1: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:25:04.023 ID:BOv019/e0
格闘家「セヤァッ!」バキッ!

キックボクサー「うりゃッ!」ドゴッ!

ワー… ワー…

審判「判定! 勝者、キックボクサー!」

キックボクサー「よっしゃーっ!」

格闘家(ちくしょう、また負けた……)

ブーブー…

格闘家(くそっ、ブーイングまで……)

引用元: ・格闘家「お前ネットで俺のことバカにしてたよな?」

3: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:29:08.192 ID:BOv019/e0
格闘家「ネットを見ると……」



『格闘家弱すぎィwwwww』

『また負けやがった。情けねえ』

『さっさと引退しろカス』



格闘家「クソがッ! 目の前にいればお前らなんか一撃で殴り倒せるのに!」

4: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:31:45.435 ID:BOv019/e0
格闘家(特にこの人気ブログの主が酷い。“自称・格闘技通”らしいが――)



『判定負けとか一番ダメな奴じゃねーか』

『パンチが大振りばかりでマジで終わってる』

『こんな奴、俺なら5秒で倒せるw』



格闘家「5秒だと!? 俺こそお前なんざ3秒で倒せるわ!」

5: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:34:29.050 ID:BOv019/e0
―ジム―

格闘家「うおおおおおっ!」

ドスッ! ボスッ! ドガッ!



「うおっ、すげえ勢い。サンドバッグブッ壊しそうだぜ」

「荒れてるなぁ……無理もないけど」

「パワーがあってもそれを生かせなきゃな……」

ヒソヒソ… ヒソヒソ…

6: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:38:07.835 ID:BOv019/e0
格闘家(あー……ついスマホでネットを見てしまう。相変わらず俺は叩かれてる)

格闘家「ちくしょう……ネットの奴ら、ブッ殺してやりたい!」

商人「こんにちは」ニタァ…

格闘家「! ……なんだ?」

商人「私は商人です」

格闘家「商人ン?」

商人「あなたはプロ格闘家の方ですよね。テレビにも出てらっしゃる」

商人「しかし、いつ頃からか戦績は振るわなくなり、近頃はあなたを誹謗する声も多いとか」

格闘家「……喧嘩売ってるのか?」

商人「いえいえ、あなたに面と向かって喧嘩を売るなんて正気の沙汰じゃありませんよ」

格闘家「フンッ、だろうよ」

格闘家(そんな奴いるわけがない。ネットの連中が俺を叩くのもネットという安全地帯だからだ)

8: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:41:08.408 ID:BOv019/e0
商人「そんなあなたに、いい商品を売ってあげましょうか」

格闘家「なんだ? まさか強くなるクスリでも売ってくれるのか?」

商人「残念ながら、そういう商品は扱ってません」

商人「私が売るのは……『ネット上の書き込みに対し、その書き込み主のところにワープできる装置』です」

商人「興味ありませんか?」

格闘家「!」ピクッ

商人「おや? 顔色が変わりましたね。心当たりがあるとか?」

格闘家「うるさい!」

9: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:46:02.634 ID:BOv019/e0
商人「この装置がそうです」

格闘家「……!」

格闘家(なんだ……この感覚。普通に考えたらこんなの詐欺に決まってるのに、格闘家としての勘がいってる)

格闘家(この装置は“マジ”だと)

格闘家「あんた、いったい……」

商人「お値段は10万円。一括払いでお願いしたい。さあ、どうします?」

格闘家「……!」

格闘家(この流れ……買って使ったら絶対不幸になるやつじゃねえか。フィクションでよくあるやつだ)

格闘家(こんなの絶対買わない方がいいに決まってる)

格闘家(だけど……。あのネット上の書き込みを思い出すと……)

10: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:48:17.736 ID:BOv019/e0
格闘家「買うよ」

商人「代金は……」

格闘家「ほら、10万円」バサッ

商人「さすがプロ格闘家、支払いも豪快ですね」

格闘家「生憎落ち目だし、そこまで金持ちじゃねえよ。だが、買う価値はある」

商人「ありがとうございます。お持ち帰り下さい」

格闘家「……」

格闘家(これでようやく、俺をバカにする奴を――)

11: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:51:11.122 ID:BOv019/e0
格闘家「狙いはもちろん……このブログの野郎だ」

格闘家「今日も俺のことを侮辱してやがる」



『格闘家マジオワコンw近々やるであろう引退試合でも無様にKOされてほしーなーw』



格闘家(使い方は簡単。書き込みに装置を向けて、スイッチを押せばいいんだったな)

格闘家「それっ!」ポチッ

ビューンッ!

格闘家「うおおっ!?」

12: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:54:11.543 ID:BOv019/e0
格闘家「……ここは……」

「ん?」

格闘家(本当に……飛んだ。装置を信じて10万払ったのに、驚いちまった)

「あんた……格闘家か!」

格闘家(ということは、こいつがあのブログの主……!)

格闘家(今まで散々俺を侮辱した分を返してやる! 素人だろうがかまわねえ、ブチのめしてやる!)

格闘家「お前ネットで俺のことバカにしてたよな?」

13: 名無しさん 2021/11/26(金) 18:57:08.180 ID:BOv019/e0
格闘家「――って、え?」

老人「……」

格闘家「え……? あれ……?」

格闘家(爺さんじゃねーか! こんな爺さんがあんなブログ作って、あんな中傷を……)

格闘家(俺はてっきりオタクみたいな風貌な奴かと……)

老人「ワシに用かね?」

格闘家「あ、いや……。俺をネットでバカにした奴を叩きのめそうと思ってたけど……」

格闘家「あんたみたいな爺さんを叩きのめす趣味はねえよ。やめとくわ」

14: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:00:23.197 ID:BOv019/e0
老人「遠慮せずやってみるといい」

格闘家「は?」

老人「せっかく来たんじゃし、やってみるがいい。散々バカにされた借りを返したいんじゃろ?」

格闘家「まぁな。だけどこれでも老人には優しいんだよ俺は」

老人「怖いのか?」

格闘家「あ?」

老人「ようするに怖いから逃げるんじゃろ? 実物はとんだヘタレじゃな」

老人「またおぬしをブログでバカにするネタが増えたわい。ほっほっほ」

格闘家「てめえ……!」

老人「悔しいならこのジジイに一発ぐらいパンチを当ててみるんじゃな。ザコ格闘家くん」

格闘家「やってやろうじゃねえかァ!!!」

15: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:03:33.029 ID:BOv019/e0
ブオンッ!

格闘家「!?」

ブンッ! ブブンッ! シュッ!

格闘家「あ、当たらねえ!?」

老人「だからブログにも書いてるじゃろ。そんな大振りパンチじゃ勝てんぞい」

格闘家「クソォ!」

バオッ!

老人「ほいっ」ヒョイッ

格闘家「ダアッ!」

老人「カウンターでも喰らわすかの」シュッ

スコンッ

格闘家「あ……」ガクッ

老人「ダウンじゃな。綺麗に入ればこんな年寄りのパンチでもよく効くじゃろうて」

16: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:06:01.066 ID:BOv019/e0
格闘家「はぁっ、はぁっ、はぁっ……」

老人「いやー、久々にいい運動したぞい」

格闘家(マジか……俺は本気でやった! なのに全然当てられなかった……! それどころかダウンまで……!)

老人「落ち込んでるようじゃな」

格闘家「……」

老人「どうじゃな、ワシから提案がある」

格闘家「?」

老人「ワシの弟子にならんか?」

格闘家「!」

17: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:09:34.584 ID:BOv019/e0
老人「前から思ってたがおぬしのパワーは惜しい。ワシの教えを受ければきっと生かせるようになる」

格闘家「う……」

格闘家(なんてこった……俺をネットでバカにしてる奴をボコにするはずが……返り討ちにされて……)

格闘家(だが、強くなれるんなら……!)

格闘家「弟子に……なりたい」

老人「なりたい? 弟子になりたい者の態度かな?」

格闘家「弟子にして下さいッ!」

老人「いいじゃろう」ニコッ

18: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:12:36.090 ID:BOv019/e0
格闘家「なんで座禅なんか……」

老人「おぬしに足りないのは精神修行じゃ」

老人「そのあり余るパワーを制御できる心を持たねば、いつまでたっても三流じゃぞ」

老人「どうせジムでもトレーナーの言う事を聞かなくなってたんじゃろう」

格闘家「うぐ……(いちいち痛いところを突きやがる)」

老人「さあ、大人しく座禅するのじゃ!」

格闘家「分かったよ……」

老人「とりあえず、三時間はやってもらおうか」

格闘家「マジかよ~!」

19: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:16:00.887 ID:BOv019/e0
それからというもの――

格闘家(昼は今まで通りトレーニング。筋力をつける!)

格闘家「ふんっ!」グンッ

トレーナー「おおっ、ベンチプレス記録更新だ!」

格闘家「はいっ!」

トレーナー(このところずいぶん素直になったな……。よほど連敗してるのがこたえたのか)



格闘家(夜は師匠のところで、精神的に鍛え直してもらう!)

老人「水じゃ。自分は水になったと意識するんじゃ!」

格闘家「はいっ!」ユラ…

老人「ええぞ。気が静かに充実している!」

格闘家「ありがとうございます!」

20: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:18:11.511 ID:BOv019/e0
やがて――

老人「呼吸を整えて……体内に力を蓄えて……」

格闘家「……」スゥ…

老人「蓄えた力を爆発させるのじゃ!」

格闘家「ふんっ!!!」

ボッ!

老人(なんという突き……! あっという間にこのワシを超えていきおったわ……)

21: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:20:56.008 ID:BOv019/e0
老人「見事じゃ」

格闘家「ありがとうございます」

老人「恵まれたパワーにワシの技を身に付けたおぬしは、もう誰にも負けんじゃろう」

格闘家「たしかに負けないようにしたいですね。特にある“一人”には」

老人「む?」

格闘家「俺が格闘の道をゆくのは己に負けないためですから!」

老人(もはや、そのような境地に……成長したのう。ワシのところに飛んできた時が懐かしい)

23: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:23:46.482 ID:BOv019/e0
トレーナー「次の試合が決まったぞ」

格闘家「相手は?」

トレーナー「デビュー以来無敗の若手だ。しかも全てKO勝ちを収めてる」

トレーナー「言いにくいが、ここでお前を踏み台にして次のステップに進もうという算段だろう」

格闘家「俺はかまいませんよ。相手がどういう気持ちであれ、全力を尽くすのみです」

トレーナー「お前、本当に変わったなぁ……」

24: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:26:59.008 ID:BOv019/e0
ワーワー… ワーワー…

若手「よう、“おっさん”。わざわざリングに恥かきにきてくれてご苦労さん」

格闘家「……」

若手「今日の観客、ほとんどが俺目当てだぜ。女の子も多い」

若手「最近の落ち目のおっさんなんてワンラウンドでKOしてやるぜ。せいぜい引き立て役になってくれや」

格闘家「ああ、楽しみにしてる。いい試合をしよう」

若手「!?」

若手(なんだこいつ、気持ちわりッ。まぁいい、一発で終わらせてやるぜ)

25: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:30:08.365 ID:BOv019/e0
若手「いくぜぇ!」ダッ

格闘家「フンッ!」

ドウッ!

若手「げぼぉっ……!」ドサッ

審判「そ……そこまで!」

実況『KOォ! なんと格闘家、若手のホープを一撃で仕留めてしまいました!』

実況『これはまさかまさかの大波乱です! 格闘家、まだ終わっていなかったァ!』

ワァァァ……!!!

26: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:33:30.393 ID:BOv019/e0
格闘家(やりましたよ、師匠……!)



『やべー、格闘家が強くてマジビビったwこれからどんどん勝利重ねるかもしれねーな!』

『とりあえずおめ!』



格闘家(師匠、ブログでの口調は相変わらずだな……)

格闘家「だけど、どんどん勝ちを重ねてやる! 格闘の高みを極めるためにも……!」

27: 名無しさん 2021/11/26(金) 19:36:24.460 ID:BOv019/e0
商人「……」

娘「あれ? お父さんもテレビで格闘技なんて見るんだ」

商人「私とて男ですからね。それなりに格闘技に興味はありますよ」

娘「ふうん。自分の扱ってる変な商品にしか興味ないと思ってた」

商人「変な商品とは失敬な。私は世のため人のためになる商品を扱ってますよ」

娘「にしても妙に嬉しそうだね」

商人「それはまぁ、昔から応援してた贔屓の選手が活躍するというのは嬉しいものですよ」







おわり