化物語

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/09/08(火) 22:36:31.22 ID:lUuaoiGOO
    月の裏を見たことがあるか。

    多くの人たちにとって、その質問自体が意味不明だと思うけれど、ある程度の趣旨はわかる。
    月は自転と公転周期が同期しているーー要するに常に同じ面を地球に向けているので、地球上では肉眼で月の裏側を観測することが出来ないことから質問として成り立っている。

    無論、科学や工業が進歩を遂げた現代ならば、探査機やら有人ロケットを打ち上げて月の裏側を観測することか容易なのは言うまでもない。

    それらの手段を用いて撮影された画像は現代人ならばインターネットなどですぐに見つけられるのだけど、それを実際に肉眼で見た者は宇宙飛行士に限られ、極々少数であると言えよう。

    興味がある者はそれを見てみたいという理由だけで宇宙飛行士を目指しても良いくらいロマン溢れる話ではあるけど、興味のない者にとってはネットで画像検索するだけで済む話である。

    この物語はそんな理屈で私、羽川翼が観測したーーいや、希望的観測を基に綴ったーー阿良々木暦の裏側にまつわる物語なので、やはり興味のある者だけが読むべきものだと、そう思う。

    「どうか、私の血を吸ってください」

    あの日。高校2年の最悪で最低で最高の春休み。
    吸血鬼となった阿良々木くんに自らの首筋を差し出したその瞬間から、物語は幕を開ける。

    阿良々木暦の裏側。裏の顔。夜の王の、素顔。

    私はそんな物語を望んで、彼の眷属となった。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1599572191

    引用元: ・羽川翼「それが……我が主人のお望みとあらば」阿良々木暦「決まりだな」

    【羽川翼「それが……我が主人のお望みとあらば」阿良々木暦「決まりだな」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/05/16(土) 23:09:40.13 ID:Gzf81c1XO
    「今日は阿良々木くんのお尻を開発します」
    「唐突だな」

    両親も妹も不在だった、ある日のこと。
    自宅に遊びに来ていた交際相手の戦場ヶ原ひたぎが突如僕の尻穴の開発に乗り出した。

    これまで僕は自分の尻の穴の可能性というものついてそれほど深く考えたことはなく、単なる排泄器官としてこれからも末長く使っていくのだろうと漠然と思っていた。

    とはいえ、知識としてならば他の使い道があるらしいということは知ってはいたのだが、怠慢な僕はそれを実際に試したことはなく、ましてや試そうと考えたことすらなかった。

    「というわけで、まずは浣腸をしましょう」

    浣腸。
    要するに、尻から直接下剤をぶち込む行為。
    字面的には恐ろしいことこの上ない蛮行ではあるものの、便秘に苦しむ人々にとってはまさになくてはならない特効薬である。

    「阿良々木くんは浣腸したことがある?」
    「小さい頃にあるかな。覚えてないけど」
    「その時に処置した看護師が羨ましいわ」

    どういう意味だろう。複雑な気持ちになる。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1589638180

    引用元: ・阿良々木暦「僕がひたぎさんを嫌う未来なんてない」

    【阿良々木暦「僕がひたぎさんを嫌う未来なんてない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    85: 名無しさん 2010/02/23(火) 11:19:16.60 ID:UxyoXCEo
    火憐「兄ちゃん、デートしよう」

    暦「……は?」

    火憐「デートだよ、デート。逢引。ランデヴー」

    暦「ちょっと待て火憐ちゃん。一つ致命的な要素が抜けていると兄は愚考する」

    火憐「なんだい愚兄ちゃん」

    暦「その言い方は勘弁してくれよ! いくら可愛い妹だからってその言い方は傷付く!」

    火憐「あたしは昔兄ちゃんの言葉で自殺を考え」

    暦「そのネタももう勘弁してくれ! 全面的に僕が悪かったから!」

    火憐「あんまり引っ張っても読者がまだ進まないのかって言い出すから本題に入ろうよ」

    暦「先に振ったのは火憐ちゃんじゃないか!」

    火憐「感嘆符ばっかり使って疲れない?」

    暦「ああ言えばこう言う!」

    火憐「こう言えばああ言う」

    暦「あー!」

    火憐「うん」

    暦「今日も冴え渡ってるな火憐ちゃん」

    火憐「兄ちゃんほどでもない」



    引用元: ・>>1「ぴぃ!?」なんだかんだで4回目

    【【化物語SS】炎姉妹編】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/01/21(火) 00:36:15.09 ID:igAIR0zkO
    「なあ、斧乃木ちゃん」
    「なんだい、鬼のお兄ちゃん」

    とある日の晩。
    暇を持て余した僕は前々から気になっていたことを童女の居候兼、100年使われた付喪神である式神の斧乃木余接に尋ねてみることにした。

    「特に深い意味はないんだけど、影縫さんと臥煙さんってどっちの方が胸が大きいんだ?」
    「特に深くはないけど不快な質問だね」

    斧乃木余接は無表情で適切なツッコミをした。

    「教えてくれよ。頼む! こんなこと、君にしか聞けないんだ。僕を助けると思ってさ」
    「鬼のお兄ちゃんは救いようがないと思うよ」

    救いを求める僕に斧乃木ちゃんは辛辣だった。

    「じゃあこうしよう、斧乃木ちゃん。教えてくれる代わりに僕に出来る範囲で何かする」
    「何かって? 近所の交番に駆け込んで、お巡りさん僕です! って、自首するとか?」

    そんな斬新な自首の仕方は御免被りたい。

    「今はまだ、臭い飯は食べたくない」
    「将来的には食べてもいいんだね」
    「その時は、その時さ」

    たとえ豚箱にぶち込まれて臭い飯を食う羽目になろうとも僕は2人の胸のサイズが知りたい。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1579534575

    引用元: ・斧乃木余接「実はいま、僕はパンツを穿いてない」

    【斧乃木余接「実はいま、僕はパンツを穿いてない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/10/26(土) 22:18:35.36 ID:hAYTqdlSO
    『えへへ、来ちゃった』
    『おお、よく来たな、千石。まあ、上がれよ』

    あれはまだ、僕と千石との関係が破綻する前。
    自宅に訪れた千石を、僕は自室に連れ込んだ。
    僕が知る千石撫子は長く伸ばした前髪で目を隠していて目立たず大人しい女の子だったのだが、その日の彼女は珍しくヘアバンドをつけて前髪を上げていた。可愛らしい顔立ちだった。

    「ふむふむ、なるほど。気合い充分ですね」
    「あれは千石なりの気合いだったのか?」
    「それはもちろん。落とす気満々ですよ」

    今更そう言われても、もうどうにもならない。
    僕はどうやら俗に言う鈍感系主人公らしいので、前髪を上げキャミソール1枚でミニスカートを穿く千石の気合いとやらに気づけなかった。

    「いえいえ、ちゃんと気づいていましたよ」
    「いやいや、全然気づかなかったよ」
    「またまた、謙遜は要りませんって」
    「君は僕の何を知っているんだ、扇ちゃん」
    「私が知っているのは、愚か者には罪が憑き物だということだけです。なのであなたの罪は、愚かなあなた自身がよくおわかりでしょう? 」

    愚か者の罪物語。
    愚か者には罪が憑き物。
    この物語に名前を付けるならばまさに。

    そのタイトルが相応しいと、愚かにも思った。

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1572095915

    引用元: ・忍野扇「だから忘れないでください。この愚か者」阿良々木暦「ああ……わかった」

    【忍野扇「だから忘れないでください。この愚か者」阿良々木暦「ああ……わかった」】の続きを読む

    このページのトップヘ