Fate/staynight

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    31: 名無しさん 2012/01/04(水) 17:54:24.70 ID:j2tpKsJBO
    士郎「なんだよ、おかしいか?」 

    セイバー「し、士郎…大河のことをいつから…」 

    士郎「この家で飯を食うようになってきてからかな、あのおいしそうに食べる顔がなんとも…」 

    セイバー「私だっていつもおいしそうに食べます!」 

    士郎「確かに可愛い、だけどセイバーと藤ねえは何か…こう…違うんだよ」 



    引用元: ・士郎「教師と生徒で結婚って無理なのかな?」

    【士郎「教師と生徒で結婚って無理なのかな?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2012/01/02(月) 22:03:37.52 ID:rhe95t120
    セイバー「やはり……リンですか?」

    士郎「違うよ」

    セイバー「サクラですか?」

    士郎「いいや……」

    セイバー「じゃあライダー?」

    士郎「違う、セイバー」

    セイバー「シロウ……まさか……」

    士郎「そんなの決まってるじゃないか、セイバー?」

    セイバー「シロウ……!!」

    士郎「イリヤだよ」

    セイバー「……え?」

    士郎「イ リ ヤ」

    引用元: ・セイバー「シロウは結局誰を選ぶのですか?」士郎「勿論―――」

    【セイバー「シロウは結局誰を選ぶのですか?」士郎「勿論―――」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆2NzEzomrKA 2020/06/21(日) 08:47:53.731 ID:RrHTsVbc0
    士郎(まさかセイバーの純愛物をお目にかかれるなんて……今日はついてるぞ……)

    士郎(セイバーは騎士だからか触手だの陵辱だのばっかりで、純愛物は数が少ないんだよなぁ……)ハァ

    士郎(よし、これは買いだ!)

    士郎「すいませーん、一冊くださーい」

    引用元: ・士郎(これは……表紙からして純愛物の同人誌……!)

    【士郎(これは……表紙からして純愛物の同人誌……!)】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/03/06(金) 15:56:28.040 ID:p053LVDOM
    士郎「なにっ!?」
    俺「俺はブラスト・ダーク、最強のサーヴァントにしてマスターでもある存在」
    士郎「クソッ!セイバー!ヤツをやれ!!」
    セイバー「だめだ…奴はブリテンを滅ぼした男…たった一人で…!」
    俺「ククク…久しぶりだなセイバー」
    士郎「ぬぅ!どうすれば!!」
    俺「そろそろいくぞ…『エア』!」
    士郎「な、それはギルガメッシュの!!」
    俺「言ったろう俺は最強のサーヴァント!すべてのサーヴァントの力を使えるのだ!!そして…最強のマスターでもある!つまりすべてのサーヴァントを操れるのだ!!」
    セイバー「お仕えします俺様」
    士郎「くそっ!!」

    第2話に続く

    引用元: ・士郎「ギルガメッシュを倒した!帰るか」俺「待て」

    【士郎「ギルガメッシュを倒した!帰るか」俺「待て」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/11/26(火) 18:52:45.312 ID:g8HY0rC60
    セイバー「シロウ!シロウ!お腹がすきました!早く作ってください!」


    士郎「今作るからちょっと待っててくれ」


    士郎(しかし…食費が足りないな。セイバーは何も考えずに好きなだけ食べるし、遠坂も勝手に上がり込んで惜しまず食材使うし)


    士郎「セイバー、何か食べたいものはあるか?」


    セイバー「カレーが食べたいです!!!!!!」


    士郎「了解!」(…まてよ?)

    引用元: ・アーチャー「たまには、昔の話をしようか」

    【アーチャー「たまには、昔の話をしようか」 】の続きを読む

    このページのトップヘ