1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 22:53:06.290 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「さっそくおもちゃにして遊ぼ〜w」ニギッ

俺「く、くそ、離せ巨人め!玩具って…一体俺をどうするつもりだ…!」

でっかいお前ら「んーっとね、まずはお尻の穴に頭突っ込んで〜」ズププ

俺「んむっ!?んおっ、お!?んぐぅぅ〜ッ!??!」

でっかいお前ら「そのままオナラすりゅっ!w」ブボッブリリュ

俺「っっっお゛ェェ!??!!」ビクゥンッ

引用元: ・でっかいお前ら「俺くんみーっけw」俺「ひぃぃ…」

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 22:54:35.804 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「やべw 身も出ちゃった…♡ 頭うんこに埋もれてんじゃんすぐ堀り出してあげるからねw」

俺「んぐっ、げほげほ!ごほっ、がぁぁっ!!」ヒュ-ヒュ-…

でっかいお前ら「危ねぇうんこで窒息死させるとこだったw 糞に埋もれて逝くとか絶対嫌な死に方だわ〜」

俺「ぐぅぅ…殺゛してや゛るぅ…!絶゛対殺゛ずっ!!」

でっかいお前ら「ただの人間が巨人に勝てる訳ないじゃん。お前らがちょっと指に力込めるだけでぇ…」グッ

俺「ひぎッ…がっ!あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛!!!!!!!!!」ミチミチミチミチィッ

パァァァァァァンッッッ!!!!!!!

でっかいお前ら「簡単に粉々の肉片になっちゃう貧弱な生き物の癖に何言っちゃってんの?w おぉ〜?」ケラケラケラ

8: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 22:56:39.623 ID:/1rUBU2ba
バラバラになった俺の肉片「」ウネウネウネ…

俺「……ぷはぁ!あれ…確か俺巨人に握りつぶされて…な、なんで…」

でっかいお前ら「あ、起きた?どうして潰されたのに生きてるか不思議?巨人はねぇ、人間で遊ぶ時すぐに壊れないよう不死の呪いをかけるんだよ?w」ニヤニヤ

でっかいお前ら「不死の呪いをかけられた人間はいくら粉々になろうと全身の細胞を一つ残らず消しとばそうといつの間にか自然と再生してるんだw これで君は永遠にお前らのおもちゃ決定〜♡」

俺「な、なんだよそれ…じ。じゃあ俺はずっと今みたいに巨人になぶり殺され続けるってことかよ…」フルフル

でっかいお前ら「そうw 巨人にとって人間を潰すのは、人間がプチプチを潰すのと同じようなもんなんだ♡すっごく癖になって楽しーのw」グチュッ

「ぶぎゃびっ☆!?」パァァァァンッ!

9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:03:16.915 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「うは♡ 人間が潰れてただの肉塊になっていくこの感触たまんねw」ニギニギ

「ぎゃぷっ!?」グチャァァンッ!

「ぽぎ??ぁあ★!!」ボキボキブチャァァンッ!

ウネウネウネ…

俺「ぷはぁ!はぁはぁ…痛ぇ…くそぉいくら蘇るからって痛いし死ぬのは怖ぇよ…もうやめて殺さないで…っ」

でっかいお前ら「次はお尻でのしかかって潰しまーすw」ダァァァァンッッ!

「ひぎゃべ」プチャッ♡

でっかいお前ら「今だ、潰れた肉片お尻の穴に詰めてお尻の中で復活させてあげよw」グリグリ

潰れた俺の肉片「」ウゾウゾ…

俺「ぷはぁ!っォエ゛臭!なんだここっ!?」

でっかいお前ら「wwwwwww」

10: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:06:10.657 ID:/1rUBU2ba
俺「あっあっ…さっきの糞の匂いと一緒だ…まさかここ」

でっかいお前ら「せいか〜い、ここはお前らのアナルの中でーす♡」キャッキャッ

でっかいお前ら「おら喰らえ人間さんをおもちゃにして鍛えた括約筋のアナル締めはどうだ!?」キュッ

徐々に潰れていく俺「いぎッ!?がっ…グェェ、ぶぎぁ☆」グチュチュ…ウネウネウネ

俺「ぷはっ!ぁっ…ぁぁ…!?ぅああっ」ギチギチギチ

でっかいお前ら「潰す度に再生して穴ん中刺激してきて…最高のアナルプラグじゃんw オラオラどうしたもっと抵抗してもいいんだぞ?♡」キュッキュッ

俺「く、くそ来るな!潰れるっ、やだ死にたくないもうこんな場所で死にたぐないぎぃ★!??!」グチャッ

でっかいお前ら「んんんケツん中で人間さんが暴れるのぎもぢいいいいいっ♡」ドピュッ

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:08:05.413 ID:/1rUBU2ba
グチュッ、ウネウネ…ブチュッ、モゾモゾ…ビチャッ、ウゴウゴ…

俺「ヒュ-ヒュ-…」デロンッ

でっかいお前ら「アナルから顔だけ出てるww コンニチワ!コンニチワ!www」

俺「コン…イヒっ、コンにチわ!こンニチワ!ww」ケラケラ

でっかいお前ら「あれ…潰しすぎてもう壊れちゃった?」

でっかいお前ら「あ、違うわ…ケツの穴で何回も再生させたから脳の中にうんこ混じって再生しちゃったんだ!うんこ人間だウケるー♡」ケラケラケラケラァ

おレ「うんコ人間ww ぉれウンこにンゲっひヒヒ!💩うひっwww あ゛ーーーっwwww」ダンダンダン

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:10:30.811 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「うんこ人間面白っw でも壊れたまんまじゃ潰し甲斐がないからうんこ洗いながしてあげないとね」俺をおちんちんの先っちょにピトッ♡

オれ?「ん?!💩ひ〜?あ゛っあ゛ーーー♪」キャッキャッキャ

でっかいお前ら「ふぁっ!」おしっこシャ------ッ!!!

ォレレ?レレ「ぷぎュビビイイガ」水圧で肉を削られていく俺レレレレレ

ビチャァ--ンッ☆

ウネウネウネ…

俺「ァッ…ァ」ピチピチ…ピチピチ…

でっかいお前ら「再生しても死んだ時の痛みで痙攣してるww 打ち上げられた金魚みてぇ〜」

俺「クソォ…くそぉ…っ」ポロポロ…

13: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:11:50.221 ID:/1rUBU2ba
その後も俺は幾度となくお前らに殺され続け数ヶ月が経った

でっかいお前ら「チタタプチタタプ…」ダンダンダンダンダンッ

俺肉「……っ」グチャグチャッ

ウネウネ…

俺「……」ス-ン

でっかいお前ら「はぁ…そろそろ慣れてきてどんな殺し方でも全然反応しなくなってきたなぁ…」

俺「はっ…ざまあみろ。お前を楽しませるようなことするか…わかったら呪い解いて一思いに殺せよ…」

ピンポ-ン…「宅急便でーす」

でっかいお前ら「おっ、届いた届いた、はーい♡」

俺「……?」

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:14:45.448 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「へへ…痛みに慣れちゃった人間さんにいいモン買ってやったぞ。ほらこれ見ろ」

俺「な、なんだよその液体…」

でっかいお前ら「媚薬だ♡ これ使えば殺されることにすら快感を感じて、その快楽に飽きることは絶対にないんだってさw」

俺「ヒ…い、嫌だ…そんなもん絶対飲みたくない!」ゾワゾワァ

でっかいお前ら「おーやっと表情変わった〜w ますます媚薬使うの楽しみ〜♡」

俺「ひぃぃっ!」ガクガク

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:17:31.733 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「それじゃあ媚薬用意するから待っててね〜♡」

俺「ぜ、絶対にそんなもん飲まねえぞ!ははは、飲まなきゃ効果ねぇよなざまあみろ無駄な買い物だ!」

でっかいお前ら「誰が飲ませるって言った?瓶に直接放り込んで媚薬漬けにするんだよ」ヒョイッ

俺「え…あっ」プラ-ン

でっかいお前ら「この媚薬グツグツに煮えたぎってるからw 熱で溶けて再生するうちに身体に媚薬が染み渡っていくって訳よ。だから人間さんの意思なんて関係ありませーん♡」

俺「やだ…ヤダヤダヤダ助げで…落どざないでやだぁぁ!!!ごめんなざいごれからは死ぬ時悲鳴あげで巨人ざんが楽じめるよう努力ずるがらぁ!だがら助け…」ヒュ-ン…ボチャンッ

溶かされていく俺「っっっあ゛熱゛ぁぁぁ!!!からカラだ溶゛げっどゲあ゛あ゛あ゛あ゛っっ///♡♡♡♡ シシシシ死゛ぬッっのに気゛持ちイッいいあ゛あ゛あ゛あ゛あ゛や゛だああああああっ開けてっ、ごご開゛ゲっあ゛ぁァあ゛ぁ♡♡♡♡♡♡♡♡♡」ビクゥ-ンッドンドンドンッ

でっかいお前ら「さてと、このまま1週間くらい放置するか。次開けた時こいつがどれだけ狂ってるか楽しみ〜♡」キュッ…フタシメ-

溶けて媚薬と一つになっていく俺「ヤダッ、助゛げ!戻っでぎデ…ぅ…ァ、あ゛ぁァア゛@あ愛゛亜★゛襾゛熱゛茜゛♥︎啞゛♪ ………♡♡♡♡♡♡♡♡♡」ドロドロ…ブクブクブクゥ…

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:24:44.828 ID:/1rUBU2ba
1ヶ月後

でっかいお前ら「いっけね♪ 1週間のつもりが1ヶ月も放置してたわ。すぐに瓶開けてあげないと…」バチャァッ

媚薬一体化俺「ッヒ…ウヒッアッアァ♡」ビクンビクン

でっかいお前ら「うわなんだこの化け物!?快楽で死ぬのを飽きさせないだけのハズなのに…なんで…?」

でっかいお前ら「……ん、あれ…ヤベ、これ人間用じゃなくて巨人用の媚薬だったわwww」

媚薬一体化俺「ぉオオオッ///♪ カヒュッカヒュッ」

媚薬一体化俺「コロシテ♡ 俺ノごドコロジデェェ///♡♡♡」ビクンビクンッ

でっかいお前ら「もう身体ぐちゃぐちゃに溶けて原型留めてねぇ〜w そんなに殺して欲しいならまた潰してやるよ化け物w」ブニュッ

「う゛ひィぃ///♪ッ☆♡」ビチャァ-ンッ

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:27:07.472 ID:/1rUBU2ba
飛び散った俺の肉片「」プルプル…ビクゥッ!ビクゥンッ!

でっかいお前ら「飛び散ったスライム状の身体一つ一つがピクピク感じてイッてるのわかるww 気持ち良さそう〜♡ てかもうここまでくると人間ってよりモンスターだな。スライムモンスターだww」

ウネウネウネ…

スライム俺「ぷはぁ!ギモヂヨガッダァ…♡ モット…もっといっパい殺しデぇぇっ///」キュンキュンキュン

でっかいお前ら「てかこいつオナホにすれば最高じゃね?うはオレってやっぱ頭いい〜www」

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:34:38.912 ID:/1rUBU2ba
アシリパ「俺くんはアイヌの言葉でいくら痛めつけてもいい物って意味があるんだ。痛めつければ痛めつけるほど俺くんは美味しくなるんだぞ」

でっかいお前ら「スライム状だしローションいらずだなおいw さっそく挿れるぞ〜」ズププ

スライム俺「いひィ///!? コれチンポ…!お前らチンポッ!巨人ちンポ身体の中入って熱゛ぃィィ〜///♥︎ じあわぜ〜〜〜っ!!!!」グツグツグツ

でっかいお前ら「んほぉぉ♡ スライムがグツグツ煮えたぎってきた…ヤベこれちんぽあったまって気持ちいい〜♪」

でっかいお前ら「……てか気持ち良すぎでしょ…あっ、ヤバイ巨人用の媚薬吸ってるからちんぽを通じてこっちにもきてんだ。ヤバイヤバイすぐ抜かなきゃ」ズルル

スライム俺「んにぃぃぃ〜〜????♥︎♥︎♥︎」ネタァァァ-ッ

でっかいお前ら「ひぃぃ身体が伸びてまとわりついてく…う゛ぉぉっ尿道挿゛っでぐんなっ///!ヤベイグ!ごんな化け物にイがざれっ…お゛ぉぉ〜〜〜〜〜♡」ビュルルル-ッ

スライム俺「っっっ〜〜〜///」精子ゴクゴク…

ポコポコポコポコ…ビチャァンッ!

スライム俺「ぴキィィア゛あ♡」ドロ-ンッ

でっかいお前ら「ひぃ!お前らの精子から新しい俺が!!!!」ビクゥ-ッ

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:39:11.976 ID:/1rUBU2ba
スライム俺「ねぁ…お父サン…お父サン」ニュルニュル…

でっかいお前ら「や、やめろ!来るんじゃないオレの中゛に挿゛っでぐるな゛っ///!!!」プルプル

でっかいお前ら「うあ゛っ♥︎」ドピュゥッ

プルプルプル…キュポンッ

スライム俺「ん゛にぃあ〜〜〜っ♡♡♡」新しい生命のタンジョウ-ッ

でっかいお前ら「う、うああ…ヤバイヤバイこれ無限に増えるヤツじゃ…イク度に増えてさらに入ってきて…無限ループじゃんごれやばイグぅぅぅ♥︎♥︎♥︎」ビュルビュルビュル

スライム俺たち「「「ねぁぁぁ♡」」」ポコポコポコ-ンッ

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:42:54.449 ID:/1rUBU2ba
でっかいお前ら「オ゛ぉ♥︎ 死゛ぬ…イぎ死゛ぬ゛っ…はやぐごごがら抜け出さないどぉ…!!!」ズルッ…ズルッ…

無数のスライム俺たち「「「父さン…お父サン」」」ニュルニュル

でっかいお前ら「追ってぐるなあっぢいげぇ!!!」ゲシゲシ

「「「オトウサンオトウサンオトウサンオトウサンオオウサン」」」」

「「「「シュキシュキシュキシュキシュキシュキ」」」」

「「「「「オマエラシュキシュキダイスキアイシテルオマエラシュキ〜ッ♡」」」」」

「「「「「「「「「「♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡♥︎♡」」」」」」」」」」

でっかいお前ら「う゛わ゛あ゛ーーーーーーーーーーーッッッ!!!!!!!!」

ジュルジュル…

キュポンッ♡



でっかい俺「……」

でっかい俺「んなぁぁぁ///♡♥︎♥︎」お腹サスサス…

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2021/10/20(水) 23:49:29.929 ID:/1rUBU2ba
その後、俺はお前らと一体化してからも増殖を続けた。そして星を覆い尽くすほどの大きさになると宇宙へ飛び立ち、またさらに星を喰らい大きくなっていった…

そして…

宇宙俺「んなぁぁ…ぁーーー……ひェあぁぁぁ♡♡♡」ボコボコボコボコッ…!!!(無限に質量を増大させていく俺)

プルプル…グパァッ!

宇宙お前ら「おぎゃぁーっ!おぎゃぁーっ!」

宇宙俺「ハ-ッハ-ッ…♡ お前ラララぁぁぁぁ♪ ペロペロ…チュッチュッ」

宇宙お前ら「ママしゅきぃ♡ 俺お前らノママぁ♪」

宇宙俺「んにゃぴ…俺もお前らシュキィ、ソウシソウアイ///」

2つの宇宙「「あぁぁぁぁぁ♡♡♡♡」」グルグル

ポコポコポコ…!

無数の俺とお前ら「「んあああああああ♡♡♡♡」」

こうして俺とお前らは宇宙となって一つに溶け合い無限に広がり続けている。きっとその宇宙の中のどこかにまた俺とお前らがいて、愛し合い一つになりまた新しい宇宙が生まれていく

こうして世界は俺とお前らの愛によって広がっていくのであったw


HAPPY ENDっ♡