1: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:26:19.85 ID:gELdokYM0
シロナ「よろしくねレッド君」

オーキド「シロナ君が一緒に旅してくれるなんて良いのぉ」

レッド「…いらない」

オーキド「ん?」

レッド「…いらない……一人で回る」

オーキド「…」

シロナ「…」

引用元: ・オーキド「旅の手伝いをシロナ君がしてくれるそうじゃ」

77
2: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:27:26.89 ID:gELdokYM0
オーキド「そ、そんなこと言わずにな?シロナ君はチャンピオンじゃよ?」

レッド「…ポケモンマスターってそういうのじゃない」

オーキド「むぐぐ…」

シロナ(私どうすれば良いの…)

レッド「…はぁ」ヤレヤレ

シロナ「そっその…手伝いというかついて行くのはダメかな?」

レッド「…グリーンは?」

オーキド「グリーンはもう行ったわい。それにわしの孫ばかり優遇するのはな」

3: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:27:59.54 ID:gELdokYM0
レッド「…仕方ない」

シロナ「あ、ありがとね」アセアセ

オーキド「…話がまとまったところで、レッドよこの3つのボールから一つ選ぶんじゃ」

レッド「…グリーンは何を?」

オーキド「あやつはガーディを連れて行ったわい」

レッド「…余った二つのポケモンはどうなるの?」

オーキド「ん?それはここにおるじゃろうな」

レッド「…」

6: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:28:56.49 ID:gELdokYM0
シロナ「レッド君?ガーディは火ポケモンよ」

レッド「…全部」

オーキド「ん?」

レッド「全部連れて行く」

シロナ「」

オーキド「」

9: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:29:44.41 ID:gELdokYM0
レッド「…ここにいるのは可哀想」

オーキド「じゃがそれはなぁ…」

シロナ「…博士、この際レッド君に任せてみてはどうですか?」コショコショ

オーキド「うーむ…それもそうじゃな…」

オーキド「よし、レッド。三匹とも連れて行くが良い」

レッド「やった!」パァ

レッド「…はっ」ムスッ

シロナ(やだ、可愛いじゃない…)

10: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:30:26.82 ID:gELdokYM0
オーキド(こういうとこは可愛いんじゃがな…)

オーキド「さぁ、レッドよ行くのじゃ!先はまだまだ長いぞ」

レッド「…ん」バイバイ

シロナ「行って来ます博士」

オーキド「うむ…あの子は難しいところがあるが頼むぞい…」

シロナ「はい…」

レッド「…行くよシロナ」スタスタ

シロナ「ちょっと待ってよお」

12: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:30:58.45 ID:gELdokYM0
レッド「…」スタスタ

シロナ「ん?そっちじゃないよ?」

レッド「…子供扱いやめて」

シロナ「あー…ゴメンね?でも、そっちじゃないのはホント」

レッド「ナナミねe…さんのとこに」

シロナ「博士のとこのお孫さんね?何かあるのかしら?」

レッド「…タウンマップと挨拶する」

シロナ「そっか…分かったわ」

13: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:31:42.48 ID:gELdokYM0
グリーン家


レッド「ナナミねe…さん」

ナナミ「あら…レッド君?あぁ…もう行くのね?」

レッド「うん…」

ナナミ「もうそんな年なのね…はい、これがマップね」つマップ

レッド「…ありがと」ヒョイ

ナナミ「あなたは…シロナさんね。おじいちゃんに聞いているわ。よろしく頼むわね?」

シロナ「はい、お任せ下さい」

レッド「そんなに子供じゃない」ムスー

14: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:32:40.87 ID:gELdokYM0
ナナミ「はいはい」ナデナデ

レッド「…んー」バタバタ

シロナ(なにこれ可愛い)

レッド「…ナナミさん…そろそろ行く」

ナナミ「そっか…あ」

レッド「?」

ナナミ「さっきから気になってたんだけどさ…なんでナナミさんって呼ぶの?いつも通りナナミ姉で良いのに」

レッド「っ!言ってないし!」

ナナミ「うふふ」

シロナ(か、可愛い…)

レッド「言ってないからね!シロナ!じゃあ行くから!」

ナナミ「はい、気を付けてね…」

15: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:33:37.49 ID:gELdokYM0
草むら


レッド「…」ソワソワ

シロナ「ねぇ…」

レッド「ん?」

シロナ「お母さんには挨拶しなくても良かったの?」

レッド「…ママは朝に行って来たから」

シロナ「そっか…じゃあ行こっか」

シロナ(泣いちゃうのかな?)

レッド「ん」

16: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:34:18.95 ID:gELdokYM0
レッド「…」ソワソワ

シロナ「…」テクテク

テテデーンテテデーンテテデーンテテデーン

レッド「!」ワクワク

ポッポ「ぽっぽー」

レッド「ポッポだ!」ワクワク

シロナ「ポッポね」

レッド「…」

シロナ「…」

レッド「…どうすれば良いの?」

18: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:35:12.72 ID:gELdokYM0
シロナ「くすっ…旅の手伝いはしないんじゃないの?」

レッド「む…」

シロナ「なんてね、何かポケモンを出すのよ」

レッド「…ありがと」

シロナ「う、うん」キュン

レッド「…いけ!」つヒトカゲ

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

20: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:36:13.14 ID:gELdokYM0
レッド「倒した!」

シロナ「うん、そうね」ニコニコ

レッド「はっ!」ムスー

シロナ「うふふ…」

レッド「…行くよ」テクテク

シロナ「はいはい」

レッド「む…」

21: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:36:49.39 ID:gELdokYM0
トキワシティ


レッド「あれかポケモンセンター…」キラキラ

シロナ「レッド君は初めて見るの?」

レッド「うん…あれは?」ユビサシ

シロナ「あれはフレンドリーショップ…入ってみる?」

レッド「ん」コクコク

22: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:37:19.39 ID:gELdokYM0
ショップ


レッド「おお…」

シロナ「カントーのは私も初めてかも…」

レッド「なんか買った方が良いの?」

シロナ「そうね…モンスターボールはあった方が良いかも」

レッド「分かった、買ってくる」

23: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:37:49.18 ID:gELdokYM0
店外


シロナ「いくつ買ったの?」

レッド「10」

シロナ「け、結構買ったわね…」

レッド「うん」

シロナ「まぁ良いわ…行きましょう」テクテク

レッド「待って」グイッ

シロナ「うぐっ、首締まる…な、何よ」

レッド「ジム」ユビサシ

シロナ「あー…あれは違うのよ」

レッド「?」

シロナ「あそこは最後の方に行くから」

レッド「ふーん」

24: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:39:40.39 ID:gELdokYM0
レッド「じゃあ行く」テクテク

シロナ「ん…ってそっちじゃないわよ」

レッド「?」

シロナ「そっちはチャンピオンロードに繋がっててね今はまだ無理なの」

レッド「ふーん…」スタスタ

シロナ(手伝いまくりじゃない…)

レッド「どうしたの?行くよ」

シロナ「なんでもな…って先に行かないでよ!」

26: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:40:11.42 ID:gELdokYM0
トキワの森



レッド「もしかして…強いのかな?」キラキラ

シロナ「そうね、ここに来るまでほとんど無双だったわね」

レッド「そっかぁ…チャンプになれるかなぁ…」ワクワク

シロナ(そりゃ御三家全部揃ってたらそうなるわよ…)

シロナ「っ!」ビクッ

レッド「あ!キャタピー!」ナデナデ

シロナ「あはは…」ダラダラ

28: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:40:43.26 ID:gELdokYM0
レッド「どうしたの?」

シロナ「…なんでもないわよ」ダラダラ

レッド「そう…じゃあね」バイバイ

キャタピー「きゃぴ」バイバイ

シロナ「ふぅ…怖かった…」ボソッ

レッド「?」

29: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:41:22.69 ID:gELdokYM0
三時間後




レッド「…」テクテク

シロナ「…」フラフラ

レッド「…」スタスタ

シロナ「…ねぇ、レッド君…」

レッド「?」

シロナ「なんでずっと動き回ってんの?」ダラダラ

レッド「…ちゅ…」

シロナ「へ?」

レッド「…ピカチュウ…ここで出る…」

30: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:41:58.22 ID:gELdokYM0
シロナ「あぁ…先にニビ行かない…?」

レッド「…じゃあシロナ先に行っといて良いよ」ムスッ

シロナ「あぁもう分かったわよ!お願いだから虫出て来ないで…」

レッド「…?」テクテク

シロナ「どこにいるのよ…三時間てエンカウント率低すぎよ…」

レッド「あ!」

デデデーンデデデーンデデデーンデデデーン

ピカチュウ「ぴか?」

シロナ「きたっ!」

32: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:42:40.21 ID:gELdokYM0
シロナ「やっとよ…」

レッド「可愛い…」オソルオソル

ピカチュウ「?」

レッド「撫でて大丈夫?」

シロナ「いや、それは無理よ…」

レッド「可愛いなぁ」ナデナデ

ピカチュウ「ぴかぁ…」ポワポワ

シロナ「えぇ…こんなことってあるの…野生じゃないじゃない…」

レッド「あ、そうだ!どうやって捕まえるの?」

33: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:43:16.56 ID:gELdokYM0
シロナ「さっき買ったボールを投げるのよ」

レッド「そっか…とりゃ!」つボール

ピカチュウ「?」コテッ

キュワーン デデ デデ ボワン

レッド「出てきちゃった…」

シロナ「おかしいわね…絶対入ると思ったんだけれども…」

レッド「もう一回!とりゃあ!」つボール

35: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:43:53.23 ID:gELdokYM0
レッド「…」

シロナ「…」

ピカチュウ「ぴかぁ?」フリフリ

レッド「う…」グスン

シロナ「あんなにボールあったのにね…」

レッド「じゃあね…」グスン

シロナ「…あぁもう!」

レッド「?」

シロナ「私が捕まえてあげるわよ、だから泣かないの」つハンカチ

レッド「ん…ズビー…でも、いいよ」

シロナ「?」

36: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:44:28.55 ID:gELdokYM0
レッド「最初のポケモンは自分で捕まえたい…」

シロナ「ん…そっかぁ…じゃあ、またお金貯まったら挑戦しようか?」

レッド「うん…じゃあね…」バイバイ

ピカチュウ「ぴかぁ?」トテトテ

レッド「…ぐすん」トテトテ

シロナ「もう、泣かないの…男の子でしょ」トテトテ

ピカチュウ「ぴか」トテトテ

レッド「…ん」トテトテ

シロナ「…っておい!」

37: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:45:04.92 ID:gELdokYM0
ピカチュウ「ぴか」

レッド「あ!ピカチュウ!」

シロナ「はぁ…ボールに入れなくても大丈夫みたいね」

レッド「やった!」

ピカチュウ「ぴかぁ」

シロナ「レッド君と一緒に旅したいみたいね…連れて行ってあげたら?」

レッド「ん…」ナデナデ

ピカチュウ「ぴかぁ…」ポワポワ

38: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:45:36.54 ID:gELdokYM0
ニビシティ


シロナ「そんなこんなでニビシティね」

ピカチュウ「?」

レッド「ジム行く…」

シロナ「ちょっと…まずは回復させないと…」

レッド「そっか…」トテトテ

39: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:46:07.38 ID:gELdokYM0
ポケモンセンター


ジョーイ「はい、みんな元気ですよ」つボール

レッド「ありがと…」

ジョーイ「はぅ…」キュン

シロナ(分かるわよその気持ち…)

レッド「…ジム行って良い?」

シロナ「良いわよ…初めてのジム戦ね。頑張りましょ」

レッド「ん」

42: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:46:39.42 ID:gELdokYM0
ニビジム



グラサンっぽい男「おーっす未来のチャンピオン。ここのジムはうんたらかんたら…」

レッド「ねぇ…」

グラサン「?」

レッド「その未来のチャンピオンってみんなに言ってるの?」

グラサン「ん?まぁそうだな…」

レッド「チャンピオンってそんなに簡単になれるものなの?」

グラサン「それは違うぞ少年。チャンピオンというのはな…」

レッド「だったらさ」

グラサン「?」

43: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:47:14.03 ID:gELdokYM0
レッド「そんなに簡単に口に出すべきじゃないと思う」

シロナ「…」

レッド「チャンピオンってジム戦で勝ってそして、四天王を倒して、チャンピオンを倒して初めてなるもの」

グラサン「…」

レッド「それをそんな簡単に口に出すとチャンピオンに悪いと思うし、せめてこのジムリーダー倒してから言うべき」

グラサン「」

シロナ(なにこれ…)

ピカチュウ「ぴかぁ」

44: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:48:00.54 ID:gELdokYM0
グラサン「そうだな…すまんかった…」

レッド「気にしなくて良い」

グラサン「あ…頑張れよ…」

レッド「ん」

シロナ「…たまにあぁなるの?」

レッド「?」

シロナ「あー…口上手に…」

レッド「ん……グリーンと喧嘩で勝てないから…」

シロナ「あぁ…」

45: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:48:32.06 ID:gELdokYM0
タケシ「お、来たな!そっちの綺麗なお姉さんが戦うのかい?…ってシロナさん!?」

シロナ「私じゃないわ。彼よ」

レッド「ん」つボール

タケシ「おぉ君か…シロナさんは恋人かい?」

シロナ「ちょっそんなんj」

レッド「違う。ただの付き添い」

タケシ「…」

シロナ「…」

レッド「…」

シロナ「ふんっ」チョップ

レッド「いてっ」

46: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:49:04.93 ID:gELdokYM0
タケシ「ははは…じゃあ、行くぞ!」

レッド「ん」

シロナ「頑張ってね」

レッド「ん」

ーーーーー
ーーーー
ーーー
ーー

48: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:51:34.24 ID:gELdokYM0
レッド「勝った!」

シロナ(そりゃ弱点突けるの二匹もいたらね)

タケシ「負けてしまったか…ほらこれがバッジだ」つ

レッド「ん、ありがと」

シロナ「じゃあそろそろ行く?」

レッド「ん」

53: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:53:47.44 ID:gELdokYM0
ニビシティ


シロナ「そういえばレッド君って図鑑持ってるの?」

レッド「?」

シロナ「あー…トキワシティのフレンドリーショップで何か渡されなかった?」

レッド「これ?」つ

シロナ「あぁそれよ…博士に渡せって言われなかった?」

レッド「…後からじゃダメ?」

シロナ「…あぁもう私が行ってくるわよ!待ってて」

55: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:56:19.22 ID:gELdokYM0
五分後



シロナ「はいこれ」つ図鑑

レッド「ありがと…」

シロナ「もう…これっきりだからね」

レッド「ん」

シロナ(そんな気しないけどね…)

レッド「次は…オツキミ山?」

シロナ「そうね…フラッシュが必要ね」

61: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:59:09.51 ID:gELdokYM0
五分後



シロナ「はいこれ」つ図鑑

レッド「ありがと…」

シロナ「もう…これっきりだからね」

レッド「ん」

シロナ(そんな気しないけどね…)

レッド「次は…オツキミ山?」

シロナ「そうよ…ここが入り口ね」

62: 名無しさん 2013/06/07(金) 13:59:50.06 ID:gELdokYM0
>>55
>>61

68: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:06:54.46 ID:gELdokYM0
レッド「…暗い?」

シロナ「そんなに暗くはないわね…なに?怖いの?」ニヤニヤ

レッド「はっ、はぁ?怖くないし…じぇんぜん怖くないから…」

シロナ「ふーん…なら良いわ行きましょ」

レッド「うん…」

69: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:10:42.81 ID:gELdokYM0
オツキミ山


ギャーギャー

レッド「っ!」ビクッ

シロナ「どうしたのー?」ニヤニヤ

レッド「べ、別になんでもないから…」

シロナ「ん…そんなに怖いなら手握ってあげても良いよ?」

レッド「…べつに怖くないけど…シロナが怖いなら手握ってあげても良いよ」ソワソワ

シロナ「…くすっ……そうね…じゃあ手握ってくれる?」

レッド「っ!うん!」ギュッ

シロナ(はぁ…可愛いなぁ)

72: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:15:05.12 ID:gELdokYM0
レッド「ねぇ…シロナはなんでカントーにいるの?」ギュッ

シロナ「んー…チャンピオンでバトルするのも良いんだけどね…」テクテク

レッド「?」ギュッ

シロナ「なんかそればっかりしててさ、レッド君みたいに純粋な気持ちでポケモンと接してないかなって」

レッド「…シロナはポケモンに優しいよ」ギュッ

シロナ「ん…ありがとね…それでも、初心に戻ってみたくて博士に頼んだのよ」

レッド「そっか…あ!着いた!」パッ

シロナ(手離されちゃった…優しいなレッド君は…)

73: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:16:33.80 ID:gELdokYM0
シロナ(ん?何か忘れてるような…)

シロナ「あ!ちょっと待ってて!」

レッド「?」

シロナ「すぐに戻ってくるから!」

レッド「ん?うん」

74: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:19:08.73 ID:gELdokYM0
五分後



シロナ「はいこれ忘れてたわ」つカセキフタツ

レッド「…これ何?」

シロナ「なんか珍しい化石みたいね…二つももらって来ちゃった」テヘペロ

レッド「おー…ありがとう」

シロナ「ん…」キュン

シロナ(ってまた勝手に手伝っちゃったし…)






理科系の男「悪魔だ…悪魔がおったで…」

76: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:23:05.90 ID:gELdokYM0
レッド「…」テクテク

シロナ「もうハナダシティね…」

レッド「!」

シロナ「ん?どうかしたの…あー」

グリーン「よぉレッド、久しぶりだな」

レッド「ん…」

グリーン「相変わらず愛想悪いやつだな」

シロナ「…」ムッ

グリーン「まぁそんなことは良いや、お前もポケモン貰ったんだろ?勝負しようぜ」

レッド「…やだ」

78: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:28:06.14 ID:gELdokYM0
グリーン「良いからしろよな!良いだろ!」

シロナ「ちょっと待ちなさいよ…あなた何でここにいるのよ、もうちょっと先にいるべきでしょ!」

グリーン「な、なんだよあんた…」

シロナ「レッド君のポケモンは洞窟で弱ってるのよ?せめて回復させてから戦うのが筋じゃないの?え?」

レッド「…良いよシロナ…負けたらゴメンね…」グスン

シロナ「…」ギロッ

グリーン「…あーそういえば俺のポケモンも弱ってるから回復させてこようかなーそうしようかなー」アセアセ

レッド「…ホント?」

グリーン「あぁ…その代わり後で絶対バトルな!」タッタッタッタ

82: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:31:23.99 ID:gELdokYM0
ハナダシティ


レッド「着いた…」

シロナ「そうね…とりあえず回復させましょうか」

レッド「ん」つボール

デンデンデデデン

ジョーイ「はい、全員元気ですよ」つボール

レッド「…ありがと」

ジョーイ「はぅ…」キュン

シロナ「デシャヴ!?」

83: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:33:07.20 ID:gELdokYM0
レッド「ジム行く」

シロナ「んー先にあの橋の所でポケモン鍛えましょうか」

レッド「ん」

84: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:35:21.87 ID:gELdokYM0
ゴールデンブリッジ


グリーン「来たなレッド!勝負だ!」

レッド「っ」ビクッ

シロナ「ねぇレッド君が驚いちゃったんだけど?」ギロッ

レッド「お、驚いてないから!」

シロナ「どういうつもりかしら…?」

グリーン「えっと…その…」

シロナ「謝るべきじゃないかしら?」

グリーン「…すまん」

レッド「ん…気にしてない」

85: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:38:01.60 ID:gELdokYM0
シロナ「レッド君は優しいわね」ナデナデ

レッド「撫でるな…」バタバタ

グリーン「あの…」

シロナ「何かしら?」

グリーン「えっと…バトル…」

レッド「…約束だし良いよ」

グリーン「おっおう…」

レッド「…」

グリーン「…」

ピカチュウ「ぴかぁ?」

シロナ「あなたいたのね…」

86: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:43:11.17 ID:gELdokYM0
グリーン「…よし!じゃあ勝負だレッド!」

レッド「ん」

グリーン「行け!ウィンディ(Lv50)!」

シロナ「!?ちょっとタンマ!」

グリーン「なんだよ」

レッド「?」

シロナ「あなた何でウィンディ持ってるの?それ道具必要でしょ?」

グリーン「ふっ…昔おじいちゃんから貰ったんだよ…たまたまガーディに持たせたらこいつになったんだよ」

シロナ「えー…それよりそのレベル何よ!」

グリーン「ふっ…昔おじいちゃんから変な飴貰って食べさせたんだよ」

89: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:47:04.54 ID:gELdokYM0
シロナ「あのジジィ何が孫ばっかり優遇するのはよ……優遇なんてレベルじゃないじゃない…」

グリーン「まぁそんなことは良い!勝負だ!」つボール

レッド「ん」つボール

シロナ(まずいわね…こんなの勝てる訳ないじゃない…)

シロナ「ちょっとレッド君来て」チョイチョイ

レッド「?」トテトテ

シロナ「私が代わりにバトルするわ」コショコショ

レッド「…でもグリーンは」

シロナ「大丈夫よ…私が説得するから」コショコショ

レッド「…分かった」

91: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:51:05.48 ID:gELdokYM0
シロナ「ねぇ…グリーン君だっけ?」

グリーン「あ?そうだけど」

シロナ「ねぇ私とポケモンバトルしない?」

グリーン「えー…俺はレッドと」

シロナ「私ってねとある地方のチャンプなのよ…だから、もし私に勝てたら君がチャンプになるんだけどなぁ…」チラッ

グリーン「…そんなに言うなら仕方ねぇな…良いぜ!勝負だ!」

シロナ「うふふ…お手柔らかにね」

92: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:54:41.66 ID:gELdokYM0
グリーン「蹴散らせ!ウィンディ!」つボール

シロナ「行きなさい!ガブリアス」つボール

ウィンディ「…」

ガブリアス「…」ゴゴゴゴゴ

ウィンディ(…死んだな)

シロナ「ガブリアス!地震よ!」

ガブリアス「がぶ」


ドシャーン


ウィンディ「」

グリーン「ウィンディーー!!!!!」

シロナ「ふっ…まだまだだね」キリッ

94: 名無しさん 2013/06/07(金) 14:56:29.90 ID:gELdokYM0
レッド「すげーシロナって強いんだな」

シロナ「そんなことないわよ…」チラッ

グリーン「…」ズーン

グリーン「お、覚えてろよ!」タッタッタッタ

シロナ「清々しいほどの捨て台詞ね」

レッド「ん…行こう」

シロナ「そうね」

97: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:02:39.77 ID:gELdokYM0
シロナ「そんなこんなで全員倒したわね」

ピカチュウ「ぴかぁ?」

おじさん「君強いなぁ…そうだ君には良いものをあげよう」

レッド「良いもの?」キラキラ

おじさん「そうだよ…はい」つ

レッド「?」

おじさん「これは金の玉だよ」

レッド「金の玉…?」

おじさん「そう、おじさんの金の玉」

レッド「…おじさんの金の玉」

おじさん「おじさんの金の玉」

レッド「おじさんの金nシロナ「ガブリアス!ドラゴンダイブ!」ドゴッ

おじさん「ぎゃー!!」ズドーーーン

98: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:04:57.19 ID:gELdokYM0
レッド「!?」

シロナ「さぁ行きましょうか?レッド君?」ニコッ

レッド「う、うん」ビクッ

おじさん「うっ…」

おじさんの金の玉「」チーン

おじさん「…嘘やん」

102: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:09:10.74 ID:gELdokYM0
マサキの家


レッド「…」

シロナ「…」

マサキ「お、ちょうど良い所に来てくれたわ。ちょっとそこのボタンを…」

シロナ「さ、行きましょうかレッド君」グイッ

レッド「ん」トテトテ

マサキ「ちょ!ちょっと待ってや!」

シロナ「嫌よ。こんな変態見てレッド君がトラウマになったらどうするのよ!?」

レッド「ならない…」ムスッ

マサキ「ホンマに頼むわ…そこのボタン押すだけやから…」

レッド「…分かった」ポチッ

103: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:13:18.45 ID:gELdokYM0
ウイーーーーーン

デンデンデデデン


マサキ「ふぅ…助かったわ…ありがとな少年」

レッド「ん」

マサキ「…名前教えて貰ってええか?」

レッド「レッド…とシロナ」

シロナ「どうも」

マサキ「シロナってあのシロナかいな…別嬪さんやな…」

シロナ「残念ながら私にはもうレッド君がいるから」フフーン

マサキ「はっはっは…レッドもええなぁ、こんな彼女がおって」

レッド「違う…勝手なこと言わないで」

104: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:18:52.17 ID:gELdokYM0
シロナ「…」

マサキ「…」

レッド「…?」

シロナ「ふっ」チョップ

レッド「痛い…」

マサキ「あはは…そんなことよりお礼せないかんな」

レッド「そういうつもりでやったんじゃない…変態が騒ぐと怖いから」

マサキ「……まぁ良いとして!気が収まらんのや、えーっとな…あぁこれやるわ」つ

レッド「?」

マサキ「わいの金のtシロナ「ガブリアス!ドラ」

マサキ「じょっ、冗談や!ほら、船のチケットやで」つチケット

レッド「なにこれ?」

105: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:23:53.25 ID:gELdokYM0
マサキ「クチバで乗れるサント•アンヌ号のチケットやで」

レッド「…ありがと」

マサキ「まぁ気にするなや、そうや、わいのパソコンはどうや?」

レッド「?」

シロナ「あぁ…まだレッド君はパソコン使ってないから…ってあなた名前は?」

マサキ「ん?マサキやで」

シロナ「え…嘘…マサキってあの天才のマサキ…?」

レッド「??」

マサキ「いやぁーそんなことないで」

シロナ「それがこんな変態だったなんて…」

マサキ「…」

106: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:26:38.41 ID:gELdokYM0
マサキ「ま、まぁええわ。そうやレッド、これ登録しといてくれ」

レッド「?」

マサキ「ポケギアの番号や。登録の仕方は分かるよな?」

レッド「ん」コクコク

シロナ「ポケギア持ってたのね…」

レッド「ん…じゃあもう行く。行こうシロナ」グイッ

マサキ「お、そうか、おおきにな」

レッド「ん、おおきにな」バイバイ

シロナ(かっ可愛い…)

107: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:29:05.36 ID:gELdokYM0
シロナ「はい、レッド君」つ

レッド「…ポケギアの番号?」

シロナ「そうよ、離れ離れになった時とかにね」

レッド「分かった…あれ何?」

シロナ「…なんか泥棒に入られてるみたいね」

レッド「ちょっと行って来る!」

シロナ「あぁもう…」

109: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:31:19.96 ID:gELdokYM0
ロケット団「な、なんだお前ら!?」

レッド「ピカチュウ!でんきショック!」

ピカチュウ「ぴかぁ」ビリビリ

ロケット団「あばばば」

レッド「倒した!」

シロナ「そ、そうね…」

住民「おぉ…ありがとう…なんてお礼を言ったら良いか…」

レッド「気にしない」

住民「良い子や…」

レッド「ん…じゃあもう行く」

110: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:34:07.13 ID:gELdokYM0
シロナ「そんなこんなでハナダジム」

ピカチュウ「ぴかぁ?」

サングラス「おーっす未来のチャンp」

レッド「ねぇ…(ry」

シロナ「あぁ…」

サングラス「はい、そうすね…すいません…」

レッド「ん」

カスミ「あんたらなにしてんの?」

112: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:40:00.42 ID:gELdokYM0
レッド「…だれ?」

カスミ「…ここのジムリーダーだけど?」

レッド「何で水着?」

カスミ「…動きやすいからだけど…まぁ良いわ、バトルするんでしょ?良いわよ」

レッド「その格好でするの?」

カスミ「そ、そうよ」

レッド「ピカチュウ使っても危なくないの?」

カスミ「…たぶん大丈夫…」

レッド「怪我するかもよ?」

カスミ「…」

シロナ「ごめんなさいね、彼にも悪気はないの…」

114: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:43:15.39 ID:gELdokYM0
シロナ「その後ジムリーダーのカスミはポケモンに集中が出来ずにレッドに負けたのである」

レッド「???」

シロナ「気にしないの…次はクチバね」

レッド「ん…下の方に行く」

115: 名無しさん 2013/06/07(金) 15:47:18.91 ID:gELdokYM0
地下道


レッド「なんかここいっぱい落ちてる」

シロナ「え?どこに?」

レッド「ほら」つイロイロ

シロナ「へぇ~そんなことあるのね…」

レッド「あ、着いた」

シロナ「着いたわね…次は引き換え券を貰わないと…」

レッド「ん」

135: 名無しさん 2013/06/07(金) 18:44:29.72 ID:gELdokYM0
セキエイ高原



レッド「着いた…!」

シロナ「着いたわね…あ」

レッド「?」

シロナ「私はここでついて行くの終わりだから」

レッド「え?」

シロナ「レッド君もだいぶ強くなったし…それにシンオウの方もほったらかしにしてるし…」

レッド「やだ…」

シロナ「…」

レッド「やだ…」

137: 名無しさん 2013/06/07(金) 18:51:29.26 ID:gELdokYM0
シロナ「レッド君…」

レッド「シロナも一緒が良い…」グスッ

シロナ「…あなたは挑戦者なの…これ以上甘えちゃダメよ」ナデナデ

レッド「…シロナとはもう会えないの?」

シロナ「…レッド君がもっと強くなったら会えるわよ」

レッド「分かった…それまで待っててくれる?」グスッ

シロナ「もちろんよ」ニコッ

レッド「ん…」ゴシゴシ

シロナ「ほら…扉が開いたわよ」

レッド「…待っててね…」

シロナ「…はい」

バタン

シロナ「…」ゴシゴシ

138: 名無しさん 2013/06/07(金) 18:56:53.36 ID:gELdokYM0
それから数年後


シロナ「はぁ…疲れた…」

女「お疲れ様です…えっと…次の挑戦者がもう…」

シロナ「全く…あの頃は楽しかったなぁ」

女「あはは…それじゃあお願いします」

シロナ「はいはい…次の子は…」

シロナ「うふふ…待たせすぎよレッド君」



終われ