涼宮ハルヒの憂鬱

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/12/31(木) 19:58:23.068 ID:MzhoHHgD0
    キョン「だからってなんでお寺までくるんだよ」

    ハルヒ「それは除夜の鐘を見るために決まってるじゃない!」

    キョン「わざわざここまでこなくてもテレビで見れたじゃないか」

    ハルヒ「いい?直接見たっていうことが大事なのよ」

    ハルヒ「テレビでみてもちっとも感動なんかしないわ」

    キョン「やれやれ。なんでこんな寒い中待たなきゃいけないんだが」

    引用元: ・ハルヒ「年越しまであともう少しよ!」

    【ハルヒ「年越しまであともう少しよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2012/12/08(土) 13:25:16.21 ID:12JRLUBI0
    古泉「涼宮さんには願望を実現する能力がある。それでも世界がこのように安定しているのは、偏に涼宮さんが普通の女の子であるからなのです」

    キョン「言っちゃあなんだが、普通の女の子が自己紹介のとき「ただの人間には興味ありませんっ」なんて奇抜なことを声を張って言わないだろ」

    古泉「そのとき、涼宮さんの顔をよくごらんになりましたか?」

    キョン「見たといえば見たと思うが」

    古泉「耳が真っ赤になっていませんでした?」

    キョン「そこまでは……。それってどういうことだ?」

    古泉「簡単です。涼宮さんは勇気を振り絞ってあのような発言をしたのです」

    キョン「何故そんなことをする必要がある?黙ってれば可愛いのに」

    古泉「涼宮さんはこう考えているのですよ。不思議と遭遇するためには自分が普通のままではいけない、と。だから、普段はエキセントリックな自分を無理して演じているわけです」

    キョン「悪いが俺には信じられないぜ、そんなこと」

    古泉「んふっ。貴方には信じてもらいたいのですが」

    引用元: ・古泉「涼宮さんはああ見えて普通の女の子です」キョン「マジか」

    【古泉「涼宮さんはああ見えて普通の女の子です」キョン「マジか」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2009/01/01(木) 13:13:24.69 ID:OAhqujP60
     

    朝倉「あなたを殺して涼宮ハルヒの出方を見…」

    キョン「それでいいのか?」


    朝倉「……? ええ、いいのよ。何か問題がある?」

    キョン「俺を殺して、ハルヒの反応を見て、それでお前は面白くなるのか?」

    朝倉「少なくとも今よりは面白くなるでしょう。言ったでしょう。
       何の変化もないものを観察し続けるのはつまらないのよ」

    キョン「『観察し続けるだけ』なのは変わらないよな」

    朝倉「……何が言いたいの」

    キョン「朝倉。俺と付き合え」

    引用元: ・キョンが朝倉涼子と付き合い始めたようです

    【キョンが朝倉涼子と付き合い始めたようです】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/12/24(木) 22:08:53.43 ID:MFd4PAJFO
    「そろそろクリスマスだな」
    「おや? 君がクリスマスの話題を出すとは思わなかった。どういう風の吹き回しだい?」

    どういう風の吹き回しも何も、近頃めっきり冷え込んだ原因であるシベリア寒気団に俺のほうが文句を言いたいくらいだ。

    「サンタクロースをいつまで信じていたかなんてそんな他愛もない世間話にもならないくらいのどうでもいい話がしたくてたまらないという顔をしているように見えるよ」

    どんな顔だそれは。やれやれと口にするのも億劫である。俺は顔面を外気に晒さないようマフラーをずり上げて、ひとこと尋ねた。

    「そう言うお前はいつまで信じてたんだ?」
    「無論、今でも信じているとも」

    正気か? いや、さすがに冗談だろう。

    「世界中の子供たちにプレゼントを配ってまわるご老人が本当に存在するかについてはともかく、それを居ないと声高に主張する必要性を僕は感じない。実在しないとは限らないし、実在したほうが都合が良いからね」

    それは果たして誰の都合だろうか。
    少なくとも、俺にとっては困る問題だ。
    もしもクリスマスの日にだけ働く赤服じいさんが実在するなら、俺だけがその恩恵に預かれていないことになってしまうではないか。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1608815333

    引用元: ・佐々木「クリスマスだね」キョン「そうだな」

    【佐々木「クリスマスだね」キョン「そうだな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2012/04/05(木) 02:52:06.92 ID:P3gp40NR0
    キョン「……!? 長門!?」

    長門「何?」

    キョン「いや、今……何か言わなかったか?」

    長門「私は何も言っていない。気のせい」

    キョン「そ、そうか……すまん」

    キョン(……本当に気のせいか? 確かに長門は……)

    長門「ゆっりゆら、らっらっら」

    キョン「!?」

    引用元: ・長門「……ゆっりゆら、らっらっら」

    【長門「……ゆっりゆら、らっらっら」】の続きを読む

    このページのトップヘ