涼宮ハルヒの憂鬱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2022/05/22(日) 00:51:57.77 ID:QWBwkeEm0

    ハルヒ「……」

    古泉「ですから、宇宙人なんて存在しないんですよね」

    古泉「世界中の人とか国がこれだけ長い間探しても誰も見つけていないんですよ?」

    古泉「この世に存在しないものを探すって無駄じゃないですか?」

    長門「……」

    ハルヒ「いや、でも写真とか映像で記録に残っているし……」

    古泉「うそはうそであると見抜ける人でないと(メディアを使うのは)難しい」

    朝比奈「難しい……?」

    古泉「ああいう写真や映像って既に大体偽物って証明されているですよね」

    古泉「エイプリルフール用に作ったものとか、ただのイタズラで作ったものとか」

    古泉「そういうものを本物だと信じてしまう人は情報弱者なんですよね」

    ハルヒ「……」

    古泉「涼宮さん実際に宇宙人見たことないですよね? 僕もありません」

    長門「……」

    古泉「逆に実際に見たことあるなんて言う人怪しくないですか?」

    古泉「大体そういうのって勘違いなんですよね。幽霊の正体見たり枯れ尾花って言葉があるように」

    古泉「昔からこういう言葉があるのに、技術や文明が発達した現代でまだ宇宙人だ何だって言うのってナンセンスじゃないですか?」

    古泉「僕はそう思います」

    ハルヒ「……」

    朝比奈「……」

    長門「……」

    キョン「……」

    キョン「なんだこれ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1653148315

    引用元: ・古泉「なんでしょう、嘘つくのやめてもらっていいですか?」 ハルヒ「……」

    【古泉「なんでしょう、嘘つくのやめてもらっていいですか?」 ハルヒ「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2022/05/19(木) 14:14:08.507 ID:oq8+e3Hd0
    キョン「だから俺に彼女できたんだよ」

    ハルヒ「ちょ、何言ってんのよ!ありえないわ!!」

    ハルヒ「誰よその子!あたしが団長として見極めてあげるわ!」

    キョン「なんでお前が見極めんだよ」

    ハルヒ「だ、だって……可哀想じゃない、その子が」

    キョン「失礼な奴だな」

    みくる「あ、あたしです…」

    ハルヒ「は?」

    みくる「だ、だから彼女はあたしなんですぅ」

    ハルヒ「ちょっとみくるちゃん正気!?こんな奴と付き合っても幸せになんて絶対慣れないわよ!?」

    みくる「で、でもあたし、俺さんとなら…」

    俺「へへへっw」

    ハルヒ「ほんっと信じらんない…騙されてるわ…」

    俺「お前らもそろそろ付き合えよなw」

    ハルヒ&キョン「!!」

    みくる「ダメですよ俺さん、二人には二人のペースがあるんですから…」

    ハルヒ&キョン「…」カァァ

    引用元: ・キョン「俺に彼女できたんだが」ハルヒ「は?」

    【キョン「俺に彼女できたんだが」ハルヒ「は?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 :名無しさん :2015/07/17(金) 12:44:36.686 ID:u52B/qYX0.net[1/16]
    キョン「あー単なる風邪だから少し喉が痛いだけで…ごほごほ…」

    長門「そ、そう…あ!風邪ひいたら明日のプールいけないよね?」

    朝倉「あたりまえでしょ?長門さん、キョン君は風邪をひいてるの、コロス気ですかー?」

    長門「そ、そうだよね!プールなんかいけないよね…(しゅん…)」

    キョン「わりーな、長門でもあしたはみんなで行ってきてくれ。うるさいのが企画したことだからな」

    長門「う、うん…」

    朝倉「さぁ、長門さんあんまりお邪魔しても悪いからかえりましょ?」

    長門「そ、そうだね…」

    キョン「朝倉も見舞いありがとな…ぼへ…ごほごほ…」

    朝倉「はいはい。ゆっくり休んでね」

    長門「それじゃ…」

    【キョン「ごほごほ…」長門「だ、大丈夫?…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 :名無しさん2015/09/20(日) 09:10:18.02ID:hTpxJjI40.net
    放課後、部室にて

    長門「……」パタン

    ハルヒ「もうこんな時間ね。じゃっ、私帰るから」

    キョン「おう、じゃあな。お疲れさん」

    みくる「お疲れ様でしたぁ」

    古泉「お疲れ様です」

    長門「…お疲れ」

    ハルヒ「みんなお疲れー。あとお願いねっ!」バタン

    古泉「…じゃあ、我々も帰るとしますか」

    キョン「だな。そうすっか」

    みくる「じゃあ私、着替えますね」

    【キョン「長門、お前にしか言えない頼みがある」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2021/12/26(日) 20:19:13.03 ID:Pq65kueIO
    「なあ、佐々木」
    「ん? どうしたの、キョン」
    「どうやら俺は、お前のことが好きらしい」

    唐突であるが中学時代の一幕を回想しよう。
    あれはクリスマスから一夜明けた12月26日で日曜日。その日の塾帰りに俺は、自分なりに導き出した結論を佐々木に伝えた。すると。

    「好きというのはつまり、恋愛感情かい?」
    「ああ」
    「随分と自信があるようだけど、どうしてキミはそれを恋愛感情と断言出来るのかな?」

    佐々木という奴はご覧の通り面倒臭い性格をしていて、この世で起こる全ての出来事には理由があり、何らかの法則に従った結果として収束するのだと信望しているようだった。

    「断言はしてない。好きらしいってだけだ」
    「その言い方だとまるで外部の何者かの客観的意見を参考にしているようにも取れるね」

    さすがに察しがいい。佐々木は頭が良いので突発的な俺の妄言の中に含まれる深層心理を見抜いて、無自覚な矛盾点を掘り下げる。

    「キョン。感情とは流動的で、刻一刻と変化するものだ。その中でも好意は特殊で自分から相手に向ける感情ではあるが、自分の中で生み出されるその瞬間だけは、外部の影響を受けるべきではない。発生してからゆらゆら揺れ動くのは仕方ないが、発生だけは人工的ではなく自然なものなければ僕は認めない」

    好意を自覚する際に外部に頼ることは何らおかしくないとは思う。それを認めない、認めたくないのは佐々木の個人的な矜持だろう。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1640517553

    引用元: ・キョン「どうやら俺は、お前のことが大好きだ」佐々木「……やれやれだね」

    【キョン「どうやら俺は、お前のことが大好きだ」佐々木「……やれやれだね」】の続きを読む

    このページのトップヘ