ガルパン

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆t8EBwAYVrY 2020/05/01(金) 19:51:20.58 ID:jbRXinNV0


     ・・・・・・ 1 9 5 2 年 ・・・・・・


         ~初夏~

       ――大洗学園艦――


       【大洗女子学園】

    教師「――さて、これで必要な書類は全部ね。明日からあなたは大洗の学徒よ」

     「ありがとうございます先生」

    教師「それにしても遠くから引っ越してきて一人暮らしなんて大変ねぇ。ちょっと前までは学童疎開なんてのもあったけど・・・えっと、どこから来たんだっけ?」

     「九州です。南の」

    教師「まあ、そんな遠くから・・・だけど、どうしてそんなに遠方から大洗に来たの?それも一人でなんて」

     「・・・それは――」

     ガラッ


    冷泉久子(高校二年生)「おはようございます。遅刻届を提出に来ました」ダラ~

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1588330280

    引用元: ・おばあ「戦車道時代」

    【おばあ「戦車道時代」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/07/07(火) 08:16:55.96 ID:kWMR8GvSO
    まほ(この間のことだった)

    まほ(暴漢に絡まれていた女の子を助け、暴漢を戦車で引き摺り回した後だった。)

    まほ(その子が「姉がスクールアイドルをやってるんです、よかったら聴いてください」って言うから)

    まほ(学園艦に帰ってから見たんだ。)

    まほ(ハマった。)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594077415

    引用元: ・西住まほ「スクールアイドルにハマってしまった…」

    【西住まほ「スクールアイドルにハマってしまった…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆t8EBwAYVrY 2020/07/17(金) 20:19:07.13 ID:Si0/VC+00
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・・・・・・・・
    ・・・・・・・・
    ・・・・・
    ・・・・
    ・・・
    ・・



    安藤「・・・」

    押田「・・・」


    押田「・・・・・・」

    安藤「・・・っ」

     ガコンッ

     ソミュア<ガロロロォン・・・!


     ソミュア<ギャラギャラギャラ!

    押田「・・・公道はずいぶん混んでるな」

    安藤「どけってんだ。ソミュアのお通りだぞ」ガコッ

     ソミュア<ギャラギャラギャラ!


     公用車<プップー! ププーッ!

    安藤「お出ましだな。逃げ切れるかどうか100ユーロ賭けよう」

    押田「・・・」

    安藤「どうする?」

    押田「乗った」

     ソミュア<ブオォン!ギャラララララ!

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1594984746

    引用元: ・マリー「ここではあなたの学校より、人生がもうちょっと複雑なの」

    【マリー「ここではあなたの学校より、人生がもうちょっと複雑なの」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆LvkSa83W7. 2016/05/20(金) 21:00:24.17 ID:nXc2WxBE0
    no title

    引用元: ・エリカ「野郎ぶっ殺してやぁぁぁる!!」みほ「地獄に堕ちてください、エリカさん!」

    【エリカ「野郎ぶっ殺してやぁぁぁる!!」みほ「地獄に堕ちてください、エリカさん!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2020/07/03(金) 01:05:43.04 ID:a4T5KC6j0


    喫茶店の扉を開けた私をカランカランとカウベルが歓迎する。

    そういうところもなんだかアンティークチックで、ここが『知る人ぞ知る』なんてうたい文句で『多くの人』に知られてる理由なんだろうな、と。一人納得する。

    さて、店員さんはどこなのかな?

    私が入口で突っ立ってると、奥から慌てた様子で店員さんがやってきて、「1名様ですか?」と聞いてくる。

    いつもなら「いいえ、5人です」って答えるんだけど、あいにく今日はお一人様。

    私は小さく「はい」と返して店員さんの案内で席へと向かって行く。

    さて、一人寂しくだけど優雅な時間を過ごそう、そう思っていた時――――視界の隅に銀色の光がちらついた。


    「あれ?」


    店員さんの案内から外れて、私はその銀色へと近づいていく。

    窓際の二人掛けのテーブルについている彼女はこちらに気づいた様子もなく、黙々と本を読んでいる。

    そして、私は彼女の目の前に立ちその名を呼ぶ。


    「逸見さん?」

    「え?」


    彼女は―――逸見さんは驚いた様子で私を見上げ、


    「武部、沙織さん?」


    少し、たどたどしく私の名前を呼んだ。


    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1593705942

    引用元: ・【ガルパンSS】沙織「彼女のうたかた」エリカ「ある日の喫茶店での出会い」

    【【ガルパンSS】沙織「彼女のうたかた」エリカ「ある日の喫茶店での出会い」】の続きを読む

    このページのトップヘ