リトルバスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/08/22(火) 23:02:49.31 ID:KAp8fU8U0
    理樹(その電話がかかってきたのは洗濯物を取り込んでいた時のことだった。もう高校を卒業したとはいえ、未だに彼からのコールが来ると胸が高鳴る。彼はこういう時はいつも唐突に何か”面白いもの”をぶら下げてやってくるからだ)

    恭介「よう。元気か理樹」

    理樹「……うん。恭介の方は?」

    恭介「俺は出張で今は東京にいるよ。理樹こそ一人暮らしはもう慣れたか?」

    理樹「もう2年になるんだよ?……ところで今日はどんな用?」

    恭介「ああ、そうなんだ聞いてくれ。来ヶ谷を見つけたぞ」

    理樹「……」

    理樹(今回は少し違ったものを持ってきたようだ)

    恭介「あれ、反応が薄いな」

    理樹「……やめてよ恭介」

    恭介「まあそう邪険にするな。お前だって気になるだろ?」

    理樹(気にならないと言えば嘘になる。来ヶ谷さんは『ある時点』から僕はおろかリトルバスターズの誰とも連絡を取らないようになり、鵺のようにどこかへ消えてしまったからだ。しかし、その原因は多分僕にある)

    恭介「実は今、来ヶ谷も東京にいるんだ」

    理樹「なんで恭介はそれを知ったの?」

    恭介「フッ、それが驚くなよ?電車の広告で見たのさ。三日後にピアノコンサートをするらしい」

    理樹「本当!?」

    理樹(来ヶ谷さんは学校を卒業したあと、実家に……つまり海外に行ってずっとピアノを続けていた。元からあれは素人のものではないと思っていたけど、とうとうそこまでいったとは)

    恭介「逆に言えばそこまでいかないと俺たちの目に入らないっていうのも考えさせられるが、とにかくやっと見つけたんだ。一緒に行ってみないか理樹?」

    理樹「やっぱりそういう話になるんだね……」

    恭介「おいおい!まさか嫌だって言うんじゃないだろうな?俺はこれをお前の運命と受け取ったぜ。どうせ大学は今夏休みだろ?」

    理樹「そういう事じゃないよ。ただ、僕が今更行っても……」

    恭介「なあ、ずっとこのままでいるつもりか?自然消滅したまま燻ってるようじゃこの先どうやって前に進むつもりだ」

    理樹(なんだかその言葉を聞いて少しムッとした。多分、それは恭介のせいじゃなく、その不甲斐ない僕自身にイラついているからなんだろうけど、ついついその場でその怒りをこぼしてしまった)

    理樹「恭介に何が分かるのさ……」

    理樹(言ってからハッとなったが、恭介は意外にも怒った様子ではなさそうだった)

    恭介「分かるさ……今お前が電話してる顔だって目に見えるようだ。嘘だと思うか?」

    理樹「ふふっ……いや、そうかもしれないね」

    恭介「どちらにせよまずはこっちに来てみろ。東京観光がてら旧交を温めようじゃないか」

    理樹(結局恭介のペースに乗せられてしまった。こういう所は本当に変わっていない)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1503410568

    引用元: ・恭介「来ヶ谷を見つけたぞ」理樹「……」

    【恭介「来ヶ谷を見つけたぞ」理樹「……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/09/29(金) 23:37:31.00 ID:SbteZZAh0
    恭介「リトルバスターズラジオをいつも聞いてくれてるリスナーのみんな...誠に残念なお知らせだが...

    今日でリトルバスターズラジオは最終回だ。」

    恭介「ではいつも通りリスナーの相談手紙を読んでいこう。」

    P.N H.N [高校で仲が良かったクラスメイトが事故って記憶喪失中です。
    恋人も出来たらしいですが私からちゃんといちど相談する機会が中々ありません。」

    恭介「ふむ...そんな時はだな...]
       
    ~数時間後~

    恭介「あらかた読み終わったな...じゃあ最後。今日は特別なゲストを呼んでる。芳野祐介さんと国崎往人さんだ!」

    国崎[くにざきさいこうー!」

    芳野「ふっ...今日は歌と聞いて飛んできた...]

    恭介「今日は大切な仲間...野郎どもに...伝える...聞いてくれ。ミュージックスタート!」

    https://www.youtube.com/watch?v=sJlr7erkyqQ



    芳野「どうしてだろ…いつもそうさ 近づくたび 空回りの夢…]

    国崎[前を向いて しがみついて そう少しずつ]

    恭介 [約束のあの場所へと 支え合いながら~!」

    三人「自信が足りない時は 胸に手をあてて
    ボクらが綴ったページ読み返そう

    今日までそして明日へと 続いてゆくのさ
    大切な夢が叶う その日まで ありのままの僕らで ずっと…」













    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1506695850

    引用元: ・恭介「今日でリトルバスターズラジオは終了だ」理樹「ええっ!?」

    【恭介「今日でリトルバスターズラジオは終了だ」理樹「ええっ!?」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2014/09/06(土) 20:53:43.11 ID:C7+K47FS0
    理樹(バスの事故から3ヶ月、もう雪が降る季節だ。僕らは悪夢のような出来事から目を覚まし、今をこうして悠々と過ごしている)



    教室

    真人「なあ理樹、喉渇いてないか?」

    理樹「マッスルナントカは飲まないよ」

    真人「マッスルエクササイザーmk3.6だ!」

    理樹(凄いぞ、真人が遂に小数点以下の数字を使いこなした!)

    真人「仕方ねぇな…じゃあ代わりにジュースでも買いに行こうぜ!」

    謙吾「なーにが仕方なくだ」

    理樹(となりで聞いていた謙吾が言う)

    理樹「謙吾も一緒に行く?」

    謙吾「そうだな、俺もちょうど喉が…」

    真人「ならマッス…」

    謙吾「いらんわ!」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1410004413

    引用元: ・理樹・佳奈多「「メル友?」」真人・葉留佳「「おう(うん)」」

    【理樹・佳奈多「「メル友?」」真人・葉留佳「「おう(うん)」」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/08/15(火) 22:18:42.38 ID:C4GoZR9t0
    校内の茶室

    あーちゃん先輩「能美さーんお茶もう一杯ちょーだーい」

    クド「分かりました。リキはどうですか?」

    理樹「あ、じゃあよろしく……」

    理樹(今、何故僕がクドと女子寮長との3人で茶室にいるかというと、全ては真人と恭介と謙吾から逃げるためだった。例の「お家の者達」の全員が実刑判決を受けるまでの数ヶ月、二木さんと葉留佳さんと僕の3人は念のため学校を休学していたのだが、その間あの3人は退屈が募っていたのか昨日僕らが学校へ舞い戻ってくると、そこから先ず僕はずっと彼らに振り回されていた)

    理樹(1日3食付きっきりなのは当たり前、放課後から寝るまでずっと野球盤や人生ゲームをし、挙げ句の果てにはシャワーまで一緒に浴びることになった。寮に帰ってきたばかりで疲れが溜まっていたんだけど、この調子じゃあと一週間はなかなか離してくれそうになかった。そんな時クドがタイミング良く「女子寮長と一緒にお茶でもどうですか?」と茶室に呼んでくれたのだ。流石に今はハードな冒険よりものどかなお茶会を取りたい。そうして招待を口実にここへ避難した訳だった)

    あーちゃん先輩「にゅふふ~そりゃ災難だったわね~。まあ直枝君とあんまり喋った事なかったけどこんなに可愛いかったら構いたくなる気持ちも分かるわ」

    理樹「や、やめてくださいよ1つしか年変わらないじゃないですか…」

    理樹(というかこの人とは結構それなり喋ってた気がするけど、あっちはそうでもないのかな?確かに言われてみればあんまり会ったことないような気もするけど…)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1502803122

    引用元: ・理樹「見ただけでパニックを起こすメール?」佳奈多「ええ……」

    【理樹「見ただけでパニックを起こすメール?」佳奈多「ええ……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2017/07/21(金) 22:52:20.97 ID:slb/xPNU0
    理樹(僕はこの数週間、なんとなく今の生活に違和感を覚えていた。具体的な原因を挙げろと言われれば困るが、なにかおかしいという事だけが漠然と頭の隅にあった。ただ、この前と後で大きく変化した事といえば西園さんと急速に関係が縮まったことだが、それとはまた違う、なんだか大きな『ズレ』が起き始めているような気がした)

    理樹(昼休みが終わる直前、そんなことを机に座ってもんもんと考えていると僕の制服のポケットからメールが届いた音がした)

    理樹(送り主を確認すると、珍しいことに西園さんから届いていた。彼女は電子機器に疎く、電話をかけるにも一苦労なはずだけど一体どういう風の吹き回しなんだろうか?いや、仮に携帯の操作をマスターしていたとしてこの時間帯なら直接言えばいいはずなんだけど)

    理樹(そう思って西園さんの席に目を走らせると丁度あちらも僕を見ていたようで目線がバッチリあった。まだ授業まで5分ほどの猶予があったから直接話そうと席を立ち上がると西園さんは急に顔を変えて緊迫そうな表情で頭を横に振った。動くなということだろう)

    理樹(もしかすると直接話すとマズい内容のメールかもしれない。そう思ってやっとメールを開いた。中身はこの一文のみだった)

    『今日の22時頃、誰からも見つからずに海まで来てください』

    理樹(海、とはおそらく以前”一悶着”あったあの海で間違いないだろう。確かに誰にも見られずという条件ならこれから西園さんと喋っている姿を見られるのは得策ではないかもしれない。しかし、まさか夜に抜け出すなんて誰も考えやしないだろうに何故西園さんは僕と直接話すことさえ渋るのだろう?恭介達がすぐ近くにいるならともかく生徒全員が僕らの行動を監視しているんじゃないんだから)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1500645140

    引用元: ・理樹「西園さんと深夜の散歩」

    【理樹「西園さんと深夜の散歩」】の続きを読む

    このページのトップヘ