リトルバスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: SSまとめマン 2018/11/11(日) 11:25:19.07 ID:WmSYHx4S0
    ※注意

    蘇民祭とは、岩手県黒石寺を始めとする伝統的な祭りです。この作品ではネタのようになりますが、決して祭り自体を馬鹿にするものではありません。もしもそれらが不快な場合はブラウザバック推奨です。それでは始めます

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1541903118

    引用元: ・恭介「お前ら!蘇民祭に行くぞ!!!」

    【恭介「お前ら!蘇民祭に行くぞ!!!」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/10/07(金) 22:41:10.88 ID:+qI2Qhf10


    佐々美部屋

    佐々美「急に話があるからと聞いてみれば、いったい何を言ってらっしゃるの?棗鈴はこの私、笹瀬川佐々美のライバルにして宿敵!まさか貴方達、寝返ろうとでも思って!?」

    渡辺「そ、そんなこと微塵も思っていませんわ!あくまでこの身はすべて佐々美様のために……!!」

    川越「でも、私達はそういうのではなくただ友達としても接したいと思いましたの」

    中村「……だから、いつもの様に闘うのではなく、たまには彼女と話し合い、理解を深めたいなと……3人で話し合いました」

    佐々美「そ、そんなこと言ったって……!」

    渡辺「お願いします佐々美様!どうか、一度だけ停戦協定の申し入れだけでも!もしかしたら棗鈴もそろそろ闘いに疲れているかもしれませんわ!」

    佐々美「で、でも、そんな彼女を倒してこそのライバル……」

    川越・中村「「佐々美様!!」」

    佐々美「く、くぅ…………」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1475847670

    引用元: ・佐々美「な、棗鈴と仲良くしたいですって!?」取り巻き達「「「はい!」」」

    【佐々美「な、棗鈴と仲良くしたいですって!?」取り巻き達「「「はい!」」」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/09/18(日) 20:45:24.58 ID:V79FuTf40
    放課後

    教室

    理樹「…………………」

    理樹(下駄箱には『放課後、教室に来てほしい』と、杉並さんからの手紙が入っていた。僕だってそこまで鈍感じゃない。もしも勘違いなら恥ずかしいだけで終わるけど、もし想像通りなら……)

    ガラッ

    理樹「!」

    杉並「あっ……」

    理樹「す、杉並さん……」

    杉並「えと……その……」

    理樹「ご、ごほん!……や、約束通り……」

    杉並「あっ、うん………」

    理樹「……………」

    杉並「……………」

    理樹(お互いに何も喋らない。そのため外のソフトボール部の声がよく聞こえた。とても気まずい)

    理樹「杉並さん……あの手紙はどういう意味かな…?」

    理樹(言った!)

    杉並「……えっ?」

    理樹(しかし、その勇気とは裏腹に本人の反応は妙だった)

    理樹「えっ?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474199114

    引用元: ・理樹「杉並さんと付き合ったら皆から襲われた」

    【理樹「杉並さんと付き合ったら皆から襲われた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/09/24(土) 20:05:05.66 ID:Caf71Stf0
    教室

    キーンコーン

    生徒「起立、礼!」

    真人「んがーーっ……」

    理樹「もう起きなよ真人!学校終わったよ!」

    真人「むにゃむにゃ………」

    謙吾「そっとしておけ。昨日あんなにはしゃいだんだ、並大抵のことで起きるはずがない」

    理樹「いや、まあ確かに………」

    理樹(昨日、リトルバスターズのメンバーで行った2度目の修学旅行は最後まで騒ぎ倒した。特に真人はエネルギーが有り余っていたからか、帰り道の終盤には走りで僕らの乗る車と競争していたくらいだ)

    鈴「いつまで寝とるんじゃボケーーッ!!」

    ドゴォッ!

    真人「ぐはぁ!?」

    理樹(そこで鈴のハイキックがかまされた。並大抵の事ではない)

    理樹「ほら行こう真人」

    真人「ふあぁ……ああ。やっと疲れが取れたぜ……」






    下駄箱

    理樹(これからまた騒がしい日常が始まる。そんなことを考えながら靴箱を開けると、何かがそこから落ちた)

    理樹「んん?なんだこの紙……」

    真人「おっ、どうした?」

    理樹(紙にはこう書かれていた)


    『放課後、誰もいなくなった教室で待っています。杉並睦実』

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1474715105

    引用元: ・理樹「杉並さんと付き合ったら皆から祝われた」

    【理樹「杉並さんと付き合ったら皆から祝われた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2018/05/11(金) 23:26:13.29 ID:7Nfrf2E20


    理樹部屋

    恭介「さあー残った残った!」

    謙吾「うおおおおお!!!」

    真人「あああああああ!!!」

    理樹「頑張れ二人とも~」

    理樹(それは真人と謙吾の髪はどちらが剛毛なのか恭介の提案した"髪相撲"なるもので勝負していた時のことだった)

    コンコン

    理樹「ん、こんな時間に誰だろう……はーい」

    理樹(ドアを開けると、クドと小毬さんがニコニコして立っていた)

    クド「リキ、井ノ原さん、こんばんわ~なのです!」

    小毬「こんばんわ~!」

    理樹「やあ、こんばんわ。ごめんね…今ちょっと真人たちは取り込んでて……」

    理樹(後ろからはまだ必死に頭を突き合わせる二人の声が聞こえた)

    真人「くぉ!?け、謙吾!さては髪を捻れさせてやがったな卑怯だぞ!!」

    謙吾「ふん、お互い様だ!貴様こそジェルでパリッパリにさせていただろうがっ!」

    クド「わふ~なんだかまた熱い勝負を繰り広げてるんですね~!?」

    理樹「まあね。ところで何の用?」

    小毬「うん。実はゆいちゃんに、理樹君をゆいちゃんの部屋に呼んで来て~って言われたのです」

    理樹「えっ、こんな時間に!?」

    クド「今からみんなが退院してから初めてのお泊まり会を開くんです。そこでリキを呼ぼうと思って!」

    理樹(クド達は冗談で言っている素振りも見せず、さも当然の約束だといった風に言ってきた)

    理樹「いやいやいやいや!!お泊りでしょ!?なんで僕がそこに呼ばれるのさっ!」

    小毬「え~理樹君もいた方が楽しいよ~」

    理樹「だったら恭介達も呼べばいいじゃない!なにも僕だけ……」

    クド「き、恭介さん達が夜に女子寮にいたら犯罪っぽいです……」

    理樹(少し照れた風に言うクド)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1526048772

    引用元: ・理樹「女子メンバーとのお泊まり会中なのにお腹の調子がすこぶる悪い」

    【理樹「女子メンバーとのお泊まり会中なのにお腹の調子がすこぶる悪い」】の続きを読む

    このページのトップヘ