1: 名無しさん 22/06/13(月) 23:12:01 ID:RuxO
・設定の元ネタはUNION@IRTV第9回第10回です。

・ここから読んでも大丈夫です。

引用元: ・松田亜利沙「ニュース765TV」宮尾美也「第72回」

no title
no title
no title
no title
2: 名無しさん 22/06/13(月) 23:12:36 ID:RuxO

松田亜利沙「」ペコッ

亜利沙「皆様、いかがお過ごしでしょうか」

亜利沙「ニュース765TVの時間です」

亜利沙「この番組は、劇場の細やかな日常をお伝えする番組となっております」

亜利沙「申し遅れました。わたくし、キャスターの松田亜利沙です」

亜利沙「よろしくお願いいたします」

3: 名無しさん 22/06/13(月) 23:13:03 ID:RuxO

双海亜美「アシスタントの双海亜美です」

宮尾美也「同じくアシスタントの宮尾美也です」

亜利沙「本日は、この3人でお送りしたいと思います」

亜利沙「それでは、最初のニュースです」

4: 名無しさん 22/06/13(月) 23:13:25 ID:RuxO


亜利沙「劇場ミニライブ開催」

5: 名無しさん 22/06/13(月) 23:14:11 ID:RuxO
亜利沙「先日のアイドル松田亜利沙の誕生日に、劇場ミニライブが開催されました」

亜利沙「アイドル福田のり子や如月千早らが歌を披露するなど盛り上がった上に」

亜利沙「普段のライブとは違い撮影OKということもあって」

亜利沙「松田亜利沙は感激した模様です」

6: 名無しさん 22/06/13(月) 23:15:14 ID:RuxO

美也「誕生日公演の後でしたね」

亜利沙「そうですね。トップからのり子コールを亜利沙コールにしていただいたり……本当、わたくしのための特別なステージでした」

亜美「千早お姉ちゃんは亜美のイタズラで、朝ごはんを歌うことになりましたね」

亜利沙「心の準備ができてなかったようで、珍しくカクカクした歌声もかわいかったです」

美也「そうでしたね」

7: 名無しさん 22/06/13(月) 23:16:21 ID:RuxO

亜美「初期の鉄板ネタをかわいい扱いは逆にかわいそうですよ」

美也「そうなんですか?」

亜利沙「と、とにかく、改めて御礼を申し上げます。皆さん、本当に、本当にありがとうございました!」

亜美美也「おめでとう」パチパチパチパチ

亜利沙「続いてのニュースです。双海亜美さん」

亜美「はい」

8: 名無しさん 22/06/13(月) 23:16:44 ID:RuxO


亜美「双海亜美、全力楽しませる宣言」

9: 名無しさん 22/06/13(月) 23:17:32 ID:RuxO
亜美「アイドル双海亜美が、アイドル歴史館のイベント後」

亜美「みんなを全力楽しませる宣言をしていたことが明らかになりました」

亜美「これは、いずれ時空も超越する最強のアイドルになる第一段階として思ったためで」

亜美「カエルのおもちゃでイタズラしながら宣言したとのことです」

10: 名無しさん 22/06/13(月) 23:20:10 ID:RuxO

亜利沙「イタズラしながら、というのが、らしいですね」

亜美「亜美のアイレンピーですからね」

亜利沙「アイデンティティですよね」

美也「私もそのイベントには参加しましたが、時空を超越するんですか?」

亜美「そうですね。亜美はタイムマシンに乗りたいです」

亜利沙「夢が広がりますね……続いてのニュースです。宮尾さん」

美也「はい」

11: 名無しさん 22/06/13(月) 23:20:34 ID:RuxO


美也「宮尾美也、文武両道」

12: 名無しさん 22/06/13(月) 23:21:48 ID:RuxO
美也「アイドル宮尾美也が文武両道であることが明らかになりました」

美也「普段は趣味の囲碁や将棋の腕を磨きつつ」

美也「最近はアイドル北上麗花に誘われた登山や、ボルダリングでも充実」

美也「頭も体も鍛えて、どんどん強くなっている模様です」

13: 名無しさん 22/06/13(月) 23:23:43 ID:RuxO

亜美「やばいですね。亜美の最強アイドルへの道が早くも閉じられそうです」

亜利沙「頑張ってくださいよ……しかし、仕事も勉強もされていて、ひなたぼっこもされて、それだけの時間がよく確保できますね」

亜美「つまり既に時空をゆがめてる……ますます亜美に勝ち目なくないですか?」

美也「亜美ちゃんも、私の年齢になるころには、出来ると思いますよ」

亜美「なるほど。頑張ります」

亜利沙「それは……続いてのニュースです」

14: 名無しさん 22/06/13(月) 23:24:07 ID:RuxO


亜利沙「水瀬伊織、SNS開設」

15: 名無しさん 22/06/13(月) 23:25:01 ID:RuxO
亜利沙「アイドル水瀬伊織が個人のSNSを開設」

亜利沙「すると、一瞬にして莫大なフォロワーがついたことが明らかになりました」

亜利沙「その後の何気ない投稿も、まるで声がついているかのように感じられ」

亜利沙「毎回莫大な反応を得られている模様です」

16: 名無しさん 22/06/13(月) 23:26:17 ID:RuxO
美也「これって、本当にすごいですよね」

亜利沙「そうですね。仕事情報より、食べた物の情報が多いですが、それであれだけ反応を稼げるのはすごいですね」

美也「負けてられませんね。私ももっと写真や動画でアピールしないと、ですね」

亜美「みやみやのは腕のマッチョが気になりますね」

亜利沙「他の皆さんのも楽しみにしてますよ。続いてのニュースです」

17: 名無しさん 22/06/13(月) 23:26:41 ID:RuxO


亜利沙「永吉昴、不慣れな髪型」

18: 名無しさん 22/06/13(月) 23:27:38 ID:RuxO
亜利沙「アイドル永吉昴が不慣れな髪型に苦戦していたことが明らかになりました」

亜利沙「これは、こちらも不慣れなウェディングの仕事用に合わせるためでしたが」

亜利沙「『不器用さんでも簡単』という動画も役に立たず」

亜利沙「編み込みは半分諦めた模様です」

19: 名無しさん 22/06/14(火) 22:40:26 ID:FCEC

美也「本番ではすごく綺麗な編み込みでしたけどね」

亜利沙「その時は髪型はセットしてもらった、とのことでした。今は慣れてきたみたいで自力でも出来るようです」

亜美「髪型はいいとして、ウェディングの仕事に慣れてそうな15歳っているんですか?」

亜利沙「あの世代だと星井美希さんですかね」

亜美「あっそっか。ミキミキ15歳だった、ですね」

20: 名無しさん 22/06/14(火) 22:42:19 ID:FCEC

美也「でも、昴ちゃんも、似合ってましたよね」

亜利沙「はい。女子力も高くてお弁当も手作りですし、男の人受けする趣味ですし、何よりかわいいですし。実はお嫁さんにしたいアイドルトップだという話もありますからね」

亜美「なるほどねぃ。今度直接言ってみます」

美也「すごく照れそうですな」

亜利沙「目に浮かびますね。続いてのニュースです」

21: 名無しさん 22/06/14(火) 22:42:41 ID:FCEC


亜利沙「筋トレブーム到来?」

22: 名無しさん 22/06/14(火) 22:44:20 ID:FCEC
亜利沙「劇場で筋トレをするアイドルが増加していることが明らかになりました」

亜利沙「アイドル高坂海美、高山紗代子らはもちろん」

亜利沙「最近では、アイドル如月千早も日課の筋トレを劇場で行うようになるなど」

亜利沙「その様子を見たアイドル桜守歌織らを驚かせている模様です」

23: 名無しさん 22/06/14(火) 22:45:42 ID:FCEC

美也「なかなか激しいですよね」

亜利沙「そうですね。わたくしも何回か付き合いましたが、厳しかったですね」

亜美「でもPrincessだから当然できますよね?」

亜利沙「いや、わたくしは脳筋ではないですよ……それに、如月さんはPrincessではありませんからね」

亜美「なるほど。Princessは脳筋なんですね」

美也「おお、そうなんですね」

亜利沙「あ、えー……あくまで傾向が強いだけ、と言っておきます」

24: 名無しさん 22/06/14(火) 22:46:05 ID:FCEC

亜利沙「以上でニュースを終わります。ここまでのお相手は、キャスターの松田亜利沙と」

亜美「アシスタントの双海亜美と」

美也「同じくアシスタントの宮尾美也でした」

亜利沙「それでは皆様、また会う日まで。ご機嫌よう」ペコッ

25: 名無しさん 22/06/14(火) 22:46:30 ID:FCEC

…………
ハイ、オツカレサマデシタ

亜利沙亜美美也「お疲れ様でした」

26: 名無しさん 22/06/14(火) 22:47:33 ID:FCEC

亜利沙「お二人ともありがとうございます……ドッキリはないですよね?」

亜美「した方が良かった?」

亜利沙「いえ、そんなことはないです。スタッフさんからも始まる前に、少し遅めの誕生日プレゼントをいただきましたし、それで充分です」

美也「それは良かったですな~」


如月千早「みんな、お疲れ様」

27: 名無しさん 22/06/14(火) 22:48:45 ID:FCEC

亜利沙「千早ちゃん! ありがとうございます!」

美也「おお~、筋トレしにきたんですか~?」

千早「そうじゃなくて……カメラの師匠である、松田さんの誕生日回には来ないといけない気がして」

亜利沙「師匠なんてそんな……でもたしかに、一昨年、昨年と来ていただいてますね。今回は誕生日回というわけではないですが」

28: 名無しさん 22/06/14(火) 22:49:24 ID:FCEC

亜美「千早お姉ちゃん、一昨年は亜美のイタズラにだまされてたよねぃ」

千早「松田さん、ごめんなさいね」

亜利沙「いえいえ、パイ投げなんて、なかなか経験できませんから。しかも、千早ちゃんからなんて、おそらく今後もないので、世界でありさ一人です! 幸せ者です!」

美也「本当に嬉しそうですな~」

29: 名無しさん 22/06/14(火) 22:50:13 ID:FCEC

千早「それにしても、もう2年以上も続いて、長寿番組よね」

亜利沙「もう本当にありがたいです。みなさんのお陰です」

亜美「あっ……んっふっふ~」

美也「どうしたんですか~?」

亜美「ねぃねぃ、ありさちん。この番組、今日で何回目?」

30: 名無しさん 22/06/14(火) 22:50:48 ID:FCEC

亜利沙「72回目ですね」

亜美「千早お姉ちゃん、72だって!」

千早「そう。聞きなじみがある数字ね」

亜美「んっふっふ~。そうっしょそうっしょ」

ガシッ

亜美「へ?」

31: 名無しさん 22/06/14(火) 22:51:24 ID:FCEC

美也「確保~」

亜利沙「千早ちゃん、亜美ちゃんの身柄を拘束しました」

千早「私はそんなに気にしないけど……せっかくだから亜美と一緒に筋トレしようかしら」

亜美「ちょっ、ごめんって! 千早お姉ちゃんの筋トレキツいからマジでカンベン!」

おわり

32: 名無しさん 22/06/14(火) 22:51:54 ID:FCEC

出さないといけない気がしました。すみません。

アシスタントリクエスト常時募集中。次回は真と未来を迎えてお送りします。

完結報告してきます。