Fate

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/01/09(金) 20:07:24.88 ID:Uj4pPAZ5o
    切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」 
    の終了を受けて、この板では乗っ取りが禁止なので別スレを立てさせていただきました 
    続きを書きたければどうぞと言ってくださった元スレの>>1さんに感謝して 
    前スレ748の続きからです 

    切嗣「ふふん、うちの子のサーヴァントはギリシャの大英雄ヘラクレスだよ? 
       遠坂、何処の馬の骨とも知れぬ君の娘さんのサーヴァントじゃあちょーっと 
       力不足じゃないのかな?」ヘラヘラ 

    時臣(こいつ英霊嫌いだったろうに、娘の自慢話のために信念を曲げるとは 
       やはり矮小な男だな!)イラッ 

    ランサー(うわっ知らねえとはいえ坊主をディスりやがった)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1420801634


                            引用元: ・続・切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」

    【続・切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2014/11/24(月) 19:23:12.02 ID:05aUOTGj0
    衛宮邸 

    切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」 

    アイリ「はいはい。今行きますよ」 

    イリヤ「お母様早く早く!」 

    士郎「こらイリヤ、テレビからは1メートル離れるんだ。目、悪くなっちゃうだろ」 

    イリヤ「えーでもー」 

    切嗣「士郎の言う通りだぞ、イリヤ」 

    アイリ「ほら、セラにリズもこっちに来て一緒に見ましょう」 

    セラ「で、ですが奥様!」 

    リズ「ほーい」 

    セラ「リ、リーゼリット!」 

    切嗣「無礼講無礼講。なんたって士郎が主人公なんだ。家族みんなで見ないと」 

    イリヤ「……切嗣」 

    アイリ「あっ始まるわ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1416824581


                             引用元: ・切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」 【切嗣「ほらアイリ、Fate0話が始まるよ!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆GVmaOOTXpc 2015/08/12(水) 23:55:16.01 ID:glXCXfp40

    慎二「へぇ、衛宮がそんな事言うなんて珍しんじゃん。なに?お前もとうとう性欲が爆発しそうになった訳?」

    士郎「そういんじゃないけどさ。ただ、ウチの爺さんと義母さん見てたら、なんだかイイなぁって思ってさ」

    慎二「はっ、高校生男子がなーに二十代後半の独身女みたいな感慨にふけってんのさ」

    士郎「別にどうだっていいだろ、そんなの。……そういえば、w……慎二はどうなんだよ?」

    ワカメ「今ワカメって言い掛けなかったか衛宮」

    士郎「気のせいだ」



    【士郎「彼女欲しいなぁ」剣凛桜「!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆Q5myJ/tozY 2015/08/21(金) 02:36:50.82 ID:YUyLOx2p0
    綺礼「これも時代の流れというものか、、、」ポチポチッ

    綺礼「スタートダッシュキャンペーンだとか宣伝されているな。折角だから始めてみるか」ポチッ


    ーインストール中ー

    ~~~~~~~
    ~~~~~~~




    【綺礼「Fateのソーシャルゲーム.....?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/07/06(月) 01:02:43.73 ID:O6Lr9wpJ0
    士郎の部屋 

    士郎「お、お前ら喧嘩はよせって」 

    セイバー「……」 

    凛「怒らないでよ。悪気はなかったんだから。私としたことが、宝石の種類を間違えるなんてね」 

    士郎「だってよ」 

    セイバー「今、敵が来たらどうするつもりなんですか……私もあなたも幼い少女になってしまって」 

    凛「可愛いわよ……?」ニコ 

    セイバー「ええ、凛も可愛いですねッ」ニコ 

    士郎「あ、あとはごゆっくり」 

    セイバー「シロウ!」 

    凛「とにかく他の連中に悟られるわけにはいかないから。今日一日はこの家で大人しくしていましょう」 

    セイバー「……これでは、マスターを守れない」 

    凛「アーチャーをつけてるから安心しなさいよ」



    【セイバー「……凛に魔術で少女にされてしまった」】の続きを読む

    このページのトップヘ