります……」

(一度家に帰っていたのか。そのために──)

 男の意識に埋まっていた地雷が弾けた。その爆風が精神の襞に焼け跡を残していく。今まで性的対象として見てこなかった女のフェミニンなランジェリーは、それほどに強烈な色気を感じていた。じわり、じわり。招集のかかった血液が、一点を目がけて行軍を開始した。

 亜季が背中に手を回すと、音も無く肩紐がたわみ、ぴったりと胸部を覆っていた布がはらりと剥がれ落ちていく。体をくねらせて肩から紐を抜いていく様はスローモーションのように滑らかだ。男は瞬きする間も惜しんだ。

「……これぐらいしなければ、フェアではありません」

 微かな摩擦音を立てて、肌の上を滑り落ちたブラは、そのまま枕元へ。下着の支えがなくても上向きに堂々と威張るバストを、恥じらいつつも亜季は隠さなかった。首から下へ広がる広大な白い平原に双丘はそびえ立ち、頂点は色素の濃いピンクに色づいている。

 きわどい衣装であってもしっかりと隠されていた、女の秘められた領域──そこが暴露される瞬間に立ち会ったプロデューサーは息を呑んだ。そして、亜季の一挙一動に合わせて扇情的に揺れる果実を前に、とうとう水門の鍵が開いた。喉の渇きを覚える彼の股間が、ぐんぐん持ち上がっていく。

8: 軍曹の好奇心 7/19 2021/02/20(土) 23:57:38.90 ID:475N2pEr0
「あっ」

 亜季が緊張に息を潜めた。大きな目を皿のようにして、男性器に血液が流れ込んで膨らむ様を眺めている。感嘆のこもった視線を浴びせられた彼は、辱めと興奮の入り混じった奇妙な感覚に襲われていた。一度始まった勃起は鎮まることも無く、瞬きする度にトップレスの亜季が彼の視界に入り、拍動して流れ込む血液は流量を増していった。

「これが……」
「……そ、そんなにじっと観察するものでもないって」
「デリンジャーがドラグノフ狙撃銃に……いや、AK-47のアサルトライフル……?」
「そりゃ言い過ぎだ。せいぜい拳銃だろ」
「では、デザートイーグルのような大型の……いやはや、こんなに大きく膨らむのでありますな……」

 勃起したペニスを銃になぞらえる亜季。頬を染めてはいるが、怖気づく様子を微塵も見せないのは豪胆な彼女らしいと感じていたが、デリケートな生殖器に関心を注がれる彼は、体温が上昇する思いだった。

「臨戦態勢時にはカバーが外れ、マズルが剥き出しに……。射出口はぴたりと閉じていて……弾倉は思ったよりも垂れ下がっているのですな……」

 ぽつりぽつりと奇妙なレビューをしながら、亜季が前のめりになって、少しずつ彼の下半身に近づいてくる。そんなに顔を近づけてはダメだ、と制止した男の言葉に反して、屹立したペニスは更に角度を高めていく。

「はぁ……はぁっ……」

 浅い呼吸を繰り返しながら、亜季が腰に手をかけた。ベルトもボタンも外して、スカートがゆっくりと下りていく。デニム生地はみっちりとした太腿の間で引っかかりながら、緩急のはっきりついた綺麗なふくらはぎを滑り、足首から抜かれて床に落ちた。それを拾い上げようと手を伸ばす背中の向こう側で、パツンと張った臀部の始まりが、ハーフバックのショーツから露出していた。起こした体の下腹部はフロントも浅く、ほんの数mmズレただけで女の秘境がはみ出してしまいそうだ。

 股間を僅かに覆ったに過ぎない亜季は、限りなく全裸に近い。キメの細かい柔肌はLEDの室内灯を受けてぼんやりと光っている。担当アイドルのヌードから目を離すことができない彼は、今にも本能を剥き出しにして襲い掛かりそうであった。だが、プロデューサーである彼の倫理観が、かろうじて綱にしがみついて踏ん張っていた。

「プ、プロデューサー殿の前で、たいへん品が無いことは承知しておりますが……許して欲しいのであります」

 細い指が、閉じられた股の内側へ滑り込んだ。左手の甲がショーツの向こう側へ隠れてもぞもぞと何かをいじり出すと、切なげな声を発して、亜季の肩がぴくりと跳ねた。

「ん……あは……っ!」

 陰茎の幹に巻き付いた血管の輪郭を舐め回すように、女は男の股間を見つめている。そして、性行為のための器官をまじまじと観察しながら「自主練」を始めてしまった。その倒錯的な光景を直視するのに耐えられず、男は彼女のつむじを見て、なるべくこの場に関係の無い思考で脳を誤魔化そうと試みた。だが、現実へ意識を引き戻すかのように、亜季の発情した視線と何度も正面衝突を起こしてしまい、ロックオンされたペニスは膨らむ一方だ。潤沢に血液を貯め込んだそれは、リアルタイムでいやらしさを増していくオカズを前に、目で犯されて喜んでいる。

「はー……はーっ……指よりも、ずっと太くて長い……これが殿方の……!」

 薄いショーツの表面が蠢動している。呼吸の音に混じって、ちゅくちゅくと水っぽい音が聞こえてきた。彼は悟った。濡らしている、それもかなり。自分が担当するアイドルが、いきり立ってパンパンになった剛直を凝視して、恍惚としている。そしてあろうことか、己の眼前で裸体を晒し、淫欲に瞳を潤ませ、指を出し入れして自分を慰める様を見せびらかしてさえいる。呼吸のペースが上がり、閉じられていた脚が徐々に弛緩していく。身の内を掻きむしられる強烈な疼きが、男にねっとりと絡みついてくる。沸きあがる唾を何度も飲み込み、膝の上で拳を握り固め、蜘蛛の糸のような理性へ必死に縋り付いた。

9: 軍曹の好奇心 8/19 2021/02/20(土) 23:58:04.71 ID:475N2pEr0
「んっ……あっ、んんっ、見られてる……!」

 水音のテンポが速く大きくなっていく。右手をついて体を支える亜季は「見られている」と言いつつも、激しく秘所をいじくりまわす手を止める気配は無い。クロッチの脇から、粘膜が見え隠れしている。見ていてはいけない。そう考えれば考えるほど、男の意識は女の両脚の付け根に集中してしまう。沸騰した肉欲を体外へ漏らすまいと歯を食いしばるプロデューサーだったが、その本心がいかなるものであるかは、びくんと首を振って暴れては空気をかき混ぜる男性器が、雄弁に語っていた。

「ふぅ、ふっ……! あ、うぅ……うまく、イケそう、で……あります……こんな、早く……」

 膣口が中指を根元まで受け入れて広がっている。引き抜かれる指は分泌物にコーティングされている。絞り出される声と共に指が沈み込むと、孔の縁から蜜が溢れ出して、裂け目の外へとろとろと流れ出す。充血した粘膜は、ぬらぬらと妖しく光を反射している。押し退けられたショーツの緑と、赤みがかった性器のコントラストに、男の心臓は波打っていた。それと気づかぬ内に、彼もまた、亜季と同様に、昂りを肺から吐き出し、欲望の肉塊から先走りを滲ませている。触れているのは空気だけなのに、逃げ場のない快感が打ち付けてきて、腰の奥から切羽詰まった感覚が込み上げてすらいた。

「あ……亜季……」
「プロデューサー殿っ、み……見ていて、ください……あ、い……イクっ……んうぅっ~~~~!!」

 突き出した腰をかくかくと震わせながら、亜季が絶頂を迎えた。きつく目を閉じて、足の指が床を握り締めている。

「ん、あ……はああ……っ」

 やがて大きく息を吐いて、亜季は体の緊張を解いた。秘部から抜き取った左手はべちゃべちゃになっている。発散された欲求の残り火が、濡れた睫毛の狭間に灯っていた。

「……っ」

 会陰の辺りに思い切り力を入れて、身を押し流す大波の中で踏ん張った彼だったが、気力の隙間を縫った劣情が一滴、鈴口から押し出されて玉になった。じんじんとした焦燥感はそのままに、一粒の白濁液が亀頭にべっとりと張り付いたまま、ずり落ちていく。全く手を触れることなく迎えた、煮え切らないエクスタシーだった。

「……満足できたか? 亜季……」

 息をするばかりで、亜季からの返答はない。緩んだ口元に、とろんとした目でこちらを見つめる彼女は、この上なく蠱惑的だ。特上の御馳走を前にして、飢餓感が募る。

 自分の役目はここまで。彼女が満たされればそれでよい。亜季のとんでもない秘密を見てしまったが、見なかったことにするのに彼女なら同意してくれるだろう。健全な関係は保てる。早く、早く「満足できたのであります」とでも言って欲しい。

 彼はそう願った。そうしてくれなければ、今にも手を伸ばしそうだったのだ。腰かけたままのプロデューサーは、懸命に尻を椅子に押し付けた。

 しかしながら、亜季は首を横に振った。枕を手に取って体の前面に抱え、もごもごと何か言いたそうにしている。

「……ま、まだ……です……」
「う……マ、マジかよ……」
「自主練はうまくいきましたが、その……だ、男性器への好奇心……もっと言えば……せ……性交……も、してみたくて……」
「何だって」
「プロデューサー殿にお相手して頂ければ、本望であります……」
「亜季」

10: 軍曹の好奇心 9/19 2021/02/20(土) 23:58:56.25 ID:475N2pEr0
「ぜひとも、貴殿と一戦交えたく……」

 男の体内で、本能が歓喜に色めき立った。サウナの蒸気にも似た炎熱を感じて、毛穴から汗が滲み出す。「本気で言っているのか」と問う彼に、亜季は静かに頷いた。

「……本気でなければ、いくらなんでも裸は見せないのであります」
「しかし、アイドルとプロデューサーがそんな――」
「この秘密基地では、全てが厳重な機密事項。この空間においては、アイドルもプロデューサーもありません。それに……」

 亜季が指さす先では、キリンの首が、不完全燃焼のまま硬さを保っている。

「お、おち……えと、男性器は、宣戦を布告しており……」

 亜季の指摘する通りであった。上半身と下半身が矛盾している。正論に逃げようとする彼よりも、素直な欲求を秘匿しない生殖器の方が、よほど説得力のあるメッセージを発信していた。

「分かった、正直に言おう。……こんな光景を見せられて、興奮しないわけがない。ぶっちゃけた話、今……めちゃくちゃ亜季とヤリたい。だが、いいのか、こんな、担当アイドルに欲情するような人間が相手で。初めてなんだろう?」
「……一人の男性として、貴殿を慕っております。は……初めてだからこそ、あなたがいい……」

 のであります。

 いつだってハキハキと話す亜季が、消え入りそうな声でそう付け足した。遠まわしな言い方で秘めた心まで差し出してしまった亜季を前に、彼のシーソーは遂に大きく傾いた。ジャケットを脱ぎ、ネクタイを緩め、逸る気持ちそのままに脱ぎ捨てられた衣類が、乱雑に椅子へ重なっていく。

 キスしたことは。気が急いた男の問いかけに、亜季は首を振った。

「亜季、一つ言っておくことがある」
「はい、何でありましょうか」
「ずっと大事に思ってきたのは確かだが……異性としての大和亜季には、まだ惹かれ始めたばかりだ。すまん、魅力的だとは思いつつ、今までそういう対象として見ないようにしていたから……」
「……これからに、期待していいのでありますな」
「……ああ」

 ベッドの隣に腰を下ろしたプロデューサーに頬を撫でられて、亜季はむず痒そうにはにかんだ。

「優しくするよう努力はするが、相当に昂ってる。乱暴になったらすまん」
「心配ご無用であります。鍛えておりますから」

 見つめられた亜季は、唇がカサついていないことを舌で確かめて、男を迎えた。そっと重ねられた唇にも、身じろぎ一つせずにいる。

「……こんなに顔が近いと、緊張しますな」
「舌、入れるぞ」
「ンっ……!」

 唇を割って、男が侵入を試みた。体温をまとった舌を亜季はたどたどしく受け入れ、勝手もよく分からないまま唾液を絡めあう。口元が濡れるのも意に介さない男に学ぶ亜季の顎もまた、べとべとになった。

11: 軍曹の好奇心 10/19 2021/02/20(土) 23:59:24.26 ID:475N2pEr0
 焦れに焦れていた彼が肩や背中に触れる度に、火が入ったままの亜季は息を漏らし、身をよじる。デコルテの下に割り込んだ手に、ずっしりとした豊乳が乗った。

「デカいとは思ってたが……手に収まりきらないな」
「こ……これでも、拓海には及ばないのであります……」
「こらっ」

 乳房から離れた手が、大福のような亜季の頬をそっとつまんだ。

「マナー違反だぞ。他の女の名前を出すなんて」
「ひっ、ひふれいひまひた!」
「今は、亜季だけしか見ていないんだから」
「……嬉しいですが、顔が熱くなってしまいます……」

 異性との慣れない距離感に、亜季は戸惑っていた。初心な照れ顔に内心をくすぐられるのを覚えながら、男は先を急ぎたくなった。満足な射精はお預けのままなのだ。亜季だってもう慣らしているのだから、すぐに挿入することだってできたかもしれない。だが、健康的なイメージの彼女が、全身を触られてどんなメスの貌を見せてくれるのか、舌なめずりする下品な興味が勝ち、男は寄り道することを選んだ。

 シルクの滑らかさを持った肌の奥から、密度の高いゴムのような筋肉が指や掌を押し返してくる。ぞわぞわと亜季が身を震わせて力が入れば、それはギュっと硬直する。障壁を想起させるその硬さは、亜季が浴びる刺激の強さを示しているようだった。ベッドに組み敷かれ、仰向けになっても、鍛えた大胸筋に支えられた山脈は地滑りを起こさない。それでいて、たっぷりに膨らんだ乳房の優しい柔らかさは、彼が思い描いた以上に女体そのものだ。

 餅のような触感の乳房に指を沈めて愉しんでいた男は、音を立てて、綺麗なピンクを吸い上げる。

「ひゃ……っ……! 吸っても、何も……!」

 唾液を塗り付けて転がす刺激に、亜季はたまらず素っ頓狂な悲鳴をあげた。

「これだけ中身がたっぷり詰まってれば、何か出てきそうじゃないか?」
「……もし出たら、ん……ぁ、飲んでくれるのでありますか……?」
「腹いっぱい頂くよ。おっぱい小さくなっちゃうかもな」
「ならば、張り切って、栄養を取らねばなりませ……んんっ……ぁ、はぁ……あっ、あ……きもちいぃ……!」

 ほんの直径数cmの領域をねちっこく責められて、亜季は肩をぴくぴく震わせている。舐られる蕾はたちまち張り詰めて、一回り大きく膨らんだ。単なる皮膚刺激による反射であったが、男はそれが興奮のもたらしたものだと思い込み、熱を余計に高めていった。押し付けるように両の乳房を寄せれば、乳首同士を擦り合わせることも、左右を同時に口に含んで味わうことも容易だった。硬く尖ってコリコリになった乳首に吸い付かれる度、蜂蜜みたいにとろりと甘い鳴き声が、狭いベッドの空気を満たした。

 公に発表している3サイズ以上の存在感に男が満たされ、乳首の表皮がてかてかするまでしゃぶりついていた口を離す頃には、亜季は胸郭を広げて大きく呼吸し、くたっと脱力していた。

12: 軍曹の好奇心 11/19 2021/02/20(土) 23:59:51.00 ID:475N2pEr0
 男の手が胸部から腹部へと下っていく。そこには、努力の積み重ねが刻まれている。

「あの……」
「どうした?」
「……自慢の腹筋ではありますが、その……」
「触られるのは嫌か?」
「と、殿方は、敬遠するのでは、と……。今まで意識したことも無かったのですが、急に……」
「そう恥ずかしそうにされると、触らずにはいられないな」
「っ……くふっ、く……くすぐったいのであります……!」

 陰を作る凹凸は、立派なものであった。腹直筋にとどまらず、脇腹の外腹斜筋も、皮膚のすぐ下で存在感を主張している。女性の肌触りの下に、女性らしからぬ力強さが潜んでいる。両手に広がる不思議な感触に、男は無性に嬉しくなった。

「あ……う、何だか、ヘン……で、あります……」

 上腹部をぐにぐにと揉まれ、臍周りから下腹部を撫でられている内、こそばゆそうに笑っていた亜季の声は次第にふにゃっと緩んだ。

「じんじんして……き、気持ちいい、かも……」

 微かに漏れ聞こえる声と共に、腹筋がきゅ、きゅっと収縮する。

「ここ、亜季の性感帯かもしれないな」
「そ、そんなことは! ドキドキして、神経過敏になっているだけであります!」

(そういうのが「性感帯だ」って言うんだけどな)

「それに……あの、お腹よりも下の、その、塹壕を……」
「……そろそろ、おまんこ触って欲しいのか?」
「っ! も、もう少し、婉曲的に……!」

 外から見ても明らかな程、ショーツは粘膜の輪郭に沿って色濃く変色している。男が手を差し入れた先は、ふわっとした陰毛からしてもう湿地帯になっていた。照れ隠しに亜季が発した「塹壕」は、水はけの悪くドロドロになった様を連想させ、却って生々しい比喩は男を燃え上がらせた。

「ひぁ……!」

 自ら燃やした末に上半身から愛撫を受け続け、女の大切な所はびちゃびちゃの大洪水だった。裂け目の輪郭をぬるぬるとなぞっただけで、亜季は腰を跳ねさせた。蒸しタオルから立ち上る蒸気のような熱が、粘膜から伝わってくる。ショーツの端を摘ままれて何をされるかを悟った亜季は、黙って腰を持ち上げた。くちゃ……と皮膚から布が剥がれ、ねばついた糸を引きながら股間を離れていく。照明を受けて、クロッチの内側はてかてかと光っていた。

 衣服が全て剥がれた亜季の裸体。磨き上げてきた肉体の美しさに男は目を見張った。解いた髪を見たくなった彼はシュシュも取り払い、望んだ以上のつやつやした黒髪が、白いフィールドに散った。首からさがった革紐のチョーカーが、99%生まれたままの姿から匂い立つ色香を強調している。「綺麗だ」と口にすることにむず痒さを覚えながら、体内への入り口を探り当てた男は、指を沈み込ませた。

「は……あっ……」

 膣口付近の抵抗は、男の予想に反してほぼ無かった。自分で指を入れて慣らしているからか、ある程度の所まではすんなりと男の指を受け入れる。だが、根元まで入れようとするにつれて段々と抱擁は圧迫に変わり、中指が埋没するまで挿し入れると、血流が阻害されるほどの強い締め付けが男の指先に襲い掛かってきた。

13: 軍曹の好奇心 12/19 2021/02/21(日) 00:00:29.28 ID:SvxzVXRE0
「もう少し、力を抜けるか? 亜季の筋力で締められたら、指が千切れそうだ」
「はっ、はい……奥まで入ってきたのに、驚いてしまって……」

 ゆっくりと亜季は息を吐き、確かに膣内の圧力は少しだけ緩和されたが、依然として内部は狭い。それでも、入れられるだけ入れた中指をくるくると回転させている内に、次第に身動きが取れるようになってきた。この中に己を沈めて腰を振った時の心地よさを思い浮かべると、男性器が武者震いした。

 内部の襞の感覚を味わいながら、奥まで押し込んだ指が身を引いていく。入口まで引き返してくると、浅い部分の膣肉が皮膚に吸着し、膣口が軽くめくれ上がった。そしてまた、ずぶずぶと体内へ。連なった襞に関節の出っ張りが引っかかる度に、亜季はかすれた呼吸と共に、足指をギュッと握った。

「すぐに慣れてきたな。自分でするのと比べて、どうだ?」
「あ……さ、触ってもらうのって、こんな……ひ、あっ……あぅ……!」

 外敵を排除せんとする防壁は徐々に下がっていき、男の指の形を覚えてぴったりフィットし始めた。指を引き出すごとに、既にぬるぬるに潤っていた内部から、潤滑液が湧き出てくる。親交の深まった女性器が男の手を歓迎するようになるまで、さほどの時間はかからなかった。甘えるように吸い付いてくる粘膜は、骨格の浮き出た指を、奥へ引き込もうとしている。天井を擦られるのがどうやらお気に召したのか、お腹側へ向かってトントン押されると、亜季は一際高い声をあげて、どっと蜜を吐いた。

「んぁ……ぷ、プロデューサー殿……!」

 眉をハの字に下げて、亜季が何かを懇願しようとしている。余裕の無い顔つきに「イキそうなのか」と男が尋ねた。亜季がその問いかけに頷いた瞬間、膣が収縮して、彼の手に下腹部が押し付けられてきた。入口ギリギリから天井をかすめて目いっぱいに指を沈めた瞬間、女は限界を迎えた。

「ふあぁ、あ゛、あ゛ああぁっ……! ぃ……イく──」

 亜季が背をぐぐっと反らし、シーツに密な皺が寄る。力の入った腹にも筋が浮き出た。迎えた絶頂の激しさに、指を咥えた膣壁がもんどり打っている。三度四度とかくかく腰を振り、やがて亜季は、力なくシーツの海に沈んだ。

 名残惜しそうに抱き着いてくるヴァギナから、ぬめりに任せて指を抜き取る。指を包む薄白く濁った粘液は銀色の橋になって、物欲しそうにヒクついている膣口と、繋がっている。ぷつんと糸を切って指を口に含むと、男の味蕾は酸味の中に甘みが混じっているのを鋭敏に拾い上げた。

「亜季」

 彼女は顔をこちらへ向けたが、目の焦点がまだぼやけている。

「自主練と実戦は、桁が、違いますな……体が宙に浮いているようであります……」
「さて、これだけ濡れてるなら、そろそろ……」

 コンドームの在処を男が思い浮かべたその時、のそのそと亜季が体を起こし、男の下半身を覗き込んだ。

14: 軍曹の好奇心 13/19 2021/02/21(日) 00:01:07.18 ID:SvxzVXRE0
「触りたい……」

 勃起を維持したペニスの先端からは透明な我慢汁が垂れており、幹を小川のように流れている。蝶が花に吸い寄せられるがごとく、ベッドの下に降りた亜季が、陰毛から突き出た赤黒い傘に顔を近づけていく。男は逡巡したが、彼女の好奇心に身を委ねた。

 銃身に手を添えた亜季は、その硬さにぎょっとした。待ちかねた刺激に男性器がびくんと脈動する。

「殿方も、こんなに濡らすのですね」
「女ほどじゃないけどな」

 座学なら済ませております、という言葉の通り、亜季は陰茎を握った手を上下に擦り始めた。燻っていた欲求の塊が、尿道の奥でボコボコと泡を立て始める。そのまま少し速度を上げるよう頼めば、すぐにでも射精に達することさえできそうだった。

「まるでチタンのような硬さ……プロデューサー殿、その……弾倉には、何発装填されているのでありますか?」

 空いた手に睾丸を乗せながら、亜季が尋ねた。

「普通は一度出したら終わりなんだが……激しく興奮してる時は、その限りじゃないな」
「今は、いかがですか。私で、興奮……していますか?」
「……どうだかな」

 技巧的ではない単なる上下運動に過ぎない手コキにも、男は腰をヘコへコと振っている。答え合わせは不要だった。

 仕事で、時にはプライベートでも顔を合わせるアイドルの亜季と、バレたら処罰どころでは済まない禁忌を犯して、密室の中で秘め事に及んでしまっている。破滅の未来が待っているかもしれない。だが、その背徳感が、まだ優しい刺激を過度に高めている。彼女の想いを受け入れ、応えようとする後ろめたさと、眼前に差し出された極上の女体への性的欲求に、動物的な無意識は牙を剥き出しにして唸っていた。

「いい臭いとは言えませんが、不思議と、心が惹きつけられます……。フェロモン、でしょうか……?」

 「臭う」と暗に告げながら、亜季が顔を近づけてきた。すん、すん、と鼻で息をする音が、男の耳には確かに届いている。上から見下ろした顔の、ふさふさした睫毛の長さに目を奪われていると、鼻先が亀頭に直接触れ、息がかかった。びくんと暴れた亀頭が亜季の頬に触れて、粘っこい糸で肉茎と顔とが繋がってしまう。陰部の臭いを嗅がれる羞恥も、昂りを高める推進剤以外の何物でもない。

「うあっ……!」

 そのまましゃぶってくれ──そう口にしたくなった刹那にリップ音がして、電気ショックに男は声をあげた。瑞々しい唇が、皮膚にも粘膜にも口づけを交わしては離れていく。

「新兵ゆえ……拙い点にはご容赦下さい」

 幹の根元に、中腹に、縫い目に、唇が触れる。キスされて離れる瞬間、可愛らしい花弁の奥へグロテスクな生殖器が吸い込まれそうになる。亀頭をべっとりと濡らしていたカウパー氏腺液が、亜季の舌にたっぷり乗せられた唾液で上書きされていく。尿道を満たして溢れ出したそれも、ちゅる、と吸われた。

「歯が当たると痛い……そうでありますな?」
「咥えるのか? そこまで無理をしなくても」
「プロデューサー殿の目は、期待しているようですよ……?」

15: 軍曹の好奇心 14/19 2021/02/21(日) 00:01:48.33 ID:SvxzVXRE0
 つぷ……。銃口がぬくもりに包まれた。ああ、と情けない溜息を漏らし、男が天を仰ぐ。舌先が鈴口の縁をなぞってきて、逃げ腰になってしまう。ぬるぬるの舌は、亀頭をぐるりと一周して、張り出したエラの裏に回り、溝を律儀に舐め回す。

「亜季、軽く……軽くで、いいからな。あんまりすると、暴発っ、ぁ……!」

 頬が窄まった途端、じゅるるる、と吸い付かれた。驚いた肉茎が飛び上がり、口蓋の段差にガリガリと擦れた。やや童顔な瞳に上目遣いで見つめられながら、男はすっかり腰砕けになっている。アイドルの口内に精を放つことに抵抗を覚えてはいたが、それ以上に、煮えたぎる欲求を排泄したくて仕方がない。挿入まで先延ばしにするのもじれったくなって「一発ぐらい抜いておいても」という誘惑に、彼の心は堕ちつつあった。

 導火線が焼け落ちていく。自慰の鑑賞中に不発だった火薬が土台になって、新たに呼び起こされた焦燥感がどんどん上積みされている。

 引き抜いて、顔や胸を、綺麗な肌を、べっとりと汚してしまうか。
 この温かさに包まれたまま、愛らしい唇の奥を劣情で満たしてしまうか。

 それを考えている間にも、口淫の要領を掴みつつあった亜季は、ちゅぽっちゅぽっと卑猥な音を立てて、好奇心を満たしている。探り探りだった修正射は、弱点を刺激されては歓喜に打ち震える教官に学び、今や正確な効力射となっていた。

「……イキそうだ。いいか? このまま……」

 男の腹は決まった。股間に顔を埋める亜季の頭に手を添えて、解けた髪を手櫛で梳かす。瞼を細めて、彼女は男の頼みを了承した。ストローからジュースを一気飲みするように男の弱みを吸いあげられて、彼は白旗を挙げた。

「う……! く、あうっ……!」

 ぷつんと糸が切れた。睾丸が収縮して子種が噴き上げる。解放感に任せて思い切り白濁液を放出する。どくんと一度陰茎が膨れ上がる度に、男は喘いだ。亜季が咽る声が耳に入った気がしたが、真っ白になった意識の右から左へと、すぐに抜けていってしまった。

「はぁ……よかった……。上手だったぞ、亜季」
「ん……むぐ……」

 唇の端から一筋の練乳が零れ、顎を伝って胸元にぽたりと落ちた。口に含んだ精液に、亜季は目をパチクリさせている。指先で掬い上げた雫も口に含んで数秒後、ごくり、と嚥下する音がした。

「……変な味ですな」
「我慢できずに出しちまった。すまん。不味いだろ?」
「いえ、プロデューサー殿の体の一部と思えば……ハッ! そういえば、これも蛋白質。そうか、プロテインが手元に無い時は、プロデューサー殿から直接摂取すれば……」
「よせ、そんなものを供給源にしようとするな」
「……まだお残しがありますな」
「ちょ……あ……」

 躊躇なく、亜季が再びペニスをぱくりと咥えた。絶頂したばかりで敏感な亀頭にしゃぶりついてくる。こびりついた精液の残滓が丁寧に舐めとられた。体内に残った分が尿道を駆け上がる瞬間にも、吐精の快楽がじわっと下半身へ広がっていく。皺を伸ばして押し広げるように裏筋の溝を舌先でほじくられ、余韻も覚めないままに、男はリロードを完了していた。

16: 軍曹の好奇心 15/19 2021/02/21(日) 00:02:19.00 ID:SvxzVXRE0
「……も、もういいぞ、亜季。もうバキバキになったから」

 亜季の唇の端には陰毛がついていた。頬を撫でる振りをして男はそれを取り払ったが、置き場所に困った挙句、結局ベッドの上に縮れた毛が落ちた。

 ファスナー付きのポケットにしまってあったはず。小分けのコンドームを求めて鞄に手を突っ込もうとした男の鼻先に、包みの剥がれていない箱が突き付けられた。

「セーフティは、ここに」

 男の取り出した小袋には、穴が開いていた。

「買ってきたのか」
「ちょっとしたスニーキングミッションをこなしただけであります。その、予備も……。えと、もしかしたら……って、期待していたので……」

 0.01と薄さを強調した箱は、もう一方の手にも握られていた。箱を開こうとした亜季だったが、途中で手を止めて彼に渡し、傍観者を決め込んだ。慣れた手つきで先端の空気を抜き、くるくると安全装置を身に着ける彼を、興味深そうに眺めている。

 脚を開いて。全身から力を抜いて。彼のインストラクションに亜季は素直に従い、枕の位置を整えた。

「怖がらないんだな」
「むしろ、未知との遭遇に、胸が高鳴っているのであります」

 膨らんだ竿が、亜季の下腹部に乗った。入れたらここまで届くのだというデモンストレーションに、亜季の口角が上がった。潤ったままの女性器に剛直を擦りつけ、湧き出す呼び水を浴びる。これから結合部になるポイントを見つめていた亜季は、男を知る瞬間、プロデューサーの顔を見上げた。

 膣口に男性器がめり込み、身を沈めていく。声とも溜息ともつかない音が男女二人の隙間を埋めていき、男はやや強引に、腰を押し込んだ。過去に例の無いサイズの侵入者に気づいた膣は驚き、ギチギチに締まった。息を吐いて亜季は力を抜こうと試みているが、それでも男にとっては大変に窮屈で、根元まで沈めてからしばらく、彼は身動きを取れずにいた。

「苦しくないか?」
「……意外と、平気であります」

 不思議そうな顔をして、亜季は自らの下腹部を撫でている。激しい運動を通じて膜が裂けている人もいると彼が話すと、「心当たりしかありませんな」と亜季は口元を綻ばせた。ロマンチックな雰囲気に酔う様子こそ無かったが、リラックスした表情を見せる彼女の体内も、次第に来客の顔を知って、ぴったりと張り付いて馴染んできていた。熱くなった肉が、男を包み込む。

「ん……」

 頃合いを見計らった彼は腰を引いた。見えない場所で擦れ合う快感にたまらず彼は呻き、ぞわぞわと脊椎を走り抜ける刺激に痺れた。痛みに歪む顔がないのを確かめながら、再び慎重に腰を沈める。指でも届かなかった奥深くはザラザラしていて、一際敏感な裏筋がぞりっぞりっと擦られる。

 男性器の形を覚えた膣壁が滑る。カリに引っかかって押し出された愛液が膣口で潰れて、くちゃっと卑猥な音を立てる。男はグラインドを取り始め、肌がパンパンとぶつかり合う。普段の倍以上の荷重がかかって、ベッドがぎしっぎしっと軋んだ。

「あっ……あ、は……! ふっ、んっ、んっ……!」

 胎内を圧迫されて空気と共に漏れ出すだけだった声が、色っぽく蕩けていく。異物感へ抗おうとしていた膣もぴったりと男に身を寄せ、ぐいぐいと腕を引いて洞窟の奥へと導いていく。

17: 軍曹の好奇心 16/19 2021/02/21(日) 00:03:00.57 ID:SvxzVXRE0
 枕の隅を摘まんでいた両手が、宙に泳いだ。男がその手を取って指を絡めると、指の股と亀頭とが同時に握られた。

「プロデューサー殿……」
「よくなってきたか?」
「は……はい。繋がっているのが心地良くて……もっと欲しい……」
「俺も、気持ちいいぞ。亜季の中、締まりが良くて……優しくできなくなりそうだ」
「……遠慮は無用ですよ」

 亜季の濡れそぼった蜜壺はざわざわと絡みついて彼を誘った。男が腰を振るペースが上がる。ピストンに合わせて、胸元では大きな果実がぶるんぶるんと踊り始めた。オスになって性感を貪る彼は、腰の奥から緊迫感が形を取り始めるのも意に介さず、吸い付く粘膜を引っ掻き、ゴリゴリと天井を擦りながら身を沈めた。

「はあっ、はあっ、あっ、あぁ……!」

 切ない嬌声があがる。挿入してしばらくは横に広げられていた膝が、垂直に立ち上がる。びくびくと収縮する内壁に呼応して、足の先端が男の膝裏に触れた。そのまま足首が男の腰に絡みつき、責めを肯定してぐいぐいと自分の腰へ押し付ける。

 肌のぶつかる音。粘り気を増していく水音。快楽に陶酔したよがり声。どれもこれも、銃器に囲まれた武器庫には似つかわしくない、生々しい交尾の情景──いや、周囲に隠れて性を求めあう男女は、案外そんな所でまぐわうものなのかもしれない。そんなことが、男の精神を掠めて、散逸していった。

 互いにかけるべき言葉も忘れ、声にならない音と荒々しい呼吸ばかりが一人用のベッドを湿らせていく。男は女に溺れ、女は男に耽った。

「あっ……あの……」

 不意に、亜季が彼の名前を呼んだ。潤んだ瞳が彼を見つめ、限界が近いことを告げた。彼も同じだった。熱くなった銃身から散弾を放つトリガーには指がかかっている。好機を得た彼は、亜季の中で果てることで頭の中がいっぱいになり、1mmでも深く奥に放とうとがむしゃらに腰を振った。

「あ、あ、あ、ああっ、あ、うっ……んん~~~~っっ!!」

 トーンの上がった声と共に、亜季が頂点に達した。握られた手も、絡みついた脚も、痙攣する膣も、その全てが硬直し、爆発しそうになっていた彼を締め上げた。雑巾を絞るように捻じれる圧力の中で、男は我慢せずにトリガーを引いた。0.01mmの壁越しの温かさはナマの感覚を彼に想起させる。膣内射精して孕ませてしまうかもしれないという薄ら寒い錯覚にすら彼の腰はぶるぶる震え、クライマックスの残滓をとぷとぷと垂れ流した。

 腰を引いて腕白小僧を引き出すと、泡立った粘液の中にはほんの僅かながら赤が混じっていた。痛かったか、と確認を取る彼に、亜季は穏やかに笑って首を振った。全てを受け止めていたゴムの口を縛ると、亜季がそれを触りたがって手を伸ばした。

「いっぱい、出ましたな……」

 指で摘まんだコンドームをちゃぷちゃぷ揺らして、亜季は笑みをこぼしている。空の薬莢になったそれを枕元に置くと、箱を手に取って引っくり返し、二回戦を男に申し出ようとしている。舌を覗かせて笑う口元の妖艶な色気と、腕の間でぐにゅりと潰れた乳房の先端でピンと立った乳首を目にして、水平になっていた陰茎はむくむくと膨れ上がった。

「次は私が上に……ふふ、マウントポジションですな。いい眺めであります」
「……なぁ、天井のポスターがこっちを見てるんだが」
「なに、私のことだけ見ていればいいのです……あ、入って……んっ……!」

 ずっぷりとオスを咥えこんだ亜季が、腰を揺すり始めた。

18: 軍曹の好奇心 17/19 2021/02/21(日) 00:03:34.56 ID:SvxzVXRE0
* * * * * *

「んあ゛っ! お゛あぁっ……! はあ゛、あ゛ああっ!」

 枕に顔を埋めた亜季が、背中側からかかった男の体重に肺を押されて、濁ったよがり声をあげている。男を知ったばかりの体はすっかりセックスを欲しがるようになっていた。一心不乱に彼がぶつける肉欲を貪欲に飲み込み、きつく締まっては吐精を促している。

「お゛うっ……イくっ、イクぅ……あ゛あーーーーーっっ!!」

 尻をぷるぷるさせながら、亜季が何度目かの絶頂を迎えた。首筋から背中にかけて、肌に汗の玉が浮いている。体全体がびっしょりと濡れているのに、亜季の汗はサラサラしていて、汗臭さをまるで感じさせない。男は自分の腕を掌で拭い、自らの汗のベタベタした不快感に顔をしかめた。

「まだ……できますか……?」

 顔に張り付いた髪を除けながら、亜季が仰向けになった。亜季は度重なるオーガズムに疲れ果てることもなく、少し呼吸が落ち着けばすぐに男と繋がりたがった。花弁を開いて涎でべとべとの膣口を広げ、猛りきった男性器に犯されるのを求めてひくひくと蠢く様を見せつけてくる。

「ここに、挿入れてくださ……ぁ……んあぁ、あはあっっ!!」

 一も二も無く男は己を突き込み、淫らな叫び声が部屋中に反響した。

「んっ、は、あっ、あ……ずっ、ずっと、気持ちよくて……すぐイケそう……で……」

 下半身に広がる倦怠感を、動物的な本能は飛び越えていく。体を重ね合う内、男は具体化できない愛おしさを感じ始めていた。いや体が欲しいだけかも、という罪悪感は、甘い声で喘ぐ肉体を腕に抱いた瞬間、泡のように生じてはすぐに消えていった。

 男の背中に力強く亜季の腕が巻き付いた。互いの体の狭間で乳房が潰れて、密着を妨げている。杭を打ち付ける男に対抗するように亜季も腰を振っている。ばちん、ばちんと弾ける音が響いた。余裕を失ったオスが、残った力を振り絞る。

「あ……亜季……っ」
「そ、そのままっ……私も、また……あ゛あぁっ!」

 締まりの良さを一向に失わない亜季の膣内で、また男が絶頂した。湯水のように吐き出した末、いよいよもって勢いが失われていた。だらしなく精子を漏らしていく男を急かすように、女の下の口は情熱的にしゃぶりつき、薄い壁の向こうの熱いミルクを吸おうとしていた。

「はぁ、はぁ、はぁ……も、もう弾切れだ」

 枕元に、二つの空き箱。その周辺に、口を縛られたコンドームが幾つも散らばっている。抜き取られた最後の一つを箱の上にぽとりと落とすと、精魂尽き果てた男が亜季の上に折り重なった。

19: 軍曹の好奇心 18/19 2021/02/21(日) 00:04:14.87 ID:SvxzVXRE0
「っと、悪い……重いよな」
「あ……もう少し、このまま……」

 背中を持ち上げようとする彼を、亜季が引き留めた。圧迫されるのも心地よいからと、背中に回った手が縋り付いてくる。

「途中から激しくしちゃったな。どうだった、初陣は」
「とても幸せで、素敵な時間だった……まだ、ふわふわしてて、気持ちいいのが続いてる……」

 耳元でそう呟く亜季の声は恍惚としていて、まだ意識は夢心地を漂っているようだった。肩の汗が揮発して冷えるのを感じ始めた頃、カーテンの向こう側からスズメの鳴き声が聞こえてきた。

「もう、夜明けなんだ……」
「朝までぶっ通しになるとはな……これから仕事なんて考えたくもない」
「……休めないの?」
「出勤時間を遅らせることはできそうだが……というか、亜季」
「なぁに?」
「その喋り方、可愛いな」
「……あ」

 男の下敷きになった体が、ごそごそと抵抗する。

「ちっ違うのであります! これは、その、えと、頭がぼんやりしておりまして……ふんっ!」

 突如として全身に気合の入った亜季が、男の胸に手を当て、そのまま上体を持ち上げた。

「おぉ、力持ちだな」
「ふふふ、ベンチプレスの成果ここにあり、であります!」
「それはそうと……家族相手だと、ついさっきの話し方なんだろ?」
「そうですが……プロデューサー殿相手では、恥ずかしくて……。そ、その内、ということで」

 幾つかの房に分かれて散っていた黒髪が、シュシュで一本にまとめられていく。昨夜事務所で会った時、顔をうっすらと覆っていた雲はもうすっかり晴れて、にっこり笑ってみせた表情は大和亜季らしく快活だった。

「時にプロデューサー殿。仮眠を取っていかれるとよろしいかと」
「……そうさせてもらおうかな。午前休を取るにしても、こんな時間じゃ誰とも連絡できないし。寝袋とかあるか?」
「ベッドを使っていいですよ。私が番をしておいて、ちゃんと起こしてさしあげます」
「亜季は寝なくて平気なのか?」
「一日の完徹ぐらいは余裕なのであります。マルハチマルマルにでも起こせばよろしいですか?」
「そうだな、そのぐらいで」
「了解しました。では……シャワーでも浴びて、汗を流しましょう。シーツも交換しますので」

 まだ裸体のままの亜季が胸を張って立ち、男に向かって手を差しのべた。そっと重ねた手をぐいと引っ張る力強さは、男に安心感すら与えた。

「あ~……一緒に入るのか?」
「ええ、裸の付き合いという奴です。もうお互い全て見せてしまったのですから。背中を流すのはお任せ下さい」
「なんか、妙な気分だな……」
「む……ムラムラするのなら、そちらのお相手も……」
「いや、さすがにその元気は無いよ」

 談笑しながら、浴室のドアの向こう側に、二人の人影が消えていった。

20: 軍曹の好奇心 19/19 2021/02/21(日) 00:04:54.12 ID:SvxzVXRE0
 午前八時きっかり。けたたましいラッパの音が頭にガンガン響いたことに気づいた瞬間、彼はボディプレスを受けて目を覚ました。のしかかる体重。馬乗りになって己を見下ろす迷彩柄のシャツ。そして、映画の音声と思しき、スピーカーから流れてくる檄と「サー・イエス・サー」の合唱。

「おはようございます、愛しのプロデューサー殿! 起床時刻です! 朝食の準備もしてありますぞ!」

 亜季の満面の笑みに、プロデューサーは、ぎこちないスマイルを返した。



 終わり