リトルバスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/04/14(日) 12:23:06.30 ID:9bLeJLFD0


    喫茶店

    来ヶ谷「・・・ふぅ」

    理樹「・・・・・・」

    理樹(日曜日。僕らは静かな喫茶店でお茶をしていた。来ヶ谷さんはコーヒーを飲んでいて、僕はその姿をなんとなくぽけーっと眺めている。なんとも静かな昼間だった)

    来ヶ谷「ん?」

    理樹(そんな時、来ヶ谷さんが僕の目線に気付き、ニコリと上品な笑顔を添えて視線を返してくれた)

    来ヶ谷「今日の少年は大人しいな。もう我々の関係には慣れたかね」

    理樹「はは、まあ・・・」

    理樹(僕らはこの秋、恋人になった。他の人はいまだに信じてないが、来ヶ谷さんの方から告白してきたんだ)

    理樹(付き合ってからの僕は、初めての経験だから色々と気を回そうとして二人でいる間ずっと場をつなごうと世間話を必死で語りかけていた。でも、しばらく付き合っていくにつれて来ヶ谷さんはどうも静かな方がむしろ好きみたいで、余計な気を使わなくていいことが分かった。来ヶ谷さん曰くそんな慌てていた僕も面白かったらしいけど)

    来ヶ谷「コーヒーのお代わりを頼むが君は?」

    理樹「ううん、じゃあ僕も貰おうかな」

    来ヶ谷「よし」

    理樹(そんなこんなで最近はお互いのペースに合わせようとすることなく、のんびり過ごしているのだった)





    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    ・・・・・・・・・・

    ・・・


    理樹部屋

    恭介「・・・えっ、終わり?」

    理樹「うん」

    理樹(夜、遊びに来た幼馴染達に僕らのカップル事情を説明した)

    鈴「なんというか、地味だな」

    恭介「なんだよー!もっと俺の心をきゅんきゅんさせてくれる何かを聞かせてくれるかと思ったのにさあ!」

    理樹(恭介がものすごく残念そうな顔で叫んだ)

    真人「まあまあ、しょせんカップルなんてこんなもんさ」

    理樹(と、すました顔で言う真人)

    恭介「お前にカップルのなにが分かるんじゃい!」

    謙吾「ううむ、真人の肩を持つわけじゃないが本人が良いというのならそれでいいんじゃないか?俺達がどうこう言ってもなあ・・・」

    理樹「・・・それでいいだって・・・?」

    全員「「「えっ?」」」

    理樹「こんなカップル事情で幸せだ・・・なんて言える訳ないじゃないか!!」

    理樹(僕は切れた)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1555212185

    引用元: ・理樹「来ヶ谷さんを恥ずかしがらせたいなぁ」恭介「それだ!!」

    【理樹「来ヶ谷さんを恥ずかしがらせたいなぁ」恭介「それだ!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/04/06(土) 01:20:46.20 ID:udBvOBhl0


    理樹(その日の夜、街へ買い物に出かけた帰り道のことだった)

    トコトコ・・・

    男性「・・・・・・」

    理樹「・・・・・・」

    理樹(駅へ向かっていると、反対側の道からサラリーマン風の男の人がやってきた。年齢は40代くらいで、清潔感があるが、目はどこか虚ろだった。その普通ではなさそうな様子がちょっと気になってしまい、失礼かなと思いつつもその男の人に視線を向けていると、あと5mくらいですれ違うといった所で視線が合ってしまった)

    理樹「・・・っ」

    理樹(慌てて目を逸らしたけど、その人は見なくても分かるくらい僕へ視線を向けていたのが分かった。とうとう横に並ぶくらいの所でその人は立ち止まった。てっきり怒って僕を呼び止めるかなと思ったけど、その声は意外にも柔らかいものだった)

    男性「なあ君」

    理樹(他に誰もいないので明らかに僕にかけられたものだった。本当はその場からすぐ立ち去りたいくらいだったけど、僕にも悪い所があったので素直に向き直って応じることにした)

    理樹「な、なんですか?」

    男性「とても非常識なお願いだとは分かっているんだが・・・」

    理樹(その人の次の言葉を待っていると、その人のまるで何かを耐え忍ぶような顔つきが、今度はどんどん情けないようなものに変化していき、しまいには目から涙をこぼしてしまっていた)

    理樹「えっ、ど、どうしました!?」

    理樹(大人の人が泣くのを見るのは映画やテレビだけだったから僕は凄く動揺した。それもまったく理由が分からないんだから当たり前だ)

    男性「何も聞かないでくれ。後で不審者が現れたとでも警察に届けてもいい」

    理樹(明らかに嗚咽が出ないように我慢した声だった。心配になってその人の傍に近寄ると
    、彼は僕の上着のポケットの辺りをぐいっと掴んで僕の前に跪くようにすすり泣いた)

    理樹「あっ、あの……」

    理樹(どうしていいか分からずに服を掴まれたまま立っていると、その人はか細い声で呟いた)

    男性「少し、挫けそうなんだ・・・」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1554481245

    引用元: ・理樹「この間、いきなり知らない人に抱きつかれてさ」恭介「なに?」

    【理樹「この間、いきなり知らない人に抱きつかれてさ」恭介「なに?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2019/03/15(金) 10:04:34.85 ID:5PLAb3pWO
    来ヶ谷「たまには尽くしてみるのも楽しそうだからな」

    理樹「それなら頼むことにするよ」

    来ヶ谷「望む所だ。さて、どこをマッサージしてほしい?」

    理樹「じゃあ>>2でお願い」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1552611874

    引用元: ・【リトバス安価】理樹「マッサージしてくれるの?」来ヶ谷「勿論」

    【【リトバス安価】理樹「マッサージしてくれるの?」来ヶ谷「勿論」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SSまとめマン 2019/03/14(木) 10:26:29.14 ID:iKXMocAS0
    恭介「チッ……」ガチャッ

    理樹「あっ、お帰りなさい貴方……どう?お仕事は見つかった?」

    恭介「うっせーな……パチンコ負けて機嫌悪りぃんだよ俺は」

    理樹「またパチンコ行ってきたの!?最近職探しに熱心だと思ってたから私の稼ぎからお金を持って行ってるのを黙ってたのに……」

    恭介「黙れ!俺がパチンコ行ったのはハロワ行ってからだよ!なんだ、それとも俺の息抜きに何か文句あんのか?」ギロッ

    理樹「……ううん、そんな事ないよ」ニコッ





    来ヶ谷「おい、あれは何をやっているんだ?」

    西園「演劇です」



    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1552526788

    引用元: ・【リトバス 】理樹「や、やめてよ!お腹には赤ちゃんが居るのに!」

    【【リトバス 】理樹「や、やめてよ!お腹には赤ちゃんが居るのに!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SSまとめマン 2016/12/10(土) 22:34:54.81 ID:e0mgKKZT0


    理樹部屋

    理樹(日曜日の夜。僕はみんなに数週間近く悩んでいる事をとうとう打ち明けた)

    恭介「なに、実感がないだって?」

    理樹「うん……」

    理樹(事故の後、記憶をおぼろげながらにも思い出した僕は、恭介達と行った二度目の修学旅行の後、小毬さんに想いを伝えた。小毬さんにも『あの時』の記憶があったかは知るところではないが、僕の告白を聴いて3日目に返事をもらい、めでたく付き合ったのだけど……)

    真人「ま、まさかもう小毬と何か喧嘩でもあったのか!?」

    理樹「い、いやそういう訳じゃないんだけど……」

    謙吾「倦怠期という訳だな?ううむ、流石の俺もそういう問題は少し荷が重いな……」

    理樹「だから違うってば!」

    鈴「じゃあなんなんだ?」

    理樹「ただ……小毬さんと付き合ったのは良いけど、付き合う前から何も変わってない気がするんだ」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1481376894

    引用元: ・理樹「小毬さんと付き合ってる実感がない」

    【理樹「小毬さんと付き合ってる実感がない」】の続きを読む

    このページのトップヘ