リトルバスターズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/08/02(火) 22:39:09.27 ID:TWUEfI3CO
    アパート

    居間

    理樹(事件が起きたのは、いつものように3人で朝食を取っている時だった。その日はフォークと陶器がぶつかる音くらいしか聴こえないほど静かだったのを覚えている)

    葉留佳「ねーねー、あとどのくらいで学校戻れるのかな」

    佳奈多「さあね。最低でもあと一ヶ月はかかるかしら」

    葉留佳「はあ、最初は学校サボれるなんてラッキー!とか思ってたけどこうも続くと寂しくなりますナァ……」

    理樹「僕も、そろそろ食堂のご飯が恋しくなってきたよ」

    理樹(僕らは休学届けを出してからこのアパートで暮らすようになってから既に一ヶ月が経っていた。その間に二木さん達の両親や”彼ら”の内部にいた味方の人達によって一族の人間は順当に法的措置が講じられていった。しかしまだ裁判で粘って外にいる人達がいる。どんな手段を取っても勝てないのはあちらも承知のはずだが、それでも時間稼ぎをしているのは、きっと僕らを探すためだろう。つまり、その人達が然るべき場所に移るまでは僕らもまだ安心して学校には戻れないというわけだ)

    佳奈多「……なに、私の料理にはもう飽きたって?」

    理樹「あっ、いや、決してそういう意味ではなくて……」

    佳奈多「葉留佳もちゃんと勉強してる?もしも学校に早く戻れたら中間テストには間に合うだろうし、その時になって『うわー!テスト勉強やってなーい!』なんて言っても言い訳にはならないわよ」

    葉留佳「…………や、やっぱりしばらく戻りたくないなー……なんちて」

    理樹(とはいえ、ここの暮らしも苦ではない。急いで決めた割には良い街だった。静かでのんびりとした僕向けの田舎で、学校やあの家からはかなり遠い場所にあるので見つかることはまずないだろう。一つ不満があるとすれば映画館が遠いということくらいだ)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470145149

    引用元: ・理樹「二木さんでもとりあえずナルコレプシーのせいにしたら許してくれた」

    【理樹「二木さんでもとりあえずナルコレプシーのせいにしたら許してくれた」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/08/11(木) 20:27:12.65 ID:TsxD0suO0
    理樹部屋

    理樹(ちょうど野球盤に飽き飽きしていた頃、真人がふと思い出したかのように言った)

    恭介「なんだそいつは?」

    真人「ちょうどここに5人いるだろ?まず一人一人に紙とペンを用意してもらう」

    真人「そして5人は配られた紙に『いつ』『どこで』『誰が』『何を』『どうした』というお題に合った言葉を自由に書き込む。1人で全部書くんじゃなく、あくまで5つのうち割り当てられた物だけだ」

    謙吾「つまり、例えば俺は『いつ』だけ書き込み、真人は『どこで』だけを書くということだな」

    鈴「面白そうだ」

    理樹(真人にしては珍しく、鈴も乗るようなまともな提案だった)

    真人「で、完成したのを誰が実行する」

    理樹(やっぱりまともじゃなかった!)

    理樹「いやいやいや!!それ結構リスキーだよ!?誰かが変なこと書いたらどんな恐ろしいことが……!」

    恭介「安心しろ。この面子ならそんな無茶なことは書かねえよ」

    理樹「そ、そうかな……でもそれのどこに筋肉要素があるの?」

    真人「誰かが実行している間、他の全員はそれを見守りながら筋トレする」

    理樹「肝心の筋肉の部分雑過ぎない?」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1470914832

    引用元: ・真人「筋肉ルーレット……って知ってるか?」理樹「知らないなあ」

    【真人「筋肉ルーレット……って知ってるか?」理樹「知らないなあ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/08/15(月) 22:01:39.80 ID:39dE9Dev0


    理樹部屋

    恭介(部屋に入ると、理樹は制服に着替えている最中だった)

    理樹「あれ。どうしたの恭介?」

    恭介「真人にハンドグリップを持ってくるよう頼まれたのさ。せめて腕だけでも鍛えたいらしい」

    理樹「えっ、今から行くの?」

    恭介「ああ。今日は休みなんだ」

    恭介(本当は嘘だった。今日はただサボりたかっただけで、これから真人のお見舞いがてら映画を観に行くつもりだ。この計画を話すには理樹は少し真面目過ぎる)

    理樹「そっか、それじゃあ真人によろしく言っておいてよ」

    恭介(理樹は、鏡に映った男の身だしなみをチェックしながら言った)

    恭介「分かった」

    理樹「それじゃあ僕はもう出るよ。土曜日、また一緒に行こうね」

    バタン…

    恭介(そう言うと理樹は食堂に向かって行った。もしも昨日、男子寮の階段全段飛びなんて挑戦しなければそこに真人も付いていったんだろうが、お陰様で奴は病院の飯を食うハメになっていた。今頃、カツ丼を恋しがっているに違いない)

    恭介「さて……」

    恭介(今、部屋には俺の他に誰もいない。当分帰ってくることもないだろう。という事は少しくらい部屋を漁ってもバレたりはしないという訳だ)

    恭介「ふっ、少し拝見させてもらうぜ☆」

    恭介(あいつらの兄貴分である以上、色々と知っておくべき事がある。趣味趣向なんかがそうだ)

    恭介「さあて、まずは理樹のベッドでも確かめさせてもらうかな!」

    恭介(理樹はああ見えてませているからな。案外とんでもないモノが見つかるかもしれない。あまり知られてはいないが、この学校から支給されたベッドには、マットレスの下に物入れが付いている。隠しものをするにはおあつらえ向きだ)

    恭介「……っしょと」

    恭介(マットレスを引っぺがし、蓋を開けた)

    恭介「さあ理樹は何フェチ…………だ?」

    恭介(そこには写真があった。あらゆる角度から”ソレ”が写っていた。どれも鮮明で、一目見ただけで何が目的なのか分かる程だった。これもフェチの一種なのだろうか?もしそうだとするならば、もし、それに名前をつけるならば、理樹はまさしく”鈴フェチ”だった)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1471266099

    引用元: ・恭介「理樹のベッドの下が鈴の写真だらけだった……」

    【恭介「理樹のベッドの下が鈴の写真だらけだった……」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/03/22(火) 01:01:13.47 ID:Ym04EY5I0
    理樹(今日は10時に起きた。休日だから助かったものの、いつもなら学校のこともあるし7時には起きるはずなんだけどいったい何で生活バランスが崩れたんだろう。昨日は鈴と初デートに行ったからその緊張が何かに関係したのかもしれない)

    理樹「どっこいしょ……っと?」

    理樹(ベッドから起き上がると全身に違和感が走った。動くたびビリリと痺れるような感覚だ。……筋肉痛になっている)

    理樹「……………」

    理樹(昨日の行動を振り返ってもそこまで激しい運動はしていなかったはずだ。電車に乗って街の定番スポットをぐるりと回っただけだし…まあ、そんな気にすることでもないけど)

    理樹「……とにかく顔を洗おう」







    洗面所

    理樹「………っ!!」

    理樹(今日はやけに変なことが多い。しかし、中でもこれは今までよりとびきり異常性が高く、また恐怖心も煽られた)

    ”誰も信用するな”

    理樹(歯を磨いている途中で袖に水がかかってしまった時のことだった。ふと肩まで濡れた袖を捲ろうとすると自分の肘から手首の間にこんな文字が書かれてあったんだ)

    理樹「な、な、な……」

    理樹(いつの間に書かれていたんだろう。おそらくボールペンが使われていると思う。その荒々しい文字から緊迫した状況、または精神状態で綴ったに違いない)

    理樹(ただひとつ分かることは、自分で書いた記憶は一切ないということだ)

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458576063

    引用元: ・理樹「朝起きたら腕に『誰も信用するな』と書かれてあった」

    【理樹「朝起きたら腕に『誰も信用するな』と書かれてあった」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無しさん 2016/04/12(火) 22:58:59.13 ID:ZDvxXEQ30
    理樹部屋

    理樹(真人が怪我で入院した。なんでも原因は階段からすっ転んでしまったという真人らしい理由だ)

    謙吾「階段から落ちたにしては結構な怪我だったな…」

    理樹「うん。命に別状はないらしいけどね…」

    謙吾「それで?今日はどんな用で俺を呼んだんだ。まさか1人が寂しいという訳でもあるまい」

    理樹「ごめん。割と当たってる」

    謙吾「なに?」

    理樹「実はさ、真人がいなくなってから部屋の様子がおかしいんだ」

    謙吾「………ほう」

    SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1460469538

    引用元: ・理樹「真人がいなくなってから僕の部屋がおかしい」謙吾「ほう」

    【理樹「真人がいなくなってから僕の部屋がおかしい」謙吾「ほう」】の続きを読む

    このページのトップヘ